さつまいも プランター つる返し。 サツマイモの栽培方法・育て方のコツ

さつまいもの栽培方法・育て方【肥料控えめ土作りで失敗なし収穫!】

さつまいも プランター つる返し

さつまいも さつまいもはメキシコ、中央アメリカ辺りが原産とされるイモで、日本には沖縄を経由して鹿児島地方に広まりその後全国に広まりました。 さつまいもは高温や乾燥に強く、ビタミンCや食物繊維の他、カロチン、カルシュウム等も含んだ健康野菜です。 他の野菜と比べて気象の変化や土質を問わずに生育可能で、雑草や病害虫に強く、生育・成熟が早く、主食に替わるエネルギー量を持っていることから昔は救荒食物(飢饉や災害、戦争に備えて備蓄、利用される代用食物)としても栽培されたこともある野菜の優等生です。 さつまいも栽培の特徴・コツ 窒素肥料は一般野菜に比べて少ない方が収穫量、甘みともに増します。 水はけが良く、日当たりも良い砂質土の畑を好みます。 連作障害が無く、連作・輪作をすると逆に形、甘みのよいイモが収穫できます。 さつまいもの栽培カレンダー さつまいもの栽培におけるおおまかな栽培暦(カレンダー)は上記の通りとなります。 あくまでも標準的な時期を示していますので、実際には皆さんが住んでいる地域の気候や栽培する品種により時期は多少前後します。 おおまかな目安として発芽、発根に必要な温度は15度以上で生育適温は22〜30度。 15度以下では休眠状態となり10度以下で低温障害を受けます。 土づくり 畝幅は70センチとし肥料(元肥)は堆肥と草木灰をはじめとしたカリウム分を大目に、窒素分は少なめに施肥します。 前の年に野菜を栽培して肥料分が多く残っている畑の場合は肥料は施さなくても大丈夫です。 さつまいもは過湿に弱いので畝の高さは30センチのカマボコ型にし乾燥防止や地温確保の為にポリマルチをすると効果的です。 苗の植え付け さつまいもは種イモではなく苗から育てるのが一般的です。 もちろん種イモからも発芽はしますが、手間暇やコスト面を考慮すると家庭菜園の現場では苗を購入して育てるのが一般的です。 苗は植え付けの前日から一晩水につけて吸水させたうえで、株間30〜40センチで一本ずつ5〜6センチの深さに斜めに差し込むように植えます。 また植える時期が遅れ栽培期間が短い場合などは、苗を垂直に植えると収穫できるイモの数は少なくなりますが早く収穫する事ができます。 この他苗を水平に植えるとイモの形は小さいですが沢山のイモを収穫する事ができます。 中耕・土寄せ・追肥 苗を植えてから1ヶ月ほど経過したら除草を兼ねて畝と畝の間を軽く耕し土寄せを行います。 この中耕と土寄せは約1ヶ月間隔で行い、こうすることにより雑草の繁茂を押さえつとともに土の中に空気が入りイモの生育が良くなります。 なお追肥は畝間にカリウム分を主体とした肥料を施しますが、苗が元気に育っている場合は特に肥料を施さなくても大丈夫です。 なおポリマルチを施している場合は気温が上々してきた時点は取り外しておきます。 ポリマルチを施したままですと地温が高くなりすぎたり、通気性が損なわれイモが肥大しません。 つる返し 気温の上昇とともに葉が生い茂ってきますが、これがわざわいして逆にさつまいもの生育に支障となる場合があります。 葉が茂りすぎてきたなと感じたらツルを引っ張りひっくり返すようにし節間の根を地面から浮かせます。 つる返しによりイモが無節操に形成されるのを防ぎ、良質なイモを収穫することができます。 収穫 収穫は10月頃から可能で初霜が降りる頃までに終わらすようにします。 収穫時期が近づいてきたらまず最初に試し掘りを行いイモの生育具合を確認するようにしましょう。 収穫方法はまず地上部を刈り取りつるをたぐるようにしてイモを掘り上げます。 事前に周囲をスコップで掘っておくと取りこぼしが少なくなります。 収穫したイモは半日ほど天日にさらすと甘みが増します。 ちなみに収穫は遅ければ遅いほど甘みが増し、初霜が降りる直前、ギリギリに収穫したものは甘み、品質ともに一番良いといわれています。 プランターでの栽培 さつまいも根菜なのでプランターなどで栽培する場合、最低でも30センチ以上の深さがないと栽培は難しいです。 大きめのプランターや鉢を用意できるようでしたら栽培は可能ですが、地植えに比べると収穫量や大きさは若干劣る傾向にあります。 さつまいも栽培の失敗例 病害虫 さつまいもは病害虫に強い野菜です。 他の根菜と比べるとイモムシ等の食害があってもイモ自体への影響はあまりありませんが、イモムシの発生密度が高いようでしたら、大きくなる前に薬剤を散布するようにしましょう。 またコガネムシの幼虫は地中でイモを食害しますが、こちらも深刻な被害となる事は希です。 もし気になるようでしたら薬剤を散布しておきましょう。 イモが痩せている さつまいもの失敗例で一番多いのが「イモが太らない」こと。 原因としてはいくつか考えられるのですが、まず疑われるのが「肥料分(特に窒素分)が多いこと」。 窒素分が多いと葉茎ばかりが生い茂りイモが肥大しない「」と呼ばれる状態となります。 この他土が乾燥していて通気性が悪かったり、前述してありますがポリマルチをしたことにより地温が上がりすぎてしまうこと等も原因としてあげられます。 病気 じゃがいもは比較的病気には強く無農薬でも十分育ちますが、じゃがいもが罹りやすい病気としてはモザイク病、青枯病、黒あし病、黒あざ病、葉巻病等があります。 これらの病気は発病すると薬剤が効かないものも多いので、見つけ次第抜き取り処分して被害の拡大を防ぐようにしましょう。

次の

もう失敗しない!さつまいもの栽培に失敗した理由をご紹介!

さつまいも プランター つる返し

MEMO苗を寝かせる方向は畝と平行にします。 根は挿した方向に長く伸びるため、畝と直角に植えると通路や隣の畝までイモが広がり、収穫が大変になります。 土が乾燥しているときは、植え付け後にたっぷりと水をやります。 この後は、収穫まで追肥や芽かきなどの作業も必要ありません。 植え付け方 サツマイモの主な植え方には、「斜め植え」と「垂直植え」があります。 苗を斜めにさす「斜め植え」が一般的ですが、それぞれ次のような特徴があります。 斜め植え・・・根は横に長く伸びるため、細長い芋になる。 個数は多め。 垂直植え・・・根は縦に短く伸びるため、丸く短い芋になる。 個数は少なめ。 また、栄養分の転流がスムーズになり甘みが凝縮する。 トラブル・生育不良 サツマイモ栽培によくある、トラブル・生育不良などをまとめています。 つるばかり茂ってイモが小さい 肥料分、特に窒素過多による「つるぼけ」が原因です。 施肥量を控えることが肝心ですが、症状が出てしまった場合は「」を何度か行うようにしましょう。 各節から伸びた根を引き剥がすことで、養分の吸収を抑えることができます。 発生しやすい病害虫 サツマイモに発生しやすい代表的な病害虫と、その対策・予防法をまとめています。 病気 立枯病(たちがれびょう) 葉が黄色になってしおれ、つるは伸びず生育不良に、症状が激しいと枯れてしまいます。 茎や塊根に黒い病斑ができます。 貯蔵中に被害が大きくなります。 予防とてしては、無病の苗を用いることが大切です。 葉に紫色の斑紋が現れます。 芋は表面が帯状にひび割れ、でこぼこになり、色あせます。 原因ウイルスをアブラムシが媒介します。 かいよう病 芋に暗褐色でくぼんだ病斑が発生します。 害虫 サツマイモネコブセンチュウ 根に寄生し、根を腐らせたり葉を枯らせる土壌病害虫。 被害に遭うと、芋のひげ根の基部に黒色の斑点やくぼみができます。 地中にいる幼虫が芋を食害します。

次の

家庭菜園のさつまいもがなぜか小さい!?原因と対策はあるの?

さつまいも プランター つる返し

はじめに 甘く ホクホクとしたサツマイモは、子供から大人まで大人気の野菜です! 原産はメキシコを中心とする中米の熱帯地域となります。 日本には、中国から琉球を経由して、江戸時代初め頃に長州と薩摩に伝わりました。 水はけのよい痩せた土でも栽培できることから、その後、日本各地 で栽培されてきました。 代表的なものは紅あずまですが、金時やベニコマチ、紅赤、 パープルスイートロード、クイックスイート、ムラサキマサリなど品種もたくさんあります。 焼き芋や栗きんとん、干し芋やアイスクリームなどの加工品などに向くものなど、用途に応じてさまざまな品種が作られています。 栄養面では、サツマイモは 炭水化物を多く含み、エネルギー源となります。 カリウム、ビタミンE・C、食物繊維も多く、高血圧、便秘の予防になります。 熱を与えると甘味が増すのでゆっくりと熱を通す焼き芋や天ぷらなどにすると美味しく食べられます。 その他、スイーツやポタージュ、グラタンなと和食・洋食・中華など、さまざまな料理にも合います。 新聞紙にくるんで冷暗所に保管すれば、長期間保存することが可能です。 なお、サツマイモの栽培は苗(挿し穂)を植え付けます。 苗を作るには種イモが必要ですが、 家庭菜園ではホームセンターなどで苗を購入するのが手軽ですので そうした育て方について 説明します。 サツマイモの基本情報 サツマイモの基本情報です。 葉が元気なもの、特に水に挿しているものが良いです。 茎が黒く変色しているものは、根が出ないことがあるので控えます。 ・ 野菜用培養土(元肥入り)プランターサイズに合った量を用意します。 肥料入り培養土「キッチンガーデン 果菜用」が、おすすめです。 難しくありません、簡単です。 用土・肥料 まずはプランターに用土を入れます。 水はけが良くなるようにプランターの底には鉢底石を敷きます。 用土は野菜用の培養土をプランターのふちから2~3cm下まで入れます。 野菜用の培養土には予め肥料が含まれているので肥料は不要です。 適当なプランターがない場合には、大きめの袋の用土を準備し、そのまま袋で栽培することも可能です。 その場合は袋の下に穴を数か所あけて、水はけがよくなるようにします。 苗(挿し穂)の植え付け まず、購入してきた苗(挿し穂)について一晩、水に浸けてから植え付けます。 葉を5~7枚は残し、根元の節を3~5節を土に挿します。 植え方はいくつかあり、 植え方により成長の仕方が違ってきます。 深さ5~10cmで植えます。 株間は20~30㎝は空けます。 植え方 特徴 水平に植える水平植え イモの数が多く育つ 斜めに挿す斜め植え 根が活着しやすい 真っすぐ挿す垂直植え イモの数は少なくなるが大きく育つ 植えた当初は、苗がぐったりしていますが、 心配ありません。 その後、根が出て 新しい葉が生えてきます。 心配な場合には 根が出るまで葉の上に新聞紙を被せておきます。 直射日光を妨げることで、根が出るのが早くなります。 1週間ほどたったら、新聞紙は取り除いてください。 サツマイモのプランター栽培 敷きワラ、つる返し 敷きワラ 敷きワラやマルチはサツマイモの栽培にはおすすめです。 雑草防止と乾燥防止のほか、茎や葉から生じる根である 不定根 の抑制にもなり、イモの生育が良くなります。 つる返し 夏から秋にかけて 伸びたつるを上に持ち上げてひっくり返し、地面に接した つるの節から出る根を切る作業を行います。 つるの節から出る根を伸ばすと株元のイモが大きく生育 しなくなります。 長くなったツルは、そのまま 葉の上に置いて大丈夫です。 再びつるが繁って根が出てきたらつる返しを再度行います。 ベランダの手すりの外につるを垂らしたり、支柱を立ててつるを誘引して「あんどん仕立て」にするとつるの 節から根が発生せず、管理が楽になります。 サツマイモのプランター栽培 収穫 いよいよ楽しみな収穫の時期です。 収穫の目安は、葉が黄色くなってきた頃で 植え付け後、120~140日頃となります。 生えている葉を切り取り、イモの 株元を残します。 土から出ている茎を引っ張ってイモを傷つけないように注意して株ごと引き上げます。 イモが大きいか小さいか分からない場合は、試し掘りしても大丈夫です。 一度掘り起こしても、再度土に埋めれば成長を続けるので問題ありません。 サツマイモの病害虫は? 病害虫対策は不要なくらい丈夫ですが、病気は モザイク病、害虫は エビガラスズメ、 ナカジロシタバ、 コガネムシ、 ハリガネムシが発生することがあります。 病気 モザイク病 葉がまだら模様になり、生育が悪くなります。 媒介するアブラムシを予防、駆除します。 発症した株は処分します。 害虫 エビガラスズメ:全体が茶色で赤色の斑点がある ガの幼虫が葉を食害します。 ナカジロシタバ:黄色と青色の模様が入ったガの幼虫が葉を食害します。 コガネムシ:全体が白く、頭部が黄色から黒褐色の幼虫が土の中に潜んで根を食害します。 土は湿気があるのに株がしおれてきたら株元を掘って確認します。 ハリガネムシ:幼虫が土の中にいてイモの表面を食害します。 いずれも捕殺するか、農薬を散布して被害を防ぎます。 まとめ サツマイモのプランターでの育て方、苗(挿し穂)の植え付けから水やり、追肥、つる返し、収穫や病害虫についてまとめました。 サツマイモは栄養もあり、食物繊維も豊富で腸内環境を整えてくれる、健康によい野菜です。 甘みがあって美味しいので食事の おかずにもお菓子にも向きます。 栽培もあまり手がかからず、初心者でも比較的簡単に育てることができます。 品種も多いので、いろいろな種類を育て味わう楽しみもあります。 最後にサツマイモの栽培で押さえておきたいポイントをまとめると3つです。 肥料は原則、元肥以外は与えない。 排水性の良い土壌環境で育てる。 苗(挿し穂)を挿す前は一晩水に浸けておくとよい。

次の