エピック スター フェアウェイ ウッド。 最新フェアウェイウッドどれがいい?T島的こだわりポイントを語る

キャロウェイ エピックフラッシュ スター FWの試打&評価/よく拾いよく飛ぶ│楽しい GOLF LIFE

エピック スター フェアウェイ ウッド

長さは、操作性重視で、カタログ値より0. 25インチ短くして43インチD0バランス321gで組んでもらいました。 ティー、フェアウェイ共に今まで使用していたX-Hotよりも強い玉が出ます。 但し、フェースの向き若干合わせづらいです。 これは、ドライバーのEPIC Flashのシリーズ共に言えるのですが、少しフックフェースに握るとスクエアです。 ボールは、意図よりもやや高い位ぐらいで問題有りません。 風アゲでも強いです。 US版のカチャカチャ仕様です。 シャフトはDI-7Xですがドライバー用のをカットしてますので柔らかめです。 ドライバーのHS46ぐらいですが250ヤード近く飛びます!打感も良く捕まりも良いです!たまにフックが出ますがOBにはならない程度の曲がりでおさまります。 レギュラーティーならほとんど、このスプーンで十分です。 セカンドで打つシュチュエーションにはほとんどならないので、基本ティーショット専用ですね!サブゼロ より優しく激飛びって感じです。 このスプーンのおかげてドライバーの出番はほとんど無いです。 それまではTS2の16. 5度を使っていました。 結果は良かったのですが、打感は柔らかすぎで打音も静かすぎがイマイチ気に入らず何より飛距離が物足りない感じでした。 知人の日本版フラッシュサブゼロ3Wを借りた時は球が上がらずTS2の方がマシだと思っていましたが、日本版フラッシュスター3Wを借りた時に衝撃が! 打感も打音も飛距離もTS2より良い! ただ、たまにスピン不足でドロップも。 やはり15度は難しいですね。 そこで思いついたのがUS版。 USだとカチャカチャが付いているのでロフトが増やせます。 今1度プラスして16度にして使っていますが、全てがTS2より良い! 打感、打音、何より飛距離に大満足してます。 16度ならティーアップ無しの芝の上からでも全然余裕で上がります。 スリーブさえ手に入れれば自由にシャフト交換できるって言うのも含めてUSフラッシュはかなり良いですよ。

次の

EPIC FLASHスターフェアウェイウッド 試打・評価・徹底解説

エピック スター フェアウェイ ウッド

EPIC FLASHのフェアウェイウッドは2種類ある! エピックフラッシュのフェアウェイウッドは2種類発売されています。 ちなみに、ドライバーは3種類(スピードスターを数えると4種類)です。 EPIC FLASH スターフェアウェイウッド• EPIC FLASH サブゼロフェアウェイウッド EPIC FLASH サブゼロフェアウェイウッドはソールの前側にもウェイトが搭載されているアスリート向けモデルで、低スピンで飛ばせるモデルです。 一方、EPIC FLASH スターフェアウェイウッドは、軽量・低重心で球が上がりやすいモデルです。 そして、投影面積もサブゼロと比べて大きくなっていますので、安心感もあります。 本投稿ではスターモデルを取り上げます。 キャロウェイ EPIC FLASHスターフェアウェイウッド こちらがEPIC FLASHスターフェアウェイウッドです。 ソールの後方にウェイトが搭載されている点が特徴で、低重心・深重心で球が上がりやすく、サブゼロモデルよりも直進性が高くなっています。 callawaygolf. pdf EPIC FLASHの最大の特徴であるFLASHフェースは、ドライバーだけでなくフェアウェイウッドにも搭載されています。 ユーティリティはというと、ROGUEはユーティリティが発売されていますが、EPIC FLASHはドライバーとフェアウェイウッドのみの発売となっています(執筆時点)。 フラッシュフェースは人間の手作業による試作品を積み重ねる従来の開発工程ではなく、AIとスーパーコンピューターを駆使して15000回にも及ぶシミュレーションを重ねることで、理想的なフェースデザインを生み出しています。 フェースの肉厚・肉薄部分が織りなす形状が対称性が無いウェーブ状になっています。 ゴルフクラブはもともと対称性とは正反対の道具であることを考えると、フェースの対称性が低いのは、ある意味、合理的であるように思えます。 ジェイルブレイクテクノロジーはフェアウェイウッドにも搭載! キャロウェイのヘッド内部に設置された2本の柱、JAIL BREAKテクノロジーは、ROGUEで初めてフェアウェイウッドに搭載され、今回のEPIC FLASHフェアウェイにも引き続き搭載されています。 ヘッドの余分なたわみを抑え、ボールスピードをアップしてくれます。 ソールのスクリューウェイトを交換して重心調整できる ソール後方に搭載されているウェイトは、取り外しが可能となっています。 オプションで別重量を購入することができますので、交換することで、深重心・低重心の度合いを調節することができます。 なお、デフォルトで搭載されているウェイトは2gで、オプションでは2~14gまで2g刻みで用意されています。 そして、EPIC FLASHのスクリューウェイトは、同じEPIC FLASHシリーズの他のモデルでも同一仕様となっていますので、使いまわすことができます。 EPIC FLASH スクリューウェイト 対応モデル• EPIC FLASH Sub Zero ドライバー• EPIC FLASH STAR フェアウェイウッド• EPIC FLASH Sub Zero フェアウェイウッド• スターモデルの特徴の一つが「軽量」のため、クラブ全体の重量を軽減するため搭載されていないものと思われます。 EPIC FLASHスターフェアウェイとGBB EPICスターフェアウェイの違い 2年前に発売されているGBB EPICスターフェアウェイウッドと比べると、大きな違いが2点あります。 EPIC FLASHではスクリューウェイトを搭載 まず、EPIC FLASHでは先ほども紹介した通り、ソール後方にネジ式のウェイトが搭載されていて、重心調整が行えます。 GBB EPICの方はヘッドの軽量化と低重心化は図られていますが、取り外し可能なウェイトはありません。 EPIC FLASHにはJAIL BREAKテクノロジーを搭載 今や、キャロウェイの代名詞的なテクノロジーになりつつあるJAIL BREAKテクノロジーは、GBB EPICの時に初めて搭載されました。 ただし、その時はドライバーのみの搭載に留まり、GBB EPICのフェアウェイウッドには搭載されていません。 EPIC FLASHのフェアウェイウッドには搭載されています。 エピックフラッシュ スターフェアウェイウッドの試打・評価 EPIC FLASHスターフェアウェイとサブゼロフェアウェイの打ち比べ・比較動画 スターとサブゼロの両方を試打している動画です。 EPIC FLASHフェアウェイウッドを練習場で試打 こちらもスターとサブゼロを打ち比べていますので、弾道の違いがわかります。 25 42. 75 42. 25 クラブ重量 303g R ー ー シャフト重量 46g R ー ー トルク 5. 重心が後方にありますので、球があがりやすいのが特徴です。 更に球をあげたい場合は、ウェイトを重いものに交換することで対応できます。 EPIC FLASHスターフェアウェイウッドの販売価格と発売日 EPIC FLASHスターフェアウェイウッドの発売開始日は2019年2月1日です。 メーカー公式サイトで紹介されているシャフトは2種類ですが、カスタムでその他のシャフトを選択することもできます。 Speeder EVOLUTION V FW 50 S.

次の

【スペック】GBB EPIC STAR フェアウェイウッド/キャロウェイ|ゴルフクラブ評価ナビ

エピック スター フェアウェイ ウッド

構えてみると 見た目は癖がなくて構えやすい。 フェースプログレッションが大きいからかリーディングエッジがでて見えるぐらいでしょうか。 ボールを拾ってくれそうな雰囲気が見た目から伝わってきます。 フェースアングルもストレートです。 スポンサードリンク ローグスター フェアウェイウッドを試打してみての感想 弾道計測器GC2での計測データ 平均飛距離が257ヤード、キャリーが234ヤード。 めっちゃ飛びますわー。 ボールスピードが62. 速い!! 打ち出し角度は14. 最大の高さは31ヤード。 高さは十分。 ティーアップしたドライバーぐらい上がってくれました。 バックスピン量2553。 まあまあの低スピン感。 サイドスピンは平均111のスライス回転。 捕まりすぎずといった感じでGOOD。 初速が速い 初速が62を超えてきますし、平均飛距離で250ヤードを超えて260ヤードに迫る勢い。 マジで飛び出しが早くて「エッ!?」ってなりましたw 柱 ジェイルブレイクテクノロジー の効果がでてますね〜 ボールが喰いつく打感 打感も向上。 前作のドライバーなんかやフェアウェイウッドは硬い感じがありましたが、 フェースにしっかり喰いつく感じ。 なのにしっかり弾いてくれるのがスゴい。 進化してますね ボールを拾いやすいリーディングエッジ ここもポイント! フェースのリーディングエッジが出っ歯てるので ボールが簡単に拾えちゃいます。 フェアウェイウッドを地面の上から打つのが苦ってという方でもかなり打ちやすいと思います。 捕まりすぎないので左が怖くない 計測データを見ていただいてわかるように 捕まりすぎがなくて安心して叩いていけます。 フェアウェイから打ってセカンドOBなんてことが少なくなって2オン率があがっちゃうかも・・・ まとめ 総評 まとめると 『間違いなく飛ぶフェアウェイウッド』 シンプルですが飛ぶ!飛びますわ~。 とにかく飛ぶ!! 初速もでて高さも出せるのでロングホールが楽しみになるフェアウェイウッド、ティーショットでも活躍しそう。 これは是非試してもらいたいおすすめフェアウェイウッドです。 5段階評価 飛距離:5 打感:4 方向性:5 デザイン:5 操作性:5 キャロウェイローグ フェアウェイウッド安く買うならUSモデルもあり 日本モデルよりもUSモデルの方が金額的にはかなり安くなっているのでUSモデルを手に入れるのもありですね。 ぼくはUSモデルを購入するときは さんで買ってます。 ここが一番信頼できますね。

次の