山梨県 渡辺 コロナ。 「さらし上げ見せしめに」感染女性中傷に山梨県が対策へ [新型コロナウイルス]:朝日新聞デジタル

山梨コロナ帰省女性の名前特定!顔写真/父の職業/友人/実家/BBQの場所も|Mahiyu's blog

山梨県 渡辺 コロナ

山梨県で新型コロナウイルスに感染された方が確認されました。 男性は昭和町のイオンモール甲府昭和にある和食チェーン「かかし」甲府店の従業員で、発症後、PCR検査を受けた後の2日も勤務していた。 山梨県内の感染者は計57人となった。 市によると、女性は12日に39度の発熱があり、市内の医療機関を受診。 PCR検査で陽性が判明したという。 濃厚接触者としてPCR検査を受け、陽性が判明した。 陽性の結果は同日午前9時過ぎに本人に伝えられており、女性は感染を知りながらバスに乗ったことになる。 女性は当初、結果判明前の同日午後8時25分ごろ、富士急ハイランドバス停(富士吉田市)から京王バスのバスタ新宿行き高速バスに乗って帰京したと説明していた。 ところが、2日の報道を受けて知人から保健所に「けさ帰った」と情報提供があり、特別チームが本人や家族に事情を聴いたところ、2日午前10時20分ごろ、富士急ハイランドバス停から京王バスの高速バスに乗ったと認めた。 富士急ハイランド 京王バス 新宿発山中湖旭日丘行きの高速バスって 富士急バスしかないですね… 県ではこの女性が都内との往復で乗車した京王バスの便名を公表し利用者で体調に不安がある人は最寄りの保健所に相談を呼びかけるとともに濃厚接触者について調査しています。 発症後も勤務していたため、入院患者40人を含む約100人にPCR検査を行っている。 こうした状況を受け、山梨市は26日、立ち入り自粛を求める看板を渓谷の入り口に設置しました。 15日感染が確認されたのは上野原市立病院に勤務する60代の男性事務職員です。 上野原市立病院 各地の新型コロナウイルス情報まとめ.

次の

【パティシエ?】山梨:コロナ女性の会社名+勤務先はどこ?知恵袋で自作自演?

山梨県 渡辺 コロナ

だがその後、女性が陽性だと知りながら高速バスに乗っていたことが判明、報道されると批判が集中した。 県には女性に関する苦情・問い合わせが200件以上寄せられた。 「女性の行動についての情報をさらに開示すべきだ」という内容や、県の対応を非難するものもあった。 それ以上に激しかったのは、ネット上での批判だ。 真偽不明だが、女性本人のものとされる名前や顔写真、SNSアカウントのほか、卒業アルバムなどが次々と出回り、それらの情報をまとめた「トレンドブログ」も登場した。 女性の勤務先としてネット上で名指しされた飲食店が、ホームページ上で「当社関係各位に新型コロナウイルス感染者は確認されていない。 この風評被害に関しては、法的措置も視野に厳正に対応していく」と反論するなど、余波は広がった。 《山梨コロナ女》《逮捕しろ》《まだ何か隠している》。 ネット上には、女性を誹謗する内容が今も残る。 法的なリスク 女性の行為が軽率だったことは確かだ。

次の

【コロナ山梨帰省】鳴沢村太田和の大工の娘=渡辺と特定?顔写真やTwitterは?

山梨県 渡辺 コロナ

・暴露された個人情報が多数の人たちによって拡散 この女性は批判されても当然の行動をしていたものの、、差別、蔑視などが書き込みれる事態に発展。 さらに顔写真や本名などが暴露され、プライバシー侵害が「正義の名」のもとに実行されている状態となっている。 そして、暴露された個人情報が多数の人たちによって拡散され、もはや取り返しがつかない状況だ。 暴露された本名や顔写真、そして住所などが事実であれば、一生、誹謗中傷のリスクが生じることになるからだ。 パチ屋に行くやつはお金あるから行くんだし、それに政府の言うこと聞けないやつに10万円を支給する必要性はないだろう。 山梨コロナ女も同様だ。 警察なにやってるんですか? — ミスター nhwawm ・スマイリーキクチさんが苦言「正義ではなく犯罪」 そんな過剰すぎるバッシングに対して、お笑い芸人のスマイリーキクチさんが「」と苦言。 そして多くの人たちが女性に対する誹謗中傷に対して異論を唱えているなか、山梨県がついに動き出した。 ・犯罪性があれば警察に情報提供 山梨県の長崎幸太郎知事が発表したところによると、今回の女性に対する個人情報の書き込みや拡散を「重大な人権侵害」として、保護対策を開始したのである。 しかも今回の保護対策はかなり強めの処置を実行することが判明しており、犯罪性があれば警察に対して情報提供するだけでなく、弁護士とともに人権救済のため支援するという。 山梨コロナ女やばいけどそれに固執して個人情報晒しまくってる自粛警察がとにかくきしょい — 画像はフィルタリングできません tks4q 山梨感染コロナ帰省女性 この女性の行動を擁護するつもりはありません。 ツイッターで挑発したという情報もありますが、それも真偽は不明です。 集団で吊るし上げている言葉に殺意を感じました。 私刑は正義ではなく犯罪行為になります。 ネットリンチもウイルスも人を襲うのは同類。 言葉に責任を持とう。 それは個人情報を書き込みした本人だけでなく、拡散した人たちも逮捕される可能性があるのは確か。 ・犯人のプライバシーも世間にさらされる 警察が捜査として動き出せば、一気に「書き込みした犯人」に対してのアプローチが進む。 これが逮捕や裁判に進展すれば、誹謗中傷や個人情報を書き込みした犯人のプライバシーも世間にさらされることになりえる。 ・警察や弁護士はすぐに犯人を特定可能 また、インターネットは匿名性が高いと言われているが、それは間違いである。 インターネットほど匿名性がないコミュニケーション方法はなく、誹謗中傷やプライバシー侵害を書き込みした場合、警察や弁護士が誰がどこから書き込みしたかすぐにわかってしまうと考えたほうが良い。 山梨の女をさらに越えるぶっ飛んだアホがこれから誕生する可能性もあるんだろうか…。

次の