レヴォーグ 新型。 スバル 新型レヴォーグ 2021 【新型車情報・発売日・スペック・価格】

スバル 新型レヴォーグ 2021 【新型車情報・発売日・スペック・価格】

レヴォーグ 新型

新型レヴォーグのデザインは、キープコンセプト 新型レヴォーグのデザインは、キープコンセプトながら、現行モデルよりもシャープな印象に生まれ変わります。 出典 STI SPORT 出典 現行モデルに比べると、フロントマスクは彫りが深く、はっきりとした顔立ちをしています。 サイドシルエットは、リヤの方が細長くなっており、現行モデルよりもシャープな印象です。 リヤはブレーキランプが細長く、こちらも現行モデルよりシャープな印象となっています。 新型レヴォーグのテスト走行の様子が撮影されていますが、プロトタイプとほぼ同じデザインに見えます。 出典 スポンサーリンク 新型レヴォーグのエンジンは、1. 8Lターボエンジン 新型レヴォーグに搭載されるエンジンは、新開発の1. 8Lターボエンジンです。 このエンジンは、リーンバーン(超希薄燃焼)エンジンで、熱効率は40%を超えるといわれています。 8Lターボエンジン予想スペック】 最高出力・・・180ps 最大トルク・・・30. 0kgf・m 【現行1. 8Lエンジンは、どちらかというと1. 6Lターボエンジンの後継です。 0Lターボエンジンのようなパワフルなエンジンはなくなってしまうようですが、 フルモデルチェンジから1年ほど遅れて、最高出力300ps程度の2. 4Lターボエンジンが追加されるといわれています。 8Lターボエンジンはレギュラー仕様になるということです。 新型レヴォーグのドライブモードセレクト 新型レヴォーグには、「ドライブモードセレクト」という新しい機能が搭載されます。 ドライブモードセレクトとは、スイッチひとつで、パワーユニットの出力特性、ステアリング、ダンパー、AWDシステムの制御を変更し、スポーティーな走りから上質な乗り心地まで、車のキャラクターを変えることができる機能です。 通常、スポーティーな走りと上質な乗り心地というのは相反するものです。 これまでのスバル車は、スポーティーな走り方向にセッティングされていますね。 これを可変させることで、スポーティーな走り、上質な乗り心地をドライバーの好みで選ぶことができるようになっています。 スポンサーリンク.

次の

新型レヴォーグ、スパイショットが続々!テストカー、市販車のデザインを見てみよう。

レヴォーグ 新型

何故なら、このタイミングで先行予約が開始されるから。 例えば新型レヴォーグのパンフレットなどは5月時点で配布されており、スバルディーラーでも既に売り込みが始まっていた模様です。 次期レヴォーグの発売までいろいろゴタゴタがありましたが、ようやくフルモデルチェンジされます。 ちなみに新型レヴォーグ以外の新型車のスケジュールも興味があればご参照ください。 新型レヴォーグの発売から一年後の2021年にはされそう。 新型レヴォーグの安全装備はどうなる? 続いては「安全装備」の最新情報。 スバル新型レヴォーグの自動ブレーキは「」に刷新されます。 アイサイト3が現行レヴォーグに初めて搭載されたように、アイサイト4も新型レヴォーグのフルモデルチェンジのタイミングで抱き合わせ商法的に登場します。 既に2018年のジュネーブモーターショーでスバルは「 2020年頃に実現を見込む高度運転支援技術を、(中略)、SUBARUならではの安心で愉しいツアラー像を表現」と発表してた。 高度運転支援システムとは、まさにアイサイト4のことでした。 アイサイト4の中身を見ておくと、現行アイサイト3搭載の日立製カメラは35度の画角しかなかっため、更に画角が広いヴィオニア製のステレオカメラに換装されます。 飛び出し自転車にも自動ブレーキが反応するように進化。 車体四隅にもレーダーが設置されることで、周囲の状況把握をサポートにも寄与。 ステレオカメラの視野角が拡大したことで、飛び出し自転車にも自動ブレーキが反応するように進化。 車体四隅にもレーダーが設置されることで、周囲の状況把握をサポートにも寄与。 でも、ここまでの技術は既に他社の自動ブレーキでも対応してる。 ただ次期レヴォーグに搭載予定のアイサイト4は 「渋滞中のハンズオフドライブ(手放し運転)」にも対応。 ステレオカメラや周囲のセンサーで状況察知するだけではなく、人工衛星「みちびき」のGPS機能や高精度マップを併用したシステムを使うことで半自動運転の精度を高めてる。 さすがにまだ町中での半自動運転は厳しいと思いますが、高速道路上での手放し運転は期待して良さそう。 他にも「SOSコール」が新たに設定されるなど、新型レヴォーグは実はかなりお買い得と言えるのかも知れない。 何故なら、他車は既に50度以上の単眼カメラを採用しており、今後は100度の画角性能を持ったカメラに置き換わる予定の車種もあります。 コーナーセンサーなどは2019年初夏にに既に搭載されてる代物。 2020年2月にフルモデルチェンジしたですら、既に画角50度以上のカメラを採用してる。 軽自動車でもや、に全車速域追従クルーズコントロールが設定される時代。 手放し運転も日産スカイラインが既に実現済み。 今回新型レヴォーグの安全装備がどこまで進化するのかと言うと、実はアイサイト4でようやく他社レベルの安全性能に追い付く感じです。 マガジンXは「 新型アイサイト4の開発は滞ってる」とずっと報じていましたが、スバルの後手後手感は否めない。 だからアイサイト4の開発の遅れが「そっくりそのまま新型レヴォーグの発売の遅れ」に直結してたカタチ。 人工衛星や高精度マップを使った自動運転車は国産車では皆無に近い。 まだ詳細は完全に判明してませんが、期待は持っても良さそう。 次期レヴォーグはキープコンセプトだが… 続いては「次期デザイン」の最新情報。 新型レヴォーグの外観見た目はキープコンセプトなのか? (スバル新型レヴォーグ リア画像) 最後は新型レヴォーグの「リア周り」の画像。 フルモデルチェンジ後も「二本出しマフラー」はそのままに、リアランプもコの字が強まって清潭さが強調。 全体的に立体感が強まったプレスラインが目を引き、あとで新型レヴォーグの主要諸元もまとめますがルーフも傾斜角度が強まってスポーティーに仕上がってる。 だから端的にまとめると、新型レヴォーグはシンプルにカッコ良くなったと思います。 あくまでキープコンセプトですが、各所で洗練さが増しており所帯染みた匂いも減った。 マガジンXのフルモデルチェンジ情報でも「スバルらしからぬセクシーなデザインに仕上がっていた」と高評価。 新型レヴォーグの「車体サイズ」はCクラスに近付く? 続いての最新情報は「車体」の最新情報。 まず今回のフルモデルチェンジでスバル新型レヴォーグの プラットフォームも「SGP」にようやく進化します。 しかも、インナーフレーム構造が取り入れられて通常のSGPよりも剛性感がアップしてるそう。 一方、サスペンションは前がストラット式、後がダブルウィッシュボーン式と変わりませんが、足回りにもしっかりテコ入れが入る模様。 走りの安定感や挙動が着実にアップしているはず。 ホイールベースは2670mm。 現行レヴォーグと比較すると、全長で+6. 5cm。 全幅で1. 5cmほどサイズアップしてるのに対して、全高だけ1cmほど低くなってる。 数字上からも新型レヴォーグのスポーティーさが強まってることが分かります。 実際、スバル新型レヴォーグは「海外展開」を意識して開発されており、2020年9月のフルモデルチェンジをもって国内専売車から脱皮すると言われてます。 そう考えると新型レヴォーグのコンセプトカーが海外のモーターショーで先駆けて発表されたことにも合点がいきます。 スバルはアメリカではフォレスターを筆頭に大人気ですが、逆にアメリカ以外の市場はまだまだ攻略できてない。 まさにアメリカにおんぶに抱っこ状態。 そこでスバルは現在の「歪な販売状況」を改善するため、 新型レヴォーグを皮切りにヨーロッパでヒットさせようと目論んでるそう。 新型レヴォーグの搭載エンジンは? 続いては「搭載エンジン」のフルモデルチェンジ最新情報。 結論から書くと、スバル新型レヴォーグには 「新型1. 8Lターボエンジン」が搭載されそう。 ただし、この1. 8Lターボのみ。 現行レヴォーグは1. 6Lターボと2. 0Lターボを搭載してるため、アップサイジングとダウンサイジングと同時に行うようなもん。 スバルは2021年までに「ターボエンジンの搭載率を8割に引き上げる」ことを既に発表しており、今後のスバル車はは「1. 5L直噴ターボ」「1. 8L直噴ターボ」「2. 4L直噴ターボ」の3エンジンに集約されていく。 当初は1. 5L直噴ターボ搭載の噂もありましたが、結果的には間違いでした。 この1. 8Lターボのエンジンスペックは 最高出力が200PS/6000rpm。 最大トルクは30. フルモデルチェンジ後は100馬力ほど低下しており、現行レヴォーグの2. 0Lと比べると非力感は否めないか。 また新型レヴォーグの車重は1520kg前後とフルモデルチェンジ前とほぼ変わらないため、加速感という点で過大な期待は禁物でしょう。 だからか、 フルモデルチェンジから一年後に「2. 4Lターボ」のハイパフォーマンスモデルが追加されるという情報もあります。 新型レヴォーグの変速機は引き続きリニアトロニックCVTが採用され、駆動方式もAWD(4WD)のみ。 当初は「多段ATに変更する」という情報も流れましたが、結果的に間違い。 その一方でドライブモードは複数切り替えられるように進化。 制御システムの変更が及ぶのは搭載エンジンだけではなく、ステアリングやサスペンション、4WDシステムにまで及ぶそう。 そのため剛性感がアップした車体含めて、新型レヴォーグの走りは劇的に進化してると期待されます。 新型レヴォーグの価格帯は跳ね上がる? 続いては「価格帯」の最新情報。 スバル新型レヴォーグの値段はどうなるのか? まず確認しておくと、新型レヴォーグのグレード構成は主に「3グレード」。 具体的には 標準モデル、上級モデル、STIスポーツモデルが用意されそう。 STIスポーツには専用のアルミホイールや外装パーツ、シート素材だけではなく、「電子制御式のZFダンパー」が採用される見通し。 フルモデルチェンジ後のグレード数が減ってるようにも見えますが、新型レヴォーグは搭載エンジンが一つに絞られるからそう見えるだけ。 基本的には現行レヴォーグとグレード構成はほぼ同じと考えていいと思います。 じゃあ、スバル新型レヴォーグの価格帯はどうなるのか? 結論から書くと、 標準モデルが330万円、上級モデルが340~370万円、STIスポーツの値段が420万円程度と予想されてます。 現行レヴォーグの2. 0L搭載モデルの値段が361~405万円ですから、基本的にはその価格帯に近くなると思います。 もしかすると予想から10万20万円ほど割安になる可能性もありますが、少なくとも新型レヴォーグの値段は最低でも300万円は軽く超えるはず。 だから、1. 6Lモデルを購入してた人からしたら随分と値上がりしたように見えると思いますが、やはり割安の1. 5Lターボが設定されないことが影響。 また今回のフルモデルチェンジで新型レヴォーグには「電動開閉ハッチゲート」や「全席シートヒーター」を標準装備してくるなど、内外装はドイツ車に負けないほど質感をアップさせてくる以外にも商品力を全般的に向上させてくる様子。 進化したアイサイトも価格面ではプラスに働かない。 それでも同じくハンズオフ運転が可能な日産新型スカイラインハイブリッドの価格帯は557. 5万円からってことを考えると、新型レヴォーグの値段は良心的に映るのも事実。 だから購入の有無の判断は、新型レヴォーグに「安全装備」や「走りの剛健さ」にどこまで価値を見出だせるか、といったところ。

次の

【レヴォーグ 新型情報 リーク】発売日や予約、デザイン(内装、外装)、エンジン、燃費、スペック、価格予想などまとめ。2.4Lターボ投入の可能性も。

レヴォーグ 新型

ご存知の方も多いと思いますが、新型車は発売の1~2ヶ月前から生産を開始します。 いつから生産ラインに流し始めるかを決めるため、早めに現行車の生産計画を立てておきたいということなんだと思います。 WRX S4も、実はすでにオーダーストップしたWRX STIより、レヴォーグと兄弟関係なのです。 この2車種のオーダーストップ、スバルから300馬力級の高性能エンジンが無くなることを意味します。 それにばかりか、7月20日に200馬力のBRZもカタログから消えてしまいます。 「アメリカで販売している260馬力の2. 4リッターターボを日本でも売ればいい」と思うかもしれませんが、後述の通り日本は2020年から厳しい燃費規制が適用されます。 漏れ伝わる話によると、新型レヴォーグは1. 8リッター直噴ターボ仕様になるようだけれど、どちらかといえば燃費重視となる模様。 最高出力も200馬力程度のようです。 考えようによっては初代レガシィの2リッターターボは200馬力でしたから、イメージ的にはそこから再スタートということかもしれません。 しかも燃費は2020年規制をクリアするべくJC08モード燃費の20. ちなみにWRX S4絶版の理由は、燃費規制のためです。 地球温暖化ガスを減らすため、日本もCAFEと呼ばれる自動車メーカー毎の平均燃費基準を作りました。 それがJC08モード燃費で20. スバル全ての車種の平均でクリアしなければダメなのです。 WRX S4のJC08モード燃費は13. 逆に考えれば、今後は燃費の悪い高性能エンジン車を販売出来ない、ということになります。 アメリカで2. 4リッター260馬力エンジンを販売出来るのは、燃費規制が緩いからです。 日本と同じく厳しい燃費総量規制を始めるヨーロッパも、スバルの高性能エンジンは絶版になります。 水平対向の限界だろね、ボクサーディーゼルが退いた第一の理由は実は排ガス規制以前に片バンクの剛性不足?なんて話も聞いたし それと疑わしい低重心?レオーネやスバル1000時代はエンジンルームのスペースを利用してボンネット下にスペアタイヤを搭載していたし、スバルのエンジニアも然して低重心とも思ってなかったのが本心だろね。 スバルの登録車は他にジャスティとかドミンゴとか何れも軽の延長線上の車だったけど逆に自社製のCVTとか軽に登録車並みのコストを注いだ製品開発が本来のスバルだと思うけどね。 何かとAWDが話題のスバルだけど水平対向のFFも基本的には縦置きレイアウトのFFなので前輪駆動とは本来はこうあるべきではないか?とも思わせてくれるし、初代ターセルやカローラ2なども縦置きレイアウトのFFで、同じ横置きでもエンジンの真下にミッションを配置したチェリーとか悪い癖も妙に憎めない心地好い癖と言うか?今の時代は車両諸元がすっかりカタログの後書きのような角に追いやられてしまってるが一体誰の責任なんでしょうかね〜?W• ?その環境性能も陸運支局に提出する審査用諸元には明記されてんですけどね。 環境重視でエコカーを買う人は少数でしょうね、諸元、構造を重んじない証にレクサスのLSやセルシオより小回りが効かない大衆車が出回るのも当たり前のも話ですよね。 因みに2代目プリウス以降は諸元では最小回転半径はセルシオと同等か以下ですが実際の小回り性能はセルシオが勝りますね、これが3代目セルシオの30系とアルファードでは諸元でもセルシオが勝ります、アルファードと諸元で並ぶのはレクサスLS600ですが実際はLS600のほうが小回り性能は上ですね。 昔の話ですがFFの後軸にチェーンを巻いている人がいましたが構造を知らずに安物に飛び付く典型ですね、早い話が良い品物には投資すればいいだけなんですね。 税金逃れを目的にエコカーで環境大義になんてチャンチャラ笑える話で、最近多いブレーキとアクセルの踏み間違いが本当だとしたら踏み間違いの原因って高齢者ではなく諸元構造を無視した買い物が原因なのではないですかね?•

次の