医学部予備校 高い。 医学部予備校ランキング

医学部予備校比較ランキング※予備校選びの決定版

医学部予備校 高い

東京大学 理科一類 合格 1名• 山梨大学 医学部 合格 1名• 東京慈恵会医科大学 最終合格 2名• 防衛医科大学 最終合格 1名• 順天堂大学医学部 最終合格 2名• 日本医科大学 最終合格 3名• 昭和大学医学部 最終合格 9名• 東京女子医科大学 最終合格 4名• 日本大学 医学部 最終合格 4名• 東京医科大学 最終合格 3名• 東邦大学医学部 最終合格 8名• 北里大学医学部 最終合格 8名• 杏林大学 最終合格 6名• 埼玉医科大学 最終合格 6名• 聖マリアンナ医科大学 最終合格 11名• 愛知医科大学 最終合格 6名• 金沢医科大学 最終合格 7名• 国際医療福祉大学 最終合格 3名 …その他多数 医学部に入りたい、医者になりたい、医者になって社会貢献したい、やりたいことがある。 目的は人それぞれでしょう。 それでも医学部受験への思いは皆同じはずです。 また医者になると確固たる意志を持ち独自に頑張るも良い結果につながらない人も多くいます。 医学部受験予備校ウインダムではこれまで多くの予備校生徒を合格へ導いたという経験から合格へ導く方法を持っています。 我々の持つ知識や経験を最大限に生かし授業やシステムなどに「こだわり」を持って行うことで、その思いを支えつなげていきます。 我々がウインダムを医学部受験予備校とするのは人や社会に貢献したいという熱い思いの持ち主に医者になってほしいからです。 医学部を受験し、合格するという高い目標を持ち、努力することを惜しまない。 予備校講師陣はそんなあなたを応援します。 合格にこだわりましょう。 ウインダムの講習会一覧 期別講習会 模試 特化対策 Information•

次の

医学部予備校ランキング

医学部予備校 高い

医学部向けのコースを設けている大手予備校と、医学部受験に特化した予備校は、どちらを選んだ方がいいのか。 これは医学部合格を目指す多くの受験生が最初に悩む問題かもしれません。 一般的には、集団授業を行う大手予備校は安く、1人ひとりの学力に合わせて丁寧に指導する医学部予備校の方が高額です。 ただ、受験生の目標は何よりも医学部に合格して医師になること。 その目標達成のためには学費だけを見て決めるのではなく、予備校ごとの学習環境やサポート体制を知り、「ここで勉強すれば合格できるはず」と確信をもって勉強に取り組むことが大切です。 大手予備校と医学部予備校の特徴、その学費の差から、あなたに最適な予備校を探してください。 大手予備校の医系コースの学費は、約100万円。 駿台や河合塾といった大手予備校の医学部受験コースの学費は、およそ100万円です。 例えば、駿台の医系最上位「スーパー国公立大医系(特別指導150h)コース」は、入学金一律7万円+授業料99万7000円、計106万7000円。 「スーパー私立大医系(特別指導180分)コース」は計111万4000円です。 河合塾の場合は、医系最上位「ハイパー国公立大医進コース」が入学金一律10万円+授業料62万5000円、計72万5000円。 「ハイレベル私立大医進アドバンス個別指導つきコース」が計340万円です。 これらの大手予備校に通うメリットは、切磋琢磨できる受験生が大勢いること。 周りの頑張る姿を見て勉強へのモチベーションを維持しやすく、集団授業がベースのため「いま勉強している部分」の話もできます。 学費も医学部予備校に比べれば格段に安いため、「浪人したらまずは近所の大手予備校へ行く」という生徒が大勢いるのも納得できる話です。 医学部予備校の学費は、4倍分の価値がある。 一方、医学部予備校の学費はかなりバラツキがあり、大体300~500万円程度。 平均400万円というのが相場です。 大手予備校と比較すると「4倍もするの?」と驚くでしょうが、学費が高額な分、講義から日々の生活まで、さまざまな面で生徒1人ひとりに寄り添ったサポートをしています。 勉強面では2~8名の少人数クラスの授業と個別指導の併用や、個別指導のみ、という予備校が多く、各々の学力レベルや習熟度に合わせて授業を進めてくれるので得意科目を伸ばしやすく、弱点も克服しやすいのが特徴です。 また、生活面でも『東京メディカル学院』のようにタイムカードによる生活管理や願書の申し込み代行、写真撮影会を開催してくれる予備校もあり、こうした手厚さに魅力を感じて入学する生徒もいるほどです。 志望校についても面談や校内模試の結果から合格しやすい大学を判定・相談してくれますし、学費と指導・サポート体制は比例していると考えられます。 医学部に入れる確率を天秤にかければ、高い学費を払う価値は十分にあると言えるのではないでしょうか。 東京メディカル学院は、企業努力により破格の安さを実現。 学費は高いが、払う価値はある医学部予備校。 しかし、中には限りなく学費を安く抑えている予備校もあります。 前述の東京メディカル学院も、その1つ。 同校の医学部進学コースは、入学金と授業料、設備維持費をすべて足しても計194万4000円です。 無駄な広告費を抑え、集客は試験場で予想問題を配布。 「すべてを生徒に還元する」という方針は多くの受験生に受け入れられ、いまや口コミだけで定員人数に達するほどです。 東京・名古屋の2校しかなく、定員制のため生徒数は少ないですが、いまや人気の医学部予備校に名を連ねています。 今年の夏に同校へ入学したある生徒は、会社を辞めて獣医学部への再受験を希望していました。 そして、大手から医系まで20校もの予備校をまわった結果、「この予備校なら合格できる」と確信して同校への入学を決めたそうです。 まわった予備校の中には面談した担当者が獣医学部のことをまったく知らないこともあったようで、会社を辞めて再受験する人にとっては退路を断った挑戦にもかかわらず、最初に話した予備校担当者が希望学部の受験について無知であればがっかりするに違いありません。 医学部予備校はその名の通り、医系の大学・学部だけに特化した予備校です。 講師だけではなく、そこで働く職員まで含めて「この道のプロ」が揃っているからこそ、生徒にとっては安心して勉強に打ち込める環境ができ上がっているのです。 特に高卒生にとって、予備校は毎日通う場所。 だからこそ、医学部合格を目指すなら学費だけではなく、「自分に合うか」を重視して選ぶことが最も大切なのではないでしょうか。 医学部予備校ナビについて 医学部予備校ナビでは、医学部受験合格のために予備校探しをしている学生、またその保護者の方々を応援しています。 さまざまな情報が錯綜する現代、自分の勉強方法、目標とする医学部、自分の得意分野などさまざまなことを自己解決しつつ、受験対策をしていかなければなりません。 しかし医学部予備校なら手厚いサポートを受けつつ、志望医学部への徹底した対策をしてくれるため、時間を有効にそして受験勉強に打ち込むことができます。 当サイトではさまざまな医学部予備校をユーザーの受験生活、気になる細かいポイントなど、細部から比較検討でき、 自分に合った予備校が見つけられるための情報ポータルサイトを目指しています。 エリア・人気の都道府県から探す• / / / / /• / / / / / /• / / / / / / / / /• / / / / / /• / / / /• / / /• / / / / / / / 医学部予備校ナビに掲載中の予備校• Ltd.

次の

医学部予備校比較ランキング※予備校選びの決定版

医学部予備校 高い

医学部の予備校にかかる費用はどのくらい? 一般的な予備校との比較 医学部といえば高額な費用がかかるイメージが強いですよね。 実際に医学部とそれ以外の学部を比べると学費に開きが出ますが、 大手予備校の医学部受験コースと医学部専門の予備校の費用を比べても差が出ることが多くあります。 医学部予備校 大手予備校 入学金 10~30万円 10万円 年間授業料 200~500万円 50~150万円 その他費用 20~100万円 20~40万円 授業料については予備校によってピンキリで、一概にはいえないのですが 全体的に医学部専門の予備校は大手予備校よりも高額です。 中には数倍の差がつくこともありますし、医学部予備校には寮が設けられていることもあります。 寮生活になると80~100万円程度かかるため、費用面だけを見ると負担が大きく、医学部予備校にデメリットを感じる方もいると思います。 コース別医学部予備校費用相場 医学部予備校では、偏差値や学習レベルに応じてコース分けがされており、コースごとに異なる受講料設定がされているのが一般的です。 中でも、国公立大学や難関私立大学を受験する生徒は「特進クラス」というように分けられ、一般クラスと比較すると受講料が安くなる傾向にあるようです。 一方の一般コースは少人数制を採用している場合が多く、また各私立大学について個別に対策を立てるため、どうしても費用は高くなってしまいがちです。 特進コースの受講費用相場 年間100万円~200万円 一般コースの受講費用相場 年間300万円~600万円 また、予備校の中には「全寮制」など、寮制度を採用しているところも少なくありません。 寮を利用する場合には、各コースの受講料に加え、別途入寮費として年間100万円ほどかかるのが一般的です。 入寮費に関しては、住居のほかに食費などが含まれると考えると、良心的な金額設定で受け入れてくれる予備校が多いという印象です。 なぜ医学部の予備校は授業料が高いの? 医学部予備校の授業料が高いことには理由があり、 確実な成果を出すことを考えると医学部を専門とした予備校の方が一般的な大手予備校の医学部コースよりも費用対効果が大きくなります。 医学部予備校の場合、生徒が医学部を志す人だけなので大手予備校よりも少人数となり、その分講師との距離も近くなります。 医学部合格のために必要な偏差値は他学部よりも高いため、 実績のある医学部予備校に在籍する講師はレベルも非常に高いです。 講師との距離が近ければ苦手分野を把握した上でピンポイントな対策を立ててもらうことができます。 また、生徒を全面的にフォローするために スタッフが学習状況や成績の管理をするなど、勉強にだけ集中できる環境が整っていることも医学部予備校の強みです。 こうした環境を整えるために必要な人件費と生徒数を考えると、どうしても医学部予備校は大手予備校よりも費用は高くなってしまいますが、その分勉強に適した場所であるといえます。 医学部予備校を学費で比較する際の注意点 医学部予備校の授業料の相場についてご紹介してまいりましたが、相場はあくまで目安であり、上を見れば中には1千万円近くするような予備校も存在しますし、反対に大手の普通予備校とさほど変わらない値段の医学部予備校ももちろんあります。 授業料は安いに越したことはありませんが、額面に執着し過ぎて学習の質について注意深く比較できなくなってしまうのは危険です。 やはり高いところはそれだけ講師の質が良い、設備面や独自テキストなどが充実している、年間個別制などフォローが手厚いといった特徴がありますし、安いところはそれ相応に、どこかにコストを削っている部分が必ずあります。 とは言え、高い学費の予備校が全部良い予備校かと言えば、決してそういうわけではありません。 「これだけお金を払ったんだから」というような考えは不毛です。 授業料は、受験生本人のやる気と照らし合わせ、各家庭で払える範囲内で選択するかないでしょう。 費用が高額だなと感じる方には ただ、費用面で多大な負担となることは間違いありません。 家庭環境が裕福でなければ、医学部予備校に通ったり、医学部へ進学するための学費を工面するのも難しい、ということも少なくないのが現状です。 そこで 少しでも費用を抑えたい場合、奨学生のような制度を利用する方法もあります。 医学部予備校の中には成績が優秀な生徒に対して学費を一部免除したり、返還を行っているところもあるので、こうした制度を利用することで費用を半分程度まで抑えることも可能です。 優秀な生徒が有名大学へ進学すれば予備校の実績にもなりますから、こうした学費負担の軽減には予備校側にも利点があるのです。 このような制度を有効に活用するためにも、常に高い成績を目指して勉強していくことが大切ですね。

次の