直毛 髪型。 直毛の女性は必見!似合う髪型&似合わない髪型を大調査|feely(フィーリー)

直毛の方にはショートよりボブがオススメの理由。

直毛 髪型

男性に髪のことでよく相談されるのが、 【膨らむ】 【量が多い】 【固くてハリネズミみたくなる】 【サイドが浮く】 【髪がヘルメットみたい】 はよく相談を、受けます。 前回記事でも、直毛についてお話ししましたが、男性の髪は、短いので、さらに悩みになるケースが多いです。 今回は男性の髪の悩み 浮く、固い、膨らむ、直毛についての対処法と、注意するべき点をピックアップしました! 悩みのある方、女性のべリーショートの方、旦那さん彼氏さん息子さんの髪型が気になる人は、必見です! 男性の直毛のメリット、デメリットは? 髪が真っ直ぐにはメリットや、デメリットがあります。 メリットを生かすようにするかデメリットを解消すると、良い感じのスタイルを保てると思うので、参考にしてみてください! メリット 直毛だからこそやりやすい髪型、イメージがあります。 直毛も生かした場合はこちらを参考にしてみて下さい。 ベリーショートはカットの形通りにヘアスタイルがでやすい。 真っ直ぐに生えているのでおしゃれ坊主や刈上げスタイルだとカットがきまれば、そのまま形にでるので、 自分で手入れをしなくても伸びるまでスタイルも維持しやすいです。 シャープ、クールなイメージを作りやすい 真っ直ぐな髪は、 シャープやクールな印象が受けやすいです。 その特長を生かした髪型によせるとハマりやすい傾向もあります。 爽やかな印象に見えやすい 真っ直ぐな髪だと、すっきりとした印象があるため、爽やかなイメージを持たれやすいと思います。 まめに髪を切るとビジネスシーンでは受けがよい髪質だと思います。 ツンツンとしたショートにしやすい スパイキーショートなど、ツンツンとしたショートは直毛さんの特権でもあります。 シャープでツンツンしたショートは男女両方から評判も良いため挑戦してみると良いのもですね! デメリット 直毛が仇になりヘアスタイルのバランスがとりにくい場合もあります。 中途半端に短いと直角に立つ 短くすると、 直毛の場合頭皮と直角に髪が立つので頭の形がそのままでたり、2ブロックの被さる部分が浮いたりします。 立ちあがる長さは髪質によるので、自分の立ちあがり始める長さを把握しとくと、髪型を自分で選ぶ際にも参考になりますよ! よくわからない場合は、髪を切る際美容師さんに聞いてみると教えてもらえます。 カットによっては短くすると逆に膨らむ 短くすると、立ちやすくなるので、髪が膨らみやすくなります。 見ためのボリュームが気になる場合には注意が必要です。 自分の髪質にとって中途半端な長さを見極めないと、髪型がなかなか決まらないと思います。 すっきり見せつつ、膨らまないように切る方法もありますので、美容師さんに相談してみてください! 部分的に浮きやすい 揉み上げや襟足など部分的に短くなるところが浮きやすい傾向があります。 最近では2ブロックで、浮きやすい部分を刈上げる方法もありますので、短くする際には浮いて気になる部分を刈上げるのも1つの手段です! 固い印象になりやすい シャープやクールなイメージがしやすい反面、固い印象にもなりやすいです。 人は曲がっているものは柔らかく直線的になればなるほと、固いイメージを持ちます 印象を柔らかくしたい場合は、パーマやアイロンで毛先を曲げると柔らかい印象にしやすいです。 直毛のヘアスタイルのポイントは? 実際によくある悩み別にピックアップしてみました。 思いあたることがあれば、そこを改善するだけでもグッと扱いやすくなると思いますので、参考にしてください! 頭のはちが張ってる場合はトップ 上の毛 を切りすぎない 頭が四角よりだったり、頭のてっぺんを触って、丸みがあまりない場合は、はちがはっている傾向にあります。 日本人は基本的にはちがはっている人が多いといわれてます。 はちがはっていると、はち部分が短いと浮き上がり、シルエットのバランスが崩れます。 ショートレイヤーと言われる全体的に短い髪よりも、マッシュカットと呼ばれるトップやはち回りが長さのあるゆとりあるスタイルがオススメです! 最近はマッシュベースの髪型は主流ですが、骨格や日本人の髪型を考えると、理にかなった扱いやすい髪型だと思います。 2ブロックをいれる場合は長さに注意 最近はマッシュベースにも、レイヤーベースにも2ブロックをいれることもよくあります。 マッシュベースの場合は問題はとくにないですが、 ショートの2ブロックや2ブロックが見えるスタイルでは注意が必要です。 2ブロックと通常の毛の境目の毛が短くなるスタイルだと、髪が立ちあがり浮きやすくなるので、シャンプーハットを被ってるみたいや、河童と揶揄やれる形になってしまいます。 正直あまりカッコイイとはいえませんよね。。 しかし、2ブロックの幅や被さる髪の毛を旨く調整することにより、うかなくできるケースもあるため、一度美容師さんに相談すると良いと思います。 無理して2ブロックをいれるとダサくなるのでいれる際は、美容師さんならわかると思いますが、髪質を念のため説明して相談しながら決めた方がいいですよ! くれぐれも刈るだけだから自分でやるはやめた方がいいところです。 【2ブロック 失敗 画像】でググると、あぁなるほどねってなると思います サイドの浮きは切りすぎが原因の場合も サイドが膨らむというのもよく相談をうけますが、僕の体感では2割くらいの人は、逆に長さを部分的に伸ばした方がいいと感じることもあります。 もちろん耳回りはすっきりすることは可能なので、ビジネスや、就活や、面接にも問題ないようにもできます。 短くすることによって逆にシルエットが大きくなったりまとまりが悪くなるのだったら、見ためはスッキリみえて、膨らまないように、長さを残す部分を作ったほうが印象もスッキリ見えると思います。 実は髪が健康すぎるのも扱いにくい場合もある 長さのある女性の場合は、ダメージがない方がいいですが、 男性のショートの場合、張りがありすぎたり、ぴんぴん跳ねたりと、健康すぎると逆に扱いにくい場合があります。 無理して傷めろという訳ではありませんが、カラーをすると固い髪質の人が扱いやすくなることもあります。 僕の友人に直毛すぎる人がいて、パーマをかけないけど、パーマ液をつけてみたところ友人は髪が柔らかくなって扱いやすくなったと喜んでました。 少し邪道な気もしますが固い直毛にはあえてダメージは僕的にはありだと思いますよ。 大体のメンズカットであれば、ひどい状態になる前に髪をきるので、問題もあまりないと思います。 印象を変えるにはパーマやカラーがオススメ やはりパーマやカラーができる環境であれば一番オススメです。 パーマのオススメ 毛先を軽く曲げるだけでも、印象は柔らかくなり、雰囲気も大分変わります。 曲げることにより重たい雰囲気も解消できます。 あまり強くかけるとギャップがありすぎて扱いにくかったり自分に違和感を感じやすいので、徐々に強くしていくと良いと思います。 カラーのオススメ 直毛でもったりする場合はやや明るくカラーをチョイスすると軽く見えるのでオススメです。 またカラーでも、やわらかな印象を与えるカラーやクールな印象を与えるカラーがあるので、そちらもなりたいイメージに合わせてチョイスすると、より好印象に。 肌の色やその人によって違いますが、一般的には赤などの暖色は柔らかく青などの寒色は固いイメージになりやすいです。 またカラーのダメージにより髪自体柔らかくなるので、扱いやすくなることもあります。 まとめ いかがでしたか? 男性の直毛はカットの形がかなり重要ともいえます。 どうしても形よりも長さを優先するとうまく扱えないこともあります。 なかなかうまく直毛を扱えない場合は一度美容師さんに相談してみることをオススメします。

次の

ツーブロックにしてもサイドが浮く?直毛の男性が刈り上げる際のポイントを紹介!

直毛 髪型

青山・表参道・原宿• 恵比寿・広尾・六本木・麻布・赤坂• 代官山・中目黒・自由が丘・武蔵小杉・学大• 三軒茶屋・二子玉川・溝の口・青葉台• 品川・目黒・五反田・田町• 新宿・高田馬場・代々木• 中野・高円寺・阿佐ヶ谷• 下北沢・成城学園・向ヶ丘遊園・新百合ヶ丘• 池袋・目白• 銀座・有楽町・新橋・丸の内・日本橋• 上野・神田・北千住・亀有・青砥・町屋• 吉祥寺・荻窪・三鷹・国分寺・久我山• 八王子・立川・国立・多摩・日野・福生・秋川• 両国・錦糸町・小岩・森下・瑞江• 門前仲町・勝どき・月島・豊洲• 御茶ノ水・四ツ谷・千駄木・茗荷谷• 明大前・千歳烏山・調布・府中• 赤羽・板橋・王子・巣鴨• 鷺ノ宮・田無・東村山・拝島• 町田・相模大野・海老名・本厚木・橋本• 横浜・関内・元町・上大岡・白楽• 大井町・大森・蒲田・川崎・鶴見• 横須賀・小田原• センター南・二俣川・戸塚・杉田・金沢文庫• 湘南・鎌倉・逗子• 大宮・浦和・川口・岩槻• 大山・成増・志木・川越・東松山• 練馬・ひばりヶ丘・所沢・飯能・狭山• 西新井・草加・越谷・春日部・久喜• 上尾・熊谷・本庄• 東大宮・古河・小山• 流山・三郷・野田• 千葉・稲毛・幕張・鎌取・都賀• 船橋・津田沼・本八幡・浦安・市川• 柏・松戸・我孫子• 市原・木更津・茂原・勝浦・東金・銚子• 八千代・佐倉・鎌ヶ谷・成田• 宇都宮・栃木• 取手・土浦・つくば・鹿嶋• 前橋・高崎・伊勢崎・太田・群馬• 水戸・ひたちなか・日立・茨城• 梅田・京橋・福島・本町• 心斎橋・難波・天王寺• 江坂・千里中央・十三・豊中・池田・箕面・新大阪・吹田• 茨木・高槻• 堺・なかもず・深井・狭山・河内長野・鳳• 昭和町・大正・住吉・住之江• 高石・府中・岸和田・泉佐野• 門真・枚方・寝屋川・関目・守口・蒲生・鶴見• 平野・八尾・松原・古市・藤井寺・富田林• 鴫野・住道・四条畷・緑橋・石切・布施・花園• 長岡京・伏見・山科・京田辺・宇治・木津• 舞鶴・福知山・京丹後• 三宮・元町・神戸・兵庫・灘・東灘• 姫路・加古川• 川西・宝塚・三田・豊岡• 西宮・伊丹・芦屋・尼崎• 三木・北区・西区・長田・明石・垂水• 和歌山.

次の

ツーブロックにしてもサイドが浮く?直毛の男性が刈り上げる際のポイントを紹介!

直毛 髪型

男性に髪のことでよく相談されるのが、 【膨らむ】 【量が多い】 【固くてハリネズミみたくなる】 【サイドが浮く】 【髪がヘルメットみたい】 はよく相談を、受けます。 前回記事でも、直毛についてお話ししましたが、男性の髪は、短いので、さらに悩みになるケースが多いです。 今回は男性の髪の悩み 浮く、固い、膨らむ、直毛についての対処法と、注意するべき点をピックアップしました! 悩みのある方、女性のべリーショートの方、旦那さん彼氏さん息子さんの髪型が気になる人は、必見です! 男性の直毛のメリット、デメリットは? 髪が真っ直ぐにはメリットや、デメリットがあります。 メリットを生かすようにするかデメリットを解消すると、良い感じのスタイルを保てると思うので、参考にしてみてください! メリット 直毛だからこそやりやすい髪型、イメージがあります。 直毛も生かした場合はこちらを参考にしてみて下さい。 ベリーショートはカットの形通りにヘアスタイルがでやすい。 真っ直ぐに生えているのでおしゃれ坊主や刈上げスタイルだとカットがきまれば、そのまま形にでるので、 自分で手入れをしなくても伸びるまでスタイルも維持しやすいです。 シャープ、クールなイメージを作りやすい 真っ直ぐな髪は、 シャープやクールな印象が受けやすいです。 その特長を生かした髪型によせるとハマりやすい傾向もあります。 爽やかな印象に見えやすい 真っ直ぐな髪だと、すっきりとした印象があるため、爽やかなイメージを持たれやすいと思います。 まめに髪を切るとビジネスシーンでは受けがよい髪質だと思います。 ツンツンとしたショートにしやすい スパイキーショートなど、ツンツンとしたショートは直毛さんの特権でもあります。 シャープでツンツンしたショートは男女両方から評判も良いため挑戦してみると良いのもですね! デメリット 直毛が仇になりヘアスタイルのバランスがとりにくい場合もあります。 中途半端に短いと直角に立つ 短くすると、 直毛の場合頭皮と直角に髪が立つので頭の形がそのままでたり、2ブロックの被さる部分が浮いたりします。 立ちあがる長さは髪質によるので、自分の立ちあがり始める長さを把握しとくと、髪型を自分で選ぶ際にも参考になりますよ! よくわからない場合は、髪を切る際美容師さんに聞いてみると教えてもらえます。 カットによっては短くすると逆に膨らむ 短くすると、立ちやすくなるので、髪が膨らみやすくなります。 見ためのボリュームが気になる場合には注意が必要です。 自分の髪質にとって中途半端な長さを見極めないと、髪型がなかなか決まらないと思います。 すっきり見せつつ、膨らまないように切る方法もありますので、美容師さんに相談してみてください! 部分的に浮きやすい 揉み上げや襟足など部分的に短くなるところが浮きやすい傾向があります。 最近では2ブロックで、浮きやすい部分を刈上げる方法もありますので、短くする際には浮いて気になる部分を刈上げるのも1つの手段です! 固い印象になりやすい シャープやクールなイメージがしやすい反面、固い印象にもなりやすいです。 人は曲がっているものは柔らかく直線的になればなるほと、固いイメージを持ちます 印象を柔らかくしたい場合は、パーマやアイロンで毛先を曲げると柔らかい印象にしやすいです。 直毛のヘアスタイルのポイントは? 実際によくある悩み別にピックアップしてみました。 思いあたることがあれば、そこを改善するだけでもグッと扱いやすくなると思いますので、参考にしてください! 頭のはちが張ってる場合はトップ 上の毛 を切りすぎない 頭が四角よりだったり、頭のてっぺんを触って、丸みがあまりない場合は、はちがはっている傾向にあります。 日本人は基本的にはちがはっている人が多いといわれてます。 はちがはっていると、はち部分が短いと浮き上がり、シルエットのバランスが崩れます。 ショートレイヤーと言われる全体的に短い髪よりも、マッシュカットと呼ばれるトップやはち回りが長さのあるゆとりあるスタイルがオススメです! 最近はマッシュベースの髪型は主流ですが、骨格や日本人の髪型を考えると、理にかなった扱いやすい髪型だと思います。 2ブロックをいれる場合は長さに注意 最近はマッシュベースにも、レイヤーベースにも2ブロックをいれることもよくあります。 マッシュベースの場合は問題はとくにないですが、 ショートの2ブロックや2ブロックが見えるスタイルでは注意が必要です。 2ブロックと通常の毛の境目の毛が短くなるスタイルだと、髪が立ちあがり浮きやすくなるので、シャンプーハットを被ってるみたいや、河童と揶揄やれる形になってしまいます。 正直あまりカッコイイとはいえませんよね。。 しかし、2ブロックの幅や被さる髪の毛を旨く調整することにより、うかなくできるケースもあるため、一度美容師さんに相談すると良いと思います。 無理して2ブロックをいれるとダサくなるのでいれる際は、美容師さんならわかると思いますが、髪質を念のため説明して相談しながら決めた方がいいですよ! くれぐれも刈るだけだから自分でやるはやめた方がいいところです。 【2ブロック 失敗 画像】でググると、あぁなるほどねってなると思います サイドの浮きは切りすぎが原因の場合も サイドが膨らむというのもよく相談をうけますが、僕の体感では2割くらいの人は、逆に長さを部分的に伸ばした方がいいと感じることもあります。 もちろん耳回りはすっきりすることは可能なので、ビジネスや、就活や、面接にも問題ないようにもできます。 短くすることによって逆にシルエットが大きくなったりまとまりが悪くなるのだったら、見ためはスッキリみえて、膨らまないように、長さを残す部分を作ったほうが印象もスッキリ見えると思います。 実は髪が健康すぎるのも扱いにくい場合もある 長さのある女性の場合は、ダメージがない方がいいですが、 男性のショートの場合、張りがありすぎたり、ぴんぴん跳ねたりと、健康すぎると逆に扱いにくい場合があります。 無理して傷めろという訳ではありませんが、カラーをすると固い髪質の人が扱いやすくなることもあります。 僕の友人に直毛すぎる人がいて、パーマをかけないけど、パーマ液をつけてみたところ友人は髪が柔らかくなって扱いやすくなったと喜んでました。 少し邪道な気もしますが固い直毛にはあえてダメージは僕的にはありだと思いますよ。 大体のメンズカットであれば、ひどい状態になる前に髪をきるので、問題もあまりないと思います。 印象を変えるにはパーマやカラーがオススメ やはりパーマやカラーができる環境であれば一番オススメです。 パーマのオススメ 毛先を軽く曲げるだけでも、印象は柔らかくなり、雰囲気も大分変わります。 曲げることにより重たい雰囲気も解消できます。 あまり強くかけるとギャップがありすぎて扱いにくかったり自分に違和感を感じやすいので、徐々に強くしていくと良いと思います。 カラーのオススメ 直毛でもったりする場合はやや明るくカラーをチョイスすると軽く見えるのでオススメです。 またカラーでも、やわらかな印象を与えるカラーやクールな印象を与えるカラーがあるので、そちらもなりたいイメージに合わせてチョイスすると、より好印象に。 肌の色やその人によって違いますが、一般的には赤などの暖色は柔らかく青などの寒色は固いイメージになりやすいです。 またカラーのダメージにより髪自体柔らかくなるので、扱いやすくなることもあります。 まとめ いかがでしたか? 男性の直毛はカットの形がかなり重要ともいえます。 どうしても形よりも長さを優先するとうまく扱えないこともあります。 なかなかうまく直毛を扱えない場合は一度美容師さんに相談してみることをオススメします。

次の