新型 ニンジャ。 ライトウェイトスポーツの復権!新型ニンジャ400/徹底インプレッション 試乗インプレ・レビュー

【カワサキ】トルクフルかつクリーンに! 新型「Ninja 650 KRT EDITION」「Ninja 650」が2020/2/1に発売(動画あり)

新型 ニンジャ

カワサキは新型「Ninja 650 KRT EDITION」および「Ninja 650」を2020年2月1日(土)に発売する。 今回のモデルではエンジンに改良が施され、中回転域でのトルクを向上しつつ、排出ガスのさらなる清浄化を実現。 また、視認性の高いLEDツインヘッドライトや、様々な情報を表示できるTFTディスプレイを採用。 さらに足回りには最新のタイヤが装着され、取り回し性能の向上が図られた。 カワサキから「Ninja 650 KRT EDITION」「Ninja 650」新登場。 2月1日(土)発売 新採用のLEDヘッドライトや4. 3インチTFTカラー液晶スクリーンを備えるインストゥルメントパネルなど先進装備を搭載。 新型Ninja 650登場! 株式会社カワサキモータースジャパン(本社:兵庫県明石市、代表取締役社長:寺西 猛)は、「Ninja 650 KRT EDITION」「Ninja 650」を2020年2月1日(土)に発売いたします。 Ninja 650 KRT EDITION / Ninja 650 新型Ninja 650は、従来からのコンセプト「ファン・スタイル・イージー」を継承しつつ、エンジンの改良により、中回転域におけるトルクの向上、排出ガスのさらなる清浄化を達成しています。 車体面では、スタイリングをNinjaシリーズ共通のスポーティなイメージとし、新採用のLEDヘッドライトや4. 3インチTFTカラー液晶スクリーンを備えるインストゥルメントパネルが、先進性と高級感を演出。 さらに、ハンドリングの軽快さを高める最新のタイヤを採用することで、取り回し性が向上しています。 新型Ninja 650は、スポーツライディングと日常における気軽なライデイングの両方で優れたパフォーマンスを発揮します。 また、KRT EDITIONの車体デザインにはスーパーバイク世界選手権で戦うNinja ZX-10RRと同イメージのカラーリングを採用。 よりスポーティなイメージを身に纏っています。 価格には二輪車リサイクル費用が含まれます。 ,Ltd(KMT)で日本向けに生産された車両です。 0標準装備車です。 お客様の使用環境(気象、渋滞等)や運転方法、車両状態(装備、仕様)や整備状況などの諸条件により異なります。 走行モードのクラスは排気量と最高速度によって分類されます。 kawasaki-motors.

次の

カワサキから新型二輪モデル「ニンジャZX

新型 ニンジャ

カワサキの2018ニューモデル試乗会が九州のオートポリス・サーキットで開催された。 2018年春に導入されるという同モデルの海外仕様車に試乗したが、その完成度はともになかなかの優秀さであった。 (REPORT:ケニー佐川)• いずれも車体、エンジン、外装のすべてを新設計したフルチェンジモデルである。 250については初代から3代目にしてクラス最強となる39psを実現。 スチール製トレリスフレームを刷新してロングスイングアームを採用、前後サスペンションやブレーキなども強化されるなど一気に王座奪還を狙ったモデルである。 そして、同時開発された400は従来のNinja300に代わるグローバルモデルとして、10Rを頂点とする本格的なスーパースポーツルックが与えられているのが特徴だ。 ダウンドラフト吸気やスロットルバルブの大径化により大幅パワーアップされた。 オートポリスは全日本選手権も開催される本格的なサーキットということで、ストレートも長く大きなRの高速コーナーも多いため、250だと全開区間が長くなる。 ニンジャ250はもともと高回転型エンジンだったが、新型ではより高回転まで回るようになって伸び切り感が出てきた。 これはパワー勝負のサーキットでは有利だ。 ハンドリングも250クラスらしい軽快感がある上に、ディメンション的にも進化したことで走りもよりスポーティに。 それはコーナーインでの倒し込みの鋭さなどに表れていて、従来型は車格もやや大柄で安定志向のハンドリングだったが、それがワンランク軽快になった。 車重が7㎏も減量化されいていることも大きいだろう。 パフォーマンスは大幅に高まっているはずなのに、以前にも増して振り回せるのだ。 ただ、サーキットだとペースが上がってくるとOEタイヤがやや物足りない感じもしてくる。 逆に言えば、もっと高性能なタイヤであればさらに実力を発揮できると思った。 トルク1. 5倍の「Ninja400」 一方のニンジャ400だが、車体は250と共通で車重も1㎏しか変わらないので、跨っただけでは正直区別がつかない。 ところが発進した途端、トルクの太さの違いが伝わってくる。 パワー的には250から6psアップの45psだが、トルクでは実に1. 5倍以上も上乗せされているのだ。 コーナーの立ち上がり加速が違うし、特に登りのセクションなどで差がつく。 250と同時進行で開発が進められただけのことはあり、元々余裕のある車体だ。 エンジンがこれだけパワフルになってもハンドリングにはまったく問題なく、逆に400のほうがベストバランスに思えてくるほど。 タイヤも400はラジアルタイプでサイズもワンサイズ太いためか、コーナリングでの安心感も高かった。 車体が軽くて低速トルクがあるのでストップ&ゴーも苦にならないし、足着きも良好なのでUターンもしやすいなど、ストリートでも排気量のメリットが生かされるはずだ。 回し切る楽しさの250と余裕のトルクの400。 瓜二つの兄弟だが、それぞれに光る個性を持ったモデルが、2018年春に発売されるというのだから、非常に待ち遠しい。 エッジの効いたシャープなデザインに一新された。 ヘッドライトはLEDタイプに。 前後ディスクを大径化しつつABS標準装備としパワーに見合った制動力を確保。 エンジン後端部にピボットを作ることでスイングアーム長は40mm近く延長された。 スリムなタンク。 車体で最も細い部分では左右それぞれで15mmも絞り込まれた。 クッションの厚みを40mm増やしつつもシート高は790mmに抑えられている。

次の

カワサキ「Ninja 1000SX」(2020年)試乗インプレ|コスパ最高!? ニンジャ1000オーナーが解説する新型モデルの魅力

新型 ニンジャ

並列2気筒エンジン搭載の軽快スポーツツーリング カワサキのニンジャ650は、トルクフルな並列2気筒エンジンに軽快な車体構成で、スポーティにも走れてツーリングも快適というオールマイティさがウリ。 さらに80万円台前半(国内仕様・2019年モデル)というリーズナブルな価格もあって、玄人好みな存在ながら評価は高い。 さらにブルートゥースでスマホと接続できる『RIDEOLOGY THE APP』というアプリを採用したりと、素性の良いベースは維持しながら走りと快適性、利便性に磨きをかけている。 新しいスタイリングは、スーパーバイク世界選手権で5連覇を達成したニンジャZX-10Rからイメージを引き継いだアグレッシブなもの。 アッパーカウルは幅が広くなり、やや低くなったウインドスクリーンとともにスポーティなイメージを強調しながら、ウインドプロテクションも向上しているという。 新採用ツインLEDのヘッドライトは最新ニンジャに共通する逆スラントタイプとなった。 また、カウルを留めるボルト類を省略し、ボディワークがスッキリしている点も地味ながら見逃せない。 もともと素性の良かったハンドリングについては、軽量スチールパイプフレームなど骨格部分に変更はなく、タイヤを新しいダンロップ・スポーツマックス ロードスポーツ2とすることで、より軽快な操縦性を得ている。 また、従来型を見比べても違いが顕著なパッセンジャーシートは、肉厚のクッションを採用することで快適性を向上。 さらに前方を以前よりも高くすることでパッセンジャーのホールド性を増し、ライダー側はシートストッパー部分の厚みが増して使いやすい設定となった。 3インチメーターパネルを採用。 従来はアナログ式タコメーターにモノカラーのデジタルスピードメーターを組み合わせていた。 新しいメーターパネルはバックグラウンドカラーを白または黒に変更でき、ライダーが見やすいほうを選択可能。 ハンドルバーのスイッチでメニューをスクロール&選択できる。 また、通常のメーターパネルの機能であるトリップメーターや燃料残量計といった情報をスマートフォンで見る事もできるほか、最大バンク角や平均速度、バッテリー電圧なども表示できる。 バイク側の電源をオフにした際には、アプリ側に情報が残され、上記のさまざまなインフォメーションを後から見る事も可能。 そして、車両セッティングを変更した場合には、バイク側の電源がオンになり、コネクションが再開された際にアップロードされるというから便利そうだ。

次の