百日の郎君様 あらすじ。 100日の郎君様 9話・10話 あらすじと感想

韓国ドラマ 100日の郎君様 15話 백일의 낭군님 あらすじ 感想

百日の郎君様 あらすじ

例え陰謀の渦に巻き込まれても、獰猛な悪漢に命を狙われても。 そして、20歳になっても結婚出来なかった、女性と男性は'老処女'と'老総角'と見なされたが… 老処女は恨みを持った女という意味の怨女と、老総角は空虚な男という意味の曠夫と呼ばれた。 陰陽の調和を大事に思っていた朝鮮時代には、伴侶が見つからなかった怨女・曠夫が多くなると、国家に不祥な事が起きると思われていた... あらすじ 朝鮮王朝時代…貴族階級の子として生まれたイ・ユルは、とても裕福な暮らしをしていました。 そして父親が起こしたクーデターにより王世子となり、将来を嘱望される存在になります。 ところが、ひょんなことから左議政・チャオンの秘密を知ってしまい、命を狙われることに! ユルは辛うじて助かり山中へと逃れますが、襲撃により負傷して倒れ、記憶を失うのでした。 そして瀕死の状態にあったところをヨン氏に助けられ、とある小さな村で療養します。 一方、ヨン氏にはホンシムという名の養女がいましたが、彼女はある悩みを抱えていました。 それは王世子の命令に基づいて、村の悪徳役人に結婚を迫られていたことです。 彼女は断り続けますが、県監のパクは強引にホンシムを奪い取ろうとします。 そしてホンシムを屋敷に連行し、お尻叩きの刑を加えて屈服させようとするのでした。 ボロボロにされる体・・次第に遠のいていく意識・・ホンシムは追い詰められますが・・。 そのとき、ウォンドゥクと名を変えて生まれ変わったユルが、颯爽と現れます! 時代劇、恋愛、ミステリーを融合させ、多元的な世界観を提供してくれているところがみどころです。

次の

100日の郎君様 13話 あらすじ 感想 ト・ギョンス(EXO D.O.)

百日の郎君様 あらすじ

例え陰謀の渦に巻き込まれても、獰猛な悪漢に命を狙われても。 そして、20歳になっても結婚出来なかった、女性と男性は'老処女'と'老総角'と見なされたが… 老処女は恨みを持った女という意味の怨女と、老総角は空虚な男という意味の曠夫と呼ばれた。 陰陽の調和を大事に思っていた朝鮮時代には、伴侶が見つからなかった怨女・曠夫が多くなると、国家に不祥な事が起きると思われていた... あらすじ 朝鮮王朝時代…貴族階級の子として生まれたイ・ユルは、とても裕福な暮らしをしていました。 そして父親が起こしたクーデターにより王世子となり、将来を嘱望される存在になります。 ところが、ひょんなことから左議政・チャオンの秘密を知ってしまい、命を狙われることに! ユルは辛うじて助かり山中へと逃れますが、襲撃により負傷して倒れ、記憶を失うのでした。 そして瀕死の状態にあったところをヨン氏に助けられ、とある小さな村で療養します。 一方、ヨン氏にはホンシムという名の養女がいましたが、彼女はある悩みを抱えていました。 それは王世子の命令に基づいて、村の悪徳役人に結婚を迫られていたことです。 彼女は断り続けますが、県監のパクは強引にホンシムを奪い取ろうとします。 そしてホンシムを屋敷に連行し、お尻叩きの刑を加えて屈服させようとするのでした。 ボロボロにされる体・・次第に遠のいていく意識・・ホンシムは追い詰められますが・・。 そのとき、ウォンドゥクと名を変えて生まれ変わったユルが、颯爽と現れます! 時代劇、恋愛、ミステリーを融合させ、多元的な世界観を提供してくれているところがみどころです。

次の

100日の郎君様 13話 あらすじ 感想 ト・ギョンス(EXO D.O.)

百日の郎君様 あらすじ

例え陰謀の渦に巻き込まれても、獰猛な悪漢に命を狙われても。 そして、20歳になっても結婚出来なかった、女性と男性は'老処女'と'老総角'と見なされたが… 老処女は恨みを持った女という意味の怨女と、老総角は空虚な男という意味の曠夫と呼ばれた。 陰陽の調和を大事に思っていた朝鮮時代には、伴侶が見つからなかった怨女・曠夫が多くなると、国家に不祥な事が起きると思われていた... あらすじ 朝鮮王朝時代…貴族階級の子として生まれたイ・ユルは、とても裕福な暮らしをしていました。 そして父親が起こしたクーデターにより王世子となり、将来を嘱望される存在になります。 ところが、ひょんなことから左議政・チャオンの秘密を知ってしまい、命を狙われることに! ユルは辛うじて助かり山中へと逃れますが、襲撃により負傷して倒れ、記憶を失うのでした。 そして瀕死の状態にあったところをヨン氏に助けられ、とある小さな村で療養します。 一方、ヨン氏にはホンシムという名の養女がいましたが、彼女はある悩みを抱えていました。 それは王世子の命令に基づいて、村の悪徳役人に結婚を迫られていたことです。 彼女は断り続けますが、県監のパクは強引にホンシムを奪い取ろうとします。 そしてホンシムを屋敷に連行し、お尻叩きの刑を加えて屈服させようとするのでした。 ボロボロにされる体・・次第に遠のいていく意識・・ホンシムは追い詰められますが・・。 そのとき、ウォンドゥクと名を変えて生まれ変わったユルが、颯爽と現れます! 時代劇、恋愛、ミステリーを融合させ、多元的な世界観を提供してくれているところがみどころです。

次の