上野 動物園 キリン。 恩賜上野動物園情報 キリンが生まれました|東京都

麒麟がくるは嘘?動物キリンの名前由来の伝説とは?

上野 動物園 キリン

シャンシャンは2017年6月生まれ、同年12月より一般公開をスタートした。 当初は抽選での観覧だったが、今年2月からは先着順での公開が始まっている。 朝9時30分に始まる観覧の整理券9000枚は平日でも10時過ぎには配布が終了するなど人気を集めている。 シャンシャン効果を追い風に、来園者数は久々に年間400万人を突破。 その経済効果は数百億円ともいわれる。 上野動物園は1882年に開業した、日本最古の動物園。 同時に国内最大の入園者数を誇る。 飼育・展示している動物は、ほ乳類で110種1157点、鳥類136種570点など、合計で370種2615点に達する。 たとえシャンシャンが見られなくても、この時期は春休みを利用したり、やや散り始めた上野公園の桜とあわせて動物園を訪れてみようという方も多いかもしれない。 情報公開請求でわかった!動物の「お値段」 そこで気になるのが展示飼育されている動物の価格はいくらなのかということだ。 2011年に上野動物園にやってきたパンダのリーリーとシンシンについて、中国からの年間レンタル料が年間で約1億円に達することが話題を集めたぐらい。 そのほかの動物の価格は明らかにされてこなかった。 都内にある上野動物園、多摩動物園、井の頭自然文化園、葛西臨海水族園の4つの動物園・水族館を管理するのは東京動物園協会 以下、協会 だ。 東京都から指定管理者として、運営を委託されている。 そこで今回、東洋経済は東京都に対して情報公開請求を実施。 上野動物園のために保有する動物、45種類370頭の価格 合計10億円 を入手し、1頭当たりの値段が高い順にランキングを作成した。 なお、リーリー、シンシン、シャンシャンの所有権は中国にあるため、東京都として価格はつけていない。 また次ページ以降のリストのうち、上野にいるのは「58頭だけで、大半は多摩にいる。 あちらのほうが広いのでぜひ行って欲しい」 上野動物園を所管する東京都建設局の東部公園緑地事務所 ということに留意されたい。 1位となったのは、ホッキョクグマの3708万円だ。 上野動物園には現在2頭のホッキョクグマがいるが、2012年3月に取得したことからイタリアのファサーノ・サファリで2008年12月に生まれたメスのデアだとみられる。 世界最大の陸上肉食獣で、北極圏に生息。 体長はオスで2. 2〜2. 5メートル、メスで1. 8〜2メートルに達する。 2位になったのは1頭当たり3000万円のインドサイとオカピ。 上野動物園ではクロサイを飼育し、多摩動物園でインドサイを飼育するという分担をしているため、多摩のものだろう。 インドサイはインドからネパールの湿地帯に生息しており、体長は2. 5〜4メートル、体重はオスで約2トン、メスで約1. 8トンに達する。 サイは現在生息する5種のうち4種が絶滅の危機にある。 意外?ゴールデンターキンのお値段 オカピは1901年に発見された珍獣で、アフリカ・旧ザイール北部の森林に生息している。 ジャイアントパンダ、コビトカバと並び世界3大珍獣といわれている。 シマウマに似ているがキリンの仲間だ。 草原で生きるキリンが体長4メートルを超えるのに対し、オカピは森の中で暮らすオカピは肩高1. 6メートルほどにしかならない。 4位はローランドゴリラ。 上野動物園の説明によれば、アフリカに生息するゴリラはニシローランドゴリラ 生存数3. 5万〜4. 5万頭 、ヒガシローランドゴリラ 同3000〜5000頭 、マウンテンゴリラ 600頭 の3つに分類されるという。 上野動物園は7頭のゴリラを展示している。 2006年3月に700万円で取得している1頭はオスのハオコかメスのナナと見られる。 もう1頭、2011年5月に2500万円で取得した個体がいるが、詳細は不明だ。 5位はゴールデンターキン。 ウシ科の動物でチベット、ブータン、中国の山岳地帯に生息するターキンの一種だ。 その値段はなんと1頭当たり1500〜2199万円と、ゾウよりも高い。 ジャイアントパンダに比べて知名度は低いが中国では第一級保護動物に指定されているという。 これも上野動物園では見られないため、多摩動物園で飼育しているものだろう。 7位にはゾウがランクインした。 それぞれアフリカゾウは199〜500万円、インドゾウは500万円、セイロンゾウ アジアゾウ は100〜500万円となっている。 昔のゾウは安かった? 199万円の値段がついているアフリカゾウは1967年に取得となっているため、多摩動物園にいるアコと見られる。 アコは、東アフリカからメスのマコとともに来園 マコは2011年に死去。 いつも2頭で一緒にいるゾウとして人気を集めた。 100万円のアジアゾウは1958年に取得されているため、多摩動物園にいるアヌーラだろう。 1953年生まれで、国内最高齢のゾウでもある。 動物園で人気のアミメキリンは250万円で20位に、インドライオンは100万円で38位に入った。 こうした動物の価格はどう決められているのか。 東京都によれば、動物の入手方法は、野生で採取したり、交配によって子どもが生まれる、外部から購入・贈与・寄附、そしてほかの動物園と交換するといった手法がある。 上野動物園を管理する東部緑地公園事務所によれば「物品管理の規則上、100万円以上の物を『重要物品』として管理している」という。 通常、重要物品に関しては減価償却をするが、動物では行なっていない。 そのため基本的には、購入価格がほぼ現在の価格 残存価格 となっている。 身もふたもないが、動物が亡くなると除却するそうだ。 例えば、アフリカゾウのアコやアジアゾウはアヌーラの価格が、最近きたゾウに比べて安いのは、かなり古い時期、まだ動物が安かったり貨幣価値が違う頃に取得されたことが理由だ。 一方のゴールデンターキンは2003年~2017年に8頭を1500万円で、2013年に2頭を2199万円で取得するなど、時期に関係ない価格となっている。 「取得時期やタイミング、血統、オスかメスかで値段が異なる」 協会 と説明する。 このリストに入っていないニホンザルやフラミンゴなど100万円以下のものは「『動物台帳』において点数のみの管理となっている」 東部公園緑地事務所。 つまり、100万円以下で取得した動物については価格がないことになる。 この価格を専門家はどう見るのか。 『動物のお値段』などの著書があり、動物の売買を専門とする白輪剛史氏は「今の国際相場からすると、10分の1ぐらいの水準だ」と話す。 数年前に人気を集めたレッサーパンダが150~200万円するのに対し、カバの120万円、スマトラトラの150万円と、やや低めの価格設定になっている。 もうひとつ白輪氏が指摘するのは、日本の動物園の実態だ。 予算が限られる日本の動物園は新たな動物を購入しようとしても、「おカネを持っている新興国の動物園に買い負けしている」 同氏。 そこで「予算がないから、動物を集めて自分のところで 交配によって 増やし、ほかの動物園と交換する原資にしている。 それが表れたリストだ」 白輪氏 という。 確かにリストにはチンパンジーが20頭、チーターが25頭、ゴールデンターキンが10頭と記載されている。 協会は2016年度の活動報告書で「希少動物のチーターやゴールデンターキンの繁殖に力を注いでいる」と説明していることから、こうしたほかの動物園と交換したり、レンタルに出すために数多く保有している可能性が高そうだ。 価格はあくまで東京都の資産として登録されている簿価であり、実際の売買価格とは違う。 個人が入手不可能な動物が多いだけでなく、動物園同士が交換に使うにしても「こんな安い価格で交換するのはとても無理」 白輪氏 という。 とはいえ、「動物園の多くは税金で運営されている。 適切に税金が使われているか知るにはよいではないか」 白輪氏。 この春に、上野動物園に行った際には動物たちの新たな一面が見つかるかもしれない。

次の

麒麟がくるは嘘?動物キリンの名前由来の伝説とは?

上野 動物園 キリン

麒麟がくるは嘘? 飲料メーカーにもキリンがありますが、そのサイトには、麒麟麦酒株式会社創立の1907年、上野動物園にキリン「英語名はGiraff(ジラフ)」が来て、その時に和名として「キリン」と定められたと記されています。 そして、一説には、この時の上野動物園の園長であった石川千代松(動物学者)が国家予算を獲得するため、ドイツからジラフを麒麟と騙して購入したという逸話があるとされています。 確かにネットを調べると主流の説となっており、麒麟が日本に届いた2か月後に石川千代松は責任を取って依願退職したとか、解雇されたとか出ています。 そして、日本に初めて来た麒麟はつがいでしたが短命で、1908年1月にメスのグレー、2か月後の3月にはオスのファンジが死亡しています。 実際、上野動物園はキリン人気で大繁盛し、結果的には儲かったそうで、表彰ものです 笑 中国の霊獣の麒麟が来るは大ウソで、国を騙して輸入したというのも少し違うようです。 面白そうなので、さらに詳しく調べてみました。 日本人が最初に麒麟をみたのはいつか? 実は、江戸時代の1862年に幕府は文久遣欧使節として38名をヨーロッパに送っています。 その時、ロンドンの他、ロッテルダム、アムステルダム、ベルリン、パリの各都市の動物園を見ています。 そして、初めて生きたキリンの実物を日本人が見たのは、ロンドン動物園となっています。 記録には、「ジラフ」(キリン)に「之猟猢」(ジラーベ)という字をあててあります。 麒麟の剥製が上野動物園に展示されていた? 日本に初めて生きたキリンが来たのは先ほどの通り1907年ですが、その前の1882年には、剥製のジラフが田中芳男氏によって入手され、上野動物園内の博物館に展示されています。 その時には、既に麒麟と名付けられています。 なので、一般的にキリンとして認識は既にされていたと思われます。 もう完全に、生きた中国の霊獣だと国を騙して「麒麟が来る」としたお話しは大ウソですね 笑 でも大ウソは、ちょっと言い過ぎで・・・ その時の購入の経緯がまずかったのです。 石川氏は予算もないのにドイツの動物商(カール・ハーゲンベック)と交渉成立させてしまったのが原因だそうです。 そこで石川氏は、giraffeではなく、キリンとして説明したが、実際に宮内省が許可をしていないのにキリンが来た事態となったので、責任を取らされたようです。 1799年ごろに描かれた「麒麟図」というものがあります。 描いたのは、桂川甫周国瑞ですが、当然、実物の麒麟を見たことはありません。 ですので、ヤン・ヨンストンの「動物誌」を見て描いたと言われています。 図をみるかぎり、間違いなく首の長い実在するキリンと言えますね。 なぜ「ジラフ」を「麒麟」としたのか? でも、なぜ見たこともない首の長い動物のジラフに麒麟という文字を当てたかですね。 蘭学者の中では、前述のヨンストンジラフ図により、既に中国の神話の霊獣でなく、実在する首の長い動物がいることを認識されていました。 そして一般的に認識されるようになったのは、1798年の森島中良の「蛮語箋」の「獣」の中に麒麟と記載し発刊していることが一役買っているとされています。 そして、森島中良は桂川国瑞の実の弟だそうです。 その森島中良が発刊は、非常に流布したそうです。 なので、間違いなく、実在するキリンが日本人に一般的に認識されたのは、江戸時代の1798ごろからと言って良い気がします。

次の

上野動物園からの超難問 「これな~んだ?」 謎の物体に「餃子」「ナマコ」!?…正解聞いても奥深い

上野 動物園 キリン

これ、な~んだ! — 上野動物園[公式] UenoZooGardens 「これ、な~んだ!」 青いマットの上に乗せられた物体。 何やら茶色い塊のように見えるが、その中には、くぼんだ三日月形のツヤツヤしたものが並んでいる。 何かの化石のようにも思えるこの物体が投稿されると、たちまち話題になり謎解きが開始。 ・吸盤っぽい…タコの足? ・何かの貝だと思う など、様々な推理が挙がるほか、「 餃子ですね」「ナマコにしか見えない」「骨付きカルビだ」など、言われればそう見えてきてしまう……という大喜利状態にもなり、Twitterユーザーたちをざわつかせたのだ。 「 超超難問」というハッシュタグがつけられているのにふさわしく、見れば見るほど謎が深まるこの写真。 上野動物園からの出題だけに、動物がらみかなと思いながらも、編集部が確認した限りではかなりの方が「ナマコ」と回答していた。 しかし正解は……なんと、「 キリンの歯」! 上野動物園が投稿した解答編によると、これは3歳のメスのキリン・リンゴちゃんの奥歯の乳歯で、2月13日に寝室に落ちているのを発見したもの。 改めて見てみると、大きさは背景の方眼紙からも縦3cm・横1. 5cmほど。 なるほど縦に溝の入った大きな歯が3本、もしくは小さな歯が6本並んでいるようにも見えるが…実は、これもハズレ。 写真に写っているものが丸ごと 1本の歯なのだという。 動物園の人気者・キリンを見たことがある人は多いだろうが、その歯をじっくり見たことがある人は少ないだろう。 歯と聞いても一瞬信じられないようなビジュアルに「 一体どこの歯でどう生えてるの?」と混乱する声や、「 歯までキリン模様なのか…」と驚く声が寄せられるなど、この解答編も大きな盛り上がりを見せることになった。 さっそくその秘密を、上野動物園にお聞きした。 草食動物の臼歯は、咬合面を前後左右に動かして 硬い草や木の葉をすりつぶすため、このような構造になっています。 咬合面の面積が大きいほど、効果的にすりつぶすことができます。 三日月状の模様は、キリンの他にもウシやシカなどの草食動物に共通した形で、この凹凸で植物を効率的にすりつぶします。 歯の成分はヒトのものと変わらないが、この不思議な模様は草食動物特有のもの。 木の葉を前後左右にグルグルとすりつぶして食べるための溝の形が、ちょうど細かな歯が集まっているように見えるというわけだ。 キリンの骨格イメージ。 前歯が下あごにしかないのも面白い キリンには下あごにのみ生えている前歯のほか、手前側に生えている「小臼歯」、奥側に生えている「大臼歯」2種類の奥歯が上下左右に3本ずつあるが、今回見つかったリンゴちゃんの歯は「 前から2、もしくは3番目の小臼歯にあたる歯」なのではないか、とのこと。 9cmと大きめ。 ちなみに、キリンは飼育下では20年以上生きるそうだが、歯は人間と同じく一生に一度、2~6歳のころに生え変わるのだという。 動物園の飼育係でも、抜けた乳歯は飲み込まれたり、運動場に落ちてわからなくなったりで、 実際に手に取ることができる事例はまれです。 しかし、草食動物の歯であると、ほぼ正解に近い方が意外に多かったように思います。 意外な回答としては、貝やナマコなど海の生物に見えた方がたくさんいたようですね。 肉食や雑食の野生動物でも、ヒトやペットのイヌ・ネコのような柔らかい食物や糖分の豊富な食物を食べてはいないので、虫歯になることはほとんどありません。 抜けた歯はそのまま飲み込んでしまったり、落ちてどこかに行ってしまったりすることが多く、今回のように発見できるのは飼育員でも珍しいことだそう。 ちなみに、この歯は現在上野動物園内に保管されているとのことだが、骨格標本などと同様、研究・教育目的で保管しているので、園内での展示などはないという。 動物園などで、キリンが高い木の葉っぱを食べているのはみたことがあるが、歯の印象はそれほどなく、取材してみると、歯ひとつとっても実は知らないことだらけだった。

次の