コーカサス アトラス 違い。 コーカサスオオカブトのご紹介アジア最大!キラっと光る美しき暴君

最強のカブトムシの種類一覧と強さランキングTOP10

コーカサス アトラス 違い

小さいです。 胸角計測で67~68mmくらいでしょうか。 胸角間が強烈にすぼまる、他のカルコソマとは異なる面白い形です。 この大きさでもしっかりモーレンカンプの特徴は出てますね。 上翅が赤めですが、個人的には緑の方が好きです。 こちらは比較用のスマトラコーカサスです。 サイズが大きくなるとさらにいい感じの雰囲気が出るので、次世代が羽化した時に立派なやつを紹介できるといいですね。 前足の付け根にダニが・・・ あと少し動きが鈍いのでプロゼリー食べて元気になってもらいましょう。 ラッキョウみたいな形です。 多分産卵してくれると思いますが念のため。 体重測定しておきました、上が51mmで下が47mmです。 上がモーレンカンプ 下がアトラスです。 モーレンカンプの方が前胸がすぼまっているのがわかると思います。 産卵セット ・ケース ダイソーパン屋さん ・マット マスターズビートルマットとRUSHレギュラーマット 下固詰め上ふんわり ・水分量 やや多め ・管理温度 25度くらい 以上です。 産卵用のマットが足りなかったので、小さ目のケースですが多分産んでくれるでしょう。 結果の方は・・・ とりあえず1週間ほどで卵8~9個でした。 最初の1週間空振りだったのは秘密) 片方は半分ほどの卵が黒ずんでいたりフニャフニャしていますので孵化率低そうですが、もう片方は大丈夫でしょう。 マットも用意できたので今回からは大き目のケースに移し替えています。 2血統用意できているので、それぞれで異なるマットを使用して成長比較でもしようと思っています。 次は幼虫のマット交換&体重測定記事の予定です。 最近のコメント アーカイブ• カテゴリー• 4 メタ情報•

次の

「ヘラクレス」と「コーカサス」の雑種は存在するのか?

コーカサス アトラス 違い

日本のカブトムシは、カブトムシとしては珍しい先が4つに枝分かれした角を持っているため、そういう意味では世界的に見てもレアな特徴を持っているのですが、 その体の大きさ、そして強さに関しては、どうしても外国の大きなカブトムシにはなかなか太刀打ちできません。 そして、そんな数いるカブトムシの中でも、特に最強と謳われているのが 「ヘラクレスオオカブト」と コーカサスオオカブトです。 ヘラクレスは全カブトムシの中で最も大きな体長を持つカブトムシとして知られており、最強の候補としてはまさに筆頭の存在ですが、 このヘラクレスに負けず劣らずの体格を持つコーカサスも、その狂暴な性格と、3本の角によって相手を挟みこんでしまったときには、まさに無敵ともいえる力を発揮します。 ヘラクレスとコーカサスの最強の雑種は存在するのか? もし、ヘラクレスとコーカサスの雑種が存在するとするのであれば、 その結果生まれてくるオスのカブトムシは、 コーカサスが、さらにヘラクレスの長い角をはやしたようなイカしたしたカブトムシになるに違いない!と思った方も少なくないはず。 もしそんなカブトムシがいれば、まさに最強はそいつで決まりだと思いますが、 結論から言いますと、いまだかつて、 そのヘラクレスとコーカサスの雑種はまだ存在していません!残念… ただ、実際にはカブトムシはその別種同士で交配した結果、その 雑種が生まれることもあるといいます。 では、なぜヘラクレスとコーカサスの間にはその雑種が誕生しないのでしょうか。 カブトムシの雑種が誕生するための条件とは? 実は、最強と名高いヘラクレスオオカブトは、コーカサスオオカブトと交配して雑種を生み出すことはできませんが、 「ネプチューンオオカブト」や 「サタンオオカブト」とであれば、 その交配の結果雑種を生み出すことができます。 ではこれはいったいなぜなのかというと、 実はカブトムシと一口に言ってみても、その種類は非常に様々な分類わけがされており、 具体的には「 属」が同じ種類、遺伝情報的にその特徴がよく似ている種類同士のカブトムシでないと、異種交配は難しいとされています。 そして• 「ヘラクレスオオカブト」• 「ネプチューンオオカブト」• 「サタンオオカブト」 は、いずれも「 ヘラクレスオオカブト属」に分類される種類であり、いずれも上下に2本の角を持つためその種が非常に近い関係にあるのです。 一方、 コーカサスはというと、こちらは「 アトラスオオカブト属」というものに分類されます。 そのため、例えば日本のカブトムシと交配させて、下の角の先が4本に分化したヘラクレスオオカブトなども作ることはできません。 スポンサードリンク 雑種は基本的に一代限りしか存在できない 今回の昆虫に限らず、動物界には度々ハイブリッド動物が誕生していますが、 例えばライオンとトラの雑種でライガーというものがいましたが、こういったハイブリッド生物は基本的に生殖機能を持たず、それ以降子孫を残すことができないということがわかっています。 また、種が近いためにこのような動物が誕生してしまいますが、やはりもともと種が違うということもあって、こういう異種交配で誕生した動物は寿命が短く、また病気にもなりやすいという傾向にあるそうです。 そのため、現在では特に理由なくそういったハイブリッド動物を作ることは倫理的な観点から問題視される傾向にあり、台湾ではそのライガーを作ることは法律によって禁止されているそうです。 また、カナダの北極圏では、以前ホッキョクグマとグリズリーの雑種と思われる個体が複数発見されて話題となりました。 このように、同じ種の動物であれば自然界でも雑種は誕生してしまう可能性があるんですね。 それにしても、ホッキョクグマとグリズリーはどちらも熊の中で最大サイズを誇る種同士ですが、こういうもののハイブリッドってかなり怖いですね…。 絶対にそんな地域に行きたくない(笑) それでは、最後まで読んでいただきありがとうございました!.

次の

コーカサス3国ってどんな国?アゼルバイジャン、ジョージア、アルメニア、カスピ海と黒海に挟まれた未知なる国々の魅力に迫る!

コーカサス アトラス 違い

コーカサスオオカブトとは、綱チュウ亜科のである。 のと言われている。 概要 地域に見られる、高地のい土地に生息するで、3本のを持つのが特徴。 オオと似ているが、に色やのなで見分けを付ける。 コーカサスがを言われる所以は、別に3本のを持っているからだけではない。 5本もを持っていても勝ちのだっているし、別にの数は優劣を決める決定的な差にはならない。 このコーカサスオオカブトがたる所以は、その暴さである。 を付けるために残とかいう肩書きが付けられがちなは意外といが、コーカサスオオカブトはとにかく気性が荒い。 、はあまりメスを攻撃したりすることはないが、コーカサスオオカブトは邪魔なヤツなら例えメスであっても容赦なく殺してしまう冷酷さを持ち合わせている。 負けを知らない個体になるとどんどん自信過剰になり、細なことにはどんどん臆さなくなってしまうという。 の数は勝敗を決するではない…といったものの、この3本のはこれまた悪である。 一度相手を挟み込むと、の返しで相手をがっちり掴みこむ。 そして木からで引き剥がし、放るのである。 返しが付いているので相手は引っってようにもられず、暴れれば暴れるほどがっちりされてしまう。 場合によってはこの返しからられず、締め上げられて弱ってしまうor死んでしまうことすらあるのだ。 ちなみに体重もかなり重く、踏んりに関してはなかなか。 飼育 大変に難しく、暴であるため、下手をすると流血沙汰になることもある(が)。 気温の調節も難しく、元の生息地の関係での蒸し暑いの中ではコーカサスオオカブトは生き残れない。 人工孵化もが高く、管理も大変なので、な値段に反してあまりオススメは出来ない。 しかし、いくら生き残るのが難しいからといって、コーカサスオオカブトをの野に放つのはご法度である。 難しい、いうだけで生きている間は気でのの生態系を脅かしかねない暴さを持っているのだから。 ヘラクレスオオカブトとのライバル関係 者、の対抗として、このコーカサスオオカブトがあがることは大変多い。 コーカサスの肩書きがそれだけ大きいが故であろう。 しかし、の対決などをみていると、コーカサスがに負けてしまう場面もよく見られる。 は 最長のであって、 と言われているわけではない。 だが、 較的めな性格のに、コーカサスが負けるがよく見られることも。 もしやコーカサスオオカブトののはなのか? 否、必ずそうではない。 のは長大なを持つである。 一方コーカサスは産のにべれば十二分に長いとはいえ、やオオには及ばない。 このの差こそが、敗因であることは言うまでもない。 が行うと言えば正面からのぶつかり合いであり、との対戦ではコーカサスオオカブトにとって最初から不利な状態でのとなるのである。 もっれはのであるて仕方ないのだが、多少立ち回りの余地を与えたにしたうが、コーカサスオオカブトにとってはよりフェアなとなるだろう。 しかし、に関しては一強と言っても良いところまで専門の意見は一致しつつある。 におけるのは、ただのの栄となっていっているのがであろう。 逆にさえ勝っていれば、コーカサスはほとんどの殺戮と化す。 つまりコーカサスオオカブト寄りの観点で言えば彼のの座は的な意味合いもあるのかもしれない。 実際、重ね重ね記すようにコーカサスオオカブトの暴性はのでも随一である。 での対戦でも見られたように、産ののような、強な一本を持つ相手には意外とひっくり返されることもある。 しかしそれは産ののの特異さ(掬いやすいように枝分かれしている点)からくるものなので、やりづらさもあるのだろう。 実際件のにおいても、産のはを大きく跳ね飛ばす形で一度は負かしている。 という肩書きや、その頑強な外見からは高く、級のとしてもよく用いられている。 関連動画 関連商品 関連項目• スオオ• やマンディフタ、ドゥスオオツワガタなどよりが低かったのは納得いかない。 同じ強さでもコーカサス、パラ、は本来ならば強さ200でもおかしくなかったし、他4体(オウオニ、オオ、ターツワガタ、オオ)とは実際のではかなりの差がある。 特にオウオニは一部の小甲(のとかブトとかーギワガタとか)よりも弱い。 ちなみにはミンオ出身の個体に限ればコーカサスと大きさ、強さはそれほど変わらない。 個人的にはかを推したい。 体重は最重量級だし、足場さえ確保できればコーカサスはおろかにも負けない。 省略しています。 39 ななしのよっしん.

次の