ファイン ホテル アンド リゾート。 ファイン・ホテル・アンド・リゾートの特典

アメックス・プラチナのFHRを利用してハワイ「ハレクラニ」に宿泊!天国にふさわしい館の実力はいかに!?

ファイン ホテル アンド リゾート

アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カード• アメリカン・エキスプレス・ビジネス・プラチナ・カード• アメリカン・エキスプレス・センチュリオン・カード さらに、それぞれの 追加カード会員(家族会員)でもファイン・ホテル・アンド・リゾートで予約を行うことが可能です。 ファイン・ホテル・アンド・リゾートの予約方法 冒頭でもご紹介したとおり、ファイン・ホテル・アンド・リゾートの予約は 電話または オンラインサイトから行なうことが可能です。 ただし、オンラインサイトから予約を行なえるのは、 現状ではカード本会員のみとなり、家族会員は不可能となります。 にログイン• 希望のホテルや日程などの条件を入力• 客室タイプを選択し、予約完了 基本的にはExpediaや楽天トラベルなどのサイトでホテルを予約する方法と同じです。 順番にご説明いたします。 アメックスのオンラインサイトにログインし、ファイン・ホテル・アンド・リゾートの予約画面を開く まずはにログインして、ホテルの予約画面を開きます。 こちらは、ログイン時に自動的にファイン・ホテル・アンド・リゾートを利用できないカードが選択されているためだと考えられます。 この表示が出た場合は、より改めてログインして、ファイン・ホテル・アンド・リゾートを利用可能なカードを選択しましょう。 アメックスのファイン・ホテル・アンド・リゾートで予約を希望する内容を入力 続いて、滞在先の国名や地域名・日程を入力します。 宿泊したいホテルが決まっていれば、ホテル名でも検索することが可能です。 日程を空欄にすることで、その地域の予約可能なホテルの一覧を確認することもできます。 今回は、2019年5月1日~5月5日の、ニューヨークのホテルを検索してみました。 43件のホテル候補が出てきました。 並び替えや、料金の下限・上限を設定して絞り込むことも可能です。 今回は、ザ リッツカールトン ウェチェスターで予約を進めてみましょう。 ちなみにこちらに表示されているのは、 一番ランクの低い部屋の4泊分の合計料金 税サ込 です。 予約サイトでよくあるのが、 予約を進めていたら、最後の最後で税サ、手数料が加算された金額が表示され、思った以上に高かった… ということです。 最初から合計金額は表示されているのは助かりますね。 ファイン・ホテル・アンド・リゾートで予約する客室を選択する 続いて 詳細を表示するをタップすると、特典内容等の詳細を確認することが出来ます。 ザ リッツ カールトン ウェチェスターの場合、ホテル独自の特典は US$100相当分のクレジットです。 つまり、約11,000円分のレストランでの食事やスパを無料で楽しむことが出来るというわけです。 特典や料金の確認が済んだら、 客室を選択をクリックします。 すると、選択可能な客室の一覧が表示されます。 ファイン・ホテル・アンド・リゾートの特典で、 1ランク無料アップグレードがありますので、特に客室にこだわりがなければ最低ランクの部屋のまま予約を進めることをおすすめします。 また、クラブラウンジアクセスが付帯する部屋 クラブフロア を希望する場合は、ここで選択しておく必要があります。 合計金額は201,943円です。 ただしこちらは予約時点での日本円換算での料金となります。 実際にクレジットカードに請求されるのは、USD1,859. 73(ホテルに宿泊する際)となります。 レートの変動で料金にも若干の差異が発生するので、注意しておきましょう。 あとは宿泊者の情報等を入力し、予約を完了させるだけとなります。 注意!ファイン・ホテル・アンド・リゾートのキャンセルポリシー 予約を完了させる前に、 必ずキャンセルポリシーについて確認しておきましょう。 基本的にファイン・ホテル・アンド・リゾートでの予約は、 公式サイトからの予約と同等に扱われます。 そのため、宿泊の数日前まででしたら無料でキャンセルできるプランが一般的です。 前日まで無料キャンセルできるプランもあれば、3日前までのプランもあります。 予約の際は、必ず確認しておきましょう・ キャンセル期限の確認方法 キャンセル期限は、 予約の最終確認画面で行うことが出来ます。 表記は英語のみで、やや分かりにくい場所に書かれています。 予約の最終確認画面を下までスクロールしていくと、申込についての同意のチェックボックスがあります。 その真上のボックスに、ホテルポリシーが英語で書かれています。 今回の予約の場合は、無料キャンセルは到着の3日前までとなっているようです。 それ以降は、1泊あたりUSD524. 98 =宿泊代金の100% が発生してしまいます。 アメックスのコンシェルジュに電話でファイン・ホテル・アンド・リゾートの予約も可能 上記の予約についてですが、まったく同じ条件・同じ特典内容の宿泊プランを、 アメックスのコンシェルジュに電話をすることで予約をすることも可能です。 付帯する特典はもちろん、キャンセルポリシーに関しても、オンラインと電話での予約の間に差はありません。 アメックスのコンシェルジュサービスは、以下の記事でご紹介しているように、24時間365日対応してくれます。 電話でのファイン・ホテル・アンド・リゾートの予約も例外ではなく、思い立ったその時にいつでも行なうことが可能です。 電話?ネット?アメックスのファイン・ホテル・アンド・リゾート予約のメリット・デメリット ファイン・ホテル・アンド・リゾートを予約する場合、電話からでもネットからでも、プランの内容は全く変わらないとご紹介しました。 しかし、それぞれの予約方法にはメリット・デメリットが存在しています。 出来るだけ不便を感じないためにも、あらかじめご自身のライフスタイルに応じた予約方法を選択しましょう。 ネットでファイン・ホテル・アンド・リゾート予約で料金を一括比較! ネットからファイン・ホテル・アンド・リゾートを予約する場合の最大のメリットは、何と言ってもいろいろな ホテルの料金を一括で比較できることでしょう。 もちろんネットからの予約も、24時間365日いつでも可能です。 旅行の日程と場所が決まったら、あとはいろいろなホテルの料金を比較しながらプランを練る方がほとんどでしょう。 たとえば先ほどの43件のニューヨークのホテルの候補を比較しようと思うと、 すべてのホテルの料金・利用可能な客室を、メモを取りながら聞く必要があります。 相当な時間を要するのは言うまでもありませんね。 いつものホテルに泊まりたいので、特に他のホテルと料金の比較は必要ない そういった方々は、コンシェルジュに電話をして、最終的な金額を確認しておくだけでも大丈夫ですね。 予約後の変更・キャンセルはファイン・ホテル・アンド・リゾートを電話予約の場合が便利 続いて確認しておきたいのが、予約を完了したあとにキャンセル・予約の変更等を行なうケースです。 アメックスのコンシェルジュを経由して予約を行った場合、キャンセルや変更を希望する場合は引き続き アメックスのコンシェルジュに連絡を取ることとなります。 対して、ネットから予約を行った場合のキャンセルや変更に関しては、問い合わせ先が異なります。 これは、ネットから予約を行った場合は、 アメリカン・エキスプレス・トラベル・オンラインでの予約とみなされるからです。 アメリカン・エキスプレス・トラベル・オンラインへは、 月~金の9:00~17:30のみ連絡が可能です。 つまり、この時間帯に連絡を行なえない方の場合は、コンシェルジュを通してファイン・ホテル・アンド・リゾートを予約しておく方が安心というわけですね。 少々面倒ではありますが、予めネットで希望のホテルや客室を確認しておき、それをそのままコンシェルジュ経由で予約するイメージです。 ネットで予約する場合は、リワードのボーナスポイントが加算される? 実は、アメリカン・エキスプレス・トラベル・オンラインには、ボーナスポイントのプログラムが存在します。 ということは、ファイン・ホテル・アンド・リゾートを予約する際は、アメリカン・エキスプレス・トラベル・オンラインを経由してネットで予約するのがお得なのでしょうか。 利用規約をよく確認してみると、 ファイン・ホテル・アンド・リゾートの予約はボーナスポイントの対象外であることが分かります。 コンシェルジュを通して予約すると、ポイントを損してしまうということもありませんので、ご安心ください。 さらにアメックスには、外貨建て決済ボーナスというプログラムが存在しています。 まとめ ファイン・ホテル・アンド・リゾートをネット、あるいは電話で予約する場合には、それぞれメリット・デメリットがあります。 電話・ネット予約のそれぞれのメリットを享受するには、少々面倒ではありますが、.

次の

”修行無し”で国内外の一流ホテルでVIP待遇!アメリカン・エキスプレス「プラチナ・カード」で好評のファイン・ホテル・アンド・リゾート特典とは?【PR】|@DIME アットダイム

ファイン ホテル アンド リゾート

来年の夏、再びハワイ旅行を計画しています。 特典航空券なんて優雅なものは存在せず、自力の個人旅行です。 通常なら、特典航空券で旅費を節約してホテルでちょっと贅沢をするのが陸マイラー的セオリーかもしれません。 そして特典航空券は「空いている時に取れ」が鉄則のようです。 ただ、子連れ夏休み限定でハワイ旅行する上では特典航空券の「空いている時」などはほんの一瞬たりともありません。 しかしワタシの空いている時は有限です。 幸いヒルトン・グランド・バケーション・クラブ(HGVC)を所有しているため、ホテル代の方が節約できます。 なので、有限なワタシの時間を有効活用するためには、望みの時間で旅程を組む必要があり、そのために航空チケットに多少の支払いが生じても許容範囲なのです。 しかし、来年からはホテルに関しても少し考えることが生じました。 所有しているHGVCに宿泊するには金曜日チェックアウトする必要が有ることが判明したのです。 有限なワタシの時間は土曜日チェックアウトを所望!なので、金曜日にどこかにもう1泊予約宿泊する必要があります。 そこで、同じ「ヒルトン・ハワイアン・ビレッジ」内のヒルトンに宿泊することにしました。 前置きが長くなりましたが、今までHGVCがあるので検討したこともない、ヒルトン・ハワイアン・ビレッジの宿泊についての検討とそれに絡めたハワイのトロリー検討の記事になります。 ヒルトン公式予約|やはり最安値に近い ワタシの家族条件(大人2名、子供2名)での予約だと、宿泊できる部屋の最安値は上記になります。 タパタワーでも同じですが、カリアタワーだとカリアタワー専用の小さいプールが利用できるので、せっかくだから利用してみたいのです。 ワイキキのヒルトン村内でも専用のラウンジやプールがあるオーシャンフロントのアリイタワーで一番安い部屋はこちら。 なぜ、この部屋も検討する必要があるかは後述しますが、高級との位置づけでビビりましたが、意外にリーズナブル。 まあ実際の支払いともなると、もろもろ追加されてこのお値段ですけどね。 公式予約をする最大のメリットはヒルトンオナーズの会員サービスが享受できるからなのです。 しかしピピノブさんのレポートを拝見して、ダイヤモンド会員でも部屋のアップグレード以外は何ともしょぼい内容に感じてしまいました。 これなら公式にこだわらなくてもいいんじゃね?(宿泊実績にはなりませんが) そして旅Mさんのこの記事を見て「ビビビッ」と来たわけです。 どうみてもアメックスプラチナの「ファインホテルアンドリゾート(FHR 」の方がお得じゃね?と思ってしまったわけです。 ファイン・ホテル・アンド・リゾート(FHR |アメックスプラチナの優待宿泊 アメプラのFHRは、便利なことにネット予約が出来るようになっています。 そして、優待する部屋は「アリイタワー」のみ。 なので、ここで他の検索も条件をすり合わせる必要があるのです。 選択はアリイタワーのみ。 FHRの特典内容は・・・ ・部屋アップグレード|空室状況により ・アーリーチェックイン|空室状況により ・Wi-Fi無料 ・朝食2名までサービス ・レイトチェックアウト|ほぼ確約 ・実質100ドルオフとなるクーポン(支払いから引かれる) となっています。 Wi-Fiなんて当たり前ですが、レイトチェックアウトも旅Mさんのレポートによると、ダイヤモンド会員でもせいぜい13時までなのに16時までとなっています。 朝食も、ダイヤモンド会員でも10ドル2名分だけなのに、こっちは無料!どう考えてもダイヤモンド会員を上回る特典です。 特に今回重要なのは「 アーリーチェックイン」です。 ワタシは金曜日の11時には一度HGVCの部屋をチェックアウトをしないといけません。 そして、もう1泊するにせよ次は15時以降のチェックインになり、その空白の時間が何とも過ごしにくい。 保証ではないとは言え、アーリーチェックインで12時から部屋に入れたらこんなに便利なことはありません。 もう気持ちはこっちにグラグラです。 ただ肝心のお値段がこちら。 う〜〜〜〜〜〜〜む、公式からの予約だと円ドル変換して手数料入れて、恐らく52,000円ぐらいなので、ちょうど100ドルのサービスを引いて、さらに優待特典料を入れると、まあ納得できなくはない値段、と言ったところでしょうか・・・。 上記の値段はすべて「リゾートビュー」で一番安い部屋なのですが、アリイタワー内で部屋のアップグレードされたら、もしかしたらオーシャンフロントの部屋になるかもしれないし、花火もよく見えるかもしれない・・・でも高いなぁ。 JTB|海外ホテル予約 ヒルトン・ハワイアン・ビレッジをJTBから予約することも検討してみました。 ちなみに「ハピタス」経由がオトクですよ笑。 なぜJTBサイトも検討するのかというと、「オリオリトロリー」に乗りたいから、です。 ホノルル・ワイキキのトロリーについては下記をご参照下さい。 ホテル公式では最安値に近いカリアタワーのツインルーム。 お値段はこのぐらい。 公式の値段にもろもろを追加したら、ほぼ同じ値段ですな。 アイリタワーのツインルームリゾートビュー。 アメプラでチェックしたお部屋。 こちらもアメプラが100ドル実質オフと思えば、JTBの方が安いけど、ほぼ同じ値段。 もちろんアメプラの特典を考えれば、トータルとすればアメプラの方が「勝ち」かもしれない。 そして忘れてはいけないのが、 JTBを経由したらアメプラの特典は当たり前ですが、ダイヤモンド会員特典も全く利用できない、と言うことです。 まとめ・・・まとまらない ホテルだけを考えたら、良いサービスを受けたければヒルトンオナーズのダイヤモンド会員をはるかに凌いで、アメプラのFHR予約が間違いなくナンバーワンと言えます。 安く泊まるなら、ヒルトン公式でダイヤモンド会員のアップグレードとちょっとした飲食代の足しを期待するのもありです。 移動手段としてのトロリーはオリオリトロリーは乗れなくてもLeaLeaトロリーを選択すれば、おおむね満足の行く利用はできるのではないでしょうか。 しかし、やはりこういうレポートを拝見してしまうと「オリオリトロリー」に乗りた〜〜〜い、と声を大にして言いたくなります。 デモデモダッテ、実はホノルル滞在時の我が家のドンキホーテ利用率はかなり高いんです。 ドンキホーテにまで寄ってくれるのはLeaLeaトロリー・・・・。 料金の計算|まとまらない時は、コストをチェックしよう(1ドル115円) ヒルトン公式ーLeaLeaトロリー ヒルトン|362. 41ドル LeaLeaトロリー|大人49ドルx2+子供(2歳以上)39ドルx2=176ドル total: 538. これ最高! JTBホテル予約ーオリオリトロリー JTBホテル|37,825円 オリオリトロリー|大人50ドルx2+子供45ドルx2=190ドル total: |59,675円・・・安いけど、アップグレードその他優遇は一切なし! まとめ|強引にまとめると・・・ 気持ちはアメプラのFHR利用+LeaLeaトロリー人数分です。 そりゃお金を出したほうが快適に決まっています。 レンタカー+駐車場代の15万円が浮いていると思えば、全然「あり」ではあります。 こんな風に色々考えるのも旅の楽しみなんでしょうね。 この記事の下書きを終えたところで、旅Mさんのさらなるレポートを拝見しました。 アメプラFHRを未体験のワタシにとっては、参考になることばかり! もう迷いは消えましたよ。 ワタシが選んでいる部屋はアリイタワーでは一番グレードが低いのですが、それでも旅Mさん選択のオーシャンビューのお部屋より全然お高いですね。 アメックスプラチナ|ファイン・ホテル・アンド・リゾート予約 と言うわけで、早速電話して予約しましたよ〜。 だんだん増長な記事になってきて、幾つかに分断したいのですが、すべてがつながっているのでどうしようもありません。 なので、 ウェブ上のトラベルオンラインの安い時ももちろんあり得るけど、今回はこちらの方がお安く提供できますね〜、みたいなのほほんとした感じでした。 でもこれってユーザーにとっては、非常に大きな問題ですよ。 損をしないためには、アメックストラベルオンラインで値段をチェックした後電話した方がよさそうです。 さてどれだけ違ったか、さっそくレポートしましょう。 大前提としてのトラベルオンラインの値段は・・・ です。 これはアリイタワー2ダブルベッドリゾートビューの金額です。 アリイタワー 1キングベッドリゾートビュー|448ドル(諸々込み)=51,520円(1ドル115円) 全然値段が違う!と言っても、ツインじゃないのでその違いかもしれないですけど・・・。 そもそも子供2名を添い寝無料にすればキングベッドでもいいんですけど、ネット予約だとそう言う融通が効かないのですよね〜。 機械的にツインとかエクストラベッド料金とかがつけられているから高くなっているのかもしれません。 でも本当の最安値はツインダブルじゃなくて、1キングのお部屋みたいです。 1キングベッドオーシャンビュー|505ドル=58,075円 2ダブルベッドオーシャンビュー|536ドル=61,640円 思ったよりリーズナブルだったので、更なる上のグレードであるオーシャンビューを試しに2ベッドでも調べてもらったらこの位値段が上がります。 これまた意外にリーズナブル。 2ベッドにしてもそこまで値段は変わりませんねぇ。 元々66,000円を覚悟していたので、まだまだいけるぜ!と、さらなる上を目指しました。 1キングベッドオーシャンフロント|540ドル=62,100円 なんと、オーシャンフロントで為替相場をちょっと円安気味に計算してみても、 アメックスのトラベルオンライン(最低グレードの部屋)より安いんですけどォォォォォォォォ! ちなみに、更に上を見てもらいましたけど、今のところこの上は無い、とのことです。 もちろんスイートルームなどの高い部屋はありますけど、ご紹介できる部屋はココまで、とのことでした。 「空きがあれば」無償アップグレードしてもらえる可能性があるので、オーシャンビューの部屋にしておいてもいいかと思いましたが、旅Mさんの記事で、全員ダイヤモンド会員で全く融通がきかなくなっている、なんてことを聞いてしまったら、ココは最初からオーシャンフロントにすべきかなぁ、と考え決断しました! 1キングベッドオーシャンフロントで!!!! 普通に考えたらお高いですけど、100ドルの飲食代、80ドル相当の朝食無料で実質2万円分ぐらいサービスしてもらえていると思うと、旅Mさんの仰るとおり「おトク」としか言いようがありません。 しかもさらに特典がつきます。 しかもこっちからお願いしなくても、その他の特典についても聞かれました。 レイトチェックアウト|13時ホノルル発なので、せっかくでしたがお断りしました。 もちろん普通に「確約」できる特典です。 アーリーチェックイン|これはリクエストベースだけど、リクエストだけはしておける、とのことでした。 実はコレが一番重要なポイントだとお伝えして「くれぐれもよろしくお願いします」と念を押しました。 その他に何かリクエストがありますか?と聞かれたので、この点も旅Mさんの記事で勉強したとおりに・・・ なるべく花火がよく見える部屋|レインボーオーシャンフロントが一番いいのはそうなんでしょうけど、ワタシはこの花火が絡むショーをお金を払って見たことがあります(そもそも花火は元々そのショーのフィナーレの一環なんです、ご存じですか?)。 その位置からの花火がメインなことを考えると、アリイタワーのオーシャンフロントは「高さ」が足りないだけで、十分のような気がします。 エレベーターから遠い部屋|これは旅Mさんのご報告の通りです。 コンシェルジェのお返事も、それは確約できません、とか曖昧なことは仰られずに「分かりました、伝えておきます!」と言う気持ちのいい返事。 などを追加でお願いしました。 一応う〜〜〜んと悩みはしましたけど、7日前までペナルティ無しにキャンセル可能ですよ、と言う素敵な提案を頂いたので、それならば!と予約しました。 本当にお師匠様、旅M様のおかげで、とっても素敵なホテル予約をすることが出来ました。

次の

電話かネットか?!アメックスカードのファイン・ホテル・アンド・リゾートのオススメ予約方法

ファイン ホテル アンド リゾート

チェックイン時の空室状況により、12:00よりのアーリーチェックインが可能。 チェックイン時の空室状況により、部屋がアップグレードされる。 滞在中の朝食がサービスされる(2名様まで)。 16時までのレイトチェックアウトが確約される。 客室内のWi-Fiが無料になる。 100USドル相当のレストランまたはスパに使えるクレジットが付与される。 アーリーチェックインや部屋のアップグレード、朝食無料サービス、16時までのレイトチェックアウトと、ホテルの最上級会員に適用されるレベルのサービスです。 これが一度も泊まったことのない超高級ホテルの滞在時に適用されるのですから、そのメリットは計り知れないです。 以下の記事でも記していますが、私はこのFHRがアメックスプラチナの特典の中でも最も価値あるものと感じています。 日本 東京(Tokyo) アマン東京 アンダーズ東京 グランドハイアット東京 コンラッド東京 ザ・プリンス・ギャラリー東京紀尾井町 ザ・ペニンシュラ東京 ザ・リッツカールトン東京 シャングリラホテル東京 The Okura Tokyo パレスホテル東京 パークハイアット東京 フォーシーズンズホテル丸の内 ホテルニューオータニ東京エグゼクティブハウス禅 マンダリンオリエンタル東京 あわせて読みたい 釜山 パラダイス ホテル 釜山 中国 北京 アマン アット サマーパレス北京 ウォルドーフ アストリア北京 ザオポジットハウス北京 ザセントレジス北京 ザ・ペニンシュラ北京 ザ・リッツ・カールトン北京 パークハイアット北京 フォーシーズンズ北京 ブルガリホテル北京 マンダリン オリエンタル王府井・北京 ローズウッド北京 上海 アマンヤンユン 上海 ウォルドーフ アストリア上海 カペラ上海 ジャンイエリ セントレジス上海静安 ザ・ペニンシュラ上海 ザ ランガム シンティエンディー上海 ザ・リッツ・カールトン上海浦東 ザ・プリホテルアンドスパ上海 トゥエルヴ アット ヘンシャン ア ラグジュアリーコレクションホテル上海 パークハイアット上海 フォーシーズンズホテル上海 ブルガリホテル上海 マンダリン オリエンタル浦東上海 浦東シャングリ・ラ上海 静安 シャングリ・ラ上海 広州 ザ・リッツ・カールトン広州 フォーシーズンズホテル広州 マンダリン オリエンタル広州 天津 ザセントレジス天津 ザ・リッツ・カールトン天津 フォーシーズンズホテル天津 西安 ソフィテル レジェンド ピープルズ グランド ホテル西安 珠海 ザセントレジス珠海 桂林 シャングリ・ラホテル桂林 長沙 ザセントレジス長沙 厦門 ケンピンスキー ホテル 厦門 麗江 アマンダヤン麗江 バンヤン ツリー リージャン麗江 三亜 ザセントレジス三亜 マンダリンオリエンタルホテル三亜 ローズウッド三亜 南京 シャングリ・ラホテル南京 ラサ ザセントレジス ラサリゾート シャングリ・ラホテル ラサ 杭州 アマンファユン杭州 フォーシーズンズホテル杭州西湖 成都 ザセントレジス成都 ザ テンプルハウス成都 ザ・リッツ・カールトン成都 台湾 台北 グランドハイアット台北 ホテルプロバーブズ台北 マンダリンオリエンタル台北 リージェント台北 シャングリ・ラ ファーイースタンプラザホテル 台北 W台北 香港 セントレジス香港 フォーシーズンズホテル香港 アイランド シャングリ・ラ香港 マンダリンオリエンタル香港 ローズウッド香港 ザ ランガム香港 ザ マレー 香港 ニッコロ ホテル ザ ランドマーク マンダリン オリエンタル香港 ザ・ペニンシュラ香港 ザ・リッツカールトン香港 シンガポール カペラ シンガポール コンラッド シンガポール フォーシーズンズホテル シンガポール マンダリンオリエンタル シンガポール ラッフルズホテル シンガポール シャングリ・ラ ホテル シンガポール フラートン ベイ ホテル シンガポール ザ・リッツカールトン ミレニア シンガポール セントレジス シンガポール マレーシア クアラルンプール(Kuala Lumpur) マンダリンオリエンタル クアラルンプール セントレジス クアラルンプール 2019年4月に、FHRを利用して、マンダリン オリエンタル クアラルンプールのクラブルームを利用しました。 その時の宿泊記が以下になります。 あわせて読みたい ランカウイ(Langkawi) セントレジス ランカウイ ザ・リッツ・カールトン ランカウイ フォーシーズンズ リゾート ランカウイ コタキナバル(Kota Kinabalu) シャングリ・ラ ラサリアリゾート&スパ タイ バンコク マンダリン オリエンタル バンコク パークハイアット バンコク ローズウッド バンコク サイアム ケンピンスキーホテル バンコク ザ・ペニンシュラ バンコク ザ・サイアム バンコク セントレジス バンコク ウォルドーフ アストリア バンコク プーケット アマンプリ プーケット バンヤン ツリー プーケット キーマラ プーケット ローズウッド プーケット ザ ナカ アイランド、ア ラグジュアリー コレクション リゾート&スパ トリサラ プーケット ヴィラズ&レジデンシズ イニアラ ビーチ ハウス サムイ バンヤンツリーサムイ ベルモンド ナパサイ サムイ コンラッド コー サムイ フォーシーズンズ リゾート コ サムイ クラビー プーレイ ベイ ア リッツ カールトン リザーブ ヤオノイ島 シックス センシズ ヤオ ノイ チェンマイ アナンタラ・チェンマイ・リゾート&スパ ザ ダラ デヴィ ホテル チェンマイ フォーシーズンズ リゾート チェンマイ チェンライ アナンタラ ゴールデン トライアングル エレファント キャンプ&リゾート フォーシーズンズ テンテッド キャンプ ゴールデントライアングル モルディブ マレ コンラッド・モルディブ・ランガリ・アイランド フォーシーズンズ・リゾート・モルディブ ランダーギラーヴァル フォーシーズンズ モルディブ クダフラ ギリ ランカンフシ モルディブ ラッフルズ モルディブ メラドゥー リゾート セントレジス モルディブ ヴォンムリ リゾート ヴェラ プライベート アイランド モルディブ W リトリート&スパ モルディブ ベトナム ホーチミン ザ レヴェリー サイゴン パークハイアット サイゴン ハノイ ソフィテル レジェンド メトロポール ハノイ ソフィテル レジェンド メトロポール ハノイは、2019年2月の米朝首脳会談が行われたホテルですね。 フランスの植民地時代の1901年に開業した老舗ホテルです。 ダナン インターコンチネンタル ダナン サン ペニンシュラ リゾート ホイアン フォーシーズンズ ザ ナムハイ リゾート ニャチャン シックスセンシズ ニンヴァン ベイ インドネシア ジャカルタ フォーシーズンズ ホテル ジャカルタ マンダリン オリエンタル ホテル ジャカルタ バリ アリラ・スミニャック アリラ ヴィラズ ウルワツ ベルモンド ジンバラン プリ ブルガリ リゾート バリ フォーシーズンズ リゾート バリ アット ジンバラン ベイ フォーシーズンズ リゾート バリ アット サヤン アマンダリ アマンキラ アマヌサ セント レジス バリ リゾート コモ シャンバラ エステート マンダパ・リッツ・カールトン・リザーブ スーリ バリ ザ レギャン バリ スンバ島 ニヒワトゥ リゾート モヨ島 アマンワナ ボロブドゥール アマンジウォ フィリピン マニラ ザ・ペニンシュラ マニラ ラッフルズ マカティ パマリカン島 アマンプロ ボラカイ島 シャングリラズ ボラカイ リゾート&スパ カンボジア シェムリアップ(Siem Reap) アマンサラ パークハイアット シェムリアップ ベルモンド ラ・レジデンス・アンコール ラッフルズ グランド ホテル アンコール プノンペン(Phnom Penh) ラッフルズ ホテル ル ロイヤル ローズウッド プノンペン ラオス ルアンパバーン(Luang Prabang) アマンタカ ベルモンド ラ・レジデンス・プー・バオ ローズウッド ルアンパバーン ブータン ティンプー(Thimphu) アマンコラ モンゴル ウランバートル(Ulaanbaatar) シャングリ・ラホテル ウランバートル カザフスタン カザフスタンには、首都ヌルスルタン(Nursultan)に一軒だけホテルがあります。 2019年3月23日、カシムジョマルト・トカエフ大統領は、首都の名称を「アスタナ」から「ヌルスルタン」へ改称。 ヌルスルタン(Nursultan) セントレジス アスタナ アゼルバイジャン アゼルバイジャンも首都バクーに一軒だけあります。

次の