大相撲 宇良 の 結果。 相撲の宇良の現在【番付】今の膝の怪我は?引退の危機?復帰時期は?

宇良 和輝 力士情報

大相撲 宇良 の 結果

大阪・寝屋川市出身のご当所力士、三段目・宇良(27=木瀬部屋)が全勝対決で安芸乃山を下し、6勝目を挙げ幕下昇進に大きく前進した。 立ち合いは足を狙うように低く当たって懐に入ろうとする。 だが、重い相手を簡単には押し切れず、左右に動きならが牽制。 最後は相手の腕をつかんで引き寄せながら、態勢を崩して押し出した。 「重かったですね。 モチャモチャした感じでした。 (大きい相手なので)出来るだけかぶられないようにしました」と息をつきながら話した。 膝のケガで昨年の初場所から4場所連続で休場。 九州場所で復帰し、序二段の先場所は7戦全勝で決定戦の末に優勝した。 今場所も6連勝を飾り、来場所の幕下復帰も濃厚になった。 「(戻ることができれば)うれしいですね。 上がりたかったんで。 あと一番、もちろん勝ちたいです」と連続優勝へ気を引き締めていた。

次の

大相撲で最近注目の「宇良」こと宇良和輝の番付が三段目から幕下へ!

大相撲 宇良 の 結果

宇良の現在【番付】怪我と復帰後と番付の流れ【最新情報】• 2017年7月:番付【前頭4】右膝怪我• 2017年9月:番付【前頭4】右膝怪我休場• 2017年9月:番付【前頭4】左手甲手術• 2017年11月:番付【前頭16】右膝前十字靭帯損傷・左膝暗月板損傷、両膝手術• 2018年1月:番付【十両11】リハビリ開始。 ようやく歩けるようになった• 2018年3月:番付【幕下10】リハビリ• 2018年5月:番付【幕下50】リハビリ• 2018年7月:番付【三段目30】復帰予定も、回復途上で延期• 2018年9月:番付【三段目91】復帰「6-1」• 2018年11月:番付【三段目33】三段目優勝• 2019年1月:番付【幕下23】右膝前十次靭帯断裂。 同じ場所• 2019年2月:番付【幕下36】• 2019年3月:番付【幕下16】• 2019年5月:番付【三段目16】• 2019年7月:番付【三段目76】• 2019年9月:番付【序二段36】リハビリ、基礎運動に専念中• 2019年11月:番付【序二段106】5場所ぶりに復帰。 白星を獲得。 宇良のコメント「自分の力にはまだまだ伸びしろがあると思ってる。 体を強くしていきたい」• 2020年1月:番付【序二段28】序二段7連勝後、7連勝同士の決定戦で勝利。 8戦全勝優勝 宇良は平成4年生まれだ。 相撲取りの引退時期を考えると減益はあと6年~8年。 番付はもちろん、力士生命としても、宇良にとって厳しいのが現実だ。 宇良の怪我を見た医者は言った。 「もう1回、相撲を取ることができる」 宇良の師匠である木瀬親方は「これで終わりじゃない。 宇良には気持ちが強い」 宇良は言った「土俵でもう1回頑張りたい。 ここでは終われない。 元気です」 医者、師匠、宇良本人共に、復帰への強い意識を持っている。 怪我の回復を心から祈ってる。 現在の大相撲では、膝の怪我は、呪いのように付きまとう【宇良】 大相撲の専門家によると、 「膝は完治していなくても、攻めは可能」 「膝の怪我は、力士生命を完全に立つものではない」 「前に出る相撲をするときは、膝に負担がかからない」 膝が不完全な状態で、土俵に上がれてしまう理由だ。 膝に負担がかかるウケは出来ないが、前に出てしまえば問題がない。 加えて、リハビリにも時間をかけることは出来ない。 実際、宇良は、たった1年で、前頭4から三段目50まで番付を下げている。 野球やサッカーのように1年2年、まるまるリハビリに使うという猶予はない。 こうした背景が、不完全な状態で、相撲に出ることになる。 そして、宇良はまた怪我をしてしまった。 公傷制度があった話につづく【宇良の復帰時期は?】 宇良のようにやむを得ない事情によって休場する力士のための制度で、「番付と給料を確保できる」ものがあった。 しかしソレは廃止された。 その詳しい話や、宇良の復帰時期についても.

次の

宇良 和輝 力士情報

大相撲 宇良 の 結果

大阪・寝屋川市出身のご当所力士、三段目・宇良(27=木瀬部屋)が全勝対決で安芸乃山を下し、6勝目を挙げ幕下昇進に大きく前進した。 立ち合いは足を狙うように低く当たって懐に入ろうとする。 だが、重い相手を簡単には押し切れず、左右に動きならが牽制。 最後は相手の腕をつかんで引き寄せながら、態勢を崩して押し出した。 「重かったですね。 モチャモチャした感じでした。 (大きい相手なので)出来るだけかぶられないようにしました」と息をつきながら話した。 膝のケガで昨年の初場所から4場所連続で休場。 九州場所で復帰し、序二段の先場所は7戦全勝で決定戦の末に優勝した。 今場所も6連勝を飾り、来場所の幕下復帰も濃厚になった。 「(戻ることができれば)うれしいですね。 上がりたかったんで。 あと一番、もちろん勝ちたいです」と連続優勝へ気を引き締めていた。

次の