ハモリ。 【初心者でも簡単】綺麗なハモリの練習方法&上手に歌声を重ねるコツ

【初心者必見】ハモりの原理とやり方と練習方法、コツ

ハモリ

もくじ• ハモリとは ハモリの語源は、「ハーモニー」から来ています。 ハモリは、一つの音程に対して違う音程でも同じように歌うことを指します。 有名なアーティストだと、コブクロはハモリ。 一方、AKBはユニゾンになります。 ユニゾンとは、ハモリと違って複数人で同じメロディを歌うことです。 このように、複数人で同じ歌を歌う時は、これらのどちらかで表現をします。 ちなみに、ハモリを行うことをハモるともいいます。 メインメロディと3度ずらす では、次にハモリの音程について解説します。 ハモリはメインのメロディから上下に3度ずらした音になります。 実際に、ドレミファソラシドを基準に考えます。 メインの音がドだとすると、3度の音は「ミ」または、「ラ」になります。 図にすると、こうなります。 このように基準となる音から2つずらした音を3度の音と呼びます。 ハモりの多くはこの3度で行うことが多いです。 ぜひ覚えておきましょう。 ハモリのコツ では、実際にハモリのコツを説明いたします。 ハモリの音源を聴き込む コツの1つ目は、ハモリの音源を聴き込むことです。 なぜなら、聴きこまないとメインのメロディにつられてしまうからです。 それを聴き込んでから、実際に歌い込みましょう。 また、YouTubeでもハモりパートがないときもあります。 この時は、実際のCD音源を聴くしかありません。 しかし、実際の音源はメインメロディが目立ち、ハモリパートが聞き取りにくいです。 でも、集中してハモリパートを聴き込みましょう。 そうすることで、少しずつ身体に馴染んできます。 ハモリパートを歌いこむ 2つ目のコツはハモリパートを歌いこむことです。 ハモリパートが身体に馴染んだら、いよいよ歌を練習しましょう。 メインメロディと同じように歌いこむといいです。 そうしないと、合わせたときにつられてしまいますからね。 ハモリパートがちゃんと出来ているか確認する方法として、片耳を塞ぐのが有効です。 なぜなら耳を塞ぐことで自分の声が聞こえやすくなるからです。 両耳を塞ぐと音が全く聞こえなくなるので、逆効果です。 ハモりの音量を小さくすること 3つ目のコツはハモりの音量を小さくすることです。 ハモリパートが正確に歌えるようになったらいよいよメインメロディと合わせて歌いましょう。 この時、メインよりもハモリの音量は小さくしましょう。 なぜなら、メインメロディが聴こえないと、音のバランスが悪くなるからです。 それに聴き心地もよくありません。 ですから、ハモリパートはメインメロディよりも小さくしましょう。 メインメロディに合わせて歌う 4つ目のコツはメインメロディに合わせて歌うことです。 なぜなら、歌い方に個性が出すぎるとうまくハモれないからです。 ちなみにメインメロディにあわせるとは、「音の長さを一緒にすること」、「声を出すタイミングを揃えること」です。 こうすることで、歌声に一体感が出ます。 まとめ 本日の記事はいかがでしたでしょうか。 ハモリとはなにか、具体的な練習方法について解説してきました。 話をまとめると下記になります。 ・ハモリとは、一つの音程に対して違う音程でも同じように歌うこと ・ハモリはメインのメロディから3度ずらした音 ハモリのコツは ・ハモりの音源を聴き込むこと ・ハモリパートを歌いこむこと ・ハモりの音量は小さくすること ・メインメロディに合わせて歌うこと でした。 これらの練習をすればハモりができるようになるでしょう。 最後までご覧頂きありがとうございます。

次の

カラオケでハモリが綺麗に歌えるデュエット曲まとめ

ハモリ

約14万曲対応で、お店のJOYSOUNDに近い音質で練習できます。 一部の楽曲ですが、ガイドボーカルが入っているので、それに合わせてハモリの練習ができます。 録音機能が付いているため、 自分の歌声を聞きながら練習できるのも魅力です。 無料版は1日1曲までという制限があり、月360円で歌い放題になります。 iOS、Android対応なので、iPhoneユーザー以外の方にもおすすめです。 主メロとハモリ両方のメロディを覚える ハモリを練習するときのコツは、主メロとハモリの両方のメロディを覚えることです。 ハモリのメロディはもちろんしっかりと覚えないと歌えませんし、主メロを覚えることも同じくらい大切です。 主メロとハモリで和音を作っていることをイメージしながら覚えられるといいでしょう。 和音の響きを感じられると、ハモリの音程が微妙に合っていないときなどにも調整ができるようになってきます。 音階練習をする 音階練習によって、様々な調の音階を体で覚えておくと、ハモリも覚えやすくなります。 日頃から「ドレミファソラシド」を体で覚える練習をしておきましょう。 半音ずつ音階を上げていく練習や、和音を分解して1音ずつ発声する分散和音の練習なども取り入れてみるといいでしょう。 コーラスが「アー」「ウー」などの発声で主メロを支えるのに対して、ハモリは主メロと同じ歌詞で違う音を取ります。 ですから、主メロと一緒に歌うとついつられてしまうこともあるものです。 つられないようにするためのコツはあるのでしょうか。 ハモリのメロディをしっかり覚える 自分が歌うハモリのメロディを覚えていないと、主メロに引っ張られてしまいます。 途中で主メロにつられてしまう方は、まずメロディがしっかり体に染みついているか確認してみてください。 関連記事: 自分の声をしっかり聞く 自分の声がしっかり聞こえるように音量を調整することも大事です。 主メロを引き立てるため、ひかえめにハモろうとする方もいるかと思います。 しかし、自分の声量が小さすぎて聞こえないと、いくらハモリのメロディを覚えていても相手の声につられやすくなってしまいます。 自分の耳に届くくらいには音量を上げましょう。 聞こえにくい場合は耳に手を当てると聞こえやすくなります。 ハモリにオススメなカラオケ練習曲 最後に、ハモリにオススメなカラオケ練習曲をご紹介します。 有名な曲を集めたので、ハモリを覚えればカラオケで友達と一緒に歌えるでしょう。 蕾/コブクロ.

次の

ハモリの作り方のコツや上手くなる方法と練習曲|最も大切な事とは?

ハモリ

ハモりとは ハモりのハモは英語の ハーモニー(harmony)からきており、 複数の音が混ざり合い、心地よい響きになって 美しく響きわたっている音のことを指します。 例えば二人で歌いながらハモる際は、 片方が 主旋律という メインのメロディーの部分を歌います。 そしてもう片方が それに沿った低音もしくは高音で、 副旋律やコーラスパートと 呼ばれる部分を歌う事を、ハモる、と呼びます。 このコーラスパートを入れる事によって、 一人で主旋律だけを歌っている時よりも 曲に深みが出て、聴いている側も とても気持ちよく聴く事が出来るのです。 ただし、ハモるというのは ただ音程をずらして 歌えば良いという訳ではありません。 ずらす音程には規則性があり、それに沿って 音を奏でなければ、美しい響きにはなりません。 ハモりの原理 ただ音をずらすだけでは 美しい響きにはならず、 ハモることはできません。 ハモるための音には法則性があり、 ずらす音程の 和音に 合わせなければなりません。 この和音を理解することで ハモりの法則性が見えてくるようになります。 和音とは 和音とは 複数の音を同時に鳴らしたときに、 ちょうど心地良く聞こえる組み合わせのことです。 一例を挙げると、 ド、ミ、ソの3音による和音。 コードで言うとCです。 歌でハモるには、 メインボーカルに合わせて歌うことで、 この和音を奏でる必要があります。 和音(コード)には、 ある程度決まった形が存在するので その和音に当てはめていけば ハモりとなります。 つまり、例えば Cコードで言えば ドと ミと ソの3音の組み合わせです。 仮にメインボーカルが Cコードのドの音だったとすると、 これをハモるとしたら、 Cコードのド以外の音の どれかを出せば良いので、 ミかソの音を出せばハモれます。 コードに関しては (曲名)、コードで検索すると 出てくることが多いので、 コードを調べたい時は是非 検索してみてください。 ハモり方 基本的には3度下か上 基本的には、主旋律の3度上か 下に音程をずらすとハモれます。 この度数の数え方は、ある基準の音を1度として どれくらい音程差があるかで数えられます。 例えば、ドを基準の音とする場合、 レが2度で、ミが3度になります。 (あくまで非常に簡略化した場合ですが。 ) そうではない場合もある 基本的に3度上か下で気持ちよくハモれますが そうでない場合もあります。 その場合は2度や5度などさまざまですが、 しっかりと理解するためには和音を勉強する必要があります。 練習方法とコツ 練習方法 ハモリパートを 完璧に歌えるように 覚えることが第一です。 なんの訓練もせず、最初から即興で ハモるのは正直言って難しいです。 まずは一曲完璧にハモリパートを覚え、 自分がどの音程を出すかは 把握しておきましょう。 つられてしまう人は つられてしまう人は、 つられているなと思った時に一度耳を塞ぎ、 歌っている自分の音程を確認しましょう。 そして自分の出している音程に しっかりと耳を傾け、 自分がハモリパートをしっかりと 歌えているかを確認しましょう。 コツをつかめば早い コツをつかめば、 主旋律を知っている曲なら なんでもハモれるようになります。 そのコツをつかむ方法としては、 色々な曲のハモリパートを覚え、 歌い、和音を耳で聴き、 綺麗なハーモニーを耳で 感じ取るようにしましょう。 まずは様々な曲のハモリパートを覚え、 とにかく数を歌って、 耳を鍛えて、 ハモりの感覚に慣れる事が大事です。 即興でハモれる人は 即興でハモれる人は頭ではなく、 感覚でできてしまう ということが多いです。 何もしなくても何となくわかる という天才型も中には存在しますが、 何度も和音を聴いて、歌って、 和音そのものに聴き慣れることで ハモれるようになります。

次の