出産 祝い 祝儀 袋 書き方。 出産祝い【のし袋の書き方】中袋や裏書は?種類や入れ方は?

出産祝い【のし袋の書き方】中袋や裏書は?種類や入れ方は?

出産 祝い 祝儀 袋 書き方

出産祝いには、花結び(蝶結び)の水引がかかったご祝儀袋を選びます。 「華を添えて贈る」という意味を持つ花結びは、簡単に何度も結び直すことができることから、「何度あっても良い」「繰り返したい」お祝いに適した結び方で出産祝いに適しているとされています。 しかし、地域によって違いがあり、例えば、関西では通常花結びを使う何度あっても嬉しい一般のお祝いにも淡路結びを用いるようで、地域によっては淡路結びと結び切りのみしか扱っていない文房具店も多々あるそうです。 基本的には、そのような一般のお祝いには花結びを使用し、何度も結び直せる花結び用いることで「繰り返したいお祝い」だということを表現しますが、大切なのはその地域のルールにならうことです。 ご自分の地域はどのようになっているのかを事前に確認をして、地域ごとのルールに合わせましょう。 出産祝いの水引の色は基本的には紅白が望ましいとされており、5本のものを選びます。 本数については、より華やかにお祝いしたいときなどは7本のものを用意しても良いです。 しかし、近年、出産祝い用のご祝儀袋もデザインなどの種類がかなり充実してきており、この基本にとらわれないものが多く販売されています。 例えば、水引も赤ちゃんを連想させるようなおもちゃなどをもモチーフにしたものや、水引の素材もキルトや綿などを使用したものを見かけるようになりました。 会社の方の出産祝いなどでかしこまった場合には定番のご祝儀袋を、親しい友人などにはこのようなカジュアルなご祝儀袋を、と使い分けてみると良いでしょう。

次の

出産祝いの書き方!中袋や金額を書く時や祝儀袋のマナーとは?

出産 祝い 祝儀 袋 書き方

そうですね!しかし上司など目上の方には基本的な正しい種類の祝儀袋が良いでしょう。 ここまで出産祝いの基本的な祝儀袋・のし袋・水引の種類が分かったと思うので、手元に準備してみましょう。 下記からは 祝儀袋・のし袋の書き方を解説していきます! 出産祝いの祝儀袋・のし袋の書き方 まず祝儀袋やのし袋を書く際に準備するものがあります。 ・筆ペンなどの濃いペン ・汚れがない机 毛筆や筆ペンが苦手ならマーカーペンなどでも構いませんが、ボールペンや鉛筆は使わないようにしてください。 またせっかく綺麗に書けたのに机の汚れが祝儀袋についてしまったとなるともったいないので、しっかり机はきれいにしておいてくださいね。 ステップ1:表書きの書き方 祝儀袋の表の部分の文字を、表書きと呼びます。 贈り主の部分は人数、格、年齢などで書き方が変わるためこのように注意が必要です。 年齢や格に差がない場合、50音順に並べる。 フルネームでも構わないが、スッキリさせるため苗字のみの記載をする人が多い。 団体名が無い場合:代表者を中央に書き、左に「外一同」と書く。 【注意】上記どちらの場合も、中袋にお金を出した全ての人の氏名を書いた紙を入れる。 裏側 住所、氏名を書く。 4名以上の場合は代表者や団体名とその住所を書き、中にお金を出した人の名前が書かれた紙を入れる。 4名以上の場合、表書きや中袋では全員書ききれないため別紙で全員の氏名を書いた紙を入れる必要があります。 その際和紙や奉書紙を使用し、中央に「寿」という文字を書きその下に格上、年齢上(同等であれば50音順)順に右から名前を書いてください。

次の

ご出産祝い ご祝儀袋(のし袋)書き方・見本

出産 祝い 祝儀 袋 書き方

出産した友人や知人にお祝い金を渡したいとき、どんなのし袋がふさわしいのでしょうか。 どんな種類の水引が出産祝いにぴったりなのか、水引なしののし袋の使い方、さらに出産祝いにふさわしくないのし袋を整理しておきましょう。 また、出産祝いでのし袋を使う際、のし袋の書き方の基本、名前を書くところがないのし袋の使い方について、それぞれご説明します。 併せて、出産祝いに喜ばれるかわいい、おすすめののし袋もご紹介します。 出産祝いの「のし袋」にふさわしい水引は? 出産祝いをわたすとき、どんなのし袋が最適でしょうか? 赤ちゃんを出産した友人や知人にお祝い金をわたすとき、どんな「のし袋」に入れるべきなのでしょうか? 水引の種類 のし袋の中央にあるあでやかな紐は「水引」と呼ばれ、さまざまな種類があり、それぞれに願いが込められています。 水引を大きく分けると、「蝶結び(花結び)」と、かたく結んだ「結び切り」の2種類があります。 <蝶結び> 何度も結びなおせることから「何度あっても良い」という意味があります。 <結び切り> 一度結ぶとほどけないため「二度とないほうが良い」という意味がこめられています。 <あわび結び> アワビのような形からついた形の「あわび結び」。 <梅結び> さらに高度な結び方で、「硬く結ばれてほどけないように」の意味が込められています。 出産祝いにふさわしいのは蝶結び 出産祝いで使うのなら、「何度あっても嬉しい」というお祝いごとなので、蝶結びの水引を選びましょう。 また水引の本数は奇数が良いとされ、紅白5本の水引または7本がベスト。 水引の本数が多くなるほど豪華になるため、のし袋のサイズにあった5本が最適で、やや丁寧で豪華なお祝いにしたい場合は7本を選ぶ場合もあるでしょう。 正しい水引の向きは? また水引の向きについても、意味やマナーがあるため注意しておくことが大切。 水引が上にむいているのは、ほどきにくい結び方で、「一度あると良い」とされる祝い事に使われます。 一方、水引が下にむいている結び方は、何度でも結びやすいため「何度あっても良い」という祝い事に使われます。 そのため出産祝いには、下向きの水引を選ぶと良いでしょう。 出産祝いにふさわしくない「のし袋」 では出産祝いとして使うのに、ふさわしくない「のし袋」はどんなタイプのものでしょうか? せっかくのお祝いなのに、マナーを知らないために台無しにしてはいけません。 結び切りとあわび結びの水引 先ほどもご紹介したとおり、「二度と繰り返さないほうが良い」というお祝い事には、かたく結ばれた「結び切り」や「あわび結び」の水引が使われます。 これらは結婚のお祝いに使うもので、出産祝いには使われません。 水引の数が10本(偶数) 出産祝いにふさわしい水引の本数は5本が基本。 それよりも簡素化した場合は3本、豪華にした場合が7本です。 10本の水引は豪華すぎて婚礼に使われるのが一般的です。 印刷された水引 のし袋に水引が印刷されているものもありますが、その場合は簡素化された意味合いがあります。 近い関係にある友人へ渡すのならそれでも問題はありませんが、会社関係の方などに贈るのなら、水引がきちんとついたものを選んでおいたほうがいいでしょう。 「寿」の表書き 出産祝いののし袋の表書きは、「御祝」とするのが一般的です。 「寿」と表書きされているものは結婚祝いで使われるため、出産祝いにはふさわしくありません。 水引なしの「のし袋」、出産祝いでの使い方 のし袋の中には水引がないタイプのものもありますが、出産祝いで水引がないのし袋を使っても失礼ではないのでしょうか? 水引がないのし袋は、簡易的でカジュアルに使われる場合に利用されます。 結婚祝いでは水引があるほうが最適ですが、仲の良い友だちに贈る出産祝いや、小額を包む場合などなら、水引がないのし袋でも問題はないでしょう。 贈った相手にも、「お祝いのお返しをしなければ」という気持ちを与えないですむかもしれません。 出産祝いの「のし袋」の書き方 出産祝いの「のし袋」の書き方 次に、出産祝いののし袋の書き方について基本をご紹介します。 筆記用具 のし袋に名前などを書く際、使う筆記用具は毛筆が基本です。 ボールペンは避け、筆ペンでもかまいませんので、毛筆を選ぶようにしましょう。 表書き 出産祝いの表書きは「御祝」とします。 「御出産祝」と書くと、不吉とされる4文字となってしまうため注意が必要です。 名前 のし袋の下半分(水引の下)の中央部分に、贈り主の名前を書きます。 名字だけでもフルネームを書いても、どちらでもかまいません。 中袋 中袋には、表側の中心に縦書きで金額を書きます。 金額の数字は、壱、弐、参など漢数字を遣います。 中袋の裏側の左下には贈り主の住所と名前を書きます。 住所に使う数字は、漢数字である必要はありません。 のし袋の裏 のし袋の裏側は、上側の折り返しに下側をかぶせるようして折ります。 中袋の入れ方、のし袋の包み方 中袋にはお札を表向きにして、1万円の場合、福沢諭吉の肖像画が上にくるようにして入れます。 のし袋(上包み)の裏面の、下側の折り返し部分を水引から抜き、下から中袋を入れます。 中袋と上包みの表・裏、上・下を合わせるようにして入れます。 中袋をのし袋の中に入れる際は、買ったときの状態に戻すようにすると間違いがありません。 名前を書くところがない「のし袋」。 出産祝いでの使い方 デザイン性に優れたかわいらしいタイプののし袋だと、従来のマナーにそって名前を書くことができない場合があるかもしれません。 その場合は、無理に名前を書く必要はなく、のし袋の裏面左下や中袋に書くようにしましょう。 直接手渡しできる場合は、名前を書かなくてもわかりますが、もし手渡しできない場合なら事前にのし袋のことを伝えておいてもいいかもしれません。 もし、のし袋にメッセージを書ける名前などがあれば、そこに名前を書いておいてもいいでしょう。 出産祝いにピッタリ!かわいい「のし袋」のおすすめ 最後に出産祝いにふさわしい、かわいらしいのし袋をご紹介しましょう。 男の子用 たけいみき 祝儀袋 男の子が生まれた方にピッタリののし袋。 イラストレーターのたけいみきさんのキュートなシリーズです。

次の