ガラゲー。 ガラケーで「QRコード」を読み込むには??

【ガラケー終了の次は】いつまで使える?ドコモガラケーとガラホにも注目!

ガラゲー

国内メーカーがガラケーの生産を終了。 今後はガラホへシフト 4月24日、独自のOSを搭載した国内向け携帯電話(通称ガラケー)に関して、各端末メーカーが2017年以降その生産を終了していく旨が報道されました。 つまり、のような通称ガラホが今後さらに登場していくことが考えられます。 元々ガラケーは日本国内での利用を前提として製造されており、また各社端末ごとに独自のOSを設計する必要があるため、その開発コストも高くなる傾向にありました。 そこで各社ガラホへシフトすることにより、 独自OSの設計・開発にかかるコストを削減できるといったメリットがでてきます。 auのガラホ「 AQUOS K SHF31」 ガラホとは、その名の通りガラケーとスマホの特徴を組み合わせた携帯電話のことをさす造語です。 ちょうど今年2月にauの2015年春モデルとして発売された「AQUOS K SHF31」がその代表例として挙げられます。 前述したとおり、OSにはGoogle社の「Android」をベースとして採用しつつ、操作性は従来のガラケーに近い形で使用できるようカスタマイズされたものとなっています。 メーカー側は開発コストの削減、ユーザー側にとっても利用できる機能の幅が広がる、といったメリットがあります。 ただし注意点が1つ。 Google社の「Android」を採用しているものの、あくまでガラホ用にカスタマイズされたOS。 残念ながら Android用アプリストア「Google Play」などを利用することが出来ません(2015年4月時点)。 今のところ、ガラホの機能面に関しては「ガラケー+スマホの一部機能」と捉えるのが良さそうです。 ガラケーとガラホで出来る事の違い では、ガラケーとガラホ、どういった点が違うのでしょうか?おおまかに触れておきたいと思います。 まずこれまでガラケーで使用できていた機能については、 おおよそガラホでも利用できると考えておいてよいでしょう。 実際には各メーカー毎にどの機能を実装してくるかにもよるため断言は出来ませんが、従来のガラケーユーザーにとって特に需要の高かった「おサイフケータイ」「赤外線通信」「防水」といった機能については今後も搭載され続けるのではないでしょうか。 一方で、Androidを搭載し、CPUなどハードウェア面でもガラケーと比較すると高性能な機器を積んでいることから、 LTEを使った高速通信やテザリングが利用できるといった点はガラホならではと言えるでしょう。 なお、LINEについてはスマホと同じように使うことができます。 LINEもスマートフォンを同じように使える また、期待できるポイントのひとつとして、 機能の拡張性の良さも挙げられるでしょう。 従来のガラケーの場合、例えば発売後に新たな機能を追加する場合にはアプリのインストールといった簡易的な手段がないため、端末のソフトウェア自体を更新(アップデート)、というやや大掛かりなことになっていました。 しかしベースがAndroidであれば、 アプリの追加インストールだけで機能を追加することが可能となります。 現在発売されているauの「AQUOS K SHF31」においてはGoogle Playを利用することが出来ませんが、Android SDKというツールと専用のドライバーソフトをインストールしたパソコンを用いれば、アプリのインストールを行なうことが可能です。 インストールした結果、実際にそれがきちんと動作するかはまた別の問題になってはきますが、今後日本国内におけるガラホの普及率が上がってくれば、アプリ開発者側としても対応せざるを得なくなってくると思われます。 まとめ おおまかにガラケー、ガラホについてご紹介いたしました。 なお、料金体系に関しては、少なくともauの「AQUOS K SHF31」で見る限りでは 既存のスマホと大きく変わりません。 そのため従来のガラケーよりは割高で、人によっては「実質値上げ」となってしまいそうです。 ただ、ガラホは従来のガラケーユーザーの需要を取り込みつつ、端末メーカーにとってもメリットのある新しいジャンルの携帯電話と言うことが出来るでしょう。 ガラケーの操作性に加えて、一部ながらスマホの機能が利用できるのは新たな選択肢になり得そうです。 ガラホは2015年4月現在、auの「AQUOS K SHF31」1機種のみ。 しかし、docomoも今夏にはガラホの発売を予定しており、ソフトバンクを含め今後も種類の増加は十分に考えられます。 従来のガラケーユーザーでも選択肢に困ることはなさそうですね。 というわけで、以上ガラホについてご紹介いたしました。 もっと詳しく知りたい方は以下の記事もどうぞ。 こちらの記事もチェック!.

次の

【ガラケーでLINEはできる?】今は使えるが 2020年3月に ほぼ終了 ドコモ au ソフトバンクの対応機種一覧表

ガラゲー

拒否アドレス設定 入力したメールアドレスと完全に一致するメールアドレスからのメールのみ拒否します。 例えば「abc docomo. jp」と入力した場合、入力した文字と全て一致する場合、拒否します。 また「xxxabc docomo. jp」の場合、入力した文字と全てが一致しないため、拒否されません。 設定のポイント• mopera U(mopera. jpおよび、Webメールを利用して送信されたmopera. net)からのメールを受信したい場合は、「受信するメールの選択内のパソコンなどのメール受信設定」の「受信する」にチェックを入れるか、「受信するメールの設定」で個別に受信したいドメイン、またはメールアドレスとして設定してください。 メーリングリストやプロバイダーなどのメール転送サービスを経由したメールを受信したい場合は、受信するメールの選択内のなりすましメール拒否設定で携帯・PHSは「拒否しない」、パソコンなどは「存在しないドメインからは拒否する」「拒否しない」を選択するか、受信するメールの設定内の転送元・メーリングリストアドレスの登録でメーリングリストや転送元メールアドレスを登録してください。 iモードでの迷惑メール対策詳細情報• 指定受信/拒否設定•

次の

ガラホ・ガラケーおすすめランキング【2020年版】!料金プランと特徴まとめ

ガラゲー

「ガラケー生産中止」の一報がファンを悲しませたが、あまり将来を悲観することはなさそうだ (写真提供:パナソニックモバイルコミュニケーションズ) 「いつかはなくなる運命なのか?」。 そんなガラケーユーザーたちの不安に火をつけたのが、今年4月の日本経済新聞の「従来型携帯(ガラケー)生産終了」と題した記事だった。 それに先立つこと2ヵ月前、auはガラケー端末だがOSにAndroidを採用した「ガラホ」を発売した。 しかし、「ガラケーとガラホはどこまで同じなのか?」という疑問を抱いたユーザーも少なくないだろう。 こうしたユーザーの疑問を整理すべく、キャリアとメーカーに取材をしてみた。 結論から言うと、ガラケーと同じか、ほぼ同等の製品は、今後も使い続けることができる。 キャリアやメーカーはガラケーのことを「フィーチャーフォン」と呼んでいる。 そして、ガラホのことも「フィーチャーフォン」と呼んでいる。 つまり、OSの違いなどはあるにせよ、同じカテゴリーの商品だという認識なのだ。 ではなぜ、ガラケーを作り続けるのではなく、ガラホを誕生させたのか?それは、OSをAndroidに変えることで、「チップセット」と呼ばれる電子部品が、従来OSに比べると簡単に、かつ安いコストで調達できるからだ。 従来OSの部品は今後、どんどん調達が難しくなる懸念がある。 しかし、OSを変えたからといって、まったく違う商品にするつもりはなく、むしろ「ガラケーそのままの使い勝手や料金を念頭に、ガラホを開発しました」(富田圭・NTTドコモプロダクト部第一商品企画担当)。 auはドコモと比べると高機能なガラホを出しているが、それでもガラケーユーザーが戸惑うようなつくりにはしていない。 スマホ普及に伴って、ガラケーは市場から消えるはず。 かつてキャリアたちはこう考えていた。 しかしこの数年、ガラケー保有台数は下げ止まり、昨年は出荷台数が7年ぶりに増加に転じるという現象も起きた。 今でも携帯保有者の約4割、ユーザーの年齢層の高いドコモに関しては約5割もの顧客がガラケーユーザー。 「ガラケーはこのまま、生き残るのかもしれない」。 そう考え方を変えたキャリアやメーカーたちが、今後も安定して供給できるように開発をしたのが、ガラホだったというわけだ。

次の