雪のいと高う降りたるを 読み方。 助動詞「む(ん)」の識別の解説

雪のいと高うはあらで

雪のいと高う降りたるを 読み方

香爐峰の雪 香爐峰下、新卜山居、草堂初成、偶題東壁 (香爐峰下、新たに山居をぼくし、草堂はじめてなり、たまたま東壁に題す) 白居易 日高睡足猶慵起 小閣重衾不怕寒 遺愛寺鐘欹枕聽 香爐峰雪撥簾看 匡廬便是逃名地 司馬仍爲送老官 心泰身寧是歸處 故郷何獨在長安 (読み) 日高く睡り足るも、なお起くるにものうし 小閣にしとねを重ねて寒さをおそれず 遺愛寺の鐘は枕をそばだてて聴き 香爐峰の雪は簾をかかげてみる 匡廬(きょうろ)はすなわちこれ名を逃るるの地 司馬はなお老を送るの官たり 心やすく身やすきは是帰処 故郷何ぞ独り長安にのみ在らんや (訳) お日様は高く上がり、睡眠は十分とったのだが、まだ起きるのが億劫だ。 小さな家でふとんを重ねているので、寒さは気にならない。 遺愛寺の鐘は枕を傾けて聞き、香爐峰の雪はすだれをはね上げて眺める。 匡廬こそは、名誉をのがれる地。 司馬は、老後を送る官としては十分である。 心も身も安らかな所は、すなわち私が帰るべき場所である。 故郷が長安でなければならないわけはない。 この七言律詩は、『枕草子』(清少納言)の次の文で有名。 雪のいと高う降りたるを 例ならず御格子まゐりて 炭櫃(すびつ)に火おこして 物語などして集りさぶらふに 「少納言よ 香炉峰の雪いかならむ」と仰せらるれば 御格子上げさせて御簾(みす)を高く上げたれば 笑はせ給ふ。 中宮様が「少納言よ、香炉峰の雪はどうであろう」と聞いた時に、 清少納言は、御簾を上げてみせた。 清少納言が、気の利いた答え方をしたので、 他の女達が「さすがね〜」と言ったという場面。 香炉峰は、中国江西省九江の南西、廬山にある山で、形が香炉に似ている。 廬山中の景勝の一つ。 この冬、帰省した時に、雪が降りました。 「にほんごであそぼ」で放送されたこの詩が浮かびました。 日高く睡り足るも、なお起くるにものうし 小閣にしとねを重ねて寒さをおそれず 遺愛寺の鐘は枕をそばだてて聴き 香爐峰の雪は簾をかかげてみる 実家では、朝はのんびりです。 夜はたいがい父に付き合って飲んだくれています。 朝起きると、子どもは父にさらわれて、 近くの公園に行ったり、車の掃除をさせられていたりします。 その間私は「実家天国」を味わいます。 いつもは、こんなことなんて言っていられません。 パパッと起きて、朝ごはんを作ったり、お弁当を作ったり、 旦那や子どもを起こしたり、大忙しです。 もうとっくに起きているのですが、 「そろそろ起きなさいよ」の母の声で わざわざ起こされます。 日高く睡り足るも、なお起くるにものうし 小閣にしとねを重ねて寒さをおそれず なんて、つぶやいて部屋を出ると、 朝ごはんができています。 (^_^) 白居易は「実家天国」を詠ったわけではありません。 あしからず。 (笑).

次の

「雪のいと高う降りたるを」の知的で洒落たというのは

雪のいと高う降りたるを 読み方

雪がそんなに高くはなくて、薄っすらと降ってるのは、すごく趣があっていいの。 また、雪がすごく高く降り積もった夕暮れから、部屋の端近くで、気の合う人2、3人ほどが火桶を真ん中に置いておしゃべりなんかしてたら、暗くなったんだけど、こっち側には灯りをともさないのに、あたり一面の雪の光ですっかり白くなって見えてる時、火箸で灰を何てことなくかき回して、しんみりすることも、すてきなことも、言い合ったりするのは、いい感じよね。 宵も過ぎた?って思う頃に、靴の音が近くに聞こえたから、変だなって思って外を見たら、時々、こういう時に不意にやって来る人だったの。 「今日の雪で、どうしてるかなってご心配申し上げながらも、つまんないことでトラブって、そこで一日過ごしちゃったんですよ」なんて言うのよ。 「今日来(こ)む」とかっていう歌の意味で言ってるんでしょうね。 昼間にあったことなんかから始まって、色んなことをお話しするの。 円座(わらふだ)だけは差し出したんだけど、片方の足は下に下ろしたままで、鐘の音なんかが聞こえる頃まで、部屋の中の女房も外にいる男性にとっても、こういうおしゃべりは、飽きることがないって思えるのよね。 明け方になって帰る時に、「雪、某(なに)の山に満てり」って詠ったのは、すごく素敵なことだったわ。 「女子だけの会だったら、こんなに座ってオールナイトでおしゃべりなんかできないけど、いつもの女子会よりおもしろいわ、で、風流男子のいかしてる様子ったら」とかって後でみんなで話し合ったの。 ----------訳者の戯言--------- 宵(よい)という言葉はよく使いますが、だいたい何時ころでしょうか? 今は時計の18時~21時くらいと言われてますが、本来の宵は日が暮れてから間もない時間帯、1時間くらいという感じです。 夜のはじまった頃、とも言えますね。 意外とそれほど遅くない時間帯なのです。 宵闇という言葉がありますが、これも深い夜の真っ暗闇ではなく、「宵」の暗さを言うんですね。 ただ、秋から冬の月の出が遅い時期の、二十日とか二十何日とかの宵は、日没が早くてしかも月が出てくるのが遅いですから、暗く感じたでしょう。 現代は街灯やお店の看板、照明、住宅の灯りもありますから、全然感じませんが。 今は、夜の9時とか10時でも「まだまだ宵のうち」とか言いますね。 元々の意味とは違うんですけど、まだまだ飲みたいおじさんや、まだまだ遊びたい女子たちはそう言います。 いや、平成生まれの人はもう「宵」とか言わないよね、ほとんど。 おじさん、おばさん語です。 今は新型コロナで、店も早く閉まりますから、そんなことそもそもできないですしね。 しかしま、いずれにしろ「まだ早い夜」と言いたい気分はわかります。 「今日来む」は、という人の詠んだ和歌から来ているようですね。 山里は 雪降り積りて 道もなし 今日来む人を あはれとは見む (山里は雪が降り積もって道も無くなってしまったよ。 今日、もし私のところに来る人がいたら、いとおしく思うだろうね。 大歓迎ですよ) というわけで、「こんな大雪だけど、どうしてるか心配だったんだよ、昼間は忙しくて来れなくてね、ごめんごめん」と来た人を、歓迎してる感じです、。 円座(わらふだ)って何やねん。 と思って、「円座」をで検索したら、出ました。 トップにはYahooショッピング、さすが。 円座クッションの人気商品です。 低反発のが今人気だそうですよ。 妊婦さんの産後に、もちろん痔疾のある方とかにも、そのほか姿勢矯正、腰痛にいろいろメリットがあるようです。 違いますね。 「円座 わらふだ」で再度検索です。 この段で出てきた「円座」というのは、「藁蓋」とも書き、わろうだ(わらふだ)と読むらしいです。 元々は、藁(わら)、藺 い 、蒲 がま 、菅 すげ などを縄にない、渦巻き状に編んで作った丸い敷物なので、こう言ったようです。 当時の座布団みたいなものなんでしょう。 「雪某(なに)の山に満てり」って何?ですよね。 また調べました。 暁入梁王之苑 雪満群山 夜登庾公之楼 月明千里 どうもの詩人、謝観という人が作った「白賦」という詩の一部のようです。 訓読すると、「暁(あかつき)梁王(りょうおう)の苑に入れば 雪群山に満てり 夜庾公(ゆうこう)の楼に登れば 月千里に明らかなり」となります。 まあ、読み方とか、どうでもいいと言えばいいです。 ややっこしいこと言うな、って感じですよね。 すみませんすっとばしてください。 で、意味は、(暁に梁王の苑に入ってみれば、雪が山々に降って満ちて真白になってます。 夜に庾公の楼に登ったら、月の光が千里も先までも明るく照らしてます~)という感じです。 これもまあ、どうでもいいっちゃあ、どうでもいいですね。 正確には「雪、群山に満てり」っていうべきところを「雪、ナントカの山に満てり」と、テキトーに聞いてる。 まあ、いいでしょう。 それぐらい適当でいいんです、人間。 ともかく、さすが風流男子。 雪の夜にオールで語り明かして、帰り際にこういうを何気に朗詠して去っていくの、なかなかの男前っぷりです。 前々段の笛を吹きながら帰って行くナルな彼よりは、かっこはいいですね。 笑えるのは、圧倒的に笛吹き男のほうですが。 みなさんは、どちらがいいですか? 答え。 どっちもいらん。 【原文】 雪のいと高うはあらで、うすらかに降りたるなどは、いとこそをかしけれ。 また、雪のいと高う降り積もりたる夕暮れより、端近う、同じ心なる人二三人ばかり、火桶を中に据ゑて物語などするほどに、暗うなりぬれどこなたには火もともさぬに、おほかたの雪の光いと白う見えたるに、火箸して灰など掻きすさみて、あはれなるもをかしきも言ひ合はせたるこそをかしけれ。 宵もや過ぎぬらむと思ふほどに、沓の音近う聞こゆれば、あやしと見出だしたるに、時々かやうのをりに、おぼえなく見ゆる人なりけり。 「今日の雪を、いかにと思ひやり聞こえながら、なでふことにさはりて、その所に暮らしつる」など言ふ。 「今日来む」などやうのすぢをぞ言ふらむかし。 昼ありつることどもなどうち始めて、よろづの事を言ふ。 円座(わらふだ)ばかりさし出でたれど、片つ方の足は下ながらあるに、鐘の音なども聞こゆるまで、内にも外(と)にも、この言ふことは飽かずぞおぼゆる。 明けぐれのほどに帰るとて、「雪某(なに)の山に満てり」と誦じたるは、いとをかしきものなり。 「女の限りしては、さもえ居明かさざらましを、ただなるよりはをかしう、すきたるま」など言ひ合はせたり。

次の

「雪のいと高う降りたるを」の知的で洒落たというのは

雪のいと高う降りたるを 読み方

雪のいと高う降りたるを、例ならず御格子参らせて、炭櫃に火おこして、物語などして 雪がたいそう高く降り積もっているのに、いつもと違って御格子を下ろし申しあげて、角火鉢に火をおこして、話などして 雪 … 名詞 の … 格助詞 いと … 副詞 高う … ク活用の形容詞「高し」連用形(音便) 降り … 四段活用の動詞「降る」連用形 たる … 存続の助動詞「たり」連体形 を … 接続助詞 例 … 名詞 なら … 断定の助動詞「なり」未然形 ず … 打消の助動詞「ず」連用形 御格子 … 名詞 参り … 四段活用の動詞「参る」連用形 て … 接続助詞 炭櫃 … 名詞 に … 格助詞 火 … 名詞 おこし … 四段活用の動詞「おこす」連用形 て … 接続助詞 物語 … 名詞 など … 副助詞 し … サ行変格活用の動詞「す」連用形 て … 接続助詞 集まり候ふに、「少納言よ、香炉峰の雪いかならむ。 」と仰せらるれば、 集まってお仕えしていると、「少納言よ、香炉峰の雪は、どのようでしょう。 」とおっしゃるので、 集まり … 四段活用の動詞「集まる」連用形 候ふ … 四段活用の動詞「候ふ」連体形 に … 接続助詞 少納言 … 名詞 よ … 間投助詞 香炉峰 … 名詞 の … 格助詞 雪 … 名詞 いかなら … ナリ活用の形容動詞「いかなり」未然形 む … 推量の助動詞「む」終止形 と … 格助詞 仰せ … 下二段活用の動詞「仰す」未然形 らるれ … 尊敬の助動詞「らる」已然形 ば … 接続助詞 御格子上げさせて、御簾を高く上げたれば、笑はせ給ふ。 御格子を上げさせて、御簾を高く巻き上げたところ、お笑いになる。 御格子 … 名詞 上げ … 下二段活用の動詞「上ぐ」未然形 させ … 使役の助動詞「さす」連用形 て … 接続助詞 御簾 … 名詞 を … 格助詞 高く … ク活用の形容詞「高し」連用形 上げ … 上二段活用の動詞「上ぐ」連用形 たれ … 完了の助動詞「たり」已然形 ば … 接続助詞 笑は … 四段活用の動詞「笑ふ」未然形 せ … 尊敬の助動詞「す」連用形 給ふ … 四段活用の尊敬の補助動詞「給ふ」終止形 人々も「さることは知り、歌などにさへ歌へど、思ひこそ寄らざりつれ。 人々も、「そのようなことは知り、歌などにまで歌うけれど、思いもよらなかったわ。 人々 … 名詞 も … 係助詞 さる … 連体詞 こと … 名詞 は … 係助詞 知り … 四段活用の動詞「知る」連用形 歌 … 名詞 など … 副助詞 に … 格助詞 さへ … 副助詞 歌へ … 四段活用の動詞「歌ふ」已然形 ど … 接続助詞 思ひ … 四段活用の動詞「思ふ」連用形 こそ … 係助詞(結び:つれ) 寄ら … 四段活用の動詞「寄る」未然形 ざり … 打消の助動詞「ず」連用形 つれ … 完了の助動詞「つ」已然形 なほこの宮の人には、さべきなめり。 」と言ふ。 やはりこの中宮様にお仕えする人としては、ふさわしい人のようね。 」と言う。

次の