すいえんさー クレープ。 [すイエんサー] ギョーザ 作り方 レシピ 4月23日 スイエンサー流 ジューシー餃子 パリパリぎょうざ

[B! スイーツ] gdnoのブックマーク

すいえんさー クレープ

Official Program Data Mark(公式番組情報マーク)• このマークは「Official Program Data Mark」といい、テレビ番組の公式情報である• 「SI Service Information 情報」を利用したサービスにのみ表記が許されているマークです。 「Yahoo! テレビ. Gガイド」はYahoo! JAPANのサービスであり、ヤフー株式会社が株式会社GYAOと協力して運営しています。 - - - - -• Copyright C 2020 IPG Inc. All Rights Reserved. Copyright C 2020 GYAO Corporation. All Rights Reserved. Copyright C 2020 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

次の

春巻きの皮で超カンタン【クレープ】!

すいえんさー クレープ

ノンが1人読みするようになっても、伝記はまだ早いかな~と思っていました。 それがノンは近頃、伝記に夢中です。 「なぜ?どうして?科学のお話」の1年~3年の3冊が家にあって、それぞれに収録されている キュリー夫人、エジソン、ライト兄弟のかいつまんだお話はすでに読んでいました。 他にノンが読んだきちんとした伝記といえば「キュリー夫人」で、これは私がいずれ読んでほしいと 買ってあったのをノンが家で見つけ読んでしまいました。 でも、今の伝記ブームの火付け役は公文のプリントにでてきた「ベーブ・ルース」の 約束のホームランのお話。 もっと詳しく読んでみたいということで、図書館の伝記コーナーに連れて行ったところ、 ノンはハマりました。 公文のプリントではベーブ・ルースの立派な行いしか書かれていませんが、伝記には 子供時代がしっかり書かれています。 英雄だと思っていたベーブが実は学校をさぼったり、決して模範的な少年でなかったと いうくだりはノンにとっては驚きだったみたいです。 もっと、いろいろ読んでみたいと他の伝記も借りてくるようになりました。 私がさりげなく勧めたのは、自分も読んだ「ヘレン・ケラー」「ナイチンゲール」。 「ナイチンゲール」は却下され、ノンが手に取ったのは「ニュートン」「ガリレオ・ガリレイ」「アインシュタイン」「アンネ・フランク」でした。 Eテレの大好きな番組「すいえんさー」の後にやっているアニメ「マリー&ガリー」で科学者に 馴染んでいるせいか、読みたくなったようです。 アンネ・フランクは表紙のイラストにやられたんでしょうね。 今、読み終えているのは「ガリレオ・ガリレイ」「アインシュタイン」「アンネ・フランク」 で、「キュリー夫人」を買った時に一緒に買った「野口英世」もその後読みました。 どのお話もそれぞれ感じるところがあるようで、あらすじや驚いたことをよく話してくれます。 アンネ・フランクは昨夜布団のなかで読んでいたんですが、読んだ後は泣いていました。 ノンがいろいろ話してきた時は、ふんふんと聞いてやったり、一緒に共感したりするのですが、 「アンネ・フランク」のときは何も私は言いませんでした。 なんだか、そっとしておいた方がいいと思ったからです。 7歳にもならない女の子が「アンネ・フランク」を読んで何を感じたのか聞いてみたかった んですけどね。 まだ早いと思った伝記ですが、人の生き方や子供時代の話などすごく興味があるようです。 歴史や文化、宗教などはまだ小1のノンには説明するのが難しいことも多いのですが、 伝記のわかりやすい言葉やエピソード、絵で何となく自然に学んでいるようです。 「野口英世はナポレオンの真似をして3時間しか寝なかったんだって。 ナポレオンって野口英世より昔の人なんだね~」なんて。 いつのまにかナポレオンも知っているし。 ノンの夢は学校の先生になること。 「赤毛のアンのアンのようにたくさん勉強して先生になるんだ~」なんて言っています。 読んだ本を素直な気持ちでまるでスポンジのようにどんどん吸収していくノン。 私も子供時代そんな風に本を読んでいたのを思い出します。 今はなかなかそんなまっすぐな気持ちになれないので、ノンが羨ましく感じます。 ノンおススメはものしりガイドつきのポプラ社のものだそうです(笑) 先月からすると、少しペースが落ちたノンの読書。 学校の生活科の授業、むかし遊びで、ノンはすっかりあやとりにハマったんです。 家では常にあやとりの本と首っ引きで、手を動かしています。 いつのまにか図書室で本を借りてこなくなっていました。 聞くと休み時間の長縄跳びが楽しくて、図書室に行く時間がないそうです。 体を動かすことはどんどんしてほしいので、私は内心喜んでいます。 岩波少年文庫は装丁がシンプルだし、読ませたいお話が多いので、少しずつ揃えてあげたい なと思っています。 洋書に「The Adventures of Captain Underpants」という、いわゆるおバカ系の本が あって、結構人気があるんですよね。 でも語数も多いし、読みのレベルも高いんです。 学校で「おばけマンションシリーズ」をせっせと借りてくるノンなので、図書館で1冊だけ あった「パンツマンvsくいこみウーマン」を借りてみました。 タイトルをよく読まずに借りていて、後で学校に提出する読書記録に「パンツマンvsくい こみウーマン」と書かれたノンの字を見て。 図書館のように本が整然と並び、静かで広々としているので気に入っている書店です。 1回目は主人と二人で行き、2回目は子供達も連れて。 ノンはともかく、チェリーが静かな書店でおとなしくしていられるか心配でしたが、 知育玩具にハマり、黙々と遊んでくれていました。 子供時代、絵本より児童書を繰り返したくさん読んできたので、本棚に世界の名作シリーズが 並ぶことに憧れるんですよね~ タイトルを見ているだけで、ウキウキするんです。 集英社の「子供のための世界文学の森」は4冊持っていて、このシリーズを増やして行こうと 思っていたのですが、ノンが文庫本を読めるようになったので、文庫本を中心に揃えて いこうかと思っています。 文庫本は単行本ほど場所を取らないし、お値段も手頃なので、ついつい買ってあげてしまい そう。 今回はノンが大好きなリンドグレーンのやかまし村シリーズ(岩波少年文庫)3冊を お買い上げ。 他に学研の「なぜ?どうして?科学のお話 3年生」とドラえもんの学習漫画 (図形がよくわかる)もねだられました。 科学のお話の1年生と2年生は家にあります。 今、我が家は理科・社会の教材が増殖していて、七田の理科ソングと社会科ソングは全部 揃いました。 地図のDVDもあります。 帰省中は車で長距離を走るので、常にどこの県を走っているのか気になるノン。 グッドタイミングと思い、日本地図のパズルと都道府県のカルタも買いました。 他に、世界の歴史の学習漫画も1冊試しに買ってみたところ、さすが漫画の威力! 祖父母の家でも夢中で読んでいました。 世界史漫画も各社出ていますが、我が家は読むところが多い集英社にしました。 これで大学受験までばっちり?! 科学は好きだけれど、ママの歴史(学生時代に専攻していた)は嫌いと言っていたノンも、 社会って面白いかもって。 ノンは読書にしても、ギャグ漫画から名作物までテリトリーが広い子なので、素直なうちに どんどん与えるべしです。 これら全部、子供達のお年玉をあてにしてお買い上げ。 ほとんど学校で読んでくるので、教室で読み切れるページ数だし、やっぱり娯楽系の本にも 惹かれるんでしょうね。 レベルが上がってきてるわけではありません(笑)。 静岡の大きな書店で買ってあげた「赤毛のアン」を読んだあと、「ママ、ノンもアンみたいに勉強頑張る 」と言ったノン。 アンの物語を読んで、「勉強を頑張ること」「勉強ができること」がカッコいい、素敵なんだと思ってくれたことがとても嬉しかったです。 アンや学校の担任の先生に憧れて、将来の夢は学校の先生だそうです。 今月のヒット 赤毛のアン 小さい魔女 チョコレート戦争 おばけマンションシリーズ やかまし村のこどもたちシリーズ おもしろ荘のこどもたち 小さいおかあさん(画像なし) 最近、ノンのお気に入りの作家は、宮川ひろ。 「びゅんびゅんごまがまわったら」「るすばん先生」あたりが有名なのかしら? 「たんぽぽ先生」シリーズをまず気に入り、「おかあさんのつうしんぼ」「先生のつうしんぼ」あたりで ファンになったようです。 先日借りてきた「小さいおかあさん」を読み終わった後も「すごく良かった~ 」と頬を 上気させて私のところに来たので、子供達が寝静まった後読んでみました。 物語に出てくる8歳の女の子のまっすぐな気持ち。 その気持ちを、大きなお腹を抱えて、なおかつ仕事を持ち、3人の子育てをしながらもきちんと 受け止めるおかあさん。 すべてがさらっと描かれていて、す~と心にしみてくるお話でした。 「たて笛がふけなくて、先生に怒られちゃったの」と打ち明ける女の子に言うおかあさんの 言葉が「そんなこと、練習すればいいじゃないの。 あなたのゆびはお手伝いをいっぱいしている いい指なんだから、よく動くはずよ。 すぐうまくなれるはずだから」。 なんて素敵な励まし方だろうとぐっときました。 たまに、娘の読む本を読んでみるのもいいですね。 小学生向けの本を読むと、自分がいかに大人の都合で考えているかよくわかります。 私も昔は子供の気持ちがわかるお母さんになるんだと心に決めていたのにね。 その肝心の子供の気持ちが、どんなだったか忘れてしまってるんだなと。 それにしても、お話に出てくるおかあさんって素敵すぎて、ノンが自分のママと比べて 読んでるんだろうなあと思うと複雑です。 そう意味でも、たまにチェックしないと。 毎晩6時半から7時過ぎに寝ていた時期が過ぎて、今8時~8時半就寝のノン。 読書もたっぷりしています。 とてもこわがりで、感受性が強いところがあるので、読ませる本も慎重に選ばないと いけないなと思うこの頃。 先日、学校で見たプロのお芝居が「ズッコケ3人組」で、おばけが出てきて怖くて大泣きし、 先生に付き添ってもらってノン1人が後ろに下がったとか。 3,4年生向けの字の小さい児童書もスラスラ読むので、中にはノンにとって背伸びした内容で、 それを受け入れられる子だったらいいのですが、精神年齢が幼いので、選書に困ります。 外国ものでは「おもしろ荘のこどもたち」「やかまし村」シリーズや「ピッピ」で有名な リンドグレーンが大好き。 やっと、1年生も学校の図書室で本を借りられるようになり、月の後半の読書は大半が学校で 読んできたものです。 「ぞくぞく村シリーズ」は公文の推薦図書で知り、ノンはこのシリーズを全巻制覇するんだと 燃えていました。 先月、チェリーの幼稚園で敬老会があり、大阪に住む主人の両親が来てくれました。 その時に、おねだりしたのがキャラクター雑誌と「なぜ?どうして?科学のお話2年生」で、 この科学のシリーズは1年生版も以前義母に買ってもらったんですが、好きでよく家でも読み 返しています。 「長くつ下のピッピ」は私が以前読み聞かせしたことがある本です。 頑張って4日に分けて少しずつ読んだようです。 字が小さい、長いお話も読めるようになりました。 私の1年生の頃に比べると、読書量の多さはもちろん、ジャンルも幅広く読めています。 いぬいとみこさんの「ながいながいペンギンの話し」はなぜか却下されましたが。 そういえば、ノンは公文の教材で読んだ盲導犬の話しに感心していました。 公文国語は物語以外の読み物にも触れることが出来るので、いろんな文章に慣れる点でも いいですね。 いろんなものを純粋に吸収できる年頃なので、様々な本の世界の扉を開いていってほしいと 思っています。 Ready-to-Read 1 再読 Ava the sunset fairy(Rainbow Magic) 本棚を整理していた時に、Annie and Snowballを見つけて全シリーズ読み返していました。 すかさず、なかなか読んでくれないNate the greatを見せ、「もうノンならこれぐらい すぐ読めちゃうでしょう?」と渡して読ませました。 それでも2冊だけ・・・ Annie・・シリーズは500字前後の絵本で、Eloiseシリーズは200字前後です。 気が向いて読んでくれるのは、簡単な絵本ばかりです。 でも、読んでくれるだけましですよね。 ある方の紹介で、スカラブッククラブに入会できたので、ノンにカタログで選ばせ、 Rainbow Magicシリーズとバービーのペーパーブックをお買い上げ。 パンフレットを見ながら欲しい本を探すのって楽しいようで、私もノンの好きな本の傾向が わかるのでいいです。 (って相変わらずRainbow Magicとバービーばかりなのですが ) 欲しい欲しいとせがみながら、なかなか読んでくれません。 以前の勢いはどこへいってしまったんでしょう。。。 中学年向けの児童書もさらっと読めるようになりました。 本を読むスピードが上がってきたのかな? 一日1冊、児童書を読む習慣がついてきて、さながら本の虫です。 「私のママは魔女」のようなシリーズものも好きですが、私が公文の推薦図書一覧を参考に 選んだ本もどんどん読んでいきます。 本棚の位置って大事ですね~ インテリア的にリビングの中心に雑多な感じがする本棚は置きたくなかったんですが、 こうして毎日のように借りてきた本に手を伸ばしてくれると、その威力に驚くばかりです。 借りただけ読んでくれるので、嬉しくてせっせと図書館に通ってしまい、洋書から 遠ざけるという悪循環。 児童英語研究所さんでいただいた「本好きのバイリンガル(我が子がそうかは???)は、いずれ英語のものも楽しんで鑑賞するようになる」という言葉を信じて、洋書は途切れない程度で与えて行きたいと思っています。 ある方からノン好みの洋書をたくさんお借りしたり、譲っていただいたりで、何とかつないで行けています。 本当ありがたいです。 今月のヒット 大どろぼうホッツェンプロッツ スプーンおばさんのゆかいな旅 それいけズッコケ三人組 ぞくぞく村シリーズ 龍の子太郎 龍の子太郎を読んだ後、「感動したよ~」とわざざわ言いに来たノン。 娘が初めて口にしたその言葉に、私が感動してしまいました。 夏休みは家にいる日は1日1冊~2冊は読んでいたと思います。 相変わらず、図書館に行くと「わたしのママは魔女」シリーズめがけて本棚へ。 小脇に1,2冊かかえて、いそいそとイスで読み始めます。 この夏、「わたしのママは魔女」シリーズ以外でハマったのは、宮川ひろ作の 「たんぽぽ先生あのね」シリーズ3冊です。 家ではまっさきに読んでいました。 ノンがいたく気に入った本は、高楼 方子さんの「いたずらおばあさん」。 「絶対面白いからママも読んで」と言われ、私もめずらしくノンが借りた本を読みました。 1枚着ると1歳若くなるという透明の服を着たおばあさん二人が、8歳に変身するお話。 童心に帰れる爽やかなストーリーでした。 しばらく高楼 方子さんの本を借りてみようと思っています。 スプーンおばさんは公文の推薦図書だったので借りました。 私の予想に反して、ノン面白かったようで、続編もあっという間に読んでしまいました。 ジャクリーン・ウィルソンのブームは去ったようです。 まだ素直で、精神年齢が低いノンが、この作者の本を楽しめるようになるのはもっと先で しょうね。 以前、1年生の科学という休刊になった雑誌を買ってあげたら、今でも時々読み返すんですね。 図鑑に興味ない子なんですが、雑誌だと科学系も楽しめるみたい。 図書館で借りた「かがくる」もヒットし、そのうち毎月買ってやってもいいかなあと 思ってます。 反比例するかのように、8月に入って洋書に手が伸びなくなってきました。 どうしたもんだか。

次の

【すイエんサー】春巻きの皮で作る!かんたんクレープの作り方

すいえんさー クレープ

お店みたいな クレープ! おうちの フライパンと 春巻きの皮があれば 失敗知らず のうえに、たった 5分で完成! *すイエんサー流クレープの材料* (この分量で10枚の皮が作れます) 〈皮の材料〉• 春巻きの皮(クレープ1個につき1枚使います)• 牛乳 250ml• 卵 2コ• そして 売られている春巻きの皮は一度すでに焼いてあるので、生地に 細かい穴がたくさん空いている。 ( だいたいの春巻きの皮は「なま」と書かれていますが、事前に焼かれています)「牛乳、卵、砂糖」の液にひたすと、穴からしっかりしみこんで、焼いてもやわらか~くあま~くなるんだ。 !注意!ぎょうざやワンタン、シューマイの皮は、事前に焼かれていません。 皮に液がしみこまず、うまくいかないので注意。 *すイエんサー流クレープの作り方*• ボウルに春巻きの皮以外の材料(牛乳・卵・砂糖)を全て入れ、ムラにならないようよく混ぜる。 春巻きの皮を 1枚ずつはがして作った液に サッとひたす。 油をひき、あたためたフライパンにのせる。 焼き上がりの目安は弱火で1〜2分。 フライパンからあげたら、皮の完成!• 最後まで味を楽しめるよ。

次の