借金 返 したい けど 返せ ない。 貸したお金を返してもらう方法|借金の請求・催促の仕方

【返せない】借金500万円を抱えた時どうする?適切な相談時期とは

借金 返 したい けど 返せ ない

毎月の収入ではとても 返しきれないほどの借金がある場合、 いくら働いてもなかなか借金が減らなくて辛い思いをするでしょう。 そんな状況でもなんとか早く借金を返したいと思いますが、 そこまで金額が大きくなってしまうと当然金利も高くなっています。 そうすると支払い額も大きくしなければ、 長期的に借金を返し続けなければなりませんが、 収入が変わらない限りは早く借金を返すことなど到底不可能です。 そのような場合でも 借金を早く返したいのであれば、 一番良い方法は専門家に相談することです! つまり債務整理を弁護士に相談するということ。 債務整理とは法的に借金を減額したり、 払い過ぎた金利を返還してもらうための手続きですが、 任意整理などであれば財産を手放すこともなく行えるので、 それほど大きなデメリットはありません。 ひとつだけあるとすれば、クレジットカードが5年ほど作れなくなりますが、 そもそも借金の原因となっているようなものを手放しても何の問題も無いはずです。 ですから 早く借金を返したい人ほど債務整理を検討するべきですが、 まずはコチラの借金返済シミュレーターでどれくらい返済額を減額できるかチェックしてみると良いでしょう。 匿名で使用できプライバシーも徹底して守られているので安心して使えます。 何でも現金で支払うことを徹底しましょう。 クレジットカードで支払いをすると その瞬間は手元のお金が減るわけではないので、 なんとなく気軽に支払いを済ますことができます。 しかしそのツケは来月以降に一気に降り掛かってくるわけです。 そうなれば来月以降の現金がかなり余裕が無くなってしまい、 足りない分をまたクレジットカードで支払うという悪循環に陥る可能性が高くなります。 それを繰り返すうちに借金というものは雪だるま式に増えて行き、 最終的には多重債務の借金地獄へハマってしまうのです。 ひどい場合は消費者金融にも手を出すハメになり、 金利も高くなるので返しても返しても借金が減らない状態となります。 ですから、早く借金を返したい、貯金をしたいという方は 今後はクレジットカードを絶対に使わないという気持ちが必要になります。 そういう習慣を続ければ必ず借金は減りますので、 いずれは生活も楽になります。 せっかく借金を返しても、また同じように浪費を繰り返して すぐに借金生活に逆戻りしてしまう人が後を経ちません。 そういう人達は潜在意識に借金をすることが心地よい状態になっていることが原因です。 「いやいや借金したいわけないだろ!」 と思うかもしれませんが、 人間というものは自分が意識の側ではイヤだと思う事でも、 それが長い間築き上げられた習慣であればあるほど、 根強く心の奥底に残り、同じ事を繰り返してしまう習性があるのです。 例えば人と本当は仲良くしたいと思っているのに どうしてもいざという時に冷たくしてしまったり、 急に人間関係が面倒くさくなることってありませんか?? こういうことは私たちの身の回りのすべてのことに関わってくるのです。 借金問題もそう。 借金体質の人はお金を手にした途端に 本来は必要の無かったものも、急に欲しくなって あとから考えれば別に必要の無いものまでも衝動的に買ってしまうのです。 だからお金が貯まらないし、借金をする人の典型は お金が無くてもクレジットカードなどを使って何とか手に入れようとします。 だから買い物をするときというのは 最後の最後まで悩んだ方が良いのです。 こういった無意識の働きを常に意識して借金をしないように気をつけましょう。

次の

貸したお金を返してもらう方法|借金の請求・催促の仕方

借金 返 したい けど 返せ ない

消費者金融などでは、返済ができない時にご相談ください。 借入した時には返済ができる審査でしたが、途中で返済が難しい時には必ず連絡をしてください。 これは正確には債務整理ではないですが、信用情報には完済ができない記録が付きます。 消費者金融にいうとどうなる? 例えば、20万円残債がある状態で、現在2万円ずつのリボ払いだったとします。 それが、今は収入が減少して苦しいとなれば、1万円などに返済額を下げます。 本来なら、あと10回で完済ですが、それを20回にする。 毎月の返済額は減りますが、返済期間は長くなります。 また、最初は利息だけの返済で、余裕ができたら元金を返す度の臨機応変な対応ができます。 債務整理ではないのは元金を減らすことが絶対にないこと。 消費者金融としての猶予としては、長くかかっても元金と利息はきっちりと返済をさせる点にあります。 お得だと感じても 毎月の負担は減ります。 20万円の借金が20回での返済になります。 これは消費者金融にとっては、金利収益が上がることになります。 そして、契約内容の書き換えの時には手数料も取る場合がほとんどであり、消費者金融としては決して損な取引ではないです。 ただし、信用情報でのこの記録はブラックリストに相当するもので、しばらくクレジットカード、カードローン、各種ローンも審査落ちになります。 返済額が多い場合で、どうしても延滞などをしそうな時にはオススメの方法です。 当然、こちらとしては損な取引ですし、ブラックリストにもなります。 しかし、延滞をしていない場合であれば、行為そのものは健全です。 借金減額とは違う 借金を減らしたいと言うのとは違います。 もし、収入減少で大変なことをアピールするため、こうした毎月の返済額を少なくすることに同意はせずに、任意整理をしたいと交渉するのは自由です。 自身でも行えることですが、消費者金融としては契約者本人の任意整理の同意はなかなかしないでしょう。 これが弁護士や司法書士などの法律の専門家なら対応することがありますが。 返済金額全体を減らしたいのなら 支払額を減らすのではなく、借金そのものを圧縮したいのなら、毎月の負担が大変でと連絡をするのではなく、弁護士などに任意整理の依頼をする。 または、自身でこうして払う事ができないなら、任意整理をしたいと申し出てください。 月々の返済ばかりではなく、任意整理なら利息カットだけの債務整理です。 裁判所も通さずに電話等の交渉でできますが、確かに確実に成功させたい場合には、弁護士などに依頼するのが妥当です。 これがうまく行けば、返済金額や借金そのものを減らせます。 弁護士などに相談をすると、自己破産が妥当な場合もあります。 借入先が銀行カードローンだとしても同様です。 債務整理の目的は、借金の返済ができない方が法的な解決で、債権者が納得する形で借金減額をすることです。 自己破産は返済がゼロになりますが、その他の債務整理では返済金額があります。 一番簡単なのが任意整理 任意整理は、金利の支払いをしない。 利息カットで、カード会社には元金だけの返済をする方法です。 弁護士や司法書士では、引き直し計算をした上で、交渉に入ります。 成功率は100%ではないですが、弁護士などが納得する理由であれば、任意整理ができることが多いと言います。 返済期間が長い方、高い金利で借入している場合は、この任意整理で元金だけの返済になります。 大きく負担を減らす事ができますが、収入があり完済ができることが条件です。 任意整理でも残債が少ないと大した減額にもならないですが、任意整理の可能性はあります。 弁護士に相談の前に 返済が苦しいから債務整理をする。 しかし、実は安定して収入であり、たまたま今だけ大変という方も少なくないです。 消費者金融では、別の方法としてまとめローンがあります。 これは、多重債務を1つのローンにしますが、元金はそのままで、金利だけが下がる商品に借り換えをかる形です。 数%だとしても、数千円の減額ができます。 任意整理などの債務整理と大きな違うのは、ブラックリストには絶対にならないことです。 元金がそのままで利息も審査上で低い商品になります。 利息制限法では、100万円以上の借入では、金利が15%になります。 今まで、18%程度の多重債務者であれば、それだけで3%の金利減額がかないます。 返済金額が大きい方は、この差はとても大きく、金融事故でもない商品です。 再審査になりますから、それまでに延滞をしていたり、多重債務の借入件数が多いと難しいです。 しかし、金融事故がない方、ブラックリストにはしたくない方は、申込をしてみると良いです。 借金を減らしたいことにはならないのですが、返済は変わることが多いです。 そして、ブラックではないので、信用情報にも悪い記録がつかないです。 まとめローンに関しては、審査通過ができる方は、信用情報での信用が高い場合が多いです。 ということで、返済が苦しいけれど、頑張って今まで返済してきて、これからの収入も安定しているのなら、審査も通る可能性が大きいでしょう。 それからの任意整理 まとめローンができない多重債務者で、返済ができないことで、任意整理に行くのが妥当です。 弁護士などに依頼すると費用はかかりますが、他の債務整理よりも安いです。 そして、債務整理をスタートさせると債権者への返済が止まるので、その間の返済額での弁護士への報酬支払いもできます。 たいてい分割払いに対応していますので、相談してみてください。 借金を減らす方法として、案外と知られていない方法があります。 消費者金融の返し方 現在、多くの消費者金融の返済方法はリボ払いになっています。 内訳は元金と利息のミックスです。 明細はあるのですが、1万円の返済だとしても元金1万円減っているわけではないです。 そこで、消費者金融のホームページなどで臨時返済などができる場合が注目です。 毎月の返済の時は決まった金額です。 しかし、お金に余裕ができて返済をするのは、そのまま金利無関係で、元金の返済ができます。 次の返済の時に元金が減った計算になります。 一部返済、部分返済、途中返済の名称がある消費者金融では、元金をどんどんと減らすことができます。 基本となる返済日以外では、原則的に元金減額ができます。 この方法が、物理的に理想的な借金を減らす事ができます。 そんな事ができるのかな?と思っている方が多いです。 返済方法を確認 カード会社であれば、ローンカードを使ったり、引き落としなどになっています。 一部返済などは、ATMで項目を選択して行うができます。 利息ではなく、借金減らしたい方にはオススメの方法です。 無利息期間ありの消費者金融なら 無利息期間30日の大手消費者金融は多いです。 これは、たいてい初回の返済では金利がゼロの計算です。 10万円借りて、1回で10万円返済で無利息ですが、こちらも、その間に一部返済をしていくことで、元金を少なくしていくことができます。 無利息期間に工夫した返済をしていく。 実際の返済に時には、元金を小さくしていくことに成功できれば、負担は小さくなります。 部分返済、一部返済の利用はオススメであり、カードがあればATMでできます。 実際に、返済する時に消費者金融に連絡しなければならない。 または、一部返済がない消費者金融も存在していますので注意が必要です。 返済日以外に返すということ 返せる時に返す。 完済ができる可能性が高いことで言えば、債権者も嬉しいはずです。 しかし、返済期間が長くなるほど利息収入が多くなることで言えば、一部返済を嫌がる消費者金融も存在しています。 繰り上げ返済なんかしたら、手数料を取るという内容です。 借入の時には、返済の内容も確認してみましょう。 余裕ある返済ができるのなら、借金そのものを一部返済では減額ができます。 リボ払いにとらわれることなく対応ができます。 ただし、途中返済を認めていないところも少なくないですが、大手消費者金融や銀行カードローンでは、この方法で減額ができます。 まとめローンの借り換えもありますが、こちらの方法が元金を減らすことで、返済期間も短く利息も減らすことができます。 消費者金融の借入があると、他のローンの審査に通らないことがあります。 住宅ローン事前審査では、キャッシングをしている場合は、まず審査には通らないでしょう。 借金を減らしたい 住宅ローンは無理にしても、他のローンなどでは、少しでも返済金額を減らしておくことをオススメします。 カーローンなどの場合です。 その減らす方法では、確かな減額では債務整理がありますが、これでマイナス要因です。 できれば、一部返済での元金を減額などが有効です。 カード会社では、返済日以外の返済を歓迎している場合が多いです。 大手消費者金融などでも、ATMでの返済が可能です。 債務整理は信用情報での金融事故になる 任意整理などは、契約内容を変更して契約のし直しをします。 債務者にとって有利な取引になるのですが、債権者にしてみたら、大損です。 消費者金融でも対応はしますが、金融事故としてブラックリストになります。 この金融事故があると、しばらくは新規のキャッシングもローン申込もできない状態になってしまいます。 簡単に債務整理と言えないのがこの部分もあります。 新しいローンの予定がある場合、カードローンなどでの任意整理もしないほうが良いでしょう。 多重債務者はまとめローンがオススメ こちらは、まとめローンで金利が低くなるだけです。 数%ですが、全体の返済金額を小さくすることができますから、絶対に任意整理など債務整理に走ることはないです。 ただし、審査は厳しい場合が多いです。 延滞などをしている場合は、簡単にまとめローンは契約ができないです。 まとめローンに借り換えした場合は、金融事故ではないですので安心してください。 ブラックリストにはならないで減額をする方法 返済日以外に一部返済をすることで元金を少なくすることは可能です。 カードを使ってATM操作で行う事ができます。 その余裕がない方では、債務整理しかないと言えるでしょう。 返済ができないからと、カード会社に言えば、毎月の返済負担を小さくして、返済の回数を長くして完済ができます。 これは、当初の契約不履行であり、金融事故にあたります。 カード会社での信用情報の記録の仕方で変わるのですが、返済ができない申し出に関しては、厳しい対応になります。 しかし、遅滞前、延滞前であっても、金融事故ですが、担当者の対応は優しいですから、返済ができないとされる場合は、速やかに申し出てください。 途中で完済ができないというのはブラックリストです。 そして、その後の新規契約、各種ローンなどは、しばらく審査落ちが続きます。 消費者金融の借金を減らしたいという場合、債務整理の選択が妥当です。 しかし、どうしたら良いかわからない時には、シミュレーターなどで確認をしてみてください。 法律事務所直結のシミュレーター 債務整理の方法については、各人条件が違います。 それは、収入だったり、個人の事情でどの程度の減額ができるかが違うからです。 シミュレーターのサイトは多いですが、そこではご相談くださいという内容が多いです。 もし無料相談ができるのなら、話しでも聞くと良いでしょう。 シミュレーターからの無料相談では契約ではないので、今のあなたの借金なら、任意整理で減らせるといった回答はあります。 原則契約は自由です。 まだ、過払い金返還請求の存在を確認してくれる場合もありますが、過払い金返還請求があれば、借金も簡単に減らす事ができます。 任意整理の選択 カード会社では、弁護士などの任意整理の対応は比較的簡単に従うといいます。 大手消費者金融や銀行カードローンでは、任意整理などでは理由がきちんとしていることで、元金だけの回収なら対応してくれます。 この時に、弁護士ではなく契約者であれば、返済金額の負担を小さくして返済期間を長くしてくるでしょう。 この方法では借金は全く減らすことができないので、本気の任意整理では、弁護士や司法書士に依頼をしてください。 任意整理が良い理由 債権者も回収ができる金額が高いですし、裁判所を介さないことで交渉だけでできるからです。 時間もかからないので、減額の可能性も高いです。 借入先が復数あったとしても、弁護士は対応してくれて、かえって大手消費者金融などでは、事情が分かれば早期で対応してくれます。 自己破産などでは、裁判所が関係していて時間もかかりますし、返済ができない理由がなければなかなかうまくいかないです。 返済計画がたてられるのなら、任意整理から始めることになるのですが、弁護士などの専門家に任すことです。 借金を減らしたい。 確実に行いたい時には、シミュレーターや弁護士の相談が良いです。 相性もあり、あちこちに相談だけでも良いですし、費用もかかる契約です。 安いところを探すのも良いですが、口コミ情報なども参考にしてください。 全国対応とありますが、債務整理は原則的にお住まいの都道府県が良いです。 しかし、任意整理だけは、遠くの都道府県でも対応する場合があります。 その部分は最初に確認されることをオススメします。 延滞前が良いですが、延滞してしまったあとでも、すぐに動きましょう。 借金は債務整理で、減らすことはできることが多いです。

次の

【元銀行員が解説】借金返済ができない場合、どこに相談すれば良い?

借金 返 したい けど 返せ ない

連載「賢い借金」 ローンや借金というと、ネガティブに捉えがち。 使い方次第で利用価値は大いにある。 家やクルマといった大きな買い物も増える年代。 一度フラットに借金を考え直してみよう。 住宅やクルマのローンなど、30代後半になれば「借金」を利用したいシーンも増えてくる。 このとき言われたのが 「たとえ借金を返せなくなっても、十分にやり直せる」との言葉。 けっこう半信半疑だけど、先生が言うなら詳しく聞いてみたい! ということで、返済不可の場合にどうなるのか、いろいろと質問をぶつけてみた! 鈴木淳也/大手法律事務所で活躍したのち、2018年4月に鈴木淳也総合法律事務所を設立。 借金の債務整理から企業法務など幅広く対応。 気象予報士や防災士の資格も保有するマルチ弁護士。 自己破産は、あまり痛くない? --3000件も債務整理の相談を受けていると、いろんな人を見ていますよね。 「もう人生終わりだ」みたいに落ち込んでいる人とか……。 まあ、それはそうですね(笑)。 でも、その逆もありますよ。 --逆ですか? はい。 あるとき、借金が返せず債務整理の相談に来た方は、自分がはめている腕時計の自慢をし始めて……。 「手動でネジを巻くんです」とか。 正直、心の中で「今はそんな場合じゃないでしょう」と思ったり(笑)。 --楽観的というか何というか……。 そんなケースでも、先生の敏腕でうまく債務整理を成功させるんですか? 債務整理といっても、そんなに難しいことはありません。 私たちはその手続きを担うのがメインで、揉めることは少ないですね。 ほぼ成功します。 --ほんとですか? 借金を返せなくなって債務整理って、人生の終わりだと思っているんですけど。 皆さんそう思いますよね。 前回少し話しましたが、人生終わらないですよ。 債務整理は、自己破産や民事再生、任意整理といった「返済不可の場合の解決手段」の総称ですが、どれもそのあとのダメージは決して大きくない。 債務整理を行う人に記入してもらう、「破産手続開始・免責許可申立書」。 なかなかハードな書類に見えるが……。 自己破産の場合、税金などの一部を除いてほとんどの借金が帳消しになります。 その分、失うものが多いかというと、そうでもないんですね --みんなに知られて仕事辞めなきゃいけないとかは? それはないですね。 基本的に、お金を貸している業者は正当な理由なく勝手に職場へ連絡してはいけないんです。 職場からの借入がない限り、職場に知られる可能性も低いですね。 --怖い人が取り立てに来たりは? 今はその辺のルールもかなり厳しくて、 正当な理由なく、早朝や夜間に業者が勝手に押しかけるのは絶対NG。 押しかけても「帰ってください」と言われたら業者は帰らないといけません。 連絡の時間帯も、早朝や深夜はダメなんですよ。 そもそも、弁護士に債務整理を依頼すれば、その後業者は取り立てや直接連絡はできなくなります。 債務整理の手続きをきちんと取っていれば大丈夫なんですよ。 結婚していれば、債務整理のあとも今まで通り --そうなんですか……。 マンガとVシネの世界を信じていたので。 それは昔の話、あるいは相当な闇の世界の話ですね。 一般的な業者なら、返済できていなくてもきちんと連絡すれば大丈夫です。 --でも、自己破産すると当然大きな買い物はできないですよね。 いわゆるブラックリストに載るという……。 信用情報ですね。 過去の延滞実績や債務整理の有無はひとり一人記録されています。 でも、 私の肌感覚ではその記録は10年も残らない。 記録は消えていきます。 --10年耐えれば……。 耐えるといっても、債務整理の直後にまたすぐ大きな借金をしようとは思いませんよね。 あと、結婚している方はほとんど支障もありません。 --どうしてですか? もしも旦那さんが債務整理をしても、奥さんは関係ないですから。 クレジットカードも奥さんのものなら今まで通り使えるし、 収入があれば奥さん名義でローンも組めます。 --ほお……。 自己破産をしても、今まで通りの生活をしている人が多いんですよ。 そう考えると、すごくありがたい制度じゃないですか。 その辺りの思考の切り替えですよね。 これが話した「柔軟性」ですよ。 --なんか鼻につきますが、確かにそうかも。 自己破産のマイナス面を挙げるなら、 弁護士などの士業や警備員など、一定の職種にしばらく就けなくなること。 ただ、それも期間限定。 それ以外の職業なら、たとえば企業も自己破産した社員をクビにすることはできません。 --他の人にバレることは? 「官報」という国の発行物に記載されますが、一般の方は見る機会がないですよ。 まず影響はありません。 業者も「返さない場合」を織り込み済み? 鈴木先生の執務室にあった参考文献の数々。 法律の世界には、知らないだけでぼくらを守ってくれている制度が存在する。 --そういえば、民事再生は自己破産とどう違うんですか? 民事再生は、 借金を帳消しにするのではなく、圧縮する形。 減額してもらうんですね。 たとえば住宅ローンきっかけで、キャッシングなどの負債をした人は、住宅ローンは今まで通り支払って、ほかの借金を5分の1にしてもらうなど。 --自己破産のほうが良さそうですけど、民事再生にメリットはあるんですか? さっき言った職種の制限などがないことですね。 対象の職種の方は自己破産で失職してしまうので、民事再生を選ぶ人も多い。 それと、 遊興費やギャンブルなどで高額な借金を負った方は、自己破産をしても借金が免責されない可能性が高い。 そのために民事再生を選ぶこともあります。 ただ、こちらも自己破産と同様にそれほどのマイナスはありません。 --ほかにも債務整理の種類を挙げていましたよね。 任意整理ですね。 自己破産や民事再生は裁判を行いますが、任意整理は当事者同士で折り合いをつける形。 示談みたいなものです。 主な債務整理は、その辺りでしょうか。 --ふと思ったんですが、貸す側はそんな制度を受け入れてくれるんですか? 自己破産とかガンガンされたら、商売あがったりじゃないですか。 貸金業者もビジネスですから、そこまで計算に入れて、トータルでプラスになるように全体の金利を設定しています。 だから事業として続けられるわけです。 逆に言えば、それだけ皆さんきちんと返済しているんですよ。 --なるほど。 何より大切なのは、こういった 債務整理の詳細を知っておくこと。 それだけで借金への怖さが薄れるんじゃないですか。 最初から返さないつもりはダメですが、返せない場合の救済制度をきちんと知っておくと見方が変わりますよね。 --返せるかどうか不安で足踏みするなら、返せない場合の制度を知ったほうが先に進めそうですね。 そうですね。 たとえば家を買いたいとき、事業を起こしたいとき、こういうことを知ったほうがずっとチャレンジしやすいわけです。 --なるほど、だいぶ借金の見方が変わりました。 あとは、すでに借金をしている人にもタメになる知恵がありますよ。 もしよろしければこの後話しましょうか? 過払金のこととかも。 --なんだかんだ先生もお話好きですね。 では次回お願いします! 有井太郎=取材・文 小島マサヒロ=写真.

次の