新型 コロナ ウイルス 終息 は。 新型コロナウイルスはいつ終息するのでしょうか

新型コロナウイルスはいつまで流行するのか【終息予想】東京オリンピックは大丈夫なのか

新型 コロナ ウイルス 終息 は

一時的に感染者数が減少して収束し始めたかと思える時期も来るだろうが、それは『感染の波』ともいうべきもので、再び感染者の増加が来るだろう」 昭和大学(東京都品川区)の二木芳人客員教授(感染症)は、こう現状を厳しく分析する。 感染経路の追えない患者が増え、医療機関の受け入れ能力が逼迫しているなど、まさに「医療崩壊の危機」と呼び得る状態だ、と言う。 政府の緊急事態宣言などによる外出自粛の効果も、専門家から見れば効果は限定的なようだ。 二木客員教授は「繁華街が注目されているが、平日の商店街やオフィス街は多くの人が出歩いている。 外出自粛の効果を出すには、より強いメッセージを発信しないといけない」と言う。 「ここまでくれば、国民の6割から9割が感染して抗体を有する『社会的免疫』が成立するまで、あと2~3年は感染の完全収束はないだろう。 海外で実施されているロックアウトのような厳しい措置も免疫成立までの患者数の増加スピードを抑えて、医療組織を破綻させないための対策でしかない」と解説する。 新型コロナウイルスの顕微鏡写真(国立感染症研究所ホームページより) その上で二木客員教授が求めているのが、医療体制の機能維持だ。 ウイルス感染が疑わしい患者を受け入れる「専門外来」を開設し、そこで十分な感染防御対策を整えて患者と疑われる人を集中して検査し、より分ける。 「軽症や症状の無い患者は医療機関以外の施設に回し、重症者を専門医療機関が引き受ける。 一部の自治体で始まったばかりで、体制整備の遅れは大きい」とした上で、「軽症者を一部自宅待機で対応しているケースがあるが、大変危険で早急な受け入れ施設の整備が求められる」と言う。 同時に、流行のパターンは新型コロナウイルスの性格によっても変わってくることが予想される。 「日本のような温帯地域では、新型ウイルスがインフルエンザと似た性格なのかどうかで今後の流行のパターンは異なってくる」と言う。 「インフルエンザのように気温が上がると活動が低下するウイルスであれば、今年の4月下旬ごろから少しずつ感染拡大のペースが落ちて8月までには拡大の勢いが目立って落ち着く。 ただ夏が過ぎて10~11月には再び感染が増大し、21年の4~6月まで再び流行が続くだろう。 このように2シーズンが過ぎると、ある程度流行は落ち着いてくるし、重症者の比率も減るだろう」。 菅谷医師はこう予測する。

次の

新型コロナウイルスはいつ終息するのでしょうか

新型 コロナ ウイルス 終息 は

トルコの首都アンカラにあるハジェテペ大学医学部小児感染症学科のメフメト・ジェイハン教授が、コロナウイルスはその潜伏期間中、患者に何の症状も見られない時期に人から人へ感染することができると述べた。 ジェイハン教授は、 「コロナウイルスの潜伏期間は2日から14日間に及ぶ。 このウイルスは、インフルエンザ、髄膜炎、肺炎、水疱瘡、はしかなどの際の飛沫を通じて感染する。 SARSとMERSは発症後に感染したが、新型コロナウイルスは潜伏期間中に感染する。 なので、対策を講じ、社会的隔離と衛生に注意を払うことが極めて重要だ」と語った。 コロナウイルスはSARSとMERSに比べて感染力が強いことを指摘したジェイハン教授は、流行は3通りの方法で終息する可能性があることに注意を促した。 ジェイハン教授は、 「人々の大多数が免疫力を高めてウイルスが広がらなくなるか、またはワクチンが開発されてそれにより免疫がつく。 3番目は、ウイルスが変異して人から人に感染しなくなる。 流行は、この3通りの道のどれかによって終息するだろう。 例えば、SARSはおそらく変異して終息した」と述べた。 (2020年3月23日).

次の

【新型コロナウイルス】「終息宣言」出す条件を推測 「28日間、新患者が出ない事」|ニフティニュース

新型 コロナ ウイルス 終息 は

による肺炎は、世界各地で感染者が増え続けて脅威を増している。 ニッセイ基礎研究所・主席研究員の篠原拓也氏が説明する。 * * * 新型コロナウイルスの世界的な感染拡大を受けて、世界保健機関()は、3月11日、「パンデミック(世界的な大流行)とみなせる」と表明した。 これにより、世界各国で感染地域への渡航中止勧告や、感染地域からの外国人の入国禁止措置などが取られている。 日本でも、集団感染を避けるために、小中高校の臨時休校や在宅勤務、外出自粛などの拡大防止策が続けられている。 政府は、換気が悪く、人が密に集まって過ごすような空間に集団で集まることを避けるよう注意を促しているが、こうした措置によって感染拡大のペースは落ち着くのか。 そして、どうなれば小康状態に至り、終息宣言が出せるのか。 少し考えてみたい。 感染のピーク時の患者の発生を、病床数や医師・看護師の数などのキャパシティ以下に抑えることと、ピークの到来を先送りして医療体制を整備したり、医薬品を開発したりする時間を確保する狙いがあるといわれている。 これは、発症して医療施設で受診する患者以外にも、潜在的な感染者がいることを想定したものだ。 潜在的な感染者には、感染したが発症前の人(発症前感染者)、症状が出ない人(不顕性感染者)、症状は出るが医療施設で受診しなくても軽症で治る人(軽症感染者)がいる。 こうした潜在的な感染者も、感染力を持つ場合がある。 その場合、発症して受診した患者を隔離しても、潜在的な感染者からの感染を防げなければ、感染は拡大してしまう。 それでは最近の感染症ではどうだったのか、みてみよう。 まず、2002年11月に流行開始し、2003年7月に終息したSARSは、潜伏期間や発症初期の患者の感染力は比較的低かったとみられている。 患者が本格的な感染力を持つのは、発症して肺炎に至る約5日後からといわれる。 このため、発症前感染者や発症初期の患者の隔離を徹底することで、感染拡大を食い止めることができた。 その結果、短期間で感染の終息に至ったとされている。 いっぽう、2012年9月に初めて患者が報告されたMERSの場合は、SARSに比べて重症化しにくく、不顕性感染者や軽症感染者が一定割合いる。 不顕性感染者からの感染力がどの程度あるのか、現在もよく分かっていない部分はあるが、とにかく隔離は必要とされている。 ただ、残念ながら潜在的な感染者からの感染は続いているようだ。 中東地域で、いまだに感染が終息しない背景には、こうしたことがあるとみられている。 インフルエンザの場合も、潜在的な感染者が問題となりやすい。 インフルエンザに感染して症状が出ても、通常の風邪と見分けがつきにくい。 このため、なかなか病院に行って診療を受けず、少々無理をして会社や学校に来てしまう。 こうした行動により、感染が拡大しやすいといわれる。 それでは、今回の新型コロナウイルスはどうか。 現状では、不顕性感染者や軽症感染者が一定程度いるとみる研究者が多いようだ。 感染拡大のペースを落ち着かせるためには、潜在的な感染者からの集団感染を防ぐことが必要となる。 なお、感染の実態解明に向けては、引き続き、疫学や病理学の調査・研究が進められるだろう。 しかし、期待通りにうまくいくとは限らない。 専門家の多くは、新型コロナウイルスがエンデミック(風土病として、感染症が地域に一定の割合で発生し続けること)として定着するとみているようだ。 たとえば、ハーバード大学のマーク・リプシッチ教授は、アメリカの雑誌記事の中で、こう予測している。 ただし、すべての感染者が重症となるわけではない。 感染者の多くは、軽症か不顕性感染となるだろう〉(The Atlantic誌/2020. 24) そこで、現段階では、感染拡大を小康状態に持ち込むことが、当面の目標となる。 政府は2013年に、「新型インフルエンザ等対策政府行動計画」を公表している。 この計画は、今回、新型コロナも適用対象に加えるよう改正された。 新型インフルエンザ等対策特別措置法に基づいて作成されているものだ。 そこでは、感染症の拡大をいくつかの時期に区分けして、各期に応じた対策を取ることとしている。 まず、海外で感染症が発生した「海外発生期」。 次に、国内で初の患者が発生した「国内発生早期」を経て、国内で初めて患者の接触歴が疫学調査で追えなくなった「国内感染期」に入る。 この時期には、医療体制を維持しつつ、健康被害を最小限に抑えて、生活や経済への影響をできるだけ小さくすることが、目標となる。 今回の新型コロナウイルスでいうと、2月19日に開かれた政府の専門家会議で、国内の状況としてはすでに感染早期という初期の段階ではなく、拡大感染期に入ったとの意見が出ている。 現在(2020年3月中旬)は、国内で感染経路が不明な患者が各地で発生しており、国内感染期に入ったとみることもできる。 そして、患者の発生が減少し、低い水準でとどまっている「小康期」に至れば一段落。 大流行は一旦終息している状況だ。 小康期には、生活や経済の回復を図り、流行の第二波に備えることとされている。 ただし、この小康期に入るための数値基準は示されていない。 【SARS】 SARSは2002年11月に、中国広東省仏山(フォーシャン)市で流行が始まった。 このレポートは中国語で書かれていて、タイトルだけが英語に翻訳されていた。 その後、香港、台湾、ベトナム、シンガポール、カナダ、アメリカなどに感染が拡大した。 2003年3月に、WHOは警告レベルを引き上げて、感染地域への緊急渡航自粛勧告を発令した。 そして、この感染症は「世界規模の健康上の脅威」であると宣言した。 これを受けて、感染地域各国では、徹底した患者の隔離や、海外からの入国者に対する検査が行われた。 その結果、5月中旬にピークを迎えた感染は、6月下旬には急激に抑制された。 【韓国でのMERS】 一方、MERSの韓国での感染拡大では、2015年5月中旬から感染した患者が出た。 この患者が中東地域からの帰国者がいくつかの医療機関を受診したうえで入院したことで、あちこちの病院で二次感染が発生したとされる。 6月上旬には感染が拡大していった。 韓国では、最終的に38人の死亡者が発生した。 このときも、感染者の隔離を徹底したことで、6月下旬には感染拡大のスピードが低下した。 また、韓国では感染が医療施設内にとどまり、市中感染には至らなかった。 このことも、早期の封じ込めにつながった背景にあるといわれている。 【新型インフルエンザ】 また、2009年の新型インフルエンザの感染拡大では、4月にアメリカやメキシコで、ブタ由来のウイルスが、人から人に感染する例が複数確認された。 感染は若年層、特に子どもを中心に拡大した。 WHOは世界的な広がりに対して、警戒水準のフェーズ(段階)を引き上げ、6月12日よりパンデミックに移行することを宣言した。 日本でも、5月から感染が始まったが、感染が拡大しつつあった大阪府や兵庫県で公立学校の臨時休校を行うなど、拡大防止措置が徹底されたことで、爆発的な感染拡大には至らなかった。 日本では公的医療保険制度が整備されており、発症した人が少ない負担で医療施設を受診できたことも、拡大防止の背景にあったといわれている。 その後、北中米や南米の地域を中心に、世界での感染拡大は続いた。 秋には感染者数の把握が困難となり、WHOは12月に感染者数の公表をやめ、死亡者数のみを集計することとした。 しかし2010年に入ると、流行の状況は、通常の季節性インフルエンザとそれほど変わらなくなり、死亡者の発生はピークを越えた。 8月10日、WHOは世界的な大流行は終結したとして、パンデミックを解除した。 これは、台湾で発生したSARSにかかった可能性のある患者を6月15日から隔離し、2〜10日間とされる潜伏期間の2倍の期間が経過したにもかかわらず、新たにSARSの患者が出なかったことによる。 また、MERSの韓国国内での感染拡大について、韓国政府は2015年12月24日をもって終息宣言を発表した。 これも、2〜14日間とされる潜伏期間の2倍の期間が経過しても、ウイルス患者が出てこなかったことによるとされる。 なお、中東地域では、MERSはまだ終息していない。 今回の新型コロナウイルスでは、WHOは潜伏期間を1〜14日と見積もっている(WHOのサイトより/2020. この潜伏期間を前提として、SARSやMERSと同じ基準によれば、28日間、新たなウイルス患者が出ないことが終息宣言の条件になると考えられる。 新型コロナウイルスについては、現段階では小康状態や終息は見通せていないため、政府や自治体は、引き続き、さまざまな拡大防止策を進めていくものと考えられる。 一般市民の側でも、一人ひとりが手洗いなどの予防策を取る、集団感染を避ける(換気が悪く、人が密に集まって過ごすような空間に集団で集まることを避ける)など、感染を小康状態や終息につなげる努力を重ねることが必要だと思われる。

次の