チ ん コ 赤い 斑点 かゆく ない。 痒い 赤い斑点

日光皮膚炎

チ ん コ 赤い 斑点 かゆく ない

概要 日光皮膚炎とは? 日光皮膚炎は、代表的な症状に「日焼け」をはじめとする、日光に含まれる紫外線を浴びることで、肌が炎症をおこす病気のことです。 強い紫外線を浴びると、いったん赤くなり、肌が黒くなることが多いです。 ただし、色白の人が強い紫外線を浴びると、肌が熱傷のように水ぶくれをおこすこともあります。 紫外線は皮膚がんのリスク要因にもなるので、長時間日光に当たらないようにすることが大切です。 口唇ヘルペスにかかったことがある場合、紫外線を浴びることで再発するリスクがあります。 日差しの強い季節は、日焼け止め(サンスクリーン)で対策ができます。 日光皮膚炎の1つ、光線過敏症とは? 光線過敏症は、普通の人なら問題がない程度の紫外線でも悪影響を受ける人が発症する病気です。 光線過敏症の場合は、日光に当たることで発疹ができるなどの皮膚症状をおこします。 また、光線過敏症は薬剤の服用時に日光に当たると発疹がでることもあり薬剤の影響も関係する説もあります。 そのほか、多形日光疹(たけいにっこうしん)のように女性や日光に当たる機会があまりない人が光に対して過敏に反応してしまう場合もあります。 ひどい場合は皮膚科の受診が推奨されます。 紫外線によって誘発する病気 そして、紫外線がダメージを与えるのは、肌だけではありません。 目にもダメージを与えて「白内障」や「黄斑変性」を促進します。 目に異常がみられる場合は、眼科を受診しましょう。 原因 「日焼け」は日光を浴びて皮膚が赤くなったり褐色になったりする症状で、「日光皮膚炎」の1つです。 「日光皮膚炎」には、「日焼け」のほかに日光に当たることで皮膚炎を誘発する「光線過敏症」もあります。 いずれも太陽にさらされた皮膚が紫外線(UV)の刺激を受けることが原因です。 太陽光線に含まれる紫外線は、その波長によって紫外線A波(UVA)、B波(UVB)、C波(UVC)に分けられますが、その中で地上に届く紫外線A波とB波が主に「日光皮膚炎」の原因になります。 紫外線の種類 紫外線A波(UVA/長波長紫外線) 紫外線A波(UVA/長波長紫外線) 地表に届く紫外線の約90%を占めるのが紫外線A波です。 ガラスを通過する性質があり、皮膚の深い部分まで到達します。 肌を赤くする作用は少なく、肌を黒くする作用をもたらします。 皮膚の真皮に届くため、弾力やハリを保つための膠原線維(コラーゲン)や弾力腺維(エラスチン)を変性させ、皮膚の老化を早める原因にもなります。 紫外線B波(UVB/中波長紫外線) 紫外線A波よりも強力な刺激を肌に与えます。 皮膚の比較的浅いところまでしか届かない性質ですが、赤くヒリヒリと炎症をおこす原因になります。 皮膚細胞の遺伝子DNAに傷をつけ、シミやしわを作ったり、大量に浴びることで皮膚がんを発生させたりすることもあるタイプです。 紫外線C波(UVC/短波長紫外線) 波長の短い光線で、オゾン層によって吸収されるため地表に届くことはほとんどありません。 ですが、仮に皮膚に当たった場合は紫外線A波、紫外線B波よりもはるかに皮膚がんをもたらす光線とされています。 今後、環境問題となっているオゾン層の破壊が進行すれば、紫外線C波の影響も心配されるでしょう。 主に影響があるタイプは紫外線B波 前述の通り、紫外線A波、紫外線B波、紫外線C波などがありますが、日光が体にもたらす悪影響のほとんどは紫外線B波によるものです。 紫外線B波は、日焼けによる炎症、皮膚の早期老化、しわ、シミ、皮膚がんなどの原因とされています。 日本の夏は、冬の約5倍近い紫外線B波が地表に降り注ぎ、紫外線量でみると午前10時から午後2時ごろまでが最も多く、正午前後がピークとなります。 太陽からの直射に加えて、地表からの反射も十分に注意が必要です。 特に地表からの紫外線反射に注意が必要な場所としては海やプール、スキー場のゲレンデ、コンクリートで鋪装された道路などが挙げられます。 治療方法と治療期間 日焼けをした皮膚は早めの治療が大切です。 応急処置として熱を帯びてヒリヒリした患部に冷たい水を含ませたタオルなどをあてがいます。 受診した際の治療薬は皮膚の痛みや炎症に応じて、非ステロイド性消炎鎮痛薬や副腎皮質ステロイド薬を使います。 日焼けが広範囲に及んでいたり、痛みが強すぎたり軟膏を塗ることができない時は、スプレータイプの薬を使う場合もあり、医師による判断で治療方法が変わります。 日焼けした皮膚は数日のうちに自然に治りはじめますが、完全に元の状態に戻るには数週間かかります。 炎症が治まった後も、皮膚は乾燥した状態になっているので、化粧水や乳液などで水分と油分を補うことも治療の1つです。 日焼けの治療薬 ・非ステロイド性消炎鎮痛薬 ・シクロオキナーゼ活性阻害 ・OTC薬外用薬(インドメタシン・ケトプロフェンなど) ・副腎皮質ステロイド薬 ・酸化亜鉛 ・グリチルリチン酸 ・グリチルレリン酸 光線過敏症の治療 光線過敏症の治療薬としては、軽症の場合は抗アレルギー薬、重症の場合は副腎皮質ステロイド薬、免疫抑制薬を使用します。 外出時には、直射日光を避け、肌に合ったサンスクリーン剤(日焼け止め)を使用してなるべく紫外線による影響を抑えます。 サンスクリーン剤は、紫外線を吸収する「紫外線吸収剤」と紫外線を反射させる「紫外線散乱剤」を主成分として構成されています。 紫外線吸収剤 紫外線を吸収して熱エネルギーに変えることで、紫外線が皮膚の中に入るのをくい止める作用があります。 主にパラアミノ安息香酸誘導体、ケイ皮酸誘導体、ジベンゾイルメタン誘導体などです。 紫外線散乱剤 物理的に紫外線をはね返す作用があります。 酸化チタン、酸化亜鉛など、肌が荒れたりかぶれたりすることもあるので、肌の丈夫でない人や毎日使用する場合には注意が必要です。 「SPF値」はサンスクリーン剤を塗っていない素肌と比べて、日焼けするまでの時間を何倍に延ばすことができるかという目安の値です。 (例/SPF10は、日焼けするまでの時間を10倍に延ばせる)「SPF値」が大きいほど、紫外線B波の防御効果が高くなります。 一方の「PA値」は、+、++、+++の三段階に分かれており、紫外線A波を防御効果の高さで表しています。

次の

[亀頭に赤い点々が]亀頭包皮炎になってしまったら

チ ん コ 赤い 斑点 かゆく ない

顔などの肌にできるブツブツの種類と原因 ひとくちに「ブツブツ」と言っても、肌にできるものは白かったり、赤かったり、さまざまな種類があります。 代表的な種類と原因、主な治療法を紹介します。 ニキビ 顔や胸元、背中など皮脂の分泌が活発なところに現れやすいニキビ。 皮膚科では「尋常性ざ瘡」と呼ばれる立派な病気です。 ニキビができるきっかけは、厚くなった角層が毛穴をふさぐことです。 毛穴にたまった皮脂を栄養源としてニキビ菌が増殖し、炎症を起こすと赤ニキビとなります。 ニキビの初期段階では、皮脂や肌の老廃物が毛穴につまり、白いブツブツ(白ニキビ)が発生します。 この毛穴につまった状態を面皰(めんぽう/コメド)と言い、面皰が空気に触れて酸化すると、黒ニキビになります。 ニキビは初期の段階で治療薬を使うなどして、悪化させないことが大切です。 予防のためには肌を清潔に保ち、保湿ケアで角層をやわらかく保つことを心がけましょう。 また甘いものや油っこいものの食べすぎは、皮脂の分泌を活発にするので注意してください。 あせも 「汗疹」とも書くあせもは、急激な発汗や細菌によって汗腺(汗の出口)がつまり、皮膚の内側に汗が溜まって起こる病気です。 症状が軽いものから順に、透明な膜状のもので覆われた水ぶくれができる「水晶様汗疹」、かゆみをともなう赤いブツブツができる「紅色汗疹」、へん平に隆起したブツブツがたくさんできる「深在性汗疹」の3種類があります。 あせもは肌と肌、肌と衣類が擦れやすい部分や、汗が乾きにくい部位で起こりやすくなります。 顔の場合は、髪の毛の雑菌が顔についてあせもの原因になる場合があります。 また汗腺の数に比べて体の表面積が小さい子供にも起こりやすい病気です。 水晶様汗疹は、特別な治療を行わなくても数日で症状が治まります。 紅色汗疹は、炎症を抑える塗り薬を塗りましょう。 いずれも肌を清潔に保ち、かゆくても肌をかかないよう気をつけてください。 汗をかきやすい夏は、こまめに汗を拭いたり、吸湿性のよい下着や衣類を身につけたりすることも大切です。 毛嚢炎(もうのうえん)・毛包炎(もうほうえん) 毛嚢炎(または毛包炎)は直径1cm以下の赤いブツブツで、内部に白や黄色の膿を含んでいることがあります。 一見、炎症を起こした赤ニキビによく似ていますが、ニキビに見られる芯がなく、皮脂分泌が少なめで乾燥しやすい肌にも発生します。 かゆみや痛みは、ほとんどありません。 毛嚢炎は、毛抜きやカミソリを使ってムダ毛処理をした後に起こりやすくなります。 毛穴に黄色ブドウ球菌などの細菌や真菌(カビ)が入り込むことで炎症を起こします。 ステロイドの塗り薬を長い間使用していたり、汗で肌が湿っていたりする場合も起こりやすくなります。 軽い毛嚢炎の場合、肌を清潔に保っていれば数日で自然に治っていきます。 ただし、症状が長引いたり、頻発したりするときは、皮膚科を受診して治療を受けることをおすすめします。 稗粒腫(はいりゅうしゅ、ひりゅうしゅ) 目の周りやおでこ、頬(ほお)など皮膚の薄い部分にできる直径1~2mm粒状の白いブツブツです。 毛穴の奥にある毛包という袋や皮脂腺に、肌の老廃物や細くて柔らかい毛が溜まることで発生します。 体質に影響されることも多く、小さな子供や若い女性にも見られます。 稗粒腫は炎症を起こしているわけではないので、放置していても問題はありません。 自然となくなることもありますが、肌を触ったりこすったりするくせがあるとできやすくなるので、できるだけ触らないようにしましょう。 皮膚科での治療は、注射針や圧出機器で内容物を取り除く治療や、レーザー治療などが行われます。 蕁麻疹(じんましん) 皮膚の一部が赤くくっきりと盛り上がり、数十分から数時間以内、長くても1日程度で跡形もなく消えてしまう皮膚の病気です。 激しいかゆみやチクチクとした痛み、焼けつくような感じをともなうことがあります。 蕁麻疹はエビやソバ、果物など特定の食べ物や添加物によって発症することもあれば、イラクサや蜂、ゴムなどに触れることで発症することがあります。 また日光や温度変化、発汗やストレスなど、さまざまな原因があります。 ほとんどの蕁麻疹はたまたま一度だけ現れるか、くり返し起きても1か月ほどで起こらなくなります。 原因がはっきりしている場合は、その原因物質を避けることで症状の発生を防ぐことができます。 湿疹・皮膚炎 湿疹とは、かゆみやヒリヒリ感をともなう皮膚の炎症の総称です。 その症状は赤みからブツブツ、小さな水ぶくれ、膿やジクジク感のあるただれまでさまざまです。 湿疹は花粉やハウスダスト、細菌や真菌(カビ)、肌に合わない薬剤や化粧品、アレルギー物質といった「外的要因」と、体調不良、アレルギー・アトピー素因の有無などの「内的要因」とが、互いに影響しあうことで発症しやすくなります。 さらに角層から水分が失われて乾燥し、外的刺激から肌を守る「バリア機能」が低下しているときも起こりやすくなります。 湿疹ができたときは原因となる物質(汗やホコリ、アレルギー物質、肌に合わない化粧品など)をすみやかに取り除き、肌を清潔に保ちましょう。 かゆみがひどいときはかくのではなく、患部を冷やしたり、かゆみを抑制する塗り薬などを使用しましょう。 湿疹を引き起こしている原因や物質がわからないときは、皮膚科やアレルギー科を受診することをおすすめします。 湿疹やあせも、かゆみにおすすめの治療薬 ブツブツの正体が湿疹やあせもの場合、お薬を使うと早期治療に役立ち、かゆみも炎症も抑えることができます。 そこでおすすめなのが、IHADA(イハダ)の治療薬です。 イハダの治療薬は、デリケートな顔や目もとに使いやすいノンステロイド処方。 顔に使いやすいエッセンスタイプやクリームタイプがあります。

次の

[亀頭に赤い点々が]亀頭包皮炎になってしまったら

チ ん コ 赤い 斑点 かゆく ない

皮膚にできる赤い斑点は、違和感、かゆみ、出血などがない限り害のあるものではないことが多いです。 皮膚に赤い点を見つけてちょっと驚いた、ということがある人もいるでしょう。 ランダムに現れたり消えたりを繰り返す「ルビースポット」とも呼ばれるルビー色のツブであることが多いようです。 急に現れて、次の日には消えていることに気づいたら心配になってしまうのは当然のことです。 この赤い点は、遺伝要素である後天性血管腫でできており一般的には と関連していると言われています。 皮膚に現れる赤い斑点の 5 つの基本知識 肌に現れる赤い斑点は、通常40歳〜45歳のあいだによく見られます。 しかし、これは子供や若者には現れないというわけではありません。 ほくろが赤い色だと目につきやすく、気になりますよね。 赤い斑点は、つまり何? 肌に現れる赤い斑点は、血管が小さな破裂を起こすことによってできる毛細血管の拡張です。 腕や胸にできることが多いです。 ・専門家はこれを静脈瘤に似たものと言っていますが、肌に対して並行ではなく垂直になっています。 ・次のことにも注目する必要があります。 赤い斑点が腫瘍になっている場合 赤い斑点は、細胞の蓄積でほくろとは異なり悪性のものとなることはほとんどありません。 こちらもお読みください: 皮膚にできる赤い斑点、シミ 赤い斑点もシミも肌にできる可能性があることは覚えておきましょう。 重要な詳細も見ていきましょう。 ・赤みは毛細血管の破裂によってできますが、に似たものもあります。 体温の変化によって現れ、妊娠中に現れることもあります。 ・これらは時間とともに消えていくものでもあります。 ・さらに、はわたしたちが持つ生まれつきのものでもあります。 赤く現れたり、紫に近い色で現れたりすることもあります。 ・小さな毛細血管の奇形で、子供の胴体や顔に現れることがあります。 こちらもお読みください: 心配するべき? ここでもう一度おさらいしておきたいことは、 これらの赤い斑点は発がん性のものではないということです。 しかし良性とはいえ、症状の変化に注意を払うことは必要です。 ・1箇所に集中して複数現れることはありません。 ・肌に現れる赤い斑点は違和感があることはありません。 痛みがあるようなら、もしくは気になるようであればに見てもらいましょう。 ・肌の赤い斑点は出血を伴うことはありません。 触って出血するようであれば皮膚科に診てもらいましょう。 ・色と形に注意しましょう。 色が濃くなったり、縁が固くなったり変形するようであれば専門家に診てもらいましょう。

次の