冬空 三代目。 結成10周年の三代目 J SOUL BROTHERS、『RAISE THE FLAG』はグループの進化とこれからの10年を占う作品に

三代目J SOUL BROTHERS from EXILE TRIBE OFFICIAL WEBSITE

冬空 三代目

私は冬空の方が好きです。 好みは人それぞれだと思います。 今市くんは喉の不調で発声、歌い方を変えたと言っている人もいますがそうではありません。 ファンなら当然知っている筈ですが知らない人もいるようですね。 全盛期と言われていた2014年9月発売 取材はそれ以前 の音楽雑誌に 「歌うたびに歌が持つ深さを痛感していますね。 成長する為には、今まで自分が身に付けたものを一旦壊さなければならなかったり、バランスを変えていかなければならなかったりするので、常に悩んでいます。 でもその悩みは、マイナスな悩みではなくて悩んで悩んで悩みぬくことて、自分がどれだけ歌が好きかわかるし…」 と語っているし、他の雑誌等でも成長する為には悩んでいたいと語っていました。 2014年は全盛期と言われていた時期です。 喉がどうのこうのではなく 喉の調子は良いが 、その全盛期と言われていた自分の歌唱に全く納得がいっていなくて進化する為に土台から変えていったのですよ。 色々な歌い方を試して色々な人に聴いてもらっているとラジオで言っていました。 今現在も進化の途中です。 土台から変えているので、確立、安定させるのに時間がかかったのです。 だからそれまでは一筋縄にはいかず色々あったのです。 今市くんはジャンルや曲によって発声から歌い方、声質まで繊細に緻密に変えていき別人の様に歌い分ける人です。 曲の解釈がとても深い人なので一本調子、一辺倒な歌い方は決してしません。 とても深い歌い方が出来る人です。 冬空と最近のソロ曲RILYの発声、歌い方、歌声を聴いてみて下さい。 それぞれ全く違います。 冬空は6年前の冬物語の時に既にデモにあった曲でずっと今市くんのお気に入りの曲、いつか必ず世に出したいと思っていた。 6年前には表現出来なかった表現が出来るようになったと先週のラジオで語っていました。 6年前には出来なかった表現、すなわち6年前の発声、歌い方、技術では納得がいっていなかったのです。 ソロ曲Angelについてトラックメイカーの方もラジオで仰っていましたが、短い時間でドンドン歌い方が変わり成長している。 こんな短い期間で?と思うほど成長していっていると語っていました。 そして、ソロ曲ONE DAY等で使っている技術、エッジボイス、アウトオブキー、レイドバック等が分からない人は前の方が良い上手いと思うかも知れませんが、 エッジボイスの技術が分からない人はエッジボイスをガラガラの声と思う様ですが、高度な技術によって作り上げた技法です 音楽に詳しい方やボイストレーナー、声の先生等プロは今の方が断然上手い、高度な技術が使えるようになった表現力も高くなった等高評価です。 昨日のFNSの冬空で高音が裏返っていた?と仰いますが、裏返ってませんよ。 曲の世界観、歌詞の意味、主人公の心情今抱えている悲しみを深く考えるなら、ただ声を張れば良いという訳でないく、悲しみをより表現する為には引く方がより一層主人公の悲しさが伝わると思います。 主人公がどんな気持ちでいるか、よく考え表現するそれが出来るのがプロの歌手ですよ。 今市くんは感情を歌声に乗せるのが凄く上手い。 歌は喋るように歌う、語るように歌うといいますが、バラードは特にそうだと思います。 冬空とWhite wings両方ライブで聴きましたが、ライブの生歌の方が音源よりも断然良かったのは確かです。 これだけ多彩な歌い方、声の出し方が出来るのはかなり技術、表現力が高く上手い人なんだと思いますし、歌声を絶賛されてた時に自分自身で納得がいかず根本から変える決心をする。 それは本当の力がないと出来ない事だと思います。 これもラジオで言っていましたが、彼は歌に対して物凄く拘る人で、兎に角細かい 他の人はこれで良いといっても自分自身はなかなか納得しない 、ここを改善しようと思ってそれが出来てもまた他の部分が気になって仕方ないだから凄く時間がかかる、あまりにも細かく拘るのでいつもスタッフを悩ませていると言っていました。 ボーカリストにしか分からない分からない事がある。 しかし、聴いているのはボーカリストだけでなく、殆どが一般の人 素人 なのであまりにも拘り過ぎると刺さらない 高度な事は素人には分からない ので、信頼出来る人にそれで良いんじゃない?と言われたらそれで線引きするという事も必要かなと言っていました。 とても向上心が高く日々成長、進化を考える人なので、これからも納得がいくまで 彼のストイックさを考えると納得が行く日は永遠にこないと思いますが 色々変えくると思います。 また、声量云々ですが、声量は依然ありますよ。 今年7月ソロで出演したJ-WAVE LIVEではど迫力の声量で押してきました。 以前はいつも声量ありき、パワーありきで押してきましたが、曲によっては抑える、引く事も世界観を深める為には必要だと理解したのだと思います。 昨年のソロツアーも何回も行きましたが、ツアー中ずっと絶好調でいつも圧巻の歌唱で声量も物凄かったです。 ファン以外の方々や玄人の方々が大勢行っていますが、抜群の歌唱力、声量、技術力、表現力、何曲も立て続けに歌いながら踊ってもブレない安定した歌声、ピアノ弾き語りも出来、ドラムも出来る、ダンスも上手いと大絶賛でした。 現に先月終わったツアーでもJSB DREAM等では高音も突き抜ける様な迫力、パワーある歌声でガツンと押してきています。 いつでも声量ありきで歌えば良い訳ではないですからね。 それだけ成長したのだと思います。 以前も充分上手かったですが、今は上手いだけでなく巧くなり旨みも深まり以前よりも更に味わい深い歌声になったと思います。

次の

冬空/White Wings

冬空 三代目

【】 すでにYouTubeなどで公開されている同MVでは、AKIRAとリン・チーリンが「時を超えた運命の恋人」という設定で共演している。 リン・チーリンは中国版ツイッター・微博()やインスタグラムに「三代目 J SOUL BROTHERSの皆さん、この2曲を(結婚の)祝福のプレゼントとして贈ってくださってありがとうございます」「メンバーの努力、三代目の美しい歌声と演出、名作詞家の小竹正人先生の創作に感謝します」などとつづり、MV撮影時のオフショットを掲載した。 中国のエンタメメディア・新浪娯楽は7日、リン・チーリンが公開した9枚の写真を紹介し、「リン・チーリンが夫AKIRAとのMVのオフショットをシェアした。 2人が芝生の上に寝転んで見つめ合う写真、ほかにもさまざまなシーンやスタイルがあり、とても甘い」と伝えた。 夫婦2人の仲睦まじい様子の写真に、ネットユーザーからは「(リン・チーリンは)白雪姫のよう。 美しすぎる」「なかなか良いと思う。 2人はお似合いだ」といった声が上がった。 中でも最も共感を集めたのが「リアル板の毛利小五郎と妃英理(日本の漫画『名探偵コナン』の登場人物の毛利蘭の両親)を演じられる?」というコメントで、ほかのユーザーからも「それはいい!」「本当にそんな感じだな」「うん、ピッタリだ」と賛同の声が多数上がっている。 このほか、「あの電話の件を聞いてから、リン・チーリンは本当に良い人に嫁いだと思うようになった」という声にも共感が集まっている。 リン・チーリンはこのほどファッション誌のインタビューで結婚を意識した瞬間について、「大好きな祖母が亡くなった日にAKIRAに電話をかけたが、途中で泣き疲れて眠ってしまった。 目を覚ました時にまだ電話がつながっていて、呼び掛けると返事が返ってきた」というエピソードを語り、中国でも大きな反響があった。

次の

三代目 J SOUL BROTHERS from EXILE TRIBE『冬空』歌詞の意味を考察・解釈

冬空 三代目

それに先駆け、同曲のミュージックビデオの一部が公開されたのだが、ここにちょっとしたサプライズが! MVに今年が出演していることが判明したのである。 映像には2人のうっとりするような姿が収められており、さぞ絶賛されていると思いきや……ネットでは賛否両論だった。 1分間の映像ではAKIRAさんとチーリンさんが2人が愛し合っているのは一目瞭然。 公式Twitterによると、このリアル新婚さんの起用は 「三代目メンバーが作品への想いと共に、2人への祝福も込め、EXILE AKIRAと林志玲へMV出演をオファーをし、特別共演が実現!」 とのこと。 いろんな意味で特別な映像であると言えるだろう。 さて、そんな映像にはネット上で様々な意見が寄せられている。 「最高!」 「2人とも美しすぎる!」 「早く見たいです!」 「予告編だけで感動しました」 と、好意的な声がある一方で 「え? 三代目メンバー写ってないの?」 「EXILEのMVでやって」 「公私混同つらい」 「メンバーのパフォーマンスが見たかったのに」 と、疑問の声も多く見られるのだ。 ・予告はあくまで予告 ファンならアーティストの姿を見たいもの。 だが予告はあくまで予告だ。 通常、MVはストーリー仕立てであってもサビなどメインの部分にはアーティストが登場するもの。 ましてや歌だけでなくパフォーマンスも込みで作品を作りあげる三代目JSBなら、メンバーが全く映らないというのは考えにくい。 MVはどんな仕上がりなのか非常に気になるところだ。 ・すべては間もなく明らかに そんな新曲のMVは、28日に台北で行われるイベントで先行解禁される予定……だったが、台湾出身の俳優でリン・チーリンさんとも親交が深いゴッドフリー・ガオ(高以翔)さんの急死を受け、イベントは中止となった。 ガオさんの訃報は三代目JSBとは直接関係はないかもしれないが、現地における受け止め方やリン・チーリンさんの心情を考慮するとやむを得ないことだろう。 よって29日4時の日本でのMV解禁が事実上の世界最速となる見通しだ。 どんなMVになっているのか間もなく明らかになる。 また、同日23時~メンバー全員による生配信でMVの撮影秘話も披露されるそうだ! モヤモヤしている人はコチラをチェックするといいかもしれない。 参照元:Twitter 、 執筆:.

次の