日本 郵便 クリック ポスト。 クリックポストのラベルの紙はどうする?貼り方や節約方法もご紹介!

【クリックポストの配達日数の一覧】土日や北海道、沖縄へ届くまで

日本 郵便 クリック ポスト

クリックポストのラベルの紙は、どうする? クリックポストの ラベルの 紙って、何? 確かに、 日本郵便のクリックポストについての 説明が少々、わかりづらい! というか、 日本郵便の説明では、 「ラベルの手書きが不要!」とか、 「ラベルを印字します!」とか、 書いてますが、 この「ラベル」って何? 専用のラベル用紙があるの? 文房具屋で「ラベルシート」を買うの? なんていう具合に、 色々と、考え込んでしまいますよね? 少なくとも、私は、考えちゃいました。 でも、 ご安心ください! というか、 少なくとも、 日本郵便に専用のラベル用紙が あるわけではなく、 基本的には、何でも良いのです! とは言え、 日本郵便の「クリックポスト」サイトに ログインして、 宛名などの必要事項を記入し、 ラベルを印刷するということは、 パソコンで作業するという流れですので、 自宅などのプリンターで使う紙、 つまり、 コピー用紙は必要となります。 というか、 言い方を変えれば、 クリックポストのラベルの紙は、 普通のコピー用紙でOK!ということです。 クリックポストのラベルの貼り方は? ついでに、 クリックポストの ラベルの 貼り方 については、 こちらも、 難しく考える必要はなく、 所定の大きさの封筒や箱の表面に しっかりと、 糊(のり)で貼り付ければ、 大丈夫です。 もちろん、 セロテープで貼り付けてもOKですが、 その時は、 バーコードの上に貼らないように 気を付けるようにしましょう。 長辺34cm以下、 短辺25cm以下、 厚さ3cm以下、 重さは、1kgまでの荷物を 日本全国一律164円で送付でき、 インターネットで決済でき、 ラベルの手書きが不要で、 郵便ポストから送れて、 送付先の郵便受けに配達され、 しかも、追跡サービスもある! と、 至れり尽くせりのサービスです。 ヤフオクなどで 頻繁に荷物を送ってる人にとっては、 非常に、うれしいサービスですよね。 でも、 もったいない部分があるのも、事実! ラベルの紙は、 コピー用紙でも、 市販されてるラベルシートでも、 何でも、良いわけですが、 A4用紙を印刷しても、 実際に、封筒や箱に貼り付けるのは、 A4用紙の4分の1の大きさ。 つまり、 A4用紙で印刷しても、 4分の3は無駄になってしまうというわけです。 これが、 もったいない! と思うかどうかは、ご自身しだいですが、 コピー用紙ではなく、 ラベルシートを使うなら、 コピー用紙よりも割高でしょうから、 もったいないと思うかもですよね。 ということで、 節約方法は、 A4の用紙を半分に切って、 A5サイズの紙にして、 印刷する時のプリンターの設定を 用紙サイズ:A5 用紙の向き:横 という感じにすれば、 無駄さ加減が改善されます。 4分の3のムダから 4分の1のムダに改善! じゃなく、4分の2の改善、 つまり、A4用紙の半分が無駄に改善! ということになるわけです。 まあ、こんなこと、面倒! だと思うようなら、 A4用紙に印刷して、 ラベル部分だけを切り取って ご使用ください。 ちょっとした節約方法をご紹介しました。 クリックポストのラベルのまとめ クリックポストは、 ヤマト運輸のクロネコメール便なき後は 非常に、便利で割安なサービス! だと言えるかと思います。 頻繁に何かを送る人も、 たまに、何かを送る人も、 郵便局に行く必要なく、 準備ができて、 決済もできて、 そして、郵便ポストに投函! するだけで、OKなサービスですから、 ぜひ、利用してみてはいかがでしょうか?.

次の

個人情報を抜かれる被害が多発!日本郵便の偽サイト情報まとめ

日本 郵便 クリック ポスト

クリックポストは日本郵便株式会社(以下郵便局)が提供するサービスです。 段ボール箱で玄関先まで運んでもらえる「ゆうパック」とは異なり、「ポストに入るコンパクトなサイズの荷物」が対象となっています。 そんなクリックポストはネットショップの発送方法として広く利用されていますので、ネットショッピングを利用した人は誰でも一度はクリックポストを受け取ったことがあるでしょう。 でも、クリックポストは「届くのが遅い」とか「いつ届くかわかりにくい」とマイナスなイメージを持つ人も多いです。 そのため別途料金を支払って「宅急便」に指定する人も・・・。 また、「送る作業がめんどくさそう」「普通郵便の方が送りやすい」など発送する側からも敬遠されがちです。 しかし、クリックポストの真実の姿はイメージとはまったく異なります。 今回の記事はクリックポストの配達日数やその裏側、そして簡単発送の方法までご紹介いたします。 最後にはきっとあなたもクリックポストを利用したくなりますよ!• 郵便局の配達サービスの1つ• 宅配便でもなければ郵便物でもない• ポストに投函されるコンパクトな荷物 このような位置づけになっています。 クリックポストには「規定」があり、規定に該当することでクリックポストとして送ることができます。 もっとも明確な規定は大きさと重さにあります。 「厚み3cm以内」は、自宅のポストに投函できるギリギリの厚みです。 つまりクリックポストは「ポストに入る大きさに限られる」ということになりますね。 「それなら郵便でもいいんじゃないか」と思われてしまうのがクリックポストのちょっと残念なところです。 次にクリックポストの特徴を踏まえた「メリットデメリット」を挙げますので、郵便物と比較してみてください。 クリックポストのメリット• 送料が全国一律185円• ネット決済可能で切手不要• 郵便ポストに投函OK• 追跡サービスで配送状況が確認できる クリックポストのデメリット• 到着日時が指定できない• 速達指定できない• 現金や信書は送れない 太字にした部分は、郵便物にはできない・クリックポストでしかできない部分です。 郵便物には追跡サービスがありませんから、着くまで待つしかないという弱点があります。 また、郵便物にありがちな「82円でいけるかな?念のため92円貼っておこうかな」という重さに対するモヤモヤも、クリッポストなら感じる必要はありません。 クリックポストはフリマ・オークションの発送におすすめ! フリマやオークションでは、化粧品やアクセサリー、電子パーツや文房具など「宅急便で送るには小さく、封筒で送るには大きい」、このような小さな商品が数多く出品されていますよね。 クリックポストはこのような「小さな商品」を発送するときにぴったりの発送方法です。 たとえばアクセサリーを送るとき、潰れないようにエアーキャップで巻いたり小箱に入れると厚みが増してときには3cmを超えることがあります。 こうなると郵便の場合は「定形外郵便物」として見なされます。 定形外郵便物は• 50g以内なら120円• 100g以内なら140円• 150g以内なら205円 と重さを増すごとに料金が上乗せされていきます。 その点クリックポストは1kg以内であれば一律180円でOK。 郵便物は1gでも超過すると「料金不足」で返却されてしまいますがクリックポストにはその心配がありません。 またクリックポストは発送者・受取者双方で荷物の追跡ができます。 そのためフリマやオークションで起こりがちな「送った・送らない」「受け取った・受け取っていない」というトラブルを最小限に防ぐことができるのです。 クリックポストの利用方法 クリックポストの利用には「Yahoo!JAPAN」のIDおよびYahoo!ウォレットの登録が必要不です。 未登録の場合はまずYahoo!IDの取得から始めましょう(Yahoo!ウォレットはクレジットカード決済になりますので、クレジットカードも準備しておいてください)。 サイト上で配達先情報などを入力して発送の申込みを行う• Yahoo!ウォレットで送料の支払いを実行• 自宅のプリンターでラベルを印字• ラベルを荷物に貼ってポストへ投函 利用登録してラベルを印刷する方法 Webサイトの中にある「ログイン」から新規利用登録ができます。 クリックすると利用規約が表示されますので、一読してから同意にチェックを入れましょう。 利用者(自分)の情報を登録します。 名前・郵便番号・住所・メールアドレスを入力します。 メールアドレスは本登録のURLが送られてくるアドレスになるので、確実に確認できるアドレスを入力しましょう。 入力が完了すると、ラベルに表示される自分の住所・氏名がイメージとして表示されます。 ここで再度間違いがないか確認しておきましょう。 ラベルイメージの確認後、「確定」を押すとさきほど登録したメールアドレスに確認メールが届きます。 表示されるURLをクリックし本登録を行ってください。 URLをクリックすれば本登録が完了、再度ログイン画面が表示されます。 本登録後にログインしたら次は「発送の手続き」に入ります。 決済は送り先の入力が終わったあとに行いますので、まずは相手の情報を入力しましょう。 内容品はラベルに反映されますので、忘れずに入力してください。 あとにも触れますが、印刷後の手書き訂正はできませんので間違いのないように確認しながら入力しましょう。 相手先情報・内容品を入力後「確認」を押すと、郵便局ウェブサイトからYahoo!のログイン画面へ、ログイン後はYahoo!ウォレットの決済画面へと自動的に切り替わります。 Yahoo!ウォレット画面ではカードの裏面記載の3桁の数字を入力しますのでカードを用意しておきましょう。 最後に決済確認の画面が開きますので、「支払い手続き確定」を押せば支払い完了です! ここまでで「利用者登録」・「相手先入力」・「決済」が完了しました。 あとはラベルを印刷すれば荷物が発送できます。 出来上がったラベルはこのようなイメージです。 印刷するときは「仕上がり」に注意しましょう。 赤い部分はカラーである必要はありませんのでモノクロ印刷でOKです。 また極端でなければ多少縮小してもOKです。 もっとも気をつけたいのは、 文字の部分・QRコード・バーコードが鮮明であること。 カスレやにじみ、小さくて読めないなどは「返送」される可能性があります。 また、 手書き修正したものは受け付けてもらえません。 訂正は手書きではなく、登録時点から修正して印刷しなおしてください。 ラベルの印刷に問題がなければ切り取って、剥がれないようにしっかりと荷物に貼り付けてください。 その後はポストに投函するか、郵便局に持ち込めば作業は完了です(メルカリなどはアプリやサイトから、別途相手への発送通知をしてくださいね)。 土日祝でも配達してもらえるか? クリックポストと比較される「普通郵便物(定形外含む)」は、日曜・祝日は配達自体行われていません。 そのため日祝日が重なってしまうと、届くのは翌日月曜日以降になってしまいます。 その点、クリックポストは土日祝日でも配達してもらえます。 普通郵便などを日曜日に配達してもらおうとすると、配達日を指定し別料金を支払わなければなりませんが、クリックポストは曜日の心配は無用! 全国一律185円のクリックポストは、より安く・より早く荷物を届けたい場合に最適の方法だといえるでしょう。 【注意】日曜に配達してくれるけど「日曜に指定」はできない クリックポストは日曜祝日も配達業務が行われますが 「日曜日の配達を指定する」ことはできません。 そもそもクリックポスト自体に配達日の指定や速達指定のオプションがないからです。 誕生日カードやクリスマスカードなど指定日に配達してもらいたいときは、クリックポストではなく「普通郵便+配達日指定」など他の発送方法を選びましょう。 早くて何日?遅くとも何日には到着するか? クリックポストは、差し出した日の翌日から翌々日に到着します。 この目安は郵便物とほぼ同じですが、届け先が遠方になると若干日数が伸びることがあります。 下の表は東京から各地方にクリックポストを送ったときにかかる日数です。 距離が離れれば離れるほど日数を要することがわかりますね。 差出場所 届け先 かかる日数 東京 北海道(札幌市) 翌々日中 東京 翌日中 愛知県 翌日~翌々日 大阪府 翌日~翌々日 広島県 翌々日中 鹿児島県 翌々日中 沖縄県(那覇市) 5日後 距離によって時間が異なるのは、クリックポストが空輸便ではなく陸路で運ばれるから(=だから送料が安い)です。 とは言え、クリックポストは日曜祝日も配達してもらえるため、タイミングによっては普通郵便より早く到着することもあります。 たとえば、 ゴールデンウィークなどの大型連休などは、曜日に関係しないクリックポストのほうが断然早く到着します。 少しでも早く送りたいなら今日の夜に出すべき?明日朝でも大丈夫? クリックポストは、集荷する郵便局に入った時間によって出発のタイミングが分かれます。 たとえば東京から大阪にクリックポストを送る場合、午前(12時まで)に差し出せば翌日到着します。 これが13時に差し出しになると、同じ大阪でも到着は翌々日に伸びてしまいます。 差出場所 届ける場所 午前差出 午後差出 東京 東京 翌日 翌日 大阪 翌日 翌々日 広島県 翌日 翌々日 福岡 翌日 翌々日 つまり、 できるだけ早く届けたいクリックポストは「午前中に差し出す」のが正解です。 では表題のような「今日の夜か明日の朝か?」のケースはどうなるでしょうか?もうお分かりのとおり、結果は「同じ」です。 【注意】ポスト投函は集荷時間を確認! クリックポストは、最寄の郵便ポストに投函できるのがメリットですが、 ポストの集荷時間を確認した上で投函することをおすすめします。 ポストは集荷時間が決まっています。 たとえば朝の集荷時間が11時45分だとしたら・・・郵便局の午前締切(12時)まで余裕がありません。 さらに集荷するのはそのポスト1台だけではありませんから、たとえそのポストの集荷時間が午前でも完全に安心はできないのです。 早く届けたいクリックポストは、午前中に郵便局の窓口に直接差し出すのがもっとも確実だと言えるでしょう。 荷物が到着したら通知とか連絡来るようにできる? クリックポストを投函したとき、または受け取る予定があるとき、配達されたかどうか知りたいときがあります。 そんなときには 「配達完了メール通知サービス」を利用しましょう。 「配達完了メール通知サービス」とは、郵便物の配達完了をメールで通知するサービスです。 手続きさえ行えば誰でも利用できますので、ぜひ活用してください。 「配達完了メール通知サービス」の利用方法 「配達完了メール通知サービス」を利用するには、• 追跡が可能な荷物であること• 追跡番号がわかっていること この2つが揃わなければ設定できません。 追跡番号はメルカリなら相手の発送通知に、Amazonや楽天市場なら購入履歴から確認できます。 もし個人から送られてきたメールの中に追跡番号がなければ、相手に教えてもらいましょう。 逆に送る側の場合は、追跡番号を相手に伝えておくこと安心です。 配達完了メールを設定する方法 設定は日本郵便のWebサイトから行えます(個人情報の入力や会員登録は必要ありません)。 郵便局のWebサイトからお問い合わせ番号を入力し「追跡スタート」ボタンを押します。 まだ追跡ができる状態(郵便局が受け取っている状態)でなければなにも表示されません。 その場合はしばらく経ってから再入力してみてください。 追跡画面が表示されたら、下に表示される「配達完了通知メールサービスのお申し込み」ボタンをクリックします。 次のページで希望のメールアドレスを確認含めて2回入力します。 「受付を完了いたしました」が表示されたら設定は完了です!あとはメールが来るのを待つだけです。 筆者も何度もこの通知メールサービスを利用していますが、ほとんど時差なく投函されていました。 メールが来る前に届いていたこともありますが、これは係員の方の作業によるタイムラグだと考えられます。 もし、メールが届いているのに投函されていない場合は次の4つのケースが考えられます。 最後に 筆者もメルカリを良く利用していますが、毎回悩むのが「荷物の重さと大きさ」です。 特に重さが微妙な場合、万が一のことを考えて 1段階高い料金の切手を貼ったこともあります。 商品として送るメルカリは、相手にスムーズに届けることも大切です。 送料をケチってしまうことが、後々とんでもない自体になる可能性も潜んでいます。 でも、いくら安全でも送料があまり跳ね上がるのも考え物です。 クリックポストは全国一律185円で追跡あり、そして重さも1kgまでOK。 クリックポストならメルカリやオークションでの悩みはほぼ解決されます。 なによりネコポスなど「専用の箱」も不要ですから、出品コストも節約できます。 郵便局のクリックポストを上手に使いこなしたいですね。

次の

ネットショップでクリックポストを活用されているなら楽貼ラベル4面です。

日本 郵便 クリック ポスト

メール便は「日本郵便 クリックポスト 【ポスト投函・日時指定不可・追跡有り】」です。 在庫は他店舗と共有している為、一時的な欠品等により発送が遅れる場合がございます。 予めご了承くださいませ。 予めご了承ください。 ・空気中のウイルスを除去・除菌。 カビ・花粉をシャットアウト。 悪臭の元を除去して消臭。 便利なコンパクトサイズ。 使用後は燃えるゴミへ。 ・袋から取り出してそのままお使いいただけます。 ・人体に影響のないガスなので安心してお使いいただけます。 ・二酸化塩素を特殊素材に含浸させて安全性を高め除菌消臭します。 ・首から下げてお使いいただけます。 ・二酸化塩素の特性を活かしウイルスや花粉をしっかりブロック。

次の