ポケモン go どく 弱点。 【ポケモンGO】どくタイプ一覧!弱点・耐性まとめ

【ポケモンGO】ベトベトンはどうやって倒すの?ベトベトンの弱点まとめ

ポケモン go どく 弱点

5倍 0. 25倍。 56倍、二重耐性で0. 390625倍。 保存して見るのも便利。 [フェアリー]タイプの追加 相性は表参照• [はがね]タイプに対し[ゴースト]・[あく]の技が通常通り効くようになった。 ゲーム本編の一部施設で楽しめる他、レーティングバトルでも採用される事がある。 25倍のダメージ幅になる。 タイプ相性が反転したバトル。 [効果抜群]だったものが[いまひとつ]になり、[いまひとつ・無効]だったものが[効果抜群]になる。 ステルスロックのダメージにも適用• 25倍のダメージ幅になる。 保存して使っても便利。 第六世代。 特別なメッセージが表示されるわけではないが、初代ポケモンから実装されている。 ポケモン本編:1. ポケモンGO:1. 2倍 その他、タイプによる効果 タイプ 効果 ノーマル — ほのお ・「やけど」状態にならない ・「こおり」状態の相手にほのおタイプの技を当てると解ける みず — でんき [XY以降]:「まひ」状態にならない くさ ・[XY以降]:「やどりぎのタネ」「こな」「ほうし」系の技が効かない ・「やどりぎのタネ」が効かない こおり ・「こおり」状態にならない ・天気「あられ」のダメージを受けない かくとう — どく 「どく」「もうどく」状態にならない じめん ・「でんじは」も効かない ・天気「すなあらし」のダメージを受けない ひこう 交代した際に「まきびし」「どくびし」の効果を受けない エスパー — むし — いわ 天気「すなあらし」のダメージを受けず、特防が上がる ゴースト [XY以降]:戦闘から離脱できなくする技・特性の効果を受けない ドラゴン — あく [SM以降]:特性「いたずらごころ」の効果で先制して出された変化技の効果を受けない up! はがね ・天気「すなあらし」のダメージを受けない ・「どく」「もうどく」状態にならない フェアリー — > >// > >.

次の

【ポケモンGO】タイプ相性表とダメージ倍率

ポケモン go どく 弱点

5倍 0. 25倍。 56倍、二重耐性で0. 390625倍。 保存して見るのも便利。 [フェアリー]タイプの追加 相性は表参照• [はがね]タイプに対し[ゴースト]・[あく]の技が通常通り効くようになった。 ゲーム本編の一部施設で楽しめる他、レーティングバトルでも採用される事がある。 25倍のダメージ幅になる。 タイプ相性が反転したバトル。 [効果抜群]だったものが[いまひとつ]になり、[いまひとつ・無効]だったものが[効果抜群]になる。 ステルスロックのダメージにも適用• 25倍のダメージ幅になる。 保存して使っても便利。 第六世代。 特別なメッセージが表示されるわけではないが、初代ポケモンから実装されている。 ポケモン本編:1. ポケモンGO:1. 2倍 その他、タイプによる効果 タイプ 効果 ノーマル — ほのお ・「やけど」状態にならない ・「こおり」状態の相手にほのおタイプの技を当てると解ける みず — でんき [XY以降]:「まひ」状態にならない くさ ・[XY以降]:「やどりぎのタネ」「こな」「ほうし」系の技が効かない ・「やどりぎのタネ」が効かない こおり ・「こおり」状態にならない ・天気「あられ」のダメージを受けない かくとう — どく 「どく」「もうどく」状態にならない じめん ・「でんじは」も効かない ・天気「すなあらし」のダメージを受けない ひこう 交代した際に「まきびし」「どくびし」の効果を受けない エスパー — むし — いわ 天気「すなあらし」のダメージを受けず、特防が上がる ゴースト [XY以降]:戦闘から離脱できなくする技・特性の効果を受けない ドラゴン — あく [SM以降]:特性「いたずらごころ」の効果で先制して出された変化技の効果を受けない up! はがね ・天気「すなあらし」のダメージを受けない ・「どく」「もうどく」状態にならない フェアリー — > >// > >.

次の

【ポケモンGO】タイプ相性表とダメージ倍率

ポケモン go どく 弱点

ポケモンには現在18種類のタイプが存在し、それぞれのポケモンが1〜2種類のタイプを持っています。 それぞれのタイプには 相性が存在し、この有利不利を覚えることはバトルでとても重要。 そんな相性の覚え方を紹介する連載企画第7回です。 今回は、現在レイドバトルに登場しているの【どく】タイプについて。 ロケット団の影響で野生ポケモンにも増えているので、この機会にぜひチェック! どくタイプ相性の覚え方 【どく】タイプは名前の通り毒。 殺虫剤や除草剤から、 虫や植物 むし・くさ は毒が苦手です。 逆に 生き物以外 いわ・じめん・はがね・ゴースト には毒の効果はイマイチ。 ご注意ください。 【どく】タイプとは 初代『ポケットモンスター赤・緑』においては、メジャーな【じめん】と強力な【エスパー】に弱かったためか、あまり活躍したタイプではありませんでした。 ほとんどのポケモンがわざ「どくどく」を使えたことも、【どく】ポケモンが不遇だった要因のひとつ。 しかしながら実は耐性が5種類とトップクラス。 特に対【フェアリー】では攻撃したときに「ばつぐん」を取れることから、現在ではアタッカーとしても注目されるタイプになりました。 どちらも毒物でこれらを死なせるものですよね。 植物や虫は、哺乳類などの動物に比べて毒の致死量が少なめです。 少量の毒であっという間にやられてしまう、と覚えましょう。 ただし気をつけてほしいのは、【むし】は【どく】に攻撃するとき「いまひとつ」になるだけである点。 紛らわしいので覚えておきましょう。 ・対【フェアリー】タイプ 【フェアリー】タイプは妖精です。 つまり昔はありふれていたけれど、現代では見なくなった神秘的な存在ということ。 現代になるにつれて神秘的なものは薄れていきましたが、それに伴って増えたものはなんでしょうか。 そう、 文明です。 【フェアリー】は文明が生み出した人工的なものに弱いので、近現代の 「汚染」にはめっぽう弱いのです。 産業ガスの「ドガース」をイメージするとよいかもしれません。 ・対【かくとう】タイプ 攻撃を受けるときのみ「いまひとつ」となります。 これは、【どく】に 不定形のポケモンが多いためと考えましょう。 ヘドロの「ベトベター」に対して、パワーで殴ってもダメージが少なそうですよね。 化学薬品や産業廃棄物を生物化したものが【どく】タイプと覚えてください。 こじつけですが、そうやって覚えるしかありません。 ちなみに超能力者も毒におかされます。 治せるの耐性は別の話ですから、当然ですよね。 そのため【どく】から【エスパー】への攻撃は等倍です。 ・対【いわ・じめん・はがね】タイプ 無機物に毒が通用するでしょうか? 毒というのは、相手が生き物であって初めて機能するものです。 鉱物であるこれらのタイプには毒は通用しにくいですね。 中でも【じめん】は、毒を含むものを 埋めることで無毒化される例があるくらい。 つまり毒は消されてしまうので、【どく】が攻撃を受けると「ばつぐん」になるのです。 厳密には土が無毒化しているわけではないのですが、あくまでも「覚え方」なのであまり気にしないで! なお【どく】タイプから攻撃を受けたときの【はがね】タイプ耐性は通常よりも強く、となっています。 これは原作で「効果なし」になっていたものの名残です。 ・対【ゴースト】タイプ そもそも幽霊は生き物ではありません。 生き物でないものに毒が通用するとでも? しかしお化けが毒物に有効な攻撃を持っているわけではないので、【ゴースト】から【どく】への攻撃は等倍になります。 最近のロケット団はちゃんと相性を考えているのね。

次の