舌 出し ハカ 顔。 ハカで舌を出すのはなぜ?どんな意味があるのか調査してみた│地球の裏側からご近所まで

日本人少女の「舌出しハカ」動画が可愛すぎて本家NZより破壊力高い件

舌 出し ハカ 顔

62 ID:0S77b04Q0. net 【ラグビーW杯】NZと対決!? 大会公式インスタグラムが「どっちが優れている?」と問いかけ、2つの顔を並べた映像を公開。 左側はオールブラックスのシャツを着た、日本の少女。 お父さんらしき男性に抱えられ、カメラに向かい、舌を出して表情を作る。 しかし、その表情は鬼気迫るほど迫力満点で、隣に映された本家のイオアネにも負けず劣らずの顔だった。 投稿には「最高の少女だ」「明らかにこの少女」「なんてこと、可愛すぎる」「アメージング!! 」「これは本当に最高」「なんて可愛いの」「これ大好き!!! 」「可愛すぎる。 このミニサポーター、大好き」「彼女は将来のオールブラックス」と絶賛の声が続々。 「父親でないことは確か」とのツッコミもあったが、一方で「両方。 絶対に両方」と勝敗をつけられないファンもいた。 今大会はニュージーランドの強さのみならず、試合前に行われる「ハカ」も大きな話題に。 小さな女の子もマネしたくなるほど、最強軍団の踊りはインパクト十分のようだ。 84 ID:Hq6LJ0Esa. 48 ID:vg5dzqY90. 63 ID:97sAWXzUd. 38 ID:Jjfs6CDm0. 24 ID:zVjDU4D30. 60 ID:SE7yMsisa. 26 ID:099mTBOIM. 76 ID:WLIXnywjd. 05 ID:WS6jwi1G0. 83 ID:6ElXW1GR0. 62 ID:hIeCsK1ia. 97 ID:2YJXHIPS0. 40 ID:jV94PzWJM. 12 ID:0VXc7tywr. 31 ID:RRSY4sPA0. 94 ID:h31aHj26d. 50 ID:Kas0flXDM. 77 ID:ttMU8Uvnd. 59 ID:eZqzENPk0. 66 ID:VkFTFCHpd. 23 ID:HYFVw7YJp. 40 ID:ll3aNTIzM. 89 ID:OSr5pFq20. 01 ID:o3gceqT4M. net この手の奴ってこれがマウント顔だと思ってるのかな 滑稽でしかないんだが 総レス数 31 8 KB.

次の

可愛すぎる日本少女の“舌出し破瓜顔”に海外絶賛の嵐「これホント最高」

舌 出し ハカ 顔

ハカで舌を出す理由はなぜ? twitterより 鼓舞するための儀式「ハカ」の迫力は凄いですよね。 オールブラックスが試合前にハカを舞う意味は この対戦を受け入れ、対戦を望んでくれたチームに対し敬意を表する と言う意味が込められています。 メチャメチャカッコいいですね。 「ハカ」というのは元々マオリ族が戦に向かう前に、相手を威嚇する行為や、自分達を鼓舞するために行っていたものです。 その伝統的な舞が今はニュージーランド代表の代名詞のようになっていますね。 儀式なのでそれぞれに意味があるようで 腕を開いて上に振り上げたり、音を鳴らすしぐさなどは 「エネルギーを送っている」と言われています。 そんなハカの中で気になるのが「 舌を出すしぐさ」 知らない人から見たら、「挑発?」とも見えなくないですが、実際は違います。 ハカで舌を出すことは、 身体機能の延長と言う意味合いがあります。 身体機能の延長と言われてもあまりピンときませんよね。 舌を出して身体機能の延長を図るという事について、一つ思い当たる事があるとすれば 体を限界まで捻って、そこからさらに舌を同じ向きに出すと、少しだけ限界を超えて体を捻じれるという物があります。 これを「ハカ」における身体機能の延長と捉えると 舌を出すことで、 自信の限界を超えて力を出すことを示しているのかもしれませんね。 そういう意図だと念頭において舞っているかどうかは定かではありませんが、元々戦の前の儀式なので、 限界以上に力を出そうとした人々が自然に「舌を出す」ようになったのかもしれません。 それが今でも名残として残っているのかもしれませんね。 今は戦ではないので、相手に最大限の敬意を示すからこそ、自身も限界を超えると言う意思表示でしょう。 また、儀式的な意味合いとしては マオリ族はもともと文字がなくて口承文化なので、踊りなどで経験などを伝承する際に、コミュニケーションを取るために、舌が大きな役割を果たしていました。 コミュニケーションのシンボルのようなものです。 こういった意味合いもあるようです。 戦いの前に相手とのコミュニケーションをとるための形なのでしょうか。 間違えても挑発や、馬鹿にしているわけではないので気を付けて下さい。 ハカで舌を出すのはなぜ?どんな意味があるか調べてみた!のまとめ 今回はハカで舌を出すしぐさについて調べてみました。 見たことがない人からしたら馬鹿にしていたり、挑発しているように見えなくもないですが、その実は自分の限界以上の力と敬意をもって相手と戦うという意思表明と言えるでしょう。 世界最強とも名高い集団の限界を超えた戦いを是非楽しんでみてください!.

次の

ニュージーランド名物! ハカの意味と歴史を解説! 女性のハカとはどんなもの?

舌 出し ハカ 顔

ニュージーランドの伝統! ハカの意味と歴史 ハカとはニュージーランドに住むマオリ族が、戦いの前や和平を結ぶ際に一族の誇りを持って躍っていた踊りのことです。 リズムに合わせて足を踏んで体を叩き、舌を出すなどして踊ります。 ハカはもともと戦いの前に、自らを鼓舞し、自分たちの力や部族の結束を相手に誇示し、威嚇するために踊られていました。 日本で言えば、合戦前の「鬨の声」、英語では「ウォークライ(War Cry)」に当たるものとされます。 このように自分たちの士気を高めると同時に相手を威嚇するために行われるハカをペルペルハカ(peruperu haka)と呼ぶそうです。 人を歓迎する際、葬儀の際など別の目的や状況でも行われるハカもあります。 コミュニティが一致団結するためのもので群衆と強さの象徴となったハカはンゲリハカ(ngeri haka)と呼ばれています。 参加者と観客を楽しませる、感動される、盛り上げることにフォーカスし、相手への敬意や感謝の意味を含むということから、結婚式やお葬式、来賓に敬意を示す場合など様々な場面で踊られています。 このような場面で踊られるハカは男性だけでなく女性も踊ることがあります。 現在では、ラグビーのニュージーランド代表、オールブラックスが試合前に踊ることで広く知られています。 オールブラックスのハカは1905年から続く試合前の儀式ですが、ラグビーだけではなく、野球やサッカー、ホッケーやバスケットボールなど、ニュージーランド代表が何らかのスポーツで闘う時に踊られています。 ハカに対して敬意があり意味を理解しているならば、マオリ族だけでなく誰でも踊ることが許されているそうです。 日本でも1990年代からテレビCM でハカを使ったものが何度か登場していますが、ニュージーランドでは2014年にハカをイベントやCMなどで使う場合は、マオリ族の団体に告知して許可を取ることを義務づける法律が成立しました。 ハカの悪用を防ぐためのものですが、ニュージーランド国内だけでなく世界的に広く認知されていることがうかがえます。 ニュージーランドラグビー代表・オールブラックスが踊るハカ ニュージーランドラグビーの代表チーム、オールブラックスが試合前に必ず踊るハカには相手チームを威嚇すと同時に敬意を表する意味があります。 とはいえ、テレビの画面を通してでも伝わるあの迫力は客席にはもちろん、目の前で見せられる相手チームにとってはかなりのプレッシャーになっているように感じます。 このオールブラックスが躍るハカは「カマテ」と「カパ・オ・パンゴ」の2種類あります。 「カマテ」は1905年から踊られてきたハカで、「カパ・オ・パンゴ」は2005年の南アフリカ戦で披露された新しいハカです。 練習試合や重要度の低い試合では「カマテ」が踊られることが多く、大会の決勝や敗戦したことがある因縁の相手と対戦する時には「カパ・オ・パンゴ」が踊られることが多いようです。 「カパ・オ・パンゴ」の最後には親指で首を切る動作があり、絶対に相手を倒すという強い意気込みが感じ取れます。 これは「相手の首をとる」という意味ではなく、「自らの首をかけても相手を倒す」「体内に生命力を引き込むこと」を意味しているそうです。 女性もハカを踊る!? 実はニュージーランドラグビー女子代表も踊っています マオリ族の伝統芸能でとても大切な要素とされているものに、「プカナ」と呼ばれる顔の表情があります。 勇猛さや情熱を顔に表すことで、ハカの重要なポイントを強調しています。 女性のプカナは、目を大きく見開き、モコ(入れ墨)を施した顎を突き出すもので、男性の場合は、目を見開くとともに、舌を大きく出したり、くいしばった歯を見せたりします。 威圧感がありますが、必ずしも攻撃的な意味合いを持つわけではなく、感情の強さや深みを添えるためにも加えられています。 女性のハカにはこのプカナで迫力を出しつつ、女性らしい流れるような手の動きも入った男性とは一味違ったしなやかさと迫力があります。 女性のハカで有名なものはやはり、こちらもニュージーランド女子ラグビー代表のブラックフェーンズのものではないでしょうか。 1991年のワールドカップ初出場で一気に準決勝に進出するという快挙を遂げたのち、着々と戦歴をおさめ、今ではオールブラックスと同様に世界トップクラスに登りつめています。 毎回、試合前に踊るハカは女性らしさと迫力が合わさったカッコよさが魅力的です。 今まで一度、結婚式でハカを見たことがあります。 新郎側の家族が新婦側の家族に向けて踊ったもので、男性がメインとなったもので響き渡るような声の大きさと顔の表情に圧倒されました。 また、パシフィック系の民族のイベントで、女性がメインで踊るハカも見たことがあります。 迫力もあるのですが、どこかハワイのフラをイメージさせるようなやわらかいものでした。 どちらの場合も圧倒的なインパクトと迫力で引き込まれるように見入った覚えがあります。 言葉や写真だけではハカの迫力と魅力をうまく伝えきることができないのが、残念です。 機会があれば一度ぜひ見てみてほしいと思っています。 まとめ ・ハカとはニュージーランドに住むマオリ族が、戦いの前や和平を結ぶ際に一族の誇りを持って躍っていた踊り。 鬨の声として、相手を威嚇し、自分たちの士気をあげるハカとコミュニティが団結するために、冠婚葬祭で踊られるハカの2種類ある ・ニュージーランドラグビー代表チーム、オールブラックスが試合前に必ず踊るハカにも2種類ある。 選手たちの鍛えられた身体で踊られるハカは迫力満点でテレビの画面越しでも伝わるほどのもの ・一般的には男性がメインで踊るハカだが、女性が踊るハカもあり、有名なのはこちらもニュージーランドラグビー代表の女子チームが踊るハカがある。 女性らしいしなやかさとやわらかさを感じるような動きとやはり圧倒的な迫力が魅力となっている 一度見ると忘れることができないような迫力満点のハカですが、2019年9月にはラグビーワールドカップが日本で開催されるので目にする機会が増えるのではないかと思っています。 チャンスがあればぜひ、あの何とも言えないカッコよさを感じてほしいものです。 カテゴリー• 150• 136•

次の