モルペコ。 モルペコ育成論 : 襷モルペコ|ポケモン育成論ソードシールド|ポケモン徹底攻略

ポケカしてる人に質問です .!!

モルペコ

モルペコの育成論 モルペコの育成論はこのようになります。 性格:ようき• 特性:はらぺこスイッチ• 持ち物:きあいのタスキ or いのちのたま• 努力値:H4 A252 S252• モルペコは基本的に攻撃を活かす形になるので、陽気が良いでしょう。 特性は専用特性のはらぺこスイッチ! モルペコには夢特性も存在しないので、はらぺこスイッチ固定となります。 持ち物はきあいのタスキかいのちのたまがおすすめ! モルペコは耐久の低いポケモンであるため、基本的にはきあいのタスキを選ぶのが良いです。 命の珠もおすすめですが、扱いは少し難しくなります。 努力値は基本的にAS特化で! モルペコは専用技のオーラぐるまを上から撃っていくのが強いポケモンですので、攻撃と素早さに特化させるのが基本となります。 耐久面にはあまり期待できないため、多少振ったところでほとんど意味がないというのもあります。 おすすめの技 モルペコのおすすめの技を紹介します。 オーラぐるま 「 オーラぐるま」は、モルペコのフォルムによってタイプが電気と悪で入れ替わるという専用技です。 この技こそ、モルペコを採用する理由となる技でしょう。 技のタイプが変わるので使いにくい部分もありますが、逆に言えば1枠で2つの技を持てているとも言えます。 威力110の命中100という破格の性能なので、モルペコ自身の数値の低さも気になりません。 ねこだまし ダブルならほぼ確定で採用される技です。 シングルでも襷を削りつつ、モルペコのフォルムを入れ替える動きができたりするので、好みで採用すると良いでしょう。 まもる モルペコにおける「 まもる」はフォルムチェンジにも使えるので、ダブルだけでなくシングルでも採用していける技です。 「ねこだまし」と「まもる」のどちらかは採用したいところですね。 ちょうはつ 補助技や積みの対策に有効です。 モルペコの攻撃技はオーラぐるまだけで十分なところがあるので、挑発も採用しやすいはずです。 すてゼリフ 相手の攻撃と特攻を下げながら交代できる技で、素早さの高いモルペコであれば非常に使いやすい技となります。 いかりのまえば 問答無用で相手のHPを半分にできる技です。 オーラぐるまが目当てのタイプで撃てない時など、持っていると役に立つことがあるでしょう。 こおりのキバ オーラぐるまの通らないサザンドラやエルフーン、ジャラランガなどに有効な技です。 モルペコでより多くのポケモンを相手したいというケースでは採用すると良いでしょう。 モルペコの対策 モルペコの対策はそこまで難しくありません。 モルペコより素早さの高いポケモンを使う モルペコは耐久の低いポケモンであるため、上からの攻撃にとても弱いです。 素早さもそこまで高くないため、用意するのも難しくはないはずです。 物理受けのポケモンで返り討ちにする モルペコは攻撃の種族値が95しかないので、いくらオーラぐるまが強力な技とは言え弱点さえつかれなければ受けきることは難しくありません。 受けきってしまえば、耐久の低いモルペコは返り討ちにできるはずですので、物理受けのポケモンを用意しておくといいでしょう。 すてゼリフが厄介なので、裏のポケモンにも有効な技を選択すると良いと思われます。 まとめ モルペコはフォルムチェンジとオーラぐるまをうまく操り、トリッキーなようで攻撃的な動きを仕掛けていくのが基本となります。 耐久は低いので、対面性能をあげるためにもASベースで襷をもたせるのが良いでしょう。

次の

【ポケモン剣盾】実は強かった!モルペコの育成論まとめ【ソードシールド攻略】

モルペコ

モルペコ タイプ でんき・あく 特性 はらぺこスイッチ 重量威力(けたぐり等) 20 種族値 HP 攻撃 防御 特攻 特防 素早さ 合計 58 95 58 70 58 97 436 個別考察 剣盾で絶大なカリスマ性を誇るマリィちゃんが連れ歩いてる激カワポケモン。 とりあえず推しでいいと思います。 合計種族値は低いものの攻撃と素早さがそれなりにあるので、アイドル枠としては意外と扱いやすさがあります。 《はらぺこスイッチ》というこれまた可愛い名前の特性はモルペコ固有のもので、ターンの終わりに姿が変わります。 可愛いほうが《まんぷくのすがた》で、可愛いほうが《はらぺこのすがた》なので非常に覚えやすいですね。 ちなみに、姿が変わっても特に能力の変化はありませんが、《オーラぐるま》という専用技のタイプが満腹=電気、飢餓=悪という具合に変化します。 ターンの終わりに姿が変わる仕様により、初手や死に出しであれば満腹の状態で動き出しますが、後攻蜻蛉などで場に出てきた際、そのターンの終わりにはらぺこになります。 オーラぐるまを任意のタイプで撃ちたいのであれば、気を付けておきたいポイントです。 HBDすべて58と耐久値はかなり低いので、無効にできるエスパー技以外に後出しはほぼ不可能です。 半減できても致命傷を負ってしまいます。 したがって、蜻蛉など味方のサポートで場に繰り出し、モルペコ自身も《ボルトチェンジ》や《すてゼリフ》でサイクルに参加していき、相手を順調に削っていきつつオーラぐるまで〆るという運用になっていくと思ってます。 技考察 オーラぐるま 毎ターンタイプが変わるモルペコ専用技。 トリッキーな仕様なので敢えて採用しないというのもありですが、素早さを上げられる追加効果は強力です ワイルドボルト オーラぐるま以外で使用できる電気物理技としては最高威力。 元々低い耐久を反動ダメで削ってしまいますが、先制技や素早さ負けしないような立ち回りをせざるを得ないポケモンなので、相手の返しの技を受けるぐらいなら高威力技で攻めたほうがいいでしょう かみくだく オーラぐるま以外で使用できる悪物理技としては最高威力。 ドラパルトなど自身の攻撃力より相手の攻撃のほうが高い場合にはイカサマのほうが入りますが、相手の能力に依存せずに安定して殴れるのはコチラのメリット こおりのキバ 電気タイプを無効にしてくる地面タイプへの役割破壊技。 種爆弾でも役割破壊足り得ますが、ドラゴンに対して範囲を広げたり、ダイアイスで使えば霰によって相手のタスキを捲れたりします ほのおのキバ ドリュウズに隙を作らない炎技ですが、3色キバは威力が低いのでダイマックスするか、相手のHPをある程度削った状態にしておかないと倒しきれないでしょう サイコファング モルペコから撃ちたい仮想敵はあまり想定できませんが、サイコフィールドを展開できるという意味だけ見ると、相手の先制技を防げる強みがあります ねこだまし 相手にダメージを与えるだけのターンを作れるため、能動的なタスキ潰しとして使われます。 倒しきれないと瀕死に直結してしまうので採用は全然アリですが環境に多いゴーストタイプに無効にされる点は留意しておきましょう いかりのまえば マイナーポケモンを救ってくれる一貫性の高い技。 対戦序盤は特に効果が高いですが、交代技にも高い一貫性があるので敢えてコチラを採用する意味は薄いと思ってます ボルトチェンジ ダメージを与えながら交代できる技。 ダメージのない捨て台詞との違いは、地面タイプや電気無効特性持ちに対して無駄撃ちが発生することです すてゼリフ ダメージを与えない代わりに、相手の攻撃・特攻を1段階下げながら交代するため、味方の被ダメを抑えることができます。 素早さがそこそこ高いことから先制交代になってしまうことも少なくはないので、味方を繰り出しやすくできるのは強みになります みがわり オーラぐるまのタイプが変わることを逆手にとられ、相手が交代を上手く使って被ダメ軽減を狙ってくるタイミングに刺さります。

次の

【ポケモン剣盾】実は強かった!モルペコの育成論まとめ【ソードシールド攻略】

モルペコ

モルペコの育成論 モルペコの育成論はこのようになります。 性格:ようき• 特性:はらぺこスイッチ• 持ち物:きあいのタスキ or いのちのたま• 努力値:H4 A252 S252• モルペコは基本的に攻撃を活かす形になるので、陽気が良いでしょう。 特性は専用特性のはらぺこスイッチ! モルペコには夢特性も存在しないので、はらぺこスイッチ固定となります。 持ち物はきあいのタスキかいのちのたまがおすすめ! モルペコは耐久の低いポケモンであるため、基本的にはきあいのタスキを選ぶのが良いです。 命の珠もおすすめですが、扱いは少し難しくなります。 努力値は基本的にAS特化で! モルペコは専用技のオーラぐるまを上から撃っていくのが強いポケモンですので、攻撃と素早さに特化させるのが基本となります。 耐久面にはあまり期待できないため、多少振ったところでほとんど意味がないというのもあります。 おすすめの技 モルペコのおすすめの技を紹介します。 オーラぐるま 「 オーラぐるま」は、モルペコのフォルムによってタイプが電気と悪で入れ替わるという専用技です。 この技こそ、モルペコを採用する理由となる技でしょう。 技のタイプが変わるので使いにくい部分もありますが、逆に言えば1枠で2つの技を持てているとも言えます。 威力110の命中100という破格の性能なので、モルペコ自身の数値の低さも気になりません。 ねこだまし ダブルならほぼ確定で採用される技です。 シングルでも襷を削りつつ、モルペコのフォルムを入れ替える動きができたりするので、好みで採用すると良いでしょう。 まもる モルペコにおける「 まもる」はフォルムチェンジにも使えるので、ダブルだけでなくシングルでも採用していける技です。 「ねこだまし」と「まもる」のどちらかは採用したいところですね。 ちょうはつ 補助技や積みの対策に有効です。 モルペコの攻撃技はオーラぐるまだけで十分なところがあるので、挑発も採用しやすいはずです。 すてゼリフ 相手の攻撃と特攻を下げながら交代できる技で、素早さの高いモルペコであれば非常に使いやすい技となります。 いかりのまえば 問答無用で相手のHPを半分にできる技です。 オーラぐるまが目当てのタイプで撃てない時など、持っていると役に立つことがあるでしょう。 こおりのキバ オーラぐるまの通らないサザンドラやエルフーン、ジャラランガなどに有効な技です。 モルペコでより多くのポケモンを相手したいというケースでは採用すると良いでしょう。 モルペコの対策 モルペコの対策はそこまで難しくありません。 モルペコより素早さの高いポケモンを使う モルペコは耐久の低いポケモンであるため、上からの攻撃にとても弱いです。 素早さもそこまで高くないため、用意するのも難しくはないはずです。 物理受けのポケモンで返り討ちにする モルペコは攻撃の種族値が95しかないので、いくらオーラぐるまが強力な技とは言え弱点さえつかれなければ受けきることは難しくありません。 受けきってしまえば、耐久の低いモルペコは返り討ちにできるはずですので、物理受けのポケモンを用意しておくといいでしょう。 すてゼリフが厄介なので、裏のポケモンにも有効な技を選択すると良いと思われます。 まとめ モルペコはフォルムチェンジとオーラぐるまをうまく操り、トリッキーなようで攻撃的な動きを仕掛けていくのが基本となります。 耐久は低いので、対面性能をあげるためにもASベースで襷をもたせるのが良いでしょう。

次の