イルミナティカード 東日本。 【イルミナティカード】Tidal Waveの詳細と都市伝説まとめ【東日本大震災の大津波】

5.11の地震の予言がデマか本当か?イルミナティカードはコロナも的中していたと話題!

イルミナティカード 東日本

イルミナティカードとは、アメリカのゲーム会社「スティーブ・ジャクソン・ゲームズ」から1995年に発売されたカードゲームです。 秘密結社「 イルミナティ」をモチーフにしており、いくつかの陣営に分かれて自分の勢力を大きくしていくことがゲームの目的です。 カードは全種類で550枚ありますが、その中のいくつかは1995年に発売されたにも関わらず、未来に起こる大きな事件や災害が描かれており、イルミナティカードの未来 予言として、都市伝説ファンから根強い人気をもちます。 単なる嘘やこじつけとも言えそうですが、発売元のゲーム会社にはアメリカ政府の強制捜査が行われたことがあり、嘘やこじつけで済ますには、色々と不審な点が多いのも事実です。 中には日本の未来について予言されたカードもあるということで、どんな予言なのか気になりますよね。 詳しく解説していきます。 イルミナティカードの遊び方についても知っておきましょう。 イルミナティカードで遊ぶ際には、2つのサイコロとゲーム用の通貨を準備します。 イルミナティカードには、「クトゥルフ従者」「マスメディア」「バミューダトライアングル」などいくつかの陣営があります。 プレイヤーはそれぞれ自分の秘密結社陣営を選択し、その陣営ごとに違う勝利条件を達成したものが勝者となります。 イルミナティカードの端には複数の矢印が描かれており、「支配する矢印」と「支配される矢印」があります。 自分のターンにサイコロを振り、条件を満たすことで、場のカードを自分の支配下に加えていき、 自分のカードの「支配する矢印」に対象カードの「支配される矢印」をくっつけていくことで、自分の勢力を拡大していくというのがイルミナティカードの遊び方において特徴的な点です。 それぞれの秘密結社は世界征服や世界金融支配など異なる目的を持っており、中には世界中に災害や混乱をまくようなものもあります。 イルミナティカードのゲーム目的は単純に相手を倒すというものではなく、他の秘密結社 対戦相手 を侵略していきながらお金の供給源や国防のコマとして使い、結果的にお互いのプレーヤーがそれぞれの異なった勝利条件をを達成していきます。 遊ぶ際にプレイヤー同士が資金などを取引するための相談ができるというのも、水面下で陰謀を練る秘密結社のようで楽しいですね。 イルミナティカードは911テロを予言していたと言われています。 イルミナティカードにTerrorist Nukeというものがあるのですが、Terrorist Nukeに描かれているのは、アメリカで2001年に起きた911事件そのものです。 911といえば、世界貿易センタービルに2台の航空機が衝突して2つのビルが炎上、倒壊したことで有名ですが、イルミナティカードには911の時にビルが炎上した様子に似たイラストが描かれています。 またカードの左を下に向けて横にして見た時に数字の9と11が発見できます。 Terrorist Nukeのイルミナティカードが作られた時は1995年。 911の事件は2001年です。 イルミナティカードは2016年に誕生したトランプ大統領の当選も予言したといわれています。 「Enough is Enough」というイルミナティカードの中央にはトランプ大統領によく似た顔が描かれています。 トランプ大統領の「Enough is Enough」のカードにはワシントンD. Cを連想させるひし形の形が刻まれていることから、トランプがアメリカの行政に対してあるいはアメリカの行政の中心から、Enough is Enough(もううんざりだ!いい加減にしろ!)というメッセージを発信している2020年の現在を予言していたと言えそうです。 「Enough is Enough」のイルミナティカードに描かれたトランプ大統領は、何に対して「いい加減にしろ!」と主張しているのでしょうか? イギリスの公妃ダイアナもまた、イルミナティカードに描かれた人物の一人です。 背後に描かれているのはダイアナを写真に撮ろうとフラッシュをたくマスコミです。 ダイアナ妃は1996年に夫のチャールズ皇太子と離婚したのち、1997年にパリで乗っていた車が事故を起こし、死んでしまいます。 ダイアナが死ぬことになった事故の原因は、執拗に追いかけてくるマスコミの車をまくために、ドライバーがトンネル内で猛スピードを出し、追突してしまったからです。 ダイアナが描かれたイルミナティカード「Princess Di」はマスコミの追跡によって死ぬことになるダイアナの未来を暗示しているかのようです。 あるいは、ダイアナ妃が亡くなることすらも、あらかじめ仕組まれた陰謀だったのかもしれません。

次の

イルミナティカードの予言

イルミナティカード 東日本

イルミナティカードといえば、都市伝説好きなら一度は聞いたことがある 悪魔のカードゲームです。 アメリカで1882年頃に発売された対戦型カードゲームなのですが、 911アメリカ同時多発テロなど、あらゆる災厄や一大ニュースを予言していたと都市伝説好きの間で話題に。 実はこのイルミナティカード、アメリカにおける トランプの大統領就任や、2020年の 新型コロナウイルス流行に 東京オリンピック中止まで予言していたのです。 今回は2020年最新版のイルミナティカードの予言を紹介します。 イルミナティカードが予言したトランプの大統領就任 イルミナティカードに書かれたトランプ大統領1 画像引用元: まずはこちらの画像をご覧ください。 イルミナティカードの 「Enough is Enough(いい加減にしろ)」というカードなのですが、明らかに トランプ大統領の顔が描かれていますよね。 これだけなら、まだ当時のイルミナティカードのスタッフがトランプ氏をモデルに書いただけとも考えられるのですが……。 イルミナティカードに書かれたトランプ大統領2 画像引用元: イルミナティカードの 「Hex(魔法をかける)」カードを見ると、 悪魔の姿に変貌したトランプ大統領が描かれています。 まさに現在、 暴君として君臨しているトランプ大統領を予言したようなカードですよね。 【2020年】イルミナティカードが予言した新型コロナウイルスと武漢市 イルミナティカードに書かれた新型コロナウイルス流行 画像引用元: イルミナティカードの「Plague of Demons」のカード、意味はズバリ、 「悪魔の疫病(伝染病)」です。 このカードが 新型コロナウイルスの流行を完全に予言していたと話題になっています。 新型コロナウイルスの発生源としては現在 コウモリが有力視されていますが、このカードには 幾匹ものコウモリが描かれています。 さらにコウモリに脅かされる建物……実は新型コロナウイルスの発祥地とされている中国の 武漢市にそっくりの建物があるのです。 イルミナティカードに書かれた武漢市の建物 画像引用元: アメリカのホワイトハウスに似ていると思った人も多いかもしれません。 ホワイトハウスを模倣して作られたのではと、2015年にも話題になった有名な建物なんです。 そして次のイルミナティカード 「Lab Explosion(研究所爆発)」もまた、新型コロナウイルスに関連したカードだとされています。 イルミナティカードに書かれた新型コロナの発生源 画像引用元: カード名の通り研究所が爆発したイラストなのですが、中心の黄色い爆発部分の形が、 武漢周辺地域の地図に似ているとかなんとか。 あてはめてみると、たしかに爆発の中心部分である赤いところには 武漢が位置します。 イルミナティカードに書かれた新型コロナと武漢 画像引用元: そしてトランプ大統領は2020年5月3日、 新型コロナウイルスが武漢市の研究所から流出した事を裏付ける「決定的な」証拠を公表すると発表しました。 (より) 新型コロナウイルスの発生源についてはまだ意見が割れているところですが、もしイルミナティカードに書かれている通りの事実があるのだとしたら……。 【2020年】イルミナティカードが予言した東京オリンピック中止 イルミナティカードに書かれた東京オリンピック延期 画像引用元: 新型コロナウイルスの世界的流行によって日本で開催が決まっていた 東京オリンピック2020の延期が決まってしまったことは、皆さん記憶に新しいと思います。 実はこの東京オリンピック延期すら、イルミナティカードは予言していました。 イルミナティカードの 「Combined Disasters(複合災害)」というカードは、 2つの災害が合わさったことで起こる災いを暗示するカードです。 イラストには5人の人物が描かれていますが、それぞれ緑、黄、黒、青、赤の衣服を身につけています。 この色、オリンピックのテーマカラーと同じですよね。 さらに東京の銀座にある 和光の時計台が、イラストの背景に書かれている建物と酷似しています。 イルミナティカードに書かれた東京の時計台 画像引用元: つまりイルミナティカードは、 複合災害(研究所爆発とパンデミック?)によって東京オリンピックが延期になったことを予言していたというのです。 イルミナティカードは予言書?それとも陰謀の告発? 今回は2020年最新版のイルミナティカードの予言を紹介しました。 20年前に発売されたイルミナティカードがトランプの大統領就任や、2020年の新型コロナウイルスの流行に東京オリンピック中止まで予言していたとは驚きですよね。 ところでこのイルミナティカード、予言書ではなく、 決められた陰謀をあらかじめ書いたものだとしたら? たとえば 中国と敵対するアメリカが、武漢市の研究所爆発を仕組んだというのは、陰謀論ではよく聞く話です。 イルミナティカードの製造者は、 ディープステート(影の政府)が仕組んだ悪魔のシナリオを巧妙なかたちで告発していたのかもしれません。 の記事では911や東日本大震災のイルミナティカードの予言について紹介しています! アメリカの都市伝説や陰謀論としては、トランプ大統領にかかわるが今話題です。 またオカルトオンラインでは2020年の東京オリンピック延期や新型コロナウイルスの流行、911に311、福島原発事故まで予言していた漫画を紹介しています。 の記事からぜひご覧ください。

次の

イルミナティカードがコロナウイルスや東日本を予言!5月11日の大地震も?

イルミナティカード 東日本

イルミナティカードといえば、都市伝説好きなら一度は聞いたことがある 悪魔のカードゲームです。 アメリカで1882年頃に発売された対戦型カードゲームなのですが、 911アメリカ同時多発テロなど、あらゆる災厄や一大ニュースを予言していたと都市伝説好きの間で話題に。 実はこのイルミナティカード、アメリカにおける トランプの大統領就任や、2020年の 新型コロナウイルス流行に 東京オリンピック中止まで予言していたのです。 今回は2020年最新版のイルミナティカードの予言を紹介します。 イルミナティカードが予言したトランプの大統領就任 イルミナティカードに書かれたトランプ大統領1 画像引用元: まずはこちらの画像をご覧ください。 イルミナティカードの 「Enough is Enough(いい加減にしろ)」というカードなのですが、明らかに トランプ大統領の顔が描かれていますよね。 これだけなら、まだ当時のイルミナティカードのスタッフがトランプ氏をモデルに書いただけとも考えられるのですが……。 イルミナティカードに書かれたトランプ大統領2 画像引用元: イルミナティカードの 「Hex(魔法をかける)」カードを見ると、 悪魔の姿に変貌したトランプ大統領が描かれています。 まさに現在、 暴君として君臨しているトランプ大統領を予言したようなカードですよね。 【2020年】イルミナティカードが予言した新型コロナウイルスと武漢市 イルミナティカードに書かれた新型コロナウイルス流行 画像引用元: イルミナティカードの「Plague of Demons」のカード、意味はズバリ、 「悪魔の疫病(伝染病)」です。 このカードが 新型コロナウイルスの流行を完全に予言していたと話題になっています。 新型コロナウイルスの発生源としては現在 コウモリが有力視されていますが、このカードには 幾匹ものコウモリが描かれています。 さらにコウモリに脅かされる建物……実は新型コロナウイルスの発祥地とされている中国の 武漢市にそっくりの建物があるのです。 イルミナティカードに書かれた武漢市の建物 画像引用元: アメリカのホワイトハウスに似ていると思った人も多いかもしれません。 ホワイトハウスを模倣して作られたのではと、2015年にも話題になった有名な建物なんです。 そして次のイルミナティカード 「Lab Explosion(研究所爆発)」もまた、新型コロナウイルスに関連したカードだとされています。 イルミナティカードに書かれた新型コロナの発生源 画像引用元: カード名の通り研究所が爆発したイラストなのですが、中心の黄色い爆発部分の形が、 武漢周辺地域の地図に似ているとかなんとか。 あてはめてみると、たしかに爆発の中心部分である赤いところには 武漢が位置します。 イルミナティカードに書かれた新型コロナと武漢 画像引用元: そしてトランプ大統領は2020年5月3日、 新型コロナウイルスが武漢市の研究所から流出した事を裏付ける「決定的な」証拠を公表すると発表しました。 (より) 新型コロナウイルスの発生源についてはまだ意見が割れているところですが、もしイルミナティカードに書かれている通りの事実があるのだとしたら……。 【2020年】イルミナティカードが予言した東京オリンピック中止 イルミナティカードに書かれた東京オリンピック延期 画像引用元: 新型コロナウイルスの世界的流行によって日本で開催が決まっていた 東京オリンピック2020の延期が決まってしまったことは、皆さん記憶に新しいと思います。 実はこの東京オリンピック延期すら、イルミナティカードは予言していました。 イルミナティカードの 「Combined Disasters(複合災害)」というカードは、 2つの災害が合わさったことで起こる災いを暗示するカードです。 イラストには5人の人物が描かれていますが、それぞれ緑、黄、黒、青、赤の衣服を身につけています。 この色、オリンピックのテーマカラーと同じですよね。 さらに東京の銀座にある 和光の時計台が、イラストの背景に書かれている建物と酷似しています。 イルミナティカードに書かれた東京の時計台 画像引用元: つまりイルミナティカードは、 複合災害(研究所爆発とパンデミック?)によって東京オリンピックが延期になったことを予言していたというのです。 イルミナティカードは予言書?それとも陰謀の告発? 今回は2020年最新版のイルミナティカードの予言を紹介しました。 20年前に発売されたイルミナティカードがトランプの大統領就任や、2020年の新型コロナウイルスの流行に東京オリンピック中止まで予言していたとは驚きですよね。 ところでこのイルミナティカード、予言書ではなく、 決められた陰謀をあらかじめ書いたものだとしたら? たとえば 中国と敵対するアメリカが、武漢市の研究所爆発を仕組んだというのは、陰謀論ではよく聞く話です。 イルミナティカードの製造者は、 ディープステート(影の政府)が仕組んだ悪魔のシナリオを巧妙なかたちで告発していたのかもしれません。 の記事では911や東日本大震災のイルミナティカードの予言について紹介しています! アメリカの都市伝説や陰謀論としては、トランプ大統領にかかわるが今話題です。 またオカルトオンラインでは2020年の東京オリンピック延期や新型コロナウイルスの流行、911に311、福島原発事故まで予言していた漫画を紹介しています。 の記事からぜひご覧ください。

次の