ソイ プロテイン 下痢。 プロテイン飲んだら下痢になる… 量が原因だった

プロテインの胃痛対策とは?原因は?おすすめは?まとめてみた

ソイ プロテイン 下痢

精神的なものが下痢の原因となるものもあり、物理的なものが下痢の原因となることがあります。 特に現代では食べ物がグローバル化し、全世界の食べ物を食べることが出来ます。 下痢の原因・・・プロテインの過剰摂取 また食べ物が簡素化し、栄養を抽出したものも多く出回っています。 例えばプロテイン摂取がブームになっていますが、過剰な摂取は体に下痢という副作用をもたらすものもあります。 下痢の原因はプロテインの副作用から プロテインと言えば、男性が飲むイメージがありますが、この頃は女性の愛飲者も増えています。 もともと胃腸に不安がある方は、太りにくいため、男性だと痩せすぎというコンプレックスを克服しようと、筋トレとセットでプロテインを利用する方が多いようです。 女性の場合、による筋力低下を防ぐために摂取するようですが、いずれにしても、その副作用で下痢の症状で悩まれる方もいます。 せっかくたんぱく質を補給するためにプロテインを飲んでいるのに、下痢になって全部流れてしまうのであれば、体内に吸収されないため、意味がありません。 どうしてプロテインを飲むと下痢になるの? プロテインは大きく分けて、ホエイプロテイン・カゼイプロテイン・ソイプロテインの3種類あります。 一般的に多く使用されるのがホエイプロテインです。 体に吸収しやすくタンパク質の含有量が一番多いのが特徴です。 筋肉量を増やすにはタンパク質が重要になる反面、過剰にタンパク質を摂取しすぎると、を起こし、下痢を引き起こす原因になります。 また、タンパク質は腸内に棲む悪玉菌のエサになる性質があります。 は増えると腸内にアンモニアを発生させ、オナラや便がとても臭くなります。 消化不良で腸へ下ったたんぱく質が、悪玉菌の餌となり、その増えた悪玉菌の影響から、整腸作用のある善玉菌が十分に働けなくなってしまうと、人によっては下痢の症状が現れます。 また、悪玉菌には、免疫力の低下、ニキビや肌荒れ、うつ病の原因にもなると言われます。 排泄物として出し切れない毒素は、最終的に皮膚から出されるため、ニキビや肌荒れが起こります。 悪化すると、うつ状態になる可能性があるため、善玉菌を増やす必要があります。 プロテインによる下痢の解消 プロテインによる下痢の解消、対策は次のようなことがあげられます。 ソイ 大豆 プロテインを選ぶ! ソイプロテインは、ホエイプロテインに比べてタンパク質の量が抑えられている上に、繊維質も多く含まれています。 繊維質は便の形を形成するのになくてはならない成分ですし、食物繊維は善玉菌の餌になってくれます。 また、タンパク質の摂りすぎを防ぐことで、腸内環境の悪化を防ぎます。 加えて、善玉菌をサプリメントなどで補ってあげると、消化もよくなり、悪玉菌による悪臭や毒素の発生を抑えてくれます。 また、牛乳を飲むと下痢になる乳糖不耐症の方も、大豆から出来ているソイプロテインの方が良いです。 ホエイプロテインもカゼイプロテインも、牛乳が原料に含まれているため、牛乳を飲むのと同じく下痢の症状が出やすいからです。 また、 プロテインは飲みやすくするために、人工甘味料が使われていることが多いです。 特にカロリーゼロで強い甘味だけもたらす 「アステルパーム」は、プロテインにもよく使用されていますが、これは体の中で分解も吸収もされません。 そのため、体が早く体外に排出しようとして、下痢の原因になることもありますので、お腹に不安のある方は、甘味料無添加のプロテインを利用されることをおすすめします。 腸内環境を強化しよう 健康が丈夫な事である事です。 昔から「元気の元は胃腸から」と言われています。 東京医科歯科大学教授、感染免疫学者の藤田紘一郎先生は「9割の病気は腸で治せる 」と言われています。 それほど腸内環境はとても大切な事なのです。 下痢をはじめ殆どの病気は腸内環境が整えれば治るのですから、こんな簡単なことはありません。 一刻も早く腸内環境を整えましょう。 に利用しましょう。 「下痢の原因」の記事一覧•

次の

プロテインの副作用を徹底解説!飲み過ぎによる抜け毛、肝臓・腎臓などへの影響とは

ソイ プロテイン 下痢

連載「40オトコのための『失敗しない』プロテイン術」 筋トレのお供としてだけでなく、近年ではシェイプアップや健康維持に役立つサプリメントとしても注目される「プロテイン」。 基礎知識から活用法まで、カッコよく生きたいミドル男性が心得ておくべき、プロテイン摂取のノウハウを伝授しよう。 「ザバス」ブランドで知られる明治によれば、2019年の国内市場規模が480億円に達する見込みというプロテイン商品。 健康志向も後押しし、ドラッグストアやコンビニでも、プロテインバーやプロテイン飲料などが盛んに販売されている。 気軽に商品が手に入るのは便利だが、一方でどれを選べば良いか迷ってしまう人も多いはず。 そこで、プロテインに対する正しい理解を広めるための活動をしている山本圭一氏(プロテイン工房代表)に、商品の見極め方や、より自分にあった商品の選び方を聞いた。 【今回のアドバイザー】山本圭一さん プロテインブレンダー(株式会社プロテイン工房代表)、鍛錬家。 著書に『仕事ができる人はなぜ筋トレをするのか』(幻冬舎)、『ゼロからはじめるプロテイン生活』(メディアバル)ほか。 現在は、プロテインへの正しい理解を広めるための活動に加え、「ソーシャルプロテイン」という考え方の普及にも努めている。 費用対効果が高いのはパウダータイプ プロテインバーやドリンクはTPOに応じて かつては、ほぼパウダータイプ一択だったプロテイン商品だが、最近では飲料に加えお菓子のようなプロテインバーやヨーグルトなど、プロテインを混ぜ込んだ商品がたくさん登場している。 プロテイン摂取に興味を持ち始めたビギナーなら、まずは、それぞれにどのような違いがあるのか、気になるはずだ。 「タンパク質を摂取するという目的を中心に考えれば、どのタイプの商品も根本的に違いはありません。 ただし、まず注意してほしいのが商品の成分表。 シンプルなプロテインパウダーに比べると、プロテインを混ぜ込んだ商品には、脂質や炭水化物が多く含まれている場合が多いんです。 つまり、プロテインパウダーに比べると高カロリーになっているというわけですね。 また、商品に含まれるタンパク質の量と価格の比率でも、割高になってしまうのは否めません」(山本氏、以下同)。 プロテインがブームになっている影響か、コンビニでも様々な種類のプロテイン商品が購入できるようになっている。 コンビニで手軽に購入できるというメリットがあるほか、味や食べやすさの好みは人それぞれなので一概にはいえないものの、タンパク質を効率よく摂取するという本来の目的や費用対効果を考えれば、やはりプロテインパウダーに軍配が上がると山本氏は指摘する。 食事とのバランスを考えながら、TPOに応じて上手に選ぶのが賢明ともいえるだろう。 タンパク質摂取の観点からみれば、実はホエイとソイに大差はない 一方、プロテインパウダーを含むプロテイン商品を選ぶ際には、プロテインの原料も注目すべきポイントとなる。 商品のパッケージを見ると、牛乳由来の「ホエイ」または大豆由来の「ソイ」にわかれているが、30~40代の男性なら、どちらを選ぶのがベターなのだろうか。 「ダイエット目的ならソイ、筋肉増強ならホエイというイメージが強いようですが、タンパク質として、そこまで大きな違いはないというのが、僕の実感からいえる意見です。 違いを強いて挙げるなら、ホエイは吸収速度が速いので運動前後にオススメ、対してソイは吸収速度が遅いものの、イソフラボンや不飽和脂肪酸が含まれているので、コレステロール低下などの健康効果が期待できるかもしれない、という程度。 牛乳に含まれる糖分を消化できず下痢や腹痛を起こす『乳糖不耐症』の自覚がある人はソイを選ぶというように、これも結局は自分の体質や好みにあわせて選べば良いと思いますね」。 ちなみに、山本氏を含めアスリート系(特にボディビルダー)はホエイを選ぶ人が多いそう。 30~40代の男性の場合、たとえば筋力アップが目的ならホエイ、コレステロール値が気になる人はソイというような選び方でも良いのかもしれない。 両方試して、自分にあうと感じられるものを選んでも良いだろう。 プロテインパウダーを選ぶ際には、成分表をよく見て自分にあったものを タンパク質を効率よく摂取できるほか、費用対効果面でもメリットがあるというプロテインパウダー。 しかし、スポーツ店やネットショップを見れば、こちらも多種多様な商品が並んでおり、どれを選べば良いか、特に初心者は迷ってしまうもの。 そこで最後に、山本氏が推奨するプロテインパウダーの賢い選び方を、ポイント別にまとめておこう。 現在、もっともよく見かけるのは『エルゴジェニック系』と呼ばれる、BCAAやクレアチン、各種ビタミンなどの成分が配合されているタイプ。 もちろん、これらの成分は筋肉や健康への良い効果が期待できるのですが、その分割高になってしまいます。 また、成分表を見ると配合量が意外と少ない商品が結構あるもの。 ひとつの商品で複数の成分が摂れるという手軽さはありますが、個人的には、それらの成分を必要と感じたら、別にサプリメントとして購入したほうがお得かなと考えています」。 よく見ると、同じ価格でもタンパク質の含有率が違う場合があるからです。 そこで注目してほしいのが、パッケージに記載されている1食あたりのタンパク質量。 この計算を覚えておけば、費用対効果の高いプロテインパウダーを選ぶことができるでしょう」。 しかし、実際の話、プロテインパウダーの原料は、すべて外国産ですから、国内製造だからと言って、外国製よりも優れていると言うことはないと思いますし、価格的にも国内製品よりも安く良質なものもあります。 ただし、傾向として外国製のほうが味が強い(添加物が多い可能性もある)場合や、どこで誰がどのように製造しているのかまでは、なかなかリサーチできませんので、本当に安心できるプロテインを望むなら、製造工場を実際に見学できるくらいの情報公開をしているメーカー(国内でも数えるほどしかないですが)のほうが安心かも知れませんね」。 山本氏のアドバイスからもわかるように、タンパク質を効率よく摂取するという観点からみれば、結局のところプロテインパウダー選びもTPOや好み次第。 いずれにしても大切なのは、普段の食事、そして運動とのバランス。 何度も言及したが、プロテインだけ摂取していれば健康になったり、筋力アップしたりということはあり得ない。 健康的な食事と運動との組み合わせこそ、プロテインの効果を最大限に発揮する秘訣なのだ。 【関連リンク】 プロテイン工房.

次の

プロテインでお腹を壊す人必見!腹痛や下痢になる原因とその解決方法

ソイ プロテイン 下痢

ソイプロテインを飲んだ後に下痢になるときに考えられる理由5つ お腹ゴロゴロや下痢の理由は、人によってさまざま。 考えられる理由を5つ挙げていきます。 大豆の食物不耐症 アレルギーとは違う ソイプロテインを飲んで20分~1日だけお腹の不快な症状が続く人は、大豆の食物不耐症の可能性があります。 食物不耐症とは、食べ物に含まれるある成分がうまく消化できないせいで、色々な消化不良の症状 お腹の不快感や下痢など を引き起こす症状のこと。 もしあなたが大豆の食物不耐症だったら、大豆プロテインに含まれる大豆由来の糖を消化するための酵素がうまく生産されなくて、その結果下痢が起こっているということです。 乳糖不耐症 ラクトース不耐症 は多くいますが、大豆の糖不耐症の人はあまり居ないようなので、理解されにくくて大変ですよね。 大豆アレルギー あなたの免疫系が大豆に含まれる成分を「異物」と見なし、自分で自分の身体を攻撃しだすのが大豆アレルギー。 食物不耐症の場合は、お腹を下すなどの消化器官系だけの症状ですが、大豆アレルギーだと蕁麻疹・吐き気・かゆみなど色々な症状が身体に現れます。 大豆はひよこ豆やピーナッツなどの豆類の仲間なので、もし大豆以外の豆でアレルギーを持っていたら大豆にもアレルギーを持っているかもしれません。 しかし、中には大豆のアレルギーの人でも発酵食品である納豆・醤油・味噌はOKな人もいます。 大豆プロテインを摂取した後に、不快な症状が身体のあちこちに現れたら、迷わず病院へかかりましょう。 甘味料 ステビアやアスパルテーム が腸内環境を乱したかも 甘い味が付いたソイプロテインには、アスパルテームやアセスルファムKなどのゼロカロリーの人工甘味料が入っていることが多いです。 というか、シュガーレスガムやゼロカロリー清涼飲料水などの、ほとんどの無糖で甘い食品には甘味料が入っています。 人工甘味料は腸内のバクテリアのバランスを乱すことがあるので、その結果下痢などの消化器官の不快症状の原因になります。 ただ、個人差があるのでならない人もいます。 「シュガーレス食品を食べたら、なんかお腹がゆるくなる」という人は、人工甘味料が原因でしょう。 単純なタンパク質の摂りすぎ ソイプロテインに関わらず、タンパク質を多く含む食品をいつも食べ過ぎていると下痢を起こすことがあります。 この場合は、シンプルにタンパク質摂取量を控えれば解決します。 食物繊維の不足 タンパク質ばかり摂取を心がけていると食物繊維の摂取量が少なくなることが多いです。 その結果、下痢になってしまうことがあります。 栄養素はそれぞれ協力しあって働いているので、タンパク質だけ摂取すると良くないことが身体に起こってしまうのです…。 原因別、ソイプロテインの下痢対策 もし、あなたの下痢の原因が単純なタンパク質の摂取のしすぎであれば、1日を通してのたんぱく質摂取量を少なくすれば改善するでしょう。 でも、あなたの下痢の原因が大豆タンパクそのものや甘味料だった場合は、少し工夫が必要です。 他の原料でできたプロテイン粉末を試してみる ソイ以外の植物性プロテイン粉末を試してみましょう。 ピープロテイン エンドウ豆• ヘンププロテイン 麻の実• ブラウンライスプロテイン 玄米• プラントベースの発酵プロテイン 日本では珍しいですが、ヨーロッパやアメリカ大陸では割と一般的なタンパク質源。 iHerbやマイプロテインなどの海外通販で簡単に入手できます。 ちなみに、発酵プロテインはタンパク質が分解しやすい形になって入っているので、消化器官にかかる負担が普通のプロテイン粉末より少なめ。 「タンパク質を多く含むものを食べると、なんだか調子が悪くなる」という人はぜひ試してみてくださいね。 実際に手に取ってみてから買いたいという人は、近所のナチュラルフード店に聞いてみましょう。 もしかしたらあるかも知れません。 サキノは見たこと無い… またはWPI ホエイプロテイン・アイソレート WPI を試してみるのも方法の1つ。 動物性タンパク質ではありますが、製造過程で乳糖 ラクトース やカゼイン ミルクタンパク などの成分が取り除かれているので、比較的安心です。 あまりヘルシーではないです…。 甘味料無添加の製品を選ぶ 腸内環境を乱し下痢の原因になる、人工甘味料が全く入っていないソイプロテインを選びましょう。 何も甘味料が入っていないプレーン味に、後から粉末黒糖やマヌカハニーなどで甘みを付けて美味しく飲むのがおすすめです。 バナナやオレンジなどの生のフルーツとブレンドして、ソイプロテインスムージーにするとビタミン・ミネラルも摂れて最高です。 また、おからパウダー・サイリウム オオバコ粉末 ・難消化性デキストリンなどの食物繊維がたっぷり含まれた食品をスプーン1杯入れるのも効果的です。 特に、高たんぱく質な食事をしている人は、知らない間に食物繊維が足りなくなることが多いので、意識して摂取しましょう。 注意:サイリウムなどの食物繊維が多い食品を摂取するときは、必ずコップ1杯以上の水と飲みましょう。 胃の中で膨らんで水分を吸収するので、水分不足は胃痛の原因になるため。 以上、ソイプロテインを飲んだ時に下痢になる原因や、対策を解説してきましたがいかがでしたか? 案外、たんぱく質などの特定の栄養素をいつも摂りすぎていたり、逆に食物繊維が足りなかったりとかが原因かもしれません。 ひとつづつ原因を検証していけば、何が本当の下痢の原因か分かります。 下痢の原因を潰して、お腹の不調なしで快適なプロテイン生活を送りましょう!.

次の