ヴィクトール ロマサガ。 【ロマサガRS】ヴィクトール(S)の評価|技・耐性・アビリティ【ロマサガリユニバース】

【ロマサガRS】過去に登場した全ガチャまとめ。ガチャと連動したイベントも紹介

ヴィクトール ロマサガ

歴代『サガ』シリーズのキャラクターが登場するスマホ向けRPG『ロマンシング サガ リ・ユニバース(ロマサガRS)』ですが、とくに人気が高いのが「七英雄」です。 「最終皇帝」や「七英雄」といった中二病心がくすぐられるパワーワードに加え、平和を獲得するための世界統一という胸アツな展開が人気を呼んだ『ロマンシング サ・ガ2』(1993年発売)において、世界を救った英雄と伝えられ、倒すべきボスでもあった七英雄のワグナス、ノエル、ロックブーケ、スービエ、ダンターグ、ボクオーン、クジンシー。 オンライントレーディングカードアーケードゲーム『LORD of VERMILION』シリーズ(2008年稼働開始)では各メンバーの設定が明かされたり、『インペリアル サガ』(2015年配信開始)で再登場したり、『ロマサガRS』が配信してからは1体ずつ順番で、Sスタイル獲得できる「襲来イベント」とSSスタイルが実装された「ピックアップガチャ」が開催されてきました。 本稿では、改めて「七英雄」とはどのような存在であったかを『ロマンシング サ・ガ2』を元に紹介します。 モンスターを倒した彼らは姿を消したが、いつか再び戻って来て世界を救うと語り継がれていました。 その通りに彼らは戻ってきますが、モンスターを使役して自身の欲望のために動く人類の脅威となったのです。 そんな時代に、小国「バレンヌ帝国」では全盛期の領土を回復するために、皇帝レオンが先頭に立って周囲のモンスターを駆逐していました。 ある日、レオンの元にやってきた謎の女魔道士は「七英雄」を警戒するように助言し、自らが認めた後継ぎに自身の能力を継がせる「伝承法」を伝えます。 最初は真に受けなかったレオンですが、モンスター討伐で帝都を留守にしている間に、攻め込んできた七英雄クジンシーによって長男ヴィクトールが命を落としてしまうのでした。 ここから最終皇帝まで続く、歴代皇帝と七英雄の長き戦いの幕が上がります。 七英雄は謎の女魔道士と同じく、かつて短命種である現代人を使役した古代人。 長寿なあまり、命を落とすことを極端に恐れる古代人にとっての天敵モンスターを駆逐した勇者7人は、七英雄として褒め称えられるも、その力を恐れられて別世界に追放されてしまいます。 長い年月を経て戻って来た七英雄の目的は、自分達を追放した古代人への復讐であり、かつて古代人が寿命を延ばすために用いた「同化の法」を改良し、モンスターと同化することでさらなる力を得たのでした。 妖精系・鳥系モンスターをメインに同化。 古代人の中でも貴族階級であるため、まさに別格の存在。 本人曰く、七英雄の中でも最強で、「浮遊城」を所有しています。 古代人を見つけるためにヤウダを支配しようと侵攻します。 バトルでは麻痺を引き起こす全体攻撃の「サイコバインド」や火・風・天の術法を使いました。 元々は、世界の平和のためなら自身の犠牲を厭わない精神性の持ち主だったようですが、世界を救った後に傲慢になったのか、モンスターと同化する「吸収の法」による悪影響なのか、皇帝の前に現れたワグナスは神にすらなろうとしていました。 龍系モンスターをメインに同化。 七英雄の中ではかなり紳士的な性格なのですが、妹であるロックブーケを大切に(溺愛)しているため、彼女を倒してからノエルと出会うと問答無用で戦いになります。 「カウンター」による反撃が強力で、力押しだけでは勝てない技巧派のイメージがあります。 『ロマサガRS』実装済みで、「ノエル襲来」にてSスタイル、ピックアップガチャにてSSスタイルが獲得できました。 SSスタイルでは、腕力補正が高く、全体攻撃「月影」の使い勝手が良好。 敵撃破時に確率で腕力上昇したり、敵攻撃時に確率で自身HPを回復したりするアビリティが強力です。 死霊系モンスターをメインに同化。 男性を魅了する「テンプテーション」が強力無比で、もしも男性キャラだけで組んだパーティーで挑んでしまえば、高確率で勝負にもならず全滅してしまうほどです。 ロックブーケ戦では女性キャラだけのパーティーで挑むのが強く推奨されていました。 こちらのクエストを進めると、モンスターと同化する前の古代人だった時のロックブーケの追憶を見ることができ、兄ノエルに「(戦場に立とうとせずに)花嫁修業でもしろ」と言われても、想いを寄せるワグナスの力になるために戦士になろうとする彼女の健気さを知ることができます。 その後のロックブーケを見るに、人は変われば変わるものだとしみじみ感じます。 描き下ろしのイラストは可愛いし、SSスタイルは通常とバレンタインVer. の2つが用意されていて、アタッカーとしてもジャマーとしてもかなり優秀な能力値です。 かなりプッシュされている気がするので、開発陣にも彼女のファンが多いのかもしれませんね。 残りのスービエ、ダンターグ、ボクオーン、クジンシーを紹介 《乃木章》.

次の

幽霊との手合わせ

ヴィクトール ロマサガ

「」の皇帝の1人。 優しきジェラール。 「」の人物。 中世ユーラシアに栄えたの皇子で、本名はジャラールッディーン・メングベルディー。 バレンヌ帝国の第2皇子として登場する青年。 のをに、皇太子のをに持つ。 勇猛な父や兄とは対照的に、優しく繊細な性格。 覇気に欠けるとも言え、周囲を心配させた。 父レオンも、討伐にジェラールを鍛錬がてら同行させるなどしていたようだ。 兄ヴィクトールは、父のやり方に反対し『戦いは私の役目で、ジェラールは学問に才があるので内政に生かすべき』と言っていた。 序盤の戦闘では部下よりも弱い。 と言うのも彼のステータスは術師向けなのに、初期状態ではまったく術を習得していないためである。 序盤にアバロンに帰還した際に、宮廷魔術師(女)に話しかけると「ファイアーボール」の術を習得できるので、しばらくはそれが主要な攻撃手段となる。 閃きは父レオンよりはマシなレベルだが、上位の技は閃かないので戦いは部下に任せた方が良いだろう。 そんな彼だが、の一人の襲撃によって兄を、さらに父をも失う。 しかし瀕死のレオンは、失意のジェラールに「伝承法」という秘術を使い、自分の記憶と能力を渡した。 ここから始まった「伝承法」による魂の継承は、歴代のバレンヌ皇帝達へと受け継がれていくことになる。 ジェラールが皇帝に即位し「この国もどうなることやら」と冷ややかだった傭兵のは、 その見事な指揮に態度を改める。 新皇帝ジェラールはレオンの覇気をも受け継いでいた。 また、クジンシー討伐後はそれによる国内の混乱を1年で収束させている。 やはり彼は内政の才があったようだ。 そして彼は、各地の平定に、そして七英雄との戦いに向かう。 当初のは白い服を着た姿だが、後年にはの姿になる。 で髪は栗色。 人物像 幼い頃亡くした母親の影響が強く、動物や読書を愛する。 (時織人にて)戦いは好まないとのこと。 自主的にアバロンの子供たちの世話もしている。 書籍『冒険ガイドブック』によると年齢は20歳。 関連イラスト.

次の

【ロマサガリユニバース】Sヴィクトール(卑怯者めが!)の評価と性能

ヴィクトール ロマサガ

激闘の末、ウオッチマンの巣より帰還したレオン達。 安堵と共にホームベースに戻るが、城下町に足を踏み入れた瞬間、すぐさまその異変に気づく。 もはやそこはいつものアバロンではなかった。 エントランスをガードしていた兵士達が倒れているのを発見し、ただ事ではないと判断した。 レオン「お前達、芝居はよせ・・・フリであろう? ・・・ この日の悲劇は、アバロン史上最悪の歴史を刻む出来事となった。 前回はこちら ヴィクトールの死 レオン「ヴィクトぉオオーーーーーーーール!!!! 異変を察知したレオン達はすぐさま城下町の中央で倒れているヴィクトールの姿を発見した。 レオンとジェラールが率先し全力で駆けつけたが・・・もはや 虫の息であった。 ヴィクトール「お・・・おやじ・・・。 レオン「しっかりしろヴィクトール!! 一体何があったのだっ、お前ほどの腕の者がこんな・・・くそ・・・どうなっている!! ヴィクトール「く、クジンシー・・・ヤツがやってきた・・・。 レオン「な、 なんだと!? クジンシーが来たのか!! ・・・ クジンシー・・・そうか・・・あのクジンシーが・・・ヤツが来たのか・・・ くっそぉ・・・クジンシーめ・・・・クジ野郎・・・・・ん・・・ ジェラールよ、一つ聞いてよいか? ジェラール「どうしたオヤジ? レオン「 クジンシーって 誰だっけ? 一同「(ずご〜〜〜ん) 「 流し斬り」とは、ヴィクトールが最も得意だった大剣技の中でも中堅レベルの威力を持つ技である。 対象者の腕力を低下させる追加効果もある。 -数分前- ヴィクトール「 貴様、何者だ!? ?「ックックック・・・威勢が良いのぅ・・・我が名は 『クジンシー』なり。 ヴィクトール「な、クジンシー・・・ 七英雄だと!? 七英雄とはこんな 不細工なのか(汗 クジンシー「 ぐ・・・きさまぁ。 突如としてアバロンを襲ってきたのは、なんとあの伝説の七英雄の1人である「 クジンシー」であった。 ヴィクトールは瞬時に大剣を構えた。 相手が全力を出していない事を知りつつも、手始めに「巻き打ち」などの基本攻撃を繰り出す。 だが、さほどクジンシーに攻撃が効いてる様子はない。 ヴィクトール「くそ、ならば・・・・これでどうだ!! 一気にケリを付けるべきだと判断したヴィクトールは、自身の最大の奥義で必殺にかかる! その一切無駄の無い動きでクジンシーの懐へ駿足で潜り込む!! 必殺の一撃を喰らわす!! ズシャ !! ヴィクトール「思い知ったか化け物め!! クジンシー「なかなかやりおるな。 だが・・・ まだまだ若いわぁ!! ヴィクトール「!? クジンシー 「喰らえ!! ヴィクトール「!? な・・・なんだあの禍々しい剣は・・う・・生気が奪われる・・・クソーーー なんだこの技はーーーーうおぁああああ!!!! クジンシーが魔剣を振りかざすと、まるで意思を持っているかのように化け物と同化した剣からおぞましい気が発生した。 ヴィクトールは金縛りにあったかのように一切身動きが出来ない。 ヴィクトール「が・・・は・・・。 クジンシー「良い生命力じゃ・・・レオンはさらにこの上をいくじゃろうな・・・・。 クジンシーの持つ魔剣から放たれる禍々しい邪の波動によって、ヴィクトールの生気は一滴も残ることなく奪い去られた。 時間にして一瞬の出来事であった。 レオン「なんだそのソウルなんちゃらとか言うふざけた技はーーー!! 反則ではないかーーー!! 死ぬなヴィクトーーール!!! ヴィクトール「・・・おやじ・・・た、頼む・・・声が・・・ うるさい。 レオン「すまん。 ヴィクトールは自分が何も出来なかった事に無念を抱く。 そして、「この無念を晴らして欲しい」とレオンに託す。 ジェラール「兄貴ィーーーーーーーー!!!! レオン「うおぉぉおおおおおおあおああああああーーー!!!! ジェイムズ「レオン様・・・。 テレーズ「ひどい・・・。 ベア「 うるさい親子だな ヴィクトールを手厚く埋葬し宮殿へ戻るも、長い沈黙が続いた。 レオンは1人葛藤していた。 最愛の息子の1人を死なせてしまった事、そして女魔導士の助言を軽視し、クジンシーを野放しにしてしまった自分への罪悪感。 全てが一瞬の出来事であったため、心の整理がまだ追いつかない。 だが、その沈黙を破ったのは、レオン自身だった。 兵士「っは! しかし、最低限の兵士とヴィクトール様だけを攻撃して去っていきました・・・まるで見せしめのように・・・。 レオン「 バカたれ!! そんなことは一目瞭然だ!! なぜヴィクトールを命がけで守らなかった!! ジェラール「 よせオヤジ。 兄貴が死んだのはそいつのせいじゃない。 レオン「 だってだって〜〜 こんなのあんまりじゃ〜!! じたばた ジェラール「わめくなよ。 滝のような涙を流した後、レオンの顔がいつもの表情へと戻る。 いや・・・その表情はまるで 鬼神のようだった。 レオン「 気を取り乱した許せよ。 兵士「敬礼〜 レオン「一つ頼まれてくれるか? 急を要するのだ。 ジェラール「いきなりシリアスになるなよ 汗 レオンの元へクジンシーが危険な存在だと知らせたあの女魔導士。 ヴィクトールの遺言が確かであるならば、ヤツが放つ一撃必殺「ソウルスティール」に対抗する策はあるのか。 それを確かめるべく、レオンは女魔導士オアイーブを召還せよと命ずる。 兵士が去ってから何度この台詞を吐いただろう。 レオンは自分の中にクジンシーを確実に葬り去る呪いをかけるかのごとく、100回以上自分に言い聞かせた。 レオン「たった今、我が精神にクジンシー殺害の暗示を施した。 今からはワシは血も涙も無い殺戮マシーンとなろう。 オアイーブ「ドラマの練習中悪いけど、入るわよ? レオン「ん、確かに『北バレンヌ随一の イケメン皇帝レオン』とは私のことだが・・・ 何か用か? オアイーブ「部屋を間違えたかしら 汗 レオン「単刀直入に言うぞ。 ヤツをぶちのめす方法を教えろ。 オアイーブ「 ソウルスティールね・・・。 レオン「どういつもこいつも、なんなんだその ソウルなんちゃらは!! 反則技ではないのか!! レオンはヴィクトールの命を簡単に奪い去った技の名前をイマイチ覚える事ができないようだ。 トラウマであろうか。 レオン「して、どうやってその ソウルなんちゃらを攻略するのだ? オアイーブ「だからソウルスティールだってば。 オアイーブはレオンにクジンシーを確実に葬り去る方法を提案する。 だがそれは、 もう一つの命を犠牲に成り立つ方法であった。 その命とは・・・。 レオンはその案に若干の疑心を抱きながらも心置きなく承知した。 レオン「ワシはやると決めたらやる漢。 クジンシーめ、目にもの見せてくれるわ!! ハーッはっはっは!! オアイーブ「大丈夫かしら・・・ ジェラールもまた、レオンと同じ思いであった。 生まれてからずっと一緒だった憧れの兄。 楽しかった日々、一緒に切磋琢磨した日々、その思い出が一瞬にして過去のものとなり、二度と来ない現実。 ジェラール「ちくしょう・・・ 俺のファイアーボールで兄貴をサポートしていたら戦況は絶対に変わっていたはずなんだ・・・。 ガチャ!! ジェラール「!? レオン「残念ながら、 お前のファイアーボール一つでどうこうできるような相手ではないぞジェラールよ。 ヤツを侮るでない!! ジェラール「 クジンシーの存在自体を全く覚えてなかっただろ。 レオン「言うな。 ジェラールよ、弔い合戦だ。 ヴィクトールの仇を打ちに「ソーモン」へ向かう!! ジェラール「・・・ ああ!! レオンにダメだしを喰らい、若干テンションが落ちたジェラールであったが、この時ジェラールの中で何かが変わった。 ジェラール「スカートめくりなど、もはやそんな悠長な事を言っている場合ではない。 もっと大きな目標を持たなければ!! レオン「お、お前・・・そんな目標で戦っていたのか・・・汗 ジェラールの 衝撃発言により驚きを隠せなかったレオン。 だがこうも思う。 レオン「ワシに似てきたなぁ・・・。 テラスでしばし思いに浸っていると、ジェイムズ達が支度が出来たと伝えてきた。 レオン「行くか・・・。 こうして、ヴィクトールの死によってクジンシーと対決せざるを得なくなったレオン達は、やつが支配している「 ソーモン」へと指標を向け出発した。 次回は「 ソーモン〜クジンシーとの対決」へ続く。 サイト内容の無断転載厳禁 当サイト『ゲーム音楽の巣』の記事内容、及びコンテンツを引用する際は引用である旨の表記と当サイト該当記事へのリンクを必ず明記してください。 Google Adsense 当サイト『ゲーム音楽の巣』では、Google及びGoogleのパートナー(第三者配信事業者)の提供する広告を設置しております。 その広告配信にはCookieを使用し、当サイトへの過去のアクセス情報に基づいて広告を配信します。 を使用することにより、GoogleやGoogleのパートナーは当サイトや他のサイトへのアクセス情報に基づいて、適切な広告を当サイト上でお客様に表示できます。 お客様は下記の で、インタレストベースでの広告掲載に使用される DoubleClick Cookie を無効にできます。 その他、Googleの広告におけるCookieの取り扱い詳細については、Googleの をご覧ください。 Amazonアソシエイト 当サイト『ゲーム音楽の巣』は、Amazon. jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

次の