トイレのつまり 重曹。 トイレつまりを重曹で解消する方法

トイレつまりは『重曹とお湯で溶かして直す』誰でもできる簡単な修理方法!

トイレのつまり 重曹

人にも環境にも優しいナチュラル系洗剤として、もう知らない方はいませんよね? トイレ掃除に限らず汚れが落ちる原理は、 その汚れと反対の性質を持つ洗剤で中和して、分解し汚れがキレイに落ちます。 重曹とクエン酸の両方を使うことで、酸性とアルカリ性の混ざったトイレの複合汚れも落とせるんです。 【トイレの掃除】酸性汚れには弱アルカリ性の「重曹」がいい理由• 弱アルカリ性の為、酸性の汚れ(便器、タンク内の黒カビやぬめり)に強い• 粒子が細かく水に溶けにくいいため、クレンザー 研磨作用 として使える• 重曹はアンモニア臭を中和し、消臭効果がある 【トイレの掃除】アルカリ性汚れには酸性の「クエン酸」がいい理由• 酸性の為、アルカリ性の汚れ(水垢、尿石)に強い• クエン酸は除菌、抗菌効果がある 【トイレの掃除】重曹とクエン酸をトイレ掃除に使う方法• お酢はトイレの水垢や、黄ばみなどのアルカリ性の汚れに強い成分があり、 雑菌やカビの繁殖をおさえたり、消臭作用もあるのでトイレ掃除には最適な材料の 1つです。 ただし、お酢にも様々な種類があり、掃除に向いてないお酢もあります。 リンゴ酢などの果実を使っている物や、 すし酢など他の調味料が混ざっているものは、掃除に使うのは避けましょう。 掃除に向いているお酢は、 「穀物酢」や「ホワイトビネガー」です。 関連記事• 【トイレの掃除】市販トイレ洗剤やブラシや消臭剤のオススメを紹介 今回は、重曹とクエン酸を使ったトイレの掃除方法を紹介してきましたが、市販のトイレ洗剤やブラシ、消臭剤もたくさん販売されているので気になりませんか? ほっとラインが厳選したオススメの商品を紹介します。 これから一人暮らしをされる方や、新婚さんにもぜひ参考にしていただければ嬉しいです。 【トイレの掃除】市販のオススメのトイレ用洗剤を3選 【1】花王/トイレマジックリン 中性洗剤なので、普段のトイレ掃除に使えます。 ミントの香りのする、これ 1本でトイレのそうじも消臭もできるクリーナーです。 温水洗浄便座にも使え、ボトルを逆さまにしても使えるスプレーです。 関連記事• 【トイレの掃除】キレイなトイレを維持するには日々の習慣が大切! キレイに掃除したトイレも、毎日使うとすぐに汚れてしまいます。 できるだけキレイな状態を保つことができれば、掃除もとてもラクになります。 今日から試して欲しい 3つの習慣をまとめました。 どれも時間のかからないことなので、できるものからチャレンジしてみてくださいね。 【トイレの掃除】男性へお願いごとをしてキレイに保ちましょう! 男性には、 できるだけ座ってして使用してもらうようにしましょう。 立ったまま使ってしまうと、飛び散った尿が床や壁などを汚してしまうので、協力してもらえるといいですね。 【トイレの掃除】タイミングをみて簡単掃除してキレイに保ちましょう! トイレを使った後に、簡単に拭き掃除するだけでも随分汚れ方が違ってきます。 トイレ用拭き取りクリーナーや、トイレ掃除用のタオルなどを使いやすい場所に置き、 掃除しやすい環境を整えておくのがポイントです。 毎回は面倒…という場合は毎朝や毎晩など、自分や家族に負担がない程度に、習慣づけておくといいですね。 関連記事• 自分でトイレ掃除するのが面倒なら業者に依頼するのがオススメ! 今回は、 今すぐ実践したくなるトイレを掃除する方法や、トイレの臭いを消す方法について紹介しました。 これらの方法でも落とせない汚れがある時には、 プロの業者のトイレクリーニングを利用するのがオススメですよ。 長年蓄積した汚れは落ちにくなっていますし、 細かい場所の黒ずみは自分で掃除するのは大変です。 一度プロの技術でキレイにしてもらうと、その後の掃除も簡単になるだけでなくキレイになったトイレは維持しやすくなります。 トイレクリーニングのプロに聞いたところ、 年に1度の頻度でプロのトイレクリーニングを依頼すると頑固な汚れをためることなく、 キレイなトイレをキープできるそうです。 日々の掃除だけでは落としきれない汚れを、プロの技でスッキリ落としてもらいましょう。 になる料金の相場は、 7,000円~10,000円程度です。 トイレクリーニングをプロに依頼する場合、業者選びも迷うところですよね。 いくつかの業者を比較してみて、気に入った業者に依頼しましょう。

次の

トイレ掃除には重曹を使おう!効果的な重層の使い方

トイレのつまり 重曹

毎日のように利用しているトイレがつまりを起こしてしまったら、はやく解決しなければ日常生活を送ることもままなりません。 そんなときは、多くのご家庭にある重曹とクエン酸を活用して、迅速につまりを解消しましょう。 どちらも体に優しい物質なので、お子さんやペットのいるご家庭でも安心して使用できますね。 重曹とクエン酸を合わせて、お湯で反応させると炭酸ガスが発生します。 トイレのつまりの原因が、たとえば大量に流したトイレットペーパーであるなら、この泡によってほぐされて溶けやすくなり、つまりが解消されるのです。 一方で、つまりの原因によっては自力での解決が困難なケースもあります。 もし自力では解決できなさそうだと感じたら、トイレつまり解消のプロに力を貸してもらいましょう。 無理に自力で修理しようとすると、別の場所まで故障させてしまうかもしれませんよ。 トイレつまりに重曹とクエン酸が効果的な理由 そもそもなぜ重曹とクエン酸の組み合わせが、トイレのつまり解消に効果的であるといわれているのでしょうか。 簡単にいえば、アルカリ性の重曹と酸性のクエン酸を混ぜ合わせて発生する炭酸ガス(二酸化炭素)が、つまりの原因を解きほぐしてくれるためです。 弱アルカリ性の重曹は、トイレに発生しやすい黒ずみやぬめりなど酸性の汚れを中和して落とす効果があります。 また、消臭効果もあるため、トイレのアンモニア臭を取り除く消臭剤としても利用されているのです。 一方のクエン酸は名前の通り酸性で、水あかや尿石などアルカリ性の汚れを落としてくれます。 そのため、このふたつを混ぜ合わせることで、トイレのさまざまな汚れに効力を発揮する、オリジナルの洗剤を作ることもできるのです。 さらに、このふたつの物質が活躍するのは、日常的な掃除の場面に限りません。 トイレがつまったときには両方を便器に投入し、さらにお湯を加えることで、つまりを取り除く炭酸ガスの泡が発生するのです。 炭酸ガスは、一度に大量に流したトイレットペーパー、排水管に蓄積した排せつ物や尿石など、つまりの原因となる物質の分解を助けてくれます。 泡立ってからしばらく放置することで、つまりの原因が徐々に解きほぐされ、流れやすくなるのです。 重曹とクエン酸(お酢)を使った解消方法 ここからは、重曹とクエン酸を使ったつまり解消の手順を説明していきます。 なお、クエン酸が手元にない場合は、同じく酸性であるお酢で代用することも可能です。 事前準備 作業をおこなう前に、まずはトイレの給水管の止水栓を締めておきましょう。 つまっている状態のトイレでうっかり水を流してしまうと、あふれ出してきて状況が悪化してしまいます。 また、作業のなかで便器にお湯を加えることになるので、たまっている水は灯油ポンプとバケツなどでくみ出しておきましょう。 ふだん温水洗浄便座を利用しているという方は、コンセントから電源コードを抜いておいてください。 うっかり濡れてしまったときの感電や、便座からの漏水による漏電といったトラブルを予防することができます。 つまり解消の手順 準備が済んだらさっそく作業をはじめましょう。 必要なのは以下の道具です。 あまりに高温だと便器が割れてしまうこともあり、最悪の場合には便器の交換という事態にもなりかねません。 必ず40~50度ほどであることを確認してください。 つまりの解消は以下の手順でおこないます。 炭酸ガスの洗浄効果を長持ちさせるために、必ず「1:重曹・2:クエン酸(お酢)・3:お湯」という順番で投入してください。 手順1. 重曹を入れる 手順2. クエン酸(お酢)を入れる 手順3. お湯を入れる 手順4. つまりが溶けるまで待ち、水を流す 重曹とクエン酸が反応し、便器のなかで泡立ちはじめたらお湯を注ぎ入れていきます。 その後、つまりの原因が溶けるまでそのまま1時間ほど放置してください。 泡が落ち着いたところで、止水栓を開けて軽く水を流してみましょう。 溢れることなく、水がスムーズに流れてくれれば成功です。 仕上げにラバーカップを使おう! スッポンと呼ばれることも多い掃除道具のラバーカップも、トイレのつまり解消に使うアイテムです。 もしラバーカップをお持ちなら、つまり解消の仕上げとして使ってみることをおすすめします。 重曹とクエン酸を投入して1時間ほどたったあと、水を流さずにラバーカップを数回使ってみましょう。 つまりの原因がさらに解きほぐされ、よりスムーズに水が流れるようになるはずです。 ラバーカップの特徴や正しい使用方法については、以下の記事で詳しくまとめています。 毎日のように手にする道具ではないので使い方を忘れがちですが、いざというときに正しく活用するためにも、ぜひ一度ご覧ください。 突然トイレがつまってしまったら、とても困ってしまいますよね。 そんな厄介なトイレつまりは、できるだけ早く解消したいものです。 しかし、突然起こってしまうトイレつまりは、... トイレつまりに重曹を使う前に知っておきたい!トイレつまりの原因 トイレットペーパーのような水に溶けるものが原因でつまっている場合は、重曹とクエン酸の力で解消することもできます。 しかし、トイレつまりの原因によっては、解消できないこともあるのです。 そこで、正しい方法でトイレつまりを解消するためにも、重曹を使う前にトイレがつまる原因として多い4つを知っておきましょう。 つまりの原因によっては、自力での解決は難しく、業者の力が必要なケースもあります。 トイレに流せない異物を流したこと トイレに流せるものは、基本的に水に溶けるものに限られます。 そのため、水に溶けるトイレットペーパー以外の異物を流してしまうと、トイレつまりの原因となりやすいようです。 以下のような「流しても問題なさそうなもの」であっても、流さないようにしましょう。 ・ティッシュ ・ペットのトイレ用の砂 ・紙おむつ ・小さな固形物(スマホなど) もしこれらのものが原因でトイレがつまった場合、重曹とクエン酸での解消は難しいです。 無理に自分で解決しようとはせず、一度業者に確認してもらうことをおすすめします。 異物がトイレの奥まで入ってしまえば、便器を取り外しての大掛かりな工事が必要になることもあるようです。 トイレットペーパーを大量に流すこと 水に溶けるトイレットペーパーであっても、一度に大量に流してしまえば、つまりの原因となります。 トイレで一度に流せる量には限界があるため、あまりにも多い場合は、数回に別けて流すようにしてください。 一回に流す量の目安としては、ご自身の拳よりも小さい量と考えておくとよいでしょう。 大便 まれなケースではありますが、大便が原因でトイレがつまることもあります。 便が大きすぎたり、硬すぎたりすることで、トイレがつまってしまうようです。 この原因に関して対策をすることはできませんが、重曹とクエン酸でつまりを解消することができます。 もし大便によってトイレがつまってしまったときは、慌てずに重曹やクエン酸を使って解消していきましょう。 もしそれでもトイレつまりが解消されない場合は、ラバーカップ(すっぽん)を使ってみると解決できるかもしれません。 紙おむつなど水を吸収するもの トイレに流さないほうがよいものとして、もっとも注意が必要なのが「紙おむつなど水を吸収するもの」です。 紙おむつなど水を吸収するものは、水を吸収することで膨張していきます。 そんなものをトイレに流してしまえば、ずっと水に浸かったままとなり、どんどん大きくなってしまいます。 結果トイレはつまり、異物を押し出すことだけじゃなく、取り出すことも難しくなってしまうでしょう。 もし手の届かない奥でつまってしまえば、自力で解決することは難しいです。 紙おむつなど水を吸収するものが原因でトイレがつまった場合は、業者を呼ぶのが賢明でしょう。 トイレつまりに重曹を使用する際の注意点 トイレットペーパーや汚れといった軽度の原因であれば、重曹とクエン酸を使ってトイレつまりを自力で解消することもできます。 しかし、トイレつまりに重曹を使用する際には、3つのことに注意しなければなりません。 安全に確実につまりを解消するためにも、3つの注意点を確認しておきましょう。 換気が大事 トイレで重曹を使用する場合は、必ず換気をするようにしましょう。 重曹とクエン酸を混ぜてお湯をかけることで、二酸化炭素の炭酸ガスが発生します。 この炭酸ガスによってつまりの原因が解消されますが、二酸化炭素であるため密室での使用は危険です。 この炭酸ガスを大量に吸い込んでしまうことで気分が悪くなることもあるため、必ず換気扇を回したり、窓を開けたりするようにしてください。 もしどちらの換気方法もない場合は、トイレの扉を開けた状態で作業していきましょう。 重曹を使う際は水を汲み取ることを忘れないのが大事 重曹を使う際は、クエン酸を入れたあとお湯を流し込むため、事前に便器内の水を汲み取っておく必要があります。 もし汲み取り忘れてしまうとお湯を入れた際に、便器内の水が溢れてしまうかもしれません。 また、十分な量のお湯を流し込めないことで、重曹の効果が弱まることにもつながります。 そのため、しっかりと重曹の効力を発揮し、溢れた水の掃除といった手間をかけないためにも、必ず事前に水を汲み取っておきましょう。 濡れた手で電源プラグを触らないこと 重曹を使うかどうかに限らず、トイレつまりを自力で解決しようとするときは、濡れた手で電源プラグを触らないように注意しましょう。 濡れた手で電源プラグを触ってしまうと、感電する危険性があります。 もし住宅の電流で感電してしまえば、死亡事故にもつながりかねません。 トイレの電源プラグに触るときは、必ず乾燥した状態で触るようにしてください。 重曹がない場合のトイレつまり解消法 トイレつまりを自力で解消するには、重曹とクエン酸を使用するのが手軽で簡単な方法です。 しかし、必ずしも重曹とクエン酸があるとは限りません。 そこで、重曹がない場合に使える、ほかのトイレつまり解消法を4つご紹介していきます。 ワイヤーブラシ ワイヤーブラシは、トイレの排水管を掃除するための道具で、長いワイヤーがブラシ状になっていて、奥まで届くようになっています。 そのため、排水管の掃除だけでなく、つまり解消にも便利な道具なのです。 使い方は簡単で、便器内からワイヤーブラシを入れていき、つまりの原因に当たったらグリグリと回してみてください。 よほど大きな異物が原因でなければ、それで簡単につまりが解消されることでしょう。 ついでに掃除もしておくと、つまり予防にもなります。 流水 つまりの原因が軽度なものであれば、水を流し込むだけで解消することもできます。 トイレの水が流れる原理は水位を利用したもので、便器内の水が増えることで排水管に溜まっている水が押し出され、排せつ物と一緒に流れるようになっています。 そのため、トイレットペーパーや付着した汚れといった軽度の原因でトイレがつまっている場合、水が押し出される勢いで解消できることもあるのです。 ただ、水を流し込んでもつまりが解消されない場合、水が溢れ出てくることもある点には注意しましょう。 パイプクリーナー さまざまな場所の掃除に使われるパイプクリーナーでも、トイレつまりを解消することができます。 使い方も重曹同様に簡単で、トイレの便器内に流し入れるだけです。 パイプクリーナーを便器に入れたら、しばらく放置してお湯を流し入れてみましょう。 つまりの原因となっていたトイレットペーパーや汚れが落ちて、いつも通りに流すことができるかもしれません。 一回の使用量や置いておく時間については、お手元の商品に適した用法用量を守ってください。 ベーキングパウダーでも代用可能 お菓子作りが好きな方なら持っているかもしれませんが、ベーキングパウダーを重曹の代用として使用することも可能です。 ベーキングパウダーには、重曹とクエン酸が含まれているため、お湯をかけるだけで炭酸ガスを発生させることができます。 ただ、重曹ほどの洗浄効果は望めないことを覚えておきましょう。 確かにベーキングパウダーには重曹とクエン酸が含まれていますが、酸性剤や遮断剤といったほかの成分も含まれています。 そのため、重曹を使った方法よりも、つまりを解消する効果が弱まってしまうようです。 重曹とクエン酸を使った方法に比べて、ベーキングパウダーを使った方法の効果は、2分の1ほどになってしまうようです。 つまり解消の方法としてよりも、つまりそうなときに利用してみるとよいでしょう。 重曹ではどうしようもないトイレつまりを解消する修理業者の選び方 重曹やほかの方法を試してもトイレつまりが解消されない場合、自力での対処は難しいため、業者に依頼する必要があります。 しかし、業者を利用したことのない方にとっては、どこに依頼したらよいのかわからず、悩んでしまうことでしょう。 そこで、安心して業者に依頼できるよう、トイレつまりを解消する修理業者の選び方について解説していきます。 トイレつまりが解消されるだけでなく、満足のゆくサービスを受けるためには、はじめの業者選びが大切です。 業者のスキルが高いかどうか トイレつまりを修理してもらう以上は、業者のスキルが高いかどうかは大切なポイントです。 不十分なスキルの業者に依頼してしまえば、余分な費用を取られてしまうことも考えられます。 修理業者を利用する際には、スキルが高いどうかを確認しておきましょう。 スキルか高いかどうかを確認するときは、業者の「実績」や「リピート率」をチェックしてみてください。 実績が多くリピート率が高いということは、スキルが高い証明にもなります。 ユーザーからの評判が高いかどうか 依頼予定の業者を利用したユーザーの声を、業者選びのひとつの判断材料にすることもできます。 ユーザーからの評判が高いということは、スキルが高かったり、満足のゆくサービスを受けられたりといった理由が考えられるためです。 ユーザーの評判を確認するのなら「口コミ」を参考にするとよいでしょう。 業者の公式HPや口コミサイトから確認してみてください。 ただ、口コミの情報の扱いには注意が必要です。 口コミは、不特定多数の人が自由に書き込めるため、すべてが真実であるとは限りません。 そのため、すべてを真実であると判断するのではなく、あくまでも参考程度に考えておきましょう。 トイレつまりに関する疑問を解消してくれるかどうか 業者に依頼する際、トイレつまりや料金に関する部分で、しっかりと疑問を解消してくれるかどうかも、業者選びには大切なポイントです。 疑問が解消されず不明瞭なまま依頼してしまうと、知らぬ間に追加料金が発生しており、トラブルに発展するケースもあります。 このようなトラブルを回避するためにも、疑問点は質問するようにして、それに対する業者の対応も確認しておきましょう。 不明瞭な部分がなくなるまで親切に対応してくれるようであれば、信頼できる業者と判断することもできます。 保証内容が充実しているかどうか トイレのつまり修理を業者に依頼する際は、修理後の保証内容も確認しておきましょう。 保証のある業者に依頼することで、万が一つまりの症状が改善されなかった場合でも安心です。 また、業者が保証を付けているということは、それだけ技術に自信があるとも考えることができます。 これは、保証期間が長くなればなるほど、それだけ自信を持って修理をおこなっていると判断することもできるのです。 対応エリアの範囲内かどうか 修理業者を探すとき対応エリアには注意が必要です。 対応エリアの範囲は業者によって異なっており、全国対応や地域密着型などがあります。 そのため、依頼先が業者の対応エリア外であれば、修理に来てもらうことはできません。 また、地域密着型の業者のなかには、隣の県まで来てくれる場合もあります。 しかしこの場合、長距離移動のための出張費がかかってしまうこともあるので、「知らぬ間に追加請求さられた」とならないよう事前に確認が必要です。 業者を探すときは、まず対応エリアの範囲を確認していきましょう。 重曹でトイレつまりを解消して終わりではなくつまりにくいトイレ選びも重要 トイレつまりというのは、気を付けていても少なからず起きてしまうものです。 そのたびに重曹を使ったり、業者を呼んでいたりしては、手間もお金もかかり面倒に感じることでしょう。 そのような面倒を少しでも減らすために、トイレのつまり対策をご紹介していきます。 場合によってはトイレ自体を交換してしまうのも対策のひとつです。 性能の高い便器を使うのが大事 基本的にすべての人が毎日使うことになるトイレは、常に進化を続けて、どんどん高性能な商品が開発されています。 例をあげると、タンクレストイレやウォシュレット、節水機能など、さまざまな機能が普及していっています。 そのため、つまりといったトイレトラブルを少しでも減らすために、より性能の高い便器へと交換してしまうのもおすすめです。 高性能のトイレへと交換することで、トラブル減少だけでなく節約にもつながり、大きなメリットを感じることができるでしょう。 配管の状態を把握するのもポイント トイレがつまらないようにするためには、配管の状態を把握しておくのもひとつのポイントです。 定期的にトイレの配管の状態を確認しておくことで、なにか異常があればすぐに気づくことができるため、早期発見・早期対応することができます。 DIYで配管の状態を確認するのであれば、ワイヤーブラシなどで掃除をする際に、「違和感のある引っ掛かりがないか」をチェックしてみてください。 もし本格的に配管の状態を確認するのであれば、DIYでの作業はやめておきましょう。 配管内を細かく確認するためには、専用の道具や知識が必要になってきます。 そのため、無理にDIYしようとすると配管を傷つけてしまうことにもなりかねないので、プロである業者に点検を依頼するのが安心でしょう。 水に溶けやすいトイレットペーパーに切り替えるのも対策の1つ トイレがつまる原因として多いトイレットペーパーを、より水に溶けやすいものに切り替えるのも対策のひとつです。 トイレットペーパーにもJIS規格が設定されており、この記載があるものであれば、水に溶けやすいと判断することができます。 このJIS規格は、設定された一定の基準をクリアしなければ記載することはできません。 そのため、JIS規格のトイレットペーパーを使用することで、記載のないものよりもトイレをつまりにくくすることができるしょう。 また、料金は高くなりますが、さらに水に溶けやすいトイレットペーパーの使用もおすすめです。 トイレのトラブル解決は生活110番におまかせ! 原因次第では、トイレのつまりは重曹とクエン酸の組み合わせで解消できる場合があります。 どちらもスーパーや100円均一などで販売しているので、常備していないご家庭でも手軽に入手でき費用もお手頃です。 トイレがつまると誰でも焦ってしまうものですが、まずは落ち着いてこのふたつを用意しましょう。 便器に投入するときは「重曹・クエン酸(お酢)・お湯」の順番を必ず守ってください。 また、お湯の温度の調節や1時間の待機なども忘れないよう注意しましょう。 重曹とクエン酸でつまりが解消されなかった場合は、なんらかの固形物が原因であると考えられます。 無理な対処をして状況を悪化させる前に、プロの業者に解決してもらいましょう。 生活110番にご相談いただければ、お住まいの地域の加盟店スタッフを迅速に派遣し、スピード解決を手助けいたします。 24時間365日【無料】で受け付け対応していますので、まずはお気軽にお電話ください。 (この記事は2020年3月13日に加筆・修正しています).

次の

トイレつまりを重曹とクエン酸やお酢で解消するコツとは?

トイレのつまり 重曹

「」なら、 ご相談・お見積りは無料、最短30分で駆けつけてどんなトイレつまりも解消します。 お困りの際は、メール・電話からお気軽にご相談くださいね。 「自分の場合はどうだろう…?」と思った方は、下の具体例も参考にしてください。 流してしまった場合は、 早めに業者に依頼しましょう。 「何か変なものを流した心当たりはないけれど、トイレがつまってしまった…」 そんなときは、トイレの流れが悪くなっていたり、溜まった汚れが原因でつまりを起こしている可能性が考えられます。 特に トイレ自体が古かったり、 流したときに「ゴポゴポ」と音がなる場合は要注意。 以下のような問題が発生しているかもしれません。 トイレタンク内の浮き球やフロートバルブの故障• 汚れが原因で、だんだんと排水管が狭くなっている• 家の外にある「排水ます」がつまっている これらはいずれも、重曹+お酢をはじめとした自力での解決はできません。 とはいえ、意識していなかったところでトイレットペーパーを流しすぎてしまったなどの可能性も考えられます。 お急ぎでない方は、これからお伝えする解決方法を試してみましょう。 それでも解決しなかった場合には、ぜひ私たちにお気軽に相談してくださいね。 水を少しずつ流してみて流れたら完了 1時間程度経ったら、水を少しずつ流してみましょう。 それで水が引いていくようでしたら、詰まりは解消されています! 止水栓・元栓を開き、レバーで水洗して完了です。 ウォシュレットの電源プラグも元に戻しておきましょう。 ただし、 濡れた手で触らないように注意! 重曹以外でのトイレ詰まりの直し方3選 「重曹とお酢を試してみたけど、上手くいかなかった…。 ラバーカップのゴム部分が水に浸るくらいの水量に調整• 排水口に対して水平に、ゆっくり少しずつ押し込む• あまり勢いよく押しまくると、 つまりを悪化させてしまうこともあります。 押すときではなく、 引くときに勢い良く引くのがポイントです。 詳しい使い方は、こちらの記事で説明しています。 チャレンジしたい方は参考にしてくださいね。 ペットボトルでも代用できる! ラバーカップが手元にない場合は、 ペットボトルで代用することが可能です。 サイズは500mLでも1. 5LでもOK。 トイレの排水口にピッタリ収まる方を選びましょう。 ペットボトルを使ったトイレつまり解消手順は以下。 ペットボトルの底を3センチほどでカットする• フタ部分を指で抑え、カットしたほうからトイレの排水口に入れる• ラバーカップのように出し入れを繰り返す このとき、 水の飛び跳ねや手が汚れてしまう可能性がありますので、ゴム手袋を着用し、床の養生はしっかり行ってくださいね。 つまりの原因がトイレットペーパーなどの水に溶けやすいものであれば、 放置しているだけで溶けて解決というパターンももちろんあります。 ただし、以下のようなトラブルも起こります。 いきなり水があふれてくる• 水位が下がって悪臭がするようになる(封水切れ) よって、放置するにも時間制限を設けて様子をみるのが吉です。 1〜2時間しても直らないようであれば、業者に依頼して見てもらいましょう。 しかし、ティッシュペーパーはトイレットペーパーと違って 水に溶けやすくないため、トイレに流れても 排水管でつまってしまう恐れがあります。 <予防方法> 普段からトイレットペーパーの補充を忘れないように。 また、基本的には トイレットペーパー以外のものは流さないという認識でいましょう。 確かにこれらはトイレに流せるようにはなっているのですが、トイレットペーパーに比べるとやはり溶けにくいものです。 お掃除シートや猫砂にも「水に流せる」タイプがありますが、 油断して流しすぎてしまうとつまりの原因となってしまいます。 <予防方法> 一度に大量に流さないよう心がけること。 また、 少し水に浸けておいてから流すことでもつまりのリスクを軽減できます。 最近、特に増えてるのが 携帯電話を落としたというケースです。 <予防方法> 詰まりの原因となりそうなものはできるだけ持ち込まないこと。 また、掃除などの作業をする時は、 トイレのフタを閉めておくと安心です。 トイレはキレイに流れるよう水量を調節して作られているので、適切な量で流さないと流れにくくなってしまうのです。 <予防方法> トイレを流す水の量は、 適切な量になるように設計されています。 <予防方法> こまめに掃除をすることで汚れがたまるのを防止できます。 排水管掃除も含め、 少なくとも月に1回は掃除しておくと安心ですね。 トイレ詰まりの前兆って? トイレがいざ詰まってから慌てて直すより、前もって「詰まってきたかな?」と分かるのであれば対策も取りやすいですよね。 トイレ詰まりの前兆は、以下のような3つがあります。 いつもより便器の水位が高い• 水の流れが悪い• 水を流した時に「ゴポゴポ」と変な音がする 前兆を察知したときには、排水管の掃除をしたり、ラバーカップを使って流れやすくなるか確認したり、なにかしら対策しましょう。 もしそれで直らないようであれば、業者を呼んで診てもらうのが吉。 水に溶けるものが原因で詰まった場合には、 重曹とお酢で詰まりを解消できるかもしれません。 手順は… 重曹を入れて、お酢を入れて、ぬるま湯を入れて、1時間放置。 簡単ですね。 また、重曹とお酢以外にも、 パイプクリーナーや ラバーカップ(ペットボトル)を使って解消する方法もお伝えしました。 「業者に頼む前に自分でなにかできないか」とお探しの方は、ぜひお試しください! もし1回チャレンジしてみてダメだった場合には、私たちのような水回りの専門業者にご相談ください。 お電話から最短30分で駆けつけます。 トイレつまりの原因の追及から解消はもちろん、簡単な清掃まで行います。 何度も使用する大事なトイレですから、私たちが早く・確実に・キレイに解決!.

次の