ユッキーナ タピオカ dm。 在日韓国人の木下ユッキーナこと朴優樹菜がタピオカ店を脅迫し訴訟危機 芸能界追放か

木下さやか(木下優樹菜の姉)タピオカ店トラブルの真相は?ユッキーナのLINE・DM画像全文を公開!

ユッキーナ タピオカ dm

ユッキーナのタピオカ騒動のインパクトが強すぎて、「タピオカ離婚」とも称される2人の離婚ですが、 本当の離婚理由はタピオカ騒動ではない模様。 ユッキーナとフジモンの本当の離婚理由や、ユッキーナが娘の親権を持つ理由については「」もぜひご覧ください。 スポンサーリンク 木下優樹菜によるタピオカ騒動とは? 木下優樹菜のタピオカ店恫喝問題が裁判発展か。 和解未成立の原因はフジモンにも? そのインスタグラムの投稿がこちら。 DMの内容ばっかり話題になるけど、フォロワーたくさんいる芸能人の立場利用して、ファンに攻撃させてタピオカ屋さんを休業に追い込み、店長さん鬱状態にさせたほうが罪重いと思う。 実害でてるんだし — うらさん QgU9squ75ywPeAf ユッキーナのこの投稿をきっかけに、ネット上ではタピオカ店への批判コメントが溢れてしまいました。 この投稿はしょんぼりした悲しいモードで書かれていますが、これと前後して、 タピオカ店オーナーへの恫喝めいたダイレクトメッセージ(DM)を送っていたことも発覚し、炎上騒動に。 炎上を受け、ユッキーナは10月9日にインスタグラムでと詳細には触れずに謝罪。 そのときの謝罪文は以下です。 この度は、私の自己中心的な発言により、相手の方、相手の関係者の方々に大変不快な思いをさせてしまい、誠に申し訳ございませんでした。 私の発言はいくら大切な家族のための事とは言え一方的な凄く幼稚な発言だったと思います。 実の姉の事なので一時的に感情的になってしまいました。 非常に失礼な発言をした事をとても反省しております。 相手の方には、気持ちが伝わるまで、誠意を伝えたいと思います。 また、この報道を見て不愉快な思いをされた方、本当に申し訳ございませんでした。 事務所にも大変迷惑をかけました。 改めまして、私の発言について、大変申し訳ございませんでした。 今後は自分の芸能人という立場をしっかりと考え、発言には十分注意していきたいと思います。 そして、どんな時も 応援して支えてくれているファンの皆様、ごめんなさい。 タピオカ騒動ではユッキーナの柄の悪さが露呈しましたが、 フジモンも含め、夫妻でディズニーリゾートで数々の恫喝事件を起こしていたそう。 ユッキーナとフジモンのディズニー事件簿は「」でぜひご覧ください。 以下がユッキーナがタピオカ店オーナーに送り付けたダイレクトメール(DM)の全文の内容をまとめたものです。 色々いいたいことあるけど、とりあえずさーインスタで宣伝したのが気に食わねえだの色々言われてたみたいだけどさーインスタから消すのがスジじゃないかなー? あと、弁護士たてて、法的処理、いくらでもできるから これからの出方次第でこっちも事務所総出でやりますね。 いい年こいたばばあにいちいち言う事じゃないと思うしばかばかしいんだけどさー 嘘ついちゃって、あとひけなくて、焦ってるのばればれすぎだから、今のうちに、謝るとこ謝るなり、認めるとこ認めて、筋道くらいとおしなよ うそつきwww 「事務所総出でやる」とか、 気質じゃない人のセリフみたいでちょっと怖いですよね。 さらに「いい年こいたばばあ」というのも、いくら相手のことをよく思っていないからといって、言葉の選び方がちょっとなぁと思ってしまいます。 色々頭悪すぎな 「色々頭悪すぎな」という言葉遣いが賢くないですよ、ユッキーナ。 ユッキーナが親権を持つことが不安視されるのは、タピオカ騒動に加え、子育てでよく炎上するのも一因。 ユッキーナの子育て炎上騒動については「」もよろしければご覧くださいね。 スポンサーリンク まとめ ユッキーナのタピオカ騒動の経緯とタピオカ店オーナーに送り付けた恫喝ダイレクトメール(DM)の内容をまとめてご紹介しました。 恫喝ダイレクトメール(DM)の内容は、脅迫めいた内容とタピオカ店オーナーを見下したような物言いが多く、これが炎上原因になってしまったわけです。 娘さんたちもユッキーナの背中を見て育ちますし、1人の人間の振る舞いとしても適切ではなかったですよね。 恫喝以前に特定のお店の悪口とも取れる内容をインスタにアップするのも問題ですし、言動含めて、行動を改めていただけるといいですね。

次の

ユッキーナついに法廷へ 昨年10月タピオカ店恫喝騒動で被害者側が訴訟手続き開始(東スポWeb)

ユッキーナ タピオカ dm

木下は恫喝騒動で現在芸能活動を休止中。 その間も不倫疑惑が浮上するわ、フジモンと離婚するわとゴタゴタ続きだ。 ようやく静寂を取り戻したかに見えるが、安心するのはまだ早い。 フライデーによると、藤本と木下は昨年大みそかに離婚を発表後、都内の高級マンションを引き払い、現在は同じ都心のタワーマンションに移り住んでいるという。 ただ2人は同居しておらず、借りているのはそれぞれ別の部屋。 同誌の直撃に藤本は、子供の学校など送り迎えをする必要から、このような形を取っていると説明し、イメージ悪化を避けるための偽装離婚ではないことを強調している。 お笑い関係者の話。 「2人が離婚したのは、子供の進学先に対する考え方とか、生活スタイルの違いがだんだんストレスになっていったから。 一時期はかなり激しい夫婦喧嘩もあったようです。 結果的に離婚に至りましたが、子供を大事にしたい思いは一致しているので、距離を取った関係を続けているんです。 『フライデー』に友達のような関係だと言っていますが、ウソではないでしょう」 木下といえば、昨年10月に発覚した恫喝騒動が記憶に新しい。 「出方次第でこっちも事務所総出でやりますね」などと、恫喝めいたダイレクトメッセージ(DM)を送りつけたのだ。 芸能プロ関係者は「『テレビに出ている良いイメージの裏の顔がこれかよ!』と世間は裏切られてしまったんです。 ユッキーナはママタレとして好感度が高かった分、反動はすさまじい。 その後、真偽不明ですが、サッカー元日本代表・乾貴士との不倫疑惑まで取りざたされてしまった。 乾は否定しましたが、予想外の展開になりました」 だが、そんな騒動の裏側でA店の被害が大きかったことは、あまり報じられていない。 A店関係者は見ず知らずの人から写真を撮られ、嫌がらせのメールも届くなど、営業を一時やめざるを得なくなったのだ。 「さらにユッキーナから謝罪のDMが届いたものの、第三者に口外しないよう口止めを求める条件まであり、『これが謝る態度なんでしょうか?』と不信感は募る一方。 そこで法的措置も検討するようになったのです」(前出芸能プロ関係者) では、その後どうなったのか? 本紙が取材を進めると、A店は訴訟をあきらめていなかったことが分かった。 テレビ関係者がこう証言する。 「A店の関係者は、すでに代理人弁護士を立て、実は年末年始にも訴える予定でした。 ところが、年末にユッキーナが離婚したので様子を見ていたようです。 そしたら、折からのコロナ禍で裁判所が止まってしまったらしい。 でも、緊急事態宣言も解除されたし、いよいよ動きだすようですよ。 裁判所から通知がタワーマンションにいくはずです」 木下は昨年10月ごろ、A店を訪れ関係者に直接謝罪を試みている。 ところが関係者は不在で、謝罪は果たされていない。 「姉のことを思ってやったこととはいえ、ユッキーナもさすがに軽率だったと反省している。 直接謝罪できないと、やはりテレビに復帰することは難しい。 騒動が勃発して以降、バッシングがまったく収まらないことに頭を抱えていましたよ」とは芸能関係者。 結局、タピオカ店恫喝騒動は間もなく法廷バトルに移ることになる。 Yahoo! yahoo. 被害にあった方からすれば、悔しいと思います。 日本には法律があるということを勉強したほうがいいですね。 nam 一回すっきりさせたほうがいいよね。 なあなあに済ませよう感満載だったし。 mla 正直、示談になるとは思うけどやったが良いと思う。 今はSNSでの誹謗中傷が問題になってるしこれも色々な意味で問題やろ 恫喝してるし。 sur 法廷まで行ったかー、和解して終わりかな。 しかし、 芸能界復帰は難しいだろう。 それとディズニーランドでの件もあるし、イメージ回復は困難! miy 「芸能人なら何をやっても許される」という古くからの習慣を根絶する意味でも徹底的に争ってほしい。 できることなら芸能事務所にも踏み込んで芸能界そのものを浄化してほしい。 qut 共倒れを避けるための擬装離婚も明るみに出て、いよいよ進退極まるか。 でも誰も悪くないよ、身から出た錆です。 aza 子供の教育の為に 素直に謝って反面教師として余生を過ごしてください 多分、相当な事がないと芸能界に復帰は難しいと思うし may いつまでも学生気分ではいられない。 大人になるというのは、責任ものしかかってくる。 ちゃんと法廷で自分が発した事への説明と相手側への謝罪、そしてその事によっての代償責任を果たしてください。 もしうやむやになったりしたら、時間が経てばまた同じことを繰り返すかもしれない。 是正させる為にもとことんやってほしい! hak トコトンやろう! 雲隠れ逃げ得させるのはやめよう! 偽装離婚して、世間落ち着かせて旦那と同じタワマンで未だにセレブ暮らし。 フジモンもよく不倫やら、好き勝手な生活をまた許せるもんやな 【newscollege管理人コメント】 恫喝されたタピオカ店の方々からすれば納まらないのだろうね。 一生懸命に頑張って開店したお店の被害といったら金銭的にも精神的にも甚大な感じと思う。 木下さんは誠意をもって対応してもらいたい。

次の

ユッキーナの姉のタピオカショップオーナーとトラブル?消したDMと消されたJOYのCMは降板か!

ユッキーナ タピオカ dm

木下優樹菜さんことユッキーナがタピオカ騒動を起こし、炎上してから約半年。 旦那さんのフジモンとは離婚し、シングルとなったユッキーナは芸能界復帰に向けて準備を進めているようです。 どんな事件だったか覚えていますか? 木下優樹菜のお姉さん S子さん)が務めるタピオカ店のオーナーに脅迫めいたdmを送っていたことが明るみに出てしまったそうで、ことの顛末や木下優樹菜の「人と成り」について、ツィッターを始めネット上では大賑わいでした。 今回は、「ユッキーナのタピオカ騒動とは?オーナーに送ったツイッターDM内容とタピオカ店の場所はどこで名前は?」のタイトルで、ユッキーナが送った恫喝dmの内容の全文と騒動の真実、問題のタピオカ店はどこにあって何という名前なのかをご紹介します。 とても評判の良いお店で、見た目も味もかなりグレード高いらしいですよ。 ・・・ 店の名前とどこにあるのか、チェックして行ってみるのもおすすめです。 ユッキーナがタピオカ店オーナーに送ったDM全文 さやかの妹だけど。 色々言いたいことあるけど、 とりあえずさー インスタで宣伝したのが気に食わねえだの 色々言われてたみたいだけどさー インスタから消すのがスジじゃないかなー? あと、弁護士たてて、法的処置、いくらでもできるからこれからの出方次第でこっちも事務所総出でやりますね。 未だ先方への謝罪が終わっておらず、ユッキーナは復帰できていません。 言葉遣いがもろヤンキーなんだね・・・それに確かに脅してるね・・・この感じで来られたら・・・怖いよね。 どうやら、木下優樹菜のお姉さんであるS子さんに支払われるべき給与が支払われず、S子さんが泥棒扱いされたことに妹の木下優樹菜がキレて送ったらしいですが・・・。 ・・・このdmはまずかったですね! ファンが見たら、とか思わなかったのでしょうか・・・思わなかったのでしょうね。 とほほ そもそも、なぜこんなに話がこじれてしまったのか、そしてなぜこのdmが公開されてしまったのでしょうか? DMが公開されてしまった経緯とは? 木下優樹菜の恫喝DMを公開したのは、タピオカ店側から事情を聞いていた知人だそうです。 木下優樹菜がインスタに投稿したタピオカ店への非難により、店が休業に追い込まれてしまうなどして、見かねた知人が反撃に出たのだそうです。 木下優樹菜がタピオカ店に対してコメントした非難の内容とは: 1. 姉がタピオカ店から裏切りのような行動をされた 2. 姉への給与が未払い、給与明細ももらえない 3. 姉が泥棒扱いをされた メールしても返信もして来ないし・・・ だそうです。 この木下優樹菜の3つの主張について、ことの次第を私自身の考察を交えて説明します。 ここは「あえて恫喝の件は置いておいて」考察しますので、ご了承くださいね。 主張1:「裏切りのような行動」とは?共同経営者なのかと思いきや・・・ わたしは木下優樹菜が非難している「裏切りのような行動」というのは、タピオカ店のS子さんへの対応そのものについて言っているのではないかと見ています。 木下優樹菜は最初、このタピオカ店を「姉のS子がオープンした店」としてインスタグラムに投稿し、宣伝していたといいます。 このお店はS子さんがママ友である知人に誘われて、開店から一緒に活動してきたお店だったのです。 店を一緒に経営するはずがS子さんには実権がないことがわかった S子さんは最初にタピオカ店側から誘いを受けた時、一緒に経営する、というような誘われ方をしたのだと言っています。 そのつもりで妹にも「友達とタピオカ店を始める」と話したのだそうです。 しかしタピオカ店側からすると、S子さんを誘ったのは共同経営者としてではなく、「一従業員として働いてもらう」という意味だったそうです。 わたし一人でやるのは大変だから、もっと出勤日を増やしてくれない? 共同経営なんだから、負担も半分にしなきゃ。 と言ったといいます。 これを聞いたS子さんは再び混乱してしまったのだそうです。 後にこの「共同経営者」という言葉については、両者で「言った」「言わない」でモメているそうですが、もし本当にタピオカ店のオーナーの主張通り、共同経営者とは言っておらずS子さんを一従業員だと思っていたのだとしたら、ちょっと腑に落ちないところがあるな、と個人的には思います。 なぜなら、共同経営者ではない、でもそれと同じくらいがんばって欲しい、というタピオカ店の願いには無理があると思うからです。 S子さんがシフトを減らしたいと言ったことや、その後退職を申し出た時のことを、タピオカ店のオーナーは週刊文春にこう話しています。 8月に入ると子供が夏休みだからと急に「働けない」と言われて週一回に減らし、9月に入ると子供を預けてまで働きたくなかったのか「もう辞める」と言い出したんです。 急に辞められても困るし、木下優樹菜の姉の店と聞いて来てくれたお客さんに申し訳ないからと話したのですが、全く話し合いにならず・・・ これだと「S子さんが自分のわがままで勝手に店をほうり出した」という主張に聞こえますが、S子さんはそもそも時給1000円のパートさんですし、共同経営者でもなく、ましてや社員でもないのですから、雇用主としてそこまでの拘束力はないはずです。 「お子さんの世話が忙しい」というのも、母親がパートを辞める理由としては正当なものですし、それについて非難するのは、S子さんの家庭の事情に少し踏み込みすぎではないでしょうか? おそらく、相手がママ友だったということで、タピオカ店側はS子さんに対して甘えが出てしまったのだと思うのですが・・・。 タピオカ店側の一貫していない態度と甘えが、S子さんを「裏切られたような気持ち」にさせてしまったのではないのでしょうか? 主張2:給与未払いとは?給料日を過ぎて取りに行ったのに・・・ 給与未払いに関して、タピオカ店は「店になかなかとりに来ないから、銀行振り込みで支払った」と言っています。 しかし、S子さんと木下優樹菜が言っているのは「8月分の」給与を、給料日が過ぎた翌月の9月14日になっても渡してもらえなかったということについてのようです。 それはS子さんが店の合鍵を返しに出向いた日で、実質「最終日」でした。 給料日は同月の末日と決まっており、「いつでも取りにに来て」と言われていた通り、9月に入ればいつ取りに行っても支払われていなくてはおかしい状態だったそうです。 しかし、最終日にS子さんが出向いた9月14日、お給料について聞いてみると「今日、支払うとは約束してないよね?」と言われたといいます。 ではいつ行けば支払ってもらえたのでしょうか? 主張3:泥棒扱いされたのはなぜ?伝え方を誤ったために起きたミスコミュニケーション また、泥棒扱いされた件については店の「衛生管理者」カードの紛失だったそうですが、S子さんは触ってもいないものだったそうです。 警察が「合鍵を持っている人に聞いてください」と言ったからS子さんに連絡した、とのことですが、S子さんにしてみれば触ってもいないものについて唐突に「あなた知らない?」と聞かれたので、とっさに疑われていると感じたのだと思います。 ここも、タピオカ店としてはママ友相手という甘えから伝え方を誤ってしまったのかもしれませんが、誤解を与えないような聞き方ができていれば余計な溝を作らなくて済んだのではないか、と思うととても残念ですね。 徒歩9分 大変人気のタピオカドリンク店で、開店から連日行列ができるほどの大盛況だといいます。 カラフルな可愛いタピオカと、ジッパーを開けてストローを挿す式のユニークなパッケージを、わたしもテレビで紹介されているのを目にしたことがあった気がします。 食べ応えがあって美味しいと、味も量も文句ないメニューがたくさん並んでいるそうです。 現在は休業中? そんな大人気の「ALL RIGHT」は一時休業し、現在はまた再開しているそうです。 当時は店主が体調を崩してしまい、一旦店を閉めるしかなかったとか。 ユッキーナの怖ーいdmと一連の騒動で参ってしまったんだろうにゃ。 相手がユッキーナだったのがツイてなかったにゃん。 ・・・ 最初にユッキーナの姉の店と言われて繁盛したのは良かっただろうけど、お店の魅力を考えたら特に芸能人の力を借りなくても十分お客さんは入ったかもしれないとも思うにゃん。 今回の件は、このコロナ渦が終息し次第、ユッキーナがお姉さんとお母さん(ユッキーナのお母さまです)と一緒に、家族総出で先方に謝罪に行くことになっているそうです。 S子さんとタピオカ店の当事者だけの問題にしておけばまだ傷は浅かったようなものの、やはり致命的な一打は木下優樹菜の言動でしたね。 タピオカ店を盛り上げるのも非難するのも、一般人と違って影響力が大きいことをよくわきまえておかないといけませんでしたね。 一時は訴訟問題にまで発展していたという噂でしたが、謝罪と和解で丸く収まるといいですね。 木下優樹菜さんも、この件が解決しないと芸能界復帰も危ういはずです。 このタピオカ騒動とは、タピオカ店に勤めていたユッキーナのお姉さんとオーナーさんとのミスコミュニケーションに妹のユッキーナが口を挟んでしまった、という事件でした。 ユッキーナが送ったDM内容は、全文がツィッターで広く拡散されてしまい、芸能活動を自粛せざるを得ないほどの影響が出てしまいました。 問題のタピオカ店の名前は『ALL RIGHT』です。 場所は西小岩のどこなのか、地図つきでご紹介しました。

次の