地震 予知 soe。 予知夢 掲示板

異次元な的中率を誇る『預言者ミッヒー』がマジでヤバ過ぎる件…地震予知や大事件の前兆が分かるシックスセンスは本物か!?過去にミッヒーが的中させた天災なども紹介!

地震 予知 soe

この記事の目次• 2019年地震予知の前に絶対知っておくべきは気象庁の地震速報 誰もが見たことがあるかとは思いますが、 地震が起こった後に震度を確認したり、震源地を確認したり 周辺都道府県や地域への余震具合、被害状況を確認するために 必ず知っておくべき情報源として【気象庁の地震速報】が挙げられます。 >> 各地の地震情報が出ている上方の方に 『再読込』というボタンがあるのでコチラをクリックすれば いつでも最新情報をチェックすることが出来ます。 コレについては、 2019年だろうと東京オリンピックのある2020年だろうと変わらずチェックすべき最重要サイトの1つです。 地震を事前に察知するためにはやはり地震予知情報が必要? とは言え、 地震速報は文字とおり 地震が起こった後にいち早く情報を教えてくれる存在です。 つまり、 地震が起こる前にはあまり役に立ちません。 確かに、 津波などの二次災害を防ぐ意味では 非常に重要になりますが、マグニチュードの大きな地震が発生するのかどうか? 事前に察知する方法としては活用することができません。 緊急地震速報という国の取り組みもありますが、 これは1分以内のアラートなどであり、どこまで対応出来るか?という課題もあります。 ということで、 2019年現在の状況から言えば 個人法人問わず地震予知情報というのは 多少なりとも参考にすべき情報なのではないでしょうか? ということで、 2019年も注目されている地震予知/予言情報発信者の 情報発信源 ブログやTwitterなど をまとめてみたいと思います。 ミシェルさんの最新情報が得られるブログは グラグラさん 東日本大震災発生以後、何か出来ることはないか?と データ予測を基本とした地震予知情報をブログとTwitterで発信してくださっています。 地震科学探査機構JESEAの顧問を務めています。 JESEAのWebサイトは 村井俊治さんのTwitterは リシルさん 一時期地震体感情報発信をやめていたが再開。 東京都に在住の女性。 リシルさんのブログは 2062年未来人 2016年熊本地震で脚光を浴びた2062年未来人。 懐疑的な人も多いが公式サイトも立ち上がり2chなどでは引き続き注目されている。 さん 従姉が福島県で東日本大震災の被災に遭い、そこから体感情報を発信してくださっています。 さんのブログは SOE 多方面から寄せられた地震予報情報をまとめた掲示板 SOEの地震予報掲示板は 龍さん 掲示板にて情報発信してくださっている方。 硫酸の情報はから 麒麟地震研究所 NPO法人国際地震予知研究会 IAEP のメンバーの方が情報発信してくださっています。 麒麟地震研究所のウェブサイトは 松原照子さん 書籍なども複数出版しスピリチュアルな世界では有名な方。 地震予知や世界情勢についても予知しています。 松原照子さんの公式サイト『幸福への近道』は ということで、 2019年も世界が平和で幸せに包まれることを願うばかりですが 足元でもM4. 0レベルの地震が頻発している日本ですから、 いつ南海トラフ地震や関東大震災が起こっても不思議ではありません。 皆さんが一人ひとり 出来る限りの対策をして日々を過ごしましょう! やまたさんを除いて、予言者はいかがわしい人ばかりだとおもいます。 例えばイギリスのEU離脱について予言するなら、イギリスのニュースをみていたら分かりますし、当てずっぽうでも的中率は2分の1あります。 また抽象的な予言はなんとでも解釈できます。 私はほとんどの予言者はにせ者のようにかんじます。 松原さん、ミシェルさん、リシルさん、グレイクさんも調べれば全く完璧にノーマークなものを予言しているものはないとおもいます。 またその予言は抽象的です。 その中でやまたさんは新潟の地震を的中させています。 それも場所、地域にいたるまで、震度も、次におこる震度6の地震と限定してなど、またそのときは新潟には地震は起こっていなく、全くノーマークな地帯を正確に地震がおこる10日くらい前に事前予知していたから驚きです。 それも、ミクルで自分の力に悩んでいて、それを相談しているなかで嘘吐き予言者などのバッシングを受け、なら占ってやるよ、証明してやるよって売り言葉に買い言葉で予言にいたるという経緯をたどります。 からかった人は罰を当てないでとか、ごめんなさいって謝っていました。 ムーとか占いや予知に詳しい友人に聞くと、確実に事前に的中させた人は記憶にないということですが、このやまたという方はどうして有名にならないのでしょうか?私が知らないだけで有名なんでしょうか? また、やまたさんはそれが本当の名字で他に違う名前などで活動されているのでしょうか?プログなどがあれば教えてください。 事前にこのように告知して全く予見できないノーマークな出来事を見事に予言的中した方は、やまたさん以外にいますか? また、占い好きや予言好きな方で、いかがわしい予言者や占師などを、おかしいんじゃないって?抽象的ですよ。 ってツイッターなどで呟いて、世間に広めて、それを伝えてください。 また、やまたさんのような事前に予知してそれがどうして適中したのか理由がわからない人をツイッターなどで広めてください。 私はそういう力のある人に占ってもらったり、予言してもらいたいです。 私は抽象的な予言、占いをしている方は、信用できません。 どうおもいますか?.

次の

地震前兆と予想

地震 予知 soe

いつ起きてもおかしくないと言われている 「南海トラフ巨大地震」。 あなたのお住いの地域は、 どのくらいの被害が想定されているのかなど 心の準備や心構えは大丈夫ですか? 「南海トラフ巨大地震」のような地震は、 台風のように予測ができません。 そのため、とても怖い自然災害の1つです。 しかし、この 巨大地震を予知している ミシェルさんという方が 日本に在住しています。 そこで、今回は、ミシェルさんが予知する 「南海トラフ巨大地震」について 詳しく紹介していきます。 地震の予想日や安全と言われている 地域について紹介していきますので、 ぜひ、参考にしてくださいね。 少しでも恐怖の地震から逃れられるように、 被害を最小限にとどめられるように できる限りの努力はしたいものです。 この記事を読んで、 心の準備だけでもしておくとよいですよ。 南海トラフの予想日はいったい…いつ?! 南海トラフ巨大地震は、 気象庁によると 「いつ起きてもおかしくない地震」と 言われています。 最近でも、震度3程度の地震が 各地で起きていますが、今日、明日…と、 いつ巨大地震が起こっても 不思議ではない時期にさしかかっているのです。 政府の地震調査機関や地震専門家の間では、 「2029年すぎに巨大地震が 起こる可能性が大きい」と言います。 これは、今までの地震サイクルに 基づいた考えであり、過去の地震からの 地層のずれを考えると 2029年以降が とても危険だというのです。 そして、予知能力のあるミシェルさんも、 2019年12月1日、16:28のブログで こんなことを書いています。 【大きめの注意】 「はっきり言えないけれど、 海外でM7以上の体感がある。 さらに、異様に眠くなり、 自宅で仕事を中断して横になった。 ただし、国内の可能性もある。 」 これは大変なことです。 台風などの自然災害が来るときも、 ミシェルさんは、耳鳴りがひどくなったり、 横にならないといけないほど 体調が悪くなったりしまた。 そんなシェルさんの体に今、 異変が起きているのです…。 この記事が更新されてから すでに2か月が過ぎています。 現在のミシェルさんの様子は どうなのでしょうか…。 12月のような体の不調が 続いているのでしょうか。 心配です。 いつ起きてもおかしくないと 言われ続けている「南海トラフ巨大地震」は、 もうすぐ私たちを 恐怖のどん底に陥れることでしょう。 スポンサードリンク 南海トラフ巨大地震がきても安全な県や地域などない? どっち? 安全な地域や県はありますよ。 南海トラフ巨大地震の予想震源域は、 四国地方、和歌山県、三重県、 愛知県、静岡県の広範囲にわたります。 これらの地域では、 予想最大震度7以上、 予想される津波の高さが30m超です。 家屋が全壊したり、記憶に新しい 東日本大震災のように大津波に 襲われたりするのが目に見えています。 しかし、 予想震源域から遠ければ 遠いほど安全だと言えます。 例えば、 北海道、東北地方、北陸地方、 中国地方、九州地方などが安全ですよね。 ただ、南海トラフ巨大地震の影響で 広範囲にわたって津波の被害が 出る恐れがあります。 海沿いの家の方は十分に 津波にご注意くださいね。 また、予想震源域に経済の中心地が 集中しているので、経済混乱を 招く恐れを秘めています。 南海トラフ巨大地震が起これば、 どれだけ震源域から離れていようとも 何かしらの被害が出ることは 覚悟をしておいてください。 さらに、 南海トラフ巨大地震が起こるときは、 大きな地震が連なって 頻発するとも言われています。 特に、 巨大地震の約32時間後から 約2年間の間に同じくらいの 大きな地震が起きる可能性が 高いと言われているため、 最大限の注意が必要です。 今住んでいる地域の予想被害情報を 見ながら、準備すべきことを家族や 大切な人と考えることも 大事になってきますね。 気になる方はチェックしてみて下さいね。 いつ起こってもおかしくない 南海トラフ巨大地震に備えていきましょう。 まとめ 今回は、予知能力のある ミシェルさんが予知する 「南海トラフ巨大地震」について 詳しくご紹介しました。 また、地震の予想日や安全と 言われている地域についても紹介しました。 ミシェルさんによれば、 近い将来、 海外または日本で震度7以上の 地震が起こる可能性が高いと言います。 これは、気象庁や政府の地震調査機関や 地震専門家の方たちも同じ意見です。 安全だと言われる地域は、震源域から 遠く離れた地域になりますが、 どこの地域にいても何かしらの 被害があるほど大きな地震になることは 間違いありません。 南海トラフ巨大地震が起これば、 日本の約半分の地域が被害を受け、 経済的にも大打撃を受けることになります。 まずは、予知や予測された 南海トラフ巨大地震のことを知って、 地震に対する準備や 心構えをしておきましょう。 準備や心構えがあれば、 家族や大切な人とともに被害を最小限に 抑えることもできるでしょう。 そして、予知能力のあるミシェルさんの ブログから、今後も目が離せませんね。 ぜひ、気になる方は、ミシェルさんの ブログをのぞいてみてください。

次の

地震予知サイトSOEとは?地震予知グラグラとは?当たるのか!?

地震 予知 soe

【地震予知】麒麟地震研究所が大地震の前兆を観測か?しばらくは注意が必要と警戒 2020年3月2日(月)にアップされたTwitterでは、東日本大震災の前兆の時と似たデータが観測されたとしています。 観測機1のデータです。 月と太陽の位置が3. 11発生時とほぼ同じ時間にM6クラスの緑の反応が出ています。 発生しそうになったが発生しなかった状況です M6クラスの前兆反応が出ていますので東北地方及東方沖等太平洋プレート境界付近の地震にまだ暫く注意が必要です — 麒麟地震研究所 kirinjisinken 「観測機1」では、マグニチュード6クラスの反応が出ているとのことで、警戒するとして情報を発信しています。 別の「観測機5」では、関東や伊豆諸島で前兆を捉えたが収まったとのこと。 観測機5は関東地方や伊豆諸島の前兆反応を捉えています。 赤の強い反応が長期間出現していましたが今日午後から突然収束しました。 注目しています 観測機2も昨日から収束しています。 観測機1にM5前後の反応が出ています。 暫く注意が必要です。 — 麒麟地震研究所 kirinjisinken LoveMeDo(ラブちゃん)が2020年3月の地震を予言 地震や自然災害、芸能人の不祥事などを予言している芸人、占い師、風水師、占星術家として活動するラブちゃんことLoveMeDo氏。 毎月、地震に関する予知を行っているので注目しておくと良いかもしれません。 3月2日~5日、 3月9日~12日、 3月15~17日、 19日~26日、 3月30日~4月2日で注意を促しています。

次の