ゴースト リコン ブレイク ポイント レビュー。 イマーシブモードで真の「ゴースト体験」(とちょっとだけバグ)を ~ ゴーストリコン ブレイクポイント【プレイレビュー】|ヒヒガシ|note

[ゴーストリコン ブレイクポイント] クリア済みレビュー!Amazonレビューとメタスコア低めだがリアルな意見はそんなに悪くない!

ゴースト リコン ブレイク ポイント レビュー

ゴーストリコンブレイクポイント評価感想まとめ!メタスコアは? まずは、ゴーストリコンブレイクポイントのメタスコアを見てみましょう!• メタスコアは 56点• ユーザースコアは 2. 6点 かなりひどい点数ですねw メタスコアの評価をまとめると• もっと面白くなったんじゃないの?• 課金要素が良くない• いろいろな要素を詰め込み過ぎてる• オープンワールドのゲームとして 「つまらない」わけではないけど、 前作から比べて 「良さがなくなってない?」という評価。 ユーザースコアがここまで悪いのは 「課金要素」が原因です。 フルプライスのゲームなのに「課金・課金・課金!」とかなり評判悪いです・・・。 海外での反応はこんな感じですが、 今度は日本の評価を見てみましょう! ゴーストリコンブレイクポイント評価感想まとめ!全体的な評価まとめ! 評価を一通り見てみましたが、まとめると以下の通り! 前作と、良くも悪くも、大きく変わった!前作のがよかった?• RPG要素が多くなり「ディビジョンぽい」という意見も。 全体の評価としては「賛否両論」• UIがわかりづらい• 課金は不評• ソロではキツイ• coopは楽しい• オンライン専用にはしないでほしかった。 バグが多すぎ! この作品は前作『ワイルドランズ』の続編にあたるものなのですが、 評価の多くは 「前作のほうがよかった、かも?」というもの。 日本のユーザーの評価はそれほどダイレクトにひどいものが少ないですが、 明らかに「クソ」と評価する人もいるので、 海外の評価と合わせてもいい評価とは言えませんね。 銃のレベル要素、課金要素、そして「オフライン」でできない、バグが多いなど、 ゲームとして全体的には悪くないものの、 悪い点がかなり多くなってしまっているので、 評価が下がっているという様子。 ゲームとしては面白いのに、もったいないという雰囲気ですね。 まだ発売したばかりですが、この評価だと、これからもっと下がるような予感も・・。 ゴーストリコンブレイクポイントの評価感想まとめ!前作と、良くも悪くも、大きく変わった! この作品『ゴーストリコンブレイクポイント』は、前作「ワイルドランズ」の続編。 登場人物もストーリーも、前作を引き継いでいる設定です。 しかし、ゲーム性やユーザーインターフェース、 武器の仕様などの変更点が多くて、 前作が好きだった人からは不評。 でも反対の高評価をしている人も多くいます。 賛否が分かれてる!という印象ですね。 「ワイルドランスとは違うよね〜色々。 わたしは ブレイクポイントのが動きやすくて好きだけど、ワイルドランスしてた人の意見聞くとほんと半々」 「ワイルドランズの正統進化」 「ブレイクポイント、確かに前作からかなり変わったけど個人的に好きや…!!w」 「ゴーストリコンのオープンベータやったんだけど、明らかに前作とは比べ物にならないくらい進化してて、めちゃくそ楽しかった」 という雰囲気です。 前作が「好きすぎる!」「超ハマった!」という人には、 もしかしたらお気に召さないかも知れませんね。 ゴーストリコンブレイクポイントの評価感想まとめ!レベル制RPG要素が「いらない」? 今回、前作と違い、装備にレベル制が導入されているのですが、 それが「不評」な様子。 好きな人もいるみたいですが。 」 「現時点ではWLに比べてグラ劣化UI劣化余分なアイテムレベルとかいうRPG要素追加と褒めるところがあまり見つからない」 「銃のハクスラ要素マジいらねー」 RPG要素が悪いわけではないけど、 「なんか、他のゲームっぽい」という評価や感想が多かったです。

次の

DLCありきの虫食いストーリーと段差が登れない特殊部隊 ~ ゴーストリコン ブレイクポイント【クリアレビュー】|ヒヒガシ|note

ゴースト リコン ブレイク ポイント レビュー

【レビュー】ソロでも十分楽しめる - 『ゴーストリコン ブレイクポイント』の感想【評価】 UBIから10月4日に発売された『 ゴーストリコン ブレイクポイント』(GHOST RECON BREAKPOINT)をプレイ中です。 まだ序盤ですが、ゲーム開始からの感触・感想をレビューしていきたいと思います。 スポンサーリンク? 慣れるまでが大変な操作性など UBIのソフトはいくつかプレイしていますが、「ゴーストリコン」シリーズは今回初めてのプレイになります。 おおまかなボタンの設定や視点などは、世に出ているTPS&FPSとあまり変わらないと思います。 それでも、『ゴーストリコン ブレイクポイント』の操作性は慣れるまでが大変でした。 といっても、まだ完全に慣れ切っているわけではないですが。 自分のクセの関係で、設定で一番重要なのは y軸(縦軸)の反転です。 左右反転は全く気にせずプレイできますが、y軸の操作が自分のクセと合わないとそれだけでかなりプレイの感触が悪くなる そこで、『ゴーストリコン ブレイクポイント』はというと、大雑把に操作タイプを分けると人間モードと乗り物モードの2種類があります。 乗り物モードには、ドローン、ヘリコプター、自動車、バイク、ボートなどのさまざまな乗り物が含まれています。 『ゴーストリコン ブレイクポイント』のオプションでは、細かく人間モード、乗り物の個別の設定などを変更することができます。 ところが、まずそこまで行き付くのも大変で、行き付いても、そこで細かくいじって感触確かめていかなければならない。 以上のように、 自分好みに操作性をカスタマイズすることが重要なゲームとなっています。 自分好みにカスタマイズできることは良いことだけど、 自分好みにカスタマイズしないと楽しく遊べないゲームはあまり褒められたものではないですね。 あと、メニュー画面が十字キーで動かせず、L3で動かすポインターだけっていうのも、操作性に関して結構ひどいポイントです。 スポンサーリンク? 自分好みにカスタマイズできれば楽しい 一方で、自分好みにある程度操作性をカスタマイズできた後は、自分は結構楽しく遊んでいます。 操作性、視認性の悪さ、バグり気味、会話が途切れがち、サーバーダウンがあったりなど問題点が多く、とっても完成度が低いゲームかなとは思います。 それでも、 ステルスプレイや敵を倒していって拠点の奥まで侵入したり、 スキルを開放したいったり、 銃がいろいろ手に入ったりと楽しい部分もあります。 今作は、島を舞台としたオープンワールドTPSですが、この島のマップが思っていたより広大でいろいろな場所に行けそうなのもいいですね。 探索のし甲斐があります。 ミッションに関しては、「 ガイドモード」(イージーモード)と「 探索モード」(ハードモード)があり、遊び尽くしたいひとは探索モードを選んで場所の特定から始める、という遊び方もできて幅の広さがあります。 スポンサーリンク? ソロでも十分遊べる 製品版では、難易度を アーケード、レギュラー、アドバンス、エクストリームの4種類から選らぶことができます。 テストプレイの動画やプレイヤーの意見で、ソロプレイの難易度の高さとCOOP前提の難易度という問題点が多く挙げられていました。 ですが、製品版で最も難易度が低いアーケードで遊んでいますが、それなりに問題なくソロプレイでも遊べています。 まるで戦車のような攻撃をしてくるタレットや、うじゃうじゃと集まってくる敵兵士たちの攻撃がかなり激しいことはありますが、物陰に隠れていればたいていはなんとかなります。 ステルスプレイをしようとすると自分なんかは高確率で見つかってしまうので、ステルスプレイに関しては難易度が高いと言えるかもしれませんが。 ミッションをクリアする上ではソロプレイでも問題なさそうです。 発売日にサーバーダウン 『ゴーストリコン ブレイクポイント』は、10月4日(金)にスタンダード版が発売されました。 豪華版などで、10月1日からは先行プレイが可能となっていました。 そして、スタンダード版の発売日である10月4日の23時30分頃に、『ゴーストリコン ブレイクポイント』の サーバーがダウンしました。 復旧は、日付が変わった10月5日の2時15分頃(どちらも日本時間)。 『ゴーストリコン ブレイクポイント』はソロプレイ時でも、 常にネット接続されている状態なため、サーバーダウンするとゲームへの接続自体ができなくなり、ソロでも遊ぶことができません。 発売日の夜、しかも金曜日から土曜日の夜中にかけてサーバーダウンというのは、ゲームプレイの第一印象としてかなり悪い。 仕事から帰って夜更かしして遊ぶぞ!という人からしたら落胆ですね。 約2~3時間の出来事と言え、タイミングが最悪でした。 ちなみに、そのサーバーダウンが起こったと思われるタイミングは、自分もプレイしていて実況プレイの録画中でした。 建物内で床抜けが起きたり、ミッションが進行不能になったのはおそらくサーバーダウンの影響だと思います。 下の動画の終盤がその場面です。 スポンサーリンク? メタスコアが57点とあまりにも低い…… 「Metacritic」での現在のメタスコアが 57点とあまりにも低い……。 複数のサイトのスコアが平均化数値なわけで、まだ7件しかないからこういう極端な数字になっていると思われるけど。 スコアの最高値は「Jeuxvideo. com」の 85点で、最低値は「VG247」の 20点。 20点というスコアが酷いのは当然として、最高スコアが85点しかないのも切ないですね。 ついでに触れておくと、379件投稿されているユーザースコアの方も 2.6点(10点満点)とこちらも極端に低い。 ユーザースコアは、0点の投稿が目立つことからなにか作為的なものを感じるけれども……。 【評価】現状80点 まだ序盤で、ソロプレイのみ、PvPもしていないなど、ちょっと触ったくらいの段階ですが、点数をつけるとしたら 80点という評価です。 いろいろ問題もあるけど、それなりに楽しめているので。 自分がプレイしたもので『ゴーストリコン ブレイクポイント』に近いと思うゲームは『 RDR2』、『 MGSV:TPP』、『 ファークライ3』・『 5』・『 ニュードーン』など。 これらのゲームが好きな方は楽しめるかと思います。 『ゴーストリコン ブレイクポイント』実況動画 関連記事.

次の

太平洋の孤島でゴースト部隊の新たな戦いを描くシリーズ最新作「ゴーストリコン ブレイクポイント」のβテストレポートをお届け

ゴースト リコン ブレイク ポイント レビュー

20点 『ゴーストリコン ブレイクポイント』は敵地で孤立した兵士の感情を正確に表現した初めてのゲームかもしれない。 「絶望」。 『ゴーストリコン ブレイクポイント』は悲惨な経験だ。 世界を移動するのは面倒で、ミッションは鈍くて反復的。 はっきりさせておくと、私は多くの問題を抱えた『ゴーストリコン ワイルドランズ』のファンではなかった。 しかし、前作にかすかな光があったのは事実であり、『ゴーストリコン ブレイクポイント』での改善を願っていたのだが、残念ながらそうはならなかった。 『ゴーストリコン ブレイクポイント』メタスコア メタスコアは 前作『ゴーストリコン ワイルドランズ』 と比較すると、 59点 や 53点 に近い今作のメタスコアは衝撃的な数字です。 バグや課金が嫌われているのは当然としても、多くのメディアが「これまでのUbisoftゲームでお馴染みの要素がごちゃまぜになって調和せずに詰め込まれている」と酷評しています。 いわゆる「UBIオープンワールド」はテンプレ的だと揶揄されながらもその物量や美しいグラフィックが人気を集めてきましたが、「出来の悪いテンプレ」への不満が今作で爆発してしまったようです。 gamesindustryのUBI CEOによれば、Ubisoftは今後もオープンワールドゲームを作り続けるということです。 オープンワールドの規模が大きくなるにつれて必要とする開発費と人材の規模も大きくなりますが、同時に多くのユーザーを惹きつけることができるようになり、また必然的に長期化するプレイ時間の中で提供されるDLCや課金誘導が収益に繋がる、というわけです。 まさにこうしたやり方が批判の対象になっているように見えますが…。

次の