近鉄ひのとり。 近鉄名古屋駅から乗った「ひのとり」プレミアム車両は「超快適」(マイナビニュース)

近鉄特急ひのとり、速さ・安さと違う「魅力」は?

近鉄ひのとり

近鉄は大阪~名古屋間を結ぶ新型名阪特急 『ひのとり』を来春2020年3月14日より運行することを発表しました。 同区間の名阪特急は、2003年の『アーバンライナー・ネクスト』以来17年ぶりとなります。 最大の特徴は、6両or8両編成中の1両に設けている 『プレミアム車両』。 これまでの特急車両にあるようなクロスシートではなく、各座席がそれぞれ独立した形になっていて、 【グリーン車以上、ファーストクラス未満】の快適車内でくつろぐことができます。 大阪(大阪難波)~名古屋間の 停車駅は5駅、所要時間約2時間で結びます。 そして今回この記事では、来春デビューする『ひのとり』の• 新幹線や従来特急との違い• プレミアム車両の詳細• 予約、記念乗車券 の案内について説明していきます。 Contents• 新幹線・従来特急との違い スポンサーリンク 停車駅について 近鉄HPで公開されている路線情報です。 大阪難波~名古屋までの停車駅は、• 大阪難波• 大阪上本町• 大和八木• 名古屋 の5駅分です。 kintetsu. ただし、甲特急でも大和八木駅に停車するものはひのとりと同じになります。 乗車料金について 続いて、乗車料金について。 近鉄HPではすでに、各停車駅間の運賃を公開しています。 kintetsu. レギュラー車両:4,540円• プレミアム車両:5,240円 となります。 それが高いのか安いのか、従来の名阪特急・アーバンライナーや新幹線、JR在来線と比較してみました。 鉄道会社名 区間駅名 料金(合計) 所要時間 備考 近鉄ひのとり 大阪難波-名古屋 ¥5,240 ¥4,540 2時間 上段:プレミアム 下段:レギュラー 近鉄アーバンライナー 大阪難波-名古屋 ¥4,260 2時間25分 JR東海 (新幹線) 新大阪-名古屋 ¥5,830 50分 JR西日本・東海 (在来線) 新大阪-名古屋 ¥3,350 2時間38分 乗換2回 料金でいえばJR在来線が最も安くなりますが、なにせ乗り換えが2回もあります。 また、特急列車ではなく新快速列車になるため所要時間が最も長く、指定席でないため 最悪の場合ずっと立ちっぱなしになることもあります。 そして、所要時間でいえばさすが新幹線!1時間を切っています。 『ひのとり』プレミアム車両よりも590円高いだけなので、 急ぎの出張とかなら断然新幹線に軍配です。 そのへんは近鉄も意識していて、新幹線に比べたメリットを出すために先の通りシートの快適性にこだわっています。 【決して急ぎ旅はしたくない!旅気分をじっくり味わいたい】 という客層にオススメかと思います。 mynavi. これなら、従来のアーバンライナーよりも高くなるのも納得ですね。 なお、近鉄ではこの 『ひのとり』のプレミアム車両の座席展示を実施しています。 展示は計5回、それぞれ別の場所で行われます。 大阪上本町駅 地上コンコース < 8月 31 日(土)~ 9 月 8 日(日)>• 大阪阿部野橋駅 地上コンコース < 9 月 9 日(月)~ 9月 17 日(火)>• 近鉄百貨店あべのハルカス近鉄本店 2 階ウエルカムガレリア < 9 月 18 日(水)~ 9月24日(火)・ 10月 2 日(水)~10月 8 日(火)>• あべのハルカス16階ロビー < 9 月 25 日(水)~10月 1 日(火)>• あべのハルカス17 階オフィスロビー <10月 9 日(水)~10月17日(木)> また、プレミアムではない 『レギュラー車両』でも、他の特急に比べて特別感があります。 atpress. また、前後のシート間隔も116センチとこれまでの近鉄特急の中では最大間隔になっていて、レギュラーながらも快適性がアップしています。 展示会に行った人の感想 昨日は上本町に早速展示された新型特急「ひのとり」の座席展示会へ 通行く人の注目度合いも高く、体験会にはざっと40人ほど並んでおられました 座席はレザーっぽい素材で、ちょっといい感じの席という感じ — Osaka-Subway. しかし、2019年3月にデビューした西武鉄道新型特急車両『Laview』の場合、 運行開始日の約1か月前からチケットの受付を開始していたため、『ひのとり』も約1~2か月前から何らかの動きがあると思われます。 記念乗車券 新しい車両がデビューした場合、必ずと言っていいほど記念乗車券の販売があり、多くの鉄道ファンに不動の人気ぶりです。 『ひのとり』記念乗車券についてもまだ正式な情報はありませんが、西武鉄道『Laview』の場合、 初回第1便運行日と同日に一般発売されました。 販売場所ですが、『ひのとり』停車駅が少ないことから 停車駅全駅で販売される可能性が高いでしょう。 さらに、『Laview』の場合、 各駅で平均500セットの販売数でしたので、『ひのとり』も同じくらいの販売数になると予想されます。 最大の特徴は、各車両の座席シート。 特にプレミアム車両では新幹線並みの乗車料金であることから、所要時間ではなく快適性で勝負を挑んでいます。 また、レギュラー車両も他の乗客に気を遣わせない工夫がこらされていて、こちらも従来のクロスシートよりも格段に快適性がアップしています。 レギュラー車両でも従来の近鉄特急・アーバンライナーより¥280値上がりしていますが、これらの工夫が付加価値を高めたと言えます。 そして、 運行ダイヤは1日に6本。 停車駅は5駅、大阪~名古屋の 所要時間は約2時間です。 事前予約や記念乗車券の販売などは今のところ情報はありませんが、2019年3月デビューの西武鉄道特急『Laview』を例に出すならば、• 事前予約:運行開始約1~2か月前• 記念乗車券:運行開始日に一般販売、先行販売は1週間前 となっています。 決して急がず、快適でゆったりした旅を提供するコンセプトから、リタイアした老後の旅行に好まれるかも知れません。 スポンサーリンク.

次の

営業運転開始が近づく近鉄特急車80000系「ひのとり」

近鉄ひのとり

tags: , , , , , , , , , 近鉄の新特急列車「ひのとり」先頭車プレミアム車両に、大阪難波から近鉄名古屋まで乗車。 車内にコーヒーマシンがあったり、それでちょっとしたトラブルがあったり、車内放送が楽しかったり、気兼ねなくリクライニングに一喜一憂したり。 近鉄特急「ひのとり」 独特の文化にニヤリ 近鉄が2020年3月、新たに名阪特急で運転を開始した列車「ひのとり」。 デビューから約3か月が過ぎた2020年6月の土曜日、大阪難波から近鉄名古屋まで、その旅を体験しました。 大阪難波駅へ入線した近鉄特急「ひのとり」(2020年6月、恵 知仁撮影)。 乗車したのは、大阪難波発16時00分の「ひのとり」16列車。 長らく国鉄・JR沿線で暮らしてきた私は、「16号」じゃないところに心が躍ります。 車両側面の案内にも「ひのとり」16列車の表示(2020年6月、恵 知仁撮影)。 席は近鉄名古屋方の先頭1号車、プレミアム車両です。 定員21名のうち、6割ほどの乗車率だったでしょうか。 そして、その3分の1強ぐらいが鉄道ファンらしき人たち。 「特急『ひのとり』016(ゼロイチロク)列車です」 そんな肉声の車内放送にニヤニヤしながら、特急「ひのとり」80000系電車は動き出します。 近鉄特急「ひのとり」プレミアム車両(2020年6月、恵 知仁撮影)。 車内放送といえば、自動放送でも肉声放送でも、全座席がバックシェルタイプで、気兼ねなくリクライニングできることを伝えていたのが印象的でした。 「鶴橋を出ますと…」 近鉄特急のロマン 母子連れがスマホでこの「ひのとり」の写真を撮っていた大阪上本町を発車したのち、また車内放送にワクワクします。 「次の鶴橋を出ますと、津まで停まりません」 長い区間を停まらないというのは、ロマンがあります。 もっとも、昔は鶴橋から近鉄名古屋まで停まりませんでしたし、新幹線「のぞみ」のほうが……ですが、無粋なことはさておき。 地上へ出て、まもなく鶴橋に到着する近鉄特急「ひのとり」(2020年6月、恵 知仁撮影)。 地下区間から出て、ホーンを鳴らしながら鶴橋へ到着。 「喫煙室を使用できない区間を過ぎました」 近鉄特急「ひのとり」プレミアム車両備え付けの案内(2020年6月、恵 知仁撮影)。 そんな独特の車内放送にまたも心を奪われていると、大阪平野の東にそびえる生駒山地が、雨粒の流れる窓の向こうでだんだんとハッキリ、大きくなっていきました。 床に… 近鉄特急「ひのとり」 その良さの裏とその裏の良さ 近鉄特急「ひのとり」プレミアム車両にある「カフェスポット」(2020年6月、恵 知仁撮影)。 レギュラー車両でもJRのグリーン車並みというハイグレードさ、充実した設備が魅力の新たな近鉄特急「ひのとり」。 プレミアム車両のデッキ付近には、カップコーヒーと菓子類の販売機が用意された「カフェスポット」があります。 「カフェスポット」の自動販売機にはココアや紅茶も用意(2020年6月、恵 知仁撮影)。 フラフラと車内見学に向かった際、そこで見つけました。 床へチョロッとこぼれていたコーヒー。 そして、カップコーヒーは美味しいけど、確かにこの危険はあるよな……と思いつつ別の車両をフラフラしたのち、そこへ戻ってきたのですが、見てしまいました。 通りがかった車掌が、床を拭いていました。 「ひのとり」はハード面のみならず、ソフト面も良いようです。 コーヒーカップには「ひのとり」のマークが(2020年6月、恵 知仁撮影)。 またコーヒーといえば、プレミアム車両の座席にあるカップホルダー。 肘掛け付近にすっぽりカップがはまるようになっていて、安心さと一定の使いやすさを両立しているのに感心しました。 こぼす心配がないプレミアム車両のカップホルダー(2020年6月、恵 知仁撮影)。

次の

近鉄特急ひのとりにグランクラス料金を払うと、こうなります。

近鉄ひのとり

近畿日本鉄道の新型名阪特急「ひのとり」が3月14日にデビュー。 6月13日から「ひのとり」を使用する列車が増え、名阪特急 大阪難波~近鉄名古屋間 で平日10往復・土休日11往復、阪奈特急 大阪難波~近鉄奈良間 で平日2往復、土休日1往復となった。 「ひのとり」の車両80000系はメタリックレッドの外観と豪華な内装で注目を集め、現在活躍中の6両編成に続き、今後は8両編成も導入される予定。 6両編成・8両編成ともに先頭車が「プレミアム車両」、中間車が「レギュラー車両」となり、「ひのとり」のコンセプト「くつろぎのアップグレード」にもとづき、全席でバックシェルを設置するなど、居住性の向上に力を入れた車両となっている。 往路は大阪難波駅10時0分発、近鉄名古屋行「ひのとり」10列車の「レギュラー車両」を予約した。 大阪難波駅には発車30分前の9時30分頃に着いたが、平日朝のラッシュが終わった時間帯ということもあり、また昨今の不要不急な外出自粛の流れもあってか、ホームはいつもと比べて閑散としていた。 9時45分、2番線ホームに「ひのとり」が入線。 スピード感あふれる車体フォルムとメタリックレッドの組み合わせが非常に目立つ。 10時0分、ほぼ定刻に大阪難波駅を発車すると、大阪市内の主要駅である大阪上本町駅、鶴橋駅の順に停車。 ビジネスマンらが多く乗車してきた。 レギュラーシートに座り、最初に驚いたのが座席の前後間隔の広さだった。 レギュラーシートの前後間隔は116cmとされ、東海道新幹線の普通車の座席よりも10cm以上広い。 足もとにゆとりがあり、フットレストも付いているため、普通車というよりグリーン車に近い感覚だった。 シートを倒してみると、バックシェルがあるおかげで後列の人を気にする必要もなく、じつに心地良い。 筆者自身、電車の車内でシートを倒しきったのは今回が初めてだった。 シートが倒れるだけでなく、連動して座面も動くため、腰に違和感もない。 乗車中、トイレに行くときに気づいたことだが、席を立つ際、倒したシートを元に戻す手間が省ける点も、バックシェルで覆われた座席のメリットといえるだろう。 シートの背面に設置された大型テーブルはノートパソコンを置けるサイズで、手前に引き出せるようになっているため、シートを倒した状態でもパソコンや書き仕事は十分に可能だろう。 缶コーヒーを置ける小テーブルも用意されている。 大阪難波~近鉄名古屋間の昼間時間帯における所要時間は2時間強。 到着まで、映画鑑賞などで楽しむのも良いだろう。 各座席とも肘掛けにコンセントが付いているので、パソコンやスマホ、タブレットのバッテリー残量を気にする必要もない。 実際、筆者が乗車中の車内でも、タブレットで映画を楽しんでいる乗客を見かけた。 バックシェル以外にも細かな配慮が行き届いており、これもレギュラーシートの特徴といえる。 青山町行の急行と接続しているせいか、大和八木駅から乗車する人は意外に多かった。 大和八木駅を発車すると、次の津駅まで途中駅には停まらない。 その間、「レギュラー車両」 2~5号車 の乗車率は5割程度といったところだった。 ビジネスマンの利用が目立つが、家族連れなど観光で利用する人たちもいた。 「ひのとり」には乗客をサポートするための新しい設備が備わっている。 一部車両において、デッキ部にロッカーと多目的で利用可能なベンチスペースが設置された。 ロッカーは鍵タイプとICカードタイプがあり、いずれも無料で利用できる。 ICカードタイプは「PiTaPa」「ICOCA」「Suica」などの主要な交通系ICカードが使え、カードをロッカー側にかざすと解錠され、ロッカーを開閉できる。 ロッカー側の反応は良好で、操作に関してとくに支障はなかった。 ベンチスペースには大型の窓が設置され、景色を楽しみながら一服できる。 その他、近鉄特急らしい車内設備として、3号車の喫煙室が挙げられる。 喫煙室は喫煙席の廃止に伴い設置されたが、大阪難波~鶴橋間や近鉄名古屋駅などの地下区間では利用できない。 11時20分頃、津駅到着を知らせる自動放送が流れ、「ひのとり」が通過する白子駅、近鉄四日市駅、桑名駅に停車する近鉄名古屋行の特急列車への乗換えが案内された。 この列車は五十鈴川駅始発で鳥羽線・山田線・名古屋線を経由し、津駅到着は「ひのとり」発車からわずか3分後。 こうした特急列車同士の接続は近鉄の「得意技」と言えよう。 津駅ではビジネスマンの乗降があったものの、多くの人が近鉄名古屋駅まで乗り通すようだった。 その後、11時43分に近鉄四日市駅を通過し、近鉄名古屋駅へ向けてラストスパートをかける。 12時6分、「ひのとり」は近鉄名古屋駅5番線ホームに到着した。 先頭車の周囲にはスマートフォンを持った利用者らが集まり、新型車両の姿を写真に収めていた。 しばらくすると、1988 昭和63 年デビューの21000系「アーバンライナー plus」がホームに入線したものの、この車両を撮ろうとする人はいなかった。 名阪特急の主役が完全に「ひのとり」になったことを実感した。 新田浩之.

次の