光回線 変換。 フレッツ光のモデムを解説!設定方法・ランプの意味・故障時の対処法

光回線とは?インターネットが繋がる仕組みとプロバイダが何かをやさしく解説

光回線 変換

ONU、モデム、ルーターの違いはなに? まずは、「 ONU」「 モデム」「 ルーター」の違いについて確認していきましょう。 ONUは信号の変換装置 ONUは、光回線を利用する際に必要になる機器です。 「Optical Network Unit」の略で、これは光回線の終端装置を意味しています。 ONUの役割は、 光ファイバーから送られる光信号をデジタル信号に変換することです。 自宅に引き込んだ光回線(宅内工事のときに部屋に設置した光コンセント)から送られてくるのは光信号ですが、光信号の状態ではパソコンをインターネットに繋ぐことができません。 この光信号を、インターネットに接続するために必要な「デジタル信号」に変換する役割を担っているのが、ONUというわけです。 ONUは契約している回線業者から貸し出される場合がほとんどです。 貸し出しは有料の場合と無料の場合があります。 モデムも変換装置だが対象が異なる モデムもONUと同じ「 変換装置」です。 コンセントから送られてきた信号をデジタル信号に変換して、パソコンをインターネットにつなげる役割を果たします。 ただし、 ONUとモデムでは変換する信号が異なります。 ONUが光信号をデジタル信号に変換する機器であるのに対し、モデムは電話回線などのアナログ信号をデジタル信号に変換するための機器です。 つまり、ADSLやCATVなどのアナログ回線を使ってパソコンを使用する際には、ONUではなくモデムが必要になってくるというわけです。 ルーターは複数台の端末を繋げるための機器 ONU、モデムに対して、ルーターはまったく別物の機器です。 ONU、モデムが「変換装置」であるのに対し、 ルーターは「 複数の端末をインターネットに接続するための機器」です。 有線ケーブルを使えば、ONUやモデムから直接パソコンに接続することができますが、この方法では1台のパソコンしか接続することができません。 パソコンやスマートフォンなど複数の端末を同時にインターネット接続するために必要なのが、ルーターというわけです。 ルーターには、有線ケーブル接続するための接続口が複数あるほか、無線LANを利用して複数端末をWi-Fi接続する機能があるものもあります(口数や接続方法はルーターの種類によって異なります)。 多くの場合、 ルーターは回線と契約しても貸し出されないため、自身で別途、購入して用意する必要があります。 ここまでをまとめると、自宅に引いた光回線を複数の端末で使用したい場合には、ONUとルーターの2つの機器が必要になるということです。 これがADSLやCATVの場合なら、モデムとルーターの2つが必要になってきます。 ONUとルーターの接続方法 自宅に引いた光回線を使って、複数の端末をインターネット接続するためには、ONUとルーターの接続を行わなければいけません。 この接続は有線で行います。 大まかな接続方法は、以下の手順を参考にしてください。 まずは、ONUをコンセントに差し込みましょう。 ONUは電池を内蔵していないので、電源を確保する必要があります。 ONUがコンセントと接続されたら、光ファイバーケーブルをONUの接続口に接続してください。 これで、光コンセントとONUが接続されました。 この状態ならば、ONUとパソコンを有線接続すれば、すぐにインターネットの利用が可能です。 しかし、複数の端末をインターネット接続するためには、ONUとルーターの接続を行わなければいけません。 その場合は、まずONUの所定の位置にLANケーブルを差し込み、そのLANケーブルとルーターとを接続しましょう。 ルーターにもコンセントがありますので、そちらもコンセントに差し込んでください。 これで、光コンセントとONUとルーターのすべてが接続されました。 あとは、有線ないし無線でパソコンやスマートフォンなどの端末を接続すれば、複数の端末でインターネットの利用ができます。 ONUのなかにはルーター内蔵のものがある このように、複数の端末でインターネットを使用するためにはONUとルーターを別々に用意して接続する必要があります。 しかし、2台の機器を用意するのは正直、面倒でもありますよね。 機器自体はそれほど大きなものではないにしても、2台分の設置スペースを確保しなければいけないという問題もでてきます。 またONUは無料で貸し出されたとしても、ルーターは実費で購入しなければいけない場合が多いため、その分の出費がかかります。 しかし、光回線の業者の中には、ルーター機能が内蔵されたONUを貸し出している会社もあります。 NURO 光が無料で貸し出すONUも、ルーター機能付きです。 NURO 光のONUは無線LAN機能付き NURO 光で貸し出されるONUには、無線LAN機能がついています。 貸し出しは無料ですので、お金はいっさいかかりません。 そのため、別途ルーターを購入する必要なく、複数デバイスで有線・無線の接続が可能です。 また、 NURO 光のONUは、従来規格のIPv4だけでなく、次世代規格のIPv6にも対応。 IPoE方式での接続を行うため、混雑時でも安定してインターネット通信を行えます。 IPv4・IPv6両方の規格に対応しているため、接続先のサイトに合わせて自動で切り替わり、スムーズなWeb閲覧が可能です。 NURO 光の特徴 ルーター機能付きのONUの無料貸し出し以外にも、NURO 光には様々なメリットがあります。 なかでも注目のメリットは、以下の3つです。 ・速度が速い ・価格が安い ・特典を選べる 1つずつ、確認していきましょう。 速度が速い 一般的な光回線の通信速度は下り最大1Gbpsですが、 NURO 光の通信速度はその倍。 下り最大2Gbpsの速度を誇ります。 インターネットに速さを求めている人には、ぜひ体験していただきたい速度です。 11ac における通信で最大 1. 3Gbpsとなります。 11acに対応していない場合があります。 価格が安い NURO 光の戸建てプランの利用料金は、 月々4,743円(税抜)です。 光回線の月額利用料金相場は5,000~6,000円ですので、速さだけでなく、安さという点でも非常にお得感のある回線と言えるのではないでしょうか。 特典を選べる NURO 光には、多くの特典があります。 キャッシュバックキャンペーン、1年間の 月額利用料金980円(税抜)、ひかりTVとセットで 月額1,500円(税抜)~、3ヶ月ワンコイン( 500円(税抜))など。 特典の詳細は、こちらの記事をごらんください。 また、ソフトバンクユーザーの方には別の特典もあります。 ひかり電話とセットで申し込むことでスマホ等の月額使用料金が1台あたり500~1,000円(税抜)割引になる「 おうち割 光セット」や、NURO 光 でんわ同士や、ソフトバンクスマホ間での通話量が24時間無料になる「 ホワイトコール24」などが、それにあたります。 NURO 光 でんわの利用には、月額500円(税抜)の費用がかかりますが、最低でも500円(税抜)の割引が受けられますので、ソフトバンクユーザーにとってはお得な特典ですね。 ちなみに、割引対象となる端末は最大10台までですので、ソフトバンク契約の端末を複数所持している方はさらにお得になります。 詳細は、こちらの記事をご確認ください。 まとめ ONUとモデムは同じ「変換装置」ですが、変換する対象が違います。 一方で、ルーターは複数の端末をインターネット接続するために必要な機器です。 自宅で複数の端末をインターネット接続する際は、ONUとルーター、モデムとルーターの組み合わせで、2つの機器が必要です。 ただし、なかには2つの端末機能が一体となったONUも存在します。 一体型のONUなら、接続が楽でルーター購入費用がかからず、便利ですね。 NURO 光ではルーター一体型のONU()を無料で貸し出ししています。

次の

光回線とは?インターネットが繋がる仕組みとプロバイダが何かをやさしく解説

光回線 変換

この記事の目次• 光回線を利用するには工事が必要 そもそもですが、光回線とADSLというのは、全く別の回線を利用するものです。 光回線は皆さんの一度は耳にしたことがあるであろう光ファイバーというものを用いた回線です。 一方、ADSLはメタルケーブルを用いた回線です。 情報通信サービスというのは、この回線を自宅まで引き込み、収容局()まで信号を送るというサービスですから、異なる回線を利用する場合は当然工事が必要になります。 ADSLから光回線に乗り換える場合は、まず、どの会社の光回線にするか決めた後、インターネット、または電話等で申し込みをします。 申し込みをした後は、それまで契約していた業者に解約の連絡を忘れずに行うようにしましょう。 ただ、乗り換える先の光回線の会社に申し込みをしたことで、工事の申し込みも同時に行われていることになりますので、改めて工事の申し込みを行う必要はありません。 工事には工事費が必要になりますが、工事費が無料になるなどのキャンペーンを行っている会社もありますので、申し込む前によく調べておくことが大切です。 また、工事の際は、基本的に立ち合いが必要になります。 例外を除いて休日は工事費が3,000円ほど高くなりますので、特に一人暮らしの方や夫婦共働きの方は空いている日をしっかりと確認してから工事の申し込みをするようにしましょう。 マンションの場合は宅内工事が不要な場合も! ADSLから光回線に乗り換える時に行う工事は、一戸建ての場合とマンションの場合で作業内容が変わってきます。 一戸建ての場合は、屋外にある電柱から自宅の中に光ファイバーを引き込みます。 そして、自宅内に光コンセントと 光回線終端装置:契約者宅に設置される光回線の装置で、光信号を電気信号に変換する働きをする を設置します。 工事にかかる時間は40分から90分ほどです。 一方、マンションの場合は、既に光ファイバーがマンション内に引き込まれていることがあります。 あるいは賃貸住宅の場合、前の住人が光ケーブルを撤去せずに退去していたり、マンション内の他の住人がすでにマンションタイプの回線を申し込んでいることもあります。 この場合は工事が不要になったり、簡易的な工事で済むこともありますので、一度回線事業者に確認するようにしてみましょう。 工事をする場合は、基本的に一戸建ての場合もマンションの場合も工事に立ち会う必要があります。 ただし、マンションの場合、条件によっては宅内工事が不要になることもありますので、事前に確認しておきましょう。 光回線への乗り換え工事費が無料になる会社もある! 光回線に乗り換える際に行う工事費用は、契約する会社によって異なります。 一戸建ての場合は、18,000円から40,000円程度、マンションの場合は15,000円から40,000円程度通常かかります。 ただし、会社によっては、工事費が無料になるケースもあります。 例えば、ソフトバンク提供のADSL回線を利用している人がソフトバンク光に切り替えた場合は、工事費が無料になるというキャンペーンがあります。 対象のADSLは、Yahoo! BB SOHO、フレッツ・ADSL、ホワイトBBなどです。 なお、その他条件があり、NTT東日本区域の場合は、ADSLを2017年11月30日までに開通している人が対象です。 NTT西日本区域の場合は、2018年9月30日までにADSLを開通している必要があります。 つまり一定の期間以上、ADSL回線を利用した人が対象ということです。 また、上記に当てはまらなくても多くの光回線事業者は長期間契約を継続することで工事費が無料になります。 所謂「実質無料」と呼ばれるものです。 実質無料とは、例えば24,000円の工事費を2年間分割で支払い、2年間毎月1,000円を割引するというものです。 なぜこのようなややこしいことをするのかというのは、「長期間契約を継続してもらうため」とか「工事費無料商法は政府から突かれたことがある」という様々な理由があるのですが、とにかく多くの場合、光回線は工事費無料で利用することができます。 まとめ ADSLから光回線に乗り換える時は、まずどの会社の光回線にするか決めた後、インターネット、または電話等で申し込みをします。 光回線への乗り換えの際、工事が必要になりますが、工事費が無料になるキャンペーンを行っている会社もありますので、事前によく調べてから申し込むことが大切です。 一戸建ての場合とマンションの場合で工事の内容が変わってきます。 マンションの場合の方が、一般的に工事費も安く、作業時間も短くなります。 工事の際は立ち合いが必要になりますが、マンションの場合は宅内工事の必要がない場合もあります。 光回線への乗り換えの際に工事費が無料になるものとして、例えば、Yahoo! BB SOHO、フレッツ・ADSL、ホワイトBBなどのADSLからソフトバンク光に乗り換える場合に工事費が無料になるキャンペーンがあります。 また、その他にはADSLからDTI光に乗り換えた場合に工事費が無料になるキャンペーンなどもあります。 ただし一定の条件を満たしている必要がありますので、事前にしっかりと確認しておきましょう。

次の

光コンセントとモジュラージャックの違い

光回線 変換

インターネット通信を有線でしている場合は、家の中やマンションの共有部分に何かしらの接続機器が設置されています。 ネット接続機器には• ルーター• モデム• 光回線終端装置(ONU) などの種類があり、それぞれの役割が違います。 どれがどんな役割を持っているかわからないという方も多いのではないでしょうか? そこで、今回は光回線終端装置(ONU)に焦点を当て、• ONUとはどういう役割を持った機器なの?• 他の機器との違いは? などについて紹介していきます。 機器の違いを知っておくと 不具合等で問い合わせをする際などに便利ですよ。 この記事の目次• 1 ONUの設置場所は光回線の終端 光回線でインターネットをするには、必ず回線終端装置である ONUが必要です。 ONUは、「光回線の終端」に設置される機器なので、家の中まで光ファイバーを引き込んでいるタイプは家の中に置かれます。 マンションタイプの場合、• 各部屋までは電話線で配線してあるVDSL方式• LANで配線してあるLAN配線方式 などマンション共有部まで光ファイバーを引き込んでいる場合は、ONUを見た事が無い方もいるでしょう。 2 ONUの役割は? 電線からONUまでは光ファイバーが使用されます。 しかし、パソコンやルーターには直接光ファイバーは挿し込むことができません。 そこで、ONUによって、 光ファイバーからLANケーブルに切り替えられます。 また、ONUには、コードの切り替えだけではなく、信号変換の役割もあります。 光ファイバー内には光信号が流れていますが、そのままではコンピューターは認識できません。 光信号はONUによって、 コンピューターが認識できるデジタル信号に変換されます。 逆に、コンピューターから流れてくるデジタル信号を、光信号へ変換し光ファイバーへ流すことで通信が成り立っています。 このようにONUとは、 光信号とデジタル信号の相互変換を行う機械なのです。 3Wi-Fiルーターとの違い ONUと間違いやすい機器には、「ルーター」があります。 「ルーター」とは、 複数の端末をインターネットに同時接続するための機器で、複数のLANケーブルを挿し込めるハブ機能などが主な役割です。 このルーターに無線LAN機能が備わったものを、「Wi-Fiルーター」と言います。 Wi-Fiルーターであれば、LANケーブル(有線)を使わなくても、無線通信でパソコンやスマホなどの端末でネット通信ができます。 ONUのみ:有線接続で1台しか使えない• 1おすすめのWi-Fiルーター 話は少しずれますが、ここでおすすめのWi-Fiルーターを紹介します。 主な光回線は、最大速度が1Gbpsで提供されています。 ADSLなどの通信速度が遅い回線では、通信速度が最大54Mbpsしか出ません。 つまり、光回線でそのような遅いWi-Fiルーターを使用していては、 光回線の速さを生かしきれません。 そのため、光回線に切り替えた際には、Wi-Fiルーターも新しいものを購入した方が良いでしょう。 実際の器種では、バッファロー製のWXR-1750DHP2などがお勧めです。 最大通信速度は1300Mbpsと 高速• 子機を自動識別し 適切に電波を届けるビームフォーミング機能搭載• 露出式大型稼働アンテナを微調整することにより Wi-Fiの死角をなくしやすい などの特徴があります。 引用元: 1. 4モデムとの違い ONUと似たネット通信機器に、モデムというものがあります。 モデムとは、 アナログ信号とデジタル信号の相互変換するための装置で、ADSL回線や光回線のマンションVDSL方式で使用されます。 ADSLも光回線VDSL方式も電話線を使うため、電話線に流れるアナログ信号とコンピューターが認識できるデジタル信号の相互変換が必要なのです。 ONUとモデムの違い ONU 光信号とデジタル信号の相互変換 上部(電線側)が光コード、下部(端末側)がLANケーブル モデム アナログ信号とデジタル信号の相互変換 上部(電線側)が電話線、下部(端末側)がLANケーブル VDSL方式の場合は、マンションの共有部分にONUがあり、各戸にはVDSLのモデムが設置されます。 局内の光信号を出力する装置には、各家庭のONUのMACアドレスが登録してあります。 局内の登録MACアドレスと、実際に付けているONUのMACアドレスが 一致しないと認証しない仕組みになっているからです。 1フレッツ光・光コラボ回線の場合 フレッツ光と、フレッツ光回線を使用した光コラボ回線の場合で、それぞれの契約プランによって使用される機器を紹介します。 ファミリータイプ・マンションタイプ光配線方式の場合:ONU• マンションタイプVDSL方式の場合:VDSLモデム• マンションタイプLAN配線方式の場合:各宅内に通信機器は設置されない また、ひかり電話を契約した場合は、電話ルーターと接続機器が一体となった• ONU一体型ひかり電話ルーター• VDSL一体型ひかり電話ルーター を設置します。 LAN配線方式の場合は、 ひかり電話ルーターだけを宅内に設置します。 【ひかり電話一体型ルーター】 引用元: 2. 2auひかりの場合 次にauひかりの場合ですが、auひかりでは、 ONUとホームゲートウェイを設置します。 ONUを設置しない配線方式の場合は、VDSLモデムとホームゲートウェイ またはVDSL内蔵ホームゲートウェイ になります。 出典元: ONUを設置しない配線方式の場合は、VDSLモデムとホームゲートウェイ またはVDSL内蔵ホームゲートウェイ になります。 出典元: タイプEはホームゲートウェイだけを宅内に設置します。 出典元: 2. 3その他の回線(電力会社系、ケーブルテレビ系)の場合 その他の回線も必ず終端装置が必要という点について一緒ですが、 終端装置の種類は様々です。 光回線であれば光回線終端装置 ONU ですが、ケーブルテレビの回線だとケーブルモデムを設置します。 ここでは、ネット通信がうまくいかない場合の原因がONUなのかを調べる方法と、ONU故障時の問い合わせ窓口を紹介します。 1 ONUと光ケーブルをチェックしよう ONUの故障かなと思った時は、まず光ケーブルとONUの 接続点不良を疑ってみましょう。 何らかの原因で接続が緩くなると、光信号がうまく届かなくなり、通信速度が遅くなるのです。 2 ONUの故障かその他の機器の故障かを判断する方法 次にやってほしいことは、 すべての機器の再起動です。 これで直らなければ、一つずつ原因を探っていきます。 ONUには状態を表すランプが点いています、機種によってランプは異なりますが、 正常であれば緑色で点灯します。 その際は回線事業者に修理を依頼する必要があります。 UNIやホームゲートウェイのランプが消えている場合は、• LANケーブルが抜けていないか• LANに接続されている端末が故障していないか を確認します。 ランプが全て正常なのにインターネットができない場合は、• 接続している全ての端末で通信ができないのか• 特定端末だけで使えないのか を確認します。 端末1台だけがインターネットに繋がらない場合は、回線の大元になっているONUが故障しているということはありえません。 ONUが故障すれば 端末全台通信不可能になるからです。 なので、特定の端末の故障か、端末とルーター間でのトラブルだと分かります。 3 ONUの交換・修理の方法 宅内に設置するタイプのONUは、各回線事業者からレンタルしているものなので、 契約している事業者へ問い合わせます。 フレッツ光の契約時は、以下の連絡先へ問い合わせます。 フレッツ光東西の連絡先 東日本エリア 0120-000-113 西日本エリア 0120-248-995 光コラボ回線を契約してる場合は、 各光コラボ事業者へ問い合わせます。 auひかりの契約時は、以下の連絡先へ問い合わせます。 auひかり問い合わせ先 KDDIお客様センター 0077-7084 ONUの交換は基本的に 無料です。 OUNの故障とハッキリ断定できる祭は、新しいONUが送られてくるので自分で交換し、故障した機器は送り返します。 故障個所が特定できない、または、回線側に原因があるケースは、故障担当者が自宅まで来て点検を行います。 故障した原因がユーザー側であった場合には、 出張費や修理費が発生してしまうので注意しましょう。 最初は単純な故障でも、直らないからといろいろ設定をいじってしまい、 2重3重の要因でインターネットが繋がらない状態になってしまう方もよくいます。 そのため、先ほど紹介した簡単な故障探索方法を試しても改善しない場合は、 回線事業者へ問い合わせをし、判断を仰いだ方が良いでしょう。 オペレーターは、ユーザーから現在の状況を問診し、的確なアドバイスをしてくれます。 オペレーターとのやり取りで改善するケースも多く、修理者を派遣するのは最終手段になります。 宅内に光回線終端装置を設置する必要がある契約プランの場合は、かならず無料で回線事業者からレンタルできるので、 自分で用意する必要はありません。 ONUの故障が疑われるときは電源を入れ直すと直る場合があるので、 再起動を試してみましょう。 また、ランプ状態を見てもある程度故障の個所を推測できます。 故障修理は、契約している各事業者へ問い合わせましょう。 レンタル機器なので 無料で修理・交換してくれます。 ONUの故障などではなく、光回線が原因でネット通信が遅い場合は、回線の乗換えが効果的です。 自分に合った光回線を探すのは意外と骨の折れる作業ですので、簡単な質問に答えるだけですぐにピッタリの回線が分かる診断ツールを用意しました。 ぜひこちらもお試しくださいね。

次の