ハート の 女王 の 法律。 ハートビル法(ハートビルほう)とは

ハートの女王とは

ハート の 女王 の 法律

平成6年44号。 正式名称「高齢者,等が円滑に利用できる特定物の建築のに関する法律」。 病院,劇場,集会場,展示場,デパートなど不特定かつ多数の人が利用する政令が定める公共施設において,出入口,廊下,階段,,トイレなどを高齢者や身体障害者が支障なく利用できるよう対策を促すもの。 基準を満たし,都道府県知事の認定を受けた場合には,整備費の補助,所得税・法人税の割増償却,日本政策投資銀行からの低利融資,容積率の緩などの優遇措置が受けられた。 2006年,「高齢者,障害者等の移動等の円滑化の促進に関する法律()」がされたことに伴い,廃止された。 1994年(平成6)9月に施行された。 同法の認定を受けると補助金や低利融資が受けられた。 段差のない、視聴覚障害者に利用しやすいエレベーター、車いすでも楽に利用できる駐車場などに基準が設定されており、スーパーなどでは「人に優しい店舗」というイメージが消費者に好印象をもたれるとあって、1995年ころから認定を受ける企業が増えてきた。 その後、2006年に、ハートビル法と交通バリアフリー法(「高齢者、身体障害者等の公共交通機関を利用した移動の円滑化の促進に関する法律」)は統合され、バリアフリー新法(「高齢者、障害者等の移動等の円滑化の促進に関する法律」)が成立、施行された。 バリアフリー新法の施行に伴い、ハートビル法は2006年12月に廃止された。 [高三啓輔].

次の

【全紹介】ハートの女王(ふしぎの国のアリス)

ハート の 女王 の 法律

高齢者やが気軽にできるよう、やを解消することを目指したで、正式名称は「、障害者等の移動等の円滑化のに関する法律」。 駅や、バスといったを対象にした「」と、大なビルやホテル、飲食店などを対象にした「」を統合して内容を拡充したもので、2006年6月に国会で可決、成立した。 同年中にされる。 の最大のポイントは、計画策定段階から、高齢者や障害者の参加を求め、意見を反映させる点だ。 は、高齢者や障害者がよく利用する地域を「重点整備地区」に指定して基本構想をまとめ、構想に基づいて交通機関や道路管理者、建築物の責任者らが一体となって化を進める。 例えば、駅から駅ビルを経由し、バスに乗って市役所などに向かうといったルートを想定し、電車や駅、駅ビルやバス停、歩道、市役所の内部に至るまで、階段や段差をなくすよう検討を進める。 2つの旧法でも、駅やホテルなど、となるを中心にした周辺道路までを一体に捉えてバリアフリー化を進めてきた。 しかし、それらをつなぐ経路は整備の対象から漏れることがあり、段差が残ったままで移動が困難になるケースが見られた。 平栗大地 朝日新聞記者 / 松村北斗 朝日新聞記者 / 2007年 出典 株 朝日新聞出版発行「知恵蔵」 知恵蔵について の解説 正式名称は〈高齢者,障害者等の移動等の円滑化の促進に関する法律〉。 2006年施行。 高齢者や障害者が気軽に移動できるよう階段や段差を解消することを目指す法律。 駅・空港・バスといった公共交通機関を対象としたと大規模ビルやホテル,飲食店などを対象としたを統合して・拡充した法である。 新法では計画策定段階から高齢者や障害者の参加を求め意見を反映させる。 市町村は高齢者や障害者がよく利用する地域を〈重点整備地域〉に指定し基本構想に基づいて交通機関や道路管理者,建築物責任者らが一体となって化を進める。 同法によれば特定建築物に病院・診療所,,ホテル・共同住宅・老人ホーム・博物館などを指定し努力義務を,また特別特定建築物でその規模が2000m 2以上の建物(ただし官公庁以外の事務所は対象外,複合用途の場合は対象用途部分が2000m 2以上の場合が対象になる)に適合義務を求める。 同法は地方自治体によって拡充強化出来るとしており,東京都の例では建築物バリアフリー条例によって適合義務対象が拡大されている。 出典 株式会社平凡社 百科事典マイペディアについて の解説 正式名称は「高齢者、障害者等の移動等の円滑化の促進に関する法律」(平成18年法律第91号)、2006年(平成18)6月成立、同12月施行。 それまであったいわゆるハートビル法(正称「高齢者、等が円滑に利用できる特定建築物の建築の促進に関する法律」平成6年法律第44号)と交通バリアフリー法(正称「高齢者、身体障害者等の公共交通機関を利用した移動の円滑化の促進に関する法律」平成12年法律第68号)を統合した法律。 バリアフリーとは、狭義の対象者としては障害者、広くいえば高齢者を含む社会的弱者が社会参加する上で支障となる物理的・精神的な障害(障碍)が除去された状態をいう。 こうしたバリアフリーの施策の基本となっている障害者基本法は、1970年(昭和45)に制定されたが、その後2004年に目的、障害者の定義、基本的理念など大幅な改正が行われた。 「障害者」とは、身体障害だけではなく、知的障害または精神的障害(以下「障害」と総称する)があるため、継続的に日常生活または社会生活に相当な制限を受ける者全般をいう。 目的は、障害者の自立および社会参加の支援等のための施策の充実である。 その基本的理念として「すべて障害者は、個人の尊厳が重んぜられ、その尊厳にふさわしい生活を保障される権利を有する」こと、「すべて障害者は、社会を構成する一員として社会、経済、文化その他あらゆる分野の活動に参加する機会を与えられる」こと、「何人も、障害者に対して、障害を理由として、差別することその他の権利利益を侵害する行為をしてはならない」ことが明記された。 ハートビル法は、バリアフリーの建物の建築を促進し、交通バリアフリー法は、公共交通機関のバリアフリー化を推進するものであった。 しかし、いずれも身体障害者を対象としていた。 バリアフリー新法は、ここから「身体」の文字を消し、高齢者、障害者全般に、建物、交通機関の移動の円滑化を図るものである。 移動等円滑化のために施設設置管理者が講ずべき措置として「公共交通事業者等、道路管理者、特別特定建築物の建築主等の基準適合義務等、旅客施設及び車両等に係る基準適合性審査等」が定められている。 新法では、両法の対象外だった道路、路外駐車場、都市公園を追加し、新設・改良時のバリアフリー化を義務付け、これら既存施設や百貨店、病院、福祉施設など既存建築物のバリアフリー化も努力義務の対象に追加した。 そして、関係市町村は、高齢者・障害者等の生活関連施設がある場所の移動の円滑化を図る必要性の高い地域等を「重点整備地区」と指定して、その地区における移動等円滑化に係る事業のために、移動等円滑化基本構想を作成し、公共交通特定事業を実施するなどによって、同法の目的を達成しようとしている。 [阿部泰隆].

次の

ハートビル法(ハートビルほう)とは

ハート の 女王 の 法律

作中の描写 [編集 ] ハートの女王の存在は公爵夫人(第6章)や(第7章)などによってあらかじめ言及されるが、初登場は第8章「女王のクロッケー場」である。 金の鍵を使って扉をくぐり花園に出たは、そこでトランプの庭師たちと出会い、続いてハートの女王が、王や兵士、賓客(も混じっている)などを伴ってアリスのそばにやってくる。 女王は庭師やアリスを詰問してろくに会話もせずに首をはねさせようとするが、王のとりなしなどによってうやむやになり、女王はアリスを大会に参加するように促す。 しかしそのクロッケーは、槌はフラミンゴ、球はハリネズミ、ゲートは生きたトランプであるうえ、女王がひっきりなしに参加者に死刑宣告を行うのでたちまち成り立たなくなる。 そこにが空中に現われ、女王はその首をはねるよう要求するが、チェシャ猫は首だけを現しているため処刑人は困惑する。 アリスの助言によって、女王はチェシャ猫の飼い主である公爵夫人を連れてこさせるが、公爵夫人がやってくるころにはチェシャ猫は姿を消している。 その後女王は、アリスに「代用ウミガメ」の身の上話を聞いてくるようにと促し、に道案内をさせる。 第11章および第12章では、ハートの女王の作ったタルトを盗んだという疑いで、ハートのジャックの裁判が行われる。 裁判官役はハートの王で、女王も傍に臨席する。 また布告役を白ウサギが務めており、白ウサギはハートのジャックの罪状として後述の詩(「ハートの女王」)を読み上げる。 アリスはこの裁判で証人として発言を求められるが、「刑が先、判決は後」などといったハートの女王らの不条理な裁判の進め方に憤慨し、「あんたたちなんか、ただのトランプのくせに!」と叫ぶ。 このアリス自身の台詞が、不思議の国から現実の世界へ呼び覚まされるきっかけとなる。 イメージ [編集 ] の挿絵によるハートの女王はしばしばに似ていると指摘されており、マイケル・ハンチャーはその著書『アリスとテニエル』(1990年)のなかで、『不思議の国のアリス』と同年に描かれたテニエルによるヴィクトリア女王の絵と比較し、確かな類似を確認している。 ハンチャーによれば、ハートの女王にはまた、テニエルがそれ以前に『』誌に描いた、『』のパロディ作品の中のガートルード妃にも似ているという。 ここからハンチャーは、ハートの女王がアリスに与えている脅威が母性的、かつ性的なものであることが裏付けられると述べている。 さらにハンチャーは、テニエルの挿絵の中のハートの王たちが、トランプの標準的なハートの絵札に準じた服装をしているのに対し、ハートの女王だけはむしろそのライバルであるスペードの女王のような服装をしていることを指摘している。 スペードの女王は伝統的に死や復讐と結び付けられてきたカードである。 『不思議の国のアリス』と同年に刊行されたトランプ占いの本には、ハートの女王が「愛情、献身、そして分別の規範となるべき人物」とされているのに対し、スペードの女王は「腹を立てさせたらただではすまない、無礼は決して忘れない、意地の悪い人物」と書かれている。 『アリス』の注釈者マーティン・ガードナーはこれに関連して、子供の読み物の中の強暴さを批判する児童文学評論家たちの意見に疑問を呈している。 童謡「ハートの女王」 [編集 ] ハートの王様 タルト返せと ジャックを何度もむち打った ハートのジャック タルト返した もうしませんと約束した 『ヨーロピアンマガジン』掲載の詩ではここからさらにスペード、クラブ、キングのそれぞれの絵札たちの騒動が一連ずつ描かれている。 しかし『不思議の国のアリス』ではハートの女王のみが扱われているために、もっぱら一連目のみが歌われるようになった。 のちにマザー・グース集にも取り入れられたが、この詩が著名になったのはキャロルが作中で使用したためらしい。 なお童謡編纂者のオーピー夫妻は、『ヨーロピアンマガジン』掲載の詩が、もっと古い童謡を第一連として、それに新たに三連を加えたものである可能性を指摘している。 翻案映画での扱い [編集 ] による翻案アニメ映画『』()では、ハートの女王の言動には、「すべての道は私に従うのだ」などをはじめ、『』の「赤の女王」(チェスの駒を基にしたキャラクター)の言動が取り入れられている。 声はベルナ・フェルトン(日本語版は)、カメオ出演しているディズニーの『』(2001年)やゲーム『』(2002年)ではが声を担当している(日本語版は前者は、後者は小沢寿美恵)。 監督の映画『』では、「赤の女王」にその性格や言動が継承されており、この映画では赤の女王は原作の「ハートの女王」「赤の女王」の組み合わせであるのに加えて、公爵夫人(『不思議の国のアリス』)の外見をもとにした巨大な頭部を持つキャラクターとなっている。 この赤の女王を演じているのはである。 脚注・出典 [編集 ]• マイケル・ハンチャー 『アリスとテニエル』 石毛雅章訳、東京図書、1997年、106-108頁。 ハンチャー、前掲書、111-112頁。 ハンチャー、前掲書、112-116頁。 ハンチャー、前掲書、276頁(注9)。 マーティン・ガードナー注釈 ルイス・キャロル 『不思議の国のアリス』 石川澄子訳、東京図書、1980年、119頁。 以下の日本語訳は、鳥山淳子著『もっと知りたいマザーグース』(スクリーンプレイ、2002年)、鷲津名都江著『ようこそ「マザーグース」の世界へ』(日本放送出版協会、2007年)、藤野紀男著『 図説 マザーグース』(河出書房新社、2007年)等を参考に、記事作成者が行ったものである。 細部の解釈については、諸般の訳本を参照されたい。 マーティン・ガードナー注釈 ルイス・キャロル 『新注 不思議の国のアリス』 高山宏訳、東京図書、1994年、207-209頁。 鳥山淳子著『もっと知りたいマザーグース』(スクリーンプレイ、2002年)、鷲津名都江著『ようこそ「マザーグース」の世界へ』(日本放送出版協会、2007年)、および藤野紀男著『 図説 マザーグース』(河出書房新社、2007年)、参照。 前掲 ガードナー注釈 『新注 不思議の国のアリス』 207頁。 Opie and P. Opie, The Oxford Dictionary of Nursery Rhymes Oxford: Oxford University Press, 1951, 2nd edn. , 1997 , pp. 427. 関連項目 [編集 ] ポータル 文学•

次の