おはよう こんにちは おやすみ september 調子 は どう だい 曲名。 TikTokで広がる「September調子はどうだい?」不登校経験を歌に

うじたまい 独りうた ~September調子はどうだい~ (まつり Cover) 歌詞

おはよう こんにちは おやすみ september 調子 は どう だい 曲名

TiktTokで「September調子はどうだい?」と語りかける動画が、現在31万超の「いいね」を集めています。 投稿後からじわじわと広まり、オリジナルのメロディーをつけたり、歌詞を英語にしたりして「 september」や「 セプテンバー」などのハッシュタグをつけて投稿する人も。 歌詞には「私はね、ぶっちゃけ学校とかクソくらえだと思ってたよ」という言葉も出てきますが、作者のうじたさんは「学校行かなくていいとか、行ってほしいとか、そういうことを伝えたかったわけではない」といいます。 動画は何のために投稿したのか、そして反響をどう受け止めているのか、聞きました。 マルチクリエーターの「独り言」 うじたさんはSNSを舞台に活動するマルチクリエーターです。 TikTokのフォロワーは16万人。 短いものでは12秒程度の、TikTokのBGMとして使われる楽曲を制作したりしています。 これまでつくってきた歌のテーマは様々ですが、「独り言のようなものをつくりたい」という気持ちで作ってきたものがほとんどです。 そんな中、今回の投稿がバズりました。 おはよう こんにちは おやすみ September調子はどうだい? ちゃんと学校いってるかい? あたしはね、 ぶっちゃけ学校とかクソくらえだと思ってたよ 明日学校に行きたくないと思ったキミへ 大丈夫、大人は楽しいぞ うじたまいさんが投稿した「September」の歌詞 反響受けYoutubeで解説 投稿したのは9月8日でしたが、1カ月ほど経ってからTikTokで人気のユーザーが「September」のカバーを投稿したことで、多きなうねりになっていきます。 中には本家超えの「いいね」がつく人も。 うじたさんは反響を受け、この動画に込めた思いを自身のYoutubeチャンネルで語り、小学生のときに小学5年生から1年間不登校になった経験があることなどについて語りました。 不登校の頃を振り返るうじたまいさん 自分を保つための「架空の世界」 学校に行かなくなってすぐの頃は、架空の世界を想像して日々を過ごしていたという、うじたさん。 「芸能界に興味があったので、その世界にいることを想像して、自分を保っていました」 ただ、数カ月すると、徐々に客観的に自分をみるようになり、友達に対して自分の気持ちを話せない自分がいたことに気づきました。 その間、同居していた祖母や母親は「すごく心配していた」。 でも、「学校に行かないのはなんで?」や、「(学校についての)話をしよう」と言われるのがとても嫌で、拒否し続けていたうじたさん。 「学校以外の話題は平気で、『でかけよう』と外に連れ出してくれたのがうれしかった」といいます。 母伝いに聞いた「学校に来て」 学校に戻ったきっかけはいくつかありましたが、ある日、先生と話すために学校に出かけた母親から、「(うじたさんの)友達が『まいちゃんに学校に来るように言って』と言っていたよ」と伝えられたことは大きかったそうです。 当時携帯電話に、心配するメールを入れてくれる友達もいましたが、「直接伝えられるよりも、母親を通じて言ってくれたことで『本当の気持ちだ』と感じた」といいます。 その言葉を聞き、さらに「このまま外に出ず、何も知らずに生きていくのがいやだ」と小学6年生の後半から学校に戻りました。 撮影にも使っているスマホを持ち、撮影の工夫などを語るうじたまいさん 小学生だった自分に向けてのメッセージ そんな経験や、9月1日に自殺する子どもが多いという報道を目にしたことなどが影響して、「September」は生まれました。 「当時の自分は他人から学校に行かないことについて何かを言われるのがいやだった。 だから、この投稿も何かを伝えたくてやったわけじゃないんです」とうじたさん。 Youtubeでは、不登校だった当時の自分に伝える気持ちで投稿したことを明かしています。 でも、共感は広がりました。 「自分の気持ちに気づけた」 歌への感想には、「どうしてつらかったのか分からなかったけど、自分の気持ちに気づけた」「涙が止まらなかった」などの言葉が寄せられました。 中には「歌を聴いて学校に行けるようになった」という思いを替え歌にして投稿してくれた人もいました。 「未来へのふわっとした安心感があれば救われる人もいるんだと感じました」と、うじたさん。 「 September」などのハッシュタグをつけて投稿する人の中には、不登校とは縁のなさそうな制服姿の仲良しグループもいます。 言葉にしがたい不安感を優しく包み込むこの曲が、より広い層に届いていることを実感します。 「アレンジしてくれる人の中で、つらい時期を超えた大人はもしかしたら、『大人は楽しいぞ』の歌詞を『確かに』と感じて投稿しているのかもしれないし、子どもたちは『学校とかクソくらえだと思ってたよ』に共感してくれたのかもしれない」 「どちらにしても、TikTokでの発信は楽しかったり喜びだったりを表現するような気がするので」と広がりを前向きに捉えています。 一番言いたかったのは最後、だと言います。

次の

tiktok「September 調子はどうだい」の歌手と曲名を紹介!ラップなの?

おはよう こんにちは おやすみ september 調子 は どう だい 曲名

<うじたまいからのメッセージ> 【TikTok元動画】 「おはよう こんにちは おやすみ」 September 調子はどうだい? ちゃんと学校行ってるかい? TikTokの投稿は僅か30秒の為、その中で自身の想いを表現し人に伝える事は難しい。 30秒のうたがさまざまなユーザーの心に響き共感を生み、大きな反響を呼んだが自身の想いとは異なる反応も感じたという。 そして本日遂に、全音楽サブスクリプションサービスより配信する。 中学生からベースボーカルとしてバンド活動をはじめ、音楽に没頭する。 その後は声優アーティストを目指し専門学校へ入学、そこで自分の表現したいものを型に捉われず自由に表現したいと強く思うようになり、フリーで活動を始める。 代表作「 しまうまになりたいな」は チャレンジとなり、9,300万再生を超えTikTokのトレンドとして大流行。 さらにTikTokへ投稿した自分自身に歌った「September調子はどうだい」も、多くのユーザーに拡散され瞬く間にSNSで大流行した。 【関連リンク】 うじたまい TikTok: Twitter: Instagram: Youtube: Music Star Twitter: Instagram: Youtube:•

次の

TikTokで広がる「September調子はどうだい?」不登校経験を歌に

おはよう こんにちは おやすみ september 調子 は どう だい 曲名

もくじ ・September調子はどうだいラップは何の曲? ・TikTokの歌手と曲名 September調子はどうだいラップは何の曲? 調査したところ、なんかの何かのく曲というわけでもなさそうです。 なので完全オリジナル作品ですね。 TikTokでバズっているのでめちゃくちゃ気になっていた人も多いと思いますが、オリジナル曲でバズるってすごいと思います。 TikTokの歌手と曲名を調査! 歌手の名前はうじたまい 歌手は『うじたまい』さんというアーティストさんという方です。 YouTubeにも動画投稿をしており、TikTokだけでなくこれからどんどんYouTubeでも知名度が上がっていくのではないかと思います。 というのも『うじたまい』さんはTikTokでいくつかトレンドを生み出しているインフルエンサーです。 『今日は何センチくらい可愛くなれます?』というのも流行りました。 可愛さをセンチで表現するのもなんだかクリエイター感があっていいですね。 うじたまいさんのプロフィール うじたまい 通称:うじたま 生年月日:1998年3月28日 居住:東京 YouTube:うじたまちゃんねる こーれは一致すぎない? — うじたまい ujitama0 9月になんとなく歌ったこの動画が TikTokでバズり今色んな子が真似して歌ってくれてます なにかしらが刺さってくれたのかしら 今更ですがここにも載せときます。 — うじたまい ujitama0 このように 本当に真似している人も多くかなりバズっています。 調子はどうだい。 ちゃんと学校行ってるかい? あたしわね、ぶっちゃけ学校とかくそぐらいだと思ってたよ 明日学校に行きたくないと思った君へ 大丈夫。 下手だけど聞いてくれる人いない? — まりあ Maaa35645 2019年11月29日 このようにTikTokでバズってからも今なおバズっている状態ですね。 10代に向けたストレートの歌詞が響いたんだと思います。 あと、メロディーも頭に残るのでさらにいいですね。 そして、この動画で歌った理由、歌詞の意味や作ったときの気持ちなどを解説してくれます。 短い曲の中にすごい思いがこもっているんだなと思いました。 『学校をやめていもいいよ』というメッセージとかではなく、『私は今が一番楽しい』ということが言いたかったということです。 大人になって変われるというメッセージはめちゃくちゃいい言葉だなと思います。 大人になることって子どもにとってはある意味恐怖でもあると思います。 もちろん『早く大人になりたい』という人もいるけれど、それは子どもの頃から大人になったときの道が自分の中で決まっていたり、ある程度見えている人かもしれません。 子ども時代に『今』絶望していても、大人になることで光が見えてくることもあります。 動画で印象的だったのは、親友から『人見知りだよね』と言われたことに対して、うじたまいさんが『人見知りだったな〜』と過去のように感じているエピソードですね。 このように、大人になって変われるし、そして大人って楽しいんだというメッセージは、10代にも大人への道の希望がもてる言葉だなと思います。 September調子はどうだい?の歌詞の意味 うじたまいさんが動画お話されていたのですが、この『September調子はどうだい?』の歌を歌ったのが9月の新学期が始まるころなんだそうです。 9月といえば、夏休みが明けて新学期が始まるころ。 うじたまいさんは小学校のころに学校へ登校できなかったそうなんです。 そんな経験もあり。 「明日学校へ行きたくないと思った君へ」という歌詞につながっているのかもしれませんね。 そして、「学校へ行かない」となると少し罪悪感が出てくる人もいると思います。 そして、「自分は学校へ行かないけれど将来大丈夫なのだろうか」と不安になる人もいるでしょうね。 将来への不安も抱える人、このまま大人になって大丈夫なのかという人に「大丈夫大人は楽しいぞ」というフレーズはかなり心に刺さったのではないでしょうか。 大人になっても楽しく過ごせるという見本があるのは、心が救われると思います。 大人からしても子どもに『大人』ということについてどう伝えていいのかわからなくなっている人もいるかもしれません。 そのときに 『大人って楽しいぞ』と自信を持って言えることが大事なのかもしれないなと思いました。 『September調子はどうだい』だけでなく今後も『うじたまい』さんの作る曲はバズりそうですね。

次の