自動車保険 レンタカー特約。 車を修理中の代車(レンタカー)費用、保険でまかなえる?

車を修理中の代車(レンタカー)費用、保険でまかなえる?

自動車保険 レンタカー特約

万一の自動車事故でお車が損害を受けた場合、損害の程度によっては修理のためお車を使用できない期間が発生することがあります。 毎日お車を使用する方であれば、お車がない生活はとても不便なもの。 代車としてレンタカーを利用する必要が出てきますが、果たしてその費用は自動車保険で補償されるのでしょうか? ここでは、修理中の代車(レンタカー)費用を補償してくれる特約や、提携修理工場の無料代車サービスについて解説します。 代車(レンタカー)費用は特約で補償される 自動車保険には、ご契約のお車が修理などで使用できない場合に、代車(レンタカー)費用を補償する特約が用意されていることが一般的です。 特約の名称は保険会社によって異なりますが、イーデザイン損保の場合は「事故時レンタカー費用特約」という名称で用意されています。 この「事故時レンタカー費用特約」を例に、保険による代車費用の補償について詳しく見ていきましょう。 「事故時レンタカー費用特約」の補償内容 事故時レンタカー費用特約を利用できるのは、車両保険の支払い対象となる事故で、ご契約のお車が修理などのため使用できなくなった場合です。 お車が全損となってしまった場合や盗難された場合にも補償されます。 一方、自然消耗や欠陥などの内的要因による故障については、車両保険の支払い対象となりませんので、事故時レンタカー費用特約も利用できません。 また、この特約は車両保険とセットで付帯できる特約です。 車両保険に加入していない場合、事故時レンタカー費用特約を付帯できませんので、注意しましょう。 利用例を見てみましょう。 例えば単独事故でお車が破損してしまった場合、破損した車の修理をしている間に借りたレンタカー費用がこの特約で補償されます。 支払われる保険金は定額ではなく、実際にレンタカー利用にかかった金額が補償されます。 事故時レンタカー費用特約の補償例• イーデザイン損保の場合は1日5,000円まで、借り入れた日から30日目の日までとなっています。 このように、特約をつけておくことで最大で15万円分のレンタカー代が保険から支払われます。 日額は小さくとも、修理日数が長くなるほどレンタカー代の負担は大きくなってしまいます。 自動車保険に車両保険を付ける場合には、事故時レンタカー費用特約とセットで加入しておくと「レンタカーで予想外の出費が発生してしまった」といった事態を防げるでしょう。 事故時レンタカー費用特約について、詳しくはこちらをご覧ください。 提携修理工場の無料代車サービスを利用する方法もある 自動車保険を扱う保険会社は、高い技術力をもつ修理工場と提携していることが一般的で、車両が損害を受けた場合には、その提携修理工場での修理を案内しています。 その際、提携修理工場で修理を行うと、代車を無料で利用できるサービスを提供している場合があります。 イーデザイン損保でも同様のサービスを展開しており、全国約900ヶ所にあるイーデザイン損保の提携修理工場で修理を行うことで、無料代車サービスを利用できます。 なお、提携修理工場を利用すると、代車サービスだけではなく、事故車の引取や、修理後の納車も無料になるため、近くに提携修理工場がある場合はぜひ活用するとよいでしょう。 ただし、事故時レンタカー費用特約と同様、こちらも車両保険の支払い対象となる事故による修理が対象となります。 故障やトラブルによる修理では、サービスを利用できませんので注意しましょう。 事故時レンタカー費用特約はこんな人におすすめ このように、イーデザイン損保ではお車を修理中の代車(レンタカー)に関して、「事故時レンタカー費用特約」によるレンタカー費用の補償と、提携修理工場による「無料代車サービス」の2つを用意しています。 「提携修理工場の無料代車サービスがあるなら、事故時レンタカー費用特約は必要ないのでは?」と考える方もいらっしゃるかもしれませんが、以下のような状況でお車を利用している方には事故時レンタカー費用特約の付帯を特におすすめします。 毎日の通勤・通学で使用しており、お車がないと生活に支障が出る• ご家族に他のお車がない、電車・バスなどの代替交通手段がない• ご家族が多く大きなお車が必要、自宅周辺の道路事情が悪いため4WDに乗っている、など特別なお車を所有している• 盗難時にも備えたい 理由としては、提携修理工場の無料代車サービスにおける、以下のような注意点があるためです。 代車数には限りがある 提携修理工場で用意している代車数には限りがあります。 そのため、代車が空いていない場合には利用できません。 いつ事故を起こすのか、そのときに代車があるのかは誰にもわからないことですから、万一の際に確実に代車が必要である、という方は事故時レンタカー費用特約をつけておいたほうがよいでしょう。 希望する車を借りられるとは限らない レンタカーであれば、豊富なラインナップの中からお車を選ぶことができますが、無料代車サービスでは、代車の車種やグレードを指定することはできないと考えておいたほうがよいでしょう。 子どもも含めて利用するのでファミリータイプでなければ厳しい、悪路を走ることもあるので4WDでなければいけない、といったように車のタイプを指定したい場合に必ず対応できるとは限らないのです。 盗難時には借りられない 代車はあくまでもお車の修理を伴う場合に借りられるものです。 お車が盗難された場合には借りられません。 また、全損でお車の修理が必要ない場合についても、借りられませんので注意しましょう。 万一代車(レンタカー)で事故を起こしてしまったときには 最後に、レンタカーや、提携修理工場から無料で借りた代車に乗っているときに事故にあった場合にはどうしたらよいのか、確認しておきましょう。 レンタカーや代車にすでに保険がかけられている場合には、その保険から補償されるため心配ありません。 ただし、レンタカーや代車の保険では補償されない部分があった場合には、損失分が自己負担になってしまいます。 なお、自動車保険には他人の車を運転中の事故に備える補償が自動付帯されていることが一般的です(イーデザイン損保でも、「他車運転危険保険」が自動付帯されています)。 万一の際に備えて、覚えておきましょう。

次の

自動車保険の代車特約は本当に必要か?徹底検証!

自動車保険 レンタカー特約

レンタカー特約(代車特約)は、車を修理している間のレンタカー代が補償される特約にです。 適用される条件としては、 車両保険が適用される事故で車を修理したとき、になります。 保険金額は 1日5,000円から10,000円の補償に設定されることが多くなります。 気をつけたいのが補償期間があるということです。 30日が上限となっていますので、補償期間が過ぎた場合は補償されないので注意しましょう。 レンタカー特約は年額5,000円から10,000円程で付けられます。 レンタカー特約は車両保険が適用される条件で適用されます。 車対車の事故や いたずらや 火災・台風などでレンタカー代が補償される特約です。 修理に時間がかかるときは、付いていると安心する特約です。 自動車保険のレンタカー特約は、• 車両保険が適用されない事故• レンタカー特約の補償期間の上限が過ぎてしまっている• 知人や友人などから車を借りた などの場合、補償対象外となります。 そもそも、 地震・噴火・津波では自動車保険を使うことができません。 そのため、これらが故障の原因であった場合は補償されません。 また、車両保険が エコノミータイプの場合、自損事故や当て逃げも車両保険の補償対象外となるため、この場合も補償対象外となります。 また、レンタカー特約の補償期間が過ぎてしまった場合も補償されません。 中には車を修理に出す間、家族や知人から車を借りる場合もあると思います。 しかし、人から車を借りたときはレンタカー特約は使うことができないので注意してください。 自動車保険のレンタカー特約での注意点は、• 補償期間• 借りられる車の種類 になります。 自動車保険のレンタカー特約は、保険会社によって補償期間の数え方に違いがあるためめ、注意が必要です。 カウントの仕方には、• レンタカーを借りはじめてから30日間• 事故直後から30日間 の2つのタイプの補償期間があります。 レンタカーを借りはじめてから30日間の場合は、しっかりと補償が受けることができると思います。 しかし、事故直後から30日間の場合、事故で怪我をして20日間運転ができない、といった場合だと、10日間しか補償が受けられない、ということになります。 どちらのタイプなのか、保険会社にしっかりと確認をとることをおすすめします。 レンタカー特約では、車の種類を自分で選ぶことができます。 代車の場合は自分で選ぶことができないと思うので、レンタカー特約のメリットになります。 ただし、補償金額が日額1万円で、レンタカー代は5,000円の場合、もちろんレンタカー代の5,000円は支払われます。 しかし、 残りの5,000円が契約者側に支払われることはありません。 また、限度額よりも高い車を借りてしまうと、はみ出した金額は 自腹となるので注意しましょう。 また、レンタカー特約は車両保険につける特約になります。 自動車保険に車両保険を付けないとレンタカー特約はつけることができないので気をつけてください。 自動車保険にレンタカー特約が必要か、不要かというのは普段どのくらい車を使用するのかどうかによって変わってきます。 <付けておいたほうがいい場合>• 通勤や送迎などで毎日車を利用する• 交通の便が悪く、公共の交通機関を代用できない <付けなくてもいい場合>• 車を使用する頻度が低い• 公共の交通機関で代用できる• いざという時に使える車がある(家族、知人に借りるなど) 車を頻繁に使用する人はつけておいたほうがいいかもしれませんね。 ただし、車両保険にレンタカー特約を付けると、当然ながら保険料は上がります。 保険料は年間で5,000円から10,000円ほどアップします。 レンタカーを使用した日のみしか保険は下りませんので、実際にはもっと少ない可能性があります。 保険料の割に補償金額が低い特約と言えますね。 ですからどうしても車がないと困るという人だけが車両保険に追加すればいいのではないでしょうか。 実際に車が使用できなかったらどうなのか、シミュレーションしてからつけるかどうかを判断するといいでしょう。 自動車保険のレンタカー特約を使うと、 等級が下がってしまうのではないかと心配している方もいるかと思います。 自動車保険の等級が下がると翌年の自動車保険料が上がってしまうので、できれば等級は下げたくない、と考えている方も多いのではないでしょうか。 自動車保険のレンタカー特約は、 車両保険を使うかどうかで等級への影響が変わってきます。 一般的に、レンタカー特約は事故の修理時に利用するため、車両保険も使う場合が多くなります。 このように、レンタカー特約と 同時に車両保険も使用すると等級は下がります。 等級が下がる際はそれぞれの事故に応じて3等級や1等級下がります。 しかし、車両保険は使わず、 レンタカー特約だけだと等級は変わりません。 自動車保険の等級は変わらないと分かると、安心して利用できるのではないでしょうか。 そもそも、自動車保険の特約は、 特約のみを利用しても、等級が下がることはありません。 特約を使用する際は等級のことは気にせず利用しましょう。 いかがでしたか?ここでは自動車保険のレンタカー特約についてご紹介しました。 ここでご紹介したことは、• 自動車保険のレンタカー特約は自動車修理時のレンタカー代が補償される特約• 自動車保険のレンタカー特約は車両保険が適用される事故と同じ条件で適用される• 自動車保険のレンタカー特約は、レンタカー以外では補償されず、車両保険の補償対象外となる事故でも補償されない• 自動車保険のレンタカー特約は車をよく使う場合は付けておいた方が安心• レンタカー特約を使用せずに長期間レンタカーを借りるとかなりの負担になる• 自動車保険のレンタカー特約のみを利用した場合は等級は下がらない になります。 レンタカー特約は車をよく使う場合は付けておいた方が安心ですが、そこまで車に乗らない場合や、誰かから車を借りられる、といった場合はあまり必要のない特約になります。 また、最近では台風や異常気象などにより車が故障してしまう事も多くなりました。 車を駐車している場所のハザードマップを見て、危険度が高い場合は付帯してみてもいいかもしれません。 ほけんROOMでは他にも保険に関する記事を多数掲載しています。 興味のある方はぜひ参考にしてください。

次の

自動車保険に「レンタカー費用特約」は必要!(体験談)

自動車保険 レンタカー特約

保険金額 日額5,000円、7,000円、10,000円など 補償期間 30日間 特約保険料 年間5,000円〜15,000円程度 (保険会社、保険金額などにより異なる)• 補償内容はおおよそこのようになります。 契約者は保険金の範囲内、または保険金に自分で予算を追加して好みのレンタカーを借りることができます。 なお、保険金は基本的に保険金額を上限に実費補償となりますが、一部保険会社では定額での補償もあります。 保険会社による最も大きな違いは補償される期間です。 基本的に30日となりますが、以下の2タイプが存在します。 タイプ1 事故発生日の翌日から起算して1年以内、レンタカーの利用開始日からその日を含めて30日間 タイプ2 事故日、工場への入庫日または盗難届を警察に提出した日から30日以内の実使用日数が対象• タイプ1は、事故の処理を終えて車を借りても補償は最大30日間受けられます。 タイプ2は事故日からカウントが始まるので、当日からレンタカーを手配しなければ、最大30日間利用することはできません。 事故で代車は出る?出ない? そもそも事故で車の修理が必要になった場合、代車は出るのでしょうか? 車両保険に加入しており、保険会社の提携修理工場で修理する場合、代車を無料で提供するという保険会社があります。 一方で提携工場での代車貸出は「代車が全車貸出時には要望に沿えない」とする会社もあり、また代車については言及していない保険会社もあります。 対応はまちまちで、結論としては代車の有無は保険会社によって異なる、となります。 これは保険会社に確認しておきたい点です。 なお、修理先に愛車を購入したディーラーなどの併設工場を選択した場合、これもディーラー側から貸し出す義務はなく、あくまでサービスとなります。 サービスは絶対ではないだけに、確実に借りられるというものではありません。 そして最大の問題が代車のグレードです。 代車は用意されたものの、グレード、年式、車の癖など当然ながら愛車とは異なり、満足できないと感じるユーザーも多いようです。 「愛車は3ナンバーの8人乗りなのに、提供された代車は軽自動車」…ということも珍しくありません。 短期間と割り切って我慢して運転するか、レンタカーで納得のいく車を借りるか、ユーザーの意見が分かれるところです。 代車費用特約の注意点 代車費用特約は車両保険に加入していることが付帯の条件です、また、車両保険で補償される事故時に特約を使うことができます。 なお、以下について注意が必要です。 注意点1:日数 特約が使える日数は最大30日となります。 30日を超えた場合はレンタカーの借主である契約者が自腹で費用を負担します。 また、事故日から起算する保険会社の場合、レンタカー手配のタイミングによっては30日未満となる可能性もあります。 注意点2:借りられる車 借りられる車はレンタカー会社保有の車となります。 友人知人、家族から借りた車は対象になりません。 友人や知人から車を借り、その謝礼に充てるという使い方はできません。 また、保険会社の指定するレンタカー会社以外から借りる場合には、保険会社の承認が必要となる場合があります。 注意点3:費用 30日以内の費用はレンタカー会社から保険会社へ請求がいきます。 日額10,000円で契約していても実際に借りた車が1日5,000円だった場合、保険会社から支払われるのは実費の5,000円となります。 契約者が差額を受け取ることは出来ません(実費補償の場合)。 代車費用特約のメリット、デメリット メリット:納得できる車を使用できる 保険金の日額を活用し、自分で納得できるグレードの車を使用することが可能です。 特に通勤や通学などで日常的に使用する人の場合、普段から大勢を乗せて移動している場合など、生活の足としてメリットを享受できる可能性は高くなります。 代車が出るか、出ないか、またそのグレードで頭を悩ませる必要はありません。 デメリット:保険料の負担が大きい 代車費用特約の日額にもよりますが、年間に10,000円から15,000円前後の上乗せ保険料が発生してしまいます。 ディーラーや修理工場としっかりした関係が出来ているという人は、代車を無料で確保できる可能性が高く、かつグレードも調整してもらえるかもしれません。 また、生活の足として家族の車が利用できる、週1回程度しか車を使わない、といった場合なども無理に代車費用特約に加入する必要はなさそうです。 ロードサービス代車提供サービスと代車費用特約の違いは? 代車費用特約ではレンタカーを借りることができますが、の代車提供サービスとは異なります。 これは日数や条件など大きく異なる全くの別物です。 事故直後、車が走行不能となり、移動の交通手段が必要となる場合、日額1万円程度を限度にレンタカーを借りることができる(条件、補償額は保険会社により異なる)。 ロードサービスの代車提供サービスはあくまで、一時的な移動手段のもので緊急時に活躍してくれます。 一方の代車費用特約は恒常的な移動手段として必要となるものです。 代車費用特約を使うと翌年の等級はどうなる? 代車費用特約は車両保険で補償される事故、というのが使用できる条件となります。 よって、一般的には車両保険を同時に使うため、翌年の保険は1ダウン、または3等級ダウンとなり事故有等級が適用されます(事故のタイプにより異なる)。 しかし、車両保険を使わず代車費用特約だけを使った場合、ノーカウント事故として等級に影響がないとする保険会社が一般的です。 ただし、等級の判断は会社により異なるため、特約のみを使う場合は事前に確認しておいたほうが良さそうです。

次の