ポケモン 素早さ 同速。 【S17スペシャルレート瞬間1位】同速毒ハメスタン【ポケモンUSUM】

台パン必至! 3DSを破壊する運負けシーン 十選【懐かしのUSUMレート対戦史】

ポケモン 素早さ 同速

【ポケモン剣盾】キュウコンの育成論と対策【火焔九尾!ギャラドスキラー?】 こんにちは 44 です。 やってますか? 今回はその見た目から初代ポケモンから根強い人気がありつつも、ランクバトルではいまいち使い方がわからずほとんど見かけないキュウコン(炎)について育成論と対策を考えていきたいと思います。 も解禁されたのでアローラキュウコン(氷)も剣盾に来ましたが、今回は炎キュウコンの方になります。 ところで色違いキュウコンってキレイでいいですよね。 キュウコンの基本ステータス という神サイトを見てみると、下記のようなステータスになっています。 【キュウコンの特徴1】そこそこ高い素早さ キュウコンは素早さ種族値100となっていて、リザードン・フライゴン・マッスグマと同速のポケモンです。 このくらいの素早さになると炎タイプの弱点となる岩・地面・水タイプの技を使ってくるポケモンがほとんどいないため意外と多くの場面で1回は行動できます。 この1回の行動により攻撃や特攻を下げれば、1回耐えた上で2回以上の行動が可能となりますから相手を弱体化して起点化した上で後続のポケモンにつなぐというような動きができるでしょう。 【キュウコンの特徴2】夢特性ひでり キュウコンの夢特性はひでりです。 御存知の通りこの特性は場に出た瞬間に天気が晴れになって、炎技の威力が1. 5倍になると同時に水技の威力が半分になります。 (他にもかみなりや暴風の命中率が下がる、ソーラービームが1ターンで打てる、せいちょうが攻撃特攻2段階UPになるなどの効果があります。 ) 特攻種族値81とそのままでは心もとないキュウコンの火力ですが、ひでりの効果を合わせることで十分殴り合える火力になります。 ちなみに通常特性もらいびは炎技を受けたら以降の炎技の威力が1. 5倍になるというものでひでりのように天候5ターンの制限はないものの、ナットレイへの炎技読みで交換して発動させるなど発動に一工夫が必要な特性です。 ひでりはキュウコン以外には鈍足のコータスしか覚えないため、晴れパの起動要員兼初手の場荒らしを役割として戦うことが多いかもしれません。 今作ではダイバーンによって自前で晴れにすることができる&相手のダイマックス技で簡単に天候が書き換えられるため相対的に弱体化したといえますが、使い方によってはまだまだ活躍の機会はあるでしょう。 キュウコンの育成論と戦い方 キュウコンは初代からいるポケモンなのでたくさんの育成論が作られてきました。 ひでり起点作成型、みがしば型、わるだくみ型、空振り保険さいみん型などなど。。。 ちなみに僕はこの前オーバーヒートパワースワップ型キュウコンに当たってシャンデラが潰されました。 ほんと型が多いですね。。。 その中でも記事執筆時点の環境で強いキュウコンを紹介します。 【キュウコンの育成論1】ギャラドスキラーキュウコン• 特性:ひでり• 個体値:A抜け5V• もちもの:こうかくレンズ・いのちのたま・もくたん• わざ:おにび・だいもんじ・ソーラービーム・わるだくみ 特徴・戦い方: こちらの構築のキュウコンで、実際に結果を出せています。 ギルガルド・アーマーガア・ドリュウズ・ガマゲロゲといったトップメタに強く、交代で出てくる物理アタッカーを読んで鬼火を入れることでアドを取ります。 スキさえつくれれば自らもわるだくみを積んで特攻2段階上昇+ひでりにより超火力だいもんじをうてるでしょう。 こうかくレンズをもたせることによって命中不安の鬼火・大文字の両方をほぼ外さなくなり、勝率の安定に貢献できます。 下記ダメージ計算のようにいじっぱりいのちのたまギャラドスのたきのぼりでも耐久無振りで確定3発、ダイストリームも最大で76. 鬼火が入ればギャラドスは機能停止に追い込めますね。 記事執筆時点は命の珠ギャラドスが多いですが、再びラムのみギャラドスが復権してきたら状況が変わってくるでしょう。 性格・個体値・努力値: 上から鬼火を入れられること、ギルガルド・アーマーガアなどの役割対象に十分なダメージを入れるためにCSぶっぱ確定ですね。 もちもの: 命中不安による負けを引かないためにこうかくレンズを採用しますが、木炭や命の珠をもたせることでミミッキュを確定1発で倒せるようになるのでこちらを重く見る場合は木炭や命の珠が良さそうです。 わざ: 実際に結果を残すに至ったキュウコンの技構成が鬼火・大文字・ソーラービーム・悪巧みなのでこれでほぼほぼ確定だといっていいでしょう。 ただ、サブウェポンのソーラービームは環境次第では入れ替えるのもありかもしれません。 ・サイコショック・じんつうりき:ドヒドイデ対策 ・シャドーボール:サニーゴやドラパルトなどゴースト ・あくのはどう:シャドーボールと弱点範囲が同じだが怯みを狙える ・イカサマ:はらだいこカビゴン ・ほのおのうず:鬼火で起点化した相手を逃さない こうかくレンズキュウコンを紹介しているトレーナーがいたのではっておきますね。 【キュウコンの育成論2】ラムだくみ受けポケキラーキュウコン• 特性:ひでり• 個体値:A抜け5V• もちもの:ラムのみ・命の珠・たつじんのおび• わざ:じんつうりき・だいもんじ・ソーラービーム・わるだくみ 特徴・戦い方: さんのキュウコンを参考にした型です。 こちらもしっかりと結果を残している型なので強力ですね。 サニーゴ・ドヒドイデ・アーマーガア・ヌオーといった受けポケモンを1体で見れてついでにミミッキュも見れるようになっていて、これらのポケモンに対して出していきます。 ドヒドイデはどくどくをうってくるのでラムのみを盾に悪巧みを積んでダイサイコで飛ばします。 他にもあくびで流してくるポケモンはたくさんいるので役立つ場面も多いです。 あくびカバルドン・カビゴン・ブラッキー・コータス・ニンフィア・トリトドンなどなどがいるのでこれらに突っ張る場合はラムのみが優秀ですが、トリトドンはソーラービームで上から落とせる上に他のポケモンは役割対象外なのでパーティによって要検討です。 一応電磁波撒きにも対策となります。 わざ: ドヒドイデに役割をもてるじんつうりき タイプ一致でアーマーガアやナットレイに役割をもてるだいもんじ ヌオーやトリトドンに役割をもてるソーラービーム ドヒドイデやサニーゴを突破するために必要な悪巧み ということでコンセプト的にはこの技構成で完結しています。 キュウコンの対策 高速で岩・地面を打てるポケモンはキュウコンに動かれる前に対策ができます。 スカーフドリュウズ• ロックブラストスキルリンクチラチーノ• ダグトリオ• スカーフフライゴン• スカーフオノノクス• etc… 主な対策は中速以上のスカーフじしん使いがおすすめです。 キュウコンは今回紹介した型以外にもさまざまな型がいる割に環境にそこまで多く存在するわけではなく、当たってしまったら1ターンは相手の思うつぼで動くことになる可能性がありますが、そのディスアドはダイマックスで切りかえせるでしょう。 まとめ:【ポケモン剣盾】キュウコンの育成論と対策【火焔九尾!ギャラドスキラー?】 いかがでしたでしょうか。 特に色違いキュウコンが好きですがみなさんはどうでしょう。 あまり環境にいない分、うまく使いこなせれば相手の対策も不十分なためこちらの戦術を通しやすいポケモンだと思います。 流行りまくっている命の珠ギャラドスを意表をついて機能停止させることもできるため、キュウコン好きなトレーナーは使ってみてはいかがでしょうか。 では、今日もポケモン剣盾楽しみましょう! 他の構築については下記記事もおすすめです。 「」 長時間座ってポケモンやってると腰やお尻が痛くなる方は、ゲーミングチェアがコスパ最強でおすすめです。 このブログでは毎日更新で「過去の自分が知りたかったこと」をジャンル問わず書いているので、もしあなたの役にも立ちそうなことを書いていたらまた読みに来てください。

次の

【S17スペシャルレート瞬間1位】同速毒ハメスタン【ポケモンUSUM】

ポケモン 素早さ 同速

習得技は「へんしん」のみ。 特性「」なら場に出ると同時に相手に変身できる。 相手のステータスだけでなく能力ランクもコピーするので、積みアタッカー対策になるのが最大の特徴。 こだわりスカーフを持たせれば多くの場合相手より先に動ける。 スカーフメタモンで攻撃・特攻を積んだ相手に変身できれば全抜きも目指せる。 特性「」と組んでの「いばる」からの展開が有名だが、構築の補完としても優秀。 基本的には即座にへんしんするため、隠れ特性のかわりものでの運用になるが、 ダブルでは通常特性で繰り出し、味方にへんしんするといった使い方もできる。 スピードパウダーを持たせることでまで抜けるが、実質もちものなしで戦うことになるため採用は要検討。 また、は「正面のポケモン」に変身する特性のため、ダブルで正面に誰もいない場合は発動しない。 第八世代では、ダイマックス中のポケモンにへんしんしてもダイマックス状態はコピーできないが、変身した姿のままダイマックスできる。 更にこだわりスカーフの効果を一時的に解除することもできるので、ある程度融通が利くようになった。 ネタ考察やマイナー考察はにあります。 変身についての基礎知識 相手からコピーするもの• ポケモンの種類・フォルム• ダイマックス状態はコピーしないが、へんしんした状態からダイマックスはできる。 キョダイマックス個体に変身しても、キョダイマックスは不可能。 メタモン側にキョダイマックスマークが無いためだと思われる• 表示はされないが、変身した相手と同じ性別として扱われる。 タイプ• 技や特性の効果で変化している場合、コピーするかどうかはそれぞれ異なる。 「ハロウィン」「もりののろい」は状態変化として表示されるがコピーされる。 技「みずびたし」により みずタイプになっている状態はコピーされる。 技「はねやすめ」により ひこうタイプを失っている状態は コピーされない。 技「もえつきる」により タイプなしになっている状態は ノーマルタイプとしてコピーされる。 タイプがコピーされないのではなく、ノーマルタイプとしてコピーされる。 「みやぶられている」状態はコピーされない。 覚えている技(PPは全て5になる)• 各種ランク補正• 自身のランク補正に上書きする。 じこあんじと同じ効果 メタモンのステータスに依存するもの• レベル• 持ち物• なつき度• 性格 苦手な味• 個体値• 状態異常• 状態変化• 前述の通り「ハロウィン」「もりののろい」は例外的にコピーされる。 その他• 手持ちに戻ると変身状態は解除される。 「みがわり」状態のポケモンと、すでに「へんしん」しているポケモンには変身できない。 「そらをとぶ」などで目の前にポケモンがいない状態では変身できない。 特性「」はダブルでは正面にポケモンがいないと発動しない。 変身中には技「へんしん」「ものまね」は失敗する。 変身中はあらゆるが出来ない。 特にに変身してものダメージ無効効果が適用されない点に注意。 HP種族値は低いが、HP極振りで無振り80と同程度と悪くない数値になる。 低耐久ゆえにASorCS極振り、という育て方をしているポケモン相手なら元より硬くなるケースも少なくはない。 特性考察 じゅうなん 通常特性。 麻痺無効耐性のためではなく、かわりものによる自動へんしんを防ぐために採用される。 使うならばダブル。 味方へ変身するというコンボの他、の対象が正面の相手であるため、 思い通りの相手に変身しづらいという消極的な理由もある。 かわりもの 隠れ特性にして専用特性。 概要部の通り、シングルならばこれ一択。 変身のために1ターンロスする必要がなくなるのは単純に強力。 相手のエースへのストッパーになりつつ、あわよくば逆に全抜きを狙えることも。 主にこだわりスカーフを持たせてアタッカー相手に繰り出し、変身して上から殴るのが基本。 また、つるぎのまいやりゅうのまいなどの強化は受け継ぎつつ、麻痺などの状態異常や混乱、やどりぎの種などはコピーしないため、 いばるやでんじは(しびれごな)などを使用した状態の敵に変身した場合の強さは驚異的かつ、トリックルーム状態でなければほぼ確実に先手を取れるため有利。 上手くやでサポートしてあげたいところ。 努力値について HPは前述の通りメタモンに依存するため252振りが基本。 素早さはプレッシャーなどの登場時に発動する特性の順番を制御する目的で調整する。 それらの特性は素早さの値が高い方から先に発動するため、かわりものより早く発動したかどうかで相手の素早さを判断することができる。 ただしいかくの場合はこちらの方が速いとかわりものによる変身のあとにAダウンを受けてしまう。 相手のスカーフ持ちを判別するために素早さを調整するかいかくを回避するために最鈍にするかの選択になる。 少し上にがいる事を考慮したい。 もちもの考察 もちもの 主な効果 備考 こだわりスカーフ 素早さ1. 5倍 変身により相手と同速になるため、そこから素早さ1. 5倍で確実に先手を取る。 積みエース対策を担うことができ、そこから全抜きも狙えるメタモンの基本アイテム。 ダイマックスで一時的に効果解除も可能。 きあいのタスキ HP満タン時にこらえる こだわりで技を縛られると困る場合はこちら。 運悪く相手に先制されても1撃は耐え行動できる。 いのちのたま 技威力1. 3倍 相手がアタッカーの場合に有効。 抜かれると脆いが爆発力は高い。 ラムのみ 状態異常回復 不意の麻痺など主に事故防止用。 ひかりのこな 相手の命中率0. 9倍 ミラーマッチの運をこちらに寄せる。 何発も受けられる耐久はないので1割に過信は禁物。 レッドカード 攻撃した相手を流す 受け運用メインのアイテム。 ミラーマッチを回避し他のポケモンを釣り出せる。 せんせいのツメ 2割の確率で先制 本来5割の同速勝負を6割で制することができる。 発動しても相手が先制技を出せば抜き返されるので注意。 とつげきチョッキ 特防1. 5倍 低HPを補える。 変化技が撃てなくなるので対特殊アタッカーピンポイント気味。 しろいハーブ 下降ステータスリセット と組み合わせることで・持ち以外にはスカーフ持ちに近い感覚で使用できる上、技が固定されない。 デメリットとして最初のポケモンに無効、メタモンを一旦戻してしまうと運ゲーになるなど。 対メタモン 注意すべき点 特性や技のみならず、ステータスアップごとコピーするというへんしんの仕様が厄介。 こちらの積みエースに繰り出してへんしんするほか、シングルではいばる、ダブルでは積み技持ちと組んでこの仕様を利用してくる。 スカーフを持って速攻低耐久のアタッカーにへんしんすると、元より速くて硬いポケモンになりかねない。 対策方法 こちらのポケモンをコピーするため、こちらも相手の特性や技構成を完璧に把握できる。 相手の行動を予測しやすいので、うまく立ち回ろう。 へんしん後はわざのPPが全て5しかないので、耐久型には弱い。 また、やなどフォルムチェンジを利用するポケモンも有効。 スカーフ対策にはおいかぜやトリックルームがある。 覚える技 レベルアップ.

次の

【ポケモン剣盾】ニンフィアの育成論。オススメの型や努力値調整を解説

ポケモン 素早さ 同速

ステータスに関する用語 用語 説明 種族値 ポケモンの種族ごとに決められたポケモン自体の強さのこと。 数値が高いほどステータスも高い 個体値 HP・攻撃・防御・特攻・特防・速さの各ステータスに対する隠し数値。 ポケモン1匹ごとに異なる 努力値 隠しパラメータ。 努力値を増やすことで、ポケモンの実際のステータスを伸ばすことができる。 「きそポイント」とも呼ばれる 実数値 各ステータスの実際の数値のこと 三値 「種族値・個体値・努力値」の総称 H 「HP」のこと。 「Hit Point」の略称 A 「こうげき」のこと。 「Attack」の略称 B 「ぼうぎょ」のこと。 「Block」の略称 C 「とくこう」のこと。 「Contact」の略称 D 「とくぼう」のこと。 「Diffencet」の略称 S 「すばやさ」のこと。 「Speed」の略称 V 個体値31 最高値 のこと。 例えば「攻撃・防御・特防」がVなら3V 逆V 個体値0 最低値 を表す 最速 性格によるすばやさ上昇補正があり、すばやさの個体値が31であり、努力値をすばやさに極振り 252振り している状態 準速 性格によるすばやさ上昇補正がなく、すばやさ個体値が31であり、努力値をすばやさに極振りした状態 最遅 さいち 性格によるすばやさ下降補正があり、すばやさの個体値が0であり、努力値をすばやさに振っていない状態。 例えば「4n」なら「4の倍数(4,8,12,16... )」を意味する 3n HP調整の一つ。 「さいせいりょく」の回復量が最大の調整 4n HP調整の一つ。 「みがわり」を4回使うことが可能 16n HP調整の一つ。 「たべのこし」や「くろいヘドロ」などの回復4回でみがわり1回分のHP回復する 16n-1 HP調整の一つ。 「ちきゅうなげ」などの固定ダメージを多く耐えることができる Lv. 50時 例:151なら3回、201なら4回耐える HP205以上 HP調整の一つ。 「ちきゅうなげ」などの固定ダメージで「みがわり」が壊れなくなる Lv. 50時 11n 努力値調整の一つ。 性格補正 1. 素早さに関係なく、優先度が高い方が先に行動することができる。 ダメージ計算の中で0. 対面 バトルの場で向き合うこと 例:バンギラス対面を想定して格闘技を採用する 積み技 ランク補正を上昇させる技のこと 起点 ギミックを始動する場所 例:攻撃性能が低い相手の耐久ポケモンを「つるぎのまい」の起点にする 先発 バトルで最初に出すポケモンのこと 初手 バトルで最初に出す技のこと。 バトルで最初に出すポケモンのことを指すこともある 死に出し ポケモンが倒れた後に別のポケモンを出すこと。 交代するためのターンが必要ないのが特徴 並び ポケモンの組み合わせのこと。 控えのポケモンとの組み合わせを「縦の並び」、ダブルバトルで2匹並べることを「横の並び」と呼ぶ。 素早さが同じ場合、どちらが先に動くかはランダムで決められる(同速対決)。 タスキ潰し 「」の効果を無くすためにダメージを与えること。 砂嵐やあられ、「ゴツゴツメット」など様々な方法がある 両刀 物理技と特殊技の両方の攻撃技を持つアタッカーのこと 両受け 物理技と特殊技の両方の攻撃を受けることを目的としたポケモンのこと サイクル 相手に有利なポケモンに交代して回していくこと 相性補完 弱点を補う組み合わせのこと 例:サザンドラとギルガルドを組み合わせた「サザンガルド」はお互いに相性補完に優れている 役割破壊 相手のポケモンの役割を破壊すること。 「」や「」など、接触技に対して効果のある持ち物や特性がある 上から 素早さ 行動順 を表す言い方 例:ドラパルトはサザンドラを上から殴れる 下から 素早さ 行動順 を表す言い方 例:トリル下では下から殴れるドサイドンが強い 三タテ 1匹のポケモンで3体のポケモンを倒すこと 例:スカーフヒヒダルマで三タテした 全抜き 1匹のポケモンで相手のポケモンを全て倒すこと 例:ミミッキュで「つるぎのまい」をして全抜きを目指す ワンウェポン 攻撃技が一つだけのこと サブウェポン タイプ一致以外の攻撃技のこと。 相性補完に優れる技を覚えさせると良い フルアタ 技が全て攻撃技のポケモンのこと。 「」や「」などの特性を持つポケモンがよく使われる トリパ 「トリックルーム」を軸にしたパーティのこと。 素早さが低いポケモンがよく使われる 受けループ パーティの構築の一つ。 相手の攻撃を受けることが得意なポケモンで固めたパーティのこと トンボルチェン 「」と「」で攻撃しつつ、有利なポケモンに交代する戦法のこと その他に関する用語 用語 説明 厳選 個体値が高いポケモンを狙って行う行為のこと。 卵を孵化する孵化厳選、伝説などのシンボル厳選、カセキを復元するカセキ厳選などがある メタモン厳選 個体値が高いメタモンを集める行為のこと。 メタモンは全てのポケモンと卵を作ることができるため、高個体値のメタモンを持っていると孵化厳選が楽になる 孵化余り 孵化厳選を行った際に余った個体値が高いポケモンのこと。 他人の孵化余りと交換すると孵化厳選の効率が良い ジャッジ ポケモンの個体値を確認できるボックスの機能 色違い 低確率で出会うことのできる通常とは色が違う希少なポケモンのこと。 特に素早さの比較でよく使われる 例:ミミッキュはS96族なので、S98族のサザンドラに抜かされる 600族 種族値が合計600のポケモンの総称。 総じてステータスが高く、強力なポケモンが多い。 ドラパルトやバンギラスなどがそれにあたる オシャレボール オシャボ おしゃれなボールのこと。 ポケモンを入れるボールにこだわる人も多い ガンテツボール 特別なモンスターボールの総称。 具体的には、ルアーボール、ムーンボール、ヘビーボール、レベルボール、スピードボール、ラブラブボール、フレンドボール。 ポケモン金・銀で「ガンテツ」という人物がこれらのボールを作ってくれたためこう呼ばれている 夢特性 隠れ特性 ポケモンの特別な特性のこと。 隠れ特性が初めて出た時に「ポケモンドリームワールド PDW 」という公式サイトで捕まえることができたため、一般的に夢特性と呼ばれるようになった 御三家 最初にもらえる草・炎・水のポケモンのこと 準伝 ランクマッチで使える伝説のポケモンのこと。 過去作でのランドロスやカプ・コケコなどがそれにあたる 伝説 ランクマッチで使えない伝説のポケモンのこと。 今作ではザシアン、ザマゼンタなどがそれにあたる 幻 ポケモン映画やイベントなど、配布限定で入手できるポケモンのこと。 今作でのミュウや、過去作でのセレビィなどがそれにあたる ブイズ イーブイの進化系のこと。 「イーブイズ」の略称.

次の