朝日放送 中途採用。 tv asahi

テレビ朝日への転職(中途採用・求人・年収・面接)内定術

朝日放送 中途採用

小林 弘典 制作局制作一部• 須藤 有加 制作局制作二部• 岡本 伸吾 制作局ドラマ制作部• 宮崎 陽平 制作局ドラマ制作部• 井桁 永介 情報制作局情報一部• 戸谷 潮 報道・情報開発部(情報制作局情報二部)• 室谷 陽太 報道局映像取材部• 李 民和 報道局社会部• 中村 紘 スポーツ局スポーツニュース部• 小西 孝典 スポーツ局中継制作部• 七澤 徹 スポーツ局スポーツ番組制作部• 秋本 壯樹 営業局ネットタイム営業部• 山本 杏奈 営業局ネットタイム営業部• 国山 ハセン アナウンスセンター• 山本 里菜 アナウンスセンター• 小島 健之 事業局事業部• 中森 卓也 編成局 宣伝部• 平岡 紗哉 グループデザイン室(プレミアム・プラットフォーム・ジャパン出向)• 桝本 瑠璃 ビジュアルデザインセンターデザイン部• 團野 慎太郎 ビジュアルデザインセンターデザイン部• 佐藤 風太 ビジュアルデザインセンターデザイン部• 山根 卓也 技術局技術推進部• 高橋 知大 情報システム局AIデータ推進部• 藤居 翔吾 グループデザイン室(プレゼントキャスト社現職出向)• 吉田 洸 技術推進部(東通第2テクニカルセンター音声技術部 出向)兼 制作技術統括部• 今村 和樹 技術局放送設備計画部 VOICE 若手社員がリレー形式でお届け!.

次の

テレビ朝日への転職(中途採用・求人・年収・面接)内定術

朝日放送 中途採用

NHKの転職難易度&入社のコツ 日本放送協会(NHK)は国内・海外に情報を発信する大手放送局です。 日本に住む人ならだれもが知っている抜群の知名度はもちろん、事業の安定性や待遇の点でも転職者から人気の会社です。 NHKへ転職する場合、「キャリア採用」という形での採用となりますが、一体その転職難易度はどれくらいなのか、気になっているという方も多いですよね。 ここからはNHKの転職難易度や入社のコツについて解説していきますので、応募前にぜひご一読ください。 NHKの転職難易度は高い NHKで行われるキャリア採用は通年の記者採用に加え、「秋採用」「冬キャリア」など各時期ごとの採用で行われています。 全ての職種で通年募集があるわけではないため、NHKで希望の職種に就くのは難しく、また転職希望者も多いため採用倍率も高いと言えるでしょう。 しかしNHKは全国に支局を持つ放送局。 他の民放と比べ職員数が多く必要となりますので、募集人員自体は多局よりも多いと考えられます。 NHKへの転職は確かに困難ですが、自分の熱意やスキルを上手くアピールできれば入社も可能です。 NHKに入社するには NHKに転職するためには、もちろん職種に合ったスキルや業務経験、NHKに入社したいという強い気持ちが必要となります。 しかし、特に転職が初めてという方はエントリーシートや面接でうまく力を発揮できない可能性もあるでしょう。 NHKに入社するにはNHKに内定しやすいやり方、考え方で転職を進めていくことが大切。 転職が不安な方におすすめなのは「信頼できる転職エージェントの利用」です。 転職エージェントなら面接・エントリーシートの対策を行ってくれますので、転職が初めてという方にも安心です。 おすすめの転職エージェントについては後述の「【NHK】おすすめ転職エージェント5選」で詳しく説明していますので、まだエージェントに登録していないという方はぜひチェックしてくださいね。 NHKに転職したい!会社概要と事業内容 ここからは、NHKの会社概要と事業について見ていきます。 NHKは他の民放(「民間放送」の略)と異なり、放送法という法律に基づいて設立された法人です。 そのため、他局にはない独自の使命や制度があり、「NHKの風土に馴染めなかった…」という方もいます。 転職前に、まずはNHKの概要、事業について押さえておきましょう。 NHKの会社概要 まずは、NHKの基本情報について見ていきます。 正式名称 日本放送協会 会長 上田 良一 設立 1950年 本部所在地 東京都渋谷区華南2-2-1 放送局数(国内) 54局 放送局数(海外) 30局 職員数 10,318人 NHKは国内、海外合わせて84局もの放送局を持ち、世界各地に情報を発信しています。 放送法に基づき設立されたという背景から、NHKは「公共放送」を行うことができる国内唯一の放送局となっています。 NHKで特徴的なのは「視聴者から受信料を徴収する」というシステム。 民放のようにスポンサーとなった企業からお金をもらうと公平な放送を行いにくいことから、NHKは「受信料制度」という独自の制度を取っています。 受信料については放送法で定められている通り「すべての視聴者の皆様に公平に負担」してもらう必要がありますので、受信料徴収という業務もNHKの仕事となっているのです。 NHKというと少しお堅いイメージがありますが、公共放送を行うという使命のもと、「視聴者のみなさまの要望に応えること」を最大の指針としています。 最近では視聴者の変化に合わせバラエティー番組などにも力を入れているため、「NHKのイメージと自分の経歴が合わない」という方でも採用の可能性は十分あるでしょう。 NHKの事業 NHKの事業は放送法に規定された「国内放送」「調査研究」「国際放送」などの業務を行っています。 誤解されやすいところですが、放送法があるからといってNHKが「国のための」報道を行っているわけではありません。 「放送による表現の自由を確保すること」という言葉が放送法にあるように、国民の利益となる放送を行うことがNHKの使命なのです。 ここからはNHKの業務について主力事業を中心に解説していきますので、ぜひ事前にご一読ください。 国内放送 NHKの国内放送は、普段私たちがNHKで視聴できる放送のことを指しています。 テレビで見ることができるNHKの放送は基本的に「総合テレビ」「Eテレ」「BS1」「BS1プレミアム」などとなりますが、NHKは他に「ラジオ第1・第2」「FM」でラジオ番組も制作しています。 番組の種別は「教養番組・教育番組・報道番組・娯楽番組」となっており、教養・娯楽に関してはNHK独自の番組ジャンルとも言えそうです。 NHKが制作している番組のジャンルは広いため、国内放送の仕事であればあなたの様々な経験が生かせるでしょう。 調査研究 NHKが行う「調査研究」とは「放送と受信の進歩発達に必要な調査研究」のことです。 この調査研究は放送法にも定められており、「NHK放送文化研究所」、「NHK放送技術研究所」などの専門施設で日々放送に関する研究を行っています。 放送技術に関する独自の研究所を持つ放送局は現在、日本国内ではNHKのみとなっています。 「放送文化研究所」では他メディアの研究や世論調査、ことばに関する研究、「放送技術研究所」では8Kスーパーハイビジョンに関する研究、放送用デバイス・材料に関する研究などを行っています。 国際放送 国内で見る機会が少ないためあまり知られていませんが、NHKは「NHKワールドTV」「NHKワールドラジオ日本」などで国際放送を行っています。 国際放送は放送法にもある通り「法人向け国際放送及び外国人向け国際放送を行うこと」とされていて、海外向けの情報発信事業として現在まで運営されてきました。 「NHKワールド」では日本国内のニュース渡航情報を発信しており、日本語だけでなく世界各国の言語に対応しています。 国内でもNHKの国際放送を視聴することができますので、気になる方は公式サイトをチェックしてくださいね。 中途でも転職できるNHKの職種 ここからはNHKへの転職で応募できる職種について紹介していきます。 NHKの職種は多彩ですので、「どの職種が自分に合っているか分からない」ということもあるでしょう。 職種や仕事内容について詳しく知りたいという場合は直接NHKに問い合わせるか、転職エージェントを通じて仕事内容を聞いてみるとよいでしょう。 通年キャリア採用の職種 まずは、通年採用の職種に関しての説明です。 現在通年採用されている職種は記者のみですが、今後採用制度について変更などがある可能性もあります。 通年採用の場合は時期に関わらず応募ができますので、NHKで記者として働きたいという方はまず公式サイトに登録してみましょう。 記者 テレビ局の仕事と言うとまず思いつくのが記者のお仕事です。 記者の仕事は大きく「取材」と「原稿作成」に分かれています。 取材と原稿作成の業務を別々のグループが行うことも多くありますが、人数の少ない地方の支局などでは同じグループで両方のお仕事をする場合もあるようです。 NHKの場合、取材と原稿作成の仕事を分けて募集しているわけではありません。 どちらの仕事を主にすることになるかは転職時の面接や求人次第ですが、文章の作成経験や関連の資格などがあると自分の能力をアピールしやすくなるでしょう。 その他キャリア採用の職種 NHKでは時期によって様々なキャリア採用を行っています。 2018年10月現在は「冬キャリア」という形で募集が出されていますが、季節によって「秋採用」なども行われていますので、公式サイトを随時チェックしておくことが大切です。 採用職種も求める人員の数によって変化します。 「この職種に転職したい」という希望がある場合募集状況について適宜確認するか、追加の募集枠について問い合わせをしてみるとよいでしょう。 ここからは数々のNHKの職種を大きく3つに分け、紹介していきます。 NHKへの転職を検討している人はぜひチェックしてくださいね。 番組の企画制作・取材 NHKの番組制作に関するお仕事はまとめて「企画制作・取材」と呼ばれているようです。 この分野に含まれる職種は特に多く、アナウンサーやカメラマン、ディレクターなど良く知られた仕事も含まれています。 各業種に関する詳しい説明は求人票からも確認できます。 現在冬キャリアで募集されている「映像デザイナー」「映像制作」も番組に関するお仕事です。 多くの人の利益となる公平な公共放送を行うため、多くの社員が日々番組制作に取り組んでいます。 放送技術 放送技術とは、より便利で分かりやすい放送を実現するため、システム面からNHKを支えるお仕事です。 技術職となりますので、放送技術の仕事に就くにはプログラミングなど専門的な技術が必要となるでしょう。 2018年現在、キャリア採用の募集はされていませんが、転職エージェントの保有する非公開求人の中に関連職種の募集が出されている可能性があります。 放送技術職希望の方はNHKに直接問い合わせをするか、転職エージェントなどへの相談を行ってみましょう。 放送事業のマネジメント 放送事業のマネジメントに含まれる職種は「放送管理」と「営業企画」の2つです。 放送管理の仕事は主にコスト・人事面の管理や番組編成です。 一般的な会社で言うと経理や財務の仕事もこの放送管理という仕事の中に含まれています。 営業企画は主に受信料に関するマネジメントを行う仕事です。 実際に受信料を徴収する地域スタッフのマネジメントに加え視聴者の方への対応、徴収方法の改善業務も行います。 テレビ局以外での業務経験を生かすことができる職種ですので、経理や営業、企画などとして働いてきた方におすすめです。 転職するなら見ておきたいNHKの職場環境 NHKは新卒市場だけでなく転職市場でも人気の企業です。 しかし転職者からの人気が高いからといって全ての人がNHKへ転職すべきというわけではありません。 実際に働くうえで大切なのが職場の環境や福利厚生など、求人票からは見えにくい部分です。 ここからは複数の口コミサイトを参考に、NHKで働く人からの評判を集めました。 NHKへの転職を検討している人はぜひ応募前にチェックしてくださいね。 仕事内容とやりがい まずは、転職するうえで最も気になる仕事内容についてです。 NHKの仕事は非常に公共性が高く、• 「社会貢献をしている実感がある」• 「公共放送を担っているという使命感がある」 という声が多数ありました。 また、入社後のサポートに関しても評価が高く、• 「困っていたら助けてくれる」• 「入社後の研修が充実している」 という意見が大多数でした。 一方で• 「すぐ現場に出させられる」• 「講師の質にばらつきがある」• 「実践の中で仕事を覚えるよう言われる」 という意見もあり、雇用形態や時期によっては満足のいく研修を受けられなかったというケースもあるようです。 また、研修はかなりスピード感のあるものとなっているため、「じっくり研修を受けたい」とう人は戸惑ってしまうかもしれません。 前職での経験が豊富な方は研修にもすぐ馴染めると考えられますが、未経験の業種に応募する予定だという方は注意が必要です。 福利厚生 有名な法人ということもあり、福利厚生については非常に高い評価となっています。 基本的な福利厚生はそろっており、結婚・出産祝い金などの制度もあるようです。 「有給が取りやすい」• 「設備が整っている」• 「健康面のフォローが手厚い」 などポジティブな声が多く、転職後の福利厚生については期待できるでしょう。 一方アルバイト、派遣社員として入社する場合使える制度が制限される場合もありますので、どの制度が利用できるのか、事前に聞いておく必要があります。 職場の雰囲気 職場の雰囲気については• 「みんなが助け合える環境」• 「知的水準の高い会社」 という意見がある一方で、• 「伝統的な縦割り社会」• 「年功序列的で、若い人が活躍しずらい」• 「中途入社の人や女性は評価面で不利」 といった意見も目立ちました。 中途入社の方が不利だと考えられるのは、NHKの人事評価制度によるものです。 NHKは短期間ではなく非常に長いスパンで社員の評価を決めるため、勤続年数が少なくなりがちな転職者は不利になることもあると考えられます。 しかし、転職者に対する評価として、• 「中途社員が活躍している」• 「転職してきた人の方が年収が高い」 という声もあるので、転職してきた方の評価に関しては本人の実力と上司の考え方によるところが大きいようです。 職場の風通しのよさは部署によって異なるようなので、転職前に希望の部署についての情報収集をすることが大切です。 転職する前に確認したいNHKの残業時間 NHKへの転職を考えているなら知っておくべき残業時間。 世間ではよく、「テレビ局の仕事はハード」と言われるため、テレビ業界で働いたことがない方にとって残業の多さは非常に気になるポイントですよね。 確かにテレビ局は年中無休で視聴者のために番組を作成・放送しなければならないので、全ての人が休日をしっかり取れるという環境にあるわけではありません。 しかし昨今は「働き方改革」が多くの企業で推進されているため、「テレビ局でも前よりは残業が減った」という声もあります。 ここからはNHKの残業について転職者が気になるポイントを解説していきます。 NHKの残業は今どうなっているのか、仕事はどれくらいハードなのか、転職前にぜひチェックしてみてくださいね。 NHKの仕事がハードな理由 一言で言うと、NHKをはじめとした大手放送局の仕事はハードです。 もちろんどれだけ残業が多いかは部署にもよりますが、特に番組制作に関わる職種の場合は休日にも出勤の要請が来ることもあります。 NHKなど全国規模の放送局で仕事がハードになってしまう理由は主に• ニュースや災害は日を選ばないから• 番組制作に締め切りがあるから• 適当な情報を放送できないから の3つです。 ここからは「テレビ業界への転職が初めて」という方向けに以上3つの理由を一つずつ解説していきますので、応募前にぜひチェックしてください。 事件や災害は日を選ばないから これは当たり前のことかもしれませんが、事件や災害は職員の勤務時間を狙って起こるわけではありません。 深夜や休日に大きなニュースがあれば、例え家でくつろいでいるところでも職種によっては出勤の必要が出てくるでしょう。 報道すべきニュースが続けば何日も家に帰れないということもあります。 特に番組制作に関わる職種であれば、時間的にハードな勤務となってしまうことも十分考えられるでしょう。 番組制作に締め切りがあるから 多くのテレビ局は、実際に番組が放送されるはるか前に番組の詳細や放送日時を決め、決定した通りの時刻に放送できるよう準備を進めます。 番組が期日までに完成しなければ他の社員はもちろん多方面に迷惑をかけてしまうこととなりますので、制作の締め切りは必ず守らなくてはなりません。 職種によっては番組を期日までに完成せるため徹夜で作業することもあり、体力に自信のある方でなければ長く勤めていくのは難しいでしょう。 適当な情報を放送できないから いくら放送の締め切りが迫っているからといって、取材や情報収集をおざなりにすることはできません。 NHKは公共放送としてより正しい情報、多くの人の役に立つ情報を放送する必要があります。 たとえ期日が迫っていても正確な情報収集のため、可能な限り番組制作チームは努力をしなければなりません。 また、完成した番組の正誤を厳しくチェックする必要がありますので、そのぶん職員の業務量は増えてしまいます。 NHKで働く人の残業時間 NHKで働く人の残業時間について、NHKが発表した正確なデータはありませんが複数の口コミサイトに寄せられた意見をまとめると、平均残業時間はおよそ40時間くらいとなっているようです。 しかしこの残業時間に関してはアルバイトや派遣社員の方の勤務状況も含まれていますので、正社員だけに限ると平均残業時間がかなり増加する恐れもあります。 部署によっては• 「休日は無いと思った方が良い」• 「代休なしの休日出勤がある」• 「締め切り前なら終日は働くこともある」 といった状況もあり、やはり働き方改革を進めていると言っても勤務時間に関しては厳しい状況があるようです。 正社員として働く方の中には月150時間もの残業をしていたという方もいますので体力面での辛さは相当なものでしょう。 前職でもハードな仕事をしていたという方であればNHKの仕事にも馴染んでいけるでしょうが、「長時間働くのは避けたい」という方であれば契約社員などとして入社するのも一つの手です。 NHKへ転職後の年収・待遇は? NHKへの転職を考えている人がもっとも気になるのは年収や給与ですよね。 テレビ局は民放含め他業種より高収入となっていますが、NHKの場合どのような給与体系となっているのでしょうか。 ここからはNKHの平均年収と他テレビ局との年収比較についてお伝えしていきますので、転職する前にぜひチェックしてください。 NHKの平均年収 NHKが公表している財務データより算出した平均年収は「1124万円」となっています。 平均年収が1000万円を超える会社は非常に少ないため、NHKに転職すれば一般的なビジネスパーソンよりも収入的に豊かになる可能性が高いでしょう。 しかし、NHKの給与制度は年功序列的な要素が大きいため、若い世代(30代)での年収は• 30歳で532万円• 35歳で669万円 (「NHKよくある質問集」より) となっており、他の大企業と比べて著しく高いというわけではありません。 しかしこの年収は大卒総合職、一般職の職員全体のデータ。 大卒総合職に限ってみれば年収がさらに上がる可能性も高いと言えるでしょう。 また管理職として活躍するのであれば、部長クラスでおよそ2000万円という高い給与をもらうこともできます。 「若いうちは年収が上がりづらい」という声もありますが、順調にNHKでのキャリアを積めば1000万円超の給与をもらうことも十分可能です。 NHKの残業代・手当 NHKでは基本給に加え、管理職になるまでは手当や残業代が付きます。 社員に支給される手当は様々ですが、住宅手当など基本的な手当はしっかりとそろっています。 手当に関する口コミも高評価なものが多く、実際の年収は額面+100万円ほどになっているという声もありました。 残業代については• 「基本的に全額支給される」• 「働いた分だけ給与になる」 という声も多数ありましたが、一方で• 「残業代がつかないこともある」• 「仕事が終わらなければサービス残業するしかない」 といった意見もあり、残業した分がそのまま給与になるというわけではないようです。 現在、NHKは働き方改革の一環として、職員に残業時間の上限を設けています。 しかしNHKの仕事は非常にハードなため、上限いっぱいの残業時間では足りず、忙しい部署では「上限の3倍働いている」というところもあるようです。 働いた分が給与にならない辛さから退職を検討する方もいるので、自分が希望する部署の残業状況については事前に聞いておく必要があるでしょう。 同業他社との年収比較 NHKの同業他社と言うと、フジテレビやTBS、日本テレビなど高給で有名な企業が並びます。 有価証券報告書をもとに他テレビ局の年収をチェックすると、 テレビ局 平均年収 TBS HD 1661万円 フジ・メディア HD 1485万円 日本テレビ HD 1427万円 テレビ東京 HD 1375万円 テレビ朝日 HD 1373万円 となっており、NHKより平均年収は高水準です。 他テレビ局と比べると少し見劣りのするNHKの給与ですが、「東洋経済」が発表した「平均年収が高い会社ランキング」によると平均年収1000万円超の企業はわずか41社。 NHKは特殊法人であるため、東洋経済が発表したランキング自体には入っていませんが、純粋に平均年収で考えれば、一般的な会社の中でNHKは非常に高給な組織だと言えるでしょう。 NHKへの転職におすすめ!エージェント3選 NHKへ転職するには、公式サイトからWEB登録を行いエントリーシートを提出する「直接応募」という方法があります。 直接応募の場合、公式サイトの採用ページから自分のキャリアなどの登録が必要です。 詳しい募集要項については登録後、個人ページから確認できます。 しかし、NHKは転職市場で非常に人気の法人ですので、直接採用の難易度は高いと言えます。 また、転職が初めてという方にとって直接応募には心理的なハードルもありますよね。 直接応募以外に有効なのは、「転職エージェントを利用する」という方法です。 転職エージェントなら• 面接・エントリーシートのアドバイスがもらえる• あなたに代わって待遇交渉をしてくれる• 条件の良い非公開求人を紹介してもらえる などのメリットがたくさんあります。 転職エージェントには複数登録がおすすめですので、すでに登録しているという方も改めてここから紹介するおすすめエージェントをチェックしてくださいね。 サポート力が高評価の パソナキャリアは、NHKなどのテレビ業界の求人を93件扱っています。 パソナキャリアは、 キャリアコンサルタントの質の高さに定評があり、2020年のオリコン顧客満足度ランキング1位を獲得するほどです。 NHKなどの人気企業への転職も、徹底的にサポートしてくれます。 パソナキャリアを実際に利用した人は、 求人の量で使わせてもらっていました。 対応もよくスムーズに仕事ができたと思います。 また機会があれば利用したいです。 など、企業の信用度や、キャリアアドバイザーの質の高さを評価していました。 まずは登録して、NHKの求人を扱っているか、そして、どのように転職活動を行っていくべきかを相談しましょう。 NHKへの転職まとめ いかがでしたでしょうか。 NHKへの転職は難易度が高く、また入社後にも仕事の大変さから短期離職する方もいます。 しかし自分のキャリアやスキルを最大限生かし、転職のミスマッチを減らせばNHKで長く活躍し続けることは十分可能です。 転職を始める際はまずNHK公式サイトの個人ページから募集要項をチェックし、転職エージェントに複数登録しましょう。 エージェントによってはNHKの求人を持っている可能性もありますので、登録時に希望の職種などを伝えておくことをおすすめします。

次の

tv asahi

朝日放送 中途採用

代表メッセージ MESSAGE テレビ、ラジオなどのマス媒体が大きな変革期を迎えています。 KSBはこれまで、社員の採用・育成や中長期を見据えた組織運営改革に業界の先駆けとなって取り組んできました。 その成果として生み出した高い収益性と財務基盤はメディア業界でトップクラスと自負しています。 そして何よりKSBの最大の強みは、やる気と才能にあふれたリーダー人材が着実に育っていることです。 私たちはマスコミを取り巻く現在の厳しい環境をさらなる創造と改革の好機ととらえています。 地域に根差した放送局としての強みを生かしたユニークなデジタルビジネスを次々と実現することを目指して、一人一人の社員の創造性を生かしイノベーションを生み出すためのプロジェクトを進めています。 そのような取り組みから生まれた新しいデジタルビジネスを力強く実現していくためにも、新卒はもちろんのことさまざまな業界からの中途採用を強力に推し進めています。 若手やさまざまな経験者の新鮮な視点と、KSBがこれまで培ったメディア運営ノウハウや地域でのブランド力をつなぎ合わせることにより、次世代に向けた成長のエンジンとなる新規ビジネスが生まれることを確信しています。 高松市上之町の新社屋(2020年度中の業務開始予定にむけ全力で建設中!)• 放送局の情報発信の場としてのギャラリー機能 デジタルスタジオ・コワーキングカフェ・庭園とつながる社員の日常と地域の日常の交差点• コミュニケーションが生まれ社内に活気を与える様々なミーティングスペースを備えた執務室 エンカウンターの誘発やリフレッシュの場として機能するコワーキングスペース• 四季の移ろいや1日の変化を感じられる庭園のある放送局 自然とつながり、庭園を囲んでお互いのオフィスとリラックススペースを緩やかにつなげた一体空間• いい仕事は健康な身体づくりから 社員の憩いの場であり木材の温もりを感じられる社員食堂 食事の場でありながらミーティングやパーティなど幅広い利用ができる多様な空間• 庭園に面し社員が気軽に集まれるカフェスペース くつろいだ雰囲気の中で社員間のコミュニケーションを深める場としての機能 <新社屋での働き方について> 社員の仕事のし易さや仕事の質が向上するように、新社屋では様々なタイプの空間を設けています。 作業に集中したい時には落ち着いた雰囲気の場所に移動したり、他の社員と企画を検討する時はミーティングルームやコワーキングスペースに集まってアイデアを出し合ったりと、仕事内容にあわせて社員が働く場所を選ぶことができるようになっています。 <新社屋の機能について>• 瀬戸内海放送は、テレビ局ではなく、情報を使って地域を動かし元気にする会社であると捉えなおしてみる。 ローカル放送局は、岡山・香川に放送するために存在するのではなく、地域の情報を日本中、世界中にいる、瀬戸内のことを知りたい人に情報を届けるために存在すると捉えなおしてみる。 生活者の変化と、我々の現在の姿を照らし合わせて、自分たちは、この地域になぜ必要なのかを問い続けています。 自分たちは、何者なのか?誰のために何をする会社なのか?この問いを続けながら、進化し続ける集団です。

次の