メトホルミン 自主 回収。 メトホルミン製剤の一部ロット自主回収に関して|公益社団法人日本糖尿病協会

メトホルミン製剤の一部ロット自主回収|医師向け医療ニュースはケアネット

メトホルミン 自主 回収

厚労省は、国内でメトホルミン製剤を製造販売している15社に対し、2019年12月9日に、メトホルミンの原薬とその製剤について、NDMA含有の有無を分析するよう指示していた。 シンガポール保健科学庁が、メトホルミン製剤から1日許容摂取量(0. ただ、シンガポール保健科学庁は、NDMAは1日許容摂取量を上回るもののごく微量で、回収対象となった製剤を短期間服用してもリスクは極めて低いとしていた。 このため、厚労省も12月時点では、製薬企業に分析を指示する一方、医療機関と患者に対しては、メトホルミン製剤を服用中止すると併発症などのリスクがあるとして、処方と服用を継続するよう促していた。 弊社では、新型コロナウイルス感染症の拡大に伴う 自治体からの外出自粛要請を受け、 2020年4月8日以降の勤務体制を変更し、原則在宅勤務とさせていただいておりましたが、 5月末日をもって解除いたしましたことをお知らせします。 期間中のご不便ご迷惑を深くお詫びしますとともに、 みなさまのご協力に心より感謝申し上げます。 弊社では引き続き、新型コロナウイルス感染拡大の対策に取り組みながら、 業務にあたってまいります。 今後とも何卒よろしくお願いいたします。 2020年06月01日• 「CBnewsマネジメント」記事カテゴリをリニューアルしました。 CBnewsからのお知らせ 株式会社CBホールディングス CBnewsおよびCBnewsマネジメントをご購読のお客様へ 平素よりCBnewsおよびCBnewsマネジメントをご利用いただき、 誠にありがとうございます。 この度、「CBnewsマネジメント」記事カテゴリを リニューアルいたしましたので、お知らせいたします。 今回のリニューアルでは、ご利用くださっている皆様に、 業界の流れや経営課題により沿った情報収集をしていただけるように、 カテゴリの見直しと追加をいたしました。 新しいカテゴリ一覧は以下の通りです。 ・組織管理: 「人事労務」を中心に「経営戦略」「コンプライアンス」等適したカテゴリに振り分けいたしました。 ・介護: 医療同様に経営課題や動向のキーワード毎に新カテゴリに振り分けをいたしております。 (2)お困りごとナビ機能の追加 読者の皆様のお困りごとから記事をお選びいただける機能を追加いたしました。 検索いただけるお困りごとは以下の通りです。 ・人材を採用したい ・人材を育てたい ・職員の満足度を上げたい ・経営者として成長したい ・財務力をUPしたい ・業界の動向を知りたい ・リスクにそなえたい ・設備投資について知りたい 今後も、ご利用いただいている皆様の利便性の向上に努めてまいります。 変わらぬご愛顧のほど、何卒よろしくお願いいたします。 2020年05月30日• 「CBnewsマネジメント」記事カテゴリをリニューアルします。 CBnewsからのお知らせ 株式会社CBホールディングス CBnewsおよびCBnewsマネジメントをご購読のお客様へ 平素よりCBnewsおよびCBnewsマネジメントをご利用いただき、 誠にありがとうございます。 この度、「CBnewsマネジメント」記事カテゴリを リニューアルいたしますので、お知らせいたします。 今回のリニューアルでは、ご利用くださっている皆様に、 業界の流れや経営課題により沿った情報収集をしていただけるように、 カテゴリの見直しと追加をいたしました。 予めご了承ください。 新しいカテゴリ一覧は以下の通りです。 ・組織管理: 「人事労務」を中心に「経営戦略」「コンプライアンス」等適したカテゴリに振り分けいたしました。 ・介護: 医療同様に経営課題や動向のキーワード毎に新カテゴリに振り分けをいたしております。 (2)お困りごとナビ機能の追加 読者の皆様のお困りごとから記事をお選びいただける機能を追加いたします。 検索いただけるお困りごとは以下の通りです。 ・人材を採用したい ・人材を育てたい ・職員の満足度を上げたい ・経営者として成長したい ・財務力をUPしたい ・業界の動向を知りたい ・リスクにそなえたい ・設備投資について知りたい 今後も、ご利用いただいている皆様の利便性の向上に努めてまいります。 変わらぬご愛顧のほど、何卒よろしくお願いいたします。 2020年05月28日• 新型コロナウイルス感染症の拡大に伴う在宅勤務実施のお知らせ CBnewsからのお知らせ 株式会社CBホールディングス CBnewsおよびCBnewsマネジメントをご購読のお客様へ 平素よりCBnewsおよびCBnewsマネジメントをご利用いただき、 誠にありがとうございます。 弊社では、新型コロナウイルス感染症の拡大に伴う 自治体からの外出自粛要請を受け、 4月8日以降の勤務体制を変更し、原則在宅勤務とさせていただきます。 誠に恐縮ですが、お問い合わせの際には、 下記お問い合わせフォームをご利用くださいますようお願い申し上げます。 何卒ご理解を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。 2020年04月07日• グループ会社の組織・事業改編に伴い、運営元および利用規約の一部を変更致しました。 CBnewsからのお知らせ 株式会社CBホールディングス CBnewsおよびCBnewsマネジメントをご購読のお客様へ 平素よりCBnewsおよびCBnewsマネジメントをご利用いただき、 誠にありがとうございます。 この度、グループ会社の組織・事業改編に伴い、 運営元が株式会社CBナレッジから株式会社CBホールディングスに変更となりました。 併せて、「CBnews利用規約」ならびに「CBnewsマネジメント利用規約」の社名を変更いたしました。 「グループ会社の組織・事業改編のお知らせ」は、。 「CBnews利用規約」 は。 「CBnewsマネジメント利用規約」は。 何卒ご理解を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。 2020年04月01日.

次の

メトグルコ錠(メトホルミン製剤)自主回収、発がん性物質NDMA含む可能性

メトホルミン 自主 回収

今度はメトグルコ錠250mgと500mgが自主回収 クラス1 です。。 メトグルコに加えて他メーカーの一部 メトホルミン塩酸塩錠 も同様の自主回収とのこと。 今回の自主回収に至った理由や対象ロットをまとめておきたいと思います。 【追記】 2020年4月27日:メトホルミン500mgMT「JG」の自主回収について• メトグルコ メトホルミン が自主回収になった理由 NDMAというのをご存知でしょうか? NDMAはN-Nitrosodimethylamineのことで、日本語にすると N-ニトロソジメチルアミンという物質の名前を指します。 このNDMAというのが発がん性物質に値するとされているのですが、この物質がメトグルコ錠から検出されたとのこと。。 こちらにメーカーからの配布資料を貼っておきます。 ロットに関しては上記のリンク先を確認していただけたらと思いますが、「ロット数多ッ!!」というのが正直な感想です。。 メトグルコ、メトホルミン塩酸塩錠MT「JG」のどちらかを採用されている病院、薬局は早急に在庫のロットを確認しておきましょう。 メトグルコ メトホルミン にNDMAが混入した理由 さて、ところでなぜ発がん性物質であるNDMAが混入してしまったのでしょうか。 その理由はまさかの インクにあったようです!! PTPヒートの印字等に使用されているインクに含まれている物質と、原薬にわずかに残留していた原料であるジメチルアミンが反応してNDMAが作られた可能性があるとのこと。 いや〜、まさかのインクが原因の可能性があるとは…。 今後のメーカーの対応としてはインクの成分を変える方向とのことです。 気になるメトグルコ メトホルミン による健康被害は?? 1番気になる健康被害についてですが、今のところ報告なしとのこと! 一安心ではありますが、健康被害に繫がる可能性は否定できないため今回の自主回収に至りました。 メトグルコ メトホルミン 自主回収に対して行うべきこと さて、自主回収に至ってしまったのはもはや仕方ありません。 この事態に対して私達は 「患者さんの健康状態に不利益が生じないように」 という考えのもと行動しなければなりません。 安全な代替商品がすぐに提供されるのであれば問題ありませんが、この状況下 コロナ関連 で各メーカーや卸さんの対応も後手後手になることが予想されます。 今回自主回収となったのは 先発品のメトグルコのみ 記事執筆時点 大日本住友製薬の先発品・メトグルコ錠と、日本ジェネリック株式会社のメトホルミン塩酸塩錠500㎎MT「JG」です。 しかしメトホルミン製剤の中で両剤がどの程度シェアを握っていたかにもよりますが、後発品等の他メーカーも出荷調整になる可能性も否定できません。 こういう時だからこそ過度な買い溜めは控え、より一層安定供給に努めなければなりませんね。 yakuzari.

次の

【NDMA検出】メトホルミン塩酸塩錠500mgMT「JG」が自主回収(クラスⅠ)へ|理由は!?

メトホルミン 自主 回収

大日本住友製薬(大阪市)と日本ジェネリック(東京都千代田区)は27日、糖尿病治療薬の自主回収を始めたと発表した。 厚生労働省に求められた調査で、発がん性物質が検出されたため。 両社とも現時点で被害の報告は受けていないが、重篤な健康被害がでる可能性があるという。 対象は大日本住友製薬の「メトグルコ錠」と、その後発薬で日本ジェネリックの「メトホルミン塩酸塩錠500mgMT『JG』」。 それぞれ、2017年9月~19年12月に出荷した約302万個、17年10月~19年8月に出荷した約6万個を回収する。 両社とも医療機関などに残る在庫を回収対象とし、患者の手元にある分は回収しない。 「製造期間から考えて、患者さんの手元にある薬は回収対象から外れていると考えている」(日本ジェネリック)などとしている。 シンガポールで昨年、別の製薬会社が製造した同じ有効成分を含む糖尿病治療薬からNDMAが検出され、自主回収されていた。 これを受け、厚労省が同じ有効成分を含む薬を販売している国内の15社に調査を依頼していた。 (井東礁).

次の