プリズン ブレイク ジェイコブ。 プリズン・ブレイク シーズン5 第9話 「瞳の奥」最終回レビュー【海外ドラマ】

プリズンブレイクのサラ降板理由は?サラの再婚相手は?

プリズン ブレイク ジェイコブ

この記事にはネタバレが含まれています。 ご留意のうえで閲読ください。 こんにちは、うっしー()です。 CSチャンネル・FOXで新作海外ドラマ プリズン・ブレイク シーズン5 第9話 「瞳の奥」が放送されたのでさっそくレビューしてみます。 ちなみに前回のレビューはコチラ。 プリズン・ブレイク シーズン5 第9話 「瞳の奥」あらすじ 原題は "Behind the Eyes" ジェイコブはサラを監禁し、マイクをエサにしてマイケルをおびき出そうとする。 ジェイコブは元々は国のために極秘作戦を行っていたが、今回のイエメンの作戦だけは「マイケルにサラを奪われないようにするため」だと白状する。 サラとの偽装結婚をつづけていいたジェイコブは次第にその家族生活に執着し、いずれマイケルがサラとマイクを奪い返しに来ると恐れ、マイケルをハメるつもりで計画を実行した。 サラはジェイコブの下で働くヴァンに「CIA副長官をころしたのはマイケルではなくジェイコヴ」だと訴える。 ヴァンはマイケルが副長官を殺したと思っていたため(同胞殺しを処するつもりで)ジェイコブに加担していたわけだが、サラの言うことが本当ならジェイコブに加担すべきではない、と考え始める。 ジェイコブは真実を明かしてしまったサラを殴りつけると、口に粘着テープを張りつけ、家もろともサラを焼き殺してしまおうと考える。 マイケルが隠れ家にやってくるとジェイコブは家から離れ、エミリーにマイケルを、ヴァンにサラを始末させようとする。 エミリーはマイケルを殺そうとするが、ジェイコブに疑問を持ったヴァンが彼女を止め「副長官殺しの真実」をマイケルに聞き出そうとする。 エミリーを説得しようとするヴァンだがポセイドン(ジェイコブ)に逆らえないエミリーはヴァンを撃ってしまう。 マイケルはそのスキにマイクを連れて逃亡、サラも自力で拘束を解きあとを追う。 エミリーがマイケルを追い詰めたところでサラが背後からなぐりつけ何とか難を逃れる。 マイケルは外で待つリンカーンの元にマイクを走らせるが、リンカーンはルカに襲撃されてしまっていた。 家を離れたはずのジェイコブが舞い戻ってきてマイクを車で連れ去ってしまう。 マイケルとサラはジェイコブの後を追うためにリンカーンの車のところにやってくるが、そこではじめて襲撃されぐったりとするリンカーンを発見する。 リンカーンは病院に搬送され治療を受けることになる。 ティーバッグとウィップは、お互いが親子であると知ってバツが悪いながらも行動を共にしていた。 ウィップがマイケルからの指示で回収した「血詰めの瓶」を持ったまま、ある場所へと向かっていた。 ティーバッグは刑務所から出所した際にマイケルから届いた手紙(参照)に記されていたメッセージ、 「その手で子孫の誇りを知る。 今後永久に正しい世界となるだろう。 」という文章が、自身の息子であるウィップのことを指していたのだと察する。 マイケルとサラはマイクを取り戻そうと考えるが、そのいっぽうでマイケルには「家族を取り戻すため」に練っていた作戦があった。 そこにウィップとティーバッグが車でやってくる。 マイケルがジェイコブと関わって以降、マイケルの身近な知り合いには全て監視がついていた。 が、マイケルと仲違いし収監されたティーバッグだけはノーマークだった。 マイケルはそれを利用しティーバッグを作戦に引き入れることを思いついた。 彼を協力させるには最大限の贈り物である「息子との生活」を贈るしかない、と考えたマイケルはウィップとティーバッグを引き合わせた。 マイケルがティーバッグに協力を望むもの、それは「ジェイコブを消す」ことだった。 このままではマイケルとウィップはジェイコブから逃れることができない、それをネタにマイケルはティーバッグを協力させようと考えた。 ジェイコブはマイクに「サラが殺された」と嘘をつき、マイクを自分のオフィスへと連れて行く。 マイケルが指名手配犯であることを告げ「父親とよく似た悪者」だと吹き込む。 マイケルはジェイコブに電話しマイクを返すよう要求するが、ジェイコブにウソを吹き込まれたマイクが電話をかわり「もう近づくな」とマイケルに吐き捨てる。 それが嘘を吹き込まれたからだとわかっていても息子に遠ざけられたことにショックを受けるマイケル。 一部始終を聴いていたティーバッグは作戦に協力することを承諾する。 マイケルたちは「ジェイコブを始末する」作戦を実行するために動き出す。 マイケルは携帯のGPS情報を利用し、ジェイコブをとある「動物園」へと誘い出す。 ジェイコブとエミリーはマイケルを始末しようと動物園にやってくるが、これはオトリだった。 マイケルは動物園にはいなかったのだ。 同時にマイケルのタトゥー画像を解析していたソローは、タトゥーのなかにナポレオンが残した言葉を発見する。 それは「敵が間違っているときは邪魔するな」。 それを知ったジェイコブは自分たちがマイケルに騙されたのだとようやく気づく。 そのころマイケルはジェイコブのオフィスがあるイサカ大学へとやってきていた。 彼のオフィスの扉が顔認証で開くことを知っていたマイケルは、手の甲にジェイコブの顔をタトゥーとして彫り込んでいた。 それを使って顔認証をパスすると、マイケルはオフィスの中へと入る。 マイクの姿はそこにはなかったが、代わりにジェイコブの不正が詰め込まれたハードディスクを入手したマイケルは、ジェイコブにマイクとの取引を要求する。 リンカーンは重症をおっていたが、独断で病院を退院しルカとの決着を着けに彼のアジトへとやってくる。 ルカに一発パンチを御見舞したリンカーンは、彼のアジトに警察を呼びつけルカを逮捕させる。 サラは病院にやってきてリンカーンが退院したことを知り戸惑うが、いっぽうで同じく湖畔の家から撃たれて運び込まれた男が入院していることを知る。 エミリーに撃たれたヴァンだった。 サラは瀕死のヴァンの病室にやってきてマイクの居場所を訪ねる。 するとヴァンはマイクの居場所をメモ書きに書き記す。 引き換えに「自分を死なせてくれ」と懇願するヴァンだがサラは彼の望みには答えなかった。 ティーバッグとウィップは計画に必要な「協力者」をさがしにやってくる。 そこには、過去にマイケルが南米の刑務所から脱獄させたという男「ブルーハワイ」が暮らしていた。 ブルーハワイの協力をとりつけたティーバッグとウィップ、サラ、リンカーンはマイケルの元に終結する。 マイケルはマイクとハードディスクの交換場所に港の倉庫を指定する。 マイケルはジェイコブに銃を向けるが、それを牽制するようにエミリーが銃を向け返す。 さらに隠れていたウィップが銃を向け、ティーバッグも現れる。 しかしジェイコブは事前にFBIに連絡し「カニエル・オウティス」がいると通報していた、マイケルを捕まえるためにFBIも現場へと集まってくる。 お互いが牽制し合うなか、ウィップが暴走しエミリーに撃たれてしまう。 憤るティーバッグはFBIが突入してきたスキにエミリーに襲いかかり彼女の首をおり殺してしまう。 虫の息のウィップは父親に見守られながら息を引き取る。 マイケルは計画が失敗したと意気消沈しジェイコブをハードディスクの在り処へと案内する。 そのころサラとリンカーンはイサカ大学へとやってきてマイクの救出に成功する。 マイク救出の報を受けたマイケルは逃走、形勢が不利になったジェイコブはマイケルを追いかけ背後から発砲する。 マイケルは銃弾に倒れるが、走りながらジェイコブをある「区画」へと誘い込んだ。 そこは「模型好き」のブルーハワイによって再現された小部屋、CIA副長官・ゲインズが殺された山小屋の風景を再現した部屋だった。 さらにジェイコブが手にしていた銃(マイケルから奪ったもの)は空砲だったためマイケルは無事。 その様子を監視カメラに収めたマイケル。 「ジェイコブが発砲するシーン」を撮影し、それを「マイケルが着せられた冤罪」の証拠である「ゲインズ殺し」のシーンと合成してジェイコブの罪を明るみに出そうという算段だった。 さらにブルーハワイが用意したその部屋は大きなトラックの荷台に仕掛けられていたため、ブルーハワイがトラックを動かすと現場はいとも簡単に姿を消すことになる。 (FBIたちが発見することはない) 完全にハメられたことを悟ったジェイコブは憤慨しマイケルに襲いかかる。 格闘の末、マイケルは「7年間の恨みだ」と告げジェイコブの顔を何度もなぐりつける。 次いでかけつけたFBIによってマイケルは拘束されてしまうが、ジェイコブもゲインズ殺害容疑で拘束される。 マイケルはジェイコブのオフィスに侵入した際、ハードディスクを盗んだだけではなく「血詰めの瓶」に入っていた「ゲインズの血液」をオフィスに残していた。 それが決め手となりジェイコブは逮捕されるに至る。 CIAによって尋問を受けるマイケルは、一連の事件の思想を証言。 更に別途逮捕されたソローの自白によってジェイコブの悪事が確定する。 マイケルはCIA長官から直々に「自由」を言い渡される。 マイケルの才能を見込んだ長官は彼にスカウトを申し入れるが、マイケルはそれを断り、代わりにある「頼み事」を言い渡す。 晴れて自由を得たマイケルとリンカーン。 マイケルはサラとマイク、リンカーンは良い仲になりつつあるシバと幸せな暮らしを始めることとなる。 いっぽうで、マイケルの「頼み事」とはジェイコブの進退。 CIA長官のツテを利用し、ジェイコブはかつてマイケルが収監された「フォックスリバー刑務所」へと収監されることとなる。 ジェイコブは自身のコネをつかって刑務所から早期に出ることをもくろんでいたが、同房の囚人の姿を見て愕然とする。 エミリー殺しで逮捕されたティーバッグもまたフォックスリバーに収監されていた。 しかもジェイコブと同房。 ティーバッグは息子ウィップを殺された恨みを晴らそうとジェイコブの胸ぐらを締め上げ、刑務所にはジェイコブの悲鳴がこだまする。。。 ページ: 1.

次の

シーズン5の第7話でポセイドンの正体が判明!

プリズン ブレイク ジェイコブ

当記事はネタバレを含みます。 ストーリーを楽しみたい人は閲覧注意。 プリズンブレイクシリーズの中でもシーズン1とシーズン2が特に好きで、シーズン3とシーズン4はとりあえず観ていた私です。 ファイナルブレイクで、妻であるサラタンクレディーを刑務所から脱獄させるために犠牲となって死亡したと思われたマイケルスコフィールドが生きていたというまさかの展開!! 死体の回収や葬儀は見せかけで裏で誰かが手引きしているのでしょう。 おそらく その手引きをした組織が今回の敵。 スコフィールドは相変わらずイケメンですが、シーズン4から4年ほど経過し登場人物が全員少し老けている所に時の流れを感じます。 では以下最新作「プリズンブレイク シーズン5」についての感想です。 サクッと読むための目次• 私もそんな彼の大ファンでして。 シーズン5の始まりは、ティーバッグから始まりましたよね。 しかし、なぜティーバッグに重要なヒントを預けたのか。 個人的な見解としては、マイケルに復讐ができるのならどんな事でもする行動力があり、何かと首を突っ込んでくる。 そして何より 自分に利益があれば何だかんだ協力してくる点w 利用価値が高いし、能力も高く、一番最初に切り捨てる仲間としては最高ですね!! (涙) でもシーズン5のティーバッグの描写はどこか凶悪な雰囲気は薄れており何だか丸くなってしまったなぁという印象。 神経を繋ぎ、取り戻した片腕 ティーバッグといえばシーズン1のフォックスリバーからの脱獄時に、アブルッチに斧で腕を切り落とされて義手でシーズン2からシーズン4まで過ごしてきた凄い奴。 今回も敵になったり味方になったり、ティーバッグから目が離せません。 サラ・タンクレディーの再婚 マイケルの妻である子持ちのサラですが、何とシーズン5では 再婚していました。 再婚相手の名前は、「ジェイコブ・ネス」。 大学の教授で頭がキレる知的派。 サラは頭が良い人が好みらしいが、ジェイコブはマイケルのようなキリッとしたイケメンではない。 登場早々に敵の組織にサラの自宅を襲撃され、ジェイコブのみ撃たれて重傷。 何があったかは不明ですが、サラとマイケルJrが家にいるのに早々に退散してしまいました。 私が睨んでいるのは、 ジェイコブはシーズン5で 重要な役割を果たす人物ではないかという予想。 「敵の組織との繋がりをサラに感じさせないように撃たれる事で信用を深める偽装では??」と黒幕にも成り得るし、現状のシーノート&リンカーンのチームでは欠けている知力を兼ね備えた強力な味方にも成り得るなぁ、と。 オギュギア刑務所でマイケルが? ティーバッグに届けられた一通の封筒の中には暗号とマイケルの写真が。 すぐさまリンカーンに共有するバッグウェル、優しいですねw でもこの時点ではバッグウェルに何の得もない。 何だかんだマイケルに関わると面白い(儲かる)案件がゴロついている事から素直にリンカーンに話しをしたのだろうな。 マイケルの墓を掘り起し、遺体がない事からマイケルが生きている事をリンカーンが確信。 少しづつマイケルに近づいて行くと魔の手がリンカーンとサラを襲う。 今回の敵は、今まで登場した敵のようなキャラが立ってる人物は第三話時点で登場していない。 シーズン1の悪役ベリックやティーバッグ、シーズン2の宿敵(ライバル)マホーンはそのシリーズの核となる登場人物だったがシーズン5の黒幕はいつ登場するのだろう。 そういえばプリズンブレイクはシリーズごとに敵が仲間になっていくストーリー。 まるでドラゴンボールやワンピースのような 男子が大好きな王道パターンである。 ここにもヒットの理由がありそうだ。 気合い十分のフェルナンド・スクレ。 シーズン5では死んだと思われていたマイケルが生きているかもと知り、居ても立っても居られずに嫁と子供、仕事をも放り出してリンカーンと合流するも行先が内戦が続くイエメンだと伝えられ同行を断られるスクレw 第一話「死者からの手紙」ではすんなりとイエメン入りを諦めるが、ここまでプリズンブレイクを観てきた人なら思うだろう。 「スクレならは何があってもイエメンに行くよな」と。 仲間思いで家族思い、チャーミングで愛されキャラ。 そして何よりマイケルラブなスクレ。 これまでここぞとタイミングで運が悪い事が多かったけど、シーズン5では活躍してほしい所。 オギュギア刑務所でマイケルに再会?? ティーバッグに届けられた一通のメモと写真でイエメンのオギュギア刑務所にいる可能性が高いと判明したマイケル。 現地についたシーノートとリンカーンは入国後即座に連れ去られ大人数に囲まれるが、ゴリラパワー二人の前に敵はバッタバタと倒されていく。 この辺りドラマだなぁと感じる。 無事イエメンの仲間と合流し、オギュギア刑務所でマイケルと再会するも マイケルは 偽名を使い別人だと一言。 マイケルの心中としては生きているという事実が知られてしまうと、家族に迷惑をかけてしまう状況なのでしょう。 実際にサラやリンカーンにマイケルの生存を気付き始めた瞬間から命が狙われ出しますからね。 しかし襲われた後のサラの行動は軽率で、子供を保育園に送り迎えをしたり、入院している夫の元へ看病したりマイケルが生きているかもしれないと相談したりしています。 今までのプリズンブレイクシリーズであれば速攻殺害されてしまう状況ですが、自宅に押し入った謎の組織もサラに手を出さず、ジェイコブに止めを刺さなかった点から考えてマイケルを探す事を辞めさせようとしているのではないかと推測できます。 シーズン1とは逆展開! 今度はリンカーンがマイケルを救い出す!? シーズン1では、刑務所に収監されてる兄:リンカーン・バローズを救い出す為に、弟:マイケル・スコフィールド自ら刑務所に入って脱獄させました。 シーズン5では刑務所に収監されているマイケルを脱獄させるためにストーリーは進行中。 しかもその刑務所は中東イエメンに位置する。 中東イエメンといえばドラマの世界ではなく、今現在リアルに非常に危険な地域。 プリズンブレイク シーズン5のドラマの中でも同様の状況で、ドラマの世界とリアルの世界が混合し非常にリンクして見られる。 そんな危険な地域だが、刑務所は存在し監守も沢山いるので簡単に脱獄する事は出来ません。 当然そんな場所にいる監守は荒々しく、フォックスリバーやソナよりもラフな格好で武器もハンドガンではなくライフルだったりする。 マイケルは考え抜いて脱獄をする知能タイプですが、リンカーンは真逆のパワータイプ。 今回一緒に行動してくれているシーノートも元軍人という事で今回の脱獄は念密に練った計画というよりも、 人脈と軍事力でゴリ押してイきそうな気がしてます。 まさかの脱獄失敗!? 刑務所内の脱獄仲間を裏切り、 脱獄中に監守に捕まり絶望の淵に立たされたマイケル。 仲間が持っていたスマホでサラへのビデオメッセージを涙ながらに撮影するマイケルはこの状況を打破する策もない位に追い込まれているのでしょう。 そんな状況で第三話「嘘」は終わります。 監禁房に隔離され、夜が明ければ処刑されるような状況ですからねぇ・・・。 果たして第四話でもマイケルは生存し続ける事ができるのか気になって仕方がない今日この頃です。

次の

プリズン・ブレイク 人物相関図とあらすじ シーズン4

プリズン ブレイク ジェイコブ

脱獄途中でこと切れたウェストモアランドと、体重が災いして脱獄に失敗したマンチェのふたりをフォックスリバー組に含めて全部で10人が最後にどうなったのか、この項目で書くことにします。 マイケル・スコフィールド 死亡。 シーズン4ラストで、脱獄メンバーとサラ、その息子がマイケルのお墓参り。 命日のような雰囲気。 死んだ場面は、サラが逮捕される「」にある。 死因は感電。 サラを脱獄させるため犠牲になって感電死する。 この時、サラのお腹にはマイケルの子がいて、マイケルは脳腫瘍の再発でわずかな余命しか残っていないと診断されていた。 シーズン5の登場場面 アリ リンカーン ソフィアとLJと3人でパナマに暮らす。 ファイナルブレイク(マイケルとサラの結婚式の場面からはじまる)では、もちろんサラの脱獄を手助けするチームの一員。 シーズン5の登場場面 アリ スクレ シーズン4の終盤、スキュラ奪取チームとは別れて行動していたが、シーノートに「ある大物がマイケルと会いたがっている。 その人物は全員を免責する権力を持っている」と持ちかけられ、シーノートと一緒にマイケルたちと再度合流。 マイケルらが逮捕されそうになったので、囮になって捕まる。 取調べでマイケルの居場所を言えと強要されるが、口を割らず、拘束される。 マイケルがケラーマンにスキュラを引き渡すと釈放、免責。 その後シカゴでマリークルーズと娘の3人で生活。 ファイナルブレイクにも登場。 マイケルはスクレに、家族があるのだからサラの脱獄を手伝わなくていいと言うが、スクレは断固として最後まで行動を共にする。 シーズン5の登場場面 アリ Tバッグ シーズン4終盤では将軍の手足となって働いているが、スクレとシーノートに捕えられ、逮捕される。 自分もスキュラ探しを手伝ったのだから免責メンバーに加えろと主張するが、他の面々はTバッグをチームの一員とは認めず、Tバッグは刑務所へ。 シーズン5の登場場面 アリ 実はTバッグはこの後、 ファイナルブレイクとシーズン5までの間にもう一度脱獄しています。 このエピソードは、プリズンブレイクのスピンオフ作品「」の 第3話に収録されています。 「ブレイクアウト・キング」は、囚人選抜チームが脱獄犯を追うオムニバス作品です。 ブレイクアウトキングを含めたTバッグの殺人全部をまとめたものはこちらに。 トゥイーナー マホーンに射殺される。 詳細は シーノート 取引により一足早く自由の身となっていたが、ケラーマンにマイケルと会わせるよう要求されスクレにコンタクトを取る。 この橋渡しによりマイケルはケラーマンと再会、スキュラと引き換えに全員の免責を勝ち取ることになる。 その後は小奇麗な家で家族と暮らしている様子。 シーズン4ラストのマイケルのお墓参りには参加していないが、庭に届いた朝刊の日付を見て、静かに空を見上げる。 マイケルの命日だったよう。 100ドル札のことです。 シーノートは、フォックスリバーの調達屋で何でも一律100ドルで調達していたことからこのニックネームがつきました。 シーズン5の登場場面 アリ アブルッチ マホーンに射殺される。 詳細は ウェストモアランド(D. クーパー) 脱獄に挑むが腹部の怪我が深く、刑務所敷地内から出ることなく死亡。 詳細は マンチェ スクレの 友人いとこ。 脱獄に失敗して捕えられる。 正しくは「いとこ」です。 ごめんなさい! 読者の方に教えていただいて気付きました。 ありがとうございました。 ヘイワイヤー マホーンにそそのかされて飛び降り自殺。 詳細は フォックスリバー組の親類縁者 マイケルとリンカーンの父 マホーンにより殺害される。 詳細は マイケルの母クリスティーナ サラの正当防衛により死亡。 詳細は ベロニカ 副大統領の部下に殺される。 詳細は リンカーンの息子LJ マイケルがSONAを出た後、パナマでソフィアと3人で暮らしていた。 その後リンカーンが逮捕されアメリカに引き渡されるが、LJはソフィアとパナマに残ったようで、最後にリンカーンが免責を受けた時、現地警察によりソフィアと共に保護されたと知らせが入る。 すべてが終わってから、海辺の家を出かけるリンカーンが、見送りのソフィアに、LJにはまた来年卒業試験を受けろと言ったと話している。 留年しているらしい。 シーズン5の登場場面 ナシ ホランダー夫人 Tバッグが逮捕される前に付き合っていた女の人。 脱獄したTバッグは、ホランダー夫人の一家を探し出し、家族全員を監禁するが、その後自ら監禁場所を警察に通報したので、一家は助かる。 シーズン5の登場場面 ナシ ニカ マイケルの法律上の妻。 シーズン2でマイケル、リンカーンとともにベリックに監禁され、ニカの機転で切り抜ける場面が最後の登場。 その後は不明だが、後にマイケルがサラと結婚していることから、ニカとマイケルの婚姻は解消されているものと思われる。 シーズン5の登場場面 ナシ フォックスリバー職員 ポープ所長 フォックスリバー退職後、マイケルの依頼で副大統領の弟殺害事件の真相に関わるものを運ぶことになり、陰謀の存在を知る。 信頼を裏切ったマイケルに対しては依然複雑な気持ちでいるが、真実をつきとめるよう望む。 シーズン5の登場場面 ナシ ベリック スキュラ作戦中に死亡。 詳細は ギアリー Tバッグに殺される。 詳細は サラ マイケルとの結婚式の最中にマイケルの母殺害の容疑で逮捕される。 マイケルらの手引きで脱獄に成功。 マイケルの死後、マイケルの子を産む。 子供の名前もマイケル。 シーズン5の登場場面 アリ スポンサーリンク 政府関係者 キャロライン(副大統領、途中で大統領に就任) マイケルに弟との近親相姦を知られ、情報と引き換えに恩赦を出すよう取引を持ちかけられるが、突然の辞任。 恩赦は出せなくなる。 その後ケラーマンがサラの法廷ですべてを証言したので、逮捕されたものと思われるがその場面は出てこない。 シーズン5の登場場面 ナシ 副大統領の弟(ステッドマン) 自殺。 詳細は ケラーマン キャロライン(副)大統領の陰謀のすべてを法廷で話し逮捕される。 護送中にケラーマンの乗っている車に銃弾が撃ち込まれ、殺されたように見えるが、実はこの時、組織の対抗勢力(マイケルの父がいた組織)に救われ生きている。 潜伏して爪を砥いでいた様子。 シーノートを通じてマイケルらの前に現れ、全員の免責と引き換えにスキュラを手に入れる。 その後、連邦議会議員になる。 シーズン5の登場場面 アリ ヘイル シークレットサービス時代のケラーマンの相棒。 ケラーマンに射殺される。 最終話で、ヘイルの妻がケラーマン議員に唾を吐きかける場面がある。 FBI関係者 マホーン 息子キャメロンを殺したワイアットに復讐を果たすが、パメラのもとへは戻らず、FBI時代に部下だったラングと恋愛関係になる。 ファイナルブレイクでサラが逮捕されると、FBIはマイケルがサラを脱獄させると警戒するようになり、マホーンに、マイケルの情報を売れば復職させてやると近づいてくる。 マホーンは結局マイケルたちとの友情を選び、FBIを出し抜く。 シーズン5の登場場面 ナシ ラング マホーンを慕っていたFBIの黒人女性。 スキュラ作戦終了後は、マホーンと恋愛関係になる。 シーズン5の登場場面 ナシ SONA組 SONAのあったパナマはここです。 小さい国です。 ルチェロ SONAを仕切っている囚人。 Tバッグに殺される。 詳細は サミー SONA仕切りグループのナンバー2。 後にルチェロを引き摺り下ろしてナンバー1に。 詳細は ウィスラー マイケルが脱獄させるよう強要された人物。 当初はソフィアの彼氏。 下水道の男。 またの名をコール・ファイファー。 脱獄後死亡。 詳細は マクグレディ バスケの子。 マイケルの脱獄に同行。 マクグレディの父親の助けで、脱獄は辛うじて成功する。 マクグレディは父親と共に家に帰り、暖かく迎えられる。 シーズン5の登場場面 ナシ スポンサーリンク SONA組の親類縁者 ソフィア リンカーンと恋仲になったパナマの女の人。 シーズン4終りで、スキュラを奪い返したい組織に人質に取られるが、組織の将軍(ジョナサン)がマイケル、リンカーンに取引を迫る現場にシーノートとスクレが銃を持って現れ立場が逆転。 ソフィアは解放される。 その後、パナマでリンカーン、LJと暮らす。 シーズン5の登場場面 ナシ ルチェロ専門娼婦メアリー 修道女としてSONAに出入りしていた女の人。 TバッグがSONAの暴動に乗じて脱獄してからしばらく一緒に暮らす。 最後までTバッグを善人と信じて愛している。 シーズン5の登場場面 ナシ スキュラ奪取チーム ローランド セルフがどこからか連れてきてスキュラ奪取チームの一員に加えたハッカー。 ワイアット(黒人ヒットマン)に殺される。 詳細は 国土安全保障省関係者 セルフ マイケルたちにスキュラ作戦を依頼していた役人だが、裏切り、最終的には組織の将軍クランツの手下として働くようになる。 将軍に殺されそうになって逃げる途中で川におぼれて病院に運ばれ、病室に侵入した何者か(おそらく組織の刺客)に謎の薬剤を注入されると、脳障害らしき症状に陥る。 その後、連邦保安官が取り調べのために病室を訪れ、マイケルの居場所を話せば最新の治療を受けさせてやると言うが、セルフは、この取引に応じず、廃人になる。 シーズン5の登場場面 ナシ ミリアム セルフに殺される。 詳細は 組織関係者 キム サラの正当防衛により死亡。 詳細は グレッチェン 逮捕される。 ファイナルブレイクで、サラが収監されるのと同じ刑務所に服役していて、サラの脱獄に便乗しようとするが、看守に見つかりそうになると自ら囮になってサラだけを逃がす。 サラを助けたのは、お腹に子供がいると知っていたから。 シーズン5の登場場面 ナシ ワイアット 黒人ヒットマン。 マホーンに捕えられ、殺される。 詳細は ジョナサン・クランツ将軍 シーズン4終りで、ソフィアを人質にマイケルとリンカーンにスキュラを渡すよう迫るが、そこへスクレとシーノートが銃を持って現れ形勢逆転。 ソフィアは解放され、将軍はその場に手錠で繋がれ取り残される。 駆けつけた警察に逮捕されたクランツは、獄中でサラの逮捕を知り(ファイナルブレイク)女子房の囚人にサラを殺せば大金をやると懸賞を出すが、サラは危険をすり抜け脱獄する。 将軍は死刑になる。 プリズンブレイク シーズン5での各登場人物の最後 シーズン5でマイケルが発見されるのは中東イエメンです。 アラビア半島南端、サウジアラビアの南、オマーンの西で砂漠と海があります。 マイケルは生きていて、ジェイコブから世界各地の囚人を脱獄させる仕事を強要されていた。 交換条件は、家族の自由で安全な生活。 ジェイコブが逮捕されると自由の身になり、CIAにその能力を買われてスカウトされるが断わる。 静かに暮らすマイケルとサラに息子のマイケル、リンカーンとシバの5人が芝生てくつろいでいる場面でシーズン5は終わる。 リンカーン ソフィアと別れてからは、運び屋としてアブルッチ(故人)の息子ルカ・アブルッチの下で働いていたリンカーンだったが、マイケルを救出するために向かったイエメンでシバと出会い、恋愛関係になる。 一緒にいるとシバに危険が及ぶと考えるリンカーンは、シバを遠ざけるが、すべてが終わった時、マイケルがシバを呼び寄せる。 スクレ 船乗りになっているスクレは、脱獄後の逃げ道を失ったマイケルたちをアメリカに帰すため、船長と交渉して乗船できるようはからう。 しかしその船は、マイケルが乗っていることをつかんだジェイコブによって爆撃されてしまう。 脱獄メンバーもスクレも海に飛び込んで助かるが、スクレは船の仕事を失った上に副業として海外に販売していたラブドールは海の藻屑に… マリークルーズは登場しないけれども、別れたという話も出てこないので結婚して一緒にいるものと思われる。 Tバッグ 恩赦で釈放されたTバッグは、マイケルの生存を知らせる匿名の手紙を受け取り、リンカーンにそれを伝えに行く。 マイケルが引き会わせた実子ディビッドがポセイドンの部下(女)に殺されると、その場で女の首を折って復讐する。 駆け付けたFBIに抵抗もせず逮捕されたTバッグは、再びフォックスリバーへ。 シーノート 軍人だったころの経験から中東に人脈を持ち、アラビア語が話せるシーノートは、マイケルを探しにイエメンへ向かうリンカーンに同行する。 イエメンの情勢が悪化する中、シドと子供たちを連れて、マイケルら脱獄グループとともに飛行機で国外へ脱出しようとするが、脱獄組の空港への到着が遅れ、やむなく自分たちだけでアメリカへと飛び立つ。 後にアメリカへの逃亡がかなったマイケルと再会したシーノートは、ポセイドンを倒すまでともに戦うつもりでいるが、マイケルが、「家族を守れ」と言うとそれを受け入れ、帰っていく。 奥さんと子供は登場しないものの、このやり取りから、おそらくあのまま家族と幸せに暮らしているのだろうと想像される。 サラ マイケルが死んだものと思っていたサラは、ジェイコブと再婚していたが、ジェイコブの正体を知り、マイケル救出へと動く。 ジェイコブは逮捕され、サラは、夫マイケル、息子マイケルと3人で暮らす生活に戻る。 マイケル(マイケルとサラの息子、マイクと呼ばれている) ジェイコブ逮捕後、サラ、マイケルとともに暮らす。 ジェイコブ(ポセイドン) サラの再婚相手で、正体はマイケルを操るポセイドン。 CIAの職員だったが、世界を操作したいとの野望の実現のために21ボイドという秘密組織を結成する。 最終話で逮捕されるとフォックスリバー刑務所に送られ、一足先に収檻されていたTバッグと同房になる。 (Tバッグの実子ディビットを殺したのはジェイコブの部下) シバ イエメンの美女 シーノートの知人で、リンカーンがマイケルを探すのを手伝う。 アメリカに逃げていたが、マイケルやリンカーンが帰国すると合流し、ポセイドンと戦うメンバーに加わる。 しかしリンカーンは、危険な目に遭わせたくないと言って強引にシバを除外。 イエメンにいた頃から愛し合いはじめていたであろうふたりは、ここで一旦離ればなれになり、事件解決後にカップルになる。 ケラーマン 国務省の役人になっていたケラーマンだったが、ポセイドンの部下に撃たれて死亡。 詳細は オマール シバの知人でリンカーンのパスポートを詐取した男 イエメン過激派の銃撃で死亡。 詳細は アブ・ラマール オギュギアに収檻されているイスラム過激派の指導者。 ポセイドンがマイケルに命じている仕事は、アブ・ラマールを脱獄させることだった。 脱獄には成功するが逃走の途中で死亡。 詳細は ウィップ(ディビット) マイケルが「利き手」と呼ぶ相棒でTバッグの実子。 脱獄メンバーの一人。 ポセイドンの部下に殺される。 詳細は シド 同性愛の罪でオギュギア刑務所に服役していた囚人で脱獄メンバーの一人。 サイクロプスに刺されて死ぬ。 詳細は ジャ オギュギア刑務所でのマイケルの同房者。 脱獄メンバーの一人。 脱獄途中で立ち寄ったファティーシャの村を気に入り、そこで生きると決意する。 ガムの少年 オギュギア刑務所の近くの男の子。 マイケルがガムを忍ばせた紙飛行機を飛ばすと、それを拾ってガムと引き換えにちょっとしたおつかいをしてくれる。 最後の登場は、過激派の暴動の余波で荒れるオギュギアに侵入したいリンカーンの依頼で、看守に「あっちにアメリカ人がいる」と嘘をつき、看守がいなくなった隙に刑務所の鍵を盗んだ場面。 ヘンリー・キシカワ 国務省の役人でケラーマンの部下 ポセイドン部下(女)に射殺される。 詳細は サイクロプス シバに一方的に熱を上げていた隻眼の男 海からの脱出のためファティーシャへと向かうマイケルとの砂漠のカーチェイスの末、もみ合いになり、サイクロプスはマイケルを不凍液のボトルで刺すが、マイケルもサイクロプスの目にドライバーを突き刺す。 倒れたままマイケルを呪う言葉をわめいているのが最後の出番で、生死は不明。 ルカ・アブルッチ リンカーンに運び屋をやらせていたマフィア(ジョン・アブルッチの息子) リンカーンは、運んでいるのが薬物だと知るとその薬を捨ててしまう。 シーズン5冒頭でリンカーンがマフィア風の男に追われていたのは、このため。 ルカはリンカーンを殺そうと追い回すが、リンカーンはルカに罠を仕掛けて警察に逮捕させる。 ポセイドン部下2人組 男:女に撃たれて病院に運ばれ、死ぬ。 詳細は 女:Tバッグに殺される。 詳細は.

次の