ゲーミング スマホ。 ゲーミングスマホを購入する5個方法!疑問・注意点と合わせて徹底解説 » Simaho!

2019年、最強ゲーム用(ゲーミングスマホ)のおすすめ人気ランキング【iPhone/Android】|きききのゲームぶろぐ

ゲーミング スマホ

Eーアスリート RAGE初代ファイナリスト屈辱の決闘者。 YouTubeにて毎日13時から配信しており、ゲームのことから日常の雑談まで何でもこなす。 持ち前の発想力と長時間配信のガッツで視聴者を楽しませる。 自作PCをしておりPCパーツにはもちろん、携帯ショップで働いていた経緯から携帯関連の情報にも詳しい。 数々のデジタルカードゲームで実績を残してきたデジタルカードゲームの鬼。 35thシーズンMPランキング 1位。 RAGE初代ファイナリスト屈辱の決闘者。 YouTubeにて毎日13時から配信しており、ゲームのことから日常の雑談まで何でもこなす。 持ち前の発想力と長時間配信のガッツで視聴者を楽しませる。 自作PCをしておりPCパーツにはもちろん、携帯ショップで働いていた経緯から携帯関連の情報にも詳しい。 数々のデジタルカードゲームで実績を残してきたデジタルカードゲームの鬼。 35thシーズンMPランキング 1位。 ゲーミングスマホの選び方 なぜこのゲーミングスマホが選ばれたのか ASUSのゲーミングスマートフォンROG Phone の後継機です。 ゲーミングスマホ最強ということであえてメモリ12GBの最速モデルを選びました。 SoCは「Snapdragon 855」のアップデート版の「Snapdragon 855 Plus」コアクロック速度が2. 84GHzから2. 96GHzに上がっています。 リフレッシュレート120Hzの超高速表示、6,000mAhの大容量バッテリー、6. 59インチの大画面有機ELなどハイスペックなゲーミングスマホでトップを走り続けたい方におすすめです。 発売日 2019年9月 画面サイズ 6. 59インチ カメラ画素 4800万画素+1300万画素 フロントカメラ 1300万画素 バッテリー容量 6000mAh RAM 12GB ROM 512GB なぜこのゲーミングスマホが選ばれたのか SoCは「Snapdragon 855」8コアで、2. 84GHzと申し分ないスペックがあります。 39インチ有機ELと少し大きめの画面です。 フルHDで1080x2340ピクセルです。 ストレージは256GBと大容量ですが、MicroSDのスロットがありません。 液体冷却システム 液冷3. 0 で、長時間のゲームでも端末が熱くなりすぎずパフォーマンスが落ちないのが特徴です。 発売日 2019年6月 画面サイズ 6. 96GHz で6インチ有機ELディスプレイを搭載。 ゲーミングスマートフォンといえばこれです。 別売りのアクセサリーがいろいろあるのも特徴です。 モニターと接続して大画面でプレイしたり、専用のコントローラーを左右に付けて操作しやすくできます。 発売日 2018年11月 画面サイズ 6インチ カメラ画素 1200万画素 メイン ・800万画素 サブ フロントカメラ 800万画素 バッテリー容量 4000mAh RAM 8GB ROM 512GB なぜこのゲーミングスマホが選ばれたのか iPhone11が発売されましたが、まだまだ現役のiPhoneXS。 A12Bionicがとても高性能で、安定したゲームプレイを可能にしてくれます。 また、ディスプレイが有機ELなのでとにかく綺麗です。 ホームボタンが無く全体が画面になっています。 iPhone11が発売されたことによりXSは値下げしているところも多いのでSoCだけ少し劣りますが他性能はさほど変わらないXSが今はお買い得になっています。 apple製品でゲームがしたい方や、初めての有機ELディスプレイスマホに触ってみたい方にXSシリーズはおすすめですよ。 発売日 2018年9月 画面サイズ 6. 5インチ カメラ画素 1200万画素広角+1200万画素望遠 フロントカメラ 700万画素 バッテリー容量 3174mAh RAM 3GB ROM 512GB なぜこのゲーミングスマホが選ばれたのか Bluetooth搭載のペンがついていて、ボタンを押すだけでカメラやプレゼンテーションアプリを操作することが出来ます。 絵を書いたりする方におすすめです。 高スペックで大画面で大容量のバッテリーを持っている分大きいですし重量もあります。 とにかくパワフルなスマートフォンを使いたい方におすすめです。 AIが搭載されていてシステムをゲームに最適化してくれます。 サクサクゲームを楽しむことができます。 発売日 2018年10月 画面サイズ 6. 4インチ カメラ画素 1200万画素 フロントカメラ 800万画素 バッテリー容量 4000mAh RAM 8GB ROM 512GB ゲーミングスマホおすすめ6選|コスパ抜群!低価格機種を紹介 89,000円 税込 発売日 2019年9月 2019年9月 2019年6月 2018年11月 2018年9月 2017年9月 2019年4月 2018年10月 2018年10月 2018年5月 2018年6月 2018年6月 2019年3月 2018年5月 画面サイズ 5. 8インチ 6. 59インチ 6. 39インチ 6インチ 6. 5インチ 4. 7インチ 約6. 2インチ 6. 4インチ 5. 7インチ 6. 0インチ 5. 8インチ 5. 84インチ 約6. 3インチ 5. 8インチ カメラ画素 1200万画素超広角+1200万画素広角 4800万画素+1300万画素 4800万画素+1200万画素 1200万画素 メイン ・800万画素 サブ 1200万画素広角+1200万画素望遠 1200万画素 約2260万画素 1200万画素 1200万画素広角+1200万画素 約1200万画素 カラー +約2000万画素 モノクロ 約1200万画素 カラー +約2000万画素 モノクロ 約1600万画素+約200万画素 1300万画素+200万画素 深度測定用 1220万画素広角+1220万画素望遠 フロントカメラ 1200万画素 1300万画素 2000万画素 800万画素 700万画素 700万画素 約800万画素 800万画素 1200万画素 800万画素 約2400万画素 1600万画素 800万画素 800万画素 バッテリー容量 3190mAh 6000mAh 4000mAh 4000mAh 3174mAh 1821mAh 3130mAh 4000mAh 4000mAh 4000mAh 3400mAh 3000mAh 4000mAh 3000mAh RAM 4GB 12GB 12GB 8GB 3GB 2GB 6GB 8GB 8GB 6GB 4GB 4GB 4GB 4GB ROM 512GB 512GB 256GB 512GB 512GB 64GB 128GB 512GB 64GB 128GB 128GB 32GB 32GB 64GB まとめ 大学院修了後、公立の小学校教員として勤務。 2018年5月に株式会社サイバーエージェントグループ会社である株式会社CyberOwlに転職。 「aukana アウカナ by動画配信サービス比較情報. com」の立ち上げに携わり、トップページのライティングを担当。 その後、各作品記事のライティングや編集業務を務める。 2019年7月より、ぴったりな商品が見つかるメディア「モノレコ」編集担当に異動。 大学院修了後、公立の小学校教員として勤務。 2018年5月に株式会社サイバーエージェントグループ会社である株式会社CyberOwlに転職。 「aukana アウカナ by動画配信サービス比較情報. com」の立ち上げに携わり、トップページのライティングを担当。 その後、各作品記事のライティングや編集業務を務める。 2019年7月より、ぴったりな商品が見つかるメディア「モノレコ」編集担当に異動。

次の

2019年、最強ゲーム用(ゲーミングスマホ)のおすすめ人気ランキング【iPhone/Android】|きききのゲームぶろぐ

ゲーミング スマホ

荒野行動やPUBGモバイルの人気もあって、どんどんスマホゲームをプレイする方が増えていますね! そんな中、ゲームが重くて動かないだとか、充電がすぐに切れてしまうだとか、 スマホのスペックのせいでゲームをしっかり楽しめていない方は多いのではないでしょうか? そこで、2018年頃から登場し始めたのが ゲーミングスマホ(ゲーム用スマホ)です! 以前本ブログでは、ゲーミングスマホの特徴やおすすめ商品をご紹介しました。 それではぜひ最後までご覧ください。 スポンサーリンク 目次• スマホのキャリアモデル・SIMフリーの違いとは キャリアモデルのスマホとは、日本でいうau・ドコモ・ソフトバンクの大手キャリアで契約できるスマホのことを言います。 一方、 SIMフリーのスマホとは、どの通信業者と契約するかを自分で自由に決めることができるスマホのことを言います。 これらの違いは主に以下の4つですので、順番に説明していきます。 まずSIMロックのスマホとは何かというと、特定の通信業者のSIMカード以外は使えないようになっているスマホのことです。 例えば、「ドコモで契約したスマホがドコモのSIMカードしか使えない」という話です。 これに対して、SIMロックがない(SIMフリーの)スマホとは何かというと、先ほども書いた通り、どの通信業社のSIMカードも自由に使えるスマホのことを言います。 ただ、 購入した際にはSIMロックがかかっていたスマホでも、SIMロック解除をするという選択肢があります。 その際、SIMロック解除済みのスマホも「SIMフリースマホ」と呼んでいるようです。 ちなみに、スマホ超初心者の方に向けて一応説明すると、SIMカードとは、スマホで電話やインターネットを使用するのに必要な小さなICカードの事です。 SIMフリーは携帯ショップや家電量販店などで買うこともできますが、Amazonや楽天などのネット通販で買うこともできます! 家を出る手間もなく、パソコンでポチッとするだけでスマホが買えるなんてすっごくいい時代ですね笑。 その点、SIMフリーの方が気楽に簡単に買えるスマホと言えそうです。 com 基本的に、大手キャリアで契約するよりもSIMフリーで買う方が機種の選択肢は広いです。 大手キャリアでは、需要が多くて人気の機種をメインに取り扱っていますが、SIMフリーで購入する際はあまりメジャーではない機種も選び放題です。 もちろん格安スマホもありますが、最近では超ハイスペックのゲーミングスマホなどでもたくさん種類があります。 ゲーム用スマホにこだわりがある方などはSIMフリーでの購入がいいかもしれませんね。 現在はゲーミングスマホが日本であまり普及していないので、大手キャリアでの取り扱いが少ないですが、スマホでゲームをするのが当たり前な時代に合わせてどんどん取り扱いが増えていくのではないでしょうか! 個人的にはとても楽しみです笑。 しかし、SIMフリーのスマホならスマートフォン単体を購入することができます。 よく、キャリアモデルスマホを契約したらそのキャリア独自のアプリがたくさん入っているなんてことがありますよね。 頼んでもいないのに勝手にセットで付いてきて、契約から数ヶ月経つと有料のサービスに切り替わったりするので、とても厄介です笑。 ただ一方で、支払い方法に関してはキャリアモデルの方が優秀です。 大手キャリアは年単位の分割払いが可能なのに対して、SIMフリーでは基本的に一括払いになります。 そういった、細かいサービスの必要性によってどちらでスマホを買うべきかが変わってくると思います。 分割払いがしたいならキャリアスマホだし、機種によってはSIMフリーでしか買えなかったり、条件によって変わってきます。 ただ1つ言えるのは、ゲーミングスマホにしたいからSIMフリーにする!という考えは間違っているということです。 確かに機種は少なめですが、キャリアモデルでもゲームに適したスマホは販売されています。 もし、大手キャリアのサービスに満足しているのに、ゲーム用スマホのためだけにSIMフリーに乗り換えようとしているのなら、いったん落ち着いてキャリアモデルの商品スペックを見直してみる方がいいと思います! 具体的な商品は以下にまとめています。 amazon. jp こちらは、HUAWEI(ファーウェイ)という中国のメーカーで製造され、auから販売されているゲーミングスマホです。 HUAWEIのゲーム用スマホは、元々はSIMフリーでの購入がメインでしたが、2018年になってからauでも取り扱われるようになりました。 SoCはKirin659のクアッドコアで、RAMは4GB、画面は5. 8インチなのでスペックは問題ないレベルです。 しかしこのスマホの一番の魅力は何と言ってもその安さです!! 4万円を切っています!! 大手キャリアのサービスの元、お手軽にゲーム用スマホが欲しいならこの商品が間違いないでしょう。 この機種は残念ながらドコモ・ソフトバンクでは販売されていないのですが、ドコモではHUAWEI P20 Proというシリーズ商品が販売されています。 レビューや評判はliteの方がいいですが、ドコモユーザーの方々にはそちらもおすすめです!• engadget. com こちらは、大手キャリアの販売するAndroid端末の中でもとっても有名な機種ですね! サムスンのギャラクシーシリーズと言えば、誰もが聞き覚えがあるのではないでしょうか? そのギャラクシーシリーズの中でもかなりスペックが高くてゲームに最適なのがこのGalaxy Note9です。 CPUはSnapdragon845(SDM845)というハイエンドスペック、バッテリー容量4000mAh、6. 4インチの大画面、6GBのRAMといった感じで、最高級スペックです! さらに、何と言っても魅力的なのはSペンというアイテム。 この専用のタッチペンを使って、とっても自由に操作することができます! こちらはauとドコモで取り扱われていますが、ソフトバンクにはありません。 ちょっとした小話ですが、実はソフトバンクはシャープにとっても恩があるため、シャープのライバルであるサムスンの製品はあまり使わないようにしているんです…。 そのためGalaxyシリーズも取り扱われていません。 ソフトバンクユーザーの方はどうか理解してあげてください…。 amazon. jp またファーウェイの製品か!と思われたかもしれませんね笑。 しかし、こちらは先ほどのP20 liteよりもずっと最新のハイエンドスペックです! 発売はなんと2019年1月です。 キャリアモデルとしてはソフトバンクだけが販売しているので、Galaxyを諦めたソフトバンクユーザーの方は必見ですね笑。 ちなみに、このスマートフォンはトリプルレンズカメラという特殊な技術を使っているため、カメラ性能が最高級です! ゲームとはあまり関係ないですが、ゲーム以外にも写真に興味がある方などは一度調べてみてはいかがでしょうか。 スペックに関して具体的には、CPUはKirin980のオクタコア、バッテリー容量4200mAh、6GBのRAM、6. 4インチの画面。 これぞまさにハイエンドスマートフォンといった感じです! 最新機種なので値段はそこそこ張りますが、このスペックにしては安い方だと思います!• itmedia. html こちらは、LGエレクトロニクスという韓国の大企業が製造したスマートフォンです。 こちらもハイエンドスペックなため、値段が少し張ってしまっています…。 具体的なスペックは、CPUはSnapdragon 835、RAMは4GB、6. 0インチ画面です。 apple. アップルの他の製品との互換性も抜群で、合わせて持つと最高に使い勝手が良いです。 問題点は2点。 バッテリーの消耗が激しい点と値段が高い点です。 しかし、その分サービスも充実していますので、これらの問題点を踏まえた上でも買う価値のある製品だと思います。 以上がキャリアモデルのゲーム用スマホ解説でした! 確かにSIMフリーでマニアックな製品を安く買うのもいい手ですが、大手キャリアの安心のサービスの元、ゲーミングスマホの購入を考えるのも悪くないと思います。 それでは最後までご覧いただきありがとうございました! よいゲームライフを。

次の

ゲーミングスマホと普通のスマホの違いは?具体的な特徴をまとめてみた|ナマケモノのスマホ研究所

ゲーミング スマホ

ゲーミングスマホの特徴 ゲーミングスマホとは、ハイエンドクラスの最強CPUやRAM・ROMを搭載した ゲーム特化型のスマートフォンです。 最新の技術をふんだんに詰め込んだハイスペック端末のため、一般的なSIMフリースマホよりも処理能力が非常に高く、快適な操作感や高精細なグラフィックを可能にします。 また冷却システムが搭載されている端末もあり、長時間プレイしても発熱することなく常にスムーズな反応速度でプレイできます。 では、そんなゲーミングスマホについて、一般的なミドルレンジのSIMフリースマホと比較した特徴を詳しく紹介します。 ゲーミングスマホだったら下記のスマホゲームも快適にプレイできること間違いなしです!• フォートナイト• 黒い砂漠MOBILE• PUBGモバイル• メイプルストーリーM• Identity V• 荒野行動 ハイエンドクラスのCPUを搭載 ゲーミングスマホは、世界最高クラスの高性能CPUを搭載しています。 ゲーミングスマホに搭載されている代表的なCPUは以下の通りです。 Qualcomm Spapdragon 880 以上• Kirin 970 以上• Apple A12 Bionicチップ 以上 ゲーミングスマホを選ぶ時は、このレベルのCPUが搭載されていれば最高級といえるでしょう。 メモリ容量が6GB以上 ミドルクラスのSIMフリースマホは、通常、内蔵メモリ3GB〜が一般的ですが、ゲーミングスマホは メモリ6GB以上の端末がほとんどです。 通常のSIMフリースマホと比較すると、 2倍以上の内蔵メモリです。 メモリ(RAM)の容量が多いと、それだけ マルチタスクに強く、データ処理のスピードが速くなります。 つまり、アプリの動作や反応速度が速く、ゲームプレイ中もカクつくことなく快適にプレイできます。 バッテリー容量が大きい ゲーミングスマホには、 4000mAhレベルの大容量バッテリーが搭載されているのも大きな特徴です。 特に3Dゲームや高精細グラフィックのゲームは、スマホに大きな負荷がかかるので、バッテリーの減りにも影響します。 しかし、ゲーミングスマホは3000mAh〜4000mAhのバッテリー容量を搭載しているので、外出先でも長時間プレイが可能です。 大画面ディスプレイ ゲーミングスマホは、 6インチ前後の大画面ディスプレイを採用しています。 筆者のおすすめは、 5. 5インチ〜6. 0インチ以上のディスプレイサイズです。 0インチ前後のサイズだと、ゲームをするには少々小さく感じます。 また、ディスプレイの解像度も注目すべきスペックの一つです。 ゲーミングスマホの選び方 これまで紹介した特徴をまとめると、以下のスペックがゲーミングスマホの選び方で重要なポイントです。 内蔵メモリ(RAM)が6GB以上• バッテリー容量は3000mAh以上• ストレージ64GB以上• ディスプレイサイズは5インチ以上• 冷却システムがあれば快適に長時間プレイ可能 以上のゲーミングスマホ選び方のポイントを踏まえて、今最もアツいおすすめのゲーミングスマホをランキングで紹介していきます! ゲーミングスマホのおすすめランキング ゲーム好きの筆者が胸を張っておすすめできるゲーミングスマホを紹介します。 それぞれのスペックや価格を表にまとめているので、ぜひ参考にしてください! AQUOS zero2 SH-M13 ディスプレイに定評のあるSHARPが、初めてスマホで有機ELディスプレイを搭載したAQUOS zeroの後継機である「 AQUOS zero2 SH-M13」。 CPUにQualcomm Snapdragon 855、メモリ8GB・ストレージ256GBを搭載し、ディスプレイ性能も向上しているため、従来よりもスムーズな操作感で高負荷のかかるゲームや動画がより一層快適に楽しめるようになっています。 重量141gの軽量化スマホながら液晶にゴリラガラスを採用しているので耐久性にも定評があります。 防水防塵機能搭載・おサイフケータイ対応のSIMフリースマホの1機種として比較してください。 画面占有率93. 6インチディスプレイで、満足のいく大迫力映像体験• CPU: Qualcomm Snapdragon 855・メモリ: 8GBのハイスペックかつ、ゲーム加速モード搭載• 6インチの大画面ディスプレイです。 大画面でリアリティーあるゲームの世界観を味わえます。 CPU: Qualcomm Snapdragon 855・メモリ: 8GBの最強な組み合わせに加えて、 ゲーム加速モードを搭載しています。 メイプルストーリーやFateなどのゲームに魂を込めるための環境は抜群に整っています。 HUAWEI Mate 20 Pro 機種名 HUAWEI Mate 20 Pro CPU HUAWEI Kirin 980 メモリ 6GB ストレージ 128GB バッテリー 4200mAh ディスプレイ 6. 39インチ 有機EL 対応回線 ドコモ、au、ソフトバンク 本体価格 81,432円 税抜 参照: HUAWEI Mate 20 Proは、ファーウェイ最新のCPU オクタコア Kirin 980を搭載。 高速パフォーマンスと省電力を兼ね備えた、最強のSIMフリースマホです。 高精度なGPS機能を搭載しているので、ポケモンGOなどの位置情報が必要なゲームでは、 より正確に現在地を把握してゲームを快適に楽しむことができます。 39インチの大画面ディスプレイで迫力のあるバトルを楽しめるだけでなく、 雨に濡れてもOKな防水・防塵機能付きなので、安心して外に持ち運ぶことができますよ! AQUOS zero SH-M10 機種名 AQUOS zero SH-M10 CPU Qualcomm Snapdragon 845 メモリ 6GB ストレージ 128GB バッテリー 3130mAh ディスプレイ 約6. 2インチ 有機EL 対応回線 ドコモ、au、ソフトバンク 本体価格 95,920円(税抜) 参照: AQUOS zeroはCPUにQualcomm Snapdragon 845(オクタコア)を搭載。 内蔵メモリは6GBで、十分な高性能スペックを保持しています。 フロントディスプレイには強度の高いゴリラガラス5を採用。 また防水防塵機能付きで、お風呂やキッチンなどで使う際の生活防水は完璧です。 ASUS ROG Phone 機種名 ROG Phone OS Android 8. 1 Oreo CPU Qualcomm Snapdragon 845 メモリ 8GB ストレージ 512GB バッテリー 4000mAh ディスプレイ 6インチ 対応回線 ドコモ、au、ソフトバンク 本体価格 115,000円〜 参照: ASUS エイスース のROG Phoneは、間違いなく 最強クラスのゲーミングスマホです。 CPUはオクタコア Snapdragon 845を搭載。 さらに内蔵メモリ8GB、ストレージ512GB、最大クロック数2. 96GHzという驚きの最強スペックを取り揃えています。 筆者も実際にPUBGモバイルをプレイしましたが、親指だけでなく人差し指も操作できるため、まるで コントローラーで操作しているような感覚でした。 とうとうスマホでもトリガー操作ができるようになったのか、と感涙です。 2インチ 対応回線 ドコモ、au、ソフトバンク 本体価格 60,000円〜 参照: ASUS エイスース のZenFone 5Zは、オクタコア Snapdragon 845の高性能CPUを搭載。 GPUもAdreno 630搭載のため、3Dゲームのグラフィックも最高級です。 またデュアルスピーカーを内蔵しているので、 ゲームBGMやアクションSEも高音質で迫力ある世界観を楽しめます。 本体価格も一般的なハイエンドスマホより安いので、10万円の高級スマホは手が出せないけど、 試しにゲーミングスマホを使ってみたい、という人におすすめです。 OPPO Find X 機種名 OPPO Find X CPU Qualcomm Snapdragon 845 メモリ 8GB ストレージ 256GB バッテリー 3400mAh ディスプレイ 6. 4インチ 有機EL 対応回線 ドコモ、au、ソフトバンク 本体価格 約100,000円〜 参照: OPPO Find Xは、CPUにQualcomm Snapdragon 845(オクタコア)、メモリ8GBに加えて、大容量ストレージ 256GBを搭載した高速パフォーマンス端末です。 4インチの高精細有機ELディスプレイで、画面占有率は驚異の 93. 8%のフルスクリーンです。 大画面でFPS・TPSゲームをしたり、MMORPGゲームでこだわりのキャラクターを操作するのが楽しくてしょうがないです。 筆者はPUBGモバイルをプレイしましたが、反応速度も速く、カクつくことなく快適に遊べました。 またポケモンGOなど、正確な位置情報が必要なゲームもスムーズにプレイできます。 バッテリーは3500mAh搭載で、高負荷のゲームをプレイすると午後には60%ほどになることもありますが、充電をしなくても 帰宅時間までは十分に電池持ちします。 またハイレゾ対応で、防水防塵やおサイフケータイ機能もついている多機能SIMフリースマホです。 HUAWEI P20 Pro 機種名 HUAWEI P20 Pro CPU HUAWEI Kirin 970 メモリ 6GB ストレージ 128GB バッテリー 3900mAh ディスプレイ 約6. 1インチ 有機EL 対応回線 ドコモ、ソフトバンク 本体価格 約91,000円〜 参照: HUAWEI P20 Proは、CPUにKirin 970を搭載。 ゲームを快適にプレイするのに十分なCPUを保持しています。 極めつけは、 3900mAhの大容量バッテリーです。 これだけのバッテリー容量があれば、外出先でゲームをしても1日中電池が持ちますよ。 ディスプレイは6. 画面ロック解除は、指紋認証と顔認証機能が搭載されています。 またHUAWEI P20 Proは、搭載されている高性能カメラの評判もいいので、カメラ機能を重視したい人におすすめです。 iPhone XS 機種名 Apple iPhone XS CPU Apple A12 メモリ 4GB ストレージ 64GB・256GB・512GB バッテリー 2658mAh ディスプレイ 5. 8インチ 対応回線 ドコモ、au、ソフトバンク 本体価格 115,000円〜 参照: iPhoneは、Apple独自のCPUを搭載しています。 iPhone XSでは、最高クラスのApple A12 Bionicチップを採用していて、Snapdragon 845と比べると2倍という圧倒的な速さです。 ストレージ容量は、 64GB・256GB・512GBの3種類から選択可能で、容量の大きさに比例して本体価格が高くなります。 最高ストレージのiPhone XS 512GBの値段は、165,000円〜です。 iPhoneを使い慣れている人は問題ないですが、イヤホンジャックがなかったり、外部SDカードメモリが非対応なので注意しましょう。 ゲーミングスマホ購入時の注意点 では、ゲーミングスマホを買う時の注意点について、いくつか確認しておきましょう。 海外版ゲーミングスマホは技適の問題あり 本記事では日本で買えるゲーミングスマホを紹介しましたが、海外版のSIMフリースマホを輸入して使う方法もあります。 海外版ゲーミングスマホは、Razer Phone、BlackSharkといったブランドがありますが、注意すべき点が一つあります。 それは、 技適マークのない海外版スマホは日本では使えないという点です。 技適マークのない海外製スマートフォンを日本で使うと 電波法違反になり、懲役刑や罰金処分となる場合があります。 なぜなら、日本で許可されていない周波数のスマホを使うと、他の電波に影響を与えて社会インフラが混乱する可能性があるからです。 海外版のゲーミングスマホを使う際は、必ず技適マークの有無を確認してください。 2019年11月20日以降、総務省に届け出れば技適が取得されていない端末も利用できるように変更になりました。 技適については、以下の記事で詳しく紹介しています。 スマホ価格が高い ゲーミングスマホの本体相場価格は、 60,000円〜100,000円です。 ミドルクラスの格安スマホなら3万円で買える端末も多いので、比較すると、ゲーミングスマホは2倍〜3倍以上の価格になります。 しかし、価格が高いからこそ、最高級の高性能スペックが搭載されています。 気になるゲーミングスマホを1円でも安く買うなら、格安SIMとセットでお得に買うのがおすすめです! 本サイトは人気MVNOと直接提携しているので、どこよりもスムーズに商品をご自宅にお届けします。 キャリアより格安SIMのほうが安く利用できる ゲーミングスマホを使うなら、ドコモやau・ソフトバンクのキャリアを利用するよりも、格安SIMがおすすめ。 格安SIMを使えばキャリアよりも毎月半額程度安く使うことが可能です。 例えば、ドコモとBIC SIMの月額料金を比較すると以下の通り。 毎月3GBのデータ容量を使う場合、 1年間で 約28,000円の節約が可能。 2年間使えば56,000円以上も節約が可能で、ゲーミングスマホが購入できるほどのお金を浮かすことができます。

次の