チョコレート 生クリーム レシピ。 Chocolate cake (チョコレートケーキ) 生クリームとチーズ乳製品レシピ │ クリーム・コンシェルジュ タカナシ乳業株式会社

【レシピ】プロも知らない?ガナッシュクリームの基本の配合比率【生チョコ】

チョコレート 生クリーム レシピ

失敗しやすいチョコレート生クリーム 生クリームの泡立ては加減が難しく、緩すぎたりかたくなってしまったりと、失敗しがちです。 ただでさえ難しい生クリームの泡立て。 そこにチョコレートも加えると、さらに難易度がアップすると思いませんか? そこで、今回は失敗せずにおいしいチョコレート生クリームを作るポイントをお伝えします。 チョコレート生クリームの作り方 今回ご紹介する方法は、生クリームをチョコレートと合わせて混ぜる方法と、生クリームを先に泡立ててからチョコレートを加え混ぜる方法の2種類です。 どちらのやり方でも同じようにできますが、食感が少し変わります。 生クリーム…200ml• チョコレート…60g おすすめのアイテム 【1】生クリームをチョコレートと合わせて混ぜる方法• 生クリームの半量 100ml を500Wのレンジに1分間ほどかけて温める 沸騰しない程度。 *冷たい生クリームをそのまま入れてしまうと、きれいに混ざりません。 1のボウルにレンジで温めた生クリームを少しずつ入れて、ゆっくりと混ぜ合わせる。 *生クリームは一気に入れないようにします。 チョコレートとなじむのを確認しながら、少しずつ加えていきましょう。 しっかり混ざり合った状態。 3のボウルを氷水に当てて、温度を下げる。 温度が下がったら、残りの生クリーム 100ml を加え、混ぜ合わせる。 *このときの生クリームは冷やしておきます。 氷水に当てたまま、好みのかたさに泡立てる。 *チョコレートが入っている分、生クリームだけの場合よりも固まりやすいです。 様子を見ながら泡立ててください。 【2】生クリームを先に泡立ててからチョコレートを加え混ぜる方法• チョコレートを刻む タブレット状ならそのまま。 *冷えるとかたくなってしまうので、湯せんにかけたままにしておきます。 残りの生クリーム 150ml を別のボウルに入れ、氷水に当てながら5~6分立てくらいの緩めに泡立てる。 *チョコレートを加えるときにかたくならないように、生クリームを泡立て過ぎないことが大事です。 泡立てた生クリームに2のチョコレートを加え、全体に混ぜ合わせる。 よくある失敗例 ボソボソになってしまう ボソボソのチョコレートクリームは、一番多い失敗ではないでしょうか。 普通の生クリームを泡立てるよりも、チョコレートが入っている分、早くかたくなるので、あっという間にボソボソの状態に。 食べられますが、ケーキのナッペや絞りには難しいです。 ボソボソになったものをもう少し混ぜていくと、分離して水分が出てきてしまいます。 チョコがダマになってしまう 泡立てた生クリームに、溶かしたチョコレートをそのまま入れると、チョコレートが生クリームの中で固まってしまい、ツブツブの状態に。 冷たい生クリームに、温度の低いチョコレートを入れたため、生クリームと混ざる前に冷えて固まってしまうのです。 失敗しないためのポイント 脂肪分が低い生クリームを使用する チョコレート生クリームを作るときは、生クリームにさらにチョコレートの脂肪分が加わるので、ボソボソになったり、分離したりする可能性が高くなります。 なので、脂肪分が低い生クリームを使用したほうが、失敗しにくいです。 不安な場合は、植物性脂肪分が含まれた生クリームを使うのがおすすめ。 生クリームとホイップクリームを自分でブレンドしてもよいと思います。 やわらかめの状態を意識する 生クリームの泡立ては緩めにしておくと調節がしやすいです。 自分が作りたいものよりもやわらかめの状態でストップし、様子を見ながら泡立ててください。 ハンドミキサーを使用してホイップする場合 途中のまだ緩い段階で、泡立て器に持ち替えると良いでしょう。 生クリームを先に泡立ててからチョコレートを加え混ぜる場合 生クリームを泡立て過ぎないようにしてください。 泡立て過ぎると、チョコレートを入れたら、あっという間にボソボソになってしまいます。 チョコレートはあらかじめ少量の生クリームと合わせておく 生クリームは一気に入れず、少しずつチョコレートとなじませましょう。 チョコレートが固まる前に手早く混ぜる 生クリームにチョコレートだけをそのまま加える場合は、チョコレートの温度は高めにし、チョコレートが固まる前に手早く生クリームと混ぜるようにしましょう。 チョコレート生クリームは慎重に! いかがでしたでしょうか? チョコレート生クリームは泡立て過ぎないように慎重に作ることが大事かな、と思います。 失敗せずに、おいしいチョコレート生クリームができるように参考にしてみてください。

次の

生チョコクリームの作り方・分離しない方法!デコレーションケーキレシピも

チョコレート 生クリーム レシピ

ガナッシュクリーム(生チョコ)の基本のレシピ配合比率とは ガナッシュクリームの基本のレシピ配合比率はコレだ! ダークチョコレート:生クリーム=2:1 ミルクチョコレート:生クリーム=3:1 ホワイトチョコレート:生クリーム=5:1 です。 ちなみに生クリームは脂肪分35%、ダークチョコはカカオ分60〜70%、ミルクチョコは30〜35%、ホワイトチョコは20〜30%の場合です。 ガナッシュクリームの基本的な作り方・レシピ ガナッシュクリームのレシピの基本比率がわかったところで、基本的な作り方をご説明します。 生クリームを鍋に入れて沸騰させる。 溶かしたチョコレートに2,3回に分けて加えて、ツヤが出るまでよく混ぜる。 以上です。 めちゃ簡単です。 生クリーム以外にフレーバーとか水分を足す場合は生クリームと一緒に沸かせばOKです。 チョコレートの種類によってガナッシュのレシピ比率が違う理由 チョコには主に3種ありますね。 ダーク(スイート)チョコレート• ミルクチョコレート• ホワイトチョコレート この3種です。 それぞれのチョコレートによって使われている材料の比率が違うので、チョコレートと生クリームの比率が変わってきます。 生クリームとチョコレートに含まれる油脂分がきちんと 乳化する最低限の量を示しています。 ちなみに、最近話題のルビーチョコは分類としてはミルクチョコに分類されます。 ガナッシュクリームは乳化がいのち。 前述の比率というのはチョコレートの油脂分と、生クリームがしっかり乳化してつながる比率になります。 カカオ分が高ければ高いほど、生クリームの量が増えて、カカオ分が少ないほど、生クリームの量は減る、と覚えておいてもらえればいいと思います。 ですので、高カカオ分のチョコになる場合は3:2とか1:1とかの比率になったりする場合もありますね。 あとは、求めるガナッシュの仕上がりの固さに応じて、比率を加減します。 アレンジを加えつつも、基本の比率でしっかりと乳化するラインを守ってレシピを組むことでお菓子も安定します。 もしガナッシュクリームが乳化しなかったら・・・ カカオ分、チョコレート中の油脂分に対して水分が足りない、生クリームの量が足りないということですので、生クリームを追加します。 フルーツやリキュールなどの香りや味つけをする場合はピューレ、リキュールを増やすことでも対応できます。 また、乳化力を高める乳化剤として、添加できるのが液糖類です。 にも書いていますように、油脂と水分を乳化する助ける役割があるので液糖類を足して乳化をしやすくすることもできます。 すべてのレシピには基本配合があって、理論や根拠があった上で成り立っていますので、それを理解して、使いこなせれば、試作の際には味の組み合わせとバランスだけみれば数回の微調整である一定の合格ラインのレシピにはなっちゃいます。 豆知識的に覚えておいても、使えれば立派な知識ですから! 商品を考える際に思い出して使ってみてくださいね。 ちなみにガナッシュの語源・意味は・・・ ちなみにGanacheの語源は昔フランスではGanace =マヌケ、あほ などと人を罵る言葉だったそうで、ある日溶かしたチョコの鍋に若いパティシエが生クリームをこぼしてしまった。 それを見た先輩かシェフかが「Ganache!!! (あほ!!!)」と叫んだとか。 でもそれを食べてみるとなめらかで美味しいクリームだったことから、Ganacheとして名前をつけて商品にしたんだそうですよ。 これは本当の豆知識(諸説あり・・かもしれません) 今回はここまで。 失礼しますー。 人気記事 人気記事.

次の

色物クリーム

チョコレート 生クリーム レシピ

1.チョコレートの温度は熱めのお風呂ぐらいに。 2.シロップを加えるときはダマにならないようしっかり混ぜる。 3.ムース用の生クリームは常温に!冷えているとすぐに固まります。 1 チョコレートを湯煎で溶かす。 2 【シロップ】水・グラニュー糖・トレハロースを鍋に入れ沸かす。 ボウルに卵黄を入れ、シロップを混ぜながら加える。 裏ごししてハンドミキサーで泡立てる。 3 泡立てた卵黄をチョコレートに加え、混ぜる。 4 器に流し、冷蔵庫で冷やし固める。 5 【ホイップクリーム】ボウルに生クリームとグラニュー糖を入れ、ホイッパーで少し混ぜる。 底を氷の入ったボウルで冷やしながら8分立てのホイップクリームを作る。 6 チョコレートムースが固まったら、ホイップクリームを絞る。 スプリンクルやアラゼンを飾れば完成。 gnavi. STEP2:【シロップ】水・グラニュー糖・トレハロースを鍋に入れ沸かす。 ボウルに卵黄を入れ、シロップを混ぜながら加える。 裏ごししてハンドミキサーで泡立てる。 STEP3:泡立てた卵黄をチョコレートに加え、混ぜる。 STEP4:器に流し、冷蔵庫で冷やし固める。 STEP5:【ホイップクリーム】ボウルに生クリームとグラニュー糖を入れ、ホイッパーで少し混ぜる。 底を氷の入ったボウルで冷やしながら8分立てのホイップクリームを作る。 STEP6:チョコレートムースが固まったら、ホイップクリームを絞る。 スプリンクルやアラゼンを飾れば完成。 2.シロップを加えるときはダマにならないようしっかり混ぜる。 3.ムース用の生クリームは常温に!冷えているとすぐに固まります。 gnavi. gnavi. gnavi.

次の