天気の子 ネタバレ 結末。 映画『天気の子』ネタバレ感想・解説・考察!世界を変えてでも真っ直ぐな愛を!結末の賛否を考える

天気の子の結末ラストシーンとその後の考察と意味は?解釈とネタバレまとめ

天気の子 ネタバレ 結末

) 天気の子映画のネタバレ! 雨の降り止まない東京に帆高は一人、地元の島から出て過ごす決意をしてやってきます。 しかし、16歳で身元の証明もできないことからバイトができず、お金も底をつきかけてビルの前で途方に暮れることに・・・。 「邪魔だ!」とビルから出てきた男に言われてゴミ箱を倒してしまい、直そうとすると中には 銃が入っていて偽物だと思いつつも持っていくことにしたのです。 東京に来る際のフェリーで会った須賀を思い出し、彼を訪ねると編集の仕事を手伝って欲しいとのこと。 そこで「100%の晴れ女」の噂を調査することになった帆高は、 陽菜と会って大きく人生を変えることになります。 街で陽菜が男に強引に連れて行かれそうになるのを見て助けようとした帆高は、とっさに銃を取り出して引き金を引いてしまったのでした。 弾の入っていたことに驚きつつも帆高は陽菜を連れて逃げますが、お金を稼ぎたいからという理由があったと聞いて誤解だと知り謝ります。 彼女は弟の凪と2人で暮らしており、廃ビルの屋上の鳥居をくぐった時から「晴れ女」になったと話をし、 帆高はその力を人々のために使おうと提案しました。 雨の降り止まない東京では晴れを求める人がたくさんいたため、サイトで晴れを届ける依頼を売っていく帆高と陽菜。 夏の花火大会でも陽菜は祈りを捧げて雨を止ませましたが、その姿がテレビで放映されたためサイトを一時停止します。 そろそろ陽菜の誕生日が近づいていたため、帆高はプレゼントを用意。 しかし、彼女はある逸話を聞いたことから不安になっていました。 「昔、降り続く雨を止ませるため天気の巫女が人柱となって消えてしまった。 」という話を聞いた陽菜は、帆高にその話をしようとすると身体が消えていきそうに・・・。 そして、児童保護局が未成年で暮らしている陽菜たちを保護するべく訪問する事態も起きて、帆高はある決断をします。 帆高は陽菜と凪と共に逃げる決意をし、人柱にもさせないと言うのです。 しかし、3人が人目を避け続けて逃げるのは難しく、天気も荒れてきたことで陽菜は人柱になるべく強く祈りを捧げます。 彼女が消えたことで、帆高は警察に追われながらも廃ビルの屋上にある鳥居へ。 空の世界に一人でいた陽菜を見つけた帆高は説得して地上に連れ戻し、警察に保護されるのでした。 帆高は島に返されて3年経ち、陽菜に会いに東京へ。 雨の止まない東京はいたる所が水に沈んでいましたが、元気そうな陽菜を見て安心するのでした。 天気の子映画の結末感想は? 子供っぽいとも思われた帆高ですが、雨を止ませるため「みんなのために人柱になろう」と決意する陽菜に対し帆高はそれに抗ってガムシャラに突き進むという構図がハッキリしており、清々しく思いました。 「天気なんて狂ったままでいいんだ!」と叫ぶ彼は、確かに幼いかもしれません。 しかし陽菜を人柱として捧げて「みんなは幸せ」という王道的な終わり方にしていたら、面白いとは言えなかったと思います。 最後に陽菜を救う選択をし、 雨が降り続いても人々は適応して生きていくという終わり方は面白いと感じました。 天気の子映画の号泣シーンはどこ? 天気の子 IMAX 無事号泣しました(もはや通常運転)。 何も言わない。 ただこれだけ言わせてくれ。 これはアニメの形を変える物語(アニメ)だ。 2度と晴れないことになっても陽菜を連れ戻したいという熱い思いと、「天気なんて狂ったままでいいんだ!」と言って陽菜を説得する…感動的な再会と共に挿入歌の『グランドエスケープ』が流れてくるシーンは涙を流さずにはいられませんでしたね。 2人の天から落ちるような演出もとてもキレイだったのに、ハッキリと見られなかったほどです・・・。 天気の子映画の面白いつまらないラスト賛否を紹介! ラスト『天気の子』観終わりました! 『大丈夫』が流れた時に、あぁ、本当に終わりなんだ…と実感がわきました。 つまらない!と思う理由はツッコミどころの多さ? ラストにかけての帆高が警察から逃げたり、陽菜を連れ戻したら雨が再び降るという展開は 「それでいいの?」とツッコミどころが多かったとも言えますね。 実際の東京を舞台にしていてリアルと、空の世界などのファンタジーが混ざっていることから観る側に戸惑いを感じさせたのかもしれません。 そして、大人びた陽菜とまだまだ子供の帆高という対比が良く表れていた一方で、その 幼さゆえの身勝手とも思える行動に「つまらない」と思った方も少なくないようです。 他にも新海誠監督の『君の名は』のようにワクワクするストーリーや、恋物語としての熱い展開を期待して見ると 「『君の名は』の方が面白かったなー」と思うかもしれませんね。 やっぱり映像が面白くて挿入歌の盛り上がりは凄い! 映像の面白さも 『天気の子』の良さです! 雨の降る様子から、その雨の一粒一粒が地上に降り注ぎ、水たまりに着水する細かな点まで丁寧に描かれています。 水のしずくの形が変わっていき、場面によっては跳ねた水滴が魚などの形になって動いているように見えるのも面白いですよ。 それぞれに使われる青色の種類も違っていて、 見ているだけで映像美も楽しめるのが見どころです。 まとめ 映画『天気の子』の ネタバレや 結末感想・ 号泣シーンなどをご紹介してきました。 『天気の子』の結末は賛否両論もあって 「ありきたりで、つまらない」という感想も確かにある中、だからこそ面白いとも言えたと思いましたね。 帆高の決意と生き様を終始貫いていたストーリーは、私はとても良かったと思います^^ そして、これまでにない水や雨の映像の美しさ、挿入歌と共に感動して涙する展開は 総合的に見ても素晴らしいと感じました。 帆高と陽菜なら、雨の降る世界でも懸命に生きていくのではないでしょうか。

次の

【天気の子】ネタバレあらすじ&感想考察!ラスト結末もチェック!

天気の子 ネタバレ 結末

この作品の感想が賛否両論になっているのは、新海監督が元々描こうとしていたものが、人によって幸せかどうかの解釈が分かれる「メリーバッドエンド」だったからかもしれない。 『天気の子』は一見王道青春映画のようで、その結末はぜんぜん王道じゃない。 新海監督は、『君の名は。 』を通して、王道でないものを王道ストーリーで描く手法を手に入れたんだと思った。 大切な人を救うために、世界を犠牲にする 前半については、陽菜に危機が訪れるまでのポイント(観客が「これどうなっちゃんだろう」と思うまでのシーン)が、正直とても長く感じられてじれったかった。 ただ、どこかのエピソードを削れたかというとまったく無駄はなかったと思う。 なんだろう、テンポかな? 途中まで「理性と計算で作られた、美しい映像」って感じがして、ラストを迎えるまではかなり客観的に、冷静に見てたんだけど、 この映画のラストとRADWIMPSの歌「愛にできることはまだあるかい」にすべてのメッセージとテーマが込められてたことに気づいてからは、帰り道もずっと『天気の子』のこと考えてた。 映画と「愛にできることはまだあるかい」に出てくる特徴的なキーワードとして 「天気 自然 」「さだめ」「サイコロの出た目」「神」「きまぐれ」「祈り」「抗う」「運命」などがある。 本来コントロールできないものの形を、自分にとって大事なものを守るため たとえ他人に犠牲を強いることになってもいいと決意して 変えてしまう。 そんな決断を本人たちしか自覚できない、誰からも責められないという結末が、残酷だし、人間だし、重い。 『天気の子』はトロッコ問題 「ある人を助けるために他の人を犠牲にするのは許されるか?」という倫理学の思考実験に、トロッコ問題というものがある。 線路を走っていたトロッコの制御が不能になった。 このままでは前方で作業中だった5人が猛スピードのトロッコに避ける間もなく轢き殺されてしまう。 この時たまたまA氏は線路の分岐器のすぐ側にいた。 A氏がトロッコの進路を切り替えれば5人は確実に助かる。 しかしその別路線でもB氏が1人で作業しており、5人の代わりにB氏がトロッコに轢かれて確実に死ぬ。 A氏はトロッコを別路線に引き込むべきか? 『天気の子』は、 一度は引かれてしまった分岐器のレバーを、帆高が元通りに戻すストーリーだと思った。 ただ、トロッコ問題と本作の違いは、世の中のほとんどの人が暴走列車に轢かれてしまったことにも、そんな分岐器があったことにも気づかないということ。 天気という、本来は人間がコントロールしえない自然現象が対象だから、罪の意識は当事者である二人にしか残らない。 でも、 その犠牲になる1人が会いたくてたまらない大切な相手だったとしたら、レバーは意地でも引かないかもしれない。 レバーが引かれてしまっても、迷わず元に戻すかもしれない。 自分の人生を生きていくために大切な人と生きることを選び、幸せになろうとすることは人間として当然の権利だ。 須賀さんが涙を流すシーンは、幸福についての葛藤が表されているのだと思って観ていた。 「東京が水没するほどの異常な気象の世界」という代償と引き換えで手に入れた二人の幸福は、多くの人にとってはある意味きっとバッドエンドなんだけど、二人の選択を誰が責められるだろう。 『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』風に言うと、『天気の子』は 『トロッコ問題、レバーを引くか?元に戻すか?』という映画なんだと思います。 もう一度観るときはこの点に注目して、須賀さんの感情の変化を中心に観ていきたいです。 受け入れる強さ、だから大丈夫 一方で、人間の受け入れる力や順応する強さも描かれてた。 ぜんそく持ちの須賀さんの娘にとって雨は嫌なもので、須賀さんはきっと雨を嫌がっていたと思うけど、あれから雨が東京に三年降り続いていたとしても、須賀さんと大きくなった娘さんは笑顔で写真を撮っていた。 これは、人が困難な現実を運命として受け入れる力だと思った。 生きていく力。 だからこの映画の最後のセリフは「僕たちは大丈夫だ」なんだろう。 本当にこれで良かったのかと二人はこの先ふとしたタイミングで思うはず。 それでも最後、人柱ではなく世界に戻ってきた陽菜が、壊れた天気の世界でも祈りつづけていて、罪から逃げず向き合う強い姿として描かれているのが良かった。 愛にできること 作品にできること 世界を犠牲にして大切な人を守る。 その選択への罪の意識はなかったことにはならず、この先も本人たちだけが向き合い続ける。 世界を救う話はたくさんあるけど、自分にとっての大切な世界(=陽菜がいる世界)を守るための駆け引きをこんな風に描いてくるのがすごいなと、思った。 愛の歌も歌われ尽くした 数多の映画で語られ尽くした そんな荒野に生まれ落ちた僕、君 それでも 愛にできることはまだあるよ 僕にできることはまだあるよ 「愛にできることはまだあるかい」の歌詞を噛み締めながら、ここに本作の制作スタッフの思いが詰まってるんじゃないかと思った。 新海さんは『天気の子』でまだ描かれていない愛のかたちと覚悟を描きたかったのかもしれない。 さっき観てきた!まほぴのノート観たらまた観たくなった!ありがとう! 僕は映画を見始めた時から須賀さんに注目してみちゃったから、僕の感想を伝えさせて欲しい! 安井刑事が「帆高が警察に追われるような無茶をしても会いに行きたい人がいるっていうのは羨ましいことですな」みたいな話を須賀さんにした時に須賀さんが泣いていたのは、亡くした奥さんへの想いが自分でも知らずに出てしまったんじゃないかなって思った。 物語終盤、代々木のビルで帆高の腕を掴んで帆高を引き止めるシーンでは、須賀さんが帆高を過去の自分と重ねて見ている気がして、帆高を説得している言葉が須賀さん自身に言い聞かせている言葉みたいで、僕はすごく苦しかった。 須賀さんは幸せについての葛藤を感じさせられる人だった。 最後には猫の雨が太ってていたり、帆高にかける言葉 世界は元から狂っているんだ だったりに自分なりの幸せを掴んだのかなって思った。 須賀さんハッピーエンド寄りだなって思った。 陽菜は帆高の何が好きなのか読み取れなくて、今度は陽菜目線で見てみたいと思った笑 長文コメントごめん!.

次の

映画「天気の子 」ネタバレあらすじと結末・感想|起承転結でわかりやすく解説!

天気の子 ネタバレ 結末

Contents• 天気の子 映画 のネタバレ! 【天気への祈り】 病院で眠る母の横でそっと座る少女天野陽菜は雨が降る空から一筋の光がさしているのを見つけました。 陽菜は何かに導かれるようにその光がさす場所へ向かうと、やがて廃ビルの屋上に立てられた祠へと着きました。 陽菜が祠の前に立つ鳥居をくぐった瞬間、彼女は遥か上空を漂い、そこで積乱雲の上に広がる草原や龍のように舞う細長い雲、魚のように宙を泳ぐ雨粒を目にします。 そして、地上へと降りる・・・そんな場面からこの物語はスタートします。 【家で少年】 16歳の高校生・森嶋帆高は故郷の離島から家出し、一人東京へ向かうフェリーに乗っていました。 フェリーは急激な降雨の影響で傾き、甲板にいた帆高は海に落ちそうになりますが、たまたま乗り合わせていた須賀圭介に助けられます。 命の恩人の須賀に食事をおごり、ビールまで要求され、おごる羽目になってしまいます。 須賀は、フェリーを降りる際に、困ったときは連絡するようにと名刺を渡すのでした。 東京は異常気象に見舞われ、何日も雨が続いていました。 東京で生きていく為にもバイトをしなければいけないと探すのでしたが、身分証を持っていない未成年の少年を相手にしてくれる所は無いのでした。 街を彷徨う帆高は、やがて警察官に声をかけられます。 家出していることが知られれば、補導されると思った帆高は逃げ出します。 警察官から逃げ延び、雑居ビルの軒下に隠れてるうちに眠ってしまった帆高は、ビルの住人から追い出されます。 その際、彼は倒してしまったゴミ箱の中から紙袋にくるまれた拳銃を見つけてしまいます。 最初は驚いたものの、ただおもちゃだろうと思った帆高は拳銃をそのままバックにしまいこんでしまうのでした。 【出会い】 所持金が乏しくなりファストフード店で毎夜を過ごす帆高に、そこでバイトとして働いていた少女がそっとハンバーガーを渡します。 それが天野陽菜との出会いでした。 店には内緒だと言う少女の厚意を受けた帆高は、須賀の元を訪ね頼る決心をするのでした。 須賀の事務所を訪ねた帆高は、須賀とアシスタントの女性・夏美に無理矢理仕事を手伝わされます。 須賀はフリーライターで、オカルト雑誌などの記事を書いていました。 執筆の腕を見込まれ、働くことになった帆高はライティングの仕事だけにとどまらず、須賀や夏美の身の回りの世話からこなしていきます。 そんなある日以前、帆高にハンバーガーをくれた少女が如何わしい仕事の話をする男たちに付きまとわれている所に遭遇します。 思わず少女の手を引いて駆け出す帆高ですが、すぐに男たちに捕まってしまい馬乗りになって殴りかかってきた男に、帆高は鞄から拳銃を取り出し、男に向け引き金を引きます。 銃声が響き渡りますが、弾は男には当たりませんでした。 あまりの出来事に放心する帆高と男たちですが、少女は帆高を連れ、廃ビルへと逃げ込みます。 廃ビルに逃げ込んだふたりですが、陽菜は拳銃を発砲した帆高を非難します。 帆高も拳銃を投げ捨て、自分のやったことを悔いるのでした。 少し落ち着いた様子の陽菜は屋上にある祠の前へと帆高を連れ出し、 「ねえ、今から晴れるよ」 と言い、少女が手を合わせて祈ると、ぶ厚い雨雲が瞬く間に晴れ、あたり一面が日の光に包まれるのでした。 【晴れ女】 祈ることで天気を晴れにすることができる陽菜。 バイトをクビになってしまい、弟の凪と二人暮らしでお金が必要な事を知った帆高は三人で『晴れ女ビジネス』をすることにしました。 ネットで募集をかけ、天気を晴れにしたいという要望に応えるもので、数々の応募に応えていくのでした。 そして大雨の中、花火大会を延期にしようとしていたイベント会社が神にもすがる思いで陽菜の力を頼り、見事晴れさせるのでしたが、その様子をテレビで放映されてしまい、依頼が殺到してしまい既に受けた依頼をこなし、しばらく休業することにします。 休業前の最後の依頼は須賀が依頼したものでした。 彼の娘・萌花のために公園を晴れにしてほしいという須賀の依頼を果たした陽菜は帆高、凪、須賀、萌花、夏美たちと楽しいひと時を過ごします。 須賀たちと食事をして帰るという凪を残し、陽菜を送る帆高はプレゼントの指輪を渡そうとします。 しかし、突如吹いた突風に視線をはずした帆高は目の前にいたはずの陽菜がいなくなっていることに驚きます。 陽菜の呼ぶ声に帆高は頭上を見上げると、そこには宙に佇み、雫が重力に逆らい、陽菜の周りを巡る異様な光景を目にします。 さらには、陽菜の体の一部が透けていのを目撃し帆高は驚きます。 地上に降り立った陽菜は帆高に晴れ女になったきっかけを話すのでした。 【お尋ね者】 一方、警察は防犯カメラに映る拳銃をもった帆高を捜索し始めます。 陽菜の元に帆高の事を尋ねてきた警察に、陽菜と凪は母親の死後、未成年二人で生活していたため、近く児童相談所の人間が保護しに来ることを告げられます。 須賀の元にも警察は訪ねてきました。 須賀は帆高に実家に帰るように言います。 家を出ようとしている陽菜に帆高は 「三人で逃げよう!」と伝え三人で外に出るのでした。 外は夏にも関わらず雪が降る、そんな異常気象の中でした。 【人柱になった陽菜】 大荒れの中ホテルを探して三人で歩き回るのでしたが中々見つかりません。 ようやく見つけたホテルに入りお風呂に入って体を温め、カラオケをしたりと楽しいひと時を過ごします。 凪が寝て、日付が変わった事を見計らい、帆高は陽菜に指輪をプレゼントします。 喜ぶ陽菜は不意に帆高に話し始めます。 陽菜は自分が人柱だといい、自分が犠牲になることで本来の気候が戻ってくるのだと夏美から聞かされたと明かします。 陽菜の話を信じたくない帆高は陽菜を必死で抱きしめます。 翌朝、眼が覚めた帆高は隣にいるはずの陽菜がいなくなっていることに気がつきます。 帆高は慌てて部屋の中を探しますが陽菜の姿はどこにもありません。 そこに警察官が突如入室、帆高は捕まってしまいます。 連行される帆高は雲ひとつ無い晴れた空を見て、陽菜が人柱になってしまったことに気がつきます。 陽菜を連れ戻したい帆高は、警察官の隙を突き、逃亡、廃ビル屋上の祠にいけば陽菜に会うことが出来ると思い、走り出すのでした。 【天気の子】 帆高は夏美の協力もありなんとか廃ビルに着きますが、そこでも須賀や警察が迫ります。 たちまち包囲される帆高はなりふり構わず屋上に向かおうとしますが、瞬く間に取り押さえられてしまいますが帆高の純情に感化された須賀と児童相談所から逃げ出した凪が助け、屋上に辿り着き、祠に強く祈る帆高の意識は遥か上空へ飛ばされ、雲の上の草原で陽菜と再会します。 そして、陽菜の手を取り、戻るように促しますが、陽菜は自分が戻ることでまた雨が降り続ける事を伝えますが、帆高は 「もういい!陽菜は晴れ女じゃない!」 と、陽菜をただの一人の少女であり、もう人のために祈らなくていいことを伝えるのでした。 そして幾つもの雲をつきぬけ祠の前へ帰り着きます。 帆高の手はしっかりと陽菜の手を掴み、空は思い出したかのように雨が降り始めていました。 スポンサーリンク 『天気の子 映画 』の最新話も!U-NEXTで今すぐ無料でみる! 『天気の子 映画 』はU-NEXTを使えば今すぐ無料で観ることができます。 \ 体験期間中のカンタン退会で完全無料 / スポンサーリンク 天気の子 映画 の感想・考察! 【映像が綺麗】 最近のアニメーションの凄さに感動しました。 物語が天気を題材にしているために、雨や晴れなどの天気の移り変わりが沢山ありますが、その都度綺麗な映像に驚かされました。 まるで実写を見ているかのようなカメラアングルなども物語を引き立たせ、一気に釘付けになりました。 今作のテーマのひとつである『雨』も様々な形で表現されていました。 例えば、叩きつけるような雨を雨粒が跳ね返る様子で表現したり、晴れ間が覗き徐々に弱くなっていく雨を段々、細くなり最後には見えなくなるといった感じに描いたり、降り始めた雨がアスファルトを徐々に濡らしていく様子だったりと観ていても様々な雰囲気が伝わってくるものとなっていました。 【前作『君の名は。 』のキャラクターがところどころに登場】 新海監督ファンにはたまらない前作の『君の名は。 』のキャラクターが所々に登場しています。 例えば、依頼を受けて訪ねた老婆の家で『君の名は。 』の主人公・立花瀧が登場したり、帆高が陽菜の誕生日プレゼントを買い求めたアクセサリーショップではヒロイン・宮水三葉が働いていました。 また、初めて陽菜が依頼を受けたフリーマーケット会場では三葉の友人、勅使河原克彦と名取早耶香の姿がありました。 初めて見た時に気付くとサプライズ感がたまりませんね。 一回観たけど気付かなかったという人も改めて探しながらみたら楽しいかもしれません。 【世界観に注目!】 誰もが昔から、テルテル坊主や靴を蹴り飛ばして翌日の天気を占ったり、天気予報で気にしたりと、凄く身近なのに思い通りにいかない『天気』を題材にした作品。 『晴れ女』『晴れ男』なんて言葉も冗談を交えて会話の中に出てきていました。 ですが、誰もが思い通りにいかない天気を、願うことで晴れにしてしまう『晴れ女』は、自分の存在と引き換えに天気を他人のためにコントロールするというものでした。 スピリチュアルなことは世間にとってはとても興味深いことですが、度を過ぎると、皆が私利私欲に走ってしまう・・・。 でもその奥には自分を犠牲に、自然を犠牲にしていることを忘れてはいけない・・。 そんな事を考えさせられた作品でした。 貴方はこの世界観をその様に受け、感じますか? スポンサーリンク まとめ 以上、『天気の子 映画 』のネタバレ・感想を紹介しました。 アニメは音声付きでBGMも聞けるしアニメーションならではの面白みがあります。

次の