ブラックでもお金を借りる方法。 ブラックでもお金を借りたい。絶対困難な状況で、お金を調達する方法

ブラックリスト入りでも借りれるって本当?

ブラックでもお金を借りる方法

「ブラックでも絶対に借りられる審査が甘い消費者金融ランキング」と題して、アコムやプロミスなどの大手消費者金融カードローンを紹介しているWEBサイトが存在します。 しかし、 超ブラックでもお金を借りられる審査が甘い消費者金融は存在しません。 消費者金融会社がブラックリストに載っている人に融資を行なっても、貸倒れのリスクが高く、借金を返済される見込みがないからです。 アコムやプロミスから融資を受けられたということは、超ブラックでも消費者金融カードローンの審査に通過したことを意味しています。 インターネット上にある情報を真に受けないためにも、 当記事では、「なぜ、ブラックでも消費者金融からお金を借りれたという口コミがあるのか?」というテーマで解説していきます。 しかし、 ブラックでも消費者金融の審査に通過したという人は、そもそもブラックリストに登録されていなかった可能性が高いです。 【消費者金融からお金を借りられない人】• カードローンの返済額を61日以上延滞した• クレジットカードの返済額を61日以上延滞した• 住宅ローンや自動車ローンの返済額を61日以上延滞した• 携帯電話本体やスマホ本体の分割支払いを61日以上延滞した• 過去10年以内に債務整理(任意整理や自己破産)を行なった どのようなローンやキャッシングを利用するにせよ、1年に1回~2回程度の支払い遅延では、ブラックリストに登録されることはありません。 同様に、電気代やガス代の支払い遅延と過払い金の返還請求に関しても、ブラックリストに登録されることはありません。 「ブラックでも消費者金融の審査に通過した」「審査通過した人のなかにはブラックだった人もいる」といった口コミを見た人は、まず「その人が本当にブラックだったのか?」という点を疑いましょう。 長期延滞や任意整理の経験がない人は、返済能力が皆無の超ブラックではないため、ライフカードを発行できる可能性が残されているからです。 ライフカードには、過去に延滞や滞納を起こした人向けの専用カード(通称:チャレンジデポジットカード)が存在します。 「過去に延滞がある方」や「審査に不安のある方」を対象にしている関係上、金融機関から融資を受けられない人でもチャレンジデポジットカードなら発行できる可能性があります。 「過去に延滞がある方」や「審査に不安のある方」を対象にしている旨は公式サイトにも記載されているため、長期延滞や債務整理などの金融事故の経験がない人は、ライフカード株式会社のデポジット型クレジットカード「チャレンジデポジットカード」を検討しましょう。 ブラックリストの登録状況を確認したい人は信用情報の開示をする ブラックリストの登録状況に確信が持てない人は、ブラックでも借りられる消費者金融を探す前に、信用情報の開示請求を行ないましょう。 事前に開示請求をすれば、ブラックリストに登録されているのかを確認できるからです。 特に下記の状況に該当する人は、ブラックリストに登録されていない可能性があるため、信用情報の開示請求をしてみてください。 【ブラックリストに登録されていない可能性がある人】• ローン商品の返済額を数日ほど延滞した• 携帯電話本体の割賦払いで数日ほど延滞した• 過去の延滞を解消してから5年ほどの期間が経っている• なお、CICやJICCといった信用情報機関に開示請求を申し込めば、最短1週間ほどでブラックリストの登録状況を確認することが可能です。 信用情報の開示請求をしたい人は、申込方法や必要書類を知るためにの記事を参考にしてみてください。 超ブラックの人は債務整理を検討したほうがいい 金融事故を起こした超ブラックの人は、金融機関から融資を受けようとせず、債務整理を検討するべきです。 金融事故や債務整理をした事実は信用情報として5年以上残るため、ブラックでも借りられる消費者金融を探すより、債務整理をして借金を減らすほうが負担を減らせるからです。 債務整理には、自己破産や任意整理などの種類があります。 なかでも任意整理は、裁判所を通さずに行なえるため、家族や職場にバレることなく、借金を減額することが可能です。 また、弁護士費用は分割払いが可能です。 一度にまとめて支払う必要がないため、借金を抱えている超ブラックの人でも任意整理できる可能性はあります。 債務整理を検討する際は、金融庁のを利用して、弁護士などの専門家に電話相談してみることをおすすめします。 電話相談は無料かつ土日祝日にも対応しているため、まずは弁護士などの専門家に一度相談してみると良いでしょう。 質屋なら超ブラックの人でもお金を借りられる可能性がある 債務整理に抵抗のある超ブラックの人には、消費者金融などのカードローンではなく、質屋をおすすめします。 超ブラックの人は消費者金融から融資を受けられませんが、質屋ならお金を借りられるからです。 金融機関から融資を受けるには、いかなる人も審査に通る必要があります。 無審査にすることはできず、返済能力のない超ブラックの人が金融機関から融資を受けるのは不可能です。 一方、 質屋は品物を担保としているため、審査なしです。 ブランド物の腕時計やバッグを用意できれば、超ブラックでも品物の価値に見合った金額を借りられます。 債務整理に抵抗のある超ブラックの人には、大手質屋のがおすすめです。 土日祝日も営業している関係上、超ブラックの人でも即日融資を受けられる可能性があるため、借入方法の最終手段として大黒屋を検討しましょう。 超ブラックの人は消費者金融からお金を借りないほうがいい 超ブラックに該当する人は、消費者金融からお金を借りるべきではありません。 超ブラックと呼ばれる人(または超ブラックに近い人)は返済能力が皆無の状態にあり、すでに生活が破綻している危険性があるからです。 【超ブラックの条件】• 金融会社から借入している返済能力のない無職• 金融会社から3社~4社以上のお金を借りている多重債務者• 金融会社からの借入を2か月~3か月以上延滞している金融事故の経験者• 貸金業者から年収の3分の1を超える借入がある総量規制に抵触している人 審査が甘い消費者金融からお金を借りたい超ブラックの人には、クレジットカードやカードローンなど、他社借入が多い傾向にあります。 消費者金融から借りたお金を他社の返済に回す人が多く、いわゆる借金の自転車操業に陥っている状態です。 しかし、超ブラックの人が消費者金融からお金を借りたとしても、結局はその場しのぎにしかなりません。 また、超ブラックの人が消費者金融からお金を借りられる可能性は限りなくゼロに近いです。 どうしてもお金を借りたい超ブラックの人は、まずは自分が消費者金融に審査通過できない事実を受け止めましょう。 ブラック情報が記録されているうちは絶対に審査通過できない ブラック情報が個人信用情報機関に記録されているうちは、絶対に審査通過できません。 三井住友銀行や三菱UFJ銀行などの銀行カードローンはもちろん、アイフルやSMBCモビットなどの消費者金融カードローンの審査にも通らない点は、超ブラックの人が受け止めるべき現実です。 銀行カードローンや消費者金融カードローンの審査では、必ず申込者の信用情報を確認するため、他社借入件数や金融事故の有無を隠し通すことは不可能です。 その点は、審査が甘いと噂されるサラ金や街金などの中小消費者金融も同じです。 また、個人信用情報機関に保管されている信用情報は、消費者金融を含む各金融機関に共有されます。 たとえば、長期延滞などの返済トラブルを起こした場合には、事故情報として信用情報に記録され、他のクレジットカード会社やカードローン会社にも共有されるのです。 つまり、いくら審査の甘い消費者金融を探しても、超ブラックの人が消費者金融からお金を借りることは不可能です。 そのため、 超ブラックの人は審査が甘い消費者金融からお金を借りようとするのではなく、まずは弁護士に相談することをおすすめします。 その際におすすめなのは、 多重債務や債務整理について相談できる「法テラス」です。 法テラスでは、経済的に余裕のない人でも利用できるように、民事法律扶助業務を行なっています。 相談料は無料であり、24時間365日いつでも相談に乗ってもらえる法律事務所もあるため、借金生活から抜け出したい超ブラックの人は、まずはしてみましょう。 超ブラックの人は中小消費者金融カードローンの審査に通らない インターネット上には、「中小消費者金融ならブラックOK」「街金なら審査が甘い」といった記述をしている記事が存在します。 しかし、 超ブラックに該当する人は、街金と呼ばれる中小消費者金融のカードローンでも審査に通りません。 中小消費者金融では、申込者の信用情報をもとに厳正な審査を行なっているからです。 いくら客数が少ない街金であっても、借金を返済できる見込みがない超ブラックの人に融資を行なうほど集客に困っていません。 無審査の消費者金融があるなら超ブラックの人でもお金を借りられますが、中小消費者金融会社の調査をしたところ、審査について下記の記載がありました。 サービス選択時の参考情報を提供することを目的としており、特定目的への適合性、正確性、完全性について保証するものではありません。 アローやセントラル、フタバ、ノーローンなど、いわゆる中小消費者金融でも厳正な審査が行なわれるため、超ブラックの人は消費者金融からの借り入れを諦めましょう。 超ブラックでも闇金からお金を借りてはいけない いかなる理由があったとしても、お金に困っている超ブラックの人は、闇金融業者(通称:ヤミ金)に手を出してはいけません。 闇金やソフト闇金は、国の許可を得ずに貸付業務を行なっているため、正規の貸金業者であることを示す貸金業登録番号もありません。 たとえば、「ブラックokな消費者金融」「ブラックリストでも借りれる消費者金融」など、誇大広告を出している業者は闇金の可能性が高いです 【闇金の過大広告の一例】 「消費者金融 即日融資 ブラックok」「総量規制でも借りれる消費者金融」「ブラックでも借りれる消費者金融」「ブラックリストでも借りれる消費者金融」「無職でも借りられる消費者金融一覧」「消費者金融 ブラック 2ch」「100 借りれる消費者金融」「申し込みブラックでも借りれる消費者金融」「ブラックでも借りれる金融機関極甘審査ファイナンス」「絶対に借りれるカードローン」「絶対審査が通るカードローン」「絶対借りれる個人融資」「絶対貸してくれる消費者金融」「審査がどこも通らないが貸してくれるローン会社」 闇金融業者のターゲットは、正規の金融機関に申し込みしても審査対象外となる超ブラックの人です。 「返済が遅れそうでも融通が効く」「会社に電話連絡もしない(在籍確認なし)」といった甘い言葉で誘惑し、利用者を安心させてから法外な金利で貸付ける悪徳業者です。 闇金融業者は利息制限法(国が定めた金利に関する法律)を破っているため、一度でも利用してしまうと法外な利息が発生し、さらなる借金地獄に陥ります。 闇金融業者からの借入に心当たりのある人は、利用中の金融会社の公式サイトから貸金業登録番号を確認しましょう。 また、貸金業登録番号が記載されていた場合には、に貸金業登録者番号を入力して確認することをおすすめします。 登録貸金業情報検索入力ページに貸金業登録番号を入力し、検索結果に表示されれば、正規の金融機関です。 ただし、登録貸金業情報検索入力ページに貸金業登録番号を入力した結果、正規の金融機関ではなく闇金融業者だった場合には、すぐに警察か弁護士に相談しましょう。 闇金融業者を利用し続けると、悪質な事件に巻き込まれてしまう危険性があります。 超ブラックでも金融業者からお金を借りたいと考えている人は、の記事も確認してみてください。 超ブラックでも給料ファクタリングを利用しない 超ブラックの人であっても、給料ファクタリングの利用はおすすめできません。 給料ファクタリングでお金を借りた場合には、法律の抜け道を利用した多額の手数料を請求されるリスクがあるからです。 給料ファクタリングとは、支給される前の給料を担保にして専門の業者からお金を借りるサービスのことです。 担保にした給料分のお金を審査なしで借りられるものの、借入時に手数料を支払う必要があります。 給料ファクタリングの手数料を制限する法律がないことから、利用するとカードローンやキャッシングの金利手数料よりも多額のお金を支払うことになる傾向があります。 実際、2019年12月に日本経済新聞に掲載された記事には、 給料ファクタリングで法外な手数料が適用される事例が多いため、弁護士から注意喚起がされているとの記載がありました。 【給料ファクタリングに対する弁護士の見解】 給与を事実上の担保として資金を提供し、手数料を要求する「給料ファクタリング」の被害相談が相次いでいる。 金銭の貸し借りではないため利息制限はないが、金利換算では法外な手数料がかかるケースも多く、弁護士などが注意を呼びかけている。 引用元:日本経済新聞 給料ファクタリングの業者はインターネット広告だけでなく、TwitterやInstagramなどのSNSで個人を装い、ユーザーに甘い言葉を投げかけて勧誘を行なっている場合もあります。 どうしてもお金を借りたい超ブラックの人は、「ブラックOK」「ブラックでもお金を借りられる」といった甘い言葉に誘惑されて、給料ファクタリングを利用しないように注意してください。 超ブラックでもクレジットカードの現金化に手を出さない 消費者金融からお金を借りられない超ブラックでも、クレジットカードの現金化に手を出してはいけません。 現金化はカード会社の規約に反する行為であるため、手を出すとクレジットカードの利用を停止されてしまうからです。 クレジットカードの現金化とは、ショッピング機能を用いて購入した品物を売却することで、すぐに現金を手に入れる行為です。 インターネット上には「現金化は違反ではない」と記載している記事もありますが、実際に各カード会社の規約を見てみると、クレジットカードの現金化が禁止されています。 【楽天カードの利用規約】 第2章 カードショッピング条項 9.会員は、現金化を目的として商品・サービス等の購入等にクレジットカードご利用可能枠を利用することはできないものとします。 引用元:楽天カード株式会社 【エポスカードの利用規約】 第4条(カードの利用方法) [5] なお、第8条に定める当社の所有権を侵害し、あるいは現金化を目的とした商品等の購入(記念通貨を除く、現在通用力を有する紙幣・貨幣の購入を含む)等、通常の商品購入とは認められない目的または違法な取引をする目的でカードの利用はできないものとします。 引用元:株式会社エポスカード 現金化をした事実をカード会社に知られてしまえば、 クレジットカードの利用を停止されることから、生活費をすべて現金で支払うことになります。 超ブラックの人はインターネット上の誤情報を真に受けずに、クレジットカードの現金化に手を出さないように注意してください。 超ブラックでもSNSで募集する個人間融資を利用しない いくらお金に困ったとしても、超ブラックの人は個人間融資を利用してはいけません。 ネット上の掲示板やSNSで 個人間融資の利用者を募っている人の大半は、闇金などの悪徳業者か悪意を持った個人だからです。 【個人間融資の被害例】• お金を借りた後に、電話にて脅迫まがいの取り立ての被害に遭った。 先行して身分証と顔の写真を送ったら、相手からの連絡が途絶えてしまった。 前払いでお金を払ったのに、相手からの連絡が途絶えてしまった。 お金を借りられたけど、最終的に性的な関係を迫られた。 個人間融資を利用してしまえば、お金を借りられずに個人情報だけを抜き取られるリスクがあります。 また、 最悪の場合には闇金から融資を受けることになるため、法外な利息や悪質な取り立ての被害に遭って、人生が終わりかねません。 特に「金融ブラックOK」「誰でも融資します」といった甘い言葉を用いている人は、お金に困っている超ブラックの人から搾取しようと画策している可能性が高いです。 消費者金融からお金を借りられない超ブラックの人は、悪意を持った人の甘い言葉に騙されずに、専門家に相談して苦しい現状を打開しましょう。 FP監修者コメント ブラックでもお金は借りられるという話を耳にしたことがある人もいるかもしれません。 しかしながら、そのようの口コミの主は、自分をブラックだと思いこんでいる人の可能性大。 基本的にブラックは借りられないと心するべし! とはいえ、お金が必要なことに違いはありません。 それならば一生懸命に働いて稼ぐ、知り合いから借りる、質屋を利用する等を検討しましょう。 どうしても借りないと無理という場合でも、闇金などには絶対に近づかないで下さい。 まずは法テラス等の無料弁護士にアクセスして、今後どのようにするべきか相談を。 債権整理を勧められるかもしれませんが、自分の人生です。 再生することを考えましょう。

次の

ブラックリスト入りでもサラ金でお金を借りる方法

ブラックでもお金を借りる方法

自己破産とは、裁判所を通じて返済できなくなった借金の支払い義務を免除してもらう手続きのことで、自己破産をするには、弁護士などに依頼して「破産の申立て」と「借金をゼロにするための免責許可の申立て」を行わなければなりません。 免責許可は破産の申し立てをすれば常に決定されるわけではなく、場合によっては「免責が下りずに借金をゼロにする事が出来なかった」というという事もあります。 一般的に免責が下りた人の事を自己破産者といい、自己破産をすると信用情報機関のCICやJICC、 全銀協の3つの信用情報機関の個人情報に事故情報として記録が残ります。 自己破産者になると、CICやJICCは5年間、全銀協の個人情報には 10年間記録が残ります。 それらの記録を保存している信用情報機関は、消費者金融や信販会社、銀行などそれぞれが利用している信用情報機関は異なります。 ただし、事故情報に関しては情報を共有しているので、事故情報があればどの信用情報機関から照会してもわかるようになっています。 自己破産者はお金を借りられない? 冒頭にも書きましたが、自己破産者は新しいカードローンの申し込みをしても審査に通らないと言われています。 カードローンの申し込みをすると、申込書に記載した内容と、信用情報機関の個人情報に基づいて審査を行います。 その時、信用情報機関の個人情報に事故情報が記録されていると、大手消費者金融や銀行カードローンは申し込みをしても審査に通る事がありません。 自己破産をした金融業者からは2度と借りられない 自己破産があっても5年~10年を経過すれば新たな申し込みが出来ますが、自己破産の対象になった金融業者から借りようとすると、 社内ブラックとして過去の情報が残ったままになっているので何年を経過しても2度と借りる事は出来きません。 わざわざ、過去にトラブルを起こした金融業者からは借りずに、今まで取引がない、もしくは融資をきちんと完済している融資会社を選ぶ事がポイントになります。 自己破産者がお金を借りるための条件 自己破産をした人が、新たな借入をするための条件として「免責」がおりていることが必須事項になります。 免責がおりる前に貸してしまうと、破産債権者一覧表に入れられてしまい、破産対象の債権者になる可能性があったり、裁判途中でお金を借りた事がわかると「免責」がおりなくなったりする事もあるので、「免責」前に貸してもらえることはありません。 「免責」がおりると、貸金業者は損金処理をするので、免責がおりた日から5年~10年で信用情報の情報は消えます。 免責確定日から5年~10経過すると信用情報機関の個人情報から事故情報は消えているので、新たなカードローンで借りられる可能性は高くなります。 自己破産をした人の中には、どうしてもお金が必要で「個人情報から事故情報が消えるまで待てない」問人もいますが、 免責を受けていれば5年以内でも借り入れが可能な金融業者もあります。 大手消費者金融へ申し込みをしても審査は通らない 自己破産をした人が大手消費者金融は銀行カードローンへ申し込みをしても、 まず審査に通る事はありません。 それは審査方法によるもので、大手消費者金融や銀行カードローンの審査方法は、コンピューターを使い「お金を貸しても返してもらえる人なのか」を判断します。 申し込みをすると、仮審査で「融資が可能か、いくらまで貸せるか」という判断がわずか数分で結果が出るようなシステムで審査を行っています。 たとえば、申込者の収入や年代や勤務状況などの属性データを入力し、これまで蓄積されたデータの中からよく似たデータを抽出し、そのデータが優良顧客に近ければ、融資の可能性は高くなります。 反対に、信用情報機関の個人情報に、延滞や債務整理などの事故履歴が記載されていると審査をする事無く即座に終了となります。 このように、大手消費者金融の審査方法はスピーディですが、マニュアル通り進められるので、審査基準を満たしていなければ即断られます。 大手消費者金融は債務整理などの金融事故を起こした人へ融資をしても、リスクが高くなるだけなので、無理をしてまで融資をする事はありません。 中小消費者金融なら審査通過の可能性はある 消費者金融は「アコム」や「プロミス」のように大手消費者金融以外に、 中小消費者金融があります。 中小消費者金融は、地元を中心にして貸金業を営んでいる消費者金融で、一時期「金利が高い」とか「融資限度額が低い」「利便性が悪い」などと口コミでもあまり良い評価をされることはありませんでしたが、最近では大手消費者金融と比較してもほとんど変わらい中小消費者金融も増えてきました。 金利は上限金利18. 融資方法は振込キャッシングも可能なところや、提携コンビニATMが利用できるなど、即日融資に対応している中小消費者金融もあります。 顧客対象としているのは 多くの中小消費者金融が顧客対象としているのは、 大手で借りられなかった人や、金融ブラックというレッテルを貼られている人を対象にして積極的に融資を行っています。 大手消費者金融のように、マニュアル通りの審査ではなく、審査に融通性を持たせているので、過去にはとらわれず、現況から判断して返済が可能なら融資が受けられます。 中小消費者金融の審査方法 中小消費者金融は、大手のようにコンピューターシステムを導入して審査を行っているところはほとんどありません。 中小消費者金融は、本来地元を中心に、地域密着型の貸金業を行っていたので、審査方法は、申込者と対面形式で審査をしているところも多く、直接面談をするか、電話で話を聞くという審査方法が多いようです。 最近ではインターネット申込を採用しているところも増えたため、地元だけでなく全国展開をしている中小消費者金融も増えています。 中小消費者金融でも、自社の審査基準を基にして審査を行いますが、大手消費者金融の審査と大きく違うのは、過去のデータにとらわれず、 現在の生活状況や収入状況で判断します。 大手消費者金融や銀行で借入が出来なかった人にも、積極的に融資をしているところもあるので、「免責」さえ降りていれば、中小消費者金融なら、融資をして貰える可能性があります。 中小消費者金融を安心安全に利用するには 中小消費者金融を利用する時に、注意しなければならないことがあります。 それは、中小消費者金融に混じって 「ヤミ金」と呼ばれる悪徳業者が存在する事です。 貸金業を営む時は、県などへ貸金業者としての登録をしなければなりませんが、「ヤミ金」は登録をせずにお金を貸している違法業者の事です。 「ヤミ金」が顧客対象としているのは、中小消費者金融と同じ「大手で借りられなかった人」や「ブラックになっている人」を対象にしています。 「借りるところがどこもない」と焦って申し込みをすると、取り返しがつかないことにもなるので、中小消費者金融を選ぶ時は、十分な注意が必要です。 消費者金融の選び方 中小消費者金融を選ぶ時は以下の事をチェックする必要があります。 「金融庁への登録」があるか 貸金業を営む時は、県や国に申請して登録する必要があるので、登録していない業者は違法業者と考えて間違いありません。 金融庁へ登録している業者かどうかを調べるには、金融庁のサイトにある「登録貸金業者情報検索入力ページ」から調べることが出来ます。 「登録貸金業者情報検索入力ページ」へ入ると、検索用入寮フォームがあるので「登録版後」や「所在地」「商号・名称」「代表者」電話番号」のいずれか一つを選び、入力して検索開始ボタンを押すと、登録業者名が表示されます。 項目に入力しても検索で出てこない場合や、入力項目と違う業者名が出てきた時は違法業者の可能性が高いです。 ただ、「金融庁に一度登録し、登録番号を得た上で悪質な貸金業を行っている業者」や「実在する消費者金融を名乗ったダミー会社」もあるため、ここに見つかっただけでは安心すべきではありません。 日本貸金業協会が悪質業者としていないか 日本貸金業協会には、金融庁の「登録貸金業者情報検索入力ページ」と同じように「悪質業者の検索」が可能です。 口コミなどの情報も役立ちますが、怪しいと思った時は、これらの検索機能を利用して、違法業者にかかわらないようにする事が大切です。 まとめ 自己破産をした人がお金を借りる場合、 中小消費者金融なら融資が可能です。 中小消費者金融は顧客獲得のために努力してしますし、大手消費者金融とほとんど変わらないサービスを提供しています。 最近は中小消費者金融のほとんどが、インターネットから申込みも可能ですし、今はわずかですが、 即日融資に対応している業者音も徐々に増えています。 「自己破産をしているからお金は借りられない」と言ってあきらめるのではなく、申込先を中小消費者金融まで範囲を広げれば、融資をしてもらえる正規の金融業者がきっと見つかるはずです。

次の

ブラック借りれる

ブラックでもお金を借りる方法

ブラックでもお金を借りたい!どんな方法があるか調べてみた ブラックにも色々あります。 借金の返済に本当に苦しみ、やっとの思いで債務整理にこぎつけて肩の荷を下ろしたばかりだという人ももちろんいるでしょう。 また、ブラックリストに登録されたのはずいぶん前の話で、あとは信用情報から事故情報が消えるのを待つばかりだという人だっていると思います。 信用情報に何らかの事故情報が残っているブラック状態では、基本的には金融機関からはお金を借りることができないというのが一般的な認識ですが、制限期間中はもうどこからも一切お金を借りることができないのでしょうか? 実は、• 知識がないまま何社にも申し込みをして、申し込みブラックになってしまった• 忙しさにかまけて延滞を放置してブラックリスト入りしてしまったものの、現在すでに延滞は解消している といったレベルのブラックなら、全く借りる先がないわけではありません。 そこで、大きな宣伝をしていない中小消費者金融や公的機関の融資制度など、ブラックであっても「現在の返済能力」次第で借りられる方法をご紹介します。 意外と知られていない!公的機関が行っている支援制度を探してみる 認知度は高くありませんが、低利で安全に借りられる公的機関の融資制度。 利用条件に当てはまるなら非常におすすめです。 生活福祉金貸付制度とは 生活福祉資金貸付制度とは、 収入が少ない世帯を対象に市区町村の社会福祉協議会が窓口となって国が無利子、または低金利でお金を貸す制度なのですが、分かりづらい部分もあってあまり知られていません。 誰もが利用できる制度ではありませんが、借り入れに際して金融機関のように信用情報機関に照会などはしないため、ブラックリスト入りしていたら絶対に借り入れができないということはなく、条件を満たせばかなりお得にお金を借りられます。 現在ブラック状態ではあるけれど、すでに延滞状態も解消されていているような場合には申請を考えてみてもいいかもしれません。 原則、連帯保証人が必要とされていますが、連帯保証人を立てなくても借りることはできます。 ただ、連帯保証人を立てれば無利子で利用することができますが、連帯保証人を立てない場合は年1. 5%の利子が発生する点も留意しておきたいです。 生活福祉金貸付制度を利用できない場合は生活保護も…! 生活福祉資金貸付制度は返済できる見込みのある人でなければ利用することができません。 ですから、病気や障害などで就業できないなど、借りたお金を返済できる見込みがない場合には生活保護の申請を考える方が適切でしょう。 お金を借りる方法ではありませんが、知識として知っておいて困ることはないはずです。 受給できる人は以下の条件をすべて満たす人です。 売却をして生活費に充てられる預貯金や不動産などの資産を持っていない• 様々な理由によって働くことができない、または収入があっても最低生活費に満たない• 年金や手当など他の制度で給付を受けられない• 親族等から援助を受けることができない 生活保護の申請窓口は、現在住んでいる地域の福祉事務所です。 たとえ収入があっても、最低生活費に満たなければ足りない分を保護費として受給することもできます。 条件を満たせばブラックでも利用できる消費者金融がある! 金融機関は信用情報に登録されている情報を非常に重視しています。 その中でも銀行カードローンは最も厳しく、信用情報に事故情報が登録されていれば例外なく確実に審査に落ちます。 ただ、消費者金融の中には、信用情報に登録されている過去の情報より現在の返済能力を重視する会社もあるため、そうした金融機関に申し込みをすれば審査に通過する可能性があります。 中小消費者金融ならブラックでも借りられる? 大手消費者金融の多くはメガバンクの傘下に入っている関係上、どうしても慎重な審査をせざるをえません。 ところが中小消費者金融はそうした大手消費者金融で契約を断られた人への融資にも柔軟に対応しているケースが多く、たとえブラックであっても現在の状況を見て返済能力があると判断されれば借りられる可能性はあります。 ただ、ブラックであっても融資をしてもらうには、• 貸金業者登録番号が正しいか• 金利が20. 0%以下か• 連絡先が固定電話の番号であるかどうか を必ず確認するようにしましょう。 必ず貸金登録業者かどうかを確認すること! 貸金業者登録番号はただ記載してあるのを確認するだけでは不十分です。 悪質な業者は架空の登録番号を使用したり、他の業者の登録番号を使用したりしていることがあるからです。 本当にその番号が正しいかどうか金融庁のホームページにある「 登録貸金業者情報検索サービス」などを利用して必ず確認してください。 また、利息制限法や出資法によって消費者金融の貸付金利の上限は年20%までと法律で定められていますから、それを上回る金利を設定している業者は違法業者です。 決して利用しないようにしましょう。 そして、正式な登録を受けている貸金業者は、固定電話番号や場所を特定するフリーダイヤルを利用しなければならないので、広告などに住所と固定電話番号が記載されているかを確認してください。 連絡先が携帯電話番号の場合は要注意です。 違法業者は取り締まりを恐れて特定の住所に店舗を構えずに営業しているケースが多いので、携帯電話の番号を連絡先として使用していることが多いからです。 ゼッタイだめ!闇金に手を出すくらいなら迷わず債務整理を! 闇金とは正式な貸金業の登録を行わずにお金を貸している業者を指します。 闇金の恐ろしさとは? 闇金は貸金業者として正式に登録をせず、通常では考えられない違法な高金利で融資を行っているので、いったん借りてしまったら永久に完済できなくなってしまいます。 利用者が借金を完済しようとしても、半永久的に利息の支払いを継続させるためにあの手この手で取引が終了しないよう巧みに誘導するのが彼らの手口ですが、しかし、闇金の本当の恐ろしさは、利用者がいよいよ返済できなくなってきた時に本領を発揮するといってもいいでしょう。 昼夜を問わず何度も督促の電話をかけてくるなどは当たり前で、ありとあらゆる脅迫や嫌がらせを繰り返し、挙句の果てに年金や生命保険を担保にとってしまうような業者も実際に存在します。 そんな業者と関わって精神的に追い詰められ、相手のいいなりになってしまったら人生が大きく狂ってしまいかねません。 どこからも借りられない場合にはどうする? 大手消費者金融はもちろん、紹介した上記の方法でも借り入れができないという場合でも闇金からだけは絶対に借り入れをしてはいけません。 闇金を利用するくらいなら債務整理をしましょう。 その方がはるかに建設的です。 よく、債務整理をしたら周りに借金をしていたことを知られてしまうのではないかと心配する人がいますが、実際には自分から話さない限り他人に知られることはほとんどありませんので安心してください。 債務整理は法律に則って借金を減額し、または免除する手続きですから「お金が必要なのにどこからも借りられない」、「借金の返済ができなくなってしまった」という場合には、無理をして借金を繰り返さず、まずは専門家に相談することです。 また、債務整理には• 任意整理• 個人再生• 特定調停• 自己破産 の4種類の整理方法がありますので、自分の希望や状況に合わせた解決方法を検討できます。 ただ、債務整理を行うと借金の大幅な減額や免除といったメリットがある代わりに、手間がかかる、ブラックリストに登録されるため一定期間は各種ローンやクレジットカードの契約ができないといったデメリットが生じるのも確かです。 しかし、それも一定期間のことです。 5年~10年間の借り入れ制限は長く感じるかもしれませんが、自分の金銭感覚を振り返り、借金に依存する生活を立て直すいい機会だと考えましょう。 もちろん、一定の期間が経過し、事故情報が信用情報から削除されればまた金融サービスを利用することができます。 事故情報が削除されたかどうかは、信用情報機関に自分の信用情報の開示請求をすればカンタンに確認できますので、自分の状況を知りたい場合にはぜひ手続きをしてみてください。 闇金に手を出す前に安心安価な法律事務所に相談を.

次の