ドコモ光 派遣。 ドコモ光への転用で派遣工事が必要なケースとは!?手数料など費用も公開|ドコモ光乗り換えガイド

ドコモ光の工事料金(派遣/無派遣)をまとめておく

ドコモ光 派遣

ドコモ光の申し込みをするとき、気になるのが工事内容や工事費用ですよね。 実は、NTTフレッツ光を利用していた方がドコモ光に転用する場合は工事が不要です。 工事が発生するのは、新規で申し込んだ場合と、フレッツ光以外の回線から乗り換えた場合です。 新規で申し込んだ場合のドコモ光の工事費は、戸建て住宅で18,000円、マンションで15,000円になります。 ドコモ光の公式特典では、不定期に「工事料金無料特典」が行われています。 2019年10月現在はドコモ光では工事費無料特典が実施中です。 2019年9月~終了日未定 工事費を無料で契約したい方は、特典が始まるまで待つのも手段の一つでしょう。 また、もしこれからドコモ光を契約をするなら、 がおすすめです。 専用WEBフォームからドコモ光を申し込むと 最大15,000円のキャッシュバックをもらえますよ。 またv6プラス対応の高性能Wi-Fiルーターも無料でレンタルできます。 気になった方は以下のボタンから詳細を確認してくださいね。 この記事では、ドコモ光では具体的にはどのような工事が必要になるのか、また、開通までの流れ・料金など、工事をする前に知っておきたいことを紹介します。 目次 この記事でわかること• ドコモ光の工事費用|不定期で工事費無料特典を実施する ドコモ光の工事費は以下のとおりです。 (2019年9月~終了日未定) 通常なら上記の開通工事費がかかってきますが、キャンペーン中は無料となります。 なおドコモ光の工事費無料特典が実施されていない期間に申し込みを検討していて、工事費を抑えたいと考えている方もいますよね。 そんな方は常に工事費実質無料キャンペーンを実施しているNURO光やauひかり等の回線も検討してみましょう。 もありますので、併せて参考にしてくださいね。 ドコモ光(インターネット回線)の工事内容|開通までの時間は? ドコモ光に新規契約する場合は、申し込んでから開通までに おおよそ2週間~1ヶ月程度かかります。 引越しが増える3月や4月は、申し込みが集中するため、さらに時間がかかると想定しておいた方がいいでしょう。 開通までの間にインターネットが利用できない空白期間をできるだけ減らすためにも、乗り換えを決めたら早めにドコモ光に申し込みましょう。 もありますので、あわせて参考にしてくださいね。 派遣工事と無派遣工事の違い ドコモ光の工事には、担当者が訪問して行われる派遣工事と、訪問がなく完了できる無派遣工事の2種類があります。 工事種別 工事条件 派遣工事 新規契約をして部屋に新しく設備を導入する場合 無派遣工事 前の入居者が設置した光コンセントがそのままになっている場合 無派遣工事は、賃貸物件などで、前の光コンセントが残っていて流用できる場合などに行われます。 無派遣工事の費用は2,000円と派遣工事と比べて割安ですよ。 ただし、派遣工事になるか無派遣工事になるかは、ドコモ光の担当者によって決められ、利用者側で指定することはできませんので注意してくださいね。 ドコモ光戸建てタイプに新規契約する場合の工事内容 ドコモ光を導入する場所が戸建て住宅のときは、以下の流れで工事が実施されます。 工事にかかる時間は、早くて3時間程度、遅くても5時間程度を見込んでおくといいでしょう。 光ファイバーケーブルの引込• ONU 回線終端装置 の設置• ドコモ光の接続確認• パソコンとインターネットの接続・設定 それぞれ詳しくチェックしていきましょう。 工事の前の準備物 ドコモ光の工事の前に、いくつか準備しておくべきものがあります。 以下の表を参考に、工事に必要なものを早めに準備しておきましょう。 準備物 備考 LANケーブル ONUとパソコンを接続するケーブル 最大1Gbpsの通信速度に対応しているケーブルを準備しましょう 無線LANルーター 無線でインターネットを利用したい場合は、 無線LANに対応しているルーターを準備しましょう 電源タップ パソコン用に加えて電源コンセントの差込口が1~3口必要です パソコン・スマホ・タブレットなど インターネットにつながっているかを確認するための端末 1.光ファイバーケーブルの引込 光ファイバーケーブルを、 自宅近隣の電線から住宅に引き込む作業です。 通常は、電話線の配管やエアコンのダクトを活用して、壁に穴を開けずにケーブルを宅内に引き入れます。 なお、工事時間は1~2時間程度です。 2.ONU 回線終端装置 の設置 宅内に引き込んだ 光ファイバーケーブルとONUを接続する作業です。 ONUを設置したい場所が光ファイバーケーブルを引き込んだ場所から離れているときは、宅内配線も実施します。 宅内配線の有無によって工事時間に差が出ますが、通常は1~2時間程度でONU設置作業が完了します。 3.ドコモ光の接続確認 ONUとパソコンや電話機を接続し、ドコモ光が利用できるかどうか確認します。 接続確認の作業は数分程度で完了します。 4.パソコンとインターネットの接続・初期設定 ドコモ光が利用できることを確認してから、パソコンやタブレット等、インターネットに接続する機器の接続設定を実施します。 プロバイダー業者から送付された資料を参考に、設定しましょう。 最初の設定でわからないことがある場合は、も参考にしてくださいね。 ドコモ光マンション・アパートタイプに新規契約する場合の工事内容 ドコモ光をマンションタイプで契約したときは、以下の流れで工事が進みます。 基本的には、と流れは同じです。 マンション内に引き込む作業に1~2時間、部屋までの配線に1~2時間、光コンセントの設置に1時間ほどかかります。 準備物は戸建てタイプと同じですので、早めに準備しておきましょう。 マンション内の共用スペースに光ファイバーケーブルを引き込む• 共用スペースからドコモ光を利用する部屋まで、光ファイバーケーブルの配線を行う• ドコモ光を利用する部屋の壁に光コンセントを設置する• 光コンセントとホームゲートウェイをケーブルで接続する• ホームゲートウェイにパソコンやタブレット等を接続し、ドコモ光が利用できるか確認する• プロバイダー業者から送付された資料に基づき、パソコンの設定をする マンションタイプは配線方式の違いに注意 マンションの場合、各部屋までの配線方式によって、工事の内容も変わってきます。 マンションの配線方式には、以下の表の3通りがあります。 配線方式 特徴 速度 VDSL方式 共有スペースの回線終端装置から各部屋にまでの配線に電話回線を用いる 遅い場合もある LAN配線方式 共有スペースの回線終端装置にLANケーブルまで配置 室内にルーターを置く必要がない 環境による 光配線方式 各部屋まで光ファイバーが来ている 速い お住まいのマンションがどの配線方式を採用しているかや、賃貸物件の場合は既に回線が来ているかどうかが、工事に際して確認が必要です。 事前に大家さんや管理会社に確認しておくといいでしょう。 でも詳しく紹介しています。 マンションの場合、工事で壁に穴をあけることはない マンションの場合は、既存の配管を利用して共用スペースまで光ファイバーケーブルを引き込むため、 壁に穴を開けることはありません。 ただし、まだフレッツ光が導入されていないマンションにお住まいの場合は、管理会社か大家さんの了承が必要ですので、早めに相談しておきましょう。 ドコモ光の工事で問い合わせしたいときの窓口 ドコモ光の工事が無事完了するまでに問い合わせを行いたい場合の窓口を、以下のケース別に紹介します。 ドコモの携帯電話から:局番なしの151• その他の電話から:• 受付時間:9:00~20:00(年中無休) 雷雨・台風・雪などの場合は工事が延期になる連絡が来ることも 台風などの悪天候により、ドコモ光の工事が延期されることもあります。 基本的には、工事が延期になるときは工事スタッフから事前に電話がかかってきますので、特に連絡の必要はありません。 しかし予定の時間になっても電話が来ないときは、すぐに ドコモ光インフォメーションセンターに問い合わせましょう。 ドコモ光は工事前なら契約キャンセルができる 工事が完了する前であれば、 ドコモ光の契約をキャンセルできます。 ただし、契約後8日目までならキャンセル料は発生しませんが、9日目以降になるとキャンセル料を請求されることがあります。 キャンセルしたいときは早めにドコモ光 インフォメーションセンターに問い合わせましょう。 ドコモ光テレビオプションの工事内容 ドコモ光で光テレビオプションを契約するときは、工事も発生します。 基本料金は3,000円で、接続するテレビの台数によって工事費が変わってきます。 テレビの台数 工事費内訳 工事費総額 1台 基本料金:3,000円 テレビ接続費:6,500円 スカパーJSAT施設利用登録費:2,800円 12,300円 2~4台 基本料金:3,000円 テレビ接続費:19,800円 スカパーJSAT施設利用登録費:2,800円 25,600円 なお、ドコモ光開通後に単独で光テレビオプションを申し込むと、 基本料金や手数料が増額になるため、それぞれの金額に6,500円が加算されてしまいます。 そのため、ドコモ光の申し込みと同時に申し込んだほうがお得になりますよ。 また、ひかりTV for docomoを利用する際は、工事は発生しません。 もありますので、参考にしてくださいね。 ドコモ光電話の工事内容 ドコモ光で電話サービスを利用するときも、電話工事は必要です。 ドコモ光のインターネットサービスと同時に申し込む場合は、 事務手数料が無料で、1,000~3,000円(税抜)の工事費が請求されます。 しかし、インターネット開通後、個別に光電話を申し込むときは、工事費に加えて事務手数料2,000円も必要となります。 光電話を検討しているのであれば、光回線の契約と同時に申し込みをした方がお得ということですね。 ドコモ光の光電話については、以下の記事でも詳しく紹介していますよ。 まとめ ドコモ光で工事が発生するのは、基本的には新規で申し込んだときのみです。 ただし、電話やテレビ等のサービスを利用するときは、各工事が必要であり、工事費が発生することも覚えておきましょう。 また、ドコモ光では工事費無料キャンペーンが期間限定で実施されていることがあります。 申し込み時には公式サイトのキャンペーン情報などを必ずチェックしておきましょう。 キャンペーン期間外のタイミングで申し込む方で、工事費を抑えたい方は、NURO光やauひかり等の工事費実質無料キャンペーンを実施している回線についても検討してみてくださいね。 この記事を読んだ方はこんな記事を読んでいます• ドコモ光を新規契約・フレッツ光から転用したもののやはり契約を取りやめにしたい場合は、初期契約解除制度でキャンセルできます。 では、キャンセル …• ドコモ光を実際に利用するためには、工事の後の初期設定を行う必要があります。 初期設定は、実際に利用するユーザーが作業を行う必要があるのですが …• 光回線を契約する際は、1~4万円程度の高額な工事費がかかるので、せっかくなら工事費無料で契約し、支払額を削減したいですよね。 そこで、今回は …• ドコモ光の光電話オプションである「ドコモ光電話」を契約すべきなのは、固定電話の月々の料金を安く抑えたいと考えている人です。 ドコモ光電話は、 …• ドコモ光はどこのプロバイダを選ぶかによって快適性が大きく変わってくるため、プロバイダ選びが肝心で ….

次の

ドコモ光の工事内容・料金・開通までの流れを解説

ドコモ光 派遣

ドコモ光が無派遣工事となる場合とは ドコモ光を契約する際に「工事業者が来るし立ち合いも面倒だから無派遣工事がいい!」と皆さん思いますよね。 しかし、ドコモ光を新規契約する場合には 無派遣工事にならない場合がほとんどです。 では、ドコモ光を契約した後に 「無派遣工事になる」場合は 以下の2パターンが考えられます。 フレッツ光を契約中で ドコモ光へ転用した場合• 以前住んでいた人が 回線を残置している場合 上記の場合にはドコモ光の工事は無派遣工事になる可能性があります。 と言ってもよく解らない人が多いと思いますので、以下で詳しく解説してみたいと思います。 フレッツ光から転用した場合は無派遣工事 現在、 NTTフレッツ光を契約中で ドコモ光へ転用する(乗り換える)場合には、開通工事をする必要がない為 「無派遣工事」となります。 言葉だけで説明しても解らない人が多いと思いますので、以下イラストを使って説明します。 フレッツ光を契約中なら既に回線はある 上記イラストのように、フレッツ光は「光回線」を使ってインターネットに接続するサービスです。 もし、 フレッツ光を契約中なら「光回線」は既に開通している状態です。 ドコモ光はフレッツ光の「光回線」を使う ドコモ光もフレッツ光と同様に「光回線」を使ってインターネットに接続するサービスです。 この ドコモ光で利用する「光回線」は フレッツ光で利用する「光回線」とまったく同じもので、NTT東日本・NTT西日本が所有する「光回線」なのです。 その為、フレッツ光を契約中で ドコモ光へ転用(乗り換え)するなら、既に「光回線」は開通している状態なので 工事をする必要がない無派遣工事となります。 フレッツ光とドコモ光の「光回線」は同じなんですね。 だから、フレッツ光を契約中なら「光回線」が来てる状態なので無派遣工事となる訳ですね。 回線が残置状態なら無派遣工事 例えば、 現在お住まいの自宅が賃貸で 以前住んでいた人が回線をそのままにしている「残置」状態であればドコモ光は 無派遣工事になる場合があります。 これも以下イラストを使って説明します。 解約すると回線撤去をする場合がある 今まで契約していたインターネット回線を 引っ越しなどで解約した場合、今まで利用してきた 「光回線」は不要になるので取り外す 「回線撤去」を行う場合があります。 しかし、引っ越ししてきたドコモ光を契約予定の自宅に 以前に住んでいたい人が回線をそのままに 「残置」している場合があります。 回線が残置状態なら無派遣工事になる場合がある このように、ドコモ光で 利用可能な「光回線」が残置されている場合にはそのまま利用可能なので 無派遣工事となる可能性があります。 しかし 「無派遣工事の可能性がある」だけでドコモ光で利用出来ない回線だった場合は、当然ですがドコモ光で利用可能な回線を設置する開通工事が工事業者の派遣により実施されます。 ドコモ光で利用可能な回線が残置されている場合には、無派遣工事になる可能性があるんですね。 ドコモ光が無派遣工事だった場合の工事料金(工事費) ここから以下は、現在フレッツ光が未契約で無派遣工事となった場合についてご紹介します。 まずは、ドコモ光を新規契約後に無派遣工事になった場合の工事料金ご紹介します。 通常はドコモ光を新規契約するとインターネットに接続する為の「光回線」を引き込む開通工事が実施されます。 この開通工事の工事費料金は契約者が負担します。 戸建住宅 工事費 集合住宅 工事費 開通工事あり (工事業者派遣あり) 19,440円 16,200円 無派遣工事 (工事業者派遣なし) 2,160円 出典: 工事業者が派遣されて立ち会いが必要な開通工事の場合、戸建住宅の場合は19,440円・集合住宅の場合は16,200円の工事料金の支払いが必要です。 しかし、工事業者が派遣されず工事の立ち会いも不要な 無派遣工事の場合は2,160円の工事費となります。 「なぜ、無派遣工事なのに2,160円も払わないといけないの?」と思った人もいるかもしれませんが、別の場所で開通工事をしてるので工事費が必要なのです。 これは後で説明します。 ドコモ光が無派遣工事だったとしても、2,160円の工事料金は必要なんですね。 ドコモ光の無派遣工事の手順!前日までにONUを設置する! ドコモ光を新規で契約の申し込みをした後「無派遣工事」となった場合は工事業者は派遣なしとなります。 しかし、ドコモ光が無派遣工事となったら、どんな手順で進んでいくのでしょうか? 無派遣工事は工事業者が来ないので 初心者の人には設定や設置などが不安ですよね。 そこでここからは、ドコモ光を新規契約して無派遣工事だった場合の設置方法や設定方法などの手順を段階を踏んでご紹介したいと思います。 Step1、ONUが開通日前日までに郵送されてくる ドコモ光が無事契約出来た後、無派遣工事だった場合には ドコモ光で インターネットが利用可能になる日「開通日」が決定します。 そして、 「開通日」の前日までに「ONU(光回線終端装置)」や「モデム」と呼ばれる 機器が1台だけ郵送されてきます。 「ONUとかモデムとか言われても解らない!」そんな人は以下のイラストのような機器が送られてくると思っていてください。 簡単に説明すれば 「NTTのロゴ」が付いている機器が郵送されてくると思っていてください。 ドコモ光が無派遣工事だった場合には、開通日の前日までに1台のNTTログ付きの機器が郵送されてくるんですね。 Step2、開通日前日までにONUを設置しておく ドコモ光の開通日の 前日までに郵送されてきた機器(ONUやモデムなど)を 設置する必要があります。 例えば、ドコモ光の開通日が「1月15日」に決定した場合「1月14日」までに設置しておきます。 設置と言っても簡単です。 コンセントやケーブルを挿す NTTから郵送されてきたONUやモデムなどと呼ばれる機器に同梱されている電源ケーブルやLANケーブルを機器に差し込みます。 そして、電源コンセントや光コンセントなどの差込口に差しで電源を入れて起動すればまずは設定が終わりです。 開通日前日までに終えて開通日を待ちましょう。 ドコモ光の新規契約で無派遣工事の場合は郵送されてきた機器を開通日までに自分で設置するんですね。 Step3、開通日に接続設定を行う ドコモ光の無派遣工事の開通日は午後には終了している場合が多いです。 開通日には前日までに設置したONUやモデムと呼ばれる 機器とパソコンを接続します。 そして、プロバイダから郵送されてきた書類を確認しながら パソコンで初期設定を行います。 パソコンで初期設定を行う この初期設定はプロバイダに「インターネットに接続してね」とプロバイダから発行された、あなただけのIPとパスワードを入力します。 これでドコモ光はインターネットに接続出来るようになります。 ただ、今のご時世パソコンを持っていない人もいますよね。 基本的にドコモ光の初期設定はパソコンで行いますが、パソコンを持っていない人はある方法でスマホでも設定可能です。 スマホによるドコモ光の初期設定方法は以下の関連記事に詳しく記載しています。 まとめ この記事ではドコモ光の開通工事が無派遣工事となる場合などについてご紹介してみましたがいかがだったでしょうか。 フレッツ光からドコモ光へ転用する人はフレッツ光で利用している光回線をそのまま利用するので無派遣工事になります。 また、以前住んでいた人がドコモ光でも利用可能な回線を残置している場合にも無派遣工事となります。 ただ、無派遣工事になる可能性は低いので、工事業者が派遣され開通工事が必ず行われると思っていたい方がいいでしょう。 ドコモ光が無派遣工事になったとしても工事料金は2,000円程必要となります。 無派遣工事では工事業者が来ないので、ONUなどの機器設置や設定を開通日前日までに自分で行う必要があります。 初心者の人には自分で設置も設定もしなくてはならないので不安かもしれませんが、ドコモ光やプロバイダへ問い合わせすればオペレーターが対応してくれるので安心です。

次の

ドコモ光の無派遣工事って何?できない理由や工事手順は?

ドコモ光 派遣

ただし、転用と同時にプランの変更を行ったり、機器の変更を希望した場合のみ派遣工事が必要になる場合があります 2. 他社コラボからドコモ光への事業者変更の場合 現在ソフトバンク光やBIGLOBE光など、他社の光コラボを利用している場合。 そのままドコモ光へ乗り換えをする時には、事業者変更という手続きになります。 事業者変更の場合も基本的には引き込みされている回線や機器はそのまま継続利用となり、回線を提供している事業者だけが入れ替わります。 その為転用と同じように、派遣工事は不要で機器の変更などもありません。 ただし光回線と言っても、NURO光やauひかりなどの他社の光回線ではNGです。 NTTのフレッツ系列の光回線でないと、そのまま利用することができません。 部屋の中に光コンセントがある 以前フレッツ光や他社光コラボ回線を引き込んでいた部屋であれば、部屋の中に『光コンセント』というものが設置されています。 光コンセントの種類は2種類あり、壁などの他のコンセントなどと一緒になっている一体型と、光コンセントのみ単独の分離型があります。 この光コンセントが部屋のどこかになければ、無派遣工事はできません。 なのでこれから引っ越し先を決める場合には、部屋の内見時などに確認してみてもいいかもしれませんね。 また光コンセントがすでにあっても、実際にインターネットを利用したいと思っている場所と離れてしまっている場合もあります。 そんな時は派遣工事を依頼して、光コンセントを新たに使いたい場所に設置してもらったほうがいいかもしれませんね。 もしくは無線でインターネットを接続するしかありません 光コンセントが部屋に合った場合は、実際に使用する場所との距離なども確認しておきましょうね。 ドコモ光の担当者から『無派遣工事ができる』と言われる もし部屋に光コンセントがあったとしても、必ず無派遣工事ができるわけではありません。 1番大事な条件として、ドコモ光の工事日を決める手続きをする際に、担当者から『無派遣工事ができる』という案内がなければ派遣工事になります。 これはドコモ光の担当者も、システム上で確認して案内していることなので、いくら光コンセントがあって以前自分がフレッツ光を使っていたという事実があったとしても、派遣工事を案内されると無派遣工事は諦めるしかありません。 システム上で無派遣工事が可能という確認が取れない限りは、ドコモの担当者も無派遣工事を案内してくれないんですよね ここは自分の力ではどうすることもできない部分なので、派遣工事を案内されたら諦めるしかありません。 ただし、担当者も人間です。 もしかすると無派遣工事ができるにも関わらず、間違って派遣工事を案内しているということも考えられなくはありません。 もし部屋に光コンセントが確認できているのに派遣工事を案内された場合は、『光コンセントが部屋にあるのにどうしても派遣工事が必要なのか?』ということを確認してみてもいいと思います。 もし間違えて案内してしまっていた場合は、その一言で気づいてくれるかもしれませんよ。 機器の受け取りと接続設定ができる 無派遣工事で開通をする場合は、必ずドコモ光のレンタル機器を受け取る必要があります。 もちろん宅急便などでの配送になるので、必ず自宅にいないといけないわけではなく、宅配ボックスなどでも大きさが問題なければ対応可能です。 また無派遣工事の際には、必ず自分で機器を光コンセントに接続し、インターネットの設定をする必要があります。 それができなければ、いくら無派遣工事ができてもインターネットが使えるようになりません。 そこまで難しいことはないのですが、そういって接続などに自信がなく自分ではやりたくないといった場合は、無派遣工事を案内されても派遣工事へ変更してもらったほうが安心ですね。 無派遣工事ができるかはいつわかる? 無派遣工事ができるかどうかって、できれば前もって知りたいですよね。 特に引っ越し前などだと、部屋に光コンセントがあるかどうかもわからないので余計に気になると思います。 けれど、ドコモ光の無派遣工事ができるかがわかるのは、実際にドコモ光を申し込みしてみてからになります。 直接ドコモの担当者と工事日を決める段階になって、初めて無派遣工事ができるか教えてもらえるんです。 1か月以上先なんてこともあるんですよ それが無派遣工事の場合は、早ければ約1週間ほどで開通することができます。 遅い分には指定すれば問題ないので、引っ越しの日に合わせて開通したり、また自分がいない日を開通日に指定することもできるんです。 もちろん開通までに機器の受け取りと接続をしておく必要があるので、前もって準備はしておかなければいけません。 けれど立ち合い工事がないだけで、かなり開通が楽になるのが1番のメリットですね。 メリット2. 無派遣工事だと工事料金が安い 2つ目のメリットとして、無派遣工事の場合はドコモ光の開通工事費用がかなりお安くなるんです。 基本的な派遣工事の場合は、戸建てで18,000円、マンションタイプでも15,000円かかるところが、なんと無派遣工事だと 2,000円だけで工事できてしまうんです! また、もし派遣工事で来ても壁の中にあった配線を利用して開通した場合でも、7,600円の工事費用は掛かります。 現在ドコモ光は 工事費無料キャンペーンを実施しているので、派遣工事でも無派遣工事でも工事費用はかかりません。 特に派遣工事になる場合は、キャンペーン中に申し込みするのがおすすめですよ! 無派遣工事をしたら違約金も安くなる? ドコモ光の契約は、2年更新になります。 2年ごとに更新月が来るので、そのタイミングで解約するなら違約金はかかりません。 けれど更新月以外での解約となると、解約料が戸建てタイプで13,000円、マンションタイプで8,000円かかります。 無派遣工事の場合はなんとなく、この違約金も安くなるんじゃないかな? って思いがちかもしれませんが、違約金に関しては派遣工事でも無派遣工事でも同じですよ。 スポンサーリンク ドコモ光 無派遣工事の手順を詳しく説明! もし無派遣工事ができると案内されたら、自分で機器の接続をしなければいけません。 初めての場合はちょっと不安に感じるかもしれませんが、難しくはないので大丈夫ですよ。 しっかりと手順を追ってご説明するので、これから無派遣工事をするという人は確認しておいてくださいね。 ドコモ光の担当者と無派遣工事の日程を決める まずは無派遣工事の日程を決めなきゃ始まりません。 ドコモの担当者に無派遣工事が可能と案内されれば、基本的には利用開始したい日を工事日に指定しましょう。 ただし朝1から使えるわけではないので、午前中から使用したいなら前日を指定するほうがベストです。 また開通日までに必ず、ONUと呼ばれる機械を受け取っておく必要があります。 長く留守にしてしまう場合など受け取りができないようであれば、工事日も調整する必要がありますよ。 工事の前日までにONU 回線終端装置 を受け取る 無派遣工事の前日までに、ONUを受け取りしましょう。 宅配業者は地域によっても異なりますが、郵便局やヤマト急便など宅配業者になります。 機器を受け取ったら、念のために開封して中身を確認しておきましょうね。 ONU(もしくは光電話ルーター)• ACアダプタ• 光ケーブル• LANケーブル• ONUの取扱説明書 以上の5点が入っているか、必ず確認しておいてくださいね。 また光コンセントの位置とインターネットを有線で使いたい場所が離れている場合は、自分で長いLANケーブルを用意しておきましょうね。 工事日前日までにONUを光コンセントに接続しておく 機器を受け取ったら、無派遣工事の前日夜までには光コンセントに接続をしておきましょう。 接続方法はとっても簡単で、光ケーブルで光コンセントとONUを接続、またACアダプタで電源コードをコンセントに差し込むだけです。 こちらの動画がとってもわかりやすかったので、ぜひ参考にしてくださいね。 工事当日に機器が接続されていない場合 工事日当日にNTT側から信号を流しても、 機器が接続されていないと開通工事が完了しません。 工事予定日後2~3日であれば接続してもつながりますが、4日以上たってしまうとNTT側で機器の接続が確認取れないということで、工事を中止してしまいます。 そうなると、もう一度無派遣工事の日程を決めるところからになってしまうので、開通までにもさらに時間がかかってしまいます。 インターネットの設定はすぐにできなくても問題ないので、必ず機器だけは工事日前日までには接続をしておくようにしてくださいね。 工事当日 インターネットの設定をする 無派遣工事は、基本的にはNTT側のタイミングで行われるので何時という指定はできません。 午前中の場合がほとんどですが、場合によっては午後の場合もあります。 なので接続設定を確実にしたいなら、工事日当日の夜に設定してみてくださいね。 早く使いたいという人は、お昼頃に設定してみてつながれば、午前中に工事が完了していたということになります。 ぷららやGMOトクトクBBなど、各プロバイダから前もって会員情報が送られてきているはずなので、そちらで設定してくださいね。 有線でPCなどと接続する場合は、パソコンとONUや光電話ルーターをLANケーブルでつないで設定すればすぐに接続ができます。 接続方法については、機器の取扱説明書に詳しく書かれています。 またこちらの動画がわかりやすいので、ご紹介しておきますね。 無線ルーターとONUをLANケーブルで接続して、電源を入れる• 無線で接続したい機器(スマホやPC)で、Wi-FiをONにする• 認識した無線ルーターを選択する• PWを入力する(ルーターの裏側やシールなどに記載有) これだけで簡単に無線の設定もできてしまうので、とっても楽ですよ。 また家族みんなで無線を利用していたり、無線接続している機器がたくさんあって設定を変えるのが大変という人も多いですよね。 そんな場合は無線の設定を、今現在のルーターのPWのまま引っ越しできる機能がついた無線ルーターが最近は販売されています。 そういったものを選べば、無線ルーターの設定を変えるだけでそれぞれのスマホなどの設定は変えなくて済むので、とっても楽チンですね。 さらに訪問サポートも無料でしてくれるので、機器の接続や無線の設定などがわからないといった人は無料で来てもらって設定までお願いできてサポートも万全! キャンペーンもキャンペーン内容もとっても手厚いので、ドコモ光のプロバイダなら1番人気のGMOトクトクBBが私のおすすめです。 ドコモ光の無派遣工事 まとめ ドコモ光で無派遣工事ができる場合や、できない場合についてお伝えしました。 なるべくお安く手軽に工事を完了するには、やっぱり無派遣工事はとっても魅力的ですよね。 けれど実際は自分で派遣、無派遣を決めることはできませんし、引っ越し先で無派遣工事ができるかどうかは運次第という感じになってしまいます。 ですが部屋に光コンセントがあるのであれば、無派遣工事ができる可能性は高くなりますし、もし派遣工事と案内されても無派遣でできないか自分から聞いてみるのもいいと思いますよ。

次の