現金化 還元率。 業者が説明する「換金率」と「還元率」とは何ですか?|クレジットカード現金化(ショッピング枠現金化)

クレジットカード現金化満足度ランキング

現金化 還元率

今回は「商品券」で購入・売却する場合を想定としているぞ。 そのため、とにもかくにも「まずはクレジットカードで商品券を購入する方法」を押さえましょう。 大概の場合は、商品券を発行している公式サイトで必要金額分の商品券の発行手続きを行い、商品券が届くのを待つ流れとなります。 様々な商品券であふれていますが、クレジットカードで購入できる商品券は限られています。 中でもJCB、VJA、UCなどといったカード会社が発行する信託系の商品券はカード購入しやすいです。 クレジットカードで購入できる商品券の種類を押さえて現金化に活用してください。 次に現金化に最適な商品券のチェック 現金化の準備段階として、これから紹介するような知識が必要となります。 すでにご存じの方は次章「商品券を換金する方法は『事前の情報収集が大事』」にお進みください。 現金化に最適な商品券 現金化に最適といわれているのが、以下のような商品券です。 JTBナイスギフト• HISギフト券• 日本旅行旅行券• amazonギフト券• ビール券• 全国百貨店共通商品券• JCBギフト• VJA/VISAギフト 上記の商品券をクレジットカード購入したら、最寄りの買取業者「金券ショップ」で換金しましょう。 換金率のしくみを知って1円でも高く現金化を 「商品券が最適」としている理由は、以上のような商品券は換金率が高く、 換金する際に現金が多めにかえってくるためです。 クレジットカードの現金化となると、1円でも多くの現金を得るためにも、この換金率に注意しなければいけません。 さらに、このような換金率の高い商品は限られています。 そのため、「適当な商品をクレジットカードで購入して売る」というだけでは、損をしてしまう可能性が高いです。 ゆえに、クレジットカードを現金化する際には「換金率の高さを意識する」ということを覚えておきましょう。 「現金化に最適な商品券」の換金率 先ほどの商品券を例に取り、換金率を見ていきましょう。 JTBナイスギフト:97%前後• HISギフト券:90%前後• 日本旅行旅行券:94%• amazonギフト券:93%前後(買取サイトのみ)• ビール券:90%代• 全国百貨店共通商品券:97,98%• 三越:97%前後• JCBギフト:97%前後• VJA/VISAギフト:97%前後 60,70%、高くても80%という換金率の商品が多い中、商品券は90%を超えるなど非常に換金率の高く設定されていることが分かります。 需要や人気のある商品は換金率が高くなる傾向があるんだ。 商品券もそのような需要のある商品のうちの一つというわけだね。 百貨店商品券でもクレジットカードは現金化できる 商品券の中には「百貨店商品券」と呼ばれるジャンルの商品券があります。 文字通り、百貨店(デパート)が発行する商品券ですが、 換金率が高めに設定されるケースが多いです。 例えば、以下のような商品券があります。 全国百貨店共通商品券(1,000円券・10,000円券)• 三越/伊勢丹商品券(500円券・1,000円券・10,000円券)• 高島屋商品券(1,000円券・5,000円券・10,000円券)• そごう/西武商品券(500円券・1,000円券・10,000円券)• 大丸/松坂屋商品券1,000円券• 小田急商品券(1,000円券・10,000円券)• 東急商品券(1,000円券)• 京急商品券(1,000円券・5,000円券・10,000円券) このような商品券は、「大黒屋」「アクセスチケット」「チケッティ」といった有名金券ショップで換金率が90%を超えるケースが非常に多いです。 その理由は百貨店商品券は 「有効期限がない」「おつりが現金で返ってくる」など人気の商品券であるためとされています。 商品券を換金する方法は『事前の情報収集が大事』 商品券をクレジットカード購入できましたか? 商品券を購入できたら、いよいよ商品券を現金に換える手続きを進めていきましょう。 商品券を換金する方法は大きく分けて2つあります。 方法その1:金券ショップで商品券を換金する• 方法その2:オンライン上で商品券を換金する 商品券を換金(売却)する場合は、運転免許証や健康保険証、パスポートなどの本人確認書類が必要となりますので、商品券を換金する際には早めに準備しておくことをおすすめします。 換金方法を1つずつ紹介していくので、お好みの方法で商品券を換金しましょう。 方法その1:金券ショップで商品券を換金する 金券ショップとは、リサイクルショップの中でも金券を専門にしている業者のことです。 それに対して「買取サイト」はオンライン上でAmazonギフト券やiTunesカードなどの「コード」が発行されるタイプの商品券(ギフトカード)を買取を依頼できる。 金券ショップではコード発行タイプの商品券は「使用済み・未使用の確認が難しい」として換金を断られるケースが多いですが、買取サイトを利用すれば換金してもらえますよ。 「事前確認」が大切!換金の流れについて 商品券の買取を依頼する流れは、以下のような流れがあります。 ステップ1:買取を希望する金券ショップ店舗の公式サイト(ホームページ)で 換金率・買取価格を事前に確認• ステップ2:商品券と本人確認書類を提示• ステップ3:買取手続きを行い、商品券を査定後、換金 金券ショップの店頭でも、オンライン上でも上記の流れで換金することが可能です。 中でもステップ1の換金率・買取価格を事前確認するステップがポイントとなります。 というのも、換金率・買取価格は金券ショップごとで異なるため、「 一番高く商品券を換金するお店を探す」という意味でも、金券ショップ事前確認が大切なのです。 また、金券ショップで店頭買取を依頼する場合は「 買取額アップのための交渉術」も重要になってきます。 そのような点を含めて、商品券の換金方法を確認しておきましょう。 初心者でも交渉術に挑戦できるようにわかりやすく解説したぞ!ぜひ参考にしてくれ! 不安を解消!商品券換金の違法性について知っておこう 結論から言えば、 商品券買取に違法性はなく、 合法な取引です。 違法と結びつけられがちな原因として、以下の4つの原因が考えられます。 原因その1:「古物商許可」があるため• 原因その2:違法な「チケット転売」と勘違いしているため• 原因その3:取引時に規制があるため• 原因その4:偽物の商品券(偽造券)も出回っているため このような原因で「商品券は違法なのでは?」と勘違いしてしまう方が多いわけです。 しかしながら、商品券の買取を受け付けている金券ショップやリサイクルショップは何の問題もなく、営業していますよね。 商品券の買取に違法性はなく、 むしろ「古物営業法」という許可を得て営業している合法 的な業者です。 このあたりの詳細な事情は詳しく知っておくと、気が楽になりますよ。 商品券現金化のメリット・デメリット 世の中には様々なクレジットカードの現金化方法があります。 他の現金化方法と比較するためにも、商品券を用いた現金化方法のメリット・デメリットをご紹介します。 商品券現金化のメリット 商品券を現金化のメリットは3つあります。 メリット1:換金率が高め• メリット1:換金率が高め 商品券は需要があり、一定の人気があるアイテムです。 商品券を扱う金券ショップが平日でも賑わうのでもそのような背景があるためとされています。 需要があると言うことは、 金券ショップは換金率を高く設定してでも商品券を購入して在庫を確保したいと思うわけですよね。 結果的に商品券の換金率が高く設定されているというわけです。 そのため、数年前にもらった商品券を売ることもできますし、保存状態にさえ気を付けておけば、買いだめしておいて数年後に売るということもできます。 このように 現金が欲しいときにいつでも換金できるので魅力的な現金化アイテムなのです。 カード会社は「不自然な買い方」を自動で検知するシステムを導入しているとされています。 後はこのシステムに引っかからないように、 自然な商品券の購入を心がけるだけです。 例えば、50,000円分の商品券を調達するために「ある商品券5,000円券を10枚」なら贈答用で購入するシチュエーションが想像できますが、「ある商品券500円券を100枚」では不自然ですよね。 このように、現実的にありえる買い方を心がければ、カード会社に目を付けられにくいとされます。 メリット3でも紹介したように、最初からカード会社が発行する商品券を購入しても良いです。 デメリット2:素材が「紙」なので、状態が悪化しやすい 商品券は「紙」であるため、保存状態には注意しなければなりません。 特に「角の折れ曲がり」や「シワ」などは換金率が大きく下がる原因となります。 また、材質上、湿気にも弱く、太陽光で色あせする可能性も高いです。 そのため、 商品券はファイルなどにそっとはさみ、 保存しておきましょう。 また、 そのファイルは風通しが良く、直射日光の当たらない場所に保管しておきます。 せっかく高い換金率を誇る商品券の価値を落とさないためにも、保存状態にはくれぐれも注意しましょう。 デメリット3:商品券の中には買取を断られるタイプもある 商品券の中には、Amazonギフト券のように店頭での買取を断られてしまうものもあります。 先ほども述べたように、買取を断られる商品券は「使用済み・未使用」の確認が困難なコードタイプです。 仮に「使用済み・未使用」を確認するためにコードを入力してしまうと、アカウントに残高追加されてしまうため、お店の方で買い取っても売り物にならなくなってしまいます。 Amazonギフト券のように コードで残高を追加するタイプの商品券を換金したい場合は、 「買取サイト」を利用しましょう。

次の

【公式サイト】クレジット85 | クレジットカード現金化 安定の還元率85%

現金化 還元率

元現金化業者の神崎智也 と申します。 さて、先ほど業者を比較するときに重要視するポイントをお聞きしましたが、いかがでしょうか? 入金スピード、親切な対応、深夜営業。 現金化業者の特徴はさまざまですが、この中で絶対に欠かせないものが 『換金率』です。 換金率とは、利用金額に対する入金額の割合を示した数値なので、この数値が高ければ高いほど多くのお金を手元に残すことができます。 となれば、少しでも高い換金率の現金化業者で取引をしたいと思うのは当然のことですよね。 あなたが現金化業者が掲載している換金率を信用しているなら危険ですよ! ということで、今回は 現金化の換金率の真実についてお話します。 初心者の方でもわかりやすく簡単にお話しますので、現金化を利用する前に換金率について知っておいてくださいね。 悪徳業者に騙されるリスクが減少する 現金化業者は、優良店ばかりではなく悪徳業者も存在します。 そして、そういった悪徳業者は利用者を騙すためにあり得ない換金率を最初に提示してくるのです。 元々、悪徳業者は利用者にお金を渡すつもりなんてさらさらありませんので、高い換金率をエサにして利用者を誘っています。 そのため、見た目の換金率だけで判断してしまうと悪徳業者に騙されてしまう可能性があるのです。 実際の換金率をしっかりと知っていればそんなことにはなりませんので、詐欺のリスクを減らしたい方も絶対に知っておかなければなりません。 この2つが換金率を知るメリットとなります。 これからお話しすることを読んでおけば、どちらも簡単に身につけることができますので、しっかりと見ていってくださいね。 大事なのは、現金化の実態を知っておくことですよ! 次は、換金率の真実についてお話します。 換金率表に書かれている数値はすべて最大値 まずは、こちらの画像をご覧ください。 こちらの画像は 『キャッシュライン』という現金化業者のサイトに掲載されていた換金率表です。 詳細な換金率が詳しく書かれており、あたかもこちらの数値で現金化ができるようなイメージがありますね。 ですが、画像の赤枠で書かれているところをよく見てください。 そう、こちらの数値はすべて最大値となっているのです! 金額を指定しておきながら最大値というのもわかりませんが、実際の取引でこちらの換金率で現金化ができることは絶対にありません。 どこの業者も別のページか、このように小さな文字で 「最大値ですから、こちらの換金率は保証できません」 という言い訳を書いているのですね。 最大、保証、一律、確定。 換金率の前には、さまざまな言葉がつくことがありますが、どれも最大値の表記となっていますので、換金率表の数値はまったくあてにならないのです。 (現金化業者は漢字の勉強をしてきたほうがいいですよね) 提示の換金率から手数料が引かれることもある 現金化業者に電話で換金率を聞いていると、ときおり換金率表の数値を言ってくる業者もいます。 「やった!優良業者だったんだ!ラッキー!」 みなさんこのように思うことでしょう。 しかし、そこで安心して現金化取引に進んではいけません。 実は口頭で伝えられた換金率から入金の段階になって手数料が引かれる可能性があるのです。 また、悪徳業者だと勝手に入金額から手数料を差っ引いてくることもあります。 引いたことは利用者には絶対に伝えてきませんので、利用者が自主的に気づかなければ換金率を勘違いしたまま取引を終えることになります。 そして、次回もまた手数料を引かれて取引となってしまいますので、取引が終わったあとは入金額が間違っていないか確かめてくださいね。 換金率UPのキャンペーンは実態がハッキリしない ほとんどの現金化業者はキャンペーンを開催しています。 現金プレゼント、換金率UP・・・。 みなさんも見たことがあるのではないでしょうか? このキャンペーンですが、実はまったく実態のない、適用されているか怪しいものなのです。 そのため、現金化業者の中には 「キャンペーンを適用させた」 とウソをついて、いつも通りの換金率で取引をしてくる業者もいるのです。 どの業者のキャンペーンも実態がハッキリしないものなので、キャンペーンをあてにして現金化業者を選んではいけないのです。 現金化業者の換金率はウソで溢れています。 そのため、サイトを見ただけでは換金率を把握することはできません。 実際の換金率を確かめるためには、業者に直接電話をした上で• 実際の換金率を聞く(相場と照らしあわせておく)• 手数料の内訳と金額を聞く(入金額も聞いておく)• キャンペーンは考慮しない。 という3つの確認作業が大切となるのです。 では、このようにウソの多い換金率ですが、現在の現金化の相場とは何%に設定されているのでしょうか? 次は現金化の換金率の相場を解説いたします。 カード現金化の換金率の相場はいくら? 現在の換金率の相場を調べるために、 実際に営業中の現金化業者に電話をかけて調査をしてきました。 そして、実際の換金率、手数料、口コミ評判などの情報を組みあわせて、その数値の平均を割り出し、グラフにしましたのでこちらをご覧ください 現金化の換金率はこのようになっていました。 カード現金化の換金率は思ったよりも低い いかがでしたか? クレジットカード現金化の換金率は想像以上に低いものとなっているのが現状なのです。 すなわち、入金がおこなわれることはありませんので利用しないほうが良いでしょう。 この換金率は利用者が一番トラブルとなってしまいがちな物なので、現金化業者の言うことは信用せずに自分でしっかりと確かめなければなりません。 現金化業者を実際に利用するときは、もう一度こちらの記事を読み返して、現金化業者の換金率について把握してから利用してください。 また、最後に今回検証した 業者の中で一番平均換金率の高い業者を3社紹介しておきますので、現金化をするのであればこちらが一番換金率を高く取引をしてくれますよ。 ぜひ、参考にしてくださいね。

次の

一番換金率の高い方法は?クレジットカード現金化のやり方ベスト5

現金化 還元率

換金率 買取式で現金化している業者と判断できる。 業者の表記で「換金率」として表記される場合には、買取による方法です。 商品を購入してそれを買い取ってもらう仕組みですが、販売店と買取店が異なる仕組みとなっています。• 還元率 キャッシュバック式で現金化している業者と判断できる。 業者の表記で「還元率」として表記される場合には、キャッシュバックによる方法です。 商品を購入し、その特典としてキャッシュバックを受けるので、購入先から現金を受け取る仕組みとなっています。 業者のホームページを見れば、このように一発で判断できる内容でありながら、一部の比較サイトでは誤って業者を紹介していることがあります。 単純に間違っているのか、そもそもこうした違いについて理解していない、適当に書かれているということが想定されますので、比較サイトの見方も変わるのではないでしょうか? いずれも方法が違うことで、我々利用者側が受け取れる金額が大きく異なることもなく、違法性に関する観点も特別変わりませんが、この料率に対する考え方について知っておきましょう。 換金率・還元率に対してあまりに高い数字を求めてしまいますと、悪徳業者によって足元を救われかねません。 利用者から見た換金率・還元率については、出来るだけ高い方に越したことはありませんが、業者から見た換金率・還元率の考え方は違います。 高いパーセンテージを示しながら、実際に取引された金額がパーセンテージと合わないというトラブルも少なくはありません。 「換金率」と「還元率」は、すべてのクレジットカード現金化する業者で存在する項目であり、業としての取り分や経費を考えてみれば一目瞭然で、ショッピング枠を貯金から引き出す感覚で利用できるなんて事は一切ありません。 とくに、はじめて業者に申し込みする事を比較検討中の方は、ここで戸惑う事が多いようです。• なぜ換金率・還元率という項目があるの? クレジットカードが取り扱いが出来るお店というのは、現金であれば消費税と一緒に商品やサービス代金を支払います。 クレジットカード現金化する業者でも商品・サービス購入代金、消費税を含む金額が決済される事が一般的です。 しかし、クレジットカード決済をした際に消費者には見えませんが、業者が手数料を支払う仕組みがあります。 お店側が端末を借りている先にその決済された金額の総額から、契約によって決められたパーセンテージを手数料として支払う必要があるのです。 このような業界だけでなく、現金払いとクレジットカード払いの違いによって特典が違ったり、手数料が上乗せされて請求されるお店も普通にありますよ! この時点ですでに業者は経費が発生しています。 さらに人件費やら事務所家賃から、商品の用意に送料など、仕事ですから利益も求める必要があります。 換金率・還元率とは企業努力が求められる部分と言っても過言ではありません。 業者によっては利益をとことん追求する方針もあれば、できるだけ利用者に利益を還元したいと考えている業者まで色々有る訳ですから、比較する事は大切です。• 比較サイトは換金率・還元率だけを評価している訳では無い クレジットカード現金化する業者は、業態を変え増殖し、比較サイトもその媒介商品の換金として紹介するサイトが増えていると同時に、悪質な内容も増えています。 この業界において逮捕されていない立場にあるのは、利用者と比較サイト運営者、さらに業者の代理店や決済会社、その他取引業者です。 いつも決まって運営者だけが逮捕されていますが、その悪質業者を儲けさせていたのは間違いなく、上記の利用者以外の立場にある者です。 とくに我々消費者の目線から考えますと、比較サイトは重要な比較要素ですが、を対象に申し込みさせるよう誘導している管理者もいます。 申し込みをさせる為に、過度な期待を抱かせるような内容で業者を紹介していたり、クレジットカード現金化する事に伴うリスクについて記述が見られない比較サイトは要注意の対象です。 比較サイトでは電話対応やスピード、フリーダイヤルの設置や口コミ投稿などの総合評価でランク付けすることが最近の流行りで、理由なく紹介されるケースは珍しくなりました。 換金率・還元率のまとめ 換金率・還元率ばかり気にしていると、見えない問題が後で大きな問題としてトラブルになってしまう恐れがあります。 そのために出来るだけ、情報量の多い比較サイトを閲覧する事が我々にとってリスクヘッジを成します。 クレジットカード現金化する業者について検索するかたは、失業中であったりフリーターで低収入のため総量規制に抵触してしまうなど訳ありの方が多いのです。 一般的にはグレーゾーンのサービスの印象が強い換金方法ですが、都内に店舗も構え、女性スタッフが配備されている所も多くなりました。 消費者金融もクレジットカード現金化する行為も、お金を調達するサービスという意味では同じですが、両者には決定的な違いがあります。 まず消費者金融はお金を融資する貸金業であり、クレジットカード現金化する業者は、商品を販売している小売業、または買取業である事が決定的な違いでしょう。 我々消費者はクレジットカード会社に商品代金を支払う事で、すべての取引は完了します。 支払い方法の選択は、発行元との契約内容に沿ったものです。 ほとんどの発行元でリボや分割払いも出来るので、審査が無く現金調達が出来る事は、クレジットカード現金化するメリットと言えます。

次の