カワウソ 種類。 カワウソとは

カワウソの飼育費用(値段)は?トイレの臭いが大変?性格はなつく?

カワウソ 種類

コツメカワウソ 分類 食肉目イタチ科ツメナシカワウソ属 体長 41〜64cm 尾長 25〜35cm 体重 2〜6kg 分布 インドからインドネシア、中国南部など 寿命 11年〜15年程度 昼行性で、小型であることから、ペットとして人気のカワウソ。 「コツメカワウソ」という名前の由来は、爪が小さいこと。 また、尻尾が丸みを帯びていて短いのが特徴です。 すごく可愛いので、ペットとしたくなる気持ちはすごく分かるのですが、コツメカワウソは国際自然保護連合が作成するレッドリスト 「絶滅危惧II類」に分類されている動物です。 ペット需要が高まると、 密輸の可能性、さらには、飼い切れなくなったコツメカワウソが日本で 野生化して害獣として殺されてしまう、などといった問題も考えられます。 タイからカワウソの赤ちゃんを密輸しようとした日本人が逮捕されています。 悲しいですね。 ニホンカワウソが絶滅してしまった経緯を学んで欲しいな、と思います。 画像や動画では可愛くてたまらないコツメカワウソですが、実は臭い。 独特の強い臭いを分泌する肛門腺も持っています。 また、構って欲しかったり、何かを飼い主に訴えたい時に、「キーーッ」という鳴き声を発します。 飼い猫が、「にゃーにゃー」甘えたい時に発する鳴き声とは違い、 非常に甲高い鳴き声です。 匂いの問題、餌の問題など、責任を持って飼うことができるか よ〜く考えた上で飼育する必要がありますね。 展示されている水族館や動物園 サンシャイン水族館、東京都多摩動物公園、アクアパーク品川、八景島シーパラダイス、新江ノ島水族館、千葉市動物公園、那須どうぶつ王国、伊豆・三津シーパラダイス、東山動植物園、伊勢シーパラダイス、鳥羽水族館、ひらかたパーク、海遊館、他たくさんの水族館や動物園で見ることができます。 来訪の際は、HPなどで調べてください! ユーラシアカワウソ 分類 食肉目イタチ科カワウソ属 体長 55~70㎝ 尾長 35~40㎝ 体重 5~12kg 分布 ユーラシア大陸、北アメリカ 寿命 10年程度 ユーラシア大陸全域と北アメリカと広く分布する、一般的なカワウソ。 指の間に水かきがあり、泳ぎが上手で、水の中に潜って、魚やカエルなどを捕食します。 環境破壊などの影響により、ユーラシアカワウソの生息数も減っており、国際自然保護連合が作成するレッドリスト 「準絶滅危惧種 NT 」に分類されています。 2017年に、長崎県対馬で、野生のカワウソが見つかりましたが、絶滅してしまったニホンカワウソの再発見なのか、ユーラシアカワウソが韓国から海を渡ってきたか、可能性は五分五分であるとされました。 来訪の際は、HPなどで調べてください! ツメナシカワウソ ノールックで塩ビ管をポイっと通路に放るゆるり。 そのあと拾ってくれと催促するように見つめられるとね、もう虜です。 コツメカワウソと同じツメナシカワウソ属ですが、こちらは夜行性です。 爪がほとんどなく、退化したのか、爪の痕跡のようなものがある程度です。 水中で過ごす時間が多いのですが、ユーラシアカワウソのような水かきがほとんどありません。 他のカワウソと同じように、魚やカエルなどを捕食しますが、水かきが無い分、器用に指を動かすことができ、泥の中にいるミミズなどをほじくって捕まえることもできるんです。 その影響から、爪が無くなったのでは、と言われています。 来訪の際は、HPなどで調べてください! カワウソと誤認されることが多いが、ミンクにはカワウソのような首からお腹にかけての白っぽい毛がありません。 ミンクにも髭のような白い毛が顎の下にあるものがいますが、カワウソのようにお腹までは生えていないようです。 また、全体的にカワウソよりも黒っぽいですね。 来訪の際は、HPなどで調べてください! ヌートリア 分類 ネズミ目ヌートリア科 体長 70〜100cm程度 尾長 30〜45㎝ 体重 5〜9kg 分布 自然分布は南米だが、北アメリカ、ヨーロッパ、アジアで広く分布 特定外来生物に指定されています。 カワウソに似ているというより、顔が カピバラに似ていて、カワウソよりもだいぶ大型です。 愛知県、岐阜県、三重県、滋賀県などで釣りをしているとそこら中で確認できます。 昔は居なかったと思うのですが、すごい勢いで増殖しているのでしょうか。 他にも、京都、大阪、兵庫、岡山、鳥取、広島、島根、山口、香川で定着しているそうです。 水の流れの弱い沼や水路を好むようで、例えば琵琶湖では、湖が入りくんだ流れを避けたところや、周辺の水路に生息しています。 夜行性とされているそうですが、昼間でも、人間の存在に気づいても逃げることなく悠々自適に泳いでいます。 来訪の際は、HPなどで調べてください! チョウセンイタチ 分類 食肉目イタチ科 体長 45㎝〜60cm程度 尾長 16〜21㎝ 体重 600~820g 分布 ユーラシア大陸北部、ヨーロッパ東部、ウラル山脈西側~シベリア、中国、朝鮮半島、台湾など広く分布 チョウセンイタチは、シベリヤイタチ、タイリクイタチとも呼ばれている 外来種です。 日本の天然分布は対馬のみですが、中部地方以西の沖縄を除く西日本に広く分布しており、都市部でも生息しています。 僕も、名古屋市の都市部で見つけました。 日本で生息しているチョウセンイタチは、過去に韓国から移入され、広まったとされています。 海外では、ニホンイタチとチョウセンイタチを全くの同種としていることもあるくらいに似ていて、外見から両者を区別するのは困難です。 一番の違いは、尻尾。 チョウセンイタチの方が尻尾が長く、尻尾が、頭胴長 頭と胴を合わせた長さ の半分以上あります。 食性は雑食で、ネズミ、カエル、昆虫、魚、など、なんでも食べますが、ニホンイタチよりも植物性の食べ物を好むそうです。 家畜のニワトリをおそったり、家屋に住み着き、糞尿被害のある害獣としても知られ、在来種のニホンイタチと競合を起こしていることから、ニホンイタチの生息数が現象しつつあります。 ニホンイタチ 珍しく外に出ていたニホンイタチ。 しかもめっちゃ活発に動き回っていたので不思議に思っていたら間もなく飼育員さんが給餌に登場。 結構はなれていてもちゃんと気配を察知しているのだなあと感心しることしきり — まにゃもう manyamou 分類 食肉目イタチ科 体長 40㎝〜55cm程度 尾長 12〜16㎝ 体重 150~650g 分布 沖縄を除く日本全国に広く分布 ニホンイタチは、チョウセンイタチよりも 尻尾が短いのが特徴。 チョウセンイタチの影響で、生息域を山間部のみに追いやられていると言われています。

次の

カワウソ【生きた化石】

カワウソ 種類

ニホンカワウソの剥製 : : : : : : : : : : ニホンカワウソ (北海道産亜種) L. whileleyi Lutra lutra nippon et , Lutra lutra whileleyi , ニホンカワウソ 英名 Japanese River Otter Japanese Otter ニホンカワウソ( 日本川獺)は、日本に棲息していたの一種。 の一亜種 Lutra lutra nippon または独立種 Lutra nippon とされる。 日本全国に広く棲息していたが、(54年)以来目撃例がなく、(24年)にに指定された。 なお、ニホンカワウソは(昭和39年)6月27日に日本国のに指定された のち、翌(昭和40年)にはに指定されている。 また、の県獣でもある。 分布 [ ] までは、、、、、、、まで日本中の陸地から島々に至るまで広く棲息していたが、乱獲や開発によって棲息数が激減し、(昭和3年)には狩猟の対象外となった。 しかしその後も棲息数は減少を続け、から(昭和25年)にかけて棲息が確認された地域は北海道、青森県、秋田県、山形県、栃木県および、埼玉県、山梨県、長野県、奈良県、和歌山県、兵庫県、および、四国地方、大分県のみとなった。 しかし、本州及び九州本土の個体群はいずれも孤立した個体群であったため、1954年(昭和29年)頃までに絶滅したとみられている。 本州最後の個体群は、和歌山県で1954年(昭和29年)に確認された個体群であったが、特に保護されることなく絶滅した。 北海道産亜種( Lutra lutra whileleyi)も、(昭和30年)にで捕獲されたのが最後の捕獲例である。 そのためニホンカワウソの分布域は、四国地方の愛媛県およびのみとなった。 最後の捕獲例は、(昭和50年)4月8日に愛媛県で保護されたもので、その後は捕獲されていない。 ニホンカワウソが生きた姿で最後に発見されたのは高知県のにおけるもので、1979年(昭和54年)6月に目撃されている。 新荘川では1986年(昭和61年)10月にもニホンカワウソの死体が発見されているが、これ以降棲息の確認は得られていない。 なお、1993年(平成5年)には同じ新荘川の支流でフンと食べ残しの痕跡の報告例があるが、他の動物によるものである可能性もある。 また、()南端部のには(2017年)現在でもカワウソが棲息しているが、樺太のカワウソを北海道産亜種( Lutra lutra whileleyi)と同一種であると分類する専門家も存在する。 形態 [ ] 体長64. 5-82. 0cm、尾長35-56cm、体重5-11kg。 外部計測値は韓国産のとほぼ同じだが、頭骨形状に特徴があった。 眼を水面から出して警戒できるよう、眼と鼻孔が顔の上方にあった。 鼻孔は水中で閉じることができた。 毛皮は二層からなり、外側に見える部分は粗い差毛、内側は細かい綿毛であった。 差毛は水中で水に濡れて綿毛を覆い、綿毛に水が浸入するのを防いだ。 このことにより水中での体温消耗を防ぐ効果があった。 この良質な毛皮を目的とした乱獲が、絶滅の要因となった。 生態 [ ] ニホンカワウソの骨格標本(所蔵) 河川の中下流域、砂浜や磯などの沿岸部に単独で棲息していた。 主に夜行性で、、、、などを食べていた。 1頭の行動域は十数kmにもおよび、この中に「泊まり場」と呼ばれる生活の拠点(岸辺近くの大木の根元の穴や岩の割れ目、茂みなど)を3、4か所もっていた。 縄張り宣言のために、定期的に岩や草むらの上など目立つ位置に糞をする習性があった。 春から初夏にかけて水中で交尾を行い、61-63日の妊娠期間を経て2-5頭の仔を産んでいたと考えられている。 仔は生後56日程で巣から出るようになり、親が来年に新たな繁殖を開始するころに独立していたと推定される。 分類 [ ] ニホンカワウソは、 Lutra lutra の一亜種として分類されている。 日本本土亜種 Lutra lutra nippon と北海道亜種 Lutra lutra whiteleyi に分ける考え方が有力である。 では、その分類で記載されている。 本土個体群を Lutra nipponという独立したとして取り扱う考えもあるが、棲息が確認されていないだけに、分類に関する再評価は進んでいないのが現状である。 鈴木知彦らが行った遺伝子の塩基配列の比較では、ユーラシアカワウソ3亜種間の差異が4塩基、との差異が6塩基であるのに対して、ユーラシアカワウソ3亜種とニホンカワウソのそれは7-9塩基であった。 ミトコンドリアゲノムDNAによる系統解析では、1977年に高知県内で捕獲されたニホンカワウソは約127万年前にユーラシアカワウソから分かれその後日本で進化した固有の系統。 また神奈川県で捕獲された別の個体は約10万年前に分れた大陸のユーラシアカワウソの系統という結果が得られた。 人間との関わり [ ] 人間にとって身近な存在であり、伝説の原型になったと考えられているほか、カワウソそのものも伝承に登場する。 また、では「エサマン」と呼ばれ、の伝承にもしばしば登場している。 の一つ(初候)で(春になりカワウソが漁をはじめ魚を捕らえること)とある。 の料理書『』には、「獣の部」において「川うそ」の名が記載されており、かつては食用となっていたとみられる。 ニホンカワウソは保温力に優れているやの薬となるを目的として、からにかけて乱獲が進んだ。 そのため北海道では、1906年(明治39年)当時年間891頭のカワウソが捕獲されていたが、12年後の1918年(大正7年)には年間7頭にまで減少した。 このような乱獲が日本全国で行われたため、1928年(昭和3年)にニホンカワウソは日本全国で狩猟禁止となっている。 1954年(昭和29年)の時点で、ニホンカワウソは北海道、と愛媛県のからにかけての沿岸部、高知県南西部の沿岸部および周辺にわずかに棲息域を残すのみとなったが、や排水による水質悪化、期における周辺地域の開発、河川の護岸工事等により、棲息数の減少に更なる拍車がかかった。 さらに、漁具による溺死や生簀の食害を防ぐための駆除も大きな打撃となった。 最後の個体群は当初猟師だけが知っていたもので、細々と密猟されていた。 種の保全状態評価 [ ]• 昭和まで棲息していた哺乳類が「絶滅種」に指定されたのは初めて。 なお愛媛県は2014年10月に更新した独自の「愛媛県レッドデータブック2014」 で、絶滅していないことを前提とする「絶滅危惧種」に引き続き指定している。 日本国指定() 生存の可能性 [ ] 1979年(昭和54年)6月に高知県での目撃以降発見例がなく絶滅した可能性が高いとされているが、近年四国を中心に日本各地で確証のない目撃例が断続的に続いている。 これらの生存の可能性を指摘する専門家も多い。 四国での主な目撃例には、1989年(平成元年)に高知県須崎市で撮影され、jiCC出版局レッドデータアニマルズに掲載された3枚の写真や1996年(平成8年)3月20日にの海岸で撮影されたカワウソと思われる足跡の写真がある。 2000年代以降でも2009年(平成21年)に高知県内で有力な目撃情報がある。 1989年(平成元年)6月27日、北海道で車に轢かれたカワウソの死体が発見された。 カワウソの死体はで各種調査が行われたが、調査の結果飼育下にあったユーラシアカワウソであると判明した。 北海道ではこのほかにも、1997年(平成9年)に管内のに流れ込むでカワウソらしき動物が目撃されたとの報告もある。 北海道と四国以外では、富山県源流域に1969年(昭和44年)もしくは後半までニホンカワウソが棲息していた可能性が指摘されている。 また、(平成28年)に哺乳類学会誌「哺乳類科学」で発表された論文によると、1980年代初頭まで長崎県の五島列島ではニホンカワウソが棲息していた可能性が指摘されている。 2017年(平成29年)2月にがで撮影したビデオの中にカワウソと思われる生物が撮影されており、日本国内で生きた野生のカワウソの姿が確認されたのは38年ぶりとなった。 7月には環境省による調査が行われ、島内には少なくとも2匹が棲息していることが判明し、また糞からはユーラシアカワウソのDNAが検出されている。 2018年(平成30年)4月に、栃木県那須町沼野井地区にて、ニホンカワウソの目撃情報が相次いでいることから、調査隊が編成された が、2020年現在、未だ見つかっていない。 脚注 [ ] [] 注釈 [ ]• 1964年(昭和39年)6月27日文化財保護委員会告示第40号「天然記念物に指定する件」。 監修・今泉忠明『絶滅動物の秘密3』27頁。 [ ]• 2016年8月17日. の2017年8月18日時点におけるアーカイブ。 2017年8月19日閲覧。 102. , p. , p. 国立極地研究所 2016年3月7日. 2019年1月14日閲覧。 MSN産経ニュース 産経新聞社. 2012年8月28日. の2013年2月18日時点におけるアーカイブ。 愛媛県. 2019年1月14日閲覧。 NPO法人 野生生物調査協会/NPO法人 Envision環境保全事務所. 2014年10月23日時点のよりアーカイブ。 2019年1月14日閲覧。 1965年(昭和40年)6月24日文化財保護委員会告示第23号「天然記念物カワウソを特別天然記念物に指定する件」。 毎日新聞. 2013年1月10日. の2013年1月12日時点におけるアーカイブ。 2013年1月10日閲覧。 愛媛新聞. 2013年5月30日. 2013年5月30日閲覧。 毎日新聞. 2017年3月29日. 2017年8月28日閲覧。 旭川市. 2019年1月14日閲覧。 北海道ニホンカワウソを探す会 [ ]• Spork. 早稲田大学ジャーナリズム大学院. 2019年1月14日閲覧。 2012年9月28日. 2017年8月28日閲覧。 上田浩一、安田雅俊「 」 『哺乳類科学』第56巻第2号、日本哺乳類学会、2016年、 151-157頁、 :。 長崎新聞. 2016年12月27日. の2016年12月30日時点におけるアーカイブ。 2016年12月28日閲覧。 産経WEST. 2017年8月17日10時53分. 2017年8月18日閲覧。 2018年4月10日閲覧。 [ ]• 2020年5月6日閲覧。 参考文献 [ ] は列挙するだけでなく、などを用いてしてください。 記事のにご協力をお願いいたします。 ( 2019年1月)• 『ニホンカワウソ 絶滅に学ぶ保全生物学』東京大学出版会、2008年11月。 『野生動物観察事典』東京堂出版、2004年、216-221頁。 佐々木浩「 」 『人間文化研究所年報』第27号、、2016年8月、 95-111頁。 ほか『ニホンカワウソやーい! 高知のカワウソ読本』高知新聞社、1997年。 関連項目 [ ] ウィキスピーシーズに に関する情報があります。 ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 外部リンク [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• - 愛媛県.

次の

野生のカワウソって日本にいるの?

カワウソ 種類

[ スポンサードリンク ] カワウソの生態について カワウソの出現時期 カワウソが地球上に出現したのは、今から200万年以上前の新生代第三紀の末です。 ネコ目 食肉目 が誕生したのは、第三紀の初期です。 この当時のネコ目 食肉目 たちの形は、現在のカワウソよりももっと小さかったようです。 時間をかけて捕食する動物が巨大化していくに従い、ネコ目の動物も大きくなっていったのでしょう。 カワウソの形体的特長 カワウソは、水辺に生息している動物ですから、水中でも動きやすいような体の特長をもっています。 ひょろっと細長く、尾っぽは太く平べったく体の半分近くの長さがあります。 体が細長いのは水の抵抗を少なくして進むことができるからです。 手足は短く、水中でもスイスイと泳げるように、指の間には水かきがついています。 カワウソは陸上にもあがりますが、水中で素早く動けるような形態をしているのです。 カワウソは、水中では呼吸できません。 そんなカワウソは、水中にいても水が入ってこないように、水に潜る時は鼻と耳に水が入らないように、閉じてしまいます。 体毛はとても滑らかであるために、毛皮用として狙われることも多かったのです。 カワウソの生態的特長 夜行性のカワウソは、昼間は縄張り内に数ヶ所ある休憩する場所で眠っていることが多い動物です。 夜の間に餌を捕まえ食べるのですが、全部食べてしまうのではなく、自分の縄張りを示すために少し食べ残して、岩の上などに置いておきます。 巣はこれとは別に、陸の木の下などに穴を掘ってつくります。 また、カワウソはとても頭の良い動物で、自然の岩などを利用して滑り台に見立てて、滑って遊んだりすることもあるんですよ。 カワウソの餌と捕食方法 カワウソが住んでいる川や海に生息している魚やカニやエビ、カエルなどを食べます。 また、これら以外も、水辺に来た小さな哺乳類や鳥を捕まえて食べることもあるんですよ。 魚の動きと比べると、どうしてもカワウソの方が遅いので、カワウソは比較的動きが鈍い魚を捕まえて食べています。 カワウソの繁殖方法 カワウソは2歳くらいになると繁殖できるようになります。 1年に1回程度、子どもを2〜4頭産みます。 1年近くは親子で共に生活し、親が子に泳ぎ方や餌のとり方などを教えていくのです。 カワウソの飼い方 ニホンカワウソを飼うことはできませんが、コツメカワウソであれば飼うことも可能です。 ですが、カワウソはワシントン条約の関係もあり、輸入する場合は手続きに時間がかかります。 また、価格も数十万円するのが一般的なので、金銭的に余裕がある場合は飼ってみてはいかがでしょうか? カワウソの生息地域と見られる場所 日本には『ニホンカワウソ』という種類が全国各地いましたが、毛皮のために乱獲され、現在は絶滅したと考えられています。 ニホンカワウソ以外には世界中に分布していますが、いずれもなかなか姿を見ることはできません。 もし、野生のカワウソを見たいと思ったのであれば、夜間の水辺に行くともしかすると見ることができるかもしれません。 ニホンカワウソ以外の種類であれば、動物園や水族館でそのかわいらしい姿を見ることができます。 カワウソの種類(仲間) 現在、カワウソと呼ばれる種類は11種類います。 その中でも代表的なカワウソを紹介しましょう! コツメカワウソ カワウソの中で一番小さな種類です。 名前の通り、他のカワウソに比べて爪が丸くて小さいのが特徴的です。 この種類はペットとして時々販売されているので、自宅で飼うことも可能ですが、数十万円と高価です。 動物園でもよく見かける種類ですね。 オオカワウソ こちらはカワウソの中で一番大きい種類です。 体長も1. 5m近くにまでなるかなり大きなカワウソです。 水陸両方を行動することが多いカワウソですが、オオカワウソは水の中で過ごすことが多いです。 毛皮としても人気があったため、乱獲され現在はほとんど見ることができない、幻のカワウソでもあります。 ユーラシアカワウソ カワウソの中で、一番分布地域が広いカワウソです。 北アメリカのほぼ全土にいるんですよ。 繁殖力もあるカワウソで、動物園でもコツメカワウソと並びよく飼育されています。

次の