マックスバリュ。 マックスバリュ西日本パート10

店舗情報

マックスバリュ

2012年2月22日上場 略称 MV九州 本社所在地 812-0013 博多駅東3-13-21 設立 事業内容 スーパーマーケットの開発、運営 代表者 佐々木 勉 (代表取締役社長) 資本金 15億8,915万円 売上高 連結:1,591億円(2016年2月期) 純資産 連結:121億円(2016年2月) 総資産 連結:361億円(2016年2月) 従業員数 9,414名(2015年2月) (社員1,116名、フレックス社員他8,298名) 決算期 毎年2月末日 主要株主 77. , Ltd. )は、を除く全県にを展開するの企業である。 概要 九州の地場スーパーだった壽屋(現・)が2001年に()を申請した際に、同社の食品スーパー部門だった「くらし館」事業の大半をが引き受けるために受け皿として設立した企業である(イオングループとしては、他に当時のが「寿屋」事業を5店舗譲受している)。 このため、設立当初の本社所在地は壽屋の本社があったに置かれ、旧壽屋系列の店舗の多くは現在もカリーノから賃貸して運営されている。 その後、各地の地場スーパーをにより買収したり廃業した企業の店舗譲受を行い、九州7県に店舗を展開・拡大させていった。 現在は自社開発による「」店舗と旧「くらし館」の「マックスバリュくらし館」の店舗が混在しており、インフラ、買い回り、サービス等の面で店舗ごとに差が生まれていたが、「マックスバリュ」ではない旧壽屋系列の店舗では改装を進めており、改装後の店舗ブランド名を「マックスバリュ」に統一し、標準フォーマットのスーパー・スーパーマーケット(SSM)店舗へ順次改装を進めている。 2010年8月には既存の「マックスバリュ」を転換したディスカウントストア店舗として「ザ・ビッグ」をオープンさせた。 また、5つ星チェックという独自に店舗を評価する制度を導入し、店舗運営の向上に努めている。 なお、当社では毎週木曜日に「木よう市(ザ・ビッグでは「水・木曜日85円均一祭」)」を開催する関係で他のイオン系列店舗での統一セールである「火曜市」を開催してこなかったが、2012年11月20日、イオングループのスーパーマーケット(マックスバリュ運営会社、、)合同セールの開催より、「火曜市」も期間限定で開催することとなった(当初は年内のみ開催を予定していたが、2013年に入ってからも継続していた)。 なお、現在は一部店舗を除き「火曜市」を開催していない。 なお、ダイエー再建に関連して、九州内にある13店舗および吉塚パピヨンプラザ店(・内)の計14店舗の受け皿となり、に、ダイエーから運営を引き継ぐと同時に店舗ブランドを「マックスバリュ」などに変更した。 吉塚パピヨンプラザ店以外のダイエー店舗についてはが受け皿となる予定だったが 、イオン完全子会社のが承継し、イオン九州はイオンストア九州から運営委託を受ける形でダイエー店舗を運営する形に変更された。 沿革 (旧)ハロー• (33年)• - 佐賀として創業(資本金200万円)。 - に一号店「西魚店」開店(売場面積600 )。 (昭和52年) - 佐賀市新中町に本店「ハロー佐賀店」開店。 (昭和63年) - 佐賀市にやイベントスペースを併設した「ハローみなみ店」開店。 (元年) - にやを併設した「西海ハロー」開店。 (平成3年)秋 - を導入。 (平成4年) - 株式会社ハローに商号変更。 (平成5年) - 佐賀市八戸溝にボウリング場を併設した「アーガス本店」開店。 1990年代(時期不詳) - と資本・業務提携。 (平成10年) - 寿屋系のスーパーマーケットチェーン「えじまや」と「ハロー」が合併、新生「ハロー」誕生。 大型店は順次「アーガス」への改装を発表。 当時の店舗ブランドは「 えじまや」「 くらし館 」「 ハロー」「 アーガス」であった。 1992年時点での店舗数は27店舗、資本金は1億6000万円(額面500円)であった。 (旧)西九州ウエルマート 「」も参照• (平成6年)12月 - 寿屋が、くらし館1号店(霧島店)を開店(現在のマックスバリュ霧島店)。 (平成10年)10月 - 「くらし館」運営会社を「寿屋」に吸収させる形で企業再編を図る(「えじまや」を吸収した「ハロー」が経営する店舗を除く)。 MV九州誕生・3社統合後• (平成14年)• - 民事再生手続中だったスーパー運営会社・株式会社(熊本市)とイオン株式会社が、休業中の壽屋店舗約50店舗の営業譲渡で合意。 - イオンが譲受する店舗について、旧「くらし館」事業の受け皿として、 マックスバリュ九州株式会社を設立。 - 営業再開第1号店の「くらし館田崎店」(熊本市、後のマックスバリュ田崎店)が開店。 - 35店目の「くらし館国府店」(熊本市、現・マックスバリュくらし館国府店)をもって譲受を終了。 (平成15年)• - 「古賀店」(後の古賀店、2015年8月31日閉店)の「食品館」の運営をに譲渡。 - 同じイオングループのスーパーチェーン、西九州ウエルマート株式会社(佐世保市)ならびに株式会社ハロー(佐賀市)を合併。 本部を現在の所在地に移動する。 同日、新会社としての第1号店「マックスバリュうきのじょう店」(宮崎市)、30日には2号店「マックスバリュサンロードシティ熊本店」(熊本市)を開店。 共に「マックスバリュ」の名称では県内初(宮崎県のマックスバリュ岡富店は、当時イオン九州が運営)。 - 福岡市に第3号店「マックスバリュ周船寺西店」を開店。 (平成16年)• - イオン九州より「マックスバリュ基山店」を譲り受けリニューアルオープン、基山店を皮切りに「岡冨店」・「田主丸店」・「豊後高田店」の4店舗をイオン九州株式会社から営業譲渡。 リニューアルオープンしたことで琉球ジャスコ(現・)が担当する沖縄県を除く九州地区でのSM事業は当社が運営することとなった。 - 旧西九州ウエルマートが取得していたISO14001認証をマックスバリュ九州の全事業所に拡大認証された。 - 鹿屋市に鹿児島県として初めてのマックスバリュSSM店舗「マックスバリュ鹿屋寿店」を開店。 (平成17年) - 今後の出店戦略対応の人材育成のため、福岡県大野城市の下大利店跡地に「教育・訓練センター」を開設。 (平成19年) - 一部店舗で24時間営業から 7:00 - 24:00店舗に営業時間の見直しがされる。 (平成20年)• 1月 - マックスバリュ九州全店でイオン共通のPOSシステム導入が完了。 3月 - イオングループで導入を進めているシステムを4店舗に初導入。 - ()から食品スーパー6店舗を譲り受けると発表。 同年6月10日には2007年に閉鎖したタイホー十三部店跡地に新規オープンすると発表し、同社から計7店舗の建物を譲受する。 - イオンギフトカード取り扱い開始。 - 株式会社タイホーより譲り受けた店舗第1号店として「マックスバリュ吉井店」(福岡県久留米市)開店。 - 100店舗目となる「マックスバリュ北野店」(福岡県久留米市、タイホーからの譲受店舗)開店。 - 福岡県・佐賀県・長崎県の店舗で導入(19日には残りの熊本県・大分県・宮崎県・鹿児島県でも導入)。 11月1日 - レジ袋を辞退すると精算時にその場で2円引きがスタート(現在は一部の店舗は除く)。 - 「マックスバリュ古賀店」(福岡県)に当社では初となるを導入。 (平成21年)• - レジ・クーポン(カタリナクーポン)を導入。 - この日オープンの「マックスバリュ西熊本店」に当社では初となる販売スペース「」を設置。 (平成22年)• - 交通系電子マネー「」 を全店に導入。 - 「マックスバリュ福岡空港東店」を業態転換し、当社では初となるディスカウントストア「ザ・ビッグ福岡空港東店」を開店。 (平成23年)• - 当社では初となる都市型小型スーパーとして「マックスバリュエクスプレス前店」を開店。 - 九州地区では2店舗目、熊本県内では初となる都市型小型スーパー「マックスバリュエクスプレス神水店」を開店。 (平成24年)• - へ株式を。 - 当社初の「火曜市」をスタート (イオンリテール同様のイオン店舗と合同のCMも放映開始)。 (平成25年)• - 佐賀県内に食品スーパーマーケットを展開している株式会社クリエイトの株式を譲受、子会社化することを発表し、翌月子会社化。 - 当社が運営する「ザ・ビッグ」では初の新規店舗となる「ザ・ビッグエクスプレス粕屋店」をオープン。 (平成26年)• - 鹿児島県内では初となる都市型小型スーパー「マックスバリュエクスプレス松木店」をオープン。 - 「地元AEON PROJECT」の一環として、イオン九州と合同で「九州食べごろ物語」を開始。 - 熊本県での「ザ・ビッグ」1号店となる「ザ・ビッグエクスプレス新土河原店」をオープン。 - 「マックスバリュ田崎店」を同日開業した内に移転オープン。 (平成27年)• 4月9日 - 株式会社のスーパーマーケット事業のうち、九州地区の「」13店舗及びダイエー吉塚店の計14店舗を同年9月1日を効力発生日としてにより承継することに関する基本合意書を決議したことを発表。 4月25日 - 佐賀県での「ザ・ビッグ」1号店となる「ザ・ビッグ三日月店」をオープン。 7月8日 - 前述の株式会社ダイエーの九州地区におけるスーパーマーケット事業の会社分割による継承に関して、株式会社ダイエーとの間で吸収分割契約書の締結を決議したことを発表。 9月1日 - 株式会社ダイエーから九州地区の「グルメシティ」13店舗とダイエー吉塚パピヨンプラザ店の計14店舗を継承し、このうち、福岡県の8店舗(雑餉隈店・大橋店・博多祇園店・井尻駅前店・土井店・三萩野店・小倉足立店・上白水店)と長崎県の矢上団地店、大分県の湯布院店、鹿児島県の花野団地店の計11店舗を継承と同時に「マックスバリュ」に屋号変更してリニューアルオープン。 遅れて吉塚店は5日にリニューアルオープンした。 9月9日 - 株式会社ダイエーから継承した店舗のうち、「グルメシティ南福岡店」をフードディスカウント業態の「ザ・ビッグ南福岡店」に業態転換してリニューアルオープン。 10月3日 - 株式会社ダイエーから継承した店舗のうち、同年9月1日に「グルメシティ」から屋号変更した「マックスバリュ小倉足立店」を小型フードディスカウント業態の「ザ・ビッグエクスプレス小倉足立店」に業態転換してリニューアルオープン。 10月9日 - 株式会社ダイエーから継承した店舗で唯一改装中だった「グルメシティ港町店」が「マックスバリュ港町店」に屋号変更してリフレッシュオープン。 これにより、ダイエーから継承した全店舗の「マックスバリュ」・「ザ・ビッグ」への改装を完了した。 10月15日 - 「アーガス糒店」の閉店に伴い、ハロー時代から長らく展開していた「アーガス」の屋号が消滅。 2016年(平成28年)• 1月13日 - イオン九州及び2014年9月にイオンの子会社となったとの共同で、九州独自の商品開発や九州内のイオングループにおける共同仕入れや地域商品催事の取り組みを行う新組織として、「九州商品開発部」を設立したことを発表。 3月9日 - 福岡県が県内で捕獲された天然のやを食用として活用し、地域の特産品・観光資源とすることで活性化につながる活動に賛同し、福岡県内の「マックスバリュ」5店舗(黒崎店、直方新入店、くりえいと宗像店、筥崎宮前店、那珂川店)で商品(福岡県産イノシシ肉 冷凍 )の販売を開始。 9月1日 - 株式会社クリエイトを吸収合併、運営する4店舗の運営を継承。 改装のため同年8月25日より休業中だった鳥栖店以外の3店舗は前日に商品の入れ替えやシステム変更を行い、継承日当日に当社店舗としてオープン。 9月3日 - 株式会社クリエイトから継承した店舗で唯一改装中だった「さが旬鮮市場鳥栖店」がフードディスカウント業態の「ザ・ビッグ鳥栖店」に業態転換し、オープン。 11月30日 - 「さが旬鮮市場江北店」がイオン九州が運営するイオン江北店へ移転統合し、同店内に「ザ・ビッグ江北店」をオープン。 2017年(平成29年)• 1月21日 - 「さが旬鮮市場中原店」を「ザ・ビッグ中原店」に業態転換し、オープン。 これにより、株式会社クリエイトから継承された全店舗の「ザ・ビッグ」への改装を完了した。 4月27日 - 熊本県熊本市中央区の「下通NSビル」の地下1階に、「COCOSA B1」をオープン。 11月2日 - 株式会社レッドキャベツから「レッドキャベツ十禅寺店」を継承し、「ザ・ビッグ熊本南店」に業態転換してオープン• 11月23日 - 株式会社レッドキャベツから「レッドキャベツ桜木店」を承継し、「ザ・ビッグ桜木店」に業態転換してオープン。 2018年(平成30年)• 6月21日 - 株式会社熊本生鮮市場(熊本県)が経営していた「熊本生鮮市場みづき台店」の閉店(6月25日閉店)を受け、営業を承継することを発表。 8月2日 - 承継した「熊本生鮮市場みづき台店」を「マックスバリュみづき台店」に改め、新規オープン。 11月23日 - 「マックスバリュ南長崎店」を新規オープン。 本店舗は11月18日をもって閉店した「レッドキャベツ南長崎店」跡に出店するものである。 3月10日 - 2015年12月からイオン九州で実施している「お10くデー」を当社運営の「マックスバリュ」・「マックスバリュエクスプレス」でも開始(「ザ・ビッグ」ではカードの提示等不要で「お10くデー」と同等の割引が受けられる「ザ・ビッグデー(毎月第2日曜日開催)」の開催日と重なるため未実施となる)。 9月1日 -• 一部地域で先行実施していたレジ袋無料配布中止の対象店舗を当社運営の全店舗に拡大。 株式会社レッドキャベツから「レッドキャベツ店」の営業(同社での営業は8月27日をもって終了)を継承し、当社店舗としてオープン。 9月16日 - 株式会社の関連会社である株式会社エヌタスが発行する「」の電子マネー「エヌタスマネー」を前述した「レッドキャベツみらい長崎ココウォーク店」や・・の「マックスバリュ」6店舗(南長崎店・琴海店・メルクス長崎店・時津店・長与店・長与中央店)へ導入。 11月16日 - による被災のためいったん閉店していた「マックスバリュ武雄店」を「ザ・ビッグ武雄店」へ業態転換し、営業再開。 2020年(令和2年)• 3月21日 - 株式会社レッドキャベツから13店舗(3月20日に閉店した屋形原店を除く)の固定資産を取得し、当社店舗として開業(開業に先立ち、友岡店は3月16日、残りの12店舗は3月17日をもって同社での営業を終了)。 譲受当初は「レッドキャベツ」のままだが、今後、改装のタイミングで「マックスバリュ」への屋号変更や「ザ・ビッグ」への業態転換が予定されている。 なお、同日付の機構改革により、受け入れ先となる「レッドキャベツ事業部」が新設された。 また、対馬いづはら店の開業により、マックスバリュ九州として初めて地域へも進出した。 4月10日 - 取締役会において、イオン九州株式会社との吸収合併契約を締結したことを発表。 4月17日 - 「マックスバリュ唐津店」を「ザ・ビッグ唐津店」へ業態転換し、営業再開。 8月28日(予定) - 上場廃止(前日の同年8月27日が最終売買日)。 9月1日(予定) - イオン九州株式会社へ吸収合併し、解散。 店舗ブランド 現行店舗の一覧については、を参照 、マックスバリュエクスプレス イオングループが国内及び海外で展開する食品中心のスーパーマーケット。 マックスバリュ九州の自社開発で開店した店舗・(旧九州ジャスコ)から営業譲渡を受けた店舗・旧西九州ウエルマート株式会社から引き継いだ店舗・旧壽屋より営業譲渡または旧株式会社ハローから引き継いだ店舗・旧株式会社タイホーから営業譲渡を受けた店舗・株式会社ダイエーから継承し「グルメシティ」から屋号変更した店舗・株式会社熊本生鮮市場から承継した店舗に分別される。 なお、吉塚店も株式会社ダイエーから継承された店舗だが、こちらは「ダイエー」から屋号変更した店舗である。 、ザ・ビッグエクスプレス イオングループが展開する生鮮食料品と日用雑貨をメインとしたディスカウントストア。 もともとはが展開する独自ブランドだったが、現在は全国に拡大しつつある。 2017年1月現在、福岡県・佐賀県・熊本県で展開しており、大半はマックスバリュからの転換店舗であるが、新規店舗のエクスプレス粕屋店・エクスプレス新土河原店・三日月店・大牟田店・久留米すわの店、株式会社ダイエーから継承してグルメシティから業態転換した南福岡店、株式会社クリエイトから継承してさが旬鮮市場から業態転換した鳥栖店・白石店(旧ショッピングタウンサンパーク店)・江北店・中原店、株式会社レッドキャベツから継承してレッドキャベツから業態転換した熊本南店(旧十禅寺店)・桜木店も存在する。 小倉足立店と土井店はグルメシティからいったんマックスバリュに屋号変更した後、小倉足立店はザ・ビッグエクスプレスに、土井店はザ・ビッグにそれぞれ業態転換した店舗である。 また、新規店舗の久留米すわの店は2019年6月16日まではが運営していた「すわの」で、により閉店から約1ヶ月後の同年7月19日に開業した(同店舗がイオングループにおいてイズミ系列の店舗跡に出店する初の事例となった)。 江北店はイオン九州が運営するイオン江北店に食品テナントとして入居する店舗である。 本店舗は当社子会社だった株式会社クリエイトから合併に伴って当社が継承して運営していた「さが旬鮮市場 江北店」とイオン江北店が近隣に位置していたため、イオン江北店へ移転統合したものである。 なお、総合スーパーの「」に食品テナントとして入居している「ザ・ビッグ」は全国的にも珍しく、他にはがの(運営)内に出店している石和店があるのみである。 マックスバリュくらし館、マックスバリュハロー 旧壽屋からの営業譲渡または旧株式会社ハローから引き継いだ店舗を小規模改装の上、マックスバリュの派生業態として営業している中・小規模のスーパー。 移行後に閉店したり、改装に伴って「マックスバリュ」や「マックスバリュエクスプレス」への屋号変更により店舗数が減少しており、2017年8月現在、「マックスバリュくらし館」は長崎県を除く九州内に9店舗、「マックスバリュハロー」は佐賀県の東与賀店1店舗のみである。 レッドキャベツ 株式会社レッドキャベツが運営していた屋号を当社が引き継ぎ営業するスーパーマーケット。 福岡県・佐賀県・長崎県に展開する。 詳細はを参照。 COCOSA B1 熊本県熊本市中央区の複合商業施設「」の地下1階に出店するフードスタイルストア業態。 折込チラシを行わない代わりに、やなどので情報を発信する形態をとる。 店舗の一例• 以下はマックスバリュが核店舗となっている主なNSCである。 福岡県• 佐賀県• 長崎県• 大分県• 熊本県• 宮崎県• 鹿児島県• その後、大分県、熊本県の一部(、、、、)、の一部(、)においては先行でレジ袋無料配布の中止とレジ袋辞退者への2円引きが終了となり、レジ袋を有料化した。 前述したように、2019年8月31日をもって既にレジ袋有料化を実施している地域以外の店舗においてもレジ袋の無料配布中止とレジ袋辞退者への2円引きが終了となり、全店舗でレジ袋が有料化された。 なお、20個たまったスタンプカード、または途中までしか押印されていないスタンプカードは、3枚(スタンプ60個分)でマイバッグ携帯用、5枚(スタンプ100個分)でマイバッグレジカゴ用と交換できる(マイバッグに関しては有効期限はなく当分の間交換できる)。 その他、途中までしか押印されていないスタンプカードの場合、九州地区以外のイオングループ(スタンプカード取扱い店舗)で引き続き利用可能である(沖縄県を含む九州地区のイオングループ店舗では全店でスタンプカードの取扱いを終了している)。 事件 、「マックスバリュ大在店」()の来店客が、の入った冷凍ショーケースに入り別の来店客が写真を撮影、その後、「これが流行りのゆずあずきばーダイブ」とのコメントをつけてに投稿していたことがわかった。 このショーケースはその後消毒、アイスケースに陳列されていた商品も全部撤去され、このショーケースで問題が発覚した同日午前1時半ごろから消毒が行われた同午後4時ごろまでにこのショーケースで販売されていた「・みるたま」と「・あずきバー」の購入者に対し、希望者に返金を行う処置をとった。 犯行に及んだ来店客に対するやについては明らかにされてない。 POSシステム• 2015年9月9日, at the. (2014年9月24日産経新聞 9月25日閲覧)• [ ] - ダイエー公式ニュースリリース、2014年9月23日閲覧。 - マックスバリュ九州株式会社 ニュースリリース 2014年9月25日(2014年9月25日)• - イオン九州公式ウェブサイト、2015年8月22日閲覧。 『九州の中堅百五十社』、1992年12月、p166-167。 2017年現在は、、を含め10種類が利用可能。 交通系電子マネーが非対応の時期は対応箇所が空白になっていた(例:左からWAON、空白(本来はSUGOCA)、空白(本来は)、空白(本来は))。 データマックス 2010年3月30日• - マックスバリュ九州ニュースリリース 2012年1月18日• - イオン九州・マックスバリュ九州 2社連名によるリリース(配信元:マックスバリュ九州株式会社) 2014年9月12日(2014年11月3日閲覧)• - マックスバリュ九州株式会社 IRニュース 2015年7月8日(2015年7月23日閲覧)• - 、2015年8月26日閲覧。 - マックスバリュ九州公式ウェブサイト、2015年8月29日閲覧。 マックスバリュ土井店は2015年11月7日に「ザ・ビッグ」へ業態転換、マックスバリュ上白水店は2016年6月9日、マックスバリュ大橋店は同年7月28日に改装の上「マックスバリュエクスプレス」へそれぞれ屋号変更• - マックスバリュ九州株式会社 ニュースリリース 2015年9月8日(2015年9月12日閲覧)• - マックスバリュ九州株式会社 ニュースリリース 2015年9月29日(2015年10月9日閲覧)• - マックスバリュ九州株式会社 ニュースリリース 2015年10月6日(2015年10月9日)• - イオン九州・イオンストア九州・マックスバリュ九州・レッドキャベツ 4社連名によるリリース(配信元:マックスバリュ九州株式会社) 2016年1月13日(2016年1月17日閲覧)• PDF プレスリリース , マックスバリュ九州株式会社, 2016年3月29日 , 2016年4月8日閲覧。 PDF プレスリリース , マックスバリュ九州株式会社, 2016年8月29日 , 2016年9月29日閲覧。 ショッピングタウンサンパーク店は2016年10月1日に業態転換し、ザ・ビッグ白石店となる、江北店は移転準備のため11月26日をもって閉店• PDF プレスリリース , マックスバリュ九州株式会社, 2016年8月30日 , 2016年10月18日閲覧。 PDF プレスリリース , マックスバリュ九州株式会社, 2016年10月24日 , 2017年1月23日閲覧。 PDF プレスリリース , マックスバリュ九州株式会社, 2017年1月10日 , 2017年1月23日閲覧。 PDF プレスリリース , マックスバリュ九州株式会社, 2017年4月20日 , 2018年8月19日閲覧。 PDF プレスリリース , マックスバリュ九州株式会社, 2017年11月17日 , 2019年9月8日閲覧。 PDF プレスリリース , マックスバリュ九州株式会社, 2017年11月17日 , 2018年1月6日閲覧。 PDF プレスリリース , マックスバリュ九州株式会社, 2018年6月21日 , 2018年8月19日閲覧。 PDF プレスリリース , マックスバリュ九州株式会社, 2018年7月27日 , 2018年8月19日閲覧。 PDF プレスリリース , マックスバリュ九州株式会社, 2018年10月30日 , 2019年9月8日閲覧。 都商研ニュース 2018年11月7日. 2019年9月8日閲覧。 PDF プレスリリース , マックスバリュ九州株式会社, 2019年6月21日 , 2019年9月2日閲覧。 PDF プレスリリース , マックスバリュ九州株式会社, 2019年8月21日 , 2019年9月2日閲覧。 長崎新聞. 2019年8月2日. 2019年9月17日閲覧。 株式会社エヌタス. 2019年9月17日閲覧。 佐賀新聞. 2019年11月4日. 2019年10月22日閲覧。 PDF プレスリリース , マックスバリュ九州株式会社, 2019年10月15日 , 2019年11月22日閲覧。 PDF プレスリリース , マックスバリュ九州, 2020年3月13日 , 2020年3月14日閲覧。 PDF プレスリリース , マックスバリュ九州, 2020年3月17日 , 2020年3月21日閲覧。 なお、イオングループ全体における離島地域への出店は少なく、がのやに「マックスバリュ」が計6店舗、イオン九州がとに「イオン」が計2店舗(いずれもから受託運営する旧「ダイエー」店舗)あるのみである。 PDF プレスリリース , イオン九州、マックスバリュ九州, 2020年4月10日 , 2020年4月18日閲覧。 佐賀新聞. 2020年4月17日. 2020年4月25日閲覧。 PDF プレスリリース , マックスバリュ九州株式会社, 2020年4月3日 , 2020年4月25日閲覧。 都商研ニュース 2019年6月21日. 2019年8月1日閲覧。 (ITメディア2013年8月22日 同8月24日閲覧)• (マックスバリュ九州2013年8月22日 同8月24日閲覧)・(マックスバリュ九州2013年8月23日 閲覧日同上) 関連項目• 外部リンク• この項目は、に関連した です。 などしてくださる()。 イオン食品館• 札幌フードセンター -• KIMISAWA Gratt - KIMISAWA - The COMBO• KOHYO - KOHYO鮮度館• ma:ru - スーパーセンター - パワーシティ• PEACOCK STORE• maruetsu - LINCOS - 魚悦• Food Market KASUMI - FOOD SQUARE KASUMI - FOOD OFFストッカー• SEIBU - 食彩館SEIBU• Belc• MV九州• SHIMIZU• ビオセボン・ジャポン.

次の

特定原材料7品目に配慮しました トップバリュやさしごはん

マックスバリュ

2012年2月22日上場 略称 MV九州 本社所在地 812-0013 博多駅東3-13-21 設立 事業内容 スーパーマーケットの開発、運営 代表者 佐々木 勉 (代表取締役社長) 資本金 15億8,915万円 売上高 連結:1,591億円(2016年2月期) 純資産 連結:121億円(2016年2月) 総資産 連結:361億円(2016年2月) 従業員数 9,414名(2015年2月) (社員1,116名、フレックス社員他8,298名) 決算期 毎年2月末日 主要株主 77. , Ltd. )は、を除く全県にを展開するの企業である。 概要 九州の地場スーパーだった壽屋(現・)が2001年に()を申請した際に、同社の食品スーパー部門だった「くらし館」事業の大半をが引き受けるために受け皿として設立した企業である(イオングループとしては、他に当時のが「寿屋」事業を5店舗譲受している)。 このため、設立当初の本社所在地は壽屋の本社があったに置かれ、旧壽屋系列の店舗の多くは現在もカリーノから賃貸して運営されている。 その後、各地の地場スーパーをにより買収したり廃業した企業の店舗譲受を行い、九州7県に店舗を展開・拡大させていった。 現在は自社開発による「」店舗と旧「くらし館」の「マックスバリュくらし館」の店舗が混在しており、インフラ、買い回り、サービス等の面で店舗ごとに差が生まれていたが、「マックスバリュ」ではない旧壽屋系列の店舗では改装を進めており、改装後の店舗ブランド名を「マックスバリュ」に統一し、標準フォーマットのスーパー・スーパーマーケット(SSM)店舗へ順次改装を進めている。 2010年8月には既存の「マックスバリュ」を転換したディスカウントストア店舗として「ザ・ビッグ」をオープンさせた。 また、5つ星チェックという独自に店舗を評価する制度を導入し、店舗運営の向上に努めている。 なお、当社では毎週木曜日に「木よう市(ザ・ビッグでは「水・木曜日85円均一祭」)」を開催する関係で他のイオン系列店舗での統一セールである「火曜市」を開催してこなかったが、2012年11月20日、イオングループのスーパーマーケット(マックスバリュ運営会社、、)合同セールの開催より、「火曜市」も期間限定で開催することとなった(当初は年内のみ開催を予定していたが、2013年に入ってからも継続していた)。 なお、現在は一部店舗を除き「火曜市」を開催していない。 なお、ダイエー再建に関連して、九州内にある13店舗および吉塚パピヨンプラザ店(・内)の計14店舗の受け皿となり、に、ダイエーから運営を引き継ぐと同時に店舗ブランドを「マックスバリュ」などに変更した。 吉塚パピヨンプラザ店以外のダイエー店舗についてはが受け皿となる予定だったが 、イオン完全子会社のが承継し、イオン九州はイオンストア九州から運営委託を受ける形でダイエー店舗を運営する形に変更された。 沿革 (旧)ハロー• (33年)• - 佐賀として創業(資本金200万円)。 - に一号店「西魚店」開店(売場面積600 )。 (昭和52年) - 佐賀市新中町に本店「ハロー佐賀店」開店。 (昭和63年) - 佐賀市にやイベントスペースを併設した「ハローみなみ店」開店。 (元年) - にやを併設した「西海ハロー」開店。 (平成3年)秋 - を導入。 (平成4年) - 株式会社ハローに商号変更。 (平成5年) - 佐賀市八戸溝にボウリング場を併設した「アーガス本店」開店。 1990年代(時期不詳) - と資本・業務提携。 (平成10年) - 寿屋系のスーパーマーケットチェーン「えじまや」と「ハロー」が合併、新生「ハロー」誕生。 大型店は順次「アーガス」への改装を発表。 当時の店舗ブランドは「 えじまや」「 くらし館 」「 ハロー」「 アーガス」であった。 1992年時点での店舗数は27店舗、資本金は1億6000万円(額面500円)であった。 (旧)西九州ウエルマート 「」も参照• (平成6年)12月 - 寿屋が、くらし館1号店(霧島店)を開店(現在のマックスバリュ霧島店)。 (平成10年)10月 - 「くらし館」運営会社を「寿屋」に吸収させる形で企業再編を図る(「えじまや」を吸収した「ハロー」が経営する店舗を除く)。 MV九州誕生・3社統合後• (平成14年)• - 民事再生手続中だったスーパー運営会社・株式会社(熊本市)とイオン株式会社が、休業中の壽屋店舗約50店舗の営業譲渡で合意。 - イオンが譲受する店舗について、旧「くらし館」事業の受け皿として、 マックスバリュ九州株式会社を設立。 - 営業再開第1号店の「くらし館田崎店」(熊本市、後のマックスバリュ田崎店)が開店。 - 35店目の「くらし館国府店」(熊本市、現・マックスバリュくらし館国府店)をもって譲受を終了。 (平成15年)• - 「古賀店」(後の古賀店、2015年8月31日閉店)の「食品館」の運営をに譲渡。 - 同じイオングループのスーパーチェーン、西九州ウエルマート株式会社(佐世保市)ならびに株式会社ハロー(佐賀市)を合併。 本部を現在の所在地に移動する。 同日、新会社としての第1号店「マックスバリュうきのじょう店」(宮崎市)、30日には2号店「マックスバリュサンロードシティ熊本店」(熊本市)を開店。 共に「マックスバリュ」の名称では県内初(宮崎県のマックスバリュ岡富店は、当時イオン九州が運営)。 - 福岡市に第3号店「マックスバリュ周船寺西店」を開店。 (平成16年)• - イオン九州より「マックスバリュ基山店」を譲り受けリニューアルオープン、基山店を皮切りに「岡冨店」・「田主丸店」・「豊後高田店」の4店舗をイオン九州株式会社から営業譲渡。 リニューアルオープンしたことで琉球ジャスコ(現・)が担当する沖縄県を除く九州地区でのSM事業は当社が運営することとなった。 - 旧西九州ウエルマートが取得していたISO14001認証をマックスバリュ九州の全事業所に拡大認証された。 - 鹿屋市に鹿児島県として初めてのマックスバリュSSM店舗「マックスバリュ鹿屋寿店」を開店。 (平成17年) - 今後の出店戦略対応の人材育成のため、福岡県大野城市の下大利店跡地に「教育・訓練センター」を開設。 (平成19年) - 一部店舗で24時間営業から 7:00 - 24:00店舗に営業時間の見直しがされる。 (平成20年)• 1月 - マックスバリュ九州全店でイオン共通のPOSシステム導入が完了。 3月 - イオングループで導入を進めているシステムを4店舗に初導入。 - ()から食品スーパー6店舗を譲り受けると発表。 同年6月10日には2007年に閉鎖したタイホー十三部店跡地に新規オープンすると発表し、同社から計7店舗の建物を譲受する。 - イオンギフトカード取り扱い開始。 - 株式会社タイホーより譲り受けた店舗第1号店として「マックスバリュ吉井店」(福岡県久留米市)開店。 - 100店舗目となる「マックスバリュ北野店」(福岡県久留米市、タイホーからの譲受店舗)開店。 - 福岡県・佐賀県・長崎県の店舗で導入(19日には残りの熊本県・大分県・宮崎県・鹿児島県でも導入)。 11月1日 - レジ袋を辞退すると精算時にその場で2円引きがスタート(現在は一部の店舗は除く)。 - 「マックスバリュ古賀店」(福岡県)に当社では初となるを導入。 (平成21年)• - レジ・クーポン(カタリナクーポン)を導入。 - この日オープンの「マックスバリュ西熊本店」に当社では初となる販売スペース「」を設置。 (平成22年)• - 交通系電子マネー「」 を全店に導入。 - 「マックスバリュ福岡空港東店」を業態転換し、当社では初となるディスカウントストア「ザ・ビッグ福岡空港東店」を開店。 (平成23年)• - 当社では初となる都市型小型スーパーとして「マックスバリュエクスプレス前店」を開店。 - 九州地区では2店舗目、熊本県内では初となる都市型小型スーパー「マックスバリュエクスプレス神水店」を開店。 (平成24年)• - へ株式を。 - 当社初の「火曜市」をスタート (イオンリテール同様のイオン店舗と合同のCMも放映開始)。 (平成25年)• - 佐賀県内に食品スーパーマーケットを展開している株式会社クリエイトの株式を譲受、子会社化することを発表し、翌月子会社化。 - 当社が運営する「ザ・ビッグ」では初の新規店舗となる「ザ・ビッグエクスプレス粕屋店」をオープン。 (平成26年)• - 鹿児島県内では初となる都市型小型スーパー「マックスバリュエクスプレス松木店」をオープン。 - 「地元AEON PROJECT」の一環として、イオン九州と合同で「九州食べごろ物語」を開始。 - 熊本県での「ザ・ビッグ」1号店となる「ザ・ビッグエクスプレス新土河原店」をオープン。 - 「マックスバリュ田崎店」を同日開業した内に移転オープン。 (平成27年)• 4月9日 - 株式会社のスーパーマーケット事業のうち、九州地区の「」13店舗及びダイエー吉塚店の計14店舗を同年9月1日を効力発生日としてにより承継することに関する基本合意書を決議したことを発表。 4月25日 - 佐賀県での「ザ・ビッグ」1号店となる「ザ・ビッグ三日月店」をオープン。 7月8日 - 前述の株式会社ダイエーの九州地区におけるスーパーマーケット事業の会社分割による継承に関して、株式会社ダイエーとの間で吸収分割契約書の締結を決議したことを発表。 9月1日 - 株式会社ダイエーから九州地区の「グルメシティ」13店舗とダイエー吉塚パピヨンプラザ店の計14店舗を継承し、このうち、福岡県の8店舗(雑餉隈店・大橋店・博多祇園店・井尻駅前店・土井店・三萩野店・小倉足立店・上白水店)と長崎県の矢上団地店、大分県の湯布院店、鹿児島県の花野団地店の計11店舗を継承と同時に「マックスバリュ」に屋号変更してリニューアルオープン。 遅れて吉塚店は5日にリニューアルオープンした。 9月9日 - 株式会社ダイエーから継承した店舗のうち、「グルメシティ南福岡店」をフードディスカウント業態の「ザ・ビッグ南福岡店」に業態転換してリニューアルオープン。 10月3日 - 株式会社ダイエーから継承した店舗のうち、同年9月1日に「グルメシティ」から屋号変更した「マックスバリュ小倉足立店」を小型フードディスカウント業態の「ザ・ビッグエクスプレス小倉足立店」に業態転換してリニューアルオープン。 10月9日 - 株式会社ダイエーから継承した店舗で唯一改装中だった「グルメシティ港町店」が「マックスバリュ港町店」に屋号変更してリフレッシュオープン。 これにより、ダイエーから継承した全店舗の「マックスバリュ」・「ザ・ビッグ」への改装を完了した。 10月15日 - 「アーガス糒店」の閉店に伴い、ハロー時代から長らく展開していた「アーガス」の屋号が消滅。 2016年(平成28年)• 1月13日 - イオン九州及び2014年9月にイオンの子会社となったとの共同で、九州独自の商品開発や九州内のイオングループにおける共同仕入れや地域商品催事の取り組みを行う新組織として、「九州商品開発部」を設立したことを発表。 3月9日 - 福岡県が県内で捕獲された天然のやを食用として活用し、地域の特産品・観光資源とすることで活性化につながる活動に賛同し、福岡県内の「マックスバリュ」5店舗(黒崎店、直方新入店、くりえいと宗像店、筥崎宮前店、那珂川店)で商品(福岡県産イノシシ肉 冷凍 )の販売を開始。 9月1日 - 株式会社クリエイトを吸収合併、運営する4店舗の運営を継承。 改装のため同年8月25日より休業中だった鳥栖店以外の3店舗は前日に商品の入れ替えやシステム変更を行い、継承日当日に当社店舗としてオープン。 9月3日 - 株式会社クリエイトから継承した店舗で唯一改装中だった「さが旬鮮市場鳥栖店」がフードディスカウント業態の「ザ・ビッグ鳥栖店」に業態転換し、オープン。 11月30日 - 「さが旬鮮市場江北店」がイオン九州が運営するイオン江北店へ移転統合し、同店内に「ザ・ビッグ江北店」をオープン。 2017年(平成29年)• 1月21日 - 「さが旬鮮市場中原店」を「ザ・ビッグ中原店」に業態転換し、オープン。 これにより、株式会社クリエイトから継承された全店舗の「ザ・ビッグ」への改装を完了した。 4月27日 - 熊本県熊本市中央区の「下通NSビル」の地下1階に、「COCOSA B1」をオープン。 11月2日 - 株式会社レッドキャベツから「レッドキャベツ十禅寺店」を継承し、「ザ・ビッグ熊本南店」に業態転換してオープン• 11月23日 - 株式会社レッドキャベツから「レッドキャベツ桜木店」を承継し、「ザ・ビッグ桜木店」に業態転換してオープン。 2018年(平成30年)• 6月21日 - 株式会社熊本生鮮市場(熊本県)が経営していた「熊本生鮮市場みづき台店」の閉店(6月25日閉店)を受け、営業を承継することを発表。 8月2日 - 承継した「熊本生鮮市場みづき台店」を「マックスバリュみづき台店」に改め、新規オープン。 11月23日 - 「マックスバリュ南長崎店」を新規オープン。 本店舗は11月18日をもって閉店した「レッドキャベツ南長崎店」跡に出店するものである。 3月10日 - 2015年12月からイオン九州で実施している「お10くデー」を当社運営の「マックスバリュ」・「マックスバリュエクスプレス」でも開始(「ザ・ビッグ」ではカードの提示等不要で「お10くデー」と同等の割引が受けられる「ザ・ビッグデー(毎月第2日曜日開催)」の開催日と重なるため未実施となる)。 9月1日 -• 一部地域で先行実施していたレジ袋無料配布中止の対象店舗を当社運営の全店舗に拡大。 株式会社レッドキャベツから「レッドキャベツ店」の営業(同社での営業は8月27日をもって終了)を継承し、当社店舗としてオープン。 9月16日 - 株式会社の関連会社である株式会社エヌタスが発行する「」の電子マネー「エヌタスマネー」を前述した「レッドキャベツみらい長崎ココウォーク店」や・・の「マックスバリュ」6店舗(南長崎店・琴海店・メルクス長崎店・時津店・長与店・長与中央店)へ導入。 11月16日 - による被災のためいったん閉店していた「マックスバリュ武雄店」を「ザ・ビッグ武雄店」へ業態転換し、営業再開。 2020年(令和2年)• 3月21日 - 株式会社レッドキャベツから13店舗(3月20日に閉店した屋形原店を除く)の固定資産を取得し、当社店舗として開業(開業に先立ち、友岡店は3月16日、残りの12店舗は3月17日をもって同社での営業を終了)。 譲受当初は「レッドキャベツ」のままだが、今後、改装のタイミングで「マックスバリュ」への屋号変更や「ザ・ビッグ」への業態転換が予定されている。 なお、同日付の機構改革により、受け入れ先となる「レッドキャベツ事業部」が新設された。 また、対馬いづはら店の開業により、マックスバリュ九州として初めて地域へも進出した。 4月10日 - 取締役会において、イオン九州株式会社との吸収合併契約を締結したことを発表。 4月17日 - 「マックスバリュ唐津店」を「ザ・ビッグ唐津店」へ業態転換し、営業再開。 8月28日(予定) - 上場廃止(前日の同年8月27日が最終売買日)。 9月1日(予定) - イオン九州株式会社へ吸収合併し、解散。 店舗ブランド 現行店舗の一覧については、を参照 、マックスバリュエクスプレス イオングループが国内及び海外で展開する食品中心のスーパーマーケット。 マックスバリュ九州の自社開発で開店した店舗・(旧九州ジャスコ)から営業譲渡を受けた店舗・旧西九州ウエルマート株式会社から引き継いだ店舗・旧壽屋より営業譲渡または旧株式会社ハローから引き継いだ店舗・旧株式会社タイホーから営業譲渡を受けた店舗・株式会社ダイエーから継承し「グルメシティ」から屋号変更した店舗・株式会社熊本生鮮市場から承継した店舗に分別される。 なお、吉塚店も株式会社ダイエーから継承された店舗だが、こちらは「ダイエー」から屋号変更した店舗である。 、ザ・ビッグエクスプレス イオングループが展開する生鮮食料品と日用雑貨をメインとしたディスカウントストア。 もともとはが展開する独自ブランドだったが、現在は全国に拡大しつつある。 2017年1月現在、福岡県・佐賀県・熊本県で展開しており、大半はマックスバリュからの転換店舗であるが、新規店舗のエクスプレス粕屋店・エクスプレス新土河原店・三日月店・大牟田店・久留米すわの店、株式会社ダイエーから継承してグルメシティから業態転換した南福岡店、株式会社クリエイトから継承してさが旬鮮市場から業態転換した鳥栖店・白石店(旧ショッピングタウンサンパーク店)・江北店・中原店、株式会社レッドキャベツから継承してレッドキャベツから業態転換した熊本南店(旧十禅寺店)・桜木店も存在する。 小倉足立店と土井店はグルメシティからいったんマックスバリュに屋号変更した後、小倉足立店はザ・ビッグエクスプレスに、土井店はザ・ビッグにそれぞれ業態転換した店舗である。 また、新規店舗の久留米すわの店は2019年6月16日まではが運営していた「すわの」で、により閉店から約1ヶ月後の同年7月19日に開業した(同店舗がイオングループにおいてイズミ系列の店舗跡に出店する初の事例となった)。 江北店はイオン九州が運営するイオン江北店に食品テナントとして入居する店舗である。 本店舗は当社子会社だった株式会社クリエイトから合併に伴って当社が継承して運営していた「さが旬鮮市場 江北店」とイオン江北店が近隣に位置していたため、イオン江北店へ移転統合したものである。 なお、総合スーパーの「」に食品テナントとして入居している「ザ・ビッグ」は全国的にも珍しく、他にはがの(運営)内に出店している石和店があるのみである。 マックスバリュくらし館、マックスバリュハロー 旧壽屋からの営業譲渡または旧株式会社ハローから引き継いだ店舗を小規模改装の上、マックスバリュの派生業態として営業している中・小規模のスーパー。 移行後に閉店したり、改装に伴って「マックスバリュ」や「マックスバリュエクスプレス」への屋号変更により店舗数が減少しており、2017年8月現在、「マックスバリュくらし館」は長崎県を除く九州内に9店舗、「マックスバリュハロー」は佐賀県の東与賀店1店舗のみである。 レッドキャベツ 株式会社レッドキャベツが運営していた屋号を当社が引き継ぎ営業するスーパーマーケット。 福岡県・佐賀県・長崎県に展開する。 詳細はを参照。 COCOSA B1 熊本県熊本市中央区の複合商業施設「」の地下1階に出店するフードスタイルストア業態。 折込チラシを行わない代わりに、やなどので情報を発信する形態をとる。 店舗の一例• 以下はマックスバリュが核店舗となっている主なNSCである。 福岡県• 佐賀県• 長崎県• 大分県• 熊本県• 宮崎県• 鹿児島県• その後、大分県、熊本県の一部(、、、、)、の一部(、)においては先行でレジ袋無料配布の中止とレジ袋辞退者への2円引きが終了となり、レジ袋を有料化した。 前述したように、2019年8月31日をもって既にレジ袋有料化を実施している地域以外の店舗においてもレジ袋の無料配布中止とレジ袋辞退者への2円引きが終了となり、全店舗でレジ袋が有料化された。 なお、20個たまったスタンプカード、または途中までしか押印されていないスタンプカードは、3枚(スタンプ60個分)でマイバッグ携帯用、5枚(スタンプ100個分)でマイバッグレジカゴ用と交換できる(マイバッグに関しては有効期限はなく当分の間交換できる)。 その他、途中までしか押印されていないスタンプカードの場合、九州地区以外のイオングループ(スタンプカード取扱い店舗)で引き続き利用可能である(沖縄県を含む九州地区のイオングループ店舗では全店でスタンプカードの取扱いを終了している)。 事件 、「マックスバリュ大在店」()の来店客が、の入った冷凍ショーケースに入り別の来店客が写真を撮影、その後、「これが流行りのゆずあずきばーダイブ」とのコメントをつけてに投稿していたことがわかった。 このショーケースはその後消毒、アイスケースに陳列されていた商品も全部撤去され、このショーケースで問題が発覚した同日午前1時半ごろから消毒が行われた同午後4時ごろまでにこのショーケースで販売されていた「・みるたま」と「・あずきバー」の購入者に対し、希望者に返金を行う処置をとった。 犯行に及んだ来店客に対するやについては明らかにされてない。 POSシステム• 2015年9月9日, at the. (2014年9月24日産経新聞 9月25日閲覧)• [ ] - ダイエー公式ニュースリリース、2014年9月23日閲覧。 - マックスバリュ九州株式会社 ニュースリリース 2014年9月25日(2014年9月25日)• - イオン九州公式ウェブサイト、2015年8月22日閲覧。 『九州の中堅百五十社』、1992年12月、p166-167。 2017年現在は、、を含め10種類が利用可能。 交通系電子マネーが非対応の時期は対応箇所が空白になっていた(例:左からWAON、空白(本来はSUGOCA)、空白(本来は)、空白(本来は))。 データマックス 2010年3月30日• - マックスバリュ九州ニュースリリース 2012年1月18日• - イオン九州・マックスバリュ九州 2社連名によるリリース(配信元:マックスバリュ九州株式会社) 2014年9月12日(2014年11月3日閲覧)• - マックスバリュ九州株式会社 IRニュース 2015年7月8日(2015年7月23日閲覧)• - 、2015年8月26日閲覧。 - マックスバリュ九州公式ウェブサイト、2015年8月29日閲覧。 マックスバリュ土井店は2015年11月7日に「ザ・ビッグ」へ業態転換、マックスバリュ上白水店は2016年6月9日、マックスバリュ大橋店は同年7月28日に改装の上「マックスバリュエクスプレス」へそれぞれ屋号変更• - マックスバリュ九州株式会社 ニュースリリース 2015年9月8日(2015年9月12日閲覧)• - マックスバリュ九州株式会社 ニュースリリース 2015年9月29日(2015年10月9日閲覧)• - マックスバリュ九州株式会社 ニュースリリース 2015年10月6日(2015年10月9日)• - イオン九州・イオンストア九州・マックスバリュ九州・レッドキャベツ 4社連名によるリリース(配信元:マックスバリュ九州株式会社) 2016年1月13日(2016年1月17日閲覧)• PDF プレスリリース , マックスバリュ九州株式会社, 2016年3月29日 , 2016年4月8日閲覧。 PDF プレスリリース , マックスバリュ九州株式会社, 2016年8月29日 , 2016年9月29日閲覧。 ショッピングタウンサンパーク店は2016年10月1日に業態転換し、ザ・ビッグ白石店となる、江北店は移転準備のため11月26日をもって閉店• PDF プレスリリース , マックスバリュ九州株式会社, 2016年8月30日 , 2016年10月18日閲覧。 PDF プレスリリース , マックスバリュ九州株式会社, 2016年10月24日 , 2017年1月23日閲覧。 PDF プレスリリース , マックスバリュ九州株式会社, 2017年1月10日 , 2017年1月23日閲覧。 PDF プレスリリース , マックスバリュ九州株式会社, 2017年4月20日 , 2018年8月19日閲覧。 PDF プレスリリース , マックスバリュ九州株式会社, 2017年11月17日 , 2019年9月8日閲覧。 PDF プレスリリース , マックスバリュ九州株式会社, 2017年11月17日 , 2018年1月6日閲覧。 PDF プレスリリース , マックスバリュ九州株式会社, 2018年6月21日 , 2018年8月19日閲覧。 PDF プレスリリース , マックスバリュ九州株式会社, 2018年7月27日 , 2018年8月19日閲覧。 PDF プレスリリース , マックスバリュ九州株式会社, 2018年10月30日 , 2019年9月8日閲覧。 都商研ニュース 2018年11月7日. 2019年9月8日閲覧。 PDF プレスリリース , マックスバリュ九州株式会社, 2019年6月21日 , 2019年9月2日閲覧。 PDF プレスリリース , マックスバリュ九州株式会社, 2019年8月21日 , 2019年9月2日閲覧。 長崎新聞. 2019年8月2日. 2019年9月17日閲覧。 株式会社エヌタス. 2019年9月17日閲覧。 佐賀新聞. 2019年11月4日. 2019年10月22日閲覧。 PDF プレスリリース , マックスバリュ九州株式会社, 2019年10月15日 , 2019年11月22日閲覧。 PDF プレスリリース , マックスバリュ九州, 2020年3月13日 , 2020年3月14日閲覧。 PDF プレスリリース , マックスバリュ九州, 2020年3月17日 , 2020年3月21日閲覧。 なお、イオングループ全体における離島地域への出店は少なく、がのやに「マックスバリュ」が計6店舗、イオン九州がとに「イオン」が計2店舗(いずれもから受託運営する旧「ダイエー」店舗)あるのみである。 PDF プレスリリース , イオン九州、マックスバリュ九州, 2020年4月10日 , 2020年4月18日閲覧。 佐賀新聞. 2020年4月17日. 2020年4月25日閲覧。 PDF プレスリリース , マックスバリュ九州株式会社, 2020年4月3日 , 2020年4月25日閲覧。 都商研ニュース 2019年6月21日. 2019年8月1日閲覧。 (ITメディア2013年8月22日 同8月24日閲覧)• (マックスバリュ九州2013年8月22日 同8月24日閲覧)・(マックスバリュ九州2013年8月23日 閲覧日同上) 関連項目• 外部リンク• この項目は、に関連した です。 などしてくださる()。 イオン食品館• 札幌フードセンター -• KIMISAWA Gratt - KIMISAWA - The COMBO• KOHYO - KOHYO鮮度館• ma:ru - スーパーセンター - パワーシティ• PEACOCK STORE• maruetsu - LINCOS - 魚悦• Food Market KASUMI - FOOD SQUARE KASUMI - FOOD OFFストッカー• SEIBU - 食彩館SEIBU• Belc• MV九州• SHIMIZU• ビオセボン・ジャポン.

次の

マックスバリュ北海道のチラシ掲載店舗・企業|シュフー Shufoo! チラシ検索

マックスバリュ

2012年2月22日上場 略称 MV九州 本社所在地 812-0013 博多駅東3-13-21 設立 事業内容 スーパーマーケットの開発、運営 代表者 佐々木 勉 (代表取締役社長) 資本金 15億8,915万円 売上高 連結:1,591億円(2016年2月期) 純資産 連結:121億円(2016年2月) 総資産 連結:361億円(2016年2月) 従業員数 9,414名(2015年2月) (社員1,116名、フレックス社員他8,298名) 決算期 毎年2月末日 主要株主 77. , Ltd. )は、を除く全県にを展開するの企業である。 概要 九州の地場スーパーだった壽屋(現・)が2001年に()を申請した際に、同社の食品スーパー部門だった「くらし館」事業の大半をが引き受けるために受け皿として設立した企業である(イオングループとしては、他に当時のが「寿屋」事業を5店舗譲受している)。 このため、設立当初の本社所在地は壽屋の本社があったに置かれ、旧壽屋系列の店舗の多くは現在もカリーノから賃貸して運営されている。 その後、各地の地場スーパーをにより買収したり廃業した企業の店舗譲受を行い、九州7県に店舗を展開・拡大させていった。 現在は自社開発による「」店舗と旧「くらし館」の「マックスバリュくらし館」の店舗が混在しており、インフラ、買い回り、サービス等の面で店舗ごとに差が生まれていたが、「マックスバリュ」ではない旧壽屋系列の店舗では改装を進めており、改装後の店舗ブランド名を「マックスバリュ」に統一し、標準フォーマットのスーパー・スーパーマーケット(SSM)店舗へ順次改装を進めている。 2010年8月には既存の「マックスバリュ」を転換したディスカウントストア店舗として「ザ・ビッグ」をオープンさせた。 また、5つ星チェックという独自に店舗を評価する制度を導入し、店舗運営の向上に努めている。 なお、当社では毎週木曜日に「木よう市(ザ・ビッグでは「水・木曜日85円均一祭」)」を開催する関係で他のイオン系列店舗での統一セールである「火曜市」を開催してこなかったが、2012年11月20日、イオングループのスーパーマーケット(マックスバリュ運営会社、、)合同セールの開催より、「火曜市」も期間限定で開催することとなった(当初は年内のみ開催を予定していたが、2013年に入ってからも継続していた)。 なお、現在は一部店舗を除き「火曜市」を開催していない。 なお、ダイエー再建に関連して、九州内にある13店舗および吉塚パピヨンプラザ店(・内)の計14店舗の受け皿となり、に、ダイエーから運営を引き継ぐと同時に店舗ブランドを「マックスバリュ」などに変更した。 吉塚パピヨンプラザ店以外のダイエー店舗についてはが受け皿となる予定だったが 、イオン完全子会社のが承継し、イオン九州はイオンストア九州から運営委託を受ける形でダイエー店舗を運営する形に変更された。 沿革 (旧)ハロー• (33年)• - 佐賀として創業(資本金200万円)。 - に一号店「西魚店」開店(売場面積600 )。 (昭和52年) - 佐賀市新中町に本店「ハロー佐賀店」開店。 (昭和63年) - 佐賀市にやイベントスペースを併設した「ハローみなみ店」開店。 (元年) - にやを併設した「西海ハロー」開店。 (平成3年)秋 - を導入。 (平成4年) - 株式会社ハローに商号変更。 (平成5年) - 佐賀市八戸溝にボウリング場を併設した「アーガス本店」開店。 1990年代(時期不詳) - と資本・業務提携。 (平成10年) - 寿屋系のスーパーマーケットチェーン「えじまや」と「ハロー」が合併、新生「ハロー」誕生。 大型店は順次「アーガス」への改装を発表。 当時の店舗ブランドは「 えじまや」「 くらし館 」「 ハロー」「 アーガス」であった。 1992年時点での店舗数は27店舗、資本金は1億6000万円(額面500円)であった。 (旧)西九州ウエルマート 「」も参照• (平成6年)12月 - 寿屋が、くらし館1号店(霧島店)を開店(現在のマックスバリュ霧島店)。 (平成10年)10月 - 「くらし館」運営会社を「寿屋」に吸収させる形で企業再編を図る(「えじまや」を吸収した「ハロー」が経営する店舗を除く)。 MV九州誕生・3社統合後• (平成14年)• - 民事再生手続中だったスーパー運営会社・株式会社(熊本市)とイオン株式会社が、休業中の壽屋店舗約50店舗の営業譲渡で合意。 - イオンが譲受する店舗について、旧「くらし館」事業の受け皿として、 マックスバリュ九州株式会社を設立。 - 営業再開第1号店の「くらし館田崎店」(熊本市、後のマックスバリュ田崎店)が開店。 - 35店目の「くらし館国府店」(熊本市、現・マックスバリュくらし館国府店)をもって譲受を終了。 (平成15年)• - 「古賀店」(後の古賀店、2015年8月31日閉店)の「食品館」の運営をに譲渡。 - 同じイオングループのスーパーチェーン、西九州ウエルマート株式会社(佐世保市)ならびに株式会社ハロー(佐賀市)を合併。 本部を現在の所在地に移動する。 同日、新会社としての第1号店「マックスバリュうきのじょう店」(宮崎市)、30日には2号店「マックスバリュサンロードシティ熊本店」(熊本市)を開店。 共に「マックスバリュ」の名称では県内初(宮崎県のマックスバリュ岡富店は、当時イオン九州が運営)。 - 福岡市に第3号店「マックスバリュ周船寺西店」を開店。 (平成16年)• - イオン九州より「マックスバリュ基山店」を譲り受けリニューアルオープン、基山店を皮切りに「岡冨店」・「田主丸店」・「豊後高田店」の4店舗をイオン九州株式会社から営業譲渡。 リニューアルオープンしたことで琉球ジャスコ(現・)が担当する沖縄県を除く九州地区でのSM事業は当社が運営することとなった。 - 旧西九州ウエルマートが取得していたISO14001認証をマックスバリュ九州の全事業所に拡大認証された。 - 鹿屋市に鹿児島県として初めてのマックスバリュSSM店舗「マックスバリュ鹿屋寿店」を開店。 (平成17年) - 今後の出店戦略対応の人材育成のため、福岡県大野城市の下大利店跡地に「教育・訓練センター」を開設。 (平成19年) - 一部店舗で24時間営業から 7:00 - 24:00店舗に営業時間の見直しがされる。 (平成20年)• 1月 - マックスバリュ九州全店でイオン共通のPOSシステム導入が完了。 3月 - イオングループで導入を進めているシステムを4店舗に初導入。 - ()から食品スーパー6店舗を譲り受けると発表。 同年6月10日には2007年に閉鎖したタイホー十三部店跡地に新規オープンすると発表し、同社から計7店舗の建物を譲受する。 - イオンギフトカード取り扱い開始。 - 株式会社タイホーより譲り受けた店舗第1号店として「マックスバリュ吉井店」(福岡県久留米市)開店。 - 100店舗目となる「マックスバリュ北野店」(福岡県久留米市、タイホーからの譲受店舗)開店。 - 福岡県・佐賀県・長崎県の店舗で導入(19日には残りの熊本県・大分県・宮崎県・鹿児島県でも導入)。 11月1日 - レジ袋を辞退すると精算時にその場で2円引きがスタート(現在は一部の店舗は除く)。 - 「マックスバリュ古賀店」(福岡県)に当社では初となるを導入。 (平成21年)• - レジ・クーポン(カタリナクーポン)を導入。 - この日オープンの「マックスバリュ西熊本店」に当社では初となる販売スペース「」を設置。 (平成22年)• - 交通系電子マネー「」 を全店に導入。 - 「マックスバリュ福岡空港東店」を業態転換し、当社では初となるディスカウントストア「ザ・ビッグ福岡空港東店」を開店。 (平成23年)• - 当社では初となる都市型小型スーパーとして「マックスバリュエクスプレス前店」を開店。 - 九州地区では2店舗目、熊本県内では初となる都市型小型スーパー「マックスバリュエクスプレス神水店」を開店。 (平成24年)• - へ株式を。 - 当社初の「火曜市」をスタート (イオンリテール同様のイオン店舗と合同のCMも放映開始)。 (平成25年)• - 佐賀県内に食品スーパーマーケットを展開している株式会社クリエイトの株式を譲受、子会社化することを発表し、翌月子会社化。 - 当社が運営する「ザ・ビッグ」では初の新規店舗となる「ザ・ビッグエクスプレス粕屋店」をオープン。 (平成26年)• - 鹿児島県内では初となる都市型小型スーパー「マックスバリュエクスプレス松木店」をオープン。 - 「地元AEON PROJECT」の一環として、イオン九州と合同で「九州食べごろ物語」を開始。 - 熊本県での「ザ・ビッグ」1号店となる「ザ・ビッグエクスプレス新土河原店」をオープン。 - 「マックスバリュ田崎店」を同日開業した内に移転オープン。 (平成27年)• 4月9日 - 株式会社のスーパーマーケット事業のうち、九州地区の「」13店舗及びダイエー吉塚店の計14店舗を同年9月1日を効力発生日としてにより承継することに関する基本合意書を決議したことを発表。 4月25日 - 佐賀県での「ザ・ビッグ」1号店となる「ザ・ビッグ三日月店」をオープン。 7月8日 - 前述の株式会社ダイエーの九州地区におけるスーパーマーケット事業の会社分割による継承に関して、株式会社ダイエーとの間で吸収分割契約書の締結を決議したことを発表。 9月1日 - 株式会社ダイエーから九州地区の「グルメシティ」13店舗とダイエー吉塚パピヨンプラザ店の計14店舗を継承し、このうち、福岡県の8店舗(雑餉隈店・大橋店・博多祇園店・井尻駅前店・土井店・三萩野店・小倉足立店・上白水店)と長崎県の矢上団地店、大分県の湯布院店、鹿児島県の花野団地店の計11店舗を継承と同時に「マックスバリュ」に屋号変更してリニューアルオープン。 遅れて吉塚店は5日にリニューアルオープンした。 9月9日 - 株式会社ダイエーから継承した店舗のうち、「グルメシティ南福岡店」をフードディスカウント業態の「ザ・ビッグ南福岡店」に業態転換してリニューアルオープン。 10月3日 - 株式会社ダイエーから継承した店舗のうち、同年9月1日に「グルメシティ」から屋号変更した「マックスバリュ小倉足立店」を小型フードディスカウント業態の「ザ・ビッグエクスプレス小倉足立店」に業態転換してリニューアルオープン。 10月9日 - 株式会社ダイエーから継承した店舗で唯一改装中だった「グルメシティ港町店」が「マックスバリュ港町店」に屋号変更してリフレッシュオープン。 これにより、ダイエーから継承した全店舗の「マックスバリュ」・「ザ・ビッグ」への改装を完了した。 10月15日 - 「アーガス糒店」の閉店に伴い、ハロー時代から長らく展開していた「アーガス」の屋号が消滅。 2016年(平成28年)• 1月13日 - イオン九州及び2014年9月にイオンの子会社となったとの共同で、九州独自の商品開発や九州内のイオングループにおける共同仕入れや地域商品催事の取り組みを行う新組織として、「九州商品開発部」を設立したことを発表。 3月9日 - 福岡県が県内で捕獲された天然のやを食用として活用し、地域の特産品・観光資源とすることで活性化につながる活動に賛同し、福岡県内の「マックスバリュ」5店舗(黒崎店、直方新入店、くりえいと宗像店、筥崎宮前店、那珂川店)で商品(福岡県産イノシシ肉 冷凍 )の販売を開始。 9月1日 - 株式会社クリエイトを吸収合併、運営する4店舗の運営を継承。 改装のため同年8月25日より休業中だった鳥栖店以外の3店舗は前日に商品の入れ替えやシステム変更を行い、継承日当日に当社店舗としてオープン。 9月3日 - 株式会社クリエイトから継承した店舗で唯一改装中だった「さが旬鮮市場鳥栖店」がフードディスカウント業態の「ザ・ビッグ鳥栖店」に業態転換し、オープン。 11月30日 - 「さが旬鮮市場江北店」がイオン九州が運営するイオン江北店へ移転統合し、同店内に「ザ・ビッグ江北店」をオープン。 2017年(平成29年)• 1月21日 - 「さが旬鮮市場中原店」を「ザ・ビッグ中原店」に業態転換し、オープン。 これにより、株式会社クリエイトから継承された全店舗の「ザ・ビッグ」への改装を完了した。 4月27日 - 熊本県熊本市中央区の「下通NSビル」の地下1階に、「COCOSA B1」をオープン。 11月2日 - 株式会社レッドキャベツから「レッドキャベツ十禅寺店」を継承し、「ザ・ビッグ熊本南店」に業態転換してオープン• 11月23日 - 株式会社レッドキャベツから「レッドキャベツ桜木店」を承継し、「ザ・ビッグ桜木店」に業態転換してオープン。 2018年(平成30年)• 6月21日 - 株式会社熊本生鮮市場(熊本県)が経営していた「熊本生鮮市場みづき台店」の閉店(6月25日閉店)を受け、営業を承継することを発表。 8月2日 - 承継した「熊本生鮮市場みづき台店」を「マックスバリュみづき台店」に改め、新規オープン。 11月23日 - 「マックスバリュ南長崎店」を新規オープン。 本店舗は11月18日をもって閉店した「レッドキャベツ南長崎店」跡に出店するものである。 3月10日 - 2015年12月からイオン九州で実施している「お10くデー」を当社運営の「マックスバリュ」・「マックスバリュエクスプレス」でも開始(「ザ・ビッグ」ではカードの提示等不要で「お10くデー」と同等の割引が受けられる「ザ・ビッグデー(毎月第2日曜日開催)」の開催日と重なるため未実施となる)。 9月1日 -• 一部地域で先行実施していたレジ袋無料配布中止の対象店舗を当社運営の全店舗に拡大。 株式会社レッドキャベツから「レッドキャベツ店」の営業(同社での営業は8月27日をもって終了)を継承し、当社店舗としてオープン。 9月16日 - 株式会社の関連会社である株式会社エヌタスが発行する「」の電子マネー「エヌタスマネー」を前述した「レッドキャベツみらい長崎ココウォーク店」や・・の「マックスバリュ」6店舗(南長崎店・琴海店・メルクス長崎店・時津店・長与店・長与中央店)へ導入。 11月16日 - による被災のためいったん閉店していた「マックスバリュ武雄店」を「ザ・ビッグ武雄店」へ業態転換し、営業再開。 2020年(令和2年)• 3月21日 - 株式会社レッドキャベツから13店舗(3月20日に閉店した屋形原店を除く)の固定資産を取得し、当社店舗として開業(開業に先立ち、友岡店は3月16日、残りの12店舗は3月17日をもって同社での営業を終了)。 譲受当初は「レッドキャベツ」のままだが、今後、改装のタイミングで「マックスバリュ」への屋号変更や「ザ・ビッグ」への業態転換が予定されている。 なお、同日付の機構改革により、受け入れ先となる「レッドキャベツ事業部」が新設された。 また、対馬いづはら店の開業により、マックスバリュ九州として初めて地域へも進出した。 4月10日 - 取締役会において、イオン九州株式会社との吸収合併契約を締結したことを発表。 4月17日 - 「マックスバリュ唐津店」を「ザ・ビッグ唐津店」へ業態転換し、営業再開。 8月28日(予定) - 上場廃止(前日の同年8月27日が最終売買日)。 9月1日(予定) - イオン九州株式会社へ吸収合併し、解散。 店舗ブランド 現行店舗の一覧については、を参照 、マックスバリュエクスプレス イオングループが国内及び海外で展開する食品中心のスーパーマーケット。 マックスバリュ九州の自社開発で開店した店舗・(旧九州ジャスコ)から営業譲渡を受けた店舗・旧西九州ウエルマート株式会社から引き継いだ店舗・旧壽屋より営業譲渡または旧株式会社ハローから引き継いだ店舗・旧株式会社タイホーから営業譲渡を受けた店舗・株式会社ダイエーから継承し「グルメシティ」から屋号変更した店舗・株式会社熊本生鮮市場から承継した店舗に分別される。 なお、吉塚店も株式会社ダイエーから継承された店舗だが、こちらは「ダイエー」から屋号変更した店舗である。 、ザ・ビッグエクスプレス イオングループが展開する生鮮食料品と日用雑貨をメインとしたディスカウントストア。 もともとはが展開する独自ブランドだったが、現在は全国に拡大しつつある。 2017年1月現在、福岡県・佐賀県・熊本県で展開しており、大半はマックスバリュからの転換店舗であるが、新規店舗のエクスプレス粕屋店・エクスプレス新土河原店・三日月店・大牟田店・久留米すわの店、株式会社ダイエーから継承してグルメシティから業態転換した南福岡店、株式会社クリエイトから継承してさが旬鮮市場から業態転換した鳥栖店・白石店(旧ショッピングタウンサンパーク店)・江北店・中原店、株式会社レッドキャベツから継承してレッドキャベツから業態転換した熊本南店(旧十禅寺店)・桜木店も存在する。 小倉足立店と土井店はグルメシティからいったんマックスバリュに屋号変更した後、小倉足立店はザ・ビッグエクスプレスに、土井店はザ・ビッグにそれぞれ業態転換した店舗である。 また、新規店舗の久留米すわの店は2019年6月16日まではが運営していた「すわの」で、により閉店から約1ヶ月後の同年7月19日に開業した(同店舗がイオングループにおいてイズミ系列の店舗跡に出店する初の事例となった)。 江北店はイオン九州が運営するイオン江北店に食品テナントとして入居する店舗である。 本店舗は当社子会社だった株式会社クリエイトから合併に伴って当社が継承して運営していた「さが旬鮮市場 江北店」とイオン江北店が近隣に位置していたため、イオン江北店へ移転統合したものである。 なお、総合スーパーの「」に食品テナントとして入居している「ザ・ビッグ」は全国的にも珍しく、他にはがの(運営)内に出店している石和店があるのみである。 マックスバリュくらし館、マックスバリュハロー 旧壽屋からの営業譲渡または旧株式会社ハローから引き継いだ店舗を小規模改装の上、マックスバリュの派生業態として営業している中・小規模のスーパー。 移行後に閉店したり、改装に伴って「マックスバリュ」や「マックスバリュエクスプレス」への屋号変更により店舗数が減少しており、2017年8月現在、「マックスバリュくらし館」は長崎県を除く九州内に9店舗、「マックスバリュハロー」は佐賀県の東与賀店1店舗のみである。 レッドキャベツ 株式会社レッドキャベツが運営していた屋号を当社が引き継ぎ営業するスーパーマーケット。 福岡県・佐賀県・長崎県に展開する。 詳細はを参照。 COCOSA B1 熊本県熊本市中央区の複合商業施設「」の地下1階に出店するフードスタイルストア業態。 折込チラシを行わない代わりに、やなどので情報を発信する形態をとる。 店舗の一例• 以下はマックスバリュが核店舗となっている主なNSCである。 福岡県• 佐賀県• 長崎県• 大分県• 熊本県• 宮崎県• 鹿児島県• その後、大分県、熊本県の一部(、、、、)、の一部(、)においては先行でレジ袋無料配布の中止とレジ袋辞退者への2円引きが終了となり、レジ袋を有料化した。 前述したように、2019年8月31日をもって既にレジ袋有料化を実施している地域以外の店舗においてもレジ袋の無料配布中止とレジ袋辞退者への2円引きが終了となり、全店舗でレジ袋が有料化された。 なお、20個たまったスタンプカード、または途中までしか押印されていないスタンプカードは、3枚(スタンプ60個分)でマイバッグ携帯用、5枚(スタンプ100個分)でマイバッグレジカゴ用と交換できる(マイバッグに関しては有効期限はなく当分の間交換できる)。 その他、途中までしか押印されていないスタンプカードの場合、九州地区以外のイオングループ(スタンプカード取扱い店舗)で引き続き利用可能である(沖縄県を含む九州地区のイオングループ店舗では全店でスタンプカードの取扱いを終了している)。 事件 、「マックスバリュ大在店」()の来店客が、の入った冷凍ショーケースに入り別の来店客が写真を撮影、その後、「これが流行りのゆずあずきばーダイブ」とのコメントをつけてに投稿していたことがわかった。 このショーケースはその後消毒、アイスケースに陳列されていた商品も全部撤去され、このショーケースで問題が発覚した同日午前1時半ごろから消毒が行われた同午後4時ごろまでにこのショーケースで販売されていた「・みるたま」と「・あずきバー」の購入者に対し、希望者に返金を行う処置をとった。 犯行に及んだ来店客に対するやについては明らかにされてない。 POSシステム• 2015年9月9日, at the. (2014年9月24日産経新聞 9月25日閲覧)• [ ] - ダイエー公式ニュースリリース、2014年9月23日閲覧。 - マックスバリュ九州株式会社 ニュースリリース 2014年9月25日(2014年9月25日)• - イオン九州公式ウェブサイト、2015年8月22日閲覧。 『九州の中堅百五十社』、1992年12月、p166-167。 2017年現在は、、を含め10種類が利用可能。 交通系電子マネーが非対応の時期は対応箇所が空白になっていた(例:左からWAON、空白(本来はSUGOCA)、空白(本来は)、空白(本来は))。 データマックス 2010年3月30日• - マックスバリュ九州ニュースリリース 2012年1月18日• - イオン九州・マックスバリュ九州 2社連名によるリリース(配信元:マックスバリュ九州株式会社) 2014年9月12日(2014年11月3日閲覧)• - マックスバリュ九州株式会社 IRニュース 2015年7月8日(2015年7月23日閲覧)• - 、2015年8月26日閲覧。 - マックスバリュ九州公式ウェブサイト、2015年8月29日閲覧。 マックスバリュ土井店は2015年11月7日に「ザ・ビッグ」へ業態転換、マックスバリュ上白水店は2016年6月9日、マックスバリュ大橋店は同年7月28日に改装の上「マックスバリュエクスプレス」へそれぞれ屋号変更• - マックスバリュ九州株式会社 ニュースリリース 2015年9月8日(2015年9月12日閲覧)• - マックスバリュ九州株式会社 ニュースリリース 2015年9月29日(2015年10月9日閲覧)• - マックスバリュ九州株式会社 ニュースリリース 2015年10月6日(2015年10月9日)• - イオン九州・イオンストア九州・マックスバリュ九州・レッドキャベツ 4社連名によるリリース(配信元:マックスバリュ九州株式会社) 2016年1月13日(2016年1月17日閲覧)• PDF プレスリリース , マックスバリュ九州株式会社, 2016年3月29日 , 2016年4月8日閲覧。 PDF プレスリリース , マックスバリュ九州株式会社, 2016年8月29日 , 2016年9月29日閲覧。 ショッピングタウンサンパーク店は2016年10月1日に業態転換し、ザ・ビッグ白石店となる、江北店は移転準備のため11月26日をもって閉店• PDF プレスリリース , マックスバリュ九州株式会社, 2016年8月30日 , 2016年10月18日閲覧。 PDF プレスリリース , マックスバリュ九州株式会社, 2016年10月24日 , 2017年1月23日閲覧。 PDF プレスリリース , マックスバリュ九州株式会社, 2017年1月10日 , 2017年1月23日閲覧。 PDF プレスリリース , マックスバリュ九州株式会社, 2017年4月20日 , 2018年8月19日閲覧。 PDF プレスリリース , マックスバリュ九州株式会社, 2017年11月17日 , 2019年9月8日閲覧。 PDF プレスリリース , マックスバリュ九州株式会社, 2017年11月17日 , 2018年1月6日閲覧。 PDF プレスリリース , マックスバリュ九州株式会社, 2018年6月21日 , 2018年8月19日閲覧。 PDF プレスリリース , マックスバリュ九州株式会社, 2018年7月27日 , 2018年8月19日閲覧。 PDF プレスリリース , マックスバリュ九州株式会社, 2018年10月30日 , 2019年9月8日閲覧。 都商研ニュース 2018年11月7日. 2019年9月8日閲覧。 PDF プレスリリース , マックスバリュ九州株式会社, 2019年6月21日 , 2019年9月2日閲覧。 PDF プレスリリース , マックスバリュ九州株式会社, 2019年8月21日 , 2019年9月2日閲覧。 長崎新聞. 2019年8月2日. 2019年9月17日閲覧。 株式会社エヌタス. 2019年9月17日閲覧。 佐賀新聞. 2019年11月4日. 2019年10月22日閲覧。 PDF プレスリリース , マックスバリュ九州株式会社, 2019年10月15日 , 2019年11月22日閲覧。 PDF プレスリリース , マックスバリュ九州, 2020年3月13日 , 2020年3月14日閲覧。 PDF プレスリリース , マックスバリュ九州, 2020年3月17日 , 2020年3月21日閲覧。 なお、イオングループ全体における離島地域への出店は少なく、がのやに「マックスバリュ」が計6店舗、イオン九州がとに「イオン」が計2店舗(いずれもから受託運営する旧「ダイエー」店舗)あるのみである。 PDF プレスリリース , イオン九州、マックスバリュ九州, 2020年4月10日 , 2020年4月18日閲覧。 佐賀新聞. 2020年4月17日. 2020年4月25日閲覧。 PDF プレスリリース , マックスバリュ九州株式会社, 2020年4月3日 , 2020年4月25日閲覧。 都商研ニュース 2019年6月21日. 2019年8月1日閲覧。 (ITメディア2013年8月22日 同8月24日閲覧)• (マックスバリュ九州2013年8月22日 同8月24日閲覧)・(マックスバリュ九州2013年8月23日 閲覧日同上) 関連項目• 外部リンク• この項目は、に関連した です。 などしてくださる()。 イオン食品館• 札幌フードセンター -• KIMISAWA Gratt - KIMISAWA - The COMBO• KOHYO - KOHYO鮮度館• ma:ru - スーパーセンター - パワーシティ• PEACOCK STORE• maruetsu - LINCOS - 魚悦• Food Market KASUMI - FOOD SQUARE KASUMI - FOOD OFFストッカー• SEIBU - 食彩館SEIBU• Belc• MV九州• SHIMIZU• ビオセボン・ジャポン.

次の