ナガレ ヒキガエル。 ナガレヒキガエル(抱きつきガエル)は採集飼育可能?販売価格や値段に関して。

ナガレヒキガエル

ナガレ ヒキガエル

ナガレヒキガエル カエル目・ヒキガエル科 学 名 Bufo torrenticola 英 名 Japanese stream toad 分布域 中部地方西部から紀伊半島辺り 生息環境 山間部の渓流やその周辺など 全 長 雄で 7~12cm 程度、雌で 8. 5~16cm 程度 国内のヒキガエルの仲間には、外来種を省き、、、ナガレヒキガエルの三種が自然分布しているが、ナガレヒキガエルは富山や石川、福井や岐阜などの北陸・中部地方西部から滋賀、京都、奈良、三重、和歌山などの近畿地方に分布していて、日本の固有種とされている。 体つきはずんぐりとしていて、体にはイボ状の突起があるなど、形態はニホンヒキガエルによく似ている。 水かきがあまり発達していないことなども同じだが、ナガレヒキガエルの四肢は、ニホンヒキガエルよりもやや長い。 また、鼓膜は不明瞭で、耳線もやや小さいなどの特徴があるとされている。 体色は緑褐色や暗緑色、黒褐色などで、腹側は黄色や淡い色をしている。 背側には白色や暗色の斑があるが、赤や橙色などの斑があるものも見られ、腹側にも暗色の斑がある。 ナガレヒキガエルは、主に山間部の渓流やその周辺に生息していて、ニホンヒキガエルのように、平野部にある人家の庭先などでは見られない。 標高1700m辺りでも見られ、地表性だが、時に木に登ることもある。 ニホンヒキガエルなどと同様、昆虫類や節足動物、ミミズやサワガニなどを食べるが、獲物を捕らえるときも同じで、跳び付いたりするよりも、長い舌を使って捕らえることが多い。 繁殖期は3~5月頃で、この時期の雄はイボ状の突起がなくなり、水中生活に適するように、滑らかな皮膚になる。 しかし、ナガレヒキガエルの繁殖は、ニホンヒキガエルのように池や湖、水田などの止水域では行われず、流れのある山地の渓流で行われる。 このことから和名 ナガレ や英名 stream が付けられているが、流水域で繁殖するカエルは珍しいと言われている。 雌は、渓流の浅い水場にある倒木や岩などに、ひも状の卵塊を産み付ける。 卵は2500~4000個と言われているが、流れに流されないよう、卵塊は岩などに巻きつけられるようにして産み付けられる。 幼体のオタマジャクシは流れの中で生活するが、吸盤状の大きな口をもっていて、流されないよう岩などに吸い付くようにし、藻類などを食べて成長する。 は10年程度と言われていて、他のヒキガエルと同様、危険を感じると耳線や皮膚から有毒の粘液を出す。 ナガレヒキガエルは、現在のところ絶滅の恐れはないとされているが、渓流の水質汚染や砂防堰堤の建設、森林伐採などによる生息地や繁殖地の減少が心配されている。 地域によっては生息数が減少していて、自治体によっては、や準絶滅危惧種に指定している。 Private Zoo Gardenは、国内の動物園で会える動物たちを紹介している、インターネット動物園です。 今後とも園内の充実を図っていく予定ですので、動物図鑑や写真集などとして、是非利用してください。

次の

ニホンヒキガエルとアズマヒキガエルの見分け方

ナガレ ヒキガエル

ミヤコヒキガエル Bufo gargarizans miyakonis• ナガレヒキガエル Bufo torrenticola• ニホンヒキガエル Bufo japonicus japonicu• アズマヒキガエル Bufo japonicus formosus• オオヒキガエル(外来種) Rhinella marina 【日本爬虫両棲類学会・日本産爬虫両生類標準和名リスト(2019年1月25日版)より】 一般的にヒキガエルというと主に西日本に生息する「ニホンヒキガエル」か 東日本に生息する「アズマヒキガエル」のことを指します。 この2種、「え、どこがちがうの?」 というほどそっくりで見分けがつかないので、私は「関東で見つけたからアズマヒキガエル、島根は西日本だからニホンヒキガエル。 」と、生息地で見分けておりました。 し、知らなかった・・・ 図鑑にもがっつり分布域が掲載されているのに、改めて確認しようともせず 「西日本だから」という理由だけで、しまねで見るヒキガエルは「ニホンヒキガエル」だと思い込んでおりました・・・ そんなわけで、今後島根半島でヒキガエルに出会うことがあれば要チェックです! しかし、島根半島は日本列島から孤立していた時代が長く、陸続きになったのは約1300年前。 それがどうしてアズマヒキガエルの分布域となったのかは謎です。 ニホンヒキガエルとアズマヒキガエルの違いはココ!• 目の下にご注目。 丸い模様みたいなものがありますね。 ここはカエル類の耳の部分にあたり、カエルには耳たぶや外耳がないので鼓膜がむき出しになっています。 この鼓膜の大きさが見分けるポイント! 要するに大きいか小さいかの違いですが、フィールドで出会った時は大きさの比較ができるわけではないので、正確には• 目から鼓膜の距離が鼓膜の直径より長い=ニホンヒキガエル• 目から鼓膜の距離が鼓膜の直径より短い=アズマヒキガエル ということになります。 図鑑によってはアズマヒキガエルの方がイボが多いとか書いてありますが、ヒキガエルのイボ数や模様、色などは個体差が大きいので、種の見分けポイントとしてはあてになりません。 意外と身近なヒキガエル みなさんの住んでいる地域のヒキガエルは、何ヒキガエルになりますか? ヒキガエルは人家の庭や学校の校庭など、ちょっとした土と石(ブロック)、そして近くに水たまり程度の水場があれば棲んでいたりする、意外と身近なカエルなのです。 普段は石や落ち葉の下にもぐりこんでじーっと過ごしていますが、雨が降るとのそのそ出てくるので、出会う確率があがります。 ヒキガエルがいるということは、その場所は食べものとなる昆虫など小動物がおり、そうした生きものたちが過ごせる自然環境が保たれているということなので、もしヒキガエルを見かける場所があったら、その場所を大切にしていってくださいね。

次の

ナガレヒキガエル

ナガレ ヒキガエル

無尾目ヒキガエル科 (日本固有種) 大きさ 7cm〜17cm 分布 本州の中部地方西部 近畿地方の山間部 山の渓流周辺の森林や草原で生活。 渓流のよどみなどで繁殖活動を行うことからこの名前がついた。 鼓膜が不明瞭で見た目にはほとんどわからないのが特徴。 体色は個体差があるが、繁殖期には鮮やかなオレンジ色の婚姻色が出る。 繁殖期は4月〜5月、渓流のよどみにひも状の卵を木切れなどに巻きつけるように産み付ける。 生まれたおたまじゃくしは、渓流で流されないよう岩に吸い付くことができる。 ウォッチングのコツ・・・ 4月〜5月の繁殖期が観察のチャンスだ。 産卵場所を見つければ、親カエルが潜んでいる可能性大。 渓流や滝つぼなどで産卵するらしいが、僕が見つけたところはほんとに小さい沢。 1個体しか会っていないから、あまり当てにできる情報ではない。 ・・・すみません。 ナガレヒキガエルを探し、狭い山道を彷徨う。 というか何度も道に迷ったり、行き止まりで引き返したり、右往左往していた。 ほどよい渓流を見るたびに車を止め、水の中を探したり、周辺の森で石や枯れ木をひっくり返す。 高野山を昼前に出発し、 大台ケ原に向かう途中の山の中だ。 ナビまかせの長旅は、自分がどこにいるのかわからなくなるし、今日の日付を忘れてしまう。 狭い山道を車がびゅんびゅん通る。 GWのまっ最中だった。 6割くらいが大阪ナンバーだ。 ナガレヒキガエルは中部地方西部、近畿地方の山間部に棲む。 両生類はタイミングが合わないとなかなか出会えない。 そのうえ分布が限られているから、なかなか発見しづらいそうだ。 ・・・・そんなもんだ、とあきらめかけていたら・・・・・・・みつけちゃった。

次の